猫のベッド選びのコツとは?素材や形状、置き場所をチェック

猫は1日の大半を眠って過ごす動物です。そのため、くつろいで眠れるベッドを用意してあげることは重要です。

ただし、猫のベッドといっても素材や形状はさまざまで、愛猫にはどのようなベッドがいいのか迷うときもありますよね。特に警戒心の強い猫は、ベッドの置き場所も大切です。

そこで、今回は猫のベッド選びや置き場所選びのコツを解説します。

猫のベッド選びのポイント

猫,ベッド,グッズ,マットレス,カドラー,ハンモック,ケージ,お手入れ,段ボール
猫のベッドはさまざまな種類が販売されています。形状や猫の大きさや頭数もチェックしましょう。お手入れが楽なベッドがおすすめです。

1. ベッドの形状で選ぶ

猫用ベッドの形状は、マットレスタイプ、カドラータイプ、ドームタイプ、ハンモックタイプがあります。

マットレスタイプ

マットレスタイプは、座布団のようなシンプルな形状です。猫が体を伸ばして眠れます。
フカフカで体がうずもれるように沈むタイプや低反発マットレスタイプなど、猫の好みに合わせて選びましょう。クレートで寝る猫には、クレートのサイズに合わせて選びます。

PEPPY(ペピイ)
¥7,920 (2024/06/14 07:29:41時点 Amazon調べ-詳細)

カドラータイプ

フチが高くなっているベッドです。四角いタイプや丸いタイプがあります。あごを乗せたり、もたれたりするのが好きな猫におすすめです。

ドームタイプ

身を隠せるだけでなく体がすっぽり包まれるので、猫が安心して眠れます。怖がりな猫やお布団に潜り込むのが好きな猫、寒がりの猫にもおすすめです。ドームタイプの中には、屋根を平らにつぶしてベッドとしても使える2WAYタイプもあります。

わらや籐でできた「ねこちぐら(ねこつぐら)」は、夏は涼しく冬は温かく1年を通して使えます。

ハンモックタイプ

ケージに取り付けるタイプや自立タイプがあります。高いところが好きな猫におすすめです。
ケージに取り付けるタイプは、事故防止のためにも耐荷重やサイズをよく確認してから購入しましょう。

自立タイプのハンモックベッドは、グラグラしないしっかりしたものを選びます。

2. 大きさをチェック

ベッドの大きさも確認します。メインクーンやラグドールなど大型の猫は、サイズに注意が必要です。多頭飼いで猫同士がくっついて寝る場合も、大きめのベッドを用意してあげましょう。

3. 季節や気温に合わせて選ぶ

室内で過ごす猫も気温の影響を受けます。暑さや寒さで体調を崩さないように、ベッドも気温や季節に合わせて選びましょう。夏は、ひんやりした感触やさらっとした素材のベッドがおすすめです。

秋から冬は適度な厚みがあり、ボア生地やマイクロファイバーなど温かい素材でできたベッドで保温してあげましょう。

4. お手入れしやすいものを選ぶ

ベッドはお手入れがしやすいものを選ぶのもコツ。粗相や毛玉吐き、皮脂などで、ベッドは汚れます。洗濯できるものを選びましょう

カバーだけが洗えるタイプや、丸ごと洗濯できるタイプがありますが、粗相や吐くことが多い猫は、丸ごと洗える方が清潔を保てるでしょう。長毛種の猫が使う場合は、抜け毛がつきにくいタイプや取り除きやすいタイプにするとお手入れが楽です。

猫のベッドの置き場所

猫,ベッド,グッズ,マットレス,カドラー,ハンモック,ケージ,お手入れ,段ボール
猫は警戒心が強く、デリケートな動物です。置き場所も配慮してあげましょう。

静かな場所に複数置く

テレビの横やトイレのすぐ近くは避け、猫がリラックスできる静かな場所にベッドを複数置きます。複数のタイプを用意して設置すると、「夜はドームに入って眠る」「暑い日はマットタイプで眠る」など猫がベッドを選べます。

洗濯をした場合やベッドが傷んで廃棄することになった場合、スペアになる点もメリットです。特に好んで寝るベッドがあれば、そこが猫の好きな場所だとわかります。多頭飼いの場合は、ベッドの取り合いが起きるので最低でも頭数分は設置してください。

ケージの中に置く

猫用ケージは、猫が縄張りとして使えるアイテムです。猫が安心できる場所になるので、中にベッドを置いてあげましょう。猫の飼い始めはもちろん、途中からでもケージの設置はおすすめです。

来客時や他の猫を保護した際など猫が興奮しやすいシチュエーションでも、ケージのベッドがあれば落ち着いて眠れます。3段程度の高さがあるタイプがいいでしょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥25,900 (2024/06/14 07:29:45時点 Amazon調べ-詳細)

猫がベッドを使ってくれないとき

猫,ベッド,グッズ,マットレス,カドラー,ハンモック,ケージ,お手入れ,段ボール
せっかくベッドを買ったのに、猫が見向きもしないときがあります。無理やり乗せたり入れたりせず、しばらくは次の方法を試して様子を見てあげましょう。時間が経ってから、突然使い始めるときもあります。

匂いをつけてみる

ベッドに猫の匂いを付けると、安心して使う場合があります。猫の顔や体を拭いた乾いたタオルを、ベッドにこすりつけてみてください。このとき、猫の顔や体はゴシゴシ強くこすらず、そっとふき取るようにしましょう。

猫用フェロモンを使うのも効果が期待できます。動物病院で相談してください。

場所を変えてみる

ベッドを使わない場合は、設置した場所が気に入らないケースもあります。「窓際で、すきま風が入って寒い」「ドアの近くでうるさい」などが原因になる場合も。定期的に場所を変更してみてください。

猫用ベッドは定期的に確認・お手入れを

猫,ベッド,グッズ,マットレス,カドラー,ハンモック,ケージ,お手入れ,段ボール
猫用ベッドは、ほつれや汚れがないか定期的に確認しましょう。ベッドにほつれや穴あきがあると、誤飲のリスクが高まります。ほつれや穴あきがある場合は、廃棄するようにしてください。糸や中綿を食べてしまった場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。

粗相や抜け毛などの汚れを放置すると、カビやダニなどの原因に。洗濯や天日干しなどで清潔を保つようにしてください。

お気に入りの段ボールなどは捨てない

猫,ベッド,グッズ,マットレス,カドラー,ハンモック,ケージ,お手入れ,段ボール
猫が気に入っている段ボールがある場合は、ベッドを買ったからといって廃棄するのはやめましょう。

部屋をきれいに片付けておきたい飼い主さんにとっては、あまり好ましくないかもしれません。しかし段ボールを好む猫は、いつも置いてあると落ち着けるのです。

まとめ

猫,ベッド,グッズ,マットレス,カドラー,ハンモック,ケージ,お手入れ,段ボール
猫が快適にぐっすり眠れるように、ベッドを選んであげましょう。猫のベッドは、マットレスタイプ、カドラータイプ、ドームタイプ、ハンモックタイプなどが販売されています。

それらを猫の好みや大きさ、頭数に合わせて選びましょう。複数のタイプを用意して部屋のあちこちに置くと、好きなときに好きなベッドで猫が眠れます。設置する際は、静かで落ち着ける場所を選んでくださいね。

猫がベッドをなかなか使わない場合は、匂いを付けるなどして様子をみてみましょう。傷みや汚れがないかも定期的に確認し、安全、清潔に使えるように配慮してください。

猫が段ボールを好きな4つの理由とは?かじってしまう際の対処法も

猫が段ボール箱にすっぽり収まっている姿はとても可愛らしいですよね。段ボールを見ただけでダイブしてしまう猫もいるほどです。

また、段ボールに入るだけではなく、かじってボロボロにしてしまう猫もいるため、誤飲の危険など心配にもなりますよね。

今回は、猫が段ボールが大好きな理由と、かじってしまう際の対策をご紹介します。

猫が段ボール箱を好きな理由は?

猫,段ボール,好き,かじる
多くの猫を夢中にさせる段ボール。どうして猫はそこまで段ボールに入りたがるのでしょうか。その4つの理由を見ていきましょう。

1.狭くて薄暗くて、安心できる

習性として、猫は薄暗く狭い場所を好みます。
野生時代、狩りをするために待ち伏せしたり、外敵に見つからないように身を潜めるために、茂みや木陰などにひっそりと体を隠していました。

人間とともに室内で暮らすようになってからも、安心できる場所として体を密着させることのできる段ボールや紙袋、桶などを好んでいるのだと考えられます。

2.好奇心

好奇心旺盛な猫は、目新しいものや嗅いだことのない匂いに敏感です。
配達されてきたばかりの段ボールや、中に何かが入っていた段ボールはそんな猫たちの恰好の的になります。

匂いを嗅いでみたり、中に入ってみたりして楽しんでいるのかもしれませんね。

3.夏はひんやり、冬は暖かい

段ボールは保温性と通気性に優れており、また耐久性もあるため、キャットハウスに適しています。
夏場は涼しく、冬場は暖かいため、猫もリラックスしてくつろぐことができるのでしょう。

4.爪研ぎ

段ボールは爪研ぎとしても使われるようです。
猫は爪のお手入れ以外にも、ちょっとしたストレスや退屈の解消や気分転換のために爪研ぎをします。

安心する箱の中でリラックスしながら、爪を研ぐのも猫が段ボールを好きなポイントなのかもしれません。

猫が段ボールをかじってしまうのはなぜ?

猫,段ボール,好き,かじる
猫が段ボールを好む理由はたくさんありますが、中には段ボール箱に入るだけではなく、かじってしまう猫もいます。
ここでは、猫が段ボールをかじってしまう4つの理由をご紹介します。

1.生え変わりで歯がかゆい

子猫の歯は生後3〜6ヶ月で生え変わります。
この時期は歯の周辺がかゆくなり、段ボールやタオル、飼い主さんの手など様々なものを噛んで、かゆみを軽減させようとします。

段ボールは子猫にとって程よい硬さのため、好んで噛むことが多いのかもしれません。

2.ストレス解消

ストレスが原因で段ボールをかじることがあります。

猫は環境の変化や不満がある場合、気持ちを落ち着かせるために何かをかじることがあります。
普段から猫の様子を観察し、ストレスの原因を取り除いてあげましょう。

3.段ボールの匂いや感触が好き

単純に、段ボールの匂いや感触が好きで思わず噛んでしまうという場合も考えられます。
段ボールをお気に入りのおもちゃとして遊んでいるのかもしれません。

さらには、段ボールに材質の似た茶色のクラフト紙を好む猫などもいるようです。

段ボールは誤飲の危険性がある

猫,段ボール,好き,かじる
猫が段ボールをかじるのは食べる目的ではありません。しかし、ちぎったカケラを誤って食べてしまうととても危険です。

段ボールは猫の体の中では消化されません。誤飲後に、嘔吐やうんちで上手く排出されなかった場合、消化不良で腸閉塞を起こし、開腹手術をしなければいけなくなることもあります。

そのため、段ボールをかじらせないようにする、あるいは、かじっても誤飲しないように工夫をする必要があります。

猫が段ボールをかじるの際の対策

猫,段ボール,好き,かじる
先述のように、猫が段ボールをかじると誤飲の危険性がありますし、ボロボロになった段ボールを掃除するのも大変ですよね。

猫が段ボールを誤飲するのを防ぐために、次の対策を取りましょう。

1.猫が噛んでも良いおもちゃを与える

段ボールの代わりに猫が噛んでも安全なおもちゃを用意してあげると良いです。
段ボールを取り上げるだけでは、猫のストレス解消や遊びの機会が減ってしまうだけなので、代わりのぬいぐるみなどを与えてあげましょう。


ペティオ (Petio)
¥643 (2024/06/14 07:08:21時点 Amazon調べ-詳細)

2.段ボールをテープで補強する・丈夫な段ボールに変える

猫が段ボールを楽しみながら、誤飲も防ぎたい場合は、テープで段ボールの補強を試みてください。

猫が噛んでしまうへりの部分などに、丈夫な布製のガムテープを貼り、簡単にかじり取られることを防ぎましょう。
それでも、柔らかい段ボールは壊れてしまうことがあります。硬くて丈夫な段ボールがある場合は、そちらを猫に与えるようにしましょう。

3.そもそも段ボールを置かない

上記の対策をしてもなお、段ボールをかみちぎってしまう場合は、段ボールを家に置いておかないようにしましょう。
通販などで段ボールが届いた場合は、すぐに折り畳んでしまえば、猫が入ってかじる心配もありません。

まとめ

猫,段ボール,好き,かじる
段ボールで猫がくつろぐのが好きな理由が分かっていただけたかと思います。猫にとって段ボールは、快適で安心できる場所なのでしょう。

かじってしまう場合、少しであれば問題ありませんが、引きちぎってしまうと誤飲の危険性があります。
猫が段ボールをかじって困っている場合は、別のおもちゃを与えたり、段ボールを補強したりして安全に遊ばせましょう。

猫の爪とぎって結局どれを買えばいいの?!おすすめの爪とぎとは。

爪とぎがありすぎる!!

白いベッドに寝る猫
猫の爪とぎってたくさん種類がありますよね。特に、猫は好き嫌いもあるし、無駄な買い物は避けたいところ…。

今回は、それぞれの爪とぎが違うの?結局何がおすすめなの?に答えていきます。

爪とぎは材質が重要

布のサンプル
爪とぎは、タイプ(キャットタワー、ウォールetc)も大事ですが、材質も大切です。猫の好みだけでなく、金銭面や長持ちするのかなど、様々な切り口で比較することができます。

王道なのは、このあとに紹介する「段ボール」と「麻縄」の2種類です。初めはこの2つを与えてみて、気に入った方をリピートするのが良いかもしれません。

安さNo.1段ボールタイプ

段ボールの爪とぎに乗る猫
爪とぎ素材界で、トップクラスの使用率を誇る段ボールです。最近は様々な商品が出ていて、スタイリッシュなものから、ベッドの形をしたおしゃれなものまであります。

ペットプロ
¥2,616 (2024/06/14 01:56:31時点 Amazon調べ-詳細)
by Amazon
¥1,728 (2024/06/14 01:56:32時点 Amazon調べ-詳細)

段ボールのメリット

  • 安い
  • 古くなったら簡単に捨てられる
  • 好む猫も多い(とはいえ、全く使わない猫もいる)
  • おしゃれなものも多い
カリカリーナ (Caricarina)
¥8,910 (2024/06/14 01:56:33時点 Amazon調べ-詳細)

段ボールのデメリット

  • 削り屑が出て、部屋が汚くなってしまう
  • 安いものだと、すぐボロボロになる

また、強い材質でできているもの(強化段ボールなど)は値段が少し高めですが、長期的に見れば経済的と言えるでしょう。また、普通の段ボールでは柔らかくて好きじゃないという猫ちゃんも、「これなら良い!」とハマってくれることがあるのだとか。

購入する際には、レビューを確認して、「どれぐらい保つのか」「どれぐらい削りカスが出るのか」をチェックすることをオススメします。

感触抜群、麻縄タイプ

キャットタワー、麻縄の爪とぎにしがみつく猫

マルカン
¥1,818 (2024/06/14 01:15:03時点 Amazon調べ-詳細)

段ボールと並んで定番人気なのが、麻縄の爪とぎです。外国で行われたとある調査では、猫が一番好きな爪とぎ素材は麻縄だったんだとか。

爪に引っかかる感触が、野生の木で爪とぎをするのに似ていると考えられます。

麻縄のメリット

  • 爪とぎをする感触が良い
  • 消耗したら、新しいものを巻き直せる

麻縄のデメリット

  • 細かいカスが出やすい

その他の爪とぎグッズ

カーペットタイプ

白いらぐとばら
カーペット生地を木材などに貼り付けてあるタイプです。メリットは「削りカスが比較的出にくい」という点です。今まで掃除に苦労してきた方は、検討してみる価値ありです。

マルカン
¥1,499 (2024/06/14 01:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

木材タイプ

木
木材タイプは、主に壁や柱を守りたい時に使います。部屋がボロボロになって困る!」という人にとって、助けてくれる商品になると思います。

猫ちゃんが喜ぶものを!

段ボールに入っている猫
これまで4タイプの爪とぎを紹介してきました。猫ちゃんって、飽きてしまったら気に入ってくれないと、すぐ「プイッ」とされてしまいますよね。

好んで使ってもらえる確率をあげるためにも、王道の爪とぎを選んだり、猫ちゃんに合わせて選んであげることが大切です。