【2024年】保護猫を譲り受けるには?東京のおすすめ保護猫カフェ

東京にはたくさんの保護猫カフェがあることをご存知ですか?保護猫カフェでは、飼育崩壊など何らかの事情で飼われなくなった猫たちが一時的に保護されています。

一般的な猫カフェとは異なり、保護猫カフェは、保護猫たちと触れ合えるだけではなく、もし「一緒に暮らしたい」と思える子がいたら家族として迎え入れることも可能です。

今回は、保護猫カフェのシステムと、東京にあるおすすめの保護猫カフェをご紹介します。

保護猫カフェの仕組み

Instagram,お迎え,カフェ,保護猫,家族,猫,譲渡
保護猫カフェには、一般的な猫カフェと同じように保護猫と触れ合えるだけのカフェと、保護猫を一時的に預かり、譲渡を目的にしているカフェの2種類があります。お家に迎え入れる猫を探したい場合は、譲渡可能な保護猫カフェを探しましょう。

なお、保護猫カフェに気に入った猫がいたからといって、その日にすぐにお迎えできるわけではありません。店舗によっては、書類が必要だったり、トライアル期間を設けていたりするところもありますので、焦らずゆっくりと家族になる猫を探しましょう。

保護猫カフェの譲渡の条件と費用

Instagram,お迎え,カフェ,保護猫,家族,猫,譲渡
保護猫カフェの譲渡条件や費用は、店舗ごとに異なっており、実際に店舗に行かないと教えてもらえない場合も多いですが、譲渡費用はだいたい30,000〜50,000円と見積もっておくといいでしょう。

保護猫カフェの譲渡条件例

保護猫カフェの譲渡条件にはどのようなものがあるのでしょうか。譲渡型の保護猫カフェ「Miagolare」の譲渡条件を例にご紹介します。

  • 家族として終生責任をもって大切に可愛がってくださる方
  • 完全室内飼いにしてくださる方(ケージ飼い・紐飼いはお断りします)
  • 猫ちゃんを飼育可能な住宅環境であること(身分証の提示が必要)
  • ご家族全員の同意が得られていること
  • 60歳未満の方であること
  • 未成年のみの世帯でないこと
  • 猫ちゃんの体調不良時やワクチン接種(年1回)にきちんと病院へ連れて行くこと

    (引用元:譲渡型の保護猫カフェ「Miagolare」)

譲渡条件を見てわかるように、保護猫カフェから譲り受ける条件はそれほど厳しくありません。
しかし、里親になるには譲り受け希望者の性格や猫との相性も大切です。猫を大切に育てられるかを判断するために、条件に加えて事前にスタッフとの面談が行われる場合もあるようです。

保護猫カフェの譲渡費用

譲渡費用には、これまでにかかった飼育管理費、ワクチンの接種、ノミ・ダニ駆除、寄生虫除去、不妊手術費などが含まれます。

金額はお店によってそれぞれ異なりますので、気になる猫がいたら、まずは保護猫カフェのスタッフに聞いてみてください。

東京の保護猫カフェおすすめ5選

保護猫,カフェ,東京,店舗,営業時間,ふれあい
それでは、東京にあるおすすめの保護猫カフェを5ヶ所ご紹介します。
利用料や保護猫の譲渡の有無などの情報もまとめていますので、保護猫カフェ選びの参考にしてくださいね。

なお、衛生面と猫の健康管理のため、保護猫カフェを訪れる際はマスクの着用と、靴下を履くのを忘れないようにしてください。

マスクは感染症やアレルギー対策に、靴下は靴底に付着したウイルスなどの侵入を防ぐため猫カフェでは基本的に靴を脱ぐところが多く、人獣共通感染症である白癬菌(水虫)の感染予防を目的としています。

また、香水も猫にとって良くない成分が含まれていることがあるため避けましょう。

1.【五反田】Meooow!

五反田駅から徒歩約18分のところにある保護猫カフェ「Meooow!(ミャーオ)」。

ボランティアで運営されていて、16匹もの可愛い保護猫たちが新しい家族を待っています(2024年4月現在)。
保護猫は写真と自己紹介つきでサイトからチェックできます。
Meooow!「在籍猫のご紹介」

土日祝日は予約制なので、事前にサイトから予約しましょう。また靴下かストッキングを忘れた場合は一足200円で購入する必要があります。

料金:1時間1,000円(1ドリンク付き)、15分延長ごとに+200円
営業時間:13:00~20:00(水曜定休)
住所:〒142-0063 東京都品川区荏原1-12-6
保護猫の譲渡:◯
HP:https://meooow-cat.com/

2.【御茶ノ水】ネコリパブリック東京お茶の水店

JR御茶ノ水駅から徒歩約6分にある保護猫カフェ「ネコリパブリック東京お茶の水店」。

32匹の保護猫が里親を待っています(2024年4月現在)。
東京お茶の水店/在籍ねこ

畳が敷いてあり、昭和レトロな雰囲気が漂う空間にとても癒される保護猫カフェです。
また、ネコリパブリックは東京だけでなく、大阪や広島、岐阜などにも店舗を構えています。

予約優先の保護猫カフェなので、予約なしで行くと入れない可能性もあります。ぜひ事前に予約してから行きましょう。また、初めて来店する場合は事前の登録が必要です。
予約はこちら

料金:平日 1時間1,760円・土日祝 1時間1,980円
営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝11:00〜18:00(木曜定休)
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目1-9 CRANEビル4階
保護猫の譲渡:◯
HP:https://www.neco-republic.jp/shop/shop-necorepublic-ochanomizu/

3.【中野】Miagolare

中野駅から徒歩1分のところにある保護猫カフェ「Miagolare(ミャゴラーレ)」。

15匹の保護猫が里親を待っています(2024年4月現在)。
Miagolareのメンバー紹介」から保護猫のプロフィールや写真が見られます。

ドリンクバーがあるので好きな飲み物を飲みながら、まったり猫たちと触れ合うことができます。

1日滞在パック(4,000円)はグルメサイトから予約が可能です。
予約はこちら

それ以外の予約は電話でのみ可能です。

料金: 1時間1,400円(ドリンクバー付き)
営業時間:11:30〜21:30(木曜定休)
住所:〒164-0012 東京都中野区本町4-30-26 第二藤尾ビル3F
保護猫の譲渡:◯
HP:https://www.miagolare.org/

4.【駒沢】保護猫カフェ駒猫

駒沢大学駅から徒歩10分のところにある「保護猫カフェ駒猫」。

駒猫にいる保護猫たちはこちらから写真付きで確認できます。
駒猫であなたをお待ちしているにゃんず

土日祝日は予約が必要ですので、注意しましょう。
ご来店予約カレンダー

料金:1時間1,300円、20分延長ごとに+300円
営業時間:12:00〜20:00(水曜定休)
住所:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-12-22 ティファーレ駒沢4F
保護猫の譲渡:◯
HP:https://koma-neko.com/

5.【新宿】BAKENEKO CAFE

西早稲田駅より徒歩3分のところにある、「捨て猫や保護猫が飼い猫に化ける」をコンセプトとした「BAKENEKO CAFE」。

10匹の保護猫が暮らしています(2024年4月現在)。保護猫の写真はサイトからチェックできます。
BAKENEKO CAFE「在籍猫紹介」

外のテラス席では、食事やアルコールの提供もあります。
予約はこちら

料金:30分1,000/1時間1,500円
営業時間:11:00〜20:00(水曜定休)
住所:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-13-1-1棟 106
保護猫の譲渡:◯
HP:https://bakeneko-cafe.tokyo/

まとめ

Instagram,お迎え,カフェ,保護猫,家族,猫,譲渡
今回はご紹介した保護猫カフェはほんの一部です。まだまだ東京にはたくさんの保護猫カフェがあります。

「保護猫」と聞くと少しとっつきにくいイメージがあるかもしれません。しかし、保護猫カフェでは、猫と触れ合った上で気に入った猫をお迎えすることができます。これがペットショップにはない保護猫カフェの魅力なのです。

今まで保護猫カフェに行く機会がなかった人も、ぜひ一度足を運んでみてください。素敵な出会いがあなたを待っているかもしれません。

犬がストレスを感じやすいのは春だった?!5つの理由とその対処法。

様々な変化が訪れる春。飼い主さんの中にも、新たな環境で新生活を始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新しい職場や新しい人間関係などは、とてもワクワクする反面ちょっと精神的に疲れを感じるときもありますよね。

実は、犬にとっても春はストレスを感じやすい季節なのです。その理由をしっかりと知り、愛犬の健康を守りましょう。

春における、ストレスの原因

では一体、春のどんなことが犬にとってストレスになるのでしょうか。愛犬のストレスを解消してあげたい!と思っても、その原因が分からなければ対策も立てられないですよね。

ここでは、代表的な5つのストレス原因をみていきます。

家族の変化

新しい一歩
春になると、家族の中で進学や就職、転職をされる方もいるのではないでしょうか。家族が増えたり減ったりするこの時期は、犬にとっても心が落ち着かない季節です。

大好きな家族が突然いなくなるというのは、犬にとっても大きなストレスになります。このショックから、食欲がなくなったり、元気をなくしてしまうわんちゃんもいます。

引越し

お引越し
1年の中で最も引越しが多くなるのは春ですよね。犬を連れて引越しをした場合、今まで普通に出来ていた排泄などが、突然出来なくなることがあります。

新しい環境に適応できるまでの間は、ストレスを感じやすい日々になるでしょう。

また、犬には「引越し」ということが理解できません。引越しをする理由や事情、そのプロセスなどを犬は知らないのです。

人間は心の準備をしておくことができますが、犬にとっては突然の理解不明な環境変化です。それを飼い主さんが理解してあげ、愛犬を気遣う必要があります。

気温の変化

青空に桜
人間と同じですが、気温の変化は体にも大きな負担をかけてしまいやすいです。犬も大きな寒暖差があると、体調を崩しやすくなると言われています。

春になるこの時期は、短期的に見ても寒暖差が激しい日々が続きます。愛犬の体調にも気遣いをして、急激な気温の変化を感じないような対策が必要となるでしょう。

花粉症(アレルギー)

犬と猫
花粉症の人にとって、春は辛い季節だと思います。実は犬にも花粉症は存在します。犬の花粉症は、人間の症状と少し違い、皮膚に炎症が起こるといった形で現れます。

また、そう言った体の不調からストレスも感じるといえるでしょう。気になる場合には、動物病院に行くなどをして、ケアをすぐにしてあげるようにしましょう。

犬の花粉症について、その症状や理由、花粉の対策方法などが書かれています。

【春花粉】犬の花粉症の症状と5つの対策

発情期

待てをするビーグル
避妊していないメス犬は、個体差があるものの、一般的には1年に1〜2回程度の発情期があります。

この時期のメス犬は、心身ともに変化が起こる場合が多いです。「食欲がない」「落ち着かない」などの目に見える愛犬の変化を感じるかもしれません。また、ホルモンバランスが崩れているため、ストレスを感じやすくなっています。

繁殖を望まない場合は、避妊を早めにしてあげるのも方法の1つです。そうすることで、発情期の不安定な時期を迎えなくて済むようになります。避妊によるデメリットも存在しますので、調べた上で納得のいく判断をするようにしましょう。

本当に去勢や不妊手術する必要あるの?メリデメと時期や費用は?

ストレスを受けるとどうなるの?

ポカポカの陽の中で眠る犬
犬がストレスを感じた場合、カーミングシグナルと言って、以下のような変化が現れることがあります。

  • 体を舐める
  • 体を掻く
  • あくびをする
  • 同じ場所を行ったり来たりする

また、体調の変化として、以下のような症状が出ることもあります。

  • 食欲がなくなる
  • 食欲が急激に増える
  • 嘔吐する
  • 下痢になる
  • 攻撃的になる

ストレスサインを見逃さない!

ストレスを感じている女性
愛犬の問題行動や体調不良が起きた場合、その原因がストレスだと分からないことがあります。

特に、問題行動などは「しつけがきちんとできていないのかな?」と、むしろ愛犬に強く当たってしまうことがあります。

春は犬にとってもストレスを感じやすい季節であると理解し、すぐに対処することが大切です。ストレスサインを見かけたら、放っておくのではなく、適切な対応をしましょう。

ストレスを解消するためには?

犬によって、ストレスの原因も違ければ、その解消法にも個体差があるでしょう。絶対に治る!という訳ではありませんが、良さそうなものを見つけたら早速試してみるのも良いでしょう。

運動、お散歩、遊び

dog girl
犬にとっても、運動は大切な時間です。そもそも、運動不足が問題行動を引き起こすこともあります。

飼い主さんと、楽しんでお散歩に行くことは愛犬にとって、とてもリフレッシュできる時間となるでしょう。知らない道を散歩したり、思いっきり走ったりと、愛犬の心ゆくまで運動ができると良いですね。

また、知育玩具などの頭を使う遊びも効果的です。あまり聞きなれない方も多いかもしれませんね。こちらに詳しく記載されていますので、よろしければ参考にして見てください。

上手にお留守番できない!そんな時に使える知育玩具とは?

犬と触れ合う

人間の相棒はいつも犬
春の忙しい時期には、愛犬とゆっくり過ごす時間がとれていないかもしれません。愛犬のためにも、また自分のためにも、愛犬とゆったり触れ合う時間を持ってみてください。

ブラッシングやマッサージなどを行い、愛犬と触れ合うことで、コミュニケーションをとってみましょう。お互いに日々のストレスで高まった緊張感がほぐれ、疲れが癒されることでしょう。

動物病院に行く

病院医者
愛犬の体調不良時には、動物病院で適切な判断と処置をしてもらうことが大切です。「病院に行くのはまだちょっと早いかな…」と思わず、困ったらすぐに相談をするのが基本です。

適切な処方により、愛犬の健康が少しでも早く回復できるように最善を尽くしましょう。

身も心も幸せな春に!

可愛い桜

人間同様、愛犬もストレスを感じやすい春。それを分かって、愛犬の健康を気遣える飼い主さんでありたいですよね。

飼い主さんにとっても、愛犬にとっても、幸せ満開な春となりますように。

子供がいる家庭こそ、ペットを飼ったほうがいい理由とは

ペットを手放そうかなと考える理由の1つに、「赤ちゃんが生まれるから一緒に飼えない」という不安要素があるそうです。また、「ペットを飼っているのだけれど、赤ちゃんにとって悪影響にならないかしら」「子供がいるのだけれど、ペットを飼っても大丈夫かな」と考えている人もいるのではないでしょうか。

確かに、子供を育てながらペットの世話もするのは大変なことではあります。ですが、子供のいる家庭だからこそ飼った方がいい理由はたくさんあります。今回は7つの理由を題材にして、考えていきます。

母親自身にとって良いこと

1、癒しをくれる

女性の膝の上に乗るキャバリア
育児は本当に大変なことです。やることも多く、またうまくいかない時も多いのではないでしょうか。そんなイライラの状態の時に、癒しを与えてくれるのはペットです。「ペットには癒し効果がある」というのは使い古された台詞しれませんが、この「ペットの癒し効果」については、いくつも論文が発表されています。ペットと触れ合うことで出る幸せホルモン「オキシトシン」によって、心を落ち着けることができます。

子供にとって良いこと

2、非言語下でのコミュニケーションを覚える

笑う少女とトイプー
ペットは言葉を話せません。そういった中で「一体今どういう気持ちなんだろう?」「これをしたら嫌なのかな?嬉しいのかな?」と考えるようになります。よく「ペットを飼うと思いやりの心が育つ」といいますよね。兄弟との触れ合いから学ぶのとも違う、非言語のコミュニケーションを覚えることができます。

3、免疫力が上がる


「清潔さとアレルギー患者の増加には関係性がある」と言われているのは知っていますか?特に幼い頃に清潔過ぎる場所にいることは、その後のアレルギー発症と深く関係があるそうです。また、アレルギーに強い子に育つ方法として、「動物のフンなどに含まれるエンドトキシンという物質がある場所で育てると良い」という結果があります。これが、「農家や田舎の子供はアレルギー持ちが少ない」と言われる所以ですね。

「赤ちゃんのそばにペットがいるなんて、衛生面が不安!」という方もいるかもしれませんが、きちんとお手入れや掃除をすれば問題ありません。万一、アレルギーが疑われる症状が発症した場合は、すぐに病院へ行き検査してもらいましょう。その場合は、無理に一緒にいることは危険です。

4、運動能力が上がる

キャバリアと遊ぶ少女

ペットがいると、子供は一緒に遊ぶようになります。散歩に出かけたりするのはもちろんのこと、小さい頃から運動に親しめるようになります。その結果、子供の運動能力の向上に繋がります。

5、精神的な支えになる

犬と子供の友情
子供にとっても、ペットは心の支えとなります。子供時代というのは最も多感な時期です。その時に、自分に寄り添ってくれる親友のような家族がいるということは、とても良い心の支えが常にそばにいてくれるということです。辛くて泣いている時、ペットが心配してくれたことはありませんか?このように、子供にとって最高の友達となってくれるでしょう。

6、命を学ぶ

芽
ペットがいたら、家族みんながペットの命について考えるようになります。具合が悪くなったら心配をし、一緒に病院へ行くなど、生命について実体験を持って学ぶことになります。時には、命について、厳しい現実を目の当たりに時もあるかもしれません。こういったことは、教科書から学ぶことはできない、肌で感じることでしか得られない貴重な体験となるでしょう。

家族にとって良いこと

7、家族の絆が強まる

犬と家族
ペットは家族の一員でありながら、家族みんなで協力して育てるようになります。「今日は誰が散歩へ行く?」「こんな面白いことがあったんだよ!」と、自然と会話も増えます。そして、笑顔が溢れます。一緒にバカなことをしたり、本気で遊んだり、家族みんなで問題を解決したりと、家族の絆がより一層深まることでしょう。

ペットと共に育つ

赤ちゃんを見つめるシュナウザー

編集者である私は、生まれた時にはすでに家族の一員として1匹の犬がいました。記憶はありませんが、最初は私に対して「変な奴が来た!」という反応をしていたそうです。ですが、だんだん赤ん坊である私を家族として認め、ベビーベッドのそばにずっと寝ていたり、私をみて過ごしていたそうです。思い返せば、私の幼い頃の写真にはいつも暖かい視線の持ち主が一緒に写っていました。

初代のわんちゃんが亡くなってから、しばらくして新たに2匹の犬を家族として迎えました。一人っ子である私にとって、初代はお兄ちゃんのような存在であり、その後の2匹は私の妹たちのような存在でした。彼らは私に、本当にたくさんのことを教えてくれ、そしてたくさんの笑顔をもたらしてくれました。

「犬が赤ちゃんをいじめてしまうのではないだろうか」と心配する人もいるかもしれませんが、飼い主さんがしっかりしていれば基本的には大丈夫です。ペットと子供を同時に育てるのは、確かに大変なことではあります。しかし、それ以上の幸せと喜びと学びを与えてくれるでしょう。