犬の乳歯はいつ生え変わる?家具をかじられないための対策もご紹介

人間と同じように、犬も子犬の時期に乳歯から永久歯に歯が生え変わることをご存知ですか?

歯の生え変わり時期には、犬のお口の健康を守ったり、お家の中の大切な家具を保護するために気をつけたいポイントがいくつかあります。

今回の記事では、犬の乳歯が生え変わる時期や、生え変わり時期の注意点のほか、お口のトラブルを予防するために知っておきたいことをご紹介します。

犬の乳歯はいつ生え変わる?

犬,乳歯,生え変わり,注意点

欠歯などがなければ、犬の乳歯は通常全部で28本あります。これが子犬の頃に全て抜け、永久歯42本に生え変わります。

生え変わり時期

犬の乳歯が生え変わる時期は、犬種やそれぞれの成長速度にもよりますが、早くて生後4〜6ヶ月頃から抜け始めます
その後、生後7ヶ月〜12ヶ月頃には全ての歯が生え変わります

生え変わる歯の順番

乳歯が抜ける順番は、「切歯(前歯)→犬歯(牙)→前臼歯(側面の歯)→後臼歯(奥歯)」です。
出血は、ある場合とない場合があります。血が出てもすぐに止まるので心配しなくて大丈夫です。

28本も抜けた感覚がない!?

歯の生え変わり時期には、抜けた乳歯が床の上や毛布の中に落ちていることがあります。
ただし、抜け落ちた歯があまり見つからなかったからと言って、「しっかり抜けていないのでは?」と焦る必要はありません。

中には、抜けた歯をそのまま飲み込んでしまう犬もいるようです。飲み込んだ歯はフンと一緒に排泄されるので問題ありません。

歯の生え変わり時期に注意すること

犬,乳歯,生え変わり,注意点

続いて、乳歯から永久歯に生え変わる時期に、飼い主のみなさんが注意したいポイントをご紹介します。

おもちゃや食事は硬すぎないものを

乳歯の生え変わり時期には、歯茎に負担がかかりやすくなるので、硬すぎるおもちゃはなるべく与えないようにしましょう。

食事については、そこまで神経質になる必要はありませんが、歯がグラグラして食べにくそうにしていたら、フードをふやかすなどの工夫をしてあげると食べやすく、消化もしやすくなります。

家具などを噛みたがるので注意

歯の生え変わり時期は、ムズムズしてとても痒くなり、いろいろなものを噛みたがります。
特に、椅子やテーブルの脚など、噛みやすい形状のものは、「気づいたらボロボロにされていた…」なんてこともことも珍しくありません。

実際、筆者の家でも、子犬の時期に椅子の脚をボロボロにされた形跡が今でも残っています。
なるべく家具を傷つけられないように、次のような工夫をしてみましょう。

椅子の脚には靴下のような専用のカバーをつける。

犬によっては、ビターアップルなど嫌な味のするスプレーを使うと効果的。

GRANNICK'S
¥2,380 (2022/06/29 05:12:42時点 Amazon調べ-詳細)

存分に噛めるおもちゃを与える。

犬に噛まれて困るものや、噛んでしまうと危険なものは全て片付け、犬の生活圏内はスッキリさせておきましょう。

歯が抜けない場合は動物病院へ

犬,乳歯,生え変わり,注意点
乳歯が残ったままになっている「乳歯遺残」という状態は、特に小型犬に多く見られます。そのままにしておくと、乳歯と永久歯の二枚刃になってしまい、歯垢や歯石がつきやすくなり、歯周病の原因になるので注意が必要です。

ただ、きちんと全て生え変わったのか確かめるのは素人には難しいでしょう。そのため、1歳になった頃に、検診等のついでに動物病院で歯をチェックしてもらうことをおすすめします。

乳歯遺残の対処法

残ってしまった乳歯はすぐに抜けることもありますが、全身麻酔をして抜歯をすることもあります。
去勢・避妊手術で麻酔をした際に一緒に抜けることもあるので、かかりつけの動物病院で相談しましょう。

子犬のときから歯磨きの習慣をつけよう!

犬,乳歯,生え変わり,注意点

歯周病になる犬は多い

歯周病は人間でも馴染みのある病気ですが、実は犬でも歯周病になることはとても多いことをご存知でしょうか。
歯周病は、歯が抜け落ちるだけでなく、進行すると顎が溶けて全身性疾患を引き起こすこともあるとても怖い病気です。

子犬の頃からのケアが重要

歯周病を予防するには、子犬の頃から歯磨きをする習慣をつけることが重要です。

歯磨きは嫌がる犬は多く、特に成犬になってからトレーニングを始めるとなかなかうまくいきません
子犬のうちから、口を触られたり、歯ブラシを入れられることに少しずつ慣れさせていくことが重要です。

まとめ

犬,乳歯,生え変わり,注意点
犬の乳歯は、通常1歳になる頃までに自然と生え変わります。
生え変わり期間は、歯がムズムズして家具などを噛んでしまいがちなので、カバーをつけたり、噛み心地の良いおもちゃを与えるなどの対策をしましょう。

乳歯が残ったまま放置したり、オーラルケアを怠ったりすると、歯周病のリスクが高まってしまうので注意が必要です。
時々獣医師さんに歯を診てもらい、子犬の頃から歯磨きの習慣をつけるようにしましょう。

世界一民主的な野生の犬!?リカオンの「くしゃみ投票」とは

みなさんは、野生の犬である「リカオン」という動物をご存知ですか?

見た目はハイエナにも似ていますが、ハイエナはジャコウネコ科に近い「ハイエナ科」に属するのに対し、リカオンはペットの犬と同じ「イヌ科」に属します。

そんなリカオンは、なんと「くしゃみ」による投票で群れの決めごとを行う、とても民主的な犬なんです。

今回の記事では、リカオンという動物について、その生態やくしゃみの謎を詳しく解説していきます。

リカオンってどんな動物?

リカオン,くしゃみ,投票,民主的,犬,野生
リカオンは、アフリカ大陸に生息する、野生の犬です。

かつては、砂漠と熱帯雨林以外のかなり広い範囲で生息していましたが、人間の生活圏が広がったことで住処を失ったり、家畜を襲うという理由で銃殺されたりした結果、個体数が著しく減少し、今では国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として登録されています。

基本基本情報

  • 分類:哺乳綱食肉目イヌ科リカオン属
  • 学名:Lycaon pictus、英名:African wild dog
  • 分布:アフリカ大陸全土
  • 体長:約76~102cm、体高:約60cm、体重:約25kg
  • 体の特徴:耳は丸くて大きい。白地に黒や黄褐色、灰色などの斑紋をもつ。
  • 足の速さ:時速50〜70キロ

群れで行動する

リカオンは、オスとメス、子どもたち10頭前後で構成される「パック」という群れで暮らしています。大きい群れでは、40~60頭が集まることもあるようです。

仲間と協力し合う意識がとても高く、怪我をした仲間を見捨てないことや、後ほどご紹介するように、くしゃみによる投票で物事を民主的に決めることなどで知られています。

また、オスとメスの力関係に差はなく、狩りも子育ても共同で行います。メスがパックのリーダーを務めることもあるようです。

狩の名手!

リカオンの狩りは、群れの仲間が協力して行います。
狩りの成功率は他の肉食動物に比べても高く、ヒョウで15~40%、ライオンで25~30%、チーターで40~60%程度なのに対し、リカオンは60%以上の成功率を誇ると言われています。

このことから、「アフリカの狩猟犬」という愛称が付いています。

リカオンの「くしゃみ投票」とは

引用:The New York Times『Wild Dogs Sneeze to Hunt | ScienceTake』
https://youtu.be/sVxKlsfi73g

リカオンのくしゃみはもともと、他の動物がするのと同じように、鼻に違和感を感じたときなどに行う仕草だと考えられていました。

しかし、アメリカ・イギリス・オーストラリアの研究チームが詳しく観察を続けたところ、リカオンの群れは狩りを始める前に集会を開き、くしゃみによって狩りの合意形成をしていることが分かってきたのです。

つまり、狩りに賛成するリカオンがくしゃみをし、その数が十分であることが確かめられて初めて、群れでの狩りがスタートします。

もともと仲間を大事にするリカオンは、さらにくしゃみによる投票で民主的に狩りの成否を決めているからこそ、「アフリカの狩猟犬」とも呼ばれるほど高い狩りの成功率を保っているのかもしれませんね。

ペットの犬のくしゃみはどうなの?

リカオン,くしゃみ,投票,民主的,犬,野生
同じイヌ科のリカオンのくしゃみの意味が分かったら、「じゃあペットの犬のくしゃみも賛成の意思表示なの?」と思うかもしれません。

そうでないとは言い切れませんが、多くが1〜3匹で暮らしているペットの犬が、くしゃみによって民主的な投票を行っているとは考えにくいです。

ペットの犬がくしゃみをするのには、次のような理由があると考えられています。

1. アレルギー

ハウスダストや、スギ・イネ科の植物などがアレルゲンとなって、犬でもくしゃみや鼻水が出ることがあります。

2. 異物の刺激

食べかすや植物の一部など、異物が鼻の穴に入り込んでしまい、それを出すためにくしゃみをすることもあります。ほとんどの場合、くしゃみは一時的なもので、異物が外に出てしまえばおさまります。

しかし、中には異物がなかなか外に出ずにくしゃみが止まらない状態になったり、鼻粘膜に炎症が起きることもあります。こうなってしまったら動物病院で異物を取り除かなくてはいけません。

3. 歯周病

歯周病は、犬において非常によく見られる病気です。歯周病とくしゃみは一見関係がなさそうですが、特に、上顎の犬歯で歯周病が進んだ場合、歯根の尖端に細菌感染が達することで鼻腔内の炎症が起きやすくなります。

さらに症状が進行すると、歯を支えている骨が溶け、鼻腔との間に穴が開いてしまいます。この状態を「口鼻瘻管(こうびろうかん)」と呼び、この穴を通じて、口から食べたものが鼻腔に入り込んでしまうのです。結果、鼻腔内で異物による刺激が常に起こり、くしゃみや鼻出血が出るようになります

いずれにせよ、犬が連続してくしゃみをしている場合は、何らかの異常が生じている可能性が高いため、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

まとめ

リカオン,くしゃみ,投票,民主的,犬,野生

野生の犬であるリカオンは、群れの仲間との協調をとても大事にする動物です。

仲間とコミュニケーションを積極的にとり、民主主義的な社会を築いている動物には、他にもゴリラやミツバチなどがいますが、リカオンのようにくしゃみによって意思表示をする動物はなかなかいません。

ただし、同じ犬の仲間だからといって、ペットの犬のくしゃみが「狩りに行きたい!」という意思の表れと考えてはいけません。

アレルギーや異物の存在、歯周病の可能性を考え、長引くようなら早めに動物病院に連れて行きましょう。

【クイズ】犬の早食いが良くない理由とは。病気を引き起こす可能性も!

愛犬が美味しそうに食事をしていると、飼い主さんとしてもうれしいことでしょう。しかし、あまりにがっつきすぎて早食いになってしまっていませんか?早食いは病気を引き起こす可能性もあり、対策することが望ましいです。

本記事では、そんな犬の早食いについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬の早食いクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の早食いが良くない理由として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「食に興味がなくなるから」です。
人間と同じように、犬にも満腹中枢があると考えられていますが、早食いをすると満腹感を得られるのに時間差が生じます。その結果、食べ過ぎにつながり、肥満になります。

また、早食いをすると、喉に食べ物がつまりやすくなります。喉に食べ物がつまると、犬は上手に呼吸ができなくなり、そのまま命を落としてしまうこともありえます。

さらに、早食いは消化器官に負担をかけます。特にドライフードを与えている場合、硬いままの粒をそのまま飲み込んでしまうと、消化不良を引き起こす可能性があります。
Q.2 犬が早食いをすることで最もかかりやすくなる病気はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「歯周病」です。
食べるときに分泌される唾液は、歯周病菌の繁殖を防いだり、歯石を予防してくれたりと、健康な歯を保つ上で重要な役割を担っています。早食いによって、唾液の量が少なくなると、歯周病のリスクも高まるのです。

また、胃拡張・胃捻転にもなりやすくなります。「胃拡張」とは、一気に食べた大量のフードが犬の胃の中で膨らみ、胃が拡張してしまうことです。これによって胃の内容物が腸へ流れず、消化不良を引き起こし、嘔吐してしまうこともあります。

そしてその胃拡張が、胃がねじれる「胃捻転」を引き起こしてしまうこともあります。胃捻転は、発症から数時間で犬が死に至る恐れがある非常に危険な病気です。
Q.3 早食いを改善させる方法として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「犬の好きな食べものを与える」です。
犬の好きな食べ物を与えると、興奮してしまいかえって早食いを誘発しかねません。好きなものだけではなく、栄養第一でバランスよく与えましょう。

ドライフードを水でふやかすと、水分により膨張し、満足感を得やすくなります。水分摂取量も増加するため、尿路結石のリスクも減らすことができます。また、1日に与える食事量は同じでも、小出しにして回数を増やせば早食いを緩和できます。

犬が餌を食べる際に、早食いできないように食器の内側にデコボコがついている早食い防止グッズも効果的です。知育玩具のようなものであり、ストレス解消にもつながります。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬の早食いを防止!悪影響の理由と改善方法5つ
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫の噛み合わせ異常とは?不正咬合の原因と治療法をご紹介

猫にも噛み合わせの異常が起こることをご存知でしょうか。歯並びや顎の形による不正咬合は人間だけでなく、猫にとっても決して小さくない問題です。 今回は、猫の不正咬合の原因と悪影響、そして治療方法についてご紹介していきます。

猫の不正咬合とは?

猫,歯,不正咬合,噛み合わせ,抜歯,矯正,健康 猫の不正咬合とは、歯並びが乱れてしまい、噛み合わせに異常が起きてしまう症状です。 変な方向に歯が生えてしまったり、顎がずれてしまったりなどその症状は多岐に渡ります。 猫の不正咬合は大きく分けて四つの種類に分けることができます。
  • クロスバイト:顎の形は正常ですが、歯並びに異常がある状態です。二本の歯が密着して生えたり、歯茎の外側に向かって生えてしまったりなど、さまざまなものがあります。
  • オーバーバイト:上顎が下顎よりも大きく前に出てしまっている状態です。まさしく「出っ歯」のような形で、オーバーショットとも呼ばれます。
  • アンダーバイト:オーバーバイトとは反対に、上顎よりも下顎が突出している状態のことをアンダーバイト、もしくはアンダーショットと呼びます。「しゃくれ」ている状態といえばわかりやすいかもしれません。
  • ライバイト:正面から見て、右側の歯と左側の歯のバランスが崩れてしまっている状態です。右の歯は大きく、左は小さいなどといったことになり、アンバランスな歯並びになってしまいます。

猫の不正咬合の原因は?

猫,歯,不正咬合,噛み合わせ,抜歯,矯正,健康 このようにさまざまな症例がある不正咬合ですが、その原因としては先天性のものと後天性のものがあります。

遺伝によるもの

先天性の原因の中には、人間が行った品種改良によるものがあります。 例えば、短頭種のペルシャ猫などは品種改良により顎や歯茎がアンバランスになってしまう傾向があります。そのため、生まれつき顎が歪んでしまっていたり、乳歯が変な方向へと生えていたりしてしまうといったリスクがあります。

外傷性

後天性の原因としては、事故や怪我などによるものがあります。 特に顎の骨折や脱臼などは顎や歯茎を歪ませてしまい、左右の歯がアンバランスになる原因となります。ライバイトの原因のほとんどは、こういった怪我によるものだとされています。

乳歯遺残

猫は生後3〜6ヶ月頃に歯が生え変わります。乳歯遺残は、抜けるはずの乳歯が歯茎に残り続け、生えてきた永久歯を邪魔してしまうというもの**です。特に犬歯(牙)に多く、クロスバイトの原因として注意が必要です。

不正咬合による悪影響

猫,歯,不正咬合,噛み合わせ,抜歯,矯正,健康 噛み合わせの異常である不正咬合は直接命に関わるほどの重大なものではありません。しかし、日常生活において多くの悪影響を及ぼします。 オーバーバイトやアンダーバイトの場合、ずれている顎がもう片方の顎の口蓋を傷つけてしまう可能性があります。 また、クロスバイトのように歯並びが歪んでいたり、歯が変な方向へ生えていると、歯が歯茎や口内にダメージを与えてしまいます。 この他にも、顎が歪んでいると口をしっかりと閉じることができず、涎を垂らしてしまいます。 また、口内が繰り返し傷つけられることで、口内の衛生状況が悪化し、歯周病に発展することもあるため注意が必要です。

不正咬合の治療方法

猫,歯,不正咬合,噛み合わせ,抜歯,矯正,健康 このように、猫の口内環境を劣悪なものにしてしまう不正咬合ですが、基本的な治療方法はとして2つあげられます。 猫の歯に異常が見られる際や、顎のあたりを怪我してしまった際は不正咬合の可能性がありますので、どの治療が必要か、行きつけの動物病院で相談してください。

抜歯

アンバランスな歯並びや乳歯遺残などによる不正咬合は、抜歯による治療が効果的です。特にクロスバイトの場合は、抜歯することで口蓋が傷つくことを防ぐことができます。 オーバーバイトやアンダーバイトの場合にも、口蓋に当たる歯をあらかじめ抜いておくことで口内が傷つくのを防ぎ、歯周病を予防することができます。 また、もともと生え方に異常がある乳歯は、乳歯遺残を防ぐためや、永久歯が変な方向に生えないようにするために、抜く必要があります。

矯正

永久歯が生えそろってしまっている場合には、抜歯ではなく矯正によって歯並びを治すことが多いです。 具体的な方法としては、シリコンのチェーンを歯と歯に繋げ、引っ張ることで矯正する方法や、レジンを歯につけ、猫の噛む力で歯を正しい方向に向けるインクラインプレインと呼ばれる方法が主流です。 高い専門性を求められるため、矯正治療を行うことのできる動物病院はごく限られています。

不正咬合は予防できる?

猫,歯,不正咬合,噛み合わせ,抜歯,矯正,健康 上記で紹介した治療方法は不正咬合の予防策として用いられることもあります。 乳歯遺残などを防ぐために、歯の生え変わる生後3〜6ヶ月齢頃には、歯並びに異常がないかを動物病院で確認しておくことが大切です。 また、品種によっては遺伝による先天性の不正咬合を持つ猫もいます。その際には、成長するにつれ、歪んでしまっている顎や歯が猫の口蓋を傷つけていないか定期的に確認しましょう。 ペットショップやブリーダーから迎えた猫の場合は、あらかじめ不正咬合であるかどうかについて説明されるかと思います。 保護団体から迎えるような場合は、去勢や不妊手術の際に動物病院でチェックしているかもしれないので、聞いてみると良いでしょう。 前もって知っておくと診察の際にも説明しやすく、また予防もしやすいため、自身の猫の歯の状態をしっかりと把握しておくようにしましょう。

まとめ

猫,歯,不正咬合,噛み合わせ,抜歯,矯正,健康 今回は、猫の不正咬合についてご紹介しました。 直接命に関わるものではないですが、放置しておくと口の中が傷つき、歯周病などの病気を引き起こす原因となります。 また、痛みからご飯を食べることを嫌がり、栄養不足や免疫力の低下にも繋がります。そのため、歯が生え変わる時期には特に、歯並びに注意してあげましょう。

【クイズ】犬の何%が患っている?歯周病とデンタルケアの重要性

人間の歯周病対策の必要性はよく知られていますが、今や犬にとっても歯周病は一般的でよく見られる疾患です。犬の歯周病はどんな疾患で、どのようなケアをすればいいのでしょうか。

本記事では、犬のデンタルケアについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬のデンタルケアクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の歯周病について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「犬は人間と比較して虫歯になりやすい」です。
犬は人間と比較して虫歯になりにくいと言われています。これは犬の唾液が弱アルカリ性であるためですが、一方でこのアルカリ性の唾液によって速いスピードで歯垢が歯石に変化してしまうという欠点もあります。

3歳以上の犬の約80%が歯周病を患っているというデータもあり、犬のデンタルケアは欠かせません。歯周病は歯垢や歯石中に存在する細菌が原因です。
Q.2 犬の歯周病の症状について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「歯周炎が進行すると歯肉炎になる」です。
犬の歯周病は、歯肉が腫れる歯肉炎と、歯を支えている歯周組織の炎症である歯周炎に分けられます。歯肉炎が進行すると歯周炎となり、歯が抜けたり顎の骨が折れたりします。

歯周病は、呼吸器や循環器などの全身の状態に影響を及ぼします。
口と鼻は解剖学的に近い位置にあるため、口腔内の炎症が鼻の中に波及することはよくあります。また、口腔内の細菌が血液を循環し、心臓や腎臓で繁殖することで心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
Q.3 犬のデンタルケアの仕方として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「子犬のときは歯磨きは不要」です。
犬の健康を維持する上でデンタルケアは欠かせません。成犬になってからも歯磨きを嫌がらないように、子犬の頃から歯磨きに慣れさせておきましょう。

最初は口の周りを触る程度にし、少しずつ時間をかけて歯ブラシに慣れさせてあげてください。どうしても歯ブラシを嫌がるようであれば、指にガーゼを巻いて歯磨きペーストをつけて拭いてあげるだけでも立派なデンタルケアになります。

歯磨きガムでは、一部分の偏った部位の歯垢しか除去できません。あくまでもメインは歯ブラシで行い、補助やストレス解消として歯磨きガムを使用することをおすすめします。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
獣医師が教える子犬のしつけ②〜デンタルケアで口から健康づくり
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【獣医師監修】犬の口臭の原因は?考えられる6つの病気と対処法

犬の飼い主のみなさんは、ふとした時に「なんだか愛犬の口が臭うな…」と感じたことがあるかもしれません。 犬も生きているので、ある程度ニオイがあるのは仕方ありません。しかし、ヒトの鼻で「クサイ」と感じるのは明らかな異常と言えます。 「たかが口臭」と侮ってしまいがちですが、本当にそれで大丈夫なのでしょうか。本記事では、犬の口臭について獣医師が詳しく解説していきます。

犬の口臭の原因

犬,口臭,原因,病気,口,歯,歯周病 口臭の原因で最も一般的なものは、口腔内細菌の産生する揮発性ガスです。 このガスは、口腔内の細胞、唾液、歯垢中のアミノ酸や蛋白質が分解されることで発生します。 正常な口腔内では細菌の数も一定に保たれており、その細菌の産生するガスもそれほど問題にはなりません。しかし、口内炎や歯周病などによって口腔内細菌が異常増殖すると、産生されるガスも増加し、口臭となって現れます

口腔内疾患だけではない

口の中は問題なさそうなのに、口が臭うということもあります。実は、口臭の原因は口腔内疾患だけではなく、口へ繋がる胃腸や、肝臓、腎臓といった他臓器の病気でも認められることがあります。 また、フードの劣化によっても口のニオイが気になることがあります。最近では、大きな袋の中でフードが小分けになっているものもあります。開封した後はできるだけ早く食べきるようにしましょう。

口臭によって考えられる疾患

犬,口臭,原因,病気,口,歯,歯周病 では、犬の口臭が認められた場合、具体的にはどのような疾患が考えられるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

歯周病

歯周病は犬における最も一般的な疾患で、3歳以上の犬の80%に見られると言われています。犬はヒトよりも歯垢が歯石に変化するスピードが速く、歯石の隙間で細菌が異常繁殖することが歯周病の原因となります。 また、細菌によって歯肉に炎症が起こり、唇をめくってみると歯茎と歯の境目が赤く見えます。さらに、歯周病が進行すると、鼻汁やくしゃみといった別の問題が引き起こされます。 歯周病の予防には定期的な歯磨きが有効ですので、なるべく早い時期から実践してみるといいでしょう。
獣医師が教える子犬のしつけ②〜デンタルケアで口から健康づくり

口腔内腫瘍

口の中に腫瘍がある場合も、炎症によって口腔内細菌のバランスが崩れることがあります。 特に、悪性腫瘍(扁平上皮癌や悪性黒色腫など)の場合は、歯肉組織の他に骨組織も破壊するため、口臭が顕著になる傾向にあります。 腫瘍の場合、口臭のみが症状として現れることは稀で、他にも食欲低下や口の痛みが見られることが多いです

胃腸炎

胃酸の逆流により、酸っぱいニオイがすることがあります。 嘔吐の後も酸っぱいニオイになるので、吐物が確認できなくても吐いたかどうかの目安になります。

腎疾患

腎機能の低下によって、尿として体外に排泄されるはずの毒素が体内に蓄積することで、口から独特のニオイがするようになります。 しかし、腎疾患の場合、口臭の前に多尿や多飲といった症状が現れることがほとんどですので、口臭が認められた場合はかなり病状が進行している証拠です。

肝疾患

肝臓には、タンパク質の摂取によって生じたアンモニアを解毒する働きがあります。肝機能の低下によって解毒作用が落ちると、体内を毒素が循環し、口臭が認められます。 肝疾患もまた腎疾患と同様に、口臭が認められたらかなり病状が進行していると考えられます。 これらの疾患では、口臭の前に食欲の変化などが見られることがほとんどですので、見逃さないようにしましょう。また、定期的に健康診断を受けることで病気の早期発見に繋がります。

腸閉塞

異物や腫瘍、腸捻転などによって腸の閉塞が起こると、本来大腸を通過して肛門から排泄されるはずの便が溜まり、口から便臭がすることがあります。 多くの場合、その前に嘔吐や食欲廃絶が見られますが、腸閉塞と診断された時は緊急手術が必要です

犬の口臭は早めの対処を

犬,口臭,原因,病気,口,歯,歯周病 日常生活において、特に他の症状を伴わずに口臭があらわれた場合は、ほとんどが歯周病です。ではそんな時、飼い主さんはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

すぐに動物病院へ

内臓疾患でも消化器疾患でも、早期に治療を行うことが最も重要です。診断や治療が遅れて良いことは何もありません。 また、歯周病も放置すると、下顎骨骨折や心内膜炎などを併発する恐れがあるため、侮ってはいけません。口臭に気付いた時は、なるべく早めにかかりつけの獣医師さんに相談してみましょう。

デンタルケアで日頃から予防を

歯周病は、定期的なデンタルケアによって予防できます。 歯石の除去には全身麻酔が必要であることからも、普段からのデンタルケアはとても重要です。 歯磨きは、できるだけ子犬のうちに慣れさせましょう。成犬の場合は慣れるまでに時間がかかりますが、少しずつ段階を踏んで練習していきましょう。

定期的な健康診断で病気の早期発見を

また、健康診断を定期的に受けることで、内臓疾患の早期発見が可能です。 シニアと言われる7歳を超えたら、半年に1回は健康診断を受けるようにしましょう。

まとめ

犬,口臭,原因,病気,口,歯,歯周病 見逃してしまいがちな愛犬の口臭ですが、決して甘く見てはいけません。口臭に気づいたら、早めに獣医師さんに相談しましょう。口臭を伴う病気の予防・早期発見には、日頃のデンタルケアや定期的な健康診断も有効です。 日常生活で愛犬と触れ合う中で、五感を使って小さな変化にも気付いてあげられるといいですね。

獣医師が教える子犬のしつけ②〜デンタルケアで口から健康づくり

動物は食べることでエネルギーを摂取しますが、口腔内の環境が悪くなると食欲の低下に繋がり、健康を損なってしまいます。 人間のデンタルケアが大事なように、犬についても健康を維持する上でデンタルケアは欠かせません。しかし、成犬になってから歯磨きを始めるのは少し大変。できれば子犬の頃から歯磨きに慣れさせておきたいものです。 本記事では、犬にデンタルケアの必要性と、具体的な方法について解説していきます。

意外と多い犬の歯周病

人間と同様に犬の歯周病は非常に多い 人間の歯周病対策の必要性はよく知られていますが、今や犬にとっても歯周病は一般的な疾患。現在、3歳以上の犬の約80%が歯周病にかかっているというデータもあるのです。 では、そもそも犬の歯周病はどんなものでしょうか。 原因や症状について見てみましょう。

犬の歯周病の原因

犬の歯周病は歯肉が腫れる歯肉炎と、歯を支えている歯周組織の炎症である歯周炎に分けられますが、どちらも歯垢や歯石中の細菌によって引き起こされます。 犬は人間と比較して虫歯になりにくいと言われています。 これは犬の唾液が弱アルカリ性であるためですが、一方でこのアルカリ性の唾液によって速いスピードで歯垢が歯石に変化してしまいます。 歯石は通常の歯磨きでは除去が難しいため、歯石の細かい隙間に細菌が繁殖しやすい環境ができます。その細菌が原因で歯周病が発生するのです。 歯石を除去する処置は麻酔下で行うことが望ましいため、犬にとって大変な負担になります。愛犬のためにも毎日しっかり歯の汚れを落としてあげることが大切です。

歯周病の症状

犬の歯周病の具体的な症状

歯肉炎

まずは歯肉炎が起こります。 歯茎の炎症によって、口臭、食欲の低下、歯茎からの出血などが現れ、固いものを食べにくそうにします。

歯周炎

歯肉炎が進行すると歯周炎となり、歯が抜けたり顎の骨が折れたりします。 歯周炎まで進行するまでに動物病院を受診されることがほとんどですが、口腔内の異常になるべく早く気づけるよう、普段からデンタルケアの際に口の中の様子を確認しましょう。

歯周病と他疾患の原因にも

歯周病は口腔内の環境だけでなく、呼吸器や循環器などの全身の状態に影響を及ぼします。 口と鼻は解剖学的に近い位置にあるため、口腔内の炎症が鼻の中に波及することはよくあります。すると鼻炎の症状として、くしゃみ、鼻汁などが現れます。さらに進行すると根尖膿瘍(こんせんのうよう)となり、頬の皮膚に穴が空き、そこから膿が出ることもあります。 また、口腔内の細菌が血液を循環し、心臓や腎臓で繁殖することで心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。

歯周病を予防するためにもデンタルケアは重要!

これら歯周病の原因は、歯垢が歯石に変化すること、そこで細菌が異常繁殖することです。 つまり、日々のデンタルケアによって歯垢を除去していれば、歯周病は予防することが可能です。 大きな病気に進展する前に、デンタルケアの習慣をつけていきましょう。 子犬の時期に始めることが理想ですが、成犬でもゆっくりステップを踏めばできるようになりますので、これまでデンタルケアの習慣がなかった方もこれを機に始めてみることをおすすめします。

デンタルケア・歯磨きの仕方

日々のデンタルケアの方法を紹介 歯周病がどんなものかわかったところで、具体的にデンタルケアの方法を紹介します。 お家でも簡単にできるので、試してみてください。

ステップ1. 口の周りを触ってみる

まずは顔周り、特に口の周りを触らせてくれるようにしていきます。 犬は鼻先や口の中を触られることを嫌がりますので、いきなり顔ではなく、頭を撫でて褒めることを繰り返していき、徐々に口に近づけていきます。その際に、犬を飼い主さんの膝の上に乗せてあげて安心感を与えてあげるといいかもしれません。 口の周りを触れるようになったら、唇をめくって全ての歯を見せてもらえるようにします。 このステップが一番重要です。焦らずに、犬が嫌がらない程度に習慣づけていきましょう。

ステップ2. 指にガーゼを当ててみる

口の周りを触ることに慣れてきたら、指に市販のガーゼを巻いて歯に触ったり、歯茎をマッサージします。 この時、歯の内側も触れるといいですね。動物病院などにある歯みがきペーストを用いれば、これだけでも立派なデンタルケアとなります。 おすすめの歯みがきペーストはこちらです。
ビルバック (Virbac)
¥1,995 (2022/06/29 23:12:07時点 Amazon調べ-詳細)

ステップ3. 歯ブラシに慣れさせる

ガーゼだけでは歯の隙間の歯垢を除去することは困難なため、できれば歯ブラシを使用します。 まずは歯ブラシを好きになってもらいます。少しかじらせたりして、壊れてもよい歯ブラシをおもちゃ代わりに遊んであげましょう。 遊ぶ際は誤飲を防ぐために、絶対に目を離さないでください。

ステップ4. 歯磨きで歯を磨いてみる

歯ブラシに対する抵抗がなくなってきたら、実際に歯を磨いていきます。 力を入れすぎず、歯茎を傷つけないように歯ブラシで優しく歯を撫でてあげる感覚です。長時間我慢ができない子は、上の奥歯や犬歯といった歯垢が付着しやすい箇所を重点的に磨きます。 使用する歯ブラシは、毛先が固すぎないものが望ましいです。どうしても歯ブラシを嫌がってしまう場合は、無理をせずにガーゼを用いたデンタルケアに切り替えましょう。 こちらの歯ブラシがおすすめです。
ビルバック (Virbac)
¥970 (2022/06/29 23:12:08時点 Amazon調べ-詳細)

歯みがきガムは有効?

犬のデンタルケアに歯みがきガムは有効か? 噛むことで歯垢を物理的に落とす効果が得られるガムがあります。 噛ませるだけで手軽なこともあり、利用する人も多いのではないかと思いますが、ガムでは一部分の偏った部位の歯垢しか除去できません。 あくまでもメインは歯みがきで、補助やストレス解消として歯みがきガムを使用することをおすすめします。 また、市販のガムより動物病院でのみ購入できるものが良いでしょう。こちらの歯みがきガムはおすすめできます。
グリニーズ
¥2,999 (2022/06/29 23:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

日々のデンタルケアを欠かさず食べる喜びをいつまでも デンタルケアは日常でとても大切な習慣ですが、一方で「たかが歯周病」と考える人がいることも事実です。人間でもそう考えている方は多いのですから。 しかし、その結果、苦しむのは愛犬だということを忘れてはいけません。 現在、犬の寿命も延びてきています。健康に毎日を過ごすためにも、飼い主にできることをしてあげましょう。そして、愛犬の食べ物を食べる楽しみ、健康に生きる権利を守ってあげてください。

獣医師が教える子猫のしつけ②〜オーラルケア

子猫のうちにやっておくべきしつけ①として、前回は子猫をキャリーケースに慣れさせる方法をご紹介しました。 https://cheriee.jp/cats/19590/ 今回のテーマは、オーラルケアです。 「身体の健康は歯の健康から」というように、人間と同様、猫にとっても健康維持のためには歯のケアが重要となっています。歯みがきなどのオーラルケアを子猫のうちから習慣づけることは、猫の生涯の健康を守る上でとても大切なことです。 それでは、オーラルケアの重要性や、オーラルケアのコツなどを見ていきましょう。

猫と歯周病

猫の歯周病は近年増加傾向にある 近年、猫の歯周病が増加しています。歯周病とは、歯肉に炎症がおきる歯肉炎と、その下部にある歯周組織に炎症がおきる歯周炎を総称したものです。よく耳にする歯槽膿漏などもこれに当たります。 では、歯肉炎や歯周炎とは具体的にどのようなものなのか、どんな症状が出るのかを見ていきましょう。

1. 歯肉炎

歯肉炎とは、歯と歯茎の境目におきる炎症で、歯周病の最初の段階です。 正常な歯肉はピンク色ですが、歯肉に炎症が起こるとそこが赤く腫れます。すると口腔内に痛みや不快感が生じ、食欲不振、固いものを食べなくなる、よだれが出る、口臭がするなどの症状が現れます。 特に、猫は口の中の痛みに敏感な動物と言われているので、軽度の炎症であっても食欲が落ちることは少なくありません。

歯肉炎の原因は細菌

歯肉炎の主な原因は、口腔内や歯垢(歯石)の中の細菌にあります。 人間の唾液が弱酸性なのに対して、猫の唾液は弱アルカリ性です。このため、歯垢にカルシウムの沈着が起こりやすく、これが後に歯石となります。

歯石の隙間は細菌が繁殖しやすい

歯石の隙間には細菌が繁殖しやすくなるので、歯肉に対して炎症が起こります。歯石の除去には痛みを伴うこともあるので、麻酔下での処置が必要となります。
また、猫免疫不全ウイルスや猫白血病ウイルスなどによって、猫の免疫力が低下していると、歯肉炎を始めとする歯周病にかかりやすくなります

2. 歯周炎

歯肉炎が進行すると、歯茎の下の組織に炎症が波及します。これを歯周炎と言います。 さらに口臭がひどくなり、歯が抜け落ちることもあります。炎症は進行し、顎の骨に達すると下顎骨骨折を引き起こすこともあります。

3. 歯根膿瘍

歯根膿瘍は細菌によって歯の根元に膿が貯留する状態です。 進行すると、口の中で歯茎に穴があく内歯瘻や、頬の横の皮膚に穴があく外歯瘻が生じます。 開いた穴からは膿や血液が排出されます。また、膿などが鼻腔に抜けるため、くしゃみや鼻汁といった一見すると口のトラブルとは関係ないような症状が見られます。

歯周病と他の疾患との関連性

歯周病は口腔内だけの問題ではありません。 歯石内で繁殖した細菌は、血流に乗って体の各臓器に運ばれます。特に、静脈血に乗って最初に細菌が到達する心臓では、細菌性心内膜炎などを発症する可能性があります。さらに細菌は心臓から腎臓や肝臓に達し、腎不全や肝不全を引き起こすこともあります。 前述した免疫不全状態にある猫や、高齢猫ではこれら感染症のリスクは高まります。

オーラルケアはとても大事!

猫のオーラルケアの基本は歯みがき 歯周病の危険性については理解していただけたかと思います。 大切なのは歯周病を予防することであり、歯みがきを始めとするオーラルケアは非常に効果的です。 歯みがきは、物理的に歯垢を除去する最も確実な方法です。 猫の歯垢が歯石に変化するスピードは速く、およそ2〜3日と言われています。歯みがきはできるだけ毎日行うことが望ましいです。 しかし、顔の周りを触られることを嫌がる猫はとても多いため、子猫のうちから口の周りに触れることを慣れさせる必要があります。 成猫でも慣れさせることはできますが、子猫の時期の方が柔軟に物事を受け入れてくれることが多いように思います。

歯みがきに慣れるまでのステップ

歯みがきに慣れるようにステップでトレーニングを

1. まずは口を触られることに慣らそう

初めは、おやつなどを使って気をそらしながら行うと上手くいくかもしれません。 まずは口を触られることに慣れてもらい、全ての歯を見られるくらいに口を触らせてもらうのがこのステップのゴールとなります。

2. ガーゼで歯に触ってみよう

口を触らせてくれるようになったら、いきなり歯ブラシなどの道具を使って歯みがきをするのではなく、ガーゼを指に巻いて口や歯に触ることから始めると良いでしょう。 毛先の硬い歯ブラシで歯茎を痛めてしまっては良くないので、その点でもやわらかいガーゼを用いた歯みがきは有効的と言えます。

3. 猫用の歯ブラシで磨こう

人間用の歯ブラシは、毛先が硬く、猫の歯茎を痛めてしまうことがあります。ガーゼで歯みがきができるようになったら、犬猫用の歯ブラシを使って歯みがきをしてみましょう。 猫用の歯ブラシは、コチラがオススメです。
C.E.T.®デンタルブラシ https://jp.virbac.com/products/dental/toothbrush

歯みがきは根気強く

歯みがきに焦りは禁物です。徐々に根気強く慣れさせることが歯みがき成功の秘訣です。 また、性格によっては歯みがきが困難なこともあります。ケガには十分に気をつけて、無理のない範囲で行うことで、猫との関係を悪化させずにすみます。

歯みがきペーストも効果的

猫の歯みがきペーストを使うことも選択肢の1つ 歯みがきの時間を楽しいと思ってもらうために、歯みがきペーストを使用するのもいいかもしれません。 歯みがきペーストと聞くと人間の歯みがき粉のようなイメージを持たれるかもしれませんが、研磨剤は入っておらず、歯みがきの後に水ですすぐ必要もありません。 また、塗るだけで有効なものもあるので、飽きっぽい性格の猫、歯ブラシが苦手な猫にも最適です。歯みがきペーストには様々なフレーバーがあるので、これも飽きっぽい猫には嬉しい点です。 ビルバックの歯みがき粉は、チキンフレーバー、シーフードフレーバー、バニラミントフレーバーなど、猫が好むフレーバーが揃っており、指につけてなめさせるだけでも効果があるのでオススメです。
C.E.T.®歯みがきペースト https://jp.virbac.com/products/dental/dental-paste

まとめ

猫の歯みがきを習慣づけて歯周病ケアを 症状の有無にかかわらず、動物病院を受診する猫の多くに歯肉炎が見られます。これは、猫に対するオーラルケアの習慣が、まだまだ浸透していない証拠です。 口腔内の痛みを感じさせることなく、年をとっても美味しく食事をさせてあげるために、子猫のうちから歯周病予防のためのオーラルケアを習慣づけることが大切です。 愛猫の体を知り、正しい健康管理をしてあげることで、また一つ絆が深まるでしょう。