犬が攻撃的なのは運動不足のせいかも!?悪影響と解消方法について考えよう

運動不足になると、体がだるくなったり、ケガや病気をしやすくなったり、ストレスがたまったりしますよね。運動不足は、「生活習慣病のもと」なんて言われるほど、厄介なもの。

もちろん、運動不足によって悪影響を受けるのは人間だけではありません。犬も同じように、悪影響を受けてしまうのです。

そこで今回は、犬が運動不足により受ける悪影響と、運動不足を解消するための方法をご紹介します。

運動不足による悪影響

体重計
犬も人間と同様、運動不足になると心身ともに悪影響が出てきてしまいます。悪影響には、どのようなものがあるのでしょうか?

筋力・体力の衰え

まずは、筋力や体力が衰えやすくなります。極端な運動不足でなければ、すぐに影響が出ることはないでしょうが、年をとるにつれて筋力・体力の低下が起きやすくなります。

年をとっても筋力や体力を維持するためには、若いうちからよく運動することが大切です。

ストレス

犬は運動不足になると、ストレスを感じやすくなります。人間もずっとパソコンに向かうなど、長いこと運動をしないとストレスがたまりますよね。

ストレスがたまってしまうと、飼い主や他の人、他の犬に対して攻撃的になることがあります。また、ストレスはいろいろな病気を引きおこしかねませんから、定期的に発散させることが大切です。

肥満になりやすい

運動が足りていなければ、犬も人間と同じように肥満になりやすくなります。肥満になると、病気のリスクが高まることはもちろんのこと、足腰に負担がかかりやすくなるため、ヘルニアの原因にもなってしまうのです。

食べ過ぎに注意するだけでなく、運動不足にも十分注意しましょう。

運動不足のサインは?

見つめる犬
運動不足だからといって、どこかが腫れたり、傷ができたりするわけではありませんから、運動不足かどうかを目で明確に判断することは困難です。

そこで、運動不足かどうかを見極めるため、以下のような行動に注意してみてください。

攻撃的になる

犬が他の人や犬に対して攻撃的になったり、飼い主の言うことを素直に聞かなくなったりした場合は、運動不足でストレスがたまっている可能性があります。

もちろんストレスの原因は運動不足だけではないので断定はできませんが、「そういえば最近散歩に行けていないし、運動が足りていないかも…」と思ったら、運動量を増やしてあげることで穏やかになるかもしれません。

実は、ドッグトレーナーさんの中にも、運動不足が全ての問題行動の原因だと言い切る方もいるくらい、運動不足というのは重要な要素の一つなのです。

常にソワソワしている

これも必ずしも運動不足が原因とはいえませんが、常に落ち着きがなくソワソワしている場合は、「もっと運動がしたい!」というサインかもしれません。

犬の運動不足を解消するには?

ヨガ
では、犬の運動不足を解消するにはどのような方法があるのでしょうか?

散歩の時間を増やそう

散歩の時間はそれぞれの犬によって大きく異なります。そこで、散歩から帰ってきたときの犬の疲れ具合で、散歩の長さが適当であるかを確かめてみましょう。以下を指標にしてみると良いでしょう。

①短く浅く、ハッハッと呼吸している場合

→犬がちょうどよく疲れているサインです。(単に、暑いからという場合もありますので、気温なども加味してください)

②激しい呼吸をしている場合

→犬が疲れすぎています。少し散歩の時間や激しい運動の量を減らしましょう。

③物足りなさそうにしたり、走り回ったりしている

→運動量が不十分かもしれません。散歩の時間を長くしたり、散歩中に走ったりしてみましょう。

たまにはドッグランで思い切り走らせて

散歩中は基本的に、歩く場合が多いと思います。散歩中に走れたとしても、時間や距離の観点から犬には少し物足りないかもしれません。また、散歩時は、犬は飼い主さんのスピードに合わせて走りますが、本当はもっと全力で走りたいと思っていることでしょう。

そこで、定期的にドッグランに連れて行き、思う存分走らせてあげましょう。ドッグランであれば、リードを外して犬を自由に運動させることが可能です。公園などで、長時間歩くのも良いでしょう。

おもちゃで遊ぼう

長い時間散歩に行く時間がなかなか取れないときや、梅雨の時期など、雨が続いているときは、家でおもちゃ遊びをしましょう。

タオルで引っ張り遊び、ボール投げ、かくれんぼ、ノーズワークなど、たくさんコミュニケーションを取りながら運動することで、運動不足解消だけでなく、飼い主さんとの信頼関係も強くなるので一石二鳥です!さらに、オヤツをもらえたりすれば、犬もどんどん飼い主さんとの遊びが楽しくなってきます。

なお、犬を家で走らせるときには、足腰の負担を軽減するため、フローリングなど滑りにくいところを選びましょう。

運動不足は犬の大敵!

ボールをくわえた犬
運動不足は、犬にさまざまな悪影響を与えることがわかりました。

ボディランゲージと同様、運動不足は目で見て判断をするのが難しいことの一つです。まずは、散歩後の疲れ具合をチェックして運動不足かどうかをチェックしてみましょう。

また、「攻撃的になる」「常にソワソワしている」などのサインに気づいたら、運動不足の可能性があります。散歩の量を増やす、部屋で遊ばせる、ドッグランに行くなど、それぞれの犬やご家庭に合った犬の運動不足解消方法を実践してみてくださいね!

タバコはペットにも悪影響!動物の受動喫煙と健康被害について

路上喫煙が禁止になり、喫煙所が減り、さらにはカフェも全席禁煙のところが増えてきました。喫煙者の方にとっては「風当たりが強い」と感じるかもしれませんが、禁煙するにはそれなりの理由があります。景観を乱す、受動喫煙による健康被害などなど。

この記事では、それらの理由のうち「タバコのペットに対する影響」という一点に絞って解説していきます。

受動喫煙のペットへの影響

タバコを吸う女性
人間にとって受動喫煙は有害であり、胎児や赤ん坊に対してより大きな悪影響を及ぼすとされていることは、もう周知の事実かと思われます。しかし、受動喫煙がペットに及ぼす影響はまだあまり知られていません。

副流煙がどれだけ有害なのか

それを知るには、まず主流煙と副流煙の違いについて説明する必要があるでしょう。

主流煙とはタバコの吸い口から吸い込む煙のことで、副流煙とはタバコの先から出る煙のことを言います。吸い口には有害物質をカットするためのフィルターがついていますが、タバコの反対側にはついていません。このことから、副流煙のほうが主流煙よりも有害であるとされています。

それでは、主流煙と副流煙には具体的にどれほどの違いがあるのでしょうか。

厚生労働省によると、副流煙には主流煙と比べて2.8倍のニコチン、3.4倍のタール、4.7倍の一酸化炭素が含まれているとされています。また、副流煙のなかにはそれとは別にベンゾピレンやニトロソアミンといった発ガン性の物質も含まれています。

副流煙と動物

2010年、厚生労働省の研究班により、年間6800人ほどが受動喫煙の影響によって死亡していると発表されました。

この値はあくまでも対象を人に絞っての推計値です。一年にどれほどの数のペットが受動喫煙のせいで亡くなっているかの数値が政府から発表されたことはまだありません。しかし、人よりも体格の小さいペットのほうがタバコの副流煙の影響を強く受けることは想像に難くありません。

それに加えて、タバコの煙は空気よりも重いため、熱を帯びて上昇したとしても、最終的には下方に有害物質がたまります。床に近い位置で生活する犬や猫は、より大きな影響を受けてしまいますよね。

三次喫煙とは

下降した有害物質は最終的にモノに付着します。壁紙やカーペットにつくのは言うまでもありませんが、おもちゃや毛布、さらにはペットの被毛にも付着します。

そうすると、ペットがおもちゃを口にくわえたり、飼い主の顔をなめたり、グルーミングを行うことでタバコの有害物質が体内に入ってしまいます。これを三次喫煙と言います。

タバコによる健康被害

病院の聴診器
ここまでで、ペットがどのようにしてタバコの被害を受けるのかを理解できたかと思います。続いて、タバコに含まれる有害物質がどのような病気の原因となるのかを見ていきましょう。

犬への影響

受動喫煙により、犬の「肺ガン」「鼻腔ガン」「副鼻腔ガン」の発生率が上がることが報告されています。

ミニチュア・ダックスフントやボルゾイなどの鼻の長い種類の犬は鼻のガンにかかることが多く、フレンチブルドッグやパグ、ボストンテリアなどは肺ガンにかかることが多いと言われています。体内に取り込まれた発がん物質がどこまで到達するか、ということが関わっているようです。

また、ガンだけでなく、気管支炎やぜん息などの呼吸器疾患やリンパ腫になるリスクも高まることがわかっています。

猫への影響

もちろん、犬だけでなく猫も影響を受けます。特に、猫の場合は毛づくろいのためにグルーミングを行うので、被毛に付着していた発ガン性の物質が口腔内に入ります。これは猫の口腔ガンの発症要因のひとつとして考えられています。

また、リンパ腫の原因に関する研究では、除草剤に次いで二番目に大きな要因がタバコであると考えられています。喫煙家と5年以上同居していると、猫のリンパ腫の罹患率が2~3倍上がるという推定もあります。

さらに、タフツ大学の研究機関は、5年以上副流煙にさらされていた猫は猫白血病にかかる確率が2倍になると発表しています。

最後に

犬と猫
ここまで見てきたとおり、人間よりも体格の小さな犬や猫はタバコの悪影響をより強く受けるようです。ハムスターや文鳥、亀などのより小さなペットが家にいる場合は、さらに深く注意する必要があるでしょう。

「分煙すれば大丈夫」と考えている方もいるかもしれません。確かにペットがいる部屋で吸うよりは影響を多少抑えられるでしょう。しかし、それでも衣服や持ち物、あなた自身によって部屋の中に有害物質が持ち込まれてしまいます。

5/31は世界禁煙デー。ペットのことを思うのであれば、この機会に思い切って禁煙してみませんか?