モルモットを飼うなら最低限知っておきたい3つの知識

動物園のふれあいコーナーでおなじみのモルモット。ずんぐりとした体型とまん丸な目が愛らしく、一度は飼ってみたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなモルモットを飼うにあたり、最低限は知っておきたい3つの知識をご紹介します。

【知識1】モルモットの基本情報

モルモット
まずはモルモットの基本情報から。

モルモットは、げっ歯目テンジクネズミ科に分類されます。キャラクターの”カピバラさん”で人気のカピバラは近縁種で、サイズは全く違うものの、姿形は良く似ています。原産地であるペルーでは、なんと食用として家畜化されていましたが、ヨーロッパに持ち込まれ、愛玩動物として飼育されました。

体長は25〜35cm、体重は300〜700gで、ハムスターよりは大きく、ウサギよりは小さい動物です。耳は小さくて丸く、尻尾はありません。

モルモットの性格

黒いモルモット
モルモットはとても穏やかな性格をしています。しかし、臆病で警戒心が強いため、小さな物音でもびっくりして全力疾走で逃げていきます。

慣れてくると、なでられながら寝てしまったり、名前を呼ぶ声に反応したりと、飼い主とコミュニケーションが取ることができる動物です。お腹が空いたときは甲高く「キュイーキュイー」と鳴いておねだりします。

【知識2】飼育に必要なもの

エサを食べるモルモット
モルモットを飼育する際に必要なものをご紹介します。

ケージ

ケージは幅60cm、高さ40cm程度のものがおすすめです。モルモット専用のケージはあまり売られていないので、ウサギ用のケージを代用しても大丈夫です。

ただし、ウサギ用の金網の床材をモルモットが使用すると、足が床材に挟まりケガの原因になってしまうため、床材については、必ずモルモット用の床材を用意しましょう。

床材

ケージの下には牧草か「すのこ」を敷いてあげてください。

すのこを敷くことで糞尿が下に落ちていくため、掃除を行いやすくなります。ただし、隙間の大きいすのこだと、先述の金網と同様に足を挟んでケガをしてしまうこともあるので注意してあげてください。

牧草は、掃除しにくいことが難点ですが、自然の環境に近くモルモットにとっては過ごしやすいでしょう。また、餌として食べることもでき、冬には保温の役割も果たします。

どちらを利用するにせよ、掃除を怠ると不衛生で病気の原因になりますので、十分注意しましょう。

エサ入れと給水ボトル

エサを入れる食器と給水ボトルを用意します。

モルモットは食器をしばしばひっくり返してしまうので、重さのある陶器製のものがおすすめです。給水もエサと同様の食器でも構いませんが、フンが混じってしまうこともあり不衛生なため、ボトルタイプのものを選ぶと良いでしょう。

エサ

モルモットに与えるエサには、不可欠な栄養が含まれていたり、歯が伸び続けるのを防ぐ役割があります。その役割をしっかり理解してモルモットにエサをあげましょう。

モルモットに与えるべきエサは以下の3種類があります。

  • モルモット用のペレット
  • 牧草
  • 野菜

ペレット

ペレットとは、ペット用に加工された固形のエサのことです。

モルモットは人間と同じように自分でビタミンCを合成できません。そのため、モルモット用のペレットには、モルモットには欠かせないビタミンCが含まれています。

ペレットは、動物の種類によって含まれているものが大きく違うので、一緒に飼っている他の動物のペレットをあげることのないよう注意してくださいね。

牧草

牧草は繊維質が多く、こちらもモルモットの食事には欠かせません。

モルモットは歯が一生伸び続けます。通常は上下の歯がうまくかみ合わさることですり減りますが、かみ合わせが悪くなることにより歯が伸びすぎてしまい、食事が難しくなってしまいます。このことを不正咬合(ふせいこうごう)といい、一度治療が終わっても完治が難しいため、これを防ぐためにも牧草などの固いエサを与えることが大切です。

野菜

野菜には、ビタミンAやビタミンCがなどの栄養素がたくさん含まれているので、新鮮な野菜を毎日あげてください。

モルモットはレタス、キャベツ、小松菜、チンゲンサイ、パセリなどを好んで食べます。ニンジンは与えても大丈夫ですが、ビタミンCを破壊する働きがあるため、少し加熱すると良いでしょう。なお、犬や猫と同様に、玉ねぎ、ネギ、ニンニク、ニラなどは絶対に与えてはいけません。

ブラシ

モルモットは春と秋の年二回、全身の毛が抜け変わります。毛を飲み込んでしまった場合、体内で消化できず、猫のように吐き出すこともできないため、ひどい場合は手術が必要な場合もあります。

飲み込む毛の量を減らすため、毛の抜け変わる時期はこまめにブラッシングしてあげることが大切です。モルモットの皮膚は敏感なため、柔らかい豚毛かゴムのものを使用しましょう。


【知識3】飼育時に気をつけたいこと

あくびをするモルモット
モルモットは体が小さいこともあり、非常にデリケートな生き物です。飼育時には以下に気をつけましょう。

飼い始めは近づきすぎない

モルモットは環境の変化に敏感です。お迎えしたばかりの時はあまり触ったりせず、数週間かけて少しずつ距離を縮めましょう。すぐに撫で回したくなってしまいますが、まずは環境に慣れてもらうことを優先し、見るだけにしておきましょう。

温度調節

モルモットは暑さにも寒さにも弱い動物です。夏は暑すぎないよう、冬は寒すぎないよう、飼い主が家にいないときも冷暖房は付けっ放しにして、室温を保ちましょう。

かみ癖

部屋でお散歩をさせていると、家電製品のコードをかじってしまうことがよくあります。電気が通っていると感電してしまうことがあり大変危険なので、コードをモルモットの届かないところに置くか、お散歩中は目を離さずに見ていてあげましょう。

最後に

正面モルモット
臆病で警戒心が強いモルモットは環境の変化に大変敏感です。ちょっとした物音でもストレスになってしまうため、モルモットが安心して穏やかに過ごせるよう環境を整えてあげてください。

慣れてきてコミュニケーションが取れるようになると、ますますかわいらしい面が見られます。焦らず少しずつスキンシップを取って距離を縮めていきましょう!

【猫】長期旅行に行きたい!3日以上の連泊するなら、いつもと違う対策をセヨ。

「海外旅行に行きたい!」など長期で旅行に行く時に気がかりなのが、ペットのお留守番。連泊する時は、一体どうするのが適切なのか見ていきます。

3日以上の旅行なら、いつもと違う対策が必要

女性 旅行 旅
猫は比較的お留守番に強いと言われています。1泊ぐらいでしたら、多めに食事を用意するなどの準備をしっかりすれば大丈夫だと言われています。(それでも、寂しがる猫ちゃんは寂しいようですが…)

詳しい準備事項については、こちらを参照ください。食事以外の気をつけるべきことや、便利グッズについて紹介してあります。

猫をお留守番させるときに気をつけるべきこと3つ

3日以上となると、「多めに用意する」だけでは補えないところが出てきます。例えばトイレ。多めに砂を用意するなど対策をしたとしても、3日以上の分を準備して行くのは難しいですよね。猫は本当に綺麗好きで、汚れているトイレを嫌がります。そうなると粗相をしたり、ストレスを溜める原因になってしまうでしょう。

できれば、家に来てもらう。無理ならペットホテルという手段も。

寝てる猫
猫の、食事・水・トイレ・気温環境などを整えるためには、やはり毎日世話をする必要がありそうです。

1. ペットシッターに来てもらう

できることなら、どこかに預けることより家に誰か来てもらうことをオススメします。その理由は、「猫は環境の変化に弱い」から。環境が変わることがストレスになってしまいます。猫にとってよりよい環境を、と考えるのであれば、ペットシッターがオススメでしょう。

ペットシッターは日本ではまだマイナーですが、海外ではかなりメジャーな職業です。ペットシッターは、基本的な食事やトイレのお世話をしてくれます。シッターさんによるとは思いますが、その日の猫ちゃんの状況をメール等で伝えてくれるところもあります。これなら、安心して外出を楽しめますよね。

2. 知り合い・家族に来てもらう

もし身近に頼める人がいるならば、友達や家族にお世話をお願いしましょう。長期で旅行をすることになった人が、友人に泊まり込んでもらってお世話を頼んだという例もあります。親しい人だとはいえども、きちんとお礼は忘れずに!バイトとしてお世話をお願いすれば、次回同じように旅行に行く時があったとてもお願いしやすくなります。

3. ペットホテルに預ける

ペットホテルの良い点は、気温の調節がされているところです。夏場など暑い季節には安心できますよね。
デメリットは、やはり猫にとってストレスになってしまうところ。ペットホテルはわんちゃんもいるので、そういった環境下でのんびりと落ち着けるとはあまり考えにくいですよね。

しっかりと下調べをしておけば、快適なホテルも見つかる可能性はあります。お値段は上がりますが、個室の部屋が与えられているホテルもあるようです。

帰って来たらたくさん遊んであげて!

女の子 シャボン玉
猫ちゃんの性格によりますが、寂しがり屋さんの猫ちゃんだと、飼い主さんが帰って来たあと拗ねて無視をする子もいると聞いたことがあります。(全く大丈夫な子は、「え?帰って来たの?」ぐらいの反応らしいですが…。それもちょっと寂しい気もしますけどね)

いくらストレスを溜めないように配慮したとしても、飼い主さん不在の中、特に遊ぶこともなく過ごすことはストレスになります。帰って来たら、たくさん遊んであげてくださいね。

猫は環境の変化が苦手、がキーポイント

猫 後ろ姿
猫は犬よりもお留守番が得意だと聞いた、という人も多いと思います。しかし、猫は猫で気をつけなければならないことがあります。

長期でお留守番をさせなくてはならない時は、事前準備が必要になります。ペットシッターもホテルも、前もって下調べや予約をする必要があります。急には対応できないこともありますので、近くのシッターさんやホテルを探しておきましょう。いつもお願いするシッターさんがいれば特に安心ですよね。

猫ちゃんが大丈夫かドキドキして旅行が楽しめない!なんてことのないように、しっかりと準備してから出発しましょう。

パートナー選びから必要な手続きまで!犬を飼う前に知っておくべきことまとめ

「犬を飼いたいんだけど何から始めればいいかわからない!」という方に向けた、まとめページです。ベストパートナー選びから飼った後しなければならない手続きまで、順番にまとめてあります。このページを順番にこなしていけば、心配は一掃されるでしょう。

今から新しい家族が増えてこのページが必要なくなるその時まで、あなたに寄り添い続けます。

飼う前に知っておくべきこと

犬を飼いたいと思っても、本当に飼えるのだろうかという不安要素が残っていたりしませんか?飼い始める前に知っておきたい情報をまとめました。

【徹底調査】犬を飼うにはいくらかかる?月々の費用や予想外の出費も

犬を飼う前に確認しておきたい5つのこと

どの子を飼おうかな!

「犬を飼いたい」という漠然とした気持ちだけある場合、一体どの子がいいのか悩みますよね。実は、犬の種類によって飼いやすさが異なってきます。これを知らないで飼い始めると、後から手に負えなくなってしまう…なんてことも。特に初心者さんには、飼いやすい犬をオススメします!

【おすすめ】初めてでも飼いやすい室内犬ランキングTOP5

一緒にフリスビーがしたい!スポーツを一緒に楽しめる犬5選

どこから飼おう?

車に乗る犬
犬を手にいれる手段はいくつかあります。すぐに思い浮かべるのはペットショップかもしれませんが、たくさんの方法があるのです。どうやって手にいれるのが一番良いのか、きちんと考えましょう!

ペットショップ?里親?それぞれのメリット・デメリットを紹介

何が必要になる?

犬を迎え入れる前に、「準備しておいた方が良い物はあるのか?」という疑問を一掃しましょう。もちろん、犬種などが決まらないとわからないこともあると思います。ですが、「飼い始めたらこんなものが必要になるのか」と把握しておくことで不安が軽減されると思います。

犬を飼い始めたら、まず必要なものリスト

さぁ素敵なドッグライフを!

海岸に座る犬と女の子
疑問は一掃されたでしょうか?
犬を飼い始めたらこちらを参考にしてみてください。

初めての犬の飼い方【飼い始めてから】