働く犬たちを一挙にご紹介!人々を助けるワーキングドッグとは

私たちが目にする犬のほとんどは、一般家庭で飼われている「家庭犬」です。しかし、身近ではないかもしれませんが、世の中には特定の仕事を持った、ワーキングドッグたちが存在しています。

機械化が進んだ現代でも、人々を助けるために働く犬たちはたくさんいます。この記事では、そんな「ワーキングドッグ」たちを紹介します。

※ワーキングドッグの仕事内容や呼称は、団体によって異なる場合があります。この記事では一般的な仕事内容や呼称を紹介します。

体が不自由な人を助ける犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
体に障害のある人をサポートする「ほじょ犬」たちをご紹介します。

盲導犬

盲導犬は、目の見えない人や見えにくい人が行きたい場所へ行けるように、障害物を避けたり、段差や角を教えたりして、安全な歩行をサポートします。体に白または黄色のハーネスという胴輪をつけています。

介助犬

介助犬は、体に障害がある人が生活しやすくするために、落とした物を拾ったり、ドアの開閉をしたりするなど、日常生活をサポートします。外出時には介助犬と書かれた胴着をつけています。

聴導犬

聴導犬は、耳が聞こえない人や聞こえにくい人に、ブザー音や火災報知器や非常ベルの警報音など、生活上必要な音を知らせて暮らしをサポートします。外出時には、聴導犬と書かれた胴着をつけています。

病院や施設で患者を癒す犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
高齢者や病気治療中の患者の精神的・肉体的なケアを担う犬たちをご紹介します。

セラピードッグ

セラピードッグは、高齢者や障がいを持つ方、病気治療中の患者の身体と精神の機能回復をサポートする役割を果たします。セラピードッグたちが患者に寄り添うことで、記憶力の回復や動かなかった手や足の動きを促進するなど、さまざまな効果があります。

ファシリティドック

ファシリティドッグは、病院などの医療施設に常勤し、病気の治療中の子どもたちに寄り添い、精神的なケアや治療のサポートをします。セラピードッグが様々な施設を訪れるのに対して、ファシリティドッグは特定の施設に常駐しています。

治安や安全を守る犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
事件の捜査や犯罪の抑止、戦場での活動などを担う犬たちをご紹介します。

警察犬

警察犬は、鋭い嗅覚を活かして、人間の足跡の臭いを追跡し犯人や遺留品の発見などをしたり、現場の遺留品の臭気から容疑者と遺留品の臭いの違いを識別したりと、犯罪捜査において重要な役割を果たします。また、行方不明者の捜索でも活躍し、人々の安全を守るために貢献しています。

警備犬

警察における警備犬は、爆発物の捜索、犯人の制圧、災害救助などの任務を担当します。一般社団法人日本警備犬協会では、爆発物探知や麻薬探知、警戒作業などの活動をします。どちらも人々の安全な生活を支えるために重要な役割を果たしています。

軍用犬

軍用犬は、兵士と共に戦場に派遣され、様々な役割を担います。かつては伝令や物資の輸送など幅広い任務に従事していましたが、現代では爆発物や地雷の探知、敵の追跡、味方の負傷者の捜索が主な任務となることが一般的です。

臭いを嗅ぎ分けて人々を守る犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
優れた嗅覚を使い、様々な臭いを嗅ぎ分け人間に知らせてくれる「探知犬」たちをご紹介します。

麻薬探知犬

麻薬探知犬は、全国の空港や港などの税関、国際郵便局などで麻薬の臭いを嗅ぎ分け、密輸入を防止する任務に従事しています。麻薬探知犬には、アグレッシブ・ドッグとパッシブ・ドッグの2つのタイプがあります。アグレッシブ・ドッグは、麻薬の入った貨物を引っかいて知らせる役割を担い、パッシブ・ドッグは入国検査場で旅客の携帯品や身の回りに隠された麻薬を察知し、その場に座って知らせます。

地雷探知犬・爆発物探知犬

地雷探知犬と爆発物探知犬は、両方とも火薬の臭いを嗅ぎ分け、爆発物を発見する役割を果たします。地雷探知犬は主に野外での活動に特化しており、爆発物探知犬は空港、建物、荷物、車両などの限定された場所で爆発の危険性のある物を探します。

動植物検疫探知犬

動植物検疫探知犬は、手荷物や国際郵便物などの中から動植物検疫の対象となる肉製品や果物などを嗅ぎ分け、見つけ出す活動をしています。彼らは伝染病や病害虫が日本へ侵入することを防ぐという重要な役割を担っています。

がん探知犬

がん探知犬とは、がん特有の臭い物質を嗅ぎ分ることで、がんの早期発見に貢献しています。犬の嗅覚は非常に優れているため、がん細胞の代謝により発生する有機物質の臭いを嗅ぎ分けているのではないかと考えられています。

災害現場で活躍する犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
災害現場で人々を助ける役割を担う、「災害救助犬」たちをご紹介します。

地震救助犬

地震救助犬は、優れた嗅覚を活かして、地震などによる家屋崩壊現場で行方不明になった人を見つけ出す活動をしています。警察犬が犯人や行方不明者などの特定の人物の発見を目的とするのに対し、地震救助犬は被災者の救助を目的としており、不特定の被災者を探し出すという違いがあります。

水難救助犬

水難救助犬は、海や川で溺れている人を救助活動をします。地震救助犬は小型犬でも活躍できますが、水難救助犬は溺れている人の元までロープや浮き輪を運び、浅瀬まで泳いで連れ戻さなければなりません。そのため、比較的大型の犬がこの役割を果たしています。

山岳救助犬

山岳救助犬は、山での遭難や行方不明者の捜索活動をします。災害救助犬の発祥の元となっているのは、アルプス山脈で遭難者の捜索にあたる山岳救助隊に同行していた山岳救助犬だと言われています。

農場で働く犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
農場で畜産業や農業の手伝いをしている犬たちをご紹介します。

牧羊犬

牧羊犬とは、牧場の羊を誘導し、監視する役割を持つ犬を指します。牧羊犬には、ハーディングドッグとガーディングドッグの2つのタイプがあります。ハーディングドッグは、羊などがはぐれないように誘導し、群れに戻す役割を果たします。一方、ガーディングドッグは、羊などを見張り、家畜を害獣から守る役割を担います。

牧畜犬

牧羊犬の対象が羊であるのに対し、牧畜犬は馬や牛、その他の家畜を誘導し、監視する役割を担っています。かつて自動車のない時代には、牧畜犬が家畜の群れを誘導し、村から市場へ送る役割を果たしていました。

害獣駆除犬

害獣駆除犬は、主に農作物や家畜への被害を防ぐために、野生動物を駆除する役割を担う犬のことです。一部のテリア種は、野ネズミ、モグラ、イタチなどの小動物の駆除に特化した犬種として知られています。また、日本でも「モンキードッグ」や「ベアドッグ」と呼ばれる犬が、動物たちを追い払うために活躍しています。

最後に

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
ワーキングドッグたちに対して、「人間に仕事をさせられてかわいそう」といった意見を持つ人もいます。しかし、多くの犬たちはトレーニングの過程でゲームのように楽しみながら仕事をするように訓練されます。また、現代ではほとんどの場合、犬の体力やストレスにも十分に配慮されるようになっています。

もしもどこかで、ワーキングドッグを見かける機会があれば、温かい目で見守ってあげてください。

「新型コロナウイルス探知犬」誕生なるか。英団体が探知犬の訓練開始

私たちの心をいつも癒してくれる犬たちですが、中にはその優れた鼻の機能を活かし、警察犬、災害救助犬、麻薬探知犬などとして働いてくれている犬がいることは広く知られています。

そんな犬の鼻の機能が今、世界的なパンデミック「新型コロナウイルス」の感染者の探知に役立つのではないかと期待されています。

イギリスの慈善団体「メディカル・ディテクション・ドッグス」は、ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院(LSHTM)と、ダラム大学と協力をし、研究を急ピッチで進め、6週間以内に探知犬の訓練を目指すと発表しました(3月27日)。

訓練された犬が、現段階で探知できる病気とは

探知犬が探知できる病気とは

犬の鼻が優れた機能を持っていることはよく知られていますが、「病気を嗅ぎ分けられる」犬がいることは、知らなかった方も多いかもしれません。

イギリスの慈善団体「メディカル・ディテクション・ドッグス」はこれまでに、マラリア、がん、パーキンソン病を見つけられる探知犬の訓練に成功しています。

人間の体から放出される、疾患ごとに異なるにおい嗅ぎわけることで、病気を見つけられるのです。

新型コロナウイルスはにおいがするの?

新型コロナウイルスはにおいがするの?

インフルエンザや、その他の色々な病気は、人間の免疫システムと交わることで、人体から特有のにおいを発生させることがわかっています。

新型コロナウイルスに感染することで身体のにおいが変わるかどうかはまだ調査段階ですが、メディカル・ディテクション・ドッグスは、可能性は十分に高いとしています。

体温の微妙な変化も探知できる

探知犬は、人間の皮膚の温度の微妙な変化にも気づくことができます。

同団体は、もしも新型コロナウイルスによる身体のにおいや体温の変化を探知できるようになれば、高確率で感染者を見つけ出せるだろうと述べています。

期待されていること①不足する検査キットを有効的に使えるように

新型コロナウイルス探知犬で検査キットを有効活用

特に日本においては、「あれ、ちょっと体調が悪いかも…?」と思っても、なかなか新型コロナウイルス感染症の検査を受けることができないという状況があることは、みなさんもよくご存知のことでしょう。

海外でも、現在では検査キットが増える患者数に追いつかず、必要な人に検査が十分に行き届いていないのが現状のようです。

もし、犬が新型コロナウイルスを探知できるようになれば、犬がウイルスを探知した人を優先的に検査することで、検査キットをより有効的に利用することができます。

期待されていること②無症状者からの感染拡大防止にも期待

新型コロナウイルス探知犬が無症状者による感染拡大防止に期待される理由

新型コロナウイルスに感染していても、症状が出ていなかったり、軽かったりした場合、感染に気づかず、他の人にうつしてしまう可能性があります。感染者との濃厚接触者や、海外から帰国した人など、特定の人は無症状でも検査されるため、感染を発見することができますが、そうでなければ検査をするのは難しいのが現状です。

新型コロナウイルス探知犬は、うまくいけば無症状の人からも探知できる可能性が示唆されており、無症状の人からの感染拡大も抑えられるのではないかと期待されています。

実際、マラリア感染症については無症状でも探知することが可能だそうです。

期待されていること③空港などに感染者が入るのを防げる

新型コロナウイルス探知犬で空港での感染を防ぐ

空港やテーマパークなどの人が多く集まるところでは、サーモグラフィーを用いて体温をチェックするなどして感染の拡大防止に努めていますが、症状がなくても感染している可能性があるため、誰も気づかないうちに感染が広がってしまうのが新型コロナウイルスの怖いところです。

もし、無症状でも新型コロナウイルスを探知できるよう犬をトレーニングをし、こうした探知犬が空港などの公共の場入り口で働くことができれば、無症状者が公共の場で活動して感染を広げるのを防ぐことができます。

「新型コロナウイルス探知犬」今後の計画は

新型コロナウイルス探知犬の今後の計画

この世界的な危機に立ち向かえる可能性が期待されている新型コロナウイルス探知犬ですが、実際にいつから活躍し、その後、どのように活動範囲を広げていく予定なのでしょうか?

まず、6週間で探知犬を訓練

新型コロナウイルスに感染している人の身体のにおいのサンプルと、感染していない人の身体のにおいのサンプルを用い、すでに探知犬の訓練を受けてきた犬など5匹をトレーニングします。

訓練後の厳格なテスト等を含め、うまくいけば6週間以内(3月27日発表)に新型コロナウイルス探知犬の誕生が期待できるとしています。

スケールアップ

新型コロナウイルス探知犬は、早急に空港の入り口やその他さまざまな公共空間に出向き、感染者の発見に努めます。

探知犬は1時間に750人ほどを調べることができるとしており、検査が必要な人を素早く見つけ、感染拡大を抑止できると期待されています。また、検査の手順などを整備することで、国内外の他の団体と協力をして、探知犬の訓練をするチームを増やすことが計画されています。

さらに長期的に

一度、新型コロナウイルスの感染拡大が収束しても、世界中を巡り、「第二波」がやって来る可能性もあります。

この第二波に備え、今後も空港などを中心に探知犬を配属し、新型コロナウイルスの感染者の発見に注力するとのことです。

訓練のための基金も立ち上げ

新型コロナウイルス探知犬を訓練するための基金

メディカル・ディテクション・ドッグスは、研究・訓練のために、100万ユーロの寄付を募る基金を立ち上げました。同団体は、使われずに余ってしまった寄付金が出た場合は、それらを「COVID-19 Response Fund」に寄付するとしています。

メディカル・ディテクション・ドッグス基金
https://igg.me/at/dogsfightcovid19/x#/

まとめ

新型コロナウイルス対策にも探知犬が活躍する日が近いかもしれない
今回は、優れた犬の鼻の機能を活かして新型コロナウイルス感染者を探知する「新型コロナウイルス探知犬」の誕生の可能性についてお伝えしました。

メディカル・ディテクション・ドッグスはこれまでに他の病気を「におい」で発見できる探知犬の訓練に成功しており、新型コロナウイルスに関しても探知犬の訓練成功の可能性は高いとしています。

もしも新型コロナウイルス感染者を発見できる探知犬が生まれ、世界中に広がれば、このパンデミックの収束に向け、大きな力を発揮することでしょう。今後の動向に注目するとともに、実際に活躍する日が来ることが分かり次第、追ってレポートしたいと考えています。