人々を救った3つのエピソード!魅力や才能あふれる猫たちを紹介

猫の性格といえば、甘えん坊でマイペース、ツンデレなど、およそ人を救ってくれるとは思えないイメージがあるかもしれません。しかし、世界には多くの人を救った有名な猫たちが存在します。

今回は、個性的な魅力や独特な能力により人々を救った猫たちのエピソードを3つ、ご紹介します。

廃線寸前のローカル線を救った「たま」

エピソード,商品紹介,書籍,有名な猫,猫,猫の駅長

まずは、猫好きなら知らない人はいないのではないかと思われる、「たま駅長(初代)」についてご紹介します。
たまは和歌山電鐵貴志川線の貴志駅の「名誉永久駅長」として知られていますが、それだけでなく「和歌山電鐵社長代理」「和歌山県勲功爵」「和歌山県観光招き大明神」など、数々の輝かしい称号を持つスーパーキャットです。

たまは、1999年に「ミーコ」というメス猫が、貴志駅の一駅隣の甘露寺前駅で産んだ4匹のうちの1匹でした。他の兄弟達はそれぞれ引き取られましたが、一番性格のおっとりしたおとなしい三毛猫のたまと、その母猫のミーコ、そして生後間もない頃に駅前に捨てられていた「ちび」が加わり、貴志駅の売店と倉庫の間に作られた猫小屋で飼われるようになりました。
たま達は昼間は売店の前で過ごし、利用客や地域住民に愛される「駅のアイドル」として成長していきました。

ところが、2003年になると貴志川線の運営会社が赤字を理由に経営を手放し、新たに設立された「和歌山電鐵」が経営を引き継ぎます。これを機に、たま達が住んでいた場所が、前運営会社の社有地から貴志川町の公道として整備されることになり、猫小屋は立ち退かざるを得ない事態に陥りました。

これに困ったたま達の飼い主が、和歌山電鐵に「猫たちを駅の中に住まわせてもらえないか」と相談すると、驚くことに社長の快諾を得ました。
社長いわく「たまちゃんと目があった瞬間、ピカッとたまちゃんの駅長姿が頭にひらめいた」ことが理由だったそうです。そして社長の発案によって、無人駅になっていた貴志駅の駅長に「たま」が、助役に「ミーコ」と「チビ」が任命されることになりました。

「猫の駅長」の話題は数多くのメディアで取り上げられ、たま駅長目当ての乗客が日本各地から和歌山電鐵に乗車して貴志駅を訪れるようになりました。実際にたま駅長の就任前は1日あたり約700人だった乗降客数が、就任直後の2007年1月には約17%増加し、「たま駅長効果」がいかに大きかったかがわかります。

たま駅長の人気は日本のみならず、海外メディアでも取り上げられるようになり、廃止寸前だった貴志川線を救った猫として、世界的にも有名になりました。

¥1,326 (2024/03/04 13:25:51時点 Amazon調べ-詳細)

町を元気づけた図書館猫「デューイ」

エピソード,商品紹介,図書館猫,書籍,有名な猫,猫

欧米では公共の図書館でも猫を飼っている所が多くあります。その歴史は古く、かつては書籍をネズミから守る役目を与えられていましたが、現代ではマスコットキャラクターとして利用者や職員を癒やしています。そんな図書館猫で最も有名なのは、茶トラ猫の「デューイ」でしょう。

デューイはアメリカ中西部のアイオワ州、スペンサー公共図書館の図書館猫です。1988年1月、気温が零下15度の極寒の夜に、デューイはスペンサー公共図書館の返却用ブックポストに捨てられ、翌朝図書館の職員によって瀕死の状態で発見され、保護されました。そして、図書館でデューイを飼うことになりますが、いくら図書館猫の文化があるアメリカでも、公共の施設で猫を飼う許可を取るのには大変な苦労があったそうです。

晴れて図書館猫としてデビューしたデューイは「人々のストレスを癒す」「毎朝9時に入り口の前に立ち、利用者を出迎える」といった人々を和ませる仕事や「図書館主催の催しに参加する」「スペンサー公共図書館の広報活動に携わる」といった広報活動など、8つの職務を担当しました。

その当時、スペンサーの町は危機に瀕していました。大手工場が閉鎖されると、たちまち失業率が10%になり、人口は2、3年で11,000人から8,000人に減少し、家の価格は25%も下落してしまいました。そんな町の状況の中で、命の危険にさらされながら、それでも生き延びたデューイは町の人々に勇気を与えました

ハンサムで人懐っこい性格のデューイは、すぐに人気者となり、地元の雑誌やテレビはもちろん、世界中のメディアの取材を受けるほど知られた存在になりました。そして、2006年に図書館長であり相棒でもあったヴィッキーに抱かれながら天国へ旅立ちました。

旅立ちを知らせる猫「オスカー」

エピソード,商品紹介,書籍,有名な猫,猫,看取り猫

アメリカのロードアイランド州、プロビデンスの老人ホームで飼われている猫の「オスカー」は、その不思議な能力によって世界的に有名になりました。

2005年にアニマルシェルターで生まれ、子猫の時期に老人ホームへと引き取られたセラピー猫のオスカー。重度認知症やパーキンソン病末期の患者が入院しているこの老人ホームは、ペットセラピーを重視しており、ホームのいたるところにペットがいました。オスカーは6匹いる猫のうちの1匹でした。

オスカーがホームに来てから6ヶ月ほど経った頃、スタッフたちはオスカーがまるで医師や看護師のように、入居者のところを巡回していることに気が付きました。そのうち、オスカーは入居者の匂いをよく嗅ぎ、特定の入居者のそばで丸くなって寝そべり、オスカーが寄り添った人物は、数時間以内で死去するという現象が見られるようになりました。

オスカーのこの予知能力は、時に病院のスタッフより正確でした。ある時、看護師らが「余命わずか」と考えられる患者のベッドにオスカーを載せたところ、オスカーはスッといなくなり、他の病室の患者に添い寝しました。その患者はその夜のうちに息を引き取り、看護師が余命わずかだと考えていた患者は、その後2日間生存していました。

それ以降も、めったに外すことなく患者の死を予知し続けたため、病院のスタッフはオスカーがベッドに飛び乗り、患者に添い寝をすると、その患者の家族に知らせることにしていたほどです。オスカーのこの能力は科学的な証明はされていませんが、「細胞が死ぬ時の独特なにおいをオスカーは嗅ぎ分けているのではないか」と考えられています。

「人の死を察知する猫」というと不吉な意味に捉えられがちですが、実際患者の家族や友人などは患者の最期の時にオスカーがそこに居てくれることに感謝したそうです。また、息を引き取る時に駆けつけられなかったとしても、オスカーが見守ってくれていたことが遺族の大きな慰めになったと言われています。

Hayakawa Publishing/Tsai Fong Books
¥2,500 (2024/03/04 13:25:52時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

エピソード,商品紹介,図書館猫,書籍,有名な猫,猫,猫の駅長,看取り猫

今回は、その愛らしさや不思議な能力で人々の救いになった猫たちをご紹介しました。このようなエピソードから、人間の身近な動物の猫たちが、いかに人々に愛され、癒やしを与え、時には厳しい現実から解放してくれる存在なのかがわかります。

猫たちとの触れ合いや共に過ごす時間の中で、彼らは人間に心温まる時を与えてくれる存在です。猫たちとの素晴らしい関係を大切にしながら、彼らから学ぶ豊かな心を持ち続けたいですね。

3つの感動エピソード!歴史に残るすごい犬たちを紹介

日々犬と暮らしていると、犬の優しさや健気さに触れる瞬間がありませんか?世界には、飼い主に対する忠誠心や弱者への思いやりを持つ、名高い犬たちが存在します。

今回は、世界的に知られる3頭の犬のエピソードを紹介します。彼らが持つ素晴らしい能力や忠実さを感じてみてください。

4,800kmの距離を歩き帰宅した「ボビー」

商品紹介,感動エピソード,映画,書籍,有名な犬,犬,飼い主

1923年、アメリカ・オレゴン州で暮らしていたコリー系ミックス犬の「ボビー」は、飼い主のブレイザーさん一家と共に、インディアナ州へドライブ旅行に出かけました。

しかし、旅行中のアクシデントでボビーはインディアナ州の町で行方不明になってしまいました。この時ボビーはわずか6ヶ月の幼犬であり、行方不明になった町は自宅から直線距離で3,400kmも離れていました

ブレイザーさんは数日間に渡り街中を捜索し、地元の新聞紙にも捜索広告を出すなど、あらゆる手を尽くしましたが、ボビーは見つかりませんでした。失意の中、ブレイザーさん一家はオレゴン州の自宅に帰宅しました。

しかし、驚くことにその半年後、ボビーはブレイザーさん一家のもとに帰ってきました。その時のボビーは痩せこけており、全身がボロボロに汚れている状態だったそうです。しかし、家族との再会に喜びを示し、行方不明になる前からあった古傷などから、ブレイザーさんはこの犬がボビーであることを確信しました。

このエピソードが地元の新聞で取り上げられると、帰還途中のボビーを目撃した人や、エサを与えた人などから多くの情報が寄せられるようになりました。それらを検証した結果、ボビーはブレイザー一家がインディアナ州へ向かったルートをほぼ正確に逆戻りして帰ってきたことや、厳冬の2月に険しいロッキー山脈を越え、大きな川を泳いで渡ったことが明らかになりました。

最終的に、ボビーは4,800kmもの距離を旅して自宅に帰還したと結論付けられています。

このボビーの不屈の精神や家族への愛は大きな話題となり、書籍化や映画化されています。また、偉業を成し遂げたボビーにはご褒美として、立派なバンガロー風の犬小屋がプレゼントされたそうです。

飼い主の墓を守り続けた「グレイフライヤーズ・ボビー」

商品紹介,感動エピソード,映画,書籍,有名な犬,犬,飼い主

日本の忠犬といえば「ハチ公」が有名ですが、イギリスにもスコットランド版の忠犬ハチ公と言われる「グレイフライヤーズ・ボビー(以下、ボビー)」という犬がいました。

1856年頃、ボビーの飼い主であるジョン・グレイさんは家族と共にエディンバラに移住し、警察の夜警の仕事に就きました。彼は毎晩ボビーを連れて市内をパトロールしていたため、しばらくすると、悪天候の日でも欠かさず夜回りをするボビーとグレイさんの姿は、街の名物となっていきました。

しかし、幸せな日々も束の間、飼い主のグレイさんは結核により1858年に他界し、グレイフライヤーズ墓地に埋葬されました。グレイさんを失ったボビーは墓地の周りをうろつき、教会の職員が追い払っても、決して遠くへ行くことはなかったそうです。

このボビーの健気な姿は、エディンバラの市民の心を動かしました。グレイさんの墓の近くにはボビーの犬小屋が建てられ、墓地近くの喫茶店では毎日ボビーに食事が与えられるようになったのです。そして、そんな忠犬の姿を一目見ようと、教会には観光客が訪れるようになるほどでした。

ボビーは飼い主の墓を守り続けながら、1872年に16歳で天寿を全うしました。亡骸は教会の入り口に埋葬され、赤い御影石で作られた墓標が立っています。そこには次のような言葉が刻まれています。

「我らすべてに忠誠と献身の教訓を示したグレイフライヤーズ・ボビー、ここに16歳にて永眠す」

¥1,760 (2024/03/04 00:07:54時点 Amazon調べ-詳細)

野良猫を救い続けた犬「ジニー」

商品紹介,感動エピソード,映画,書籍,有名な犬,犬,飼い主

ジニーの物語は、飼い主であるゴンザレスさんとの出会いから始まります。ゴンザレスさんはドーベルマンを飼いたいと思っていましたが、動物シェルターを訪れるうちに、シュナウザーとシベリアン・ハスキーの血を引くメスの雑種犬に心惹かれました。そして、その犬を「ジニー」と名付け、家族に迎え入れました。

ある日、建築業を営んでいたゴンザレスさんが仕事場にジニーを連れて行くと、ジニーは建築資材から抜け出せなくなっていた5匹の子猫を救出しました。それだけでなく、ジニーはゴミ箱や裏通り、廃車の中など様々な場所から次々と猫を助けて、家に連れて帰ってくるようになりました。

ジニーが次々と猫を拾ってくるため、ゴンザレスさんはそれらの猫の世話に追われ、出費も相当な額になり、大きなピンチを迎えます。しかし、ゴンザレスさんはジニーの物語を描いた『猫たちを救う犬』や『今日もまた猫たちを救う犬』などの書籍を出版し、それがベストセラーになったことで、経済的な問題も解決できました。

1998年には、全米で最も権威のある、ウエストチェスター・キャット・クラブにより、優れた功績を残した者に送られる「キャット・オブ・ザ・イヤー」が犬のジニーに授与されました

ジニーは犬とは思えないほど猫に好意を示し、猫たちもジニーを慕っていたそうです。そして、ジニーは生涯をその独自の慈善活動に捧げ、2005年に17歳で亡くなるまで、なんと約900頭の猫を救い出し、病気や飢えから守り続けました

¥2 (2024/03/03 21:39:41時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

商品紹介,感動エピソード,映画,書籍,有名な犬,犬,飼い主

今回は、世界的に有名な健気な犬たちのエピソードを3つご紹介しました。これらの物語を知ることで、犬という動物の驚くべき能力や優しさを改めて実感させられます。

これらの犬たちの姿勢や行動は、人間にとっての励みや感動の源となります。犬の素晴らしさを感じながら、私たちも日々の生活の中で、思いやりや優しさを大切にしていきたいですね。

読書の秋に!シェリー編集部オススメ動物の書籍6選

肌寒い日が続き、だんだん外に出るのが億劫な季節になってきました。そんな時は暖かい室内でのんびり「動物の本」を読んでみてはいかがでしょうか。

今回は、シェリー編集部がオススメする「動物に関連する本」をご紹介していきます。気軽に読める漫画や絵本から、ちょっと専門的な犬や猫の本を6冊集めましたので、気になった本がありましたらぜひ読んでみてください。

ただただ癒やされる漫画『こんにちは、いぬです』

¥1,100 (2024/03/04 03:05:23時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

犬とその飼い主の暮らしが、犬目線で描かれています。シンプルで丸みを帯びた可愛いイラストが特徴。

多くの犬たちが登場しますが、それぞれのキャラクターの違いがしっかり描き分けられており、この漫画を楽しめる理由の一つでもあります。飼い主の家族構成やライフステージも様々で、多くの人の共感を呼ぶでしょう。

犬たちの日常にほっこり笑い、犬が飼い主を想う気持ちにちょっと泣ける、日常に疲れた時に読みたくなる作品です。

著者:じゅん

イラストレーター。SNSやLINEスタンプで話題に。Twitterに投稿した『犬の十戒』という漫画をきっかけに、さらに注目されるようになり、書籍『こんにちは、いぬです』を出版。人気沸騰でシリーズは3作(2022年9月現在)制作。

ロングセラーの絵本『100万回生きたねこ』

¥1,320 (2024/03/04 03:05:24時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

主人公のオス猫は、一国の王、船乗り、サーカスの手品つかいなど、さまざまな飼い主のもとで、何度も生まれ変わっては死んでいきます。どの飼い主も猫が死ぬたびに悲しみましたが、猫はどの飼い主のことも大嫌いで、自分のことだけが大好きでした。

そんな猫はある時、野良猫となりました。そこで猫は初めて自分以外で気になる存在ができ、家族もできました。そして最後は……。

絵本ではありますが、大人が読んでも考えさせられる本で、さまざまな解釈が考えられる奥の深さが人気の理由です。

著者:佐野洋子

絵本作家、エッセイスト。武蔵野美術大学デザイン科卒業。1974年に刊行された絵本『おじさんのかさ』で注目を集める。
絵本『おれはねこだぜ』やエッセイ『私の猫たち許してほしい』『猫ばっか 佐野洋子の世界』など、猫に関する書籍も多く残している。

犬の常識をくつがえす『犬にウケる飼い方』

¥792 (2024/03/04 14:17:59時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

犬のしつけの本やインターネットの情報の中には科学的な裏付けが乏しい通説や、現在では否定されている古い常識や誤った定説をそのまま載せていることが多くあります。しかし、この本では科学的なエビエンスに基づいた、犬が本当に喜んでくれる「犬にウケる飼い方」が紹介されています。

挿絵や図解などはほとんどなく文章がメインですが、テーマに対して1~2ページ程度の長すぎない解説があるので、楽に読み進めることができるでしょう。

著者:鹿野正顕

ドッグトレーナー(国際資格CPDT-KA取得)。麻布大学大学院獣医学研究科卒、学術博士。
犬のしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール」校長。テレビ出演や「スタディ・ドッグ・スクール」としてYouTube配信を行うなど、幅広く活躍。

オオカミやイヌ科の動物を学べる『オオカミと野生のイヌ』

¥3,080 (2024/03/03 17:20:30時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

オオカミや野生のイヌの美しい写真が満載。写真の迫力を際立たせる大判サイズの本です。

本文では動物たちの生態やルーツが詳しく書かれており、深い学びを得られる内容になっています。わたし達の身近にいる犬とは全く違う、ワイルドで凛々しい野生の動物たちが多く登場しますが、本の中ではオオカミに遺伝的に一番近い犬として、日本人には身近な柴犬も紹介されています。

写真集として鑑賞するも良し、オオカミやイヌを学ぶにも良い一冊です。

監修:菊水健史

麻布大学獣医学部介在動物学研究室教授。東京大学獣医学科卒。獣医学博士。専門は行動神経科学。主な著書は『犬のココロをよむ 伴侶動物学からわかること』、『愛と分子』など。

本文:近藤雄生

東京大学大学院工学系研究科修了後、5年半世界各地を旅しつつルポルタージュなどを執筆。大谷大学非常勤講師。「遊牧夫婦」シリーズ、『旅に出よう』、『わらういきもの』など多数執筆。

写真解説:澤井聖一

株式会社エクスナレッジ代表取締役社長、月刊『建築知識』編集兼発行人。近藤雄生と共に『家のネコと野生のネコ』も制作。

楽しい解剖学『ぼくとチョビの体のちがい』

¥2,200 (2024/03/04 03:05:25時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

イヌとヒトのカラダの違いがイラストで、わかりやすく解説されています。純粋なイヌとヒトのカラダの構造の違いのみならず、動かし方などについても細かく解説がされており、興味深く読み進めることができます。

また、「イヌがヒトの顔を舐める理由」や「イヌがお互いのお尻のニオイを嗅ぎ合う理由」など、犬を飼っている方なら一度は疑問に思いそうなこともわかりやすく説明がされていて、犬の飼い主なら読んでおいて損はない一冊です。さらに、漢字にはふりがなも振られており、お子さんも楽しめるものになっています。

著者:佐々木文彦

大阪府立大学名誉教授。医学博士。獣医師。主な著書は『楽しい解剖学 猫の体は不思議がいっぱい!』、『やさしいシニアドッグライフ』など。

猫との快適な暮らしを解説『猫と住まいの解剖図鑑』

¥1,760 (2024/03/04 14:18:00時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

基本的な猫の飼い方や、共に快適に暮らすための解説、困った行動に対するアドバイスなど、初心者からベテランまで参考になる内容が掲載されています。絵による解説が多いため、わかりやすく読みやすい点もポイント。

また、爪とぎやキャットステップなどをDIYする方法や、基本的なDIYのやり方も解説されているため、愛猫のためにDIYにチャレンジしてみたい方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

著者:いしまるあきこ

一級建築士・猫シッター。一級建築士事務所ねこのいえ設計室主宰。猫シッター「ねこのいえ」、猫と暮らせる賃貸住宅「ねこのいえ」シリーズ、猫と暮らせる住まい探し「ねこのいえ不動産」を展開。

監修:今泉忠明

哺乳動物学者。「ねこの博物館」館長。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒。国立科学博物館で哺乳類の分類学、生態学を学ぶ。
大ヒットシリーズ「ざんねんないきもの事典」の監修も手掛ける。

最後に

DIY,オオカミ,おすすめ,しつけ,ストレス,写真,商品紹介,暮らし,書籍,本,漫画,犬,猫,飼い方
ストレスの多い現代ですが、たった6分の読書でストレス解消の効果があると言われています。

秋の夜長に好きな動物の本を読み、リラックスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。