かわいい看板犬に会える!犬連れでも楽しめるお宿5選【西日本編】

旅行の醍醐味は、見知らぬ場所での新たな体験や貴重な出会いにあるのではないでしょうか。犬好きの方なら「看板犬」とのふれあいも、また楽しい思い出となることでしょう。

今回は、西日本にあるホテルやゲストハウスで出会える、素敵な看板犬をご紹介いたします。犬連れの旅行者にとってはもちろん、犬を連れていない方でも楽しめる施設がありますので、旅行を計画する際にぜひ参考にしてみてください。

富山県「すいげつろうホテル」

すいげつろうホテルの看板犬は、ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグのやくもちゃんとみつきくんです。ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグは、オバマ元大統領が飼っていたことで話題になりましたが、日本ではほぼ見かけることのない珍しい犬種です。

創業は寛政三年(1791年)と非常に歴史がある和モダンで落ち着いた雰囲気のホテルです。食事が自慢のお宿で、地元富山の美味しい素材が堪能できます。ドッグランがあり、犬が宿泊できるお部屋には専用パティオ(中庭)付きの部屋もあり、犬連れ旅行には嬉しい設備が整っています。

すいげつろうホテル
富山県砺波市表町15-16
https://suigetsurou.net/

滋賀県「暖灯館きくのや」

暖灯館きくのやの看板犬は、真っ白でモフモフ、巻いたしっぽがチャームポイントの柴犬のまめ太郎くんです。まめ太郎くんは、優しい性格で、人も犬も大好きなのだそう。

客室にはペット専用の露天風呂がついた部屋もあり、かけ流しの天然温泉を愛犬と一緒に満喫できます。こだわりの地元食材を使用した食事は、お部屋でゆっくりと味わえるため、犬連れ旅行でも気兼ねなく夕食を楽しめます。

暖灯館きくのや
滋賀県大津市雄琴6-1-29
https://kikunoya.jp/

鳥羽わんわんパラダイスホテル

鳥羽わんわんパラダイスホテルの看板犬は、雑種犬のミナトくんです。沖縄で保護され、東京のシェルターで過ごした経歴を持つミナトくんですが、のんびり屋さんでカウンター内では爆睡していることもある癒し系です。

犬連れ専用のホテルであるため、一般客に気兼ねする心配はありません。鳥羽湾を一望する屋上ドッグガーデンや犬専用のプール、屋内ドッグラン、愛犬撮影スタジオなど、充実の設備が整っています。さらに、食事は伊勢志摩の海で採れた新鮮な魚介類や旬の食材を使用した本格和会席を堪能できます。

鳥羽わんわんパラダイスホテル
三重県鳥羽市小浜町272
https://www.izumigo.co.jp/aiken/toba/

京都府「スズキゲストハウス」

スズキゲストハウスの看板犬は、白くてフワフワな毛がなんとも可愛らしいポメラニアンのチロくんとニコくんです。兄のチロくんはお客さんとの追いかけっこが大好きで、弟のニコくんはそんなお兄ちゃんが大好きなのだそう。

二条城のすぐ北側、京都市の中心に位置し、ほとんどの有名な観光スポットへはバス一本でアクセスできます。犬同伴での宿泊の場合は、1階のフリースペースではリードを離してくつろぐことも可能です。

スズキゲストハウス
京都府京都市上京区主税町986
http://suzukiguesthouse.com/

大阪府「HOTEL 3O’CLOCK TENNOJI」

HOTEL 3O’CLOCK TENNOJIの看板犬は、フワフワボディが魅力的なビション・フリーゼのオレオ店長です。フロントカウンターの横がオレオ店長の定位置で、お客さんたちをお出迎えしてくれます。

全20部屋中6部屋はペット同伴が可能で、愛犬と一緒に遊べるお部屋とテラスもあります。あべのハルカスや天王寺動物園、新世界などの観光名所が徒歩圏内にあり、好立地が魅力です。また、犬連れに人気のスポット「てんしば」は、天王寺公園エントランスエリアで、ドッグランやグッズショップ、トリミングサロン、犬同伴OKのレストランなどが充実しています。

HOTEL 3O’CLOCK TENNOJI
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町4-14
https://hotel-3oclock.com/sp/

まとめ

Instergram,ドッグラン,ゲストハウス,ホテル,宿,温泉,犬同伴,犬連れ,看板犬

西日本エリアにある、可愛らしい看板犬に会えるホテルやゲストハウスをご紹介しました。どの宿も魅力的な看板犬たちと、それぞれ楽しめるポイントがあり、どこに行こうか迷ってしまいますね。

各宿では、犬を連れて宿泊する際の注意点が公式ホームページに詳細に掲載されていることがありますので、事前にチェックしてからの予約がおすすめです。

看板犬と共に過ごす楽しいひとときと、その宿ならではの特別な時間を愛犬と一緒に楽しんで、素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

看板犬に会いに行こう!愛犬も喜ぶ素敵なお宿5選【東日本編】

犬好きの方なら、旅行先の宿で可愛らしい看板犬に出会うと、テンションが一気に上がりますよね。その思い出は、楽しい旅の中で特別なものとなることでしょう。

この記事では、東日本にある素敵な看板犬が出迎えてくれるお宿を紹介します。めったに出会えない犬種もいるので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

①福島県「エンゼルフォレスト白河高原」

エンゼルフォレスト白河高原の看板犬は、超大型犬であるグレート・ピレニーズのジーナちゃんです。2023年の楽天トラベル看板犬ランキングでは見事に1位を獲得しました。キャッチコピーは「おやつがあればなんでもできる☆記念撮影もお手の物!」

客室は全室ペットOK。人間はもちろん、犬専用の朝食バイキングや温泉も利用できます。周辺にはカナディアンカヌー、釣り、レンタサイクルなどの遊びどころが豊富で、また、ログハウスサウナや天然温泉などホテルの設備も充実しています。

エンゼルフォレスト白河高原
福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥高戸屋39
https://www.ang-sk.com/

②群馬県「ペンション 朝ねぼう」

ペンション朝ねぼうの看板犬は、なんと4頭のゴールデン・レトリーバー。名前はステラちゃん、コスモちゃん、トキトくん、クイーンちゃんと言います。ゴールデン好きにはたまらないお宿ですね。

谷川温泉源泉の貸切露天風呂とイングリッシュガーデンが自慢のペンションで、朝食の焼きたてクロワッサンは楽天トラベルの朝ごはんフェスティバルで群馬県1位に選ばれた人気のメニューです。周辺には様々なウォーターアクティビティを楽しめるスポットもたくさんあります。

ペンション 朝ねぼう
群馬県利根郡みなかみ町綱子294-1
https://www.asanebou.com/

③山梨県「八ヶ岳わんわんパラダイスコテージ」

八ヶ岳わんわんパラダイスコテージの看板犬は、超大型犬のレオンベルガーのレイくんと、シェットランド・シープドッグのからしくんです。看板犬たちには出勤日があるようなので、会いたい場合はInstagramなどをチェックしてから宿泊日を決めましょう。

一棟貸し切りのコテージはプライベート感満載。自然の木々を活かした1,100坪の広々としたドッグランや、アジリティもできるエリアがあり、愛犬もリフレッシュできるでしょう。また、車で2~3分の場所にある「AMBIENT 八ヶ岳コテージ」では温泉大浴場と露天風呂が楽しめます。

八ヶ岳わんわんパラダイスコテージ
山梨県北杜市長坂町小荒間1792
https://www.izumigo.co.jp/aiken/yatsugatake/

④長野県「軽井沢 ホテルそよかぜ」

ホテルそよかぜの看板犬は、ジャーマン・シェパード・ドッグの春くんと、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの若葉ちゃんです。強そうな見た目をしていますが、優しい性格の春くん元気いっぱいの若葉ちゃんはいつも仲良しなのだとか。

食事はフランス・プロヴァンスを彷彿とさせるインテリアのレストランで、地元の有機無農薬野菜を愛犬と一緒に楽しめます。室内で飼っているペットであれば犬以外のペットや小動物も宿泊でき、猫、ウサギ、フェレット、オウムなども宿泊することがあるそうです。

軽井沢 ホテルそよかぜ
長野県北佐久郡軽井沢町千ヶ滝197
https://www.hotelsoyokaze.com/

⑤静岡県「愛犬と癒しのアジアンリゾート海宿 太陽人」

海宿 太陽人には、なんと7頭の保護犬と1匹の保護猫がいます。種類もフラットコーテッド・レトリーバーやブリタニー・スパニエル、ダックスフンドなど、様々な可愛らしい動物たちが迎えてくれます。

4つの屋外ドッグラン、屋内ドッグランとプレイエリア、約3,000坪の敷地を誇る散歩コース、夏期限定の2種類の犬専用プールなど、遊びどころが盛りだくさんです。伊豆の味覚を存分に堪能できるお料理や、趣のある3つの貸切風呂で飼い主も十分に満足できることでしょう。

愛犬と癒しのアジアンリゾート海宿 太陽人
静岡県賀茂郡南伊豆町下流1391-1
https://taiyoubito.net/

まとめ

Instergram,ドッグラン,ペンション,ホテル,宿,温泉,犬同伴,犬連れ,看板犬

東日本にある素敵な看板犬のいるお宿をご紹介しました。宿によっては、ホームページに犬連れの際の注意点が掲載されている場合がありますので、事前にチェックしてから予約しましょう。

どのお宿も可愛らしい看板犬たちと、個性豊かで魅力的な楽しみポイントがたくさんあります。看板犬との楽しいひと時と、ここでしか味わえない特別な時間を愛犬と共に過ごし、素敵な思い出を作ってくださいね。

愛犬と一緒に宿泊するなら「アニマーレプレミアム in 那須」がおすすめな理由とは

皆さんは、愛犬とのお出かけを楽しんでいますか?

「愛犬と宿泊をしたい!」「那須へ愛犬とお出かけをしたい!」そんなあなたに紹介したい宿が、「アニマーレプレミアム in 那須」です。

今記事では、どこがオススメポイントなのか?口コミはどうなのか?など、様々な観点からまとめていきたいと思います。

アニマーレプレミアム in 那須とは?

かおりんさん(@kaorin2778)がシェアした投稿


こちらの宿が、那須高原に位置するペットと泊まれる宿です。楽天トラベルなどでも高評価のレビューが数百件と掲載されており、過去にも多くのメディアで取り上げられています。

犬に優しい宿であることはもちろんのこと、豪華な内装とその世界観、那須周辺へのアクセスのしやすさ、そしてオーナーさんの素敵さ等、様々なおすすめポイントがあります。

おすすめポイント5つ

1.愛犬と愛犬家に優しい宿

nagomimamaさん(@nagomilove)がシェアした投稿


アニマーレプレミアム in 那須は、ペットと一緒に泊まることができる宿として、充実の設備が自慢です。愛犬にも優しく、飼い主さんにも満足頂ける充実の施設となっています。

ドッグラン

犬の健康のためを思って作られたこのドッグランは、天然のウッドチップを敷き詰められた作りとなっています。これならワンちゃんも安心して走り回ることができます。

那須高原の清々しい空気の中、思いっきり運動ができるのは本当に最高です!都会の喧騒から離れた大自然の中で、飼い主さんもワンちゃんも思いっきり走り回ってはいかがでしょうか?

ペット専用の足洗い場

フロント玄関には、ペット専用の足洗い場が設置されています。

レンガ造りの足洗い場には、シャワーがついており、しっかりと汚れを落としてから館内に入ることができます。このあたり、ワンちゃんオーナーには嬉しいですよね。

ペット用のお風呂

アニマーレプレミアム in 那須には、5つの温泉貸切風呂と、全客室に専用露天風呂があります。

そして、すべての温泉には、ペット用のバスタブも用意されています。ペットと一緒に温泉浴をして、旅の疲れを癒すことができます。

2.内装、世界観がすごい

shiba こなつさん(@konatsu170310)がシェアした投稿


アニマーレプレミアム in 那須は、お部屋のコースごとに部屋の雰囲気が違います。どのコースも、リッチで豪華なお部屋で、大満足間違いなしです。全体的にヨーロッパスタイルの作り、客室となっています。

例えば、DXスイートのお部屋。こちらは、原作の「不思議の国のアリス」をモチーフにしているお部屋です。クラシックで素敵なそのお部屋は、英国で買い付けたというアリスの絵やグッズで満たされています。英国アンティークを感じる贅沢なお部屋となっています。

3.お風呂がすごい


なんと、全室に専用の部屋付き露天があります。一名様でのんびり寛げる大きさになっています。

また、この部屋の専用露天風呂は、スイッチひとつでミネラル泉の入れ替えができるようになっています。

常に新しいお湯だからこそ、赤ちゃんでも安心して入浴することが出来る露天風呂となっています。他の人が使ったお湯を循環させていないこの仕組みは、お客さんのことを第一に考えているアニマーレプレミアム in 那須だからこそです。

「家族と一緒に入りたい!」という場合には、5種類の貸切スパをチョイスすることも可能です。タイプの違う5つの温泉貸切風呂は、どれもお洒落で素敵です。

4.食事が美味しい

shiba こなつさん(@konatsu170310)がシェアした投稿


食事の美味しさにも定評のあるアニマーレプレミアム in 那須。こちらの食事を楽しみにいらっしゃる方もいるほど、「食事が本当美味しい!」という声を多く聞くことができます。

旅行のプランを選ぶ際に、数あるコース料理の中から、お好きなコースを選ぶことができるのも嬉しいポイントの1つです。

5.オーナーさんが優しく、素敵


数々のレビューの中で、多く言及されているのが、オーナーさん。その優しやと気さくさに、多くの人が魅了されています。

「オーナーご夫婦の気遣いが素晴らしかった」「うちの犬は太り気味なのですが、食事法などレクチャーしてくれました!実践してみます!」などの声が多数上がっており、その人柄の良さも「また来たい!」と思わせるポイントです。

愛犬と楽しい時間を!


旅の疲れを癒し、愛犬と最高の思い出を作ることが出来るこちらの宿。

是非、大切な家族と訪れてみてはいかがでしょうか。

    住所 / 〒325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙801-3
    TEL / 0288-54-1717
    FAX / 0288-53-6300
    交通アクセス / JR黒磯駅より「那須湯本行」バスにて「友愛の森」下車(送迎有り・要予約)
    駐車場 / 有り 12台 無料 予約不要
    チェックイン / 15:00(最終チェックイン:17:30)
    チェックアウト / 10:00
    総部屋数 / 12室

愛犬と一緒に旅行がしたい!いったい何を準備すればいいの?

最近はペットと一緒に泊まれるホテルや一緒に食事ができるレストランなど、飼い主さんとペットに嬉しい施設がたくさんあります。

とはいっても、初めての愛犬と一緒の旅行の場合には、その準備段階で悩むことが様々あるかもしれません。

今回は、愛犬と旅行する時に知っておくべきことや準備しておくべきものをご紹介いたします。

旅行に行く前の準備

トイレのしつけ


旅行をするとき、わんちゃんはいつもと違う環境でトイレをすることになります。

おうちでもトイレのしつけが不十分であれば旅行先でとても苦労するかもしれません。声掛けでトイレができるようにあらかじめしつけておき、トイレ用品などもしっかり準備しておきましょう。

また、普段はしっかりとトイレができていても、新しい環境の不安や緊張で粗相をしてしまうこともあるでしょう。

そのような場合に備えて紙おむつなどを準備しておくと尚良いです。実際、私も外出先に連れて行く時、そこが慣れていない場所である場合は、必ずおむつをさせています。

ペット用紙オムツ
¥4,530 (2024/02/23 04:06:23時点 Amazon調べ-詳細)
男の子用おしっこオムツ
¥1,979 (2024/02/23 04:06:23時点 Amazon調べ-詳細)

ケージや車に慣れてもらう


あまり車や公共機関に乗らないわんちゃんの場合、不安がったり緊張してしまったりするかもしれません。

また、慣れていないキャリーバッグに入れられて、落ち着きをなくしてしまうこともあります。そして、犬も車酔いをします。何事も、いきなり実行するのではなく、事前に準備しておくことが重要になってきます。

そのため、普段から車やケージ、キャリーバッグに慣れておくようにしましょう。

ワクチン接種などの確認


一年ごとの狂犬病の予防接種や、混合ワクチンは忘れずに受けさせるようにし、受けた後にもらう証明書は手元に保管するようにしておきましょう。

宿によっては証明書類の提示を求められる場合があります。犬と一緒に宿に泊まるときは、求められていなくても必ず携帯するようにしましょう。

宿の選び方

利用できる設備をチェック


宿のレストランに犬と入ることは可能なのか、わんちゃんのお風呂はどうするのかなどは、宿に事前に確認をしておきましょう。

宿によってはドッグランやアジリティー施設、犬と一緒に泳げるプールなどを備えているところもあります。犬と思いっきり遊びたいのであれば、このような視点から探して見るのも良いですね。

また、このような施設がない場合でも、周辺に広い公園があるか、ドッグランがあるかなども一緒に調べてみると良いでしょう。

泊まれる犬の種類


宿によっては泊まれる犬のサイズや体重、一室あたりの頭数制限などの条件を設けている場合もあります。

他にも、トイレのしつけができていること、介護を必要としないこと、ヒート中でないこと、吠えないことなどの条件が設けられている場合があります。

犬の宿泊料は?


旅行の料金プランはよく確認するようにしましょう。旅行会社から提示されるプランの中には犬の料金が含まれていないものも存在します。

また、一頭あたりの値段もサイズや重量で区別されていることがあり、犬種ごとに料金を設けている宿もあるのでよく確認しましょう。

宿までの移動手段


これは人間だけの旅行でも同じですが、宿を決定する前にしっかりと確認しておきたいのは、「家から宿までの移動手段」です。これを考えずに宿を予約してしまうと、当日たどり着けなくなってしまうという場合があります。

カーナビがある現在、車で移動する場合は、問題ないことがほとんどなのですが、電車やバスなどは大きさと重さの制限がありますし、バスも会社によっては厳しい制限があります。また、飛行機に乗せる場合には荷物扱いになり、別料金がかかることにも注意してください。

準備する持ち物

書類


「狂犬病予防注射済票」、「ワクチン接種証明書」などの宿が指定する書類は、出発する前にきちんと持っているか確認しましょう。

これらはドッグフードやトイレ用品と違って、現地で入手することができません。心配であれば宿に電話をかけて、必要な書類を確認してみるのもありです。

フード・水・容器


宿によっては犬のための食事も用意してくれるところがありますが、いつも食べているドッグフードや水、ボウルはきちんと持参するようにしましょう。

これらを準備しておくことで、パーキングエリア等、移動中にあげることができるほか、宿で出たご飯を食べたがらなかった時にも困ることはありません。

暑い時期は悪くなってしまわないようにドライフードを持っていくようにしましょう。また、一食分ずつ小分けにしてジッパーに入れておくととても便利です。

ケージ・キャリーバッグ・リード


電車やバス、飛行機に乗る場合にはキャリーバッグが必要になります。

事前に用意しておき、キャリーバッグに入ることを怖がったりしないように、何回か使って慣らしておくとよいでしょう。

キャリーバッグやケージは慣れない環境に怯えてしまった時のセーフティーエリアになります。車で移動するので不必要だ、という飼い主さんでも、念のために持っていくとよいでしょう。

また、公共のスペースをノーリードで歩くことは法律で禁止されています。いつものお散歩で使用する首輪やリードは必ず持っていきましょう。

ベッド・おもちゃ


犬が不安がって寝付けなくなってしまったりしないように、いつも使っている毛布やベッドを持っていきましょう。

また、いつも使っているおもちゃで遊んであげることで、初めての場所に対する不安感を薄めることができます。

トイレ用品・マナーパンツ


トイレシートとその下に広げるための敷物は忘れないようにしましょう。トイレシートは多めに用意しておくと安心です。もちろん、オシッコを流すためのペットボトル+お水もあると良いでしょう。

また、普段は粗相をしないワンちゃんでも、環境が変わると粗相してしまう場合があります。お部屋の中や車の中ではマナーパンツをしておくと、飼い主さんも安心して過ごすことができます。

ウエットティッシュ・歯ブラシなど


ウエットティッシュや歯ブラシ、シャンプーなどのアメニティー用品はきちんと準備しておきましょう。

また、外で遊ぶ時間が長いのであれば、虫除けスプレーやノミ・ダニ駆除用の薬も持っていくとよいでしょう。

これらはかかりつけの獣医さんに相談してみてください。旅行に行くことを伝えれば、親身に相談に乗ってくれるはずです。

最後に


最近は犬も一緒に泊まれるペットホテルがたくさん出てきました。

お留守番をするワンちゃんを気にせず、愛犬と共にのびのびと旅行することができるようになってきたのではないかと思います。

でも、ペットオーナーは、何事も事前に入念な準備をしておくことが求められます。思いつきで突然行動するのではなく、これらの準備のことまで考え、計画的に旅行したいですね。

きちんと準備をし、公共のルールやマナーをしっかり守って、楽しい旅行にしましょう!