今日からトレーニングを始めよう!犬育てで後悔する5つの慣れ

犬と生活していてお悩みが増えたのはいつ頃でしょうか。子犬のうちは「かわいい」が先行していることや、力なども弱く、悩みはあるものの深い悩みには繋がらないことも多いかもしれません。

しかし、月齢、年齢を追うごとに悩みは深刻になり、どうにかしなければと焦る飼い主さんに多く出会ってきました。

飼い主さんが後悔することの多くは、様々なことへの慣れである社会化がメインですが、具体的にどんなことに慣れておけばよかったと感じるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

自然に解決する悩みはない

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング

子犬の飼い主さんとお話をしていて、「これは成犬になれば自然に治りますか?」と聞かれることがありますが、基本的に年齢に関わらず、トレーニングなどをせずに人が困っている行動が無くなることはないと思っていいでしょう。

逆に吠え、咬み、興奮、散歩時の引っ張り、お手入れの拒否など、人が困ったと感じる行動は、経験を重ねれば重ねるほどその行動が定着し、行動を減らすのに多くの時間を要します

そのため、深い悩みにしないためには、1日も早くトレーニングを通じて愛犬に人が取って欲しい行動を覚えてもらったり、様々なものに慣れてもらう必要があります。

1. 来客慣れ

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
来客時に激しく吠えて困るというお悩みは、多くの方が経験しているのではないでしょうか。来客時の吠えを予防するためには、様々なことに慣れ、来客時の行動を教えていくことが大切です。

来客の慣れ方

ご自宅のインターホンの音、鍵が開く音、ドアが開く音、人が入ってくること、人が家の中で話したり動いたりすることに慣らしてあげましょう。最後はそれら一連の流れで慣れることも必要です。

まずは、愛犬がどの段階で反応するかを把握し、反応せずにいられるように慣れをしっかりと行っていきましょう

また、吠える以外の行動を覚えてもらうのもおすすめです。インターホンが鳴ったら、ハウスやクレートに入って落ち着けるようになると、愛犬にも飼い主さんにも負担がなくなりおすすめです。

2. 歯磨き・ブラッシング

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
飼い主さんを悩ませ、愛犬にもストレスがかかるのがお手入れではないでしょうか。特に歯磨きやブラッシングは基本的に毎日必要なものですが(ブラッシングは犬種による)、嫌がる子も多く、無理矢理行うと咬みに繋がったり飼い主さんと愛犬の関係性が悪化しかねません。

歯磨き・ブラッシングの慣れ方

歯磨きもブラッシングも段階を追って、少しずつ、愛犬が嫌がらないレベルで慣れていくことが大切です。愛犬が嫌がる素振りを見せるまでやってしまうとお手入れに対して嫌なイメージがどんどん付いてしまいます

もどかしいくらい少しずつ、おやつを使いながら愛犬が平気でいられる時間や強さ、触る場所を増やしていきます。お手入れを落ち着いてできるようになると、お手入れも飼い主さんとのスキンシップの時間に変わっていきます。

3. 散歩(お外慣れ)

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
散歩で歩かない、引っ張る、人に吠える、犬に吠えるは、散歩に関するよくあるお悩みです。

日本では未だに3回の混合ワクチン接種を待ってから外を歩かせるという考えが主流ですが、それを待っていると社会化期(3~12週)は過ぎてしまいます。社会化を過ぎてから初めて見る自分よりはるかに大きい人間、音もしてスピードのある車やバイク、自転車や犬など様々なものを怖がり、歩けなくなってしまうのは無理もありません。

散歩の慣れ方

まずは外に慣れることが大切です。子犬をお迎えした場合、1日でも早く外を犬の足で歩かせることをおすすめします。感染症のリスクが上がる草むらや水回り、土を歩いたり、他の犬と交流はしなくて大丈夫ですので、アスファルトをまずは歩くところからスタートしてみるのがおすすめです。

また、人や犬など決まった対象物に吠えや引っ張りがある場合は、外でも人に意識を向ける練習からしましょう。おやつを使い、愛犬が飼い主さんを見てくれたらおやつをあげる、おやつを使いながら人の横を歩く練習から行うのがおすすめです。

※感染症のリスクはゼロではありませんので、どのタイミングで外を歩かせるかは獣医師と相談の上、飼い主さんがご判断ください。

4. 飼い主と離れる

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
コロナでの外出自粛や在宅ワークへの移行などもあり、飼い主さんと離れる経験をあまりしておらず、家の中にいても離れられない、飼い主さんが動くと落ち着けないといったお悩みも耳にします。

飼い主との慣れ方

まずは5〜10秒くらい飼い主さんの姿を愛犬から見えないようにし、すぐに戻るところからスタートします。時間を伸ばす際は、知育玩具などを使い、愛犬が何かに夢中になっている間にひとりの空間にし、そのことに愛犬が気付かないうちにまた戻ってくるようにします。そして、愛犬の元に飼い主さんが必ず戻ってくるという安心感も与えてあげるようにします。

長時間の留守番になる場合は、留守番中に寝られるよう留守番前にお散歩やおもちゃ遊びなどで体力を十分に使い、良い疲れを感じられるよう事前準備も必要です。

あると便利な知育玩具

ニーナ・オットソン
¥3,085 (2024/03/04 01:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

リッチェル
¥2,060 (2024/03/04 01:35:00時点 Amazon調べ-詳細)

5. 犬慣れ

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
愛犬が他の犬と遊ぶ姿を見たいというのは飼い主さんの多くが望むことだと思います。一方で、犬を見ると吠える、逃げる、固まるといったお悩みが多いのも事実です。

他の犬と遊べるようにさせたいという話を聞くこともありますが、愛犬にとってそれが最善の選択かを考える必要があります。

犬にも相性があったり、既に犬に対してネガティブなイメージがある犬にとって、犬のイメージを良くし、さらに一緒に遊べるようになるというのは難しい場合も多々あります。

犬の慣れ方

犬と触れ合う機会を子犬のうちから設け、かつ犬へ良いイメージがもてるような触れ合い方をさせることが大切です。

ただし、犬と遊べることだけを目指すのではなく、犬と遊ぶこともできるし、犬がいても落ち着くこともできる状態を目指すことをおすすめします。犬と安全に触れ合うには犬の保育園や幼稚園がいいでしょう。犬に慣れるには、周りの犬の対応がとても重要です。ドッグランでの犬慣れはネガティブなイメージが付くリスクがあります。

もし、現時点で犬に吠えてしまう場合は、決して無理に近付けたりせずに、まずは吠えずに通過したり、その場に落ち着いていられることを目標にトレーニングしていきましょう。

トレーニングにおやつは必要か

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
トレーニング時にはおやつをしっかりあげることをおすすめします。せっかく愛犬がトレーニングを上手にできていても、「おやつをもらうためにやってるだけ」と冷たい飼い主さんの反応を見ることがあります。

しかし、おやつがあってできるのも十分すごいことではないでしょうか。ほとんどの人が無償では仕事をしないのと同じように、その行動を取ることで良いことがあるからモチベーションになり、再びその行動をとるようになります。

トレーニングのレベルが上がったらおやつをあげる頻度を減らしたり、おやつをあげることに抵抗がある場合には、一日にあげるフードの一部をトレーニング時に使うといいでしょう。しかし、そのフードが愛犬のモチベーションになっているかどうかを見る必要はあります。

おやつ選びのポイント

  • 愛犬が大好きなもの
  • ニオイがしっかりあるもの
  • 肉の比率が高いもの
  • ちぎれるけど、おやつの一部が崩れやすくないもの(ポロポロ落ちるものはトレーニングがやりにくくなります)

まとめ

犬慣れ,歯磨き,お手入れ,ブラッシング,社会化,来客吠え,散歩練習,子犬,トレーニング
慣れやトレーニングには愛犬が大好きなおやつをしっかり使い、一日でも若い「今」から始めましょう。後悔しなくて済むか否かは飼い主さん次第です。愛犬頼みでは何も変わりません。

年齢、愛犬の具体的な行動によって、慣れ方やトレーニングの方法も変わってきますので、正しい方法で確実にトレーニングを進めるために、信頼できるプロのドッグトレーナーに愛犬を見てもらうのをおすすめします。

老犬がふらつく・踏ん張れない!4段階の歩行の介護方法を解説

犬種や個体によって大きく異なりますが、一般的には10~12歳以降のハイシニア期になると歩行に問題が見られ始める傾向があります。

この記事では、歩行の介護を4段階に分け、ふらつきが出始めた状態から完全に歩けなくなる状態までを解説します。愛犬に無理のない範囲で活動させ、イキイキとした老犬生活を過ごせるようにサポートしてあげましょう。

犬の歩行機能の低下の過程

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

多くのシニア犬は、以下のような段階を経て歩行機能が衰えていきます。お家にシニア犬がいる方は、愛犬が現在どの段階にいるのかをチェックしてみましょう。

ただし、昨日までは普通に歩けていたのに急に歩けなくなったような場合は、何らかの病気の可能性がありますので、まずは動物病院を受診することをおすすめします。

1. 歩くのがおぼつかない

シニア期に入ると、徐々に足の筋肉が衰え、ふらつきやよろけることが増えたり、足で体を支えきれずに足がクロスしたりするようになります。

2. 自力で立ち上がれないが、歩くことはできる

さらに足の筋力が衰えると、自力で立ち上がれなくなります。しかし、立ち上がれれば、ふらつくことはあるものの、自力で歩くことは可能です。

3. 後ろ足が踏ん張れず、自力で歩けない

筋力の衰えがさらに進むと、立たせてあげても自力で歩けなくなっていきます。しかし、この段階では補助具などを使用してサポートすることで歩行が可能です。

4. 補助があっても歩けない

補助しても歩くことが難しくなり、寝たきりの状態になります。

介護度①歩くのがおぼつかない

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

歩行時にふらつきなどが見られるようになったら、ハーネスを使用して歩行をサポートしましょう。

中~大型犬の場合は、背中に手を入れて支えるハンドルのついた通常のハーネスを使用し、ふらついた時に支えてあげましょう。この際、リードを短めに持つと、犬の体をよりコントロールしやすくなります。

小型犬の場合は、人間の手から犬の背中まで距離があるため、よろけた時にすぐに支えられません。そのため、介護用のハーネスの利用をおすすめします。

ペティオ (Petio)
¥2,118 (2024/03/03 17:54:12時点 Amazon調べ-詳細)

介護度②自力で立ち上がれないが、歩くことはできる

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

自力で立ち上がれなくなった場合は、立ち上がる際に補助してあげて、その後は自力で歩かせるか、先述したハーネスを使用して歩行を補助しましょう。

立ち上がりの補助方法

  1. 急に触られて犬が驚かないように「立つよ~」と声をかける
  2. 片手で犬のお腹の下を支え、もう片方の手で後ろ足の付け根辺りを支えて持ち上げる
  3. 犬の前足を突っ張らせながら、後ろ足を持ち上げて立たせる

立たせる際には、床材によっては足が滑ってしまう場合があります。そのため、犬が寝そべる場所の下にバスタオルやヨガマットなどを敷くことで滑りにくくなるので、ぜひ試してみてください。

また、犬の足裏の毛が伸びていて滑りやすい場合もあります。定期的に足裏の毛をカットし、肉球に専用クリームやワセリンを塗ってケアすることで滑りを軽減できます。

介護度③後ろ足が踏ん張れず、自力で歩けない

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

立たせてあげても後ろ足で踏ん張れず、ヘナヘナと座り込んでしまうような場合は、後ろ足用の歩行補助ハーネスを使って歩かせてあげましょう。

ペティオ (Petio)
¥1,809 (2024/03/04 13:30:33時点 Amazon調べ-詳細)

胴体のみを支えるタイプの補助ハーネスは、パンツタイプに比べて装着が簡単というメリットがありますが、犬の体型によっては装着がズレて使いにくいというデメリットもあります。

介護度④補助があっても歩けない

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

いよいよ歩けなくなってしまった場合は、基本的には抱っこで移動します。歩けなくても、外出を制限しなければならないような病気がない限り、気分転換や認知症予防のためにも、お散歩に出ることをおすすめします

小型犬の場合は、室内では抱っこで、外出時にはペットカートやペットスリングを利用しましょう。

大型犬の場合は、室内では毛布など滑りやすい布に乗せ、二人がかりで四方を引っ張り、ゆっくりと滑らせながら移動します。また、移動が楽になる介護用品もあるので、そちらを利用することも検討してみてください。

大型犬の外出時に使用できるペットカートもありますが、サイズがかなり大きいため、「カートが大きすぎて玄関から出られなかった」といった問題が起こることもあるようです。カートの乗せやすさやサイズ選びには注意しましょう。また、坂道ではかなりの力が必要になるため、特に下り坂では注意が必要です。

歩行介護の3つのポイント

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

シニア犬の歩行介護において、押さえておきたいポイントを3つ解説します。

1. まずは動物病院を受診する

病気がある犬を無理に歩かせるなど、良かれと思って行った行為が、犬にとって大きな苦痛になる場合もあります。かかりつけの獣医師に、希望する介護方針を伝え、医学的な判断を仰ぎましょう。

2. 声をかけてから犬に触る

歩行介護に限らず、介護全般において重要なポイントです。シニア期を過ぎると耳が遠くなる傾向があり、突然触られることに驚いたり、びっくりして咬みついてしまうこともあります。介護を始める前に、「〇〇するよ~」と声をかけ、犬が気づいてからケアを始めましょう。

3. 頑張りすぎない

体の大きな大型犬の介護だけでなく、小型犬の場合でも長時間前かがみの姿勢をとることで、飼い主が首や腰を痛めてしまうこともあります。また、愛犬が年老いてだんだん弱っていく姿を見ていると、精神的に辛くなる場合もあるでしょう。

愛犬の状態と同じくらい、ご自身の状態もしっかり把握しましょう。辛さを感じたらデイケアを利用したり、家族や友人に頼ったりして、愛犬の介護を継続するために自身のケアも大切にしてください。

まとめ

グッズ,シニア期,シニア犬,ハイシニア期,介護用品,商品紹介,散歩,暮らし,歩行の介護,犬,老犬,飼い方

年をとって徐々に歩けなくなっていく愛犬を見るのは辛いものです。しかし、残された時間を老犬なりにもイキイキと過ごさせてあげたいものですね。

この記事が皆さんと、その愛犬の幸せな老後に役立てれば幸いです。

なぜ「拒否柴」は散歩を嫌がるの?その原因と対処法とは

皆さんは近年、SNSなどで話題の「拒否柴」をご存じでしょうか。柴犬を飼っている方の中には、毎日「拒否柴」されているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、頑固ながらも可愛らしい「拒否柴」について解説していきます。その原因や対処法について学んでいきましょう。

拒否柴とは

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

柴犬が散歩の途中で突然動かなくなり、飼い主がどんなにリードを引っ張っても、頑なに動こうとしない様子を「拒否柴」と言います。飼い主に引きずられても寝転んで抵抗したり、引っ張られて顔のお肉がムギュっと集まってしまっても、断固として動かない様子を見せたりと、拒否の仕方もさまざまです。

次の項目からは拒否柴の原因と対処法をご紹介します。よく拒否柴をされるという方は、どれに当てはまるのかを考えながらご覧ください。

原因①柴犬特有のマイペースさ

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

「拒否柴」の原因として最も多いのは、柴犬特有のマイペースさだと考えられます。どの犬種も性格や性質の傾向はありますが、すべての個体に当てはまるわけではありません。特に柴犬は個体差が大きい犬種の一つと言われています。それを念頭に置きつつ、あえて柴犬の性格を表すならば、自立心が強く、飼い主の指示を待つより自己判断する傾向があります。

飼い主に従順な一面もありますが、同時にこだわりも強く、飼い主の進む方向に行きたくない場合や、帰宅するのを察して拒否したりします。

また、柴犬は元々、日本の山岳地帯を駆け回っていた猟犬でもあります。そのため、十分な運動量を必要とするので、単に運動が足りずに帰宅を拒否している可能性もあります。

対処法

まずは、運動やストレスの発散が適切に行われているかを見直しましょう。柴犬は一般的に想像されている以上に多くの運動を必要とする犬種です。散歩の目安としては、30分以上の散歩を1日に2回程度行い、それに加え、思いっきり走れる場所があれば走らせてあげたり、飼い主が一緒に走ってあげたりしましょう。また、モッテコイ遊びができる子であれば、積極的に遊びの中に取り入れてください。

また、犬は「嗅覚の動物」と言われているため、散歩中に匂いを嗅ぐことで散策欲求を満たしてあげる必要があります。マーキングなどで他者に迷惑がかからないように配慮しながら、十分に匂いを嗅がせてあげましょう。

その上で、散歩中は飼い主がリードすることを心がけてください。行く場所や歩くペースは飼い主に合わせるようにし、犬が立ち止まりがちになった場合には「オイデ」というコマンドを使い、犬が近づいたらおやつを与えましょう。このためにも、普段から「オイデ」のコマンドを練習しておくことが重要です。

原因②特定の場所に対するトラウマや恐怖心

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

特定の場所で散歩を拒否する場合、その場所に何らかのトラウマや恐怖心がある可能性が考えられます。例えば、「以前通った時に大きな音がした」「知らない犬に吠えられて怖かった」「工事現場や子供の登下校で大きな音がする」といった、飼い主が忘れてしまっているような些細な出来事を犬が覚えていたり、未知の物音に対して不安を感じて動きたくない場合もあります。

対処法

まずはしばらくの間、その場所を避けて散歩しましょう。ただし、場合によってはその場所を通らなければならないこともあります。また、愛犬が苦手なものを克服することで自信をつけることができますので、愛犬の様子をよく観察しながら、おやつや好きなものを使って、徐々に苦手な状況や場所に慣れさせていきましょう。

原因③帰ってからの足拭きがイヤ

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

柴犬の中には、足を触られたり、体を水に濡らされることを極度に嫌う子がいます。家の近くで拒否の様子を見せる場合、帰宅後に足を拭かれることを嫌がっている可能性があります。

対処法①

子犬のうちから足を触られたり、水で濡れることに慣れさせるのがベストですが、成犬になってからでも克服することは可能です。以下の手順で徐々に慣れさせていきましょう。

  1. 足を少しでも触れたら、おやつをあげる
  2. 足の裏全体を触れたら、おやつをあげる
  3. 足全体を優しく包んだり触れたりできるようになったら、おやつをあげる
  4. おやつをあげながら、少しだけ足を拭いてみる

犬によっては手で触るのは大丈夫でも、雑巾を嫌がる子もいます。そのような場合は、濡らした手袋を使うと受け入れてくれることがありますので、試してみてください。

重要なポイントは、力を入れてゴシゴシ拭かないことです。痛みを感じると嫌がってしまい、また一からやり直しになることもあります。常に優しく拭くことを心がけてください。

対処法②

もしも、犬がどうしても足を触らせてくれない場合や、足を触る練習をしている最中に足をきれいにしたい場合は、濡らしたバスタオルなどの上を歩かせて汚れを取るという方法もあります。

原因④病気の可能性も

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

散歩を拒否するだけでなく、犬に何かしらの不調がある場合は、病気の可能性を疑いましょう。特に若い頃は元気にお散歩していたのに、最近急に散歩を拒むようになった場合などは、体のどこかに痛みがあるのかもしれません。

対処法

かかりつけの動物病院を受診しましょう。少しでも病気かもしれないと思ったら、無理は禁物です。可能であれば抱っこして帰宅しましょう。

原因⑤飼い主の心を見破っている?

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

「拒否柴」になってしまう原因として意外に多いのは、飼い主が拒否する姿を可愛いと思っていたり、「拒否柴」をしているのを楽しんでいる場合です。「困っちゃう」と言いながらも、実は可愛いと思っている方も多いのではないでしょうか。犬側もそんな飼い主の気持ちを察して、楽しんでやっている可能性があります。

対処法

犬と飼い主がお互いに楽しんでいる限り、無理に直す必要はありません。ただし、放っておくと行動がエスカレートする可能性があることは念頭に置いておいてください。

「拒否柴」の中には、飼い主が無関心を装ってスマホをいじりだすと拒否をやめたり、逆に犬の気分を盛り上げて声をかけながらダッシュすることで歩き出したりする子もいます。
スイッチの入り方は犬それぞれ異なるので、その子に合った方法を見つけてあげてください。

まとめ

原因,対処法,拒否柴,散歩,柴犬

今回は可愛いけれど困った癖の「拒否柴」について、解説しました。

柴犬は問題行動などでトレーナーがよく依頼を受ける犬種です。「柴犬の独特の気質」と「人懐こい洋犬のように接したい飼い主」の間で、接し方に不一致が起こると問題行動になる傾向が見られます。

また、多くのしつけ本は飼育頭数の多い洋犬向けに書かれているため、柴犬には当てはまらないこともあります。

このような他の犬種にはない難しさも、柴犬の魅力の一つです。柴犬を飼っている方は、そんな特徴も楽しんでみてください。

犬の自転車散歩はリスクがたくさん!!道路交通法違反になることも

飼い主さんが自転車に乗った状態で愛犬を散歩させている「自転車散歩」を見かけることがあります。一見、犬はたくさん走れ、人はラクができるため良さそうにも見えますが、実際はリスクが多く、おすすめはできません。むしろやめてほしい散歩方法です。

また、この散歩方法は道路交通法にも違反しているとみなされる可能性もあります。

今回は、犬の自転車散歩の危険性について解説していきます。

自転車散歩の危険性

犬,自転車,違反,危険,道路交通法
自転車での散歩は犬にとって多くの危険があり、通常の散歩よりも事故の可能性は高くなります。また、愛犬も自転車の存在が怖かったり、自転車を気にしながら歩いたり走ることになり、散歩を純粋に楽しめないという大きなデメリットもあります。

危険性①自転車に巻き込まれる

愛犬が自転車に寄ってきたり、自転車が何かをよけた際に、愛犬が自転車の車輪に巻き込まれる可能性があります。特にスピードが出ている時に、咄嗟によけたり止まったりするときに起こりやすいでしょう。

危険性②ひかれる

愛犬が車や自転車にがひかれてしまうことも考えられます。

自転車に乗っていると、人も自転車の操作に意識を向けながらの散歩になるため、愛犬の安全管理がおろそかになります。何かの拍子に愛犬が車や自転車に近づき、ぶつかったりひかれてしまうかもしれません。

また、飼い主さんが周囲に注意を向けるあまり、愛犬をひいてしまうこともあり得るでしょう。逆に愛犬に意識が向いて通行人や他の車、自転車にぶつかる可能性もあります。

危険性③自転車の下敷きになる

愛犬が思い切り引っ張る、走っていた愛犬が急に止まる、進行方向以外に進むなど、愛犬の動きによってハンドルが取られ自転車が転倒することもあります。転倒した際に愛犬が転倒した自転車の下敷きになってしまうことも考えられます。

危険性④愛犬の変化に気付けない

自転車散歩はある程度のスピード出るため、愛犬をじっくり見る機会が減り、愛犬の異変に気付きにくくなります。具合が悪そうであったり、脚を引きずっていたりしても気付けずに、対処が遅れてしまうかもしれません。

気温が高い時期に日向を走らせすぎると、熱中症のリスクも上がり危険です。

危険性⑤脱走する

走っている時に急に愛犬が止まった場合、急には止まれない自転車に引きずられてしまいます。それに伴い肉球が傷つく、脚をひねるといったケガや、首輪が抜けて脱走するといったリスクが考えられます。

自転車散歩は違反!

犬,自転車,違反,危険,道路交通法
自転車に乗ったまま愛犬を散歩させることは各地域で定められる道路交通規則に違反しており、懲役や罰金の対象となることがあります。

東京都道路交通規則の第8条第1項第3号には、以下のように記載されており、物を持つことで片手運転になったり、犬に引っ張られて操作上の安定を失うことになるため違反になります。なお、大阪府等、別の地域の道路交通規則にも同様の記載はあります。

「傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。」

違反した場合は、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金、もしくは15万円以下の罰金に処するとされています。さらに、自転車散歩で他人に怪我をさせた場合は賠償責任に問われることもあります。

参考: 警視庁HPより

自転車のカゴに犬を乗せるのは違反?

犬,自転車,違反,危険,道路交通法
乗せ方によっては道路交通法違反になることがあります。道路交通法そのものにペットをカゴに乗せて走行してはいけないと明文化されているわけではありませんが、運転時の安全が確保されていることが重要です。

道路交通法第70条に安全運転の義務として、

「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。」

という記載があります。犬が自転車のカゴから飛び出たり、ハンドル操作が妨げられるような可能性がある乗せ方をすると違反とみなされる可能性があります。

参考: 警察庁HPより

違反にならないためには

犬が飛び出ないよう、犬用バッグなどに入れた状態で自転車カゴに乗せるのが望ましいでしょう。愛犬の大きさも考慮が必要です。愛犬が大きい場合にはバッグに入っていても突然暴れた場合にハンドルを取られかねません。愛犬が激しく動いたとしても問題ないかをしっかり見極めましょう。

最近では犬を乗せることを前提とし、犬用のカバンが付いた前カゴの大きい自転車もあるようです。愛犬のサイズも考慮しながらぜひ検討してみてください。

犬は自転車カゴ移動が快適?

自転車カゴに乗せて走行することは愛犬にとっては恐怖を伴うこともあり、望ましい移動手段かは微妙なところです。

スピードを出しすぎない、蛇行運転をしない、舗装されていない道は走らない、などの配慮が必要でしょう。何より愛犬が怖がっていないかをチェックし、愛犬にとって適切な移動手段をとることをおすすめします。

たくさん走らせたいなら

犬,自転車,違反,危険,道路交通法

愛犬をたくさん走らせることを目的に自転車を使って散歩をしている場合は、別の方法で安全に走れる環境を用意しましょう。

一番手軽にできるのはロングリードを使用した散歩です。公園など広い場所でロングリードに付け替え、思い切り走らせてあげましょう。ロングリードでおもちゃの持ってこい遊びなどをすると、さらに楽しめるかもしれません。

ただし、ロングリードの使用時は、歩行者、自転車、他の犬などへの配慮や安全管理が大切です。他人に迷惑をかけないよう、周囲の状況も確認しながら使用しましょう。

まとめ

犬,自転車,違反,危険,道路交通法

今でも見かけることのある自転車散歩は、危険が多く、絶対にやってほしくない散歩方法です。また、自転車のカゴに愛犬を乗せるのも必ずしも良いとは限りません。愛犬にとって安全で安心して移動できる手段が何かを考えてみましょう。

犬は小型犬であったとしても、健康な子は毎日の散歩が必要です。もし、犬を迎える前から散歩は自転車で行き、人側の散歩の負担を少しでも減らそうと考えている方がいらっしゃれば、そもそも犬を迎えないという選択をおすすめします。

【クイズ】食後の犬の散歩は危険!胃捻転ってどんな病気?

愛犬との散歩の時間はだいたい決まっているという飼い主さんは多いでしょう。散歩は犬にとって欠かせないもので、天候の不良などがない限り、基本的には毎日行く必要があります。しかし、タイミングを誤ると胃捻転を起こし、命に関わる可能性もあるため注意が必要です。

今回は、犬の胃捻転についてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、犬の胃捻転クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の胃捻転の説明として正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ガスや空気で膨れた胃がねじれること」です。
胃の中で発生したガスや、口から飲み込んだ空気が溜まって、胃がパンパンに膨れた状態を「胃拡張」といいます。そして、その拡張した胃がねじれてしまうことで「胃捻転」になります

胃の拡張やねじれは、周りの血管や臓器を圧迫し、血流を悪化させることで、胃壁の壊死や重度のショック状態を起こします。そのため、直ちに適切な処置を施さないと、数時間で命を落とす可能性があります。

腸捻転は特に大型犬で起こりやすいですが、中型・小型犬でも起こる可能性はあるため、全ての犬の飼い主が気を付ける必要があります。

Q.2 胃捻転を起こしたときに見られる症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「体を頻繁に掻く」です。
胃捻転になると、以下のような症状が見られます。
  • お腹が膨れている、時間と共にお腹がどんどん膨れていく
  • 吐くそぶりをするが吐けない
  • 舐めるなどして、お腹をしきりに気にする
  • 大量のよだれを垂らす
  • ゲップやしゃっくりを繰り返す
  • 呼吸困難
  • お腹を触ると痛がる
  • 落ち着きがない
  • 丸まったまま動かない
このような症状が見られる場合は胃捻転が疑われます。時間の経過と共にどんどん悪化してしまうので、直ちに動物病院を受診しましょう。

Q.3 胃捻転が起こる原因として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「便秘」です。
胃捻転の明確な原因はまだ解明されていません。しかし、胃捻転のリスクを上げる要因として以下が考えられます。
  • 早食いや大食い
  • 食後の散歩や激しい運動
  • 胃腸の運動の低下(シニア犬は特に注意)
  • 胃腸炎や胃腸内の異物
これらの原因の中で特に注意したいのが、早食い・大量食いとその後の運動です。

フードや水を短時間にたくさん、食べたり飲んだりすると、胃に空気を大量に取り込んで閉じ込めてしまうため、胃拡張になります。その後に運動をすると拡張した胃がねじれて胃捻転が起こりやすくなってしまいます。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
ごはん直後の犬の散歩は危険!胃捻転の症状と対策
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【クイズ】飼うのは大変?大型犬を詳しく知ろう!

犬を飼っている、もしくは飼いたいと考えている人の中には、一度は大型犬を飼ってみたいと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。魅力がたくさんある大型犬と一緒に暮らすには、小型犬とは少し違った点も注意しないといけないかもしれません。

今回は、大型犬の定義や大型犬を飼う上での注意点をクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、大型犬クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 ジャパンケンネルクラブよると、20kg程度の犬が分類されるのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「明確な定義はない」です。
ジャパンケンネルクラブ(JKC)では、体高や体重などによる小型・中型・大型犬の明確な基準は設けていません。

一般的には、おおよそ成犬時の体重を基準に以下のように分けられることが多いです。
小型犬:10kg未満
中型犬:10kg以上25kg未満
大型犬:25kg以上
Q.2 次の犬種のうち、一般的な体重による基準で大型犬に分類されないのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ボーダー・コリー」です。
ボーダー・コリーの平均体重は14~20kgであり、一般的には中型犬とされています。なお、ラフ・コリーは大型犬に分類されます。

ゴールデン・レトリーバーは29~34kg、ドーベルマンは29~45kg、バーニーズ・マウンテン・ドッグは30〜52kgで、いずれも大型犬に分類されます。

Q.3 大型犬を飼う際に気を付けることとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「1回30分程度の散歩を1日に2回行う」です。
犬種や年齢によって必要運動量も変わってきますが、目安として大型犬の成犬では1回のお散歩で、最低でも1時間以上、できれば2時間は確保することが望ましいです。

体が大きい分、食べる量や排泄量、必要なスペースも小型犬に比べて多くなるため、経済的な負担も大きくなります。

成犬ともなると引っ張る力や噛む力などが非常に強くなるため、リードを持った際に引っ張られることで、転倒や引きずりによるケガが起きたり、リードを離してしまうことでの脱走の可能性が高くなります。このようなケガや事故を防ぐためにも、お迎えしてからすぐに適切なトレーニングをする必要がありますが、間違ったトレーニングをすると逆効果ですのでプロのトレーナーの力を借りるのがおすすめです。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
十分な覚悟も!大型犬を迎える前に知っておきたい魅力と注意点
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

「犬が飼いたい!」子供への5つの質問と保護者へのアドバイス

お子様がいる方の中には「犬が飼いたい」と子供にねだられた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に小学生くらいになるとペットを飼いたがる子供が増えるように思います。 そこで今回は、前半のパートでお子様向けに、どの程度犬が飼いたいのか質問を用意しました。お子様の回答を聞いた上で、犬を飼うかどうかを決める参考にしてみて下さい。 後半は保護者向けに、子育て家庭で犬を飼うメリット、デメリットと注意点を解説しています。

【子供向け】犬がかいたいあなたへ!5つのしつもん

アレルギー,しつけ,散歩,暮らし,犬,飼い方 これから5つのしつもんをします。じしんをもって「はい!」と答えられるかかくにんしてみましょう。1つでも「いいえ」があったら、本当に犬をかえるかもういちどかんがえてみましょう。

しつもん①

犬はしつけをしないと、かんだり、とびついたりするので、あなたがケガをするかもしれません。それでも犬をキライにならないで、しつけをすることができますか?

しつもん②

犬はおさんぽに行けないとストレスがたまって、つらい思いをします。冬のさむい日も、ゲームをしたい時も、犬のためにおさんぽに行ってあげることはできますか?

しつもん③

犬も人間と同じように、オシッコやウンチをします。オシッコやウンチは、くさくて、きたないです。それでもかたづけや、おそうじをすることはできますか?

しつもん④

犬といっしょにくらしていると、言うことをきかなかったり、イタズラをしたり、うるさくほえたりします。きちんとしつけをして、ずっといっしょにくらしてあげられますか?

しつもん⑤

犬はあなたよりずっと早く年をとります。あなたが大人になる前に死んでしまうかもしれません。悲しいわかれをする日がくることを、りかいしていますか?

【保護者向け】子供がいる家庭で犬を飼うメリット

アレルギー,しつけ,散歩,暮らし,犬,飼い方 子育て家庭で犬を飼うには、次のようなメリットが期待できます。

メリット①情操教育になる

情操教育とは、相手を思いやる気持ちや命の大切さ、知的好奇心などを自ら育むための教育です。 犬は人間と行動が違うので、「今、どんな気持ちでこの行動をしているんだろう?」と想像力が働きます。 また、家族のように一緒に暮らし、最期をみとることで命の大切さを実感できます

メリット②子供の幸福度が向上する

東京大学などが実施したプロジェクトと麻布大学との共同研究により、犬を飼うことで思春期の児童の幸福度が向上することが判明しています。 また、子供だけでなく大人も犬と見つめ合うことでオキシトシンが分泌され、飼い主の心身に良い影響を与えることが科学的に証明されています。

メリット③責任感が芽生える

子供全般に言えますが、特に一人っ子や一番年下の子供は、「お世話はしてもらうもの」、「危険からは守ってもらうもの」という状況で育ちます。 しかし、犬がいる場合はお世話をしなければいけないですし、危ないことをしていたら叱るなどして守ってあげなければなりません。そのため、自然と責任感が身につくと言われています。

【保護者向け】子供がいる家庭で犬を飼うデメリット

アレルギー,しつけ,散歩,暮らし,犬,飼い方 子育て家庭で犬を飼うには、次のようなデメリットを考慮しなければなりません。

デメリット①成長と共に世話をしなくなる

子供に犬が飼いたいと言われ飼い始めたご家庭の方からよく聞くのは、子供が大きくなるにつれ、勉強や部活動で忙しくなり、結局保護者が世話をしているという話です。 最終的には保護者が面倒を見ることも視野に入れながら、時間がかからないゴハンの準備や週末の空き時間での散歩など、なるべく犬と関われるようにしてあげて下さい。

デメリット②子育て並みに手がかかる

犬の性格やしつけの状態にもよりますが、子犬から飼った場合、生後1~2年くらいは子供並みに手がかかる場合があります。 仕事や子育てで手一杯の場合は、今は飼う時期ではないかもしれません。

デメリット③子供は犬が嫌がる行動をする

子供の落ち着きのない行動や、急に出す大きな声を苦手とする犬は多くいます。特に神経質な性格の犬や、人間に対してトラウマを抱えている保護犬などは、子供と相性が悪い可能性もあり、実際に犬が怖がって咬んでしまった事例もあります。 犬に対する接し方をきちんと教えてあげることや、心配な場合はドッグトレーナーを頼るなどの対応が必要です。

【保護者向け】子育て家庭で犬と暮らす際に注意すること

アレルギー,しつけ,散歩,暮らし,犬,飼い方 子供がいる家庭で犬を飼うメリット・デメリットを踏まえた上で、どういったことに注意して暮らしていけば良いのでしょうか。
  • 家族の中に犬のアレルギーを持っている人がいないか検査をしてから飼う
  • お世話は家族全員で協力して行う
  • 犬種によって特徴があるので事前によく調べ、家庭に合った犬種を選ぶ
  • 犬との触れ合い方を子供にきちんと教える
  • 保護者は子供に教えられるように、犬の飼い方の知識をつける

まとめ

アレルギー,しつけ,散歩,暮らし,犬,飼い方 犬を飼うことは子供にとって良い情操教育になるのは確かですが、教育上一番良くない行為は、飼ったけれど面倒を見ることが出来ずに、犬を放置したり、手放したりと保護者が無責任な行為を取ることです。 子供の気持ちももちろん大切ですが、それ以前に保護者が犬を可愛がり、責任を持って飼える覚悟があるか、今一度ご自身に問いかけてみてください。 犬との暮らしが上手くいけば子供にとって、かけがえのない学びがありますし、幸せな思い出を作ってあげることができます。子供のため、犬のため、そして自分のために何が一番良い選択なのか、じっくり考えてみてください。

人気犬種ランキングTop5を発表!特徴や飼い方を解説

2022年の人気犬種ランキングのトップ5を、その犬種の特徴をわかりやすくスコアにした表と共に発表します。 飼いたい犬種を選ぶ時や、ご自身の愛犬との暮らし方の参考にしていただければ幸いです。 ただし、犬の性格や飼われている環境、年齢や健康状態などで違いが出てくることも大いにありますので、全ての犬がこの評価に当てはまるわけではありません。あくまでも傾向としてご覧下さい。

第5位「口ひげが特徴的な犬」

お手入れ,しつけ,トレーニング,性格,散歩,特徴,犬,犬種,運動,飼い方 第5位は、口ひげや眉毛が印象的な「ミニチュア・シュナウザー」です。
項目 スコア
子供に優しい ★★★★★
他の犬と仲良く出来る ★★★
抜け毛の量 ★★★
お手入れの頻度 ★★★★
番犬度 ★★★★
トレーニングが好き ★★★★★
運動量 ★★★
吠える頻度 ★★★★★

「ミニチュア・シュナウザー」の特徴

明るい性格の反面、勇敢な番犬気質で吠えやすい性質があるため、吠えをコントロール出来るようなしつけが重要です。 毎日のブラッシングと共に、汚れやすい口ひげをこまめに拭いて清潔に保ちましょう。 遊び好きな性格なので、お散歩だけでなく、おもちゃ遊びやゲームなどでストレスを発散させて下さい。

第4位「フワフワの毛並みが愛らしい犬」

お手入れ,しつけ,トレーニング,性格,散歩,特徴,犬,犬種,運動,飼い方 第4位は、ぬいぐるみのようにフワフワな毛が可愛らしい「ポメラニアン」です。
項目 スコア
子供に優しい ★★★
他の犬と仲良く出来る ★★★
抜け毛の量 ★★
お手入れの頻度 ★★★
番犬度 ★★★★
トレーニングが好き ★★★
運動量 ★★★
吠える頻度 ★★★★

「ポメラニアン」の特徴

飼い主に忠実で明るい性格ですが、警戒したり興奮したりすると吠えやすい傾向があります。 涙やけができやすい犬種なので、目の周りのこまめなケアが必要です。 運動量はそれほど多く必要ではありませんが、好奇心が旺盛なので一緒にお出かけを楽しめるでしょう。

第3位「短い脚で一生懸命遊ぶ犬」

お手入れ,しつけ,トレーニング,性格,散歩,特徴,犬,犬種,運動,飼い方 第3位は、短い脚がユーモラスで可愛い「ダックスフンド」です。
項目 スコア
子供に優しい ★★★
他の犬と仲良く出来る ★★★★
抜け毛の量 ★★
お手入れの頻度 ★★
番犬度 ★★★★
トレーニングが好き ★★★★
運動量 ★★★
吠える頻度 ★★★★★

「ダックスフンド」の特徴

飼い主に対しては甘えん坊ですが、音などの刺激に警戒して吠えやすいため、しっかりとしつけをしましょう。 被毛のタイプは「ロングヘアード」、「スムースヘアード」、「ワイアーヘアード」の3種類があるので、それぞれに合ったケアが必要です。 椎間板ヘルニアになりやすい犬種のため、「滑りにくい床材にする」、「段差に注意する」など、足腰に負担がかからないよう対策をしましょう。

第2位「小さな体でうるんだ瞳の犬」

お手入れ,しつけ,トレーニング,性格,散歩,特徴,犬,犬種,運動,飼い方 第2位は、世界最小の体にウルウルの目がキュートな「チワワ」です。
項目 スコア
子供に優しい
他の犬と仲良く出来る ★★★
抜け毛の量 ★★
お手入れの頻度
番犬度 ★★★★
トレーニングが好き ★★★
運動量 ★★★★
吠える頻度 ★★★★★

「チワワ」の特徴

小さな体ですが、勇敢で負けん気の強い面があり、甘やかしているとワガママになりがちな傾向があります。 膝蓋⾻脱⾅などの関節トラブルを起こしやすい犬種ですので、床材や段差に注意をしましょう。 運動量は多く必要ではありませんが、気分転換や社会化トレーニングを兼ねて、軽い散歩をおすすめします。

第1位「キュートな容姿で賢さもある犬」

お手入れ,しつけ,トレーニング,性格,散歩,特徴,犬,犬種,運動,飼い方 第1位は、フワフワの巻き毛で、ぬいぐるみのような愛らしさを持つ「プードル」です。
項目 スコア
子供に優しい ★★★★★
他の犬と仲良く出来る ★★★
抜け毛の量
お手入れの頻度 ★★★★
番犬度 ★★★
トレーニングが好き ★★★★★
運動量 ★★★★
吠える頻度 ★★★★

「プードル」の特徴

見た目の可愛らしさはもちろんですが、体臭や抜け毛の少なさなど、飼いやすい面も人気ナンバーワンの理由です。 抜け毛は少ないため手がかかりませんが、毛が絡むためブラッシングは必要で、被毛はかなり伸びるため定期的なトリミングも必要です。 活発で遊び好き、利口な犬種なので、一緒に遊んだり、スポーツをしたりするアクティブな人に向いています

まとめ

お手入れ,しつけ,トレーニング,性格,散歩,特徴,犬,犬種,運動,飼い方 今回は、2022年の人気犬種ランキングと犬種別の特徴をご紹介しました。 実は「プードル」、「チワワ」、「ダックスフンド」は10年以上、順位も変わらずトップ3を独占し続けており、根強い人気を感じさせられます。 犬種別の特徴もわかりやすくスコアで表していますので、犬種選びや飼い方の参考にして下さいね。
ランキング6~10位はこちら
人気犬種ランキング第6位~10位を発表!特徴や飼い方を解説