【クイズ】犬の鼻が濡れている理由を知ろう!

いつもヒンヤリしている犬の鼻。「鼻が濡れているのは健康な証拠」と言われることも多いですが、実際のところどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、犬の鼻が濡れている理由について、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬の鼻が濡れている理由クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の鼻の湿り気の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「人間の鼻水に相当する」です。
犬の鼻の奥には、外側鼻腺という分泌腺があります。ここから出た分泌物が、涙腺から出てきた水分と合わさって鼻を濡らしています。人間でいう鼻水とは異なり、どちらかというと涙と汗が混じったものです。また、自分で鼻をペロッと舐めて湿り気を保つこともあります。

鼻が濡れていることで、気化熱を利用して体の熱を放出し、体温を下げる役割があります。犬の鼻に触れるとヒンヤリと感じるのはこのためです。

いつも通りに犬の鼻が濡れていれば健康上の問題はありませんが、血が混ざっていたり、黄色や白、緑などの色が付いている場合は、感染症や炎症を起こしている場合もありますので注意が必要です。
Q.2 犬の鼻が濡れていることによるメリットとして正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「匂いを感じ取りやすくなる」です。
犬の鼻の表面には「鼻鏡(びきょう)」と呼ばれる細かい溝がたくさんあります。ここに水分があると、匂いの分子が吸着しやすくなり、嗅覚の感度が高まります

逆に、鼻が乾燥していると嗅覚が鈍くなってしまいます。視覚よりも嗅覚を頼りに生活している犬にとっては、鼻が濡れているということはとても重要なことなのです。
Q.3 犬の鼻が乾いている場合に考えられることとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「空腹」です。
犬の鼻が乾いている原因は、病気(皮膚疾患、脱水、アレルギーなど)、日焼け、老化、睡眠中などが考えられます。

老化にともない分泌物の量が減少し、鼻が乾燥しやすくなります。また、睡眠中は嗅覚を研ぎ澄ませる必要がなく、鼻もあまり舐めないため乾きやすいですが、健康上の問題はありません。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬の鼻が濡れているのは健康の証?乾いてしまう原因も解説
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

犬の鼻が濡れているのは健康の証?乾いてしまう原因も解説

「犬の鼻が濡れているのは健康な証拠」とよく言われますが、なぜ犬の鼻は濡れているか、濡れていることでどのようなメリットがあるかを知っていますか? 本当に犬の鼻が濡れていれば健康で、乾いているのは良くないことなのでしょうか。 この記事では、犬の鼻が濡れている理由と、乾いている場合の原因と対策についてご紹介します。

どうして濡れているの?

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 犬の鼻の奥には、外側鼻腺という分泌腺があります。ここから出た分泌物が、涙腺から出てきた水分と合わさり、鼻を濡らしています。 勘違いしてしまいがちですが、犬の鼻を濡らしている成分は人間でいう鼻水とは異なり、どちらかというと涙と汗が混じったものです。 また、自分で鼻をペロッと舐めて湿り気を保つこともあります。

犬の鼻が濡れることで得られる2つのメリット

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 では、犬の鼻が常に濡れているとどのようなメリットがあるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

1. 匂いを感じ取りやすくする

犬の鼻の表面には「鼻鏡(びきょう)」と呼ばれる細かい溝がたくさんあります。ここに水分があると、匂いの分子が吸着しやすくなり、嗅覚の感度が高まります。 逆に言えば、鼻が乾燥していると嗅覚が鈍くなってしまうということ。視覚よりも嗅覚を頼りに生活している犬にとっては、鼻が濡れているということはとても重要なことなのです。

2. 体温調節

犬には汗をかく汗腺がほとんどなく、体温が高いときには「ハァハァ」と呼吸するパンティングによって体温を調節しています。 それに加えて、鼻が濡れていることで、気化熱を利用して体の熱を放出し、体温を下げる役割があります。犬の鼻に触れるとヒンヤリと感じるのは、このためなのです。

濡れすぎは病気かも

すでにお伝えしている通り、犬の鼻が濡れているのは健康である証拠なので、何かの病気なのではないかと心配する必要はありません。 しかし、血が混ざっていたり、黄色や白、緑などの色が付いている場合は、感染症や炎症を起こしている場合もありますので、注意が必要です。

犬の鼻が乾く4つの原因

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 犬の鼻が乾く原因は複数あり、鼻が乾いているからといって必ずしも体調が悪いというわけではありません。まずは、愛犬の様子をよく観察し、食欲や元気がなかったり、下痢をしていたりしたら獣医師に相談しましょう。 ここでは、犬の鼻が乾く原因について解説していきます。

1. 体に異常がある

犬の鼻が乾いている場合は、体に何らかの異常が起こっている可能性があります。主に考えられるのは以下の通りです。

皮膚疾患

犬の鼻は皮膚疾患により乾くことがあります。 この場合、かゆみを伴ったり、ヒビ割れが起こったりします。

脱水

熱中症や腎不全などにより脱水が起こった場合も、鼻が乾燥することがあります。 脱水が疑われる場合はすぐに水を与え、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギー

犬がアレルギーを起こすと、分泌物が減少し、鼻が乾燥することがあります。 ハウスダストや花粉など、アレルギー反応を引き起こすものは、なるべく犬に触れさせないように気をつけましょう。

2. 日焼け

鼻が乾燥し、赤くなったり皮がむけたりしている場合は、日焼けが考えられます。 鼻がピンクなど淡い色の犬は日焼けしやすいため、夏場は特に注意しましょう。

3. 老化

歳をとると分泌物の量が減少し、鼻が乾燥しやすくなります。 老化が原因で鼻が乾燥してしまっている場合は特に問題はありません。 後述する犬用の保湿クリームを塗ってあげても良いでしょう。

4. 睡眠中

睡眠中は嗅覚を研ぎすます必要がなく、鼻を舐めることもあまりないため、乾きやすくなります。この場合も特に問題はありません。 また、犬が何かに夢中になっていると、鼻を舐めるのを忘れて乾燥してしまうこともあります。

人間用の保湿クリームはNG!

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 愛犬の鼻が乾燥によりカサカサしているから、保湿クリームを塗ってあげたいと考える人もいるでしょう。その際、犬用の保湿クリームであれば問題ありません しかし、人間用のクリームは絶対につけてはいけません。人間用のクリームには、犬にとって有害な物質が含まれていることもあります。鼻につけたクリームはすぐに舐めてしまうことが多いので注意しましょう。 愛犬の鼻の乾燥が気になるようであれば、まずは獣医さんに相談することをおすすめします。

まとめ

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 犬の鼻は健康のバロメーターでもあります。愛犬の健康状態を知るためにも、普段から犬の鼻の様子を確認するようにしましょう。 犬の鼻が乾いていても健康上問題がない場合が多いです。しかし、食欲や元気がない、鼻が乾燥してカサカサになってしまっている場合は獣医師に診てもらうことをおすすめします。 愛犬とのスキンシップを行う中で、鼻の様子のチェックも取り入れてみてください。

猫は甘味を感じない?猫の食いつきをよくする裏ワザもご紹介!

「猫はグルメな生き物」と言われますが、実は猫は味を感じる細胞が人間よりはるかに少なく、特に「甘味」についてはほとんど感じることができません。 これはなぜでしょうか? 今回の記事では、猫が甘味を感じない理由や、逆に強く感じる味の種類のほか、猫が喜んで食事を食べてくれるように飼い主さんができることをご紹介します。

猫は味覚が弱い?

猫,味覚,弱い,甘味,嗅覚,グルメ 動物の舌には、味を感じる「味蕾(みらい)」という器官があります。この味蕾の数は動物ごとに異なり、それによって認識できる味も変わってきます。 それでは、人間、犬、猫の味蕾と味覚の関係を簡単に見ていきましょう。

人間の味覚

人間の味蕾は約1万個で、大きく分けて「苦味、甘味、酸味、旨味、塩味」の5種類の味を感じ取ることができます。 ちなみに、「辛味」は味というよりも刺激ですから、痛みで認識します。

犬の味覚

犬の味蕾は約2,000個と人間の5分の1程度なので、人間のようには敏感に味を感じ取れません。 しかし、「甘味、酸味、塩味、苦味」の4種類の味を感じ取ることができ、「旨味」については人間のようには感じられませんが、旨味を増やすと塩味の感度が高まるとも言われています。 特に、甘みと酸味には敏感です。

猫の味覚

猫の味蕾は犬よりもさらに少なく、1,000個を下回る数、一説には500程度しかないとも言われています。猫が感じる味は、「塩味、酸味、苦味」の3種類です。 特に、肉に含まれる酸を感じ取ったり、腐っているものを見極めるための「酸味」と「苦味」に対して敏感です。 「甘味」は感じられず、「塩味」に対しても鈍感です。

猫が甘味を感じない理由

猫,味覚,弱い,甘味,嗅覚,グルメ

猫は肉食だから

犬は雑食なので、野生時代から肉以外にも果物なども食べていました。そのため、甘味を感じる能力があります。 それに対して、猫の場合は肉食で、甘い果物などを食べることがなかったため、甘味を感じる必要がなかったのです。

猫は塩味にも鈍感

塩味については、猫も多少は感じることができるのですが、人間のようには強く感じることができません。 その理由は、塩味を認識できなくても、必要な塩分は動物の肉を食べることで摂取できるからです。

腐ったものを見分ける力はピカイチ

野生ではいつも新鮮な肉を食べられるとは限らず、他の動物の食べ残しなどを口にすることもあります。 その際、腐った食べ物は「苦味」を強く感じて見分けられるため、猫は腐ったものをお腹に入れて体調を壊すことがほとんどありません

猫ちゃん達は味覚よりも嗅覚がスゴイ

猫,味覚,弱い,甘味,嗅覚,グルメ 猫は人間や犬に比べて味覚が弱いことがわかりましたが、一方で、「猫はグルメな生き物」だとも言われていますよね。これはどういうことなのでしょうか?

味覚より嗅覚が優れている

実は、猫は味覚が弱い代わりに、嗅覚がすごく発達しています。 食べ物を食べる時も、鼻で食べ物の判別をしているのです。食べ物への食いつきの良し悪しも、味というよりも香りの問題である場合が多いでしょう。

嗅覚を刺激する裏ワザ!

例えば、キャットフードの食いつきが悪い場合、「味が美味しくなかったのかな?」と思うかもしれません。 しかし、猫は味覚よりも嗅覚が強いので、香りの強いウェットタイプのキャットフードを選んだりしてみると良いです。 また、キャットフードの保存容器にカツオの出汁パックなどを入れておくと食いつきが良くなるかもしれません。風味が落ちないように、キャットフードを密閉容器で保存することも重要です。

猫にも好き嫌いがある!

猫,味覚,弱い,甘味,嗅覚,グルメ 味覚の弱い猫ですが、好き嫌いはちゃんとあります。 例えば、新鮮なものは好んで食べますが、古くなったものはあまり食べたがらないかもしれません。人間にはわからなくても、猫が腐っていると判断したものは食べません。

学習能力もある

猫に限った話ではありませんが、ある食べ物を食べた後で体調を壊した場合は、「これを食べたらお腹が痛くなった」などときちんと記憶しています。そのため、その後は同じ食べ物を食べたがりません。 飼い主さんにはそれが、「好き嫌いをしている」ように見えてしまうのかもしれません。

まとめ

猫,味覚,弱い,甘味,嗅覚,グルメ 猫は人間のように甘味や塩味を感じる力が弱いですが、逆に腐ったものを見分けるための「苦味」を感じる力や、嗅覚については発達していることが分かりました。 「うちの猫は甘いものが好きだけど…」と思った方もいるかもしれませんが、その場合は、食べ物の甘さを好んでいるのではなく、脂肪分や香りを好んでいる可能性が考えられます。 猫の食生活を彩るためには、「新鮮さ」「香りの良さ」に気を使ってみてくださいね。

犬の本能をくすぐる遊び「ノーズワークゲーム」で脳トレをしよう!

みなさんは、「ノーズワークゲーム」という犬の遊びを聞いたことがありますか? ノーズワークゲームとは、犬が嗅覚を頼りにおやつなどを探し出すゲームのことで、本能を刺激することでストレス解消や脳トレ、ボケ防止に効果的です。 今回は、ノーズワークゲームの遊び方やおすすめの専用アイテムなどをご紹介します。

ノーズワークゲームって何?

ノーズワークゲーム 犬 ストレス解消 脳トレ 「ノーズワークゲーム」とは、犬が大好きなおもちゃやおやつなどを隠し、嗅覚を頼りに探してもらう、いわば「宝探し」のようなゲームです。 「犬の嗅覚は人間の1億倍」と言われるほど、犬は嗅覚がとても優れた動物です。 そんな優れた嗅覚をたくさん使ってもらうことで、犬は本能が刺激され、ストレス解消や脳の活性化にもつながります。

ノーズワークゲームの楽しみ方

用意するもの

ノーズワークゲームを始めるには、まず、「探してもらうもの」と、それを「隠すもの」が必要になります。 「探してもらうもの」としては、愛犬が大好きなおやつや小さめのおもちゃなどを用意しましょう。適度ににおいが付いたものだと探しやすいですが、愛犬の様子を見ながらにおいの強弱を調節していきましょう。ごはんの時間にフードを隠せば、脳トレやストレス解消だけでなく、早食いの防止にも効果的です。 「隠すもの」としては、わざわざ用意せずに部屋のどこかに隠すという方法もありますが、このあとご紹介する、ノーズワークゲーム専用のマットやパズルを用意するとより楽しめるでしょう。

遊び方

ノーズワークゲームで遊ぶ際の簡単な流れは次の通りです。
1.まず、犬におやつなど「探してもらうもの」のにおいをかがせます。 2.次に、犬に場所が分からないようにおやつなどを隠します。犬が部屋の外で待っている間に隠してもよいですし、犬が見ているところで色々なフェイントをかけながら隠してもよいでしょう。 3.隠し終わったら、「どこかな?探して!」と声をかけてみましょう。 4.最後に、犬が無事に見つけたら、「すごいね!」と褒めてあげましょう。
犬は、おやつなど自分が好きなものを見つけられた喜びに、飼い主さんに褒めてもらえた喜びが加わって、大きな達成感を得られるでしょう。

ノーズワークゲームのおすすめアイテム

マットタイプ

「ノーズワークマット」「スナッフルマット」と呼ばれるものは、マットにフリンジや切り株のような凹凸が不規則に取り付けられているので、草むらで狩りをするような感覚でおやつ探しができます。 カラーやデザインも様々なので、ぜひお部屋のインテリアに合った1枚を選んでみてくださいね。

パズルタイプ

マットタイプ以外にも、パズルのピースの下におやつなどを隠しておいて、犬に探してもらうパズルタイプのものもあります。 ごはんの早食いを防ぐためのアイテムとして使用する場合もありますが、おやつを隠してノーズワークゲームに使用することもできます。
ニーナ・オットソン
¥2,327 (2022/05/26 22:24:41時点 Amazon調べ-詳細)
ニーナ・オットソン
¥2,842 (2022/05/25 22:26:32時点 Amazon調べ-詳細)

家にあるもので手作りしてみよう

ノーズワークゲームは、専用のマットやパズルをわざわざ購入しなくても、自宅にあるものでも楽しめます。 使わなくなったシーツやタオルなどを不規則に重ね合わせてみたり、紙コップを逆さにしておやつを隠してみたりと、工夫次第で色々な隠し場所を作り出せます。 裁縫が得意な方は、市販のものを参考に、布切れなどでノーズワークマットを手作りしてみてもいいかもしれません。

ノーズワークゲームの注意点

ノーズワークゲーム 犬 ストレス解消 脳トレ ノーズワークゲームで遊ぶ時は、次のような点に注意しましょう。

おやつのあげすぎに注意

1回のゲームであげるおやつはおそらく少量ですが、楽しくなって遊びすぎてしまうと、無意識のうちにおやつをあげすぎてしまいます。ノーズワークゲームを始める前に、おやつの量の上限を予め決めておきましょう。 また、おやつ以外にも、愛犬が大好きなおもちゃなども使って遊んでみましょう。

誤飲や怪我に注意

ノーズワークマットのフリンジなどは、使っているうちにほつれてくることがあります。布などを誤って食べてしまわないように、飼い主さんが注意して見ていてあげましょう。かなりほつれが目立つようになってきたら、新しいものに変えるのが無難です。 プラスチック製のパズルに関しては、基本的に強度が高いものが多いですが、角が欠けてしまったり、ヒビが入ってしまったりすると危険です。怪我を防ぐためにも、遊ぶ前に毎回パズルの点検をしましょう。

マットやパズルの清潔を保つ

ノーズワークゲームのマットやパズルには、おやつや犬の唾液などが必然的に付着します。 定期的に洗濯や掃除をし、清潔を保つようにしましょう。

まとめ

ノーズワークゲーム 犬 ストレス解消 脳トレ 今回は、犬の嗅覚を使う遊び、「ノーズワークゲーム」をご紹介しました。 犬は、自らが得意とする嗅覚を使って遊ぶことで本能が刺激され、ストレス解消や脳トレ、ボケ防止に役立ちますし、飼い主とのコミュニケーションも取れます。雨の日に散歩に行けない時など、ストレスがたまりがちなシーンではかなり良い遊びです。 みなさんもぜひ、専用のアイテムやお家にあるものを使って、愛犬と一緒に楽しくノーズワークゲームをやってみてくださいね。

【クイズ】私たちとはこんなにも違う!人間と犬の五感の比較

犬と我々人間の間にはたくさんの違いがありますが、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感の違いは特に大きなものです。

今回は犬の五感のうち、視覚、聴覚、嗅覚についてクイズ形式でご紹介します。犬の感じている世界をぜひ感じてみましょう!

それではさっそく、犬の五感クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の視覚について誤っているものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「視力は1.5から2.0程度ある」です。
犬はあまり目がいいというわけではなく、視力は0.2〜0.3程度とされています。
しかし、その分、視野はとても広く、250°程度もあります。人間が150°程度であることを考えると、とても広いことがわかりますね!

また、人間と比べると3分の1程度の光量で、物体を視認することができるそうです。そして、かつて犬は白と黒でしか世界を判別できないと言われていましたが、実は青、黄色、紫なども判別できていることが分かっています。
Q.2 犬の聴覚について「誤っている」ものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「人間と比べて約2倍もの感度を持っている」です。
音の強弱を感じ取る能力は、人間と比べて約16倍もの感度を持っているといわれています。

人間がおおよそ16Hz〜20000Hzの音を聞き取っているのに対して、犬は65Hz〜50000Hzもの音を聞き取っています。そのため、犬は高い音を聞き取るのが得意ですが、低い音に関しては人間より聞き取る能力が劣っており、低周波などにはあまり反応しません。

また、音源を判別する能力に関しても、人間は16方向しか区別できないのに対して、犬は32方向もの区別が可能です。
Q.3 犬の嗅覚について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「アルコールや柑橘類などの匂いは好む傾向がある」です。
わさびや唐辛子などの刺激臭、アルコール、タバコ、柑橘類などの匂いを犬は嫌う傾向にあります。

犬の嗅覚の感度はとても優れており、人間の1000倍〜1億倍もあるといわれています。また、鼻の長い種類ほど嗅覚が発達しており、警察犬に多いシェパードやレトリーバーなどが嗅覚の鋭い犬の代表として挙げられます。

犬の発達した嗅覚は「雌雄を見分ける」「発情期を感知する」「獲物を発見する」「食べ物を識別する」など多くのの役割を果たしています。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬と人の五感の違い!犬の世界の見え方
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

実は人間の顔は認識できない?猫は飼い主を「音」と「匂い」で認識する

旅行などで猫に会えずにいて、久しぶりに会ったら飼い主なのに警戒されてしまった…という経験はありませんか? 筆者自身、たった数日で忘れられてしまったのだろうか、と驚いたことがあります。少し経ったらいつも通り甘えてくれたので、忘れられたわけではなかったのだなとホッとしました。 犬と違って「猫は人よりも家につく動物だ」と言われていることもあり、驚きつつも納得してしまう一件でした。 今回は、そもそも、普段猫は飼い主をどのように認識しているのか、何を手がかりとしているのかを紹介したいと思います。

聴覚情報で判断する

耳をすます猫 猫は、聴覚が特に優れている動物です。その能力は犬や人間の3〜4倍とも言われています。 その優れた聴覚で、飼い主の声や、飼い主が出す生活音などを聞き分けて認識しています。

猫は、飼い主の声をかなりの確率で聞き分けることができます。実際に実験をしたところ、飼い主が呼びかけたときと、他の人が呼びかけたときで、有意差が出たことが証明されています。 (参考:ツレない猫、答えないけど飼い主の声聞き分ける。科学的に証明

猫は、飼い主の声の他に、飼い主が習慣的に行っている動作で出る生活音なども聞き分けているそうです。 例えば、飼い主が毎日バイクで通勤している場合、猫は飼い主のバイクの音がしたら「どこかに出かけるんだな」または「帰ってきた!」と判断することができます。 よく猫が玄関で出待ちしているという話も聞きますが、これは聴覚からの情報で飼い主が帰って来たことを認識しているからだと言えそうです。

嗅覚情報で判断する

眠る猫 猫同士でコミュニケーションをとるとき、お互いに鼻を近づけて挨拶をします。猫にとってはお互いを識別する際にも嗅覚を使っているため、匂いが重要になっています。 人間に対しても同様で、飼い主の匂いを覚えていて、嗅ぎ慣れたその匂いを嗅ぐと猫は安心します。 飼い主の脱いだままの状態で置いてあった衣服や、お気に入りのクッションなどの上で、飼い猫が丸まって寝るという話はよく聞きます。 反対に、外出して帰宅したとき、飼い猫が買い物袋や飼い主のカバンなどをしきりに嗅ぐのは、嗅ぎ慣れない匂いに警戒している場合が多いと言えそうです。

見た目では判断しづらい?

こちらを見つめる猫 人間同士では、相手が自分の知っている誰かであると認識するには見た目の情報がかなり重要になってきます。髪型や服装を変えただけでも一見誰だかわからなかった、ということもときどき起こりますよね。 それに対して、猫は、動体視力は抜群なのですが、視力は人間よりも弱く近視傾向です。そのため、よほど近くに寄らない限り顔の細かい造作などはぼんやりとしか認識していない状態です。 猫同士の顔であれば認識することができるようですが、人間に対しては飼い主であっても見た目をきちんと認識しているわけではないため、顔やその他の外見の情報が猫の認識に与える影響は少ないようです。

ネオフォビア(新奇恐怖症)の傾向による?

子猫 猫はよく、餌を食べたり食べなかったりする食べムラが激しい動物だと言われます。 新しいものに対する好奇心が旺盛で飽きやすい傾向を「ネオフィリア(新しいもの好き)」、逆に恐怖心を抱きやすい傾向を「ネオフォビア(新奇恐怖症)」と言います。これらの二つの傾向がそれぞれ出たり出なかったりすることによって起こるとも言われています。 ネオフォビアは、聞き慣れない音や嗅ぎ慣れない匂いに対しても引き起こされますが、しばらく会っていなかった飼い主に対して猫が警戒してしまうのは、このネオフォビアの傾向によるものと言えるかもしれません。 新しい匂いや音などに出会うことで、警戒心が引き起こされ、「飼い主だ!」と認識する前に恐怖を感じてしまいます。

久しぶりに会って警戒されてしまったら

隙間から覗く猫 例えば、一人暮らしを始めてしばらく経って実家に帰省したとしましょう。久しぶりに会った飼い猫の態度が冷たく、奥に入って出てこなくなってしまった…というとき、できればすぐに思い出してもらって打ち解けたいですよね。 そんなときにどんなことに気をつければいいか、対処の方法を紹介したいと思います。

自分の荷物の匂いを嗅がせる

長く家を離れていたことで、匂いが全く変わってしまっています。 そのため、まずは新しい匂いに慣れてもらうため、猫に自分の荷物を置いておき、その匂いを嗅がせてあげると良いです。 警戒スイッチがオンになっている状態で猫に近づこうとすると、余計に警戒させてしまうため、自分の匂いのついた荷物を嗅がせてあげるとスムーズです。

無理に近づかず普段通り生活する

物陰などに隠れてしまい近寄ってきそうにもない場合は、無理やり遊ぼうとしたりせずに、そっとしておく他ありません。 普段通り生活をして、その生活音を聞き慣れてもらうことを心がけてみると、猫も安心して出て来てくれるようになるかもしれません。

ご飯をあげる

これは猫に限ったことではないですが、猫はご飯をくれる人に懐きやすいです。 あまりにも警戒されっぱなしでは悲しいですよね。積極的にご飯やオヤツをあげて、慣れてもらうというのも一つの手段になりそうです。

終わりに

猫パンチしてくる猫 猫に対しては、音や匂いで特徴づけるということが有効です。もし忘れられてしまった場合は、音と臭いの2点に気をつけてみると良いでしょう。 警戒されてしまったときの対処法に関しては、しばらく会っていない飼い猫に対してだけでなく、新しく猫を飼ったという場合や、初めて会う猫への接し方としてもオススメですので、ぜひ実践してみてください。

犬と人の五感の違い!犬の世界の見え方

犬と我々人間の間にはたくさんの違いがあります。体毛だったり目の色、耳の形や動き方など、それらは多岐に及びます。 そんな中でも、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感の違いは大きなものです。五感の違いによって、この世界の見え方が異なるからです。 今回は犬の五感ひとつひとつを、人間の五感と比較していきます。犬の感じている世界を感じてみましょう!

視覚

見えている距離

犬はあまり目がいいというわけではなく、視力は0.2〜0.3程度だと言われています。特に目の前の30センチほどはピントが合わせづらく、ぼやけてしまいます。犬の目の前に餌を差し出しても、実はぼんやりとしか見えていないのです。 しかし、その分、視野はとても広く、250°程度もあると言われています。人間が150°程度であることを考えると、とても広いことがわかりますね!

暗視能力

猫と同じように犬の目も、昼間や明るい場所より、夜間や暗い場所の方がよく見えていると言われています。これは網膜の下にタペタムという反射層があるためで、人間と比べると3分の1程度の光量で、物体を視認することができるそうです。 しかし、シベリアンハスキーのようにタペタムを持たない犬もいるので、一概に犬は暗視能力が優れているとは言えません。

色覚

元来、犬は白と黒でしか世界を判別できないと言われていましたが、実は青、黄色、紫なども判別できていることが分かりました。 しかし、その他の色は灰色だったり黒、白っぽく見えるようです。基本的には黒白などの色の濃淡によってものを識別しているとされています。

聴覚

可聴周波数

犬は人間に比べて、感じることのできる周波数が異なります。人間がおおよそ16ヘルツ〜20000ヘルツの音を聞き取っているのに対して、犬は65ヘルツ〜50000ヘルツもの音を聞き取っているのです。 犬は高い音を聞き取るのが得意なので、サイレンや子供の声に敏感に反応します。その分、低い音に関しては人間より聞き取る能力が劣っていて、低周波などにはあまり反応しません。

耳の性能

音の強弱を感じ取る能力についても、犬は人間よりとっても優れています。人間と比べて約16倍もの感度を持っていると言われています。 また、音源を判別する能力に関しても、人間は16方向しか区別できないのに対して、犬は32方向もの区別が可能です。何かに吠えている時、それは人間が聞き取れていない音に対する吠えの可能性が高いでしょう。

耳の機能

犬は耳で感情を表現します。例えば、耳をまっすぐ立てて静止しているときは、何かに警戒していることが多く、耳を後ろに傾けたり頭の方向に向け倒しているときは喜び、忠誠心などを表しているといいます。
犬の気持ちを読み解くボディランゲージとは?

嗅覚

優れた能力

犬の嗅覚の感度はとても優れており、人間の1000〜1億倍もあると言われています。 これは嗅覚の情報を処理する嗅球が発達しているためで、人間の嗅覚細胞が500万個であるのに対し、犬の嗅覚細胞は1〜2億個もあると言われています。単純計算でも20倍以上の能力があるわけです。 また、鼻の長い種類ほど嗅覚が発達していると言われており、警察犬に多いシェパードやレトリーバーなどが嗅覚の鋭い犬の代表として挙げられます。

嗅ぎ分けられるもの

犬の発達した嗅覚は「雌雄を見分ける」「発情期を感知する」「獲物を発見する」「食べ物を識別する」と言った、数えきれないほどの役割を果たしています。 しばしばテレビに映る警察犬や麻薬探知犬、災害救助犬などからも、その優れた嗅覚を知ることが出来ますね。

好きな匂い・嫌いな臭い

犬と一緒に生活するのであれば、やはり匂いには注意しなければいけません。私たちが普段何気なく使っている香水や柔軟剤などは、犬にとって苦痛な匂いである可能性があります。 汗やごはんなどの匂いが好きであるのに対して、わさびや唐辛子などの刺激臭、アルコール、タバコ、柑橘類などの匂いは犬が嫌う傾向にあると言われています。しつけの際に使用する、ビターアップルはその代表格でしょう。

味覚

判別できる味

味覚は舌にある味蕾によって感じることができます。 人間の場合は、その味蕾の数が約一万個ありますが、犬はその約5分の1、二千個程度しかありません。そのため基本的には、犬の食べ物の好みは「匂い」で決まるとされています。 犬は甘味の強い味を好む傾向にあり、逆に酸味や苦味は嫌う傾向にあります。

舌の役割

犬の舌には体温を調節するという役割があります。犬には汗腺がないので、人間のように汗をかいて体温を調節することができません。そのため、犬は口を開けてハアハアと呼吸を行うことによって体温調節を行っています。 また、体毛の手入れを行うのも舌の役割です。犬の舌にはこのように何通りもの役割があります。

触覚

ふれあいの役割

犬は優しく撫でられると精神的な落ち着きを感じます。母犬が子犬を舐めるのは、子犬の精神的な成長に関して大きな役割を担っていると言われています。

撫でられるのが嫌な部位

基本的には撫でられる事が好きな犬ですが、実はあまり触られたくない部位もあります。「鼻先」「肉球」「尻尾の先端」がその代表的な部位で、外敵に襲われた時に怪我をしやすいために敏感に反応します。
どこでも喜ぶわけじゃない!犬の撫でられて嬉しい7箇所・嫌な4箇所

おわりに

犬の感じている世界をより理解することができたのではないでしょうか? 犬の感じている世界は我々の考えている世界とは大きく異なります。そういった違いや犬のもつ特性を理解することは犬との絆を育むために大きく役立つと思います。ぜひ参考にしてみてください!