あの偉人も犬を溺愛していた!愛犬家だった4人の歴史上の人物

歴史に名を刻んだ偉人たちの中には、愛犬家としても知られた人物が多く存在します。その中には、多大な功績を成し遂げた偉人でありながら、自宅に帰れば愛犬を溺愛していた人物も少なくありません。こうした事実を知ると、彼らに対する親近感が湧いてくることでしょう。

今回は、女王から科学者、政治家まで、愛犬家として有名な4人の人物をご紹介します。

処刑直前まで愛犬を抱いていた「マリー・アントワネット」

偉人,愛犬家,政治家,歴史上の人物,王室,科学者

マリー・アントワネットは、1755年に神聖ローマ皇帝フランツ1世とオーストリア大公マリア・テレジアの娘として誕生し、14歳でブルボン王家に嫁ぎ、フランス国王ルイ16世の王妃となりました。そんなマリー・アントワネットの愛犬として知られているのが、パピヨンです。

16世紀頃から、パピヨンはフランス貴族の間で非常に人気がありました。ルイ14世、ポンパドゥール夫人、そしてマリー・アントワネットの母であるマリア・テレジアもパピヨンを寵愛していました。その絹のような長毛や、耳と尾に長い飾り毛を持つ優雅で気品ある姿が、当時の貴族たちの心を捉えたといわれています。

マリー・アントワネットはフランス革命により37歳でギロチンにかけられましたが、処刑直前まで彼女の愛犬であるパピヨンを抱いていたと伝えられています。マリー・アントワネットの死後、彼女の侍女がそのパピヨンを引き取ったとされています。

残念なことに、フランス革命時の民衆は、自分たちの生活が大変困窮している中、贅沢を楽しむ貴族に対する怒りを抱き、同様に彼らと暮らしていたパピヨンにもその怒りを向けました。こうした状況から、貴族の象徴であるパピヨンが虐殺されるという悲劇的な出来事が起こってしまいました。

その結果、パピヨンは絶滅の危機にさらされましたが、後に愛好家たちの努力によりその数が回復し、現在に至っています。

重要な論文にイタズラされた「アイザック・ニュートン」

偉人,愛犬家,政治家,歴史上の人物,王室,科学者

ニュートンは、多岐にわたる分野で卓越した業績を残し、特に万有引力の法則の発見者として広く知られています。しかし、彼の愛犬がその功績を灰にしかけたエピソードはあまり知られていません。

その犬は「ダイヤモンド」という名前のポメラニアンでした。ある日ダイヤモンドが机にぶつかり、それが原因でロウソクが倒れ、机の上に置かれていた、ニュートンが何ヶ月もかけて執筆した重要な論文が燃えてしまうという大事件が起こりました。

この時ニュートンは「ダイヤモンド、ダイヤモンド、キミのしでかしたイタズラがどんなものかわかっているのかい!」と言いながら愛犬を抱き上げたそうです。世紀の大発見を燃やされたにもかかわらず、この程度のお咎めとは、ニュートンのダイヤモンドへの溺愛ぶりがうかがえます。ニュートンはこのイタズラによる損失を埋めるために、1年程の期間を要したのだそうです。

ちなみに、ニュートンは猫好きでもあり、「キャットドア」の発明者としても知られています。猫がドアを開けてほしいと要求するたびに、都度作業の手を止めてドアを開けるのが面倒に感じ、その解決策として、ドアの一部を切り取り、磁石でとめたキャットドアを考案しました。

自分の食事を犬に分け与えた「西郷隆盛」

偉人,愛犬家,政治家,歴史上の人物,王室,科学者

幕末期の薩摩藩の武士であり、徳川幕府を倒し、明治政府の成立に大きく貢献した西郷隆盛も、大変な愛犬家として有名です。多くの人がご存じの通り、上野恩賜公園にある西郷隆盛の像は、愛犬のツンを連れています。

西郷隆盛を知る人は、彼は熱烈な犬好きだったと語っています。例えば、

  • 祇園の料亭で他の幕末の志士が若い芸者と夜遊びする中、西郷は昼にやってきて愛犬と一緒にうなぎを食べていた。
  • 健康のため医者に減量を命じられており、運動がてら愛犬と山で兎狩りをしていた。
  • 非常に多く犬を飼っており、湯治に愛犬を13頭も連れて行った。

など、愛犬家エピソードは枚挙にいとまがありません。しかし、そんな西郷隆盛も晩年には愛犬との悲しい別れをします。

明治10年に西南戦争が勃発すると、西郷は戦地にも愛犬を連れて行きました。戦争で劣勢に追い込まれ、食糧事情が厳しくなる中でも、彼は自分の食事を犬に分け与えるなど、愛犬を非常に大切にしていました。しかし、追い詰められた西郷は城山の地で自害することになります。その前に、連れていた愛犬の首輪を外し、戦地から逃がすことで永遠の別れを告げたとされています。

動物愛護運動の礎を作った「ヴィクトリア女王」

偉人,愛犬家,政治家,歴史上の人物,王室,科学者

イギリス王室は犬好きが多いことで知られていますが、その中でも19世紀から20世紀初頭に女王であったヴィクトリア女王は、大変な愛犬家として広く知られています。

ヴィクトリア女王は、コリーやテリア、ダックスフンドなど多くの犬種を飼っていましたが、特にドイツからイギリスに渡ったポメラニアンを深く愛していました。彼女は自らポメラニアンを繁殖させ、ドッグショーにも出展し、元々10kg程度の中型犬サイズだったポメラニアンを、約5kgまで小型化させました。さらに、最愛のポメラニアンを自身の死の床にまで呼び寄せて、その側で息を引き取ったと伝えられています。

ヴィクトリア女王は、単に犬好きであるだけでなく、動物愛護運動においても偉大な業績を残しました。彼女は1824年に設立された「動物虐待防止協会」のパトロンに指名され、1840年にはこの協会に「ロイヤル(王立)」の称号を授け、「王立動物虐待防止協会(RSPCA)」と改称しました。

この協会はもともとはロンドンのカフェで始まった小さな団体で、当初はわずか22人のメンバーでしたが、王立となることで国中の多くの市民が動物愛護に興味を持つ契機となり、動物愛護運動はイギリス全土に広がっていきました。

まとめ

偉人,愛犬家,政治家,歴史上の人物,王室,科学者

王族や偉人などは縁遠い存在に思えますが、彼らも家に帰れば、私たちと同じような一人の愛犬家だったのかもしれません。

愛犬家という視点から歴史上の人物を考えると、その人物の新たな一面が見えてくるかもしれませんね。

初詣に愛犬を連れて行けない3つのポイントとは?

もうすぐ初詣の時期。犬の飼い主さんの中には、「犬の健康も神様に祈願したい!犬も初詣に連れて行きたい!」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、果たして犬を神社に連れて行っても良いのでしょうか?その答えは、基本的にはNGです。その理由は、宗教的な理由、マナー的な理由、犬への負担など、様々な理由があります。

大切な家族の一員として犬を初詣に連れて行きたい気持ちはよくわかりますが、今回は、なぜ初詣に犬連れで行くのがよくないのか、その理由を考えていきましょう。この記事の最後には、ペットの同伴が可能な神社もご紹介していますので、ぜひご参照ください。

1. 宗教上の理由でNG

初詣で神社に参拝をする女性

4足歩行の「獣」は「不浄」という考え方

神道では、犬などの4足歩行の動物は、「穢れている・不浄である」と考えられてきました。そのため、犬に限らず、獣が神社に入ることは禁止されているところも多いようです。

神様の動物と相性が悪い

犬は、その神社で祀られている動物と相性が悪いという理由からも、避けられてきました。

例えば、稲荷神社では、狐が神様の使いであり、犬と相性が悪いとされています。狐が犬を警戒し、怖がるからと言われています。日吉神社・日枝神社では、「猿」が神様と人間をとりもつ存在として大切にされています。犬と猿は「犬猿の仲」で有名なぐらいですから、相性がよくありません。

ですから、どんなにお行儀の良い犬でも、そもそも犬が神社に入ること自体に宗教的な問題があるのです。

2. 人混みがトラブルの原因になるのでNG

初詣の際の神社の混み方は尋常ではない

そもそも人混みは犬にストレス

お正月シーズンの神社は大変混み合います。犬にとって、慣れない人混みはとても大きなストレスになります。人が多く、誤って踏まれてしまったり、ぶつかってしまう危険性もあります。

たくさんの知らない人、混み合った慣れない場所、出店や鐘の音のような大きい音などは相当なストレスになってしまい、咬傷事故に繋がる可能性もあります。お正月からトラブルは避けたいところです。

また、初詣で怖い経験をしてしまった犬は、それがトラウマで攻撃的になったり、散歩嫌いになってしまうかもしれません。場合によっては、恐怖から何かの拍子で逃げてしまい、そのまま迷子になってしまうなんてことも。犬の幸せを祈ろうと来た初詣でそんなことになってしまっては元も子もありません。

誤飲・誤食の恐れもある

人混みの中では、下に何が落ちているかもわかりません。お正月シーズンは屋台が出ていることも多く、犬が落ちている食べ物や飲み物を口にしてしまう可能性もあります。

焼き鳥についているようなネギ、焼きそばなどに入っている玉ねぎなどのネギ類やビールや日本酒などのアルコール類まで。初詣では、犬が口にすると最悪の場合、死に至る危険性がある食品が扱われていることも多いため、連れて行く場合は十分に注意しなくてはなりません。

3. 公共のマナー問題からNG

初詣にフレンチブルドックを散歩がてら連れて行く

排泄の問題

普段外で排泄をする犬はもちろん、普段室内でしか排泄をしない犬も、慣れない環境に興奮して排泄をしてしまう可能性があります。近年では、犬が室外で排泄をすることに関して様々な議論がありますが、特に神社の境内で排泄してしまうのはマナー的によくないでしょう。

犬が苦手な人もいる

全員が犬が好きというわけでもないという点も理解しましょう。犬好きだと忘れてしまいがちなのですが、昔追いかけ回されたなどのトラウマがあり、犬へ恐怖心を抱く人もいます。また、犬アレルギーを持っている人もいます。

どんなにおとなしい犬だとしても、犬が怖い人からしたら恐怖の対象でしかなく、犬を連れてこないでほしいと感じるでしょう。一人のマナーの良い犬の飼い主として、全員が快く参拝できるように配慮をすることが、犬を愛する立派な愛犬家ですよね。

犬連れOKの神社もある!祈祷してくれるところも

神社によくある御神木のしめ縄

それでも愛犬と一緒に初詣に行きたい

以上のことを理解した上で、それでも愛犬を初詣に連れて行きたいのなら、必ず犬連れOKな神社に行きましょう。都内にもいくつかありますので、犬の飼い主の方はぜひチェックしてみてください。

【都内】愛犬と初詣に行こう!犬連れOKな神社【お参り】

愛犬への祈祷をお願いできる神社も!?

愛犬と一緒に初詣に行くのであれば、「犬同伴可能」なだけではなく、「犬が祀られている」「犬に祈祷をしてくれる」神社も存在しているので、思い切ってそういったところに行くのも良いでしょう。

神社にもよりますが、お守りをもらえたり、犬の健康祈願をしてくれたりするところもあります。お正月や七五三シーズンでは、袴・晴れ着を着た犬がいる事もあるので、せっかくの機会に衣装を用意して行ってもいいかもしれませんね。

犬連れOKな神社にペットと初詣に行く際のマナー・準備

初詣に犬連れOKな神社に一緒に行く風景

犬連れOKな神社であっても、愛犬家としてのマナーはきちんと守りましょう。境内で排泄をしないように、前もってトイレを済ませてから連れて行くようにすることも大事です。また、他の人や犬に迷惑がかからないように、絶対にリードは離さないよう注意してください。

特に、お正月シーズンは、人が多く訪れ犬にもストレスがかかるので、長時間の滞在は避けることをおすすめします。誤って他の参拝者に蹴られてしまうことも考えられるので、小型犬は人混みでは抱っこしている方が良いでしょう。

また、愛犬の様子を常に観察し、怯えたり怖がっていたりするようであれば、諦めて帰るようにすることも大事です。

自分だけの基準で判断しないこと!

おしゃれでガーリーすぎる鏡餅

今や愛犬や愛猫などのペットは大切な家族の一員です。とはいえ、初詣に犬連れで行くのにはどのような問題があるのかを考えました。

神社側の宗教上の問題、マナーの問題だけでなく、日常生活ではあまり遭遇することのない人混みは、どうしても犬にストレスを与えてしまいます。神社に犬連れで行って良いかは、自分だけの考えや周りもやっているからといった理由だけで判断しないほうが良いでしょう。

どうしても犬連れで初詣に行きたい方は、神社が犬同伴可能かどうかをよく確認し、排泄や誤飲などのトラブルが起きないように十分注意して行くようにしましょう。