猫を飼うとゴキブリがいなくなる⁉︎猫に安全な殺虫剤もご紹介!

「猫を飼うとゴキブリがいなくなる」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

これは一体どういうことなのでしょうか?また、もし本当にいなくなるとしたら、ゴキブリはどこへ行ってしまうのでしょうか?

今回の記事では、猫のゴキブリ退治事情や、猫がいる家庭での殺虫剤・駆除剤の選び方などをご紹介します。

「猫を飼うとゴキブリがいなくなる」って本当?

猫,ゴキブリ,退治,狩り
結論から言うと、基本的に猫を飼っただけではゴキブリがいなくなることはありません。

しかし、中にはゴキブリを捕まえる猫もいるため、その場合は「最近ゴキブリが減ったなあ」と感じるかもしれません。

捕まえたゴキブリは、弱らせたり殺したりしたまま放置することもあれば、食べてしまうこともあります。猫によっては、捕まえたゴキブリを「おみやげ」として飼い主さんの枕元に持ってくることもあるようですので、猫を飼うならそれなりの覚悟が必要です。

狩りは猫の本能

野生の猫は、ネズミなどの小動物や昆虫を食べて生きてきました。家猫は飼い主さんからごはんをもらえるので、自ら狩りをする必要はありませんが、動き回るゴキブリやセミなどを見ると、捕まえたい本能に駆られるのでしょう。

そもそも、猫がペットとして飼われるようになったのは、ネズミ退治のためとも言われています。

狩り好きゆえの侵略的外来種ワースト100

ゴキブリに限らず、猫は外に出ると遊びで小鳥や昆虫を傷つけてしまうことがよくあります。
狩りが好きな猫はただ楽しくてやっているだけですが、食べる必要がないのに殺したり弱らせてしまうのは、他の生き物にとっては大変迷惑な話です。

実際、猫は国際自然保護連合(IUCN)の種の保全委員会によって、世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれていて、生態系への深刻な影響が問題視されています。

猫が逆にゴキブリを呼び寄せることも

キャットフードの食べカスが落ちていたり、猫の糞尿を長時間放置してしまうと、逆にゴキブリが寄ってきてしまうことがあります。
猫の食事場所やトイレは、毎日こまめにしっかりと掃除をし、清潔に保ちましょう。

ゴキブリを捕まえる猫と捕まえない猫の違い

猫,ゴキブリ,退治,狩り
猫だからといって、みんながゴキブリを捕まえるわけではありません。中には、ゴキブリを怖がって近づきたがらない猫もいるため、飼う前から猫にゴキブリ退治を期待するのはやめましょう。

ゴキブリを捕まえる猫の傾向

もちろん猫にもよりますが、ゴキブリを捕まえる猫は比較的、野生の本能が強い傾向があります。
野生本能が強い猫の特徴には、次のようなものがあります。

  • おもちゃを素早く動かすとかなり食いつく
  • 野良猫出身など、外で暮らしていたことがある
  • 窓の外にいる鳥などによく反応する
  • 好奇心が旺盛で、初めて見るものにすぐ興味を示す

ゴキブリを捕まえない猫の傾向

逆に、ゴキブリを捕まえたがらない猫は、次のような特徴を持ちます。

  • おもちゃなど、動くものに興味を示さない
  • 子猫の時からずっと室内外で、あまり外にも出たがらない
  • 見たことのないものを警戒し、怖がる

猫はゴキブリを食べても大丈夫?

猫,ゴキブリ,退治,狩り
猫がゴキブリを食べることは、飼い主さんからすると気持ちが悪いことですが、基本的には猫の健康を害する心配は少ないです。

ゴキブリが原因でかかる可能性のある病気

しかし稀に、ゴキブリを食べたことが原因で体調を崩すことがあります。
ゴキブリそのものの成分は問題ありませんが、サルモネラ菌などの細菌や、回虫・条虫などの寄生虫を持っていることがあり、これらが猫の体内に入ると病気になってしまいます。

駆除剤で中毒になることも

また、時間差で効果が現れるゴキブリ駆除薬を設置している場合、ゴキブリを介して駆除薬が猫の体内に入り、中毒症状を引き起こすことがあります。
猫がいる家庭での駆除剤や殺虫剤の選び方は、次の章でご紹介します。

猫がいる家の殺虫剤・駆除剤選び

猫,ゴキブリ,退治,狩り

危険な殺虫剤・駆除剤

次のタイプの殺虫剤・駆除剤は、猫のいる家庭では使用を控えましょう。

  • 家中のゴキブリを一気に退治できる燻煙剤(例:バルサン)
  • ホウ酸団子系の食べる駆除剤(例:ゴキブリキャップ)
  • 粘着剤(例:ゴキブリホイホイ)←猫が届かないところならOK

安全な殺虫剤・駆除剤

薬を使わないで駆除する方法は最も安全ですが、薬を使った場合に比べて駆除の難易度が上がります。

  • 冷却スプレー
  • 熱湯
アースジェット
¥907 (2022/10/01 23:12:43時点 Amazon調べ-詳細)

ほとんど害のない殺虫剤・駆除剤

薬を使っている商品でも、哺乳類への害が少ないものなら使っても大丈夫でしょう。
ただし、使用の際は猫にかからないようにし、しばらく換気をしましょう。

  • ピレスロイド系のゴキブリ用殺虫スプレー(例:ゴキジェット・プロ)
  • フィプロニル系(例:ブラックキャップ)、ヒドラメチルノン系(例:コンバット)の食べる駆除剤


ブラックキャップ
¥463 (2022/10/01 23:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

猫,ゴキブリ,退治,狩り
「猫を飼うとゴキブリがいなくなる」というのは、野生の本能が強く狩りが好きな猫の場合は、十分にあり得る話だと分かりました。

猫のおかげでゴキブリが減るのは嬉しいことですが、猫がゴキブリを食べてしまったり、枕元に持ってきたりすることを考えると、やはり気持ちが悪いと感じる飼い主さんも多いでしょう。

猫の出した食べカスや糞尿につられてゴキブリがやって来てしまうこともありますから、ゴキブリ退治は猫だけに頼るのではなく、安全な駆除剤を使うなどして上手に減らしていきたいものです。

ペットがいるのにどう使う?殺虫剤、虫除けスプレークイズ!

秋も始まりかけたこの頃、虫たちの活動もまだまだ活発なのではないでしょうか?
普段何気なく使っている殺虫剤や虫除けスプレーも、もしかしたら大切なペットに影響を与えるかもしれません。
今回は、殺虫剤・虫よけスプレーによるペットへの影響と、使用する上で注意したい点についてクイズにしました。

それでは行ってみましょう!
Q.1 ほとんどの殺虫剤・虫よけスプレーには、虫に対して強い毒性のある「ピレスロイド系」という成分があります。この成分に耐性のある動物はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「哺乳類・鳥類」です。
ピレスロイド系の成分は、シロバナムシヨケギク(防虫菊)という植物から抽出される天然のものと、人工的に作られた化合物がありますが、いずれも哺乳類や鳥類への影響はほとんどないとされています。
ピレスロイド系成分は、殺虫剤・虫よけスプレー以外にも蚊取り線香や防虫剤などに使われています。
「ペット用防虫剤」「ペットがいても安心」と書かれている製品の「ペット」は犬と猫を指している場合が多いため、安易に使わない方が良いでしょう。
Q.2 殺虫剤・虫除けスプレーの使い方として、誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ペットのそばで使う」です。
殺虫剤・虫よけスプレーの使用する前に、なるべく部屋からペットを別の部屋に移動させてから使いましょう。
ペットのいる部屋で殺虫剤・虫よけスプレーを使用すると、ペットが興奮して殺虫剤・虫よけスプレーを大量に浴びたり吸い込んだりしてしまうかもしれません。
Q.3 犬、猫に対して使える虫除けスプレーとして、安心して使えるとされているものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「天然成分配合オーガニックスプレー」です。
ニームやシトロネラを始めとする5種の精油から作られたオーガニックスプレーは、精油の香りで虫を寄せ付けません。ケミカル・アルコールを使用していないので、舐めても安心です。
ただし、「香りで虫を寄せ付けない」という特性上、スプレーを嫌がるワンちゃん・猫ちゃんもいます。使い始めの頃は、くしゃみが止まらなかったり、鼻や目を地面にこすりつけたりしないかなど、よく観察してあげましょう。
問正解/ 問中
今回はこちらの記事から問題を作成しました。
詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
ペットがいても使っていいの?殺虫剤・虫除けスプレーの正しい使い方
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

ペットがいても使っていいの?殺虫剤・虫除けスプレーの正しい使い方

本格的に暑さを感じるようになってきたこの頃、虫の活動も活発になってきました。 みなさんのおうちでも、「殺虫剤・虫よけスプレー」の出番が増えてきたのではないでしょうか?そこで気になるのが、殺虫剤や虫よけスプレーのペットへの影響です。 今回は、殺虫剤・虫よけスプレーのペットへの影響と、使用する上で注意したい点について取り上げました。 殺虫剤・虫よけスプレーを正しく活用して、安全で快適に夏を乗り切りましょう!

殺虫剤・虫除けスプレーのペットへの影響

二匹の猫たち

哺乳類・鳥類にはほとんど影響しない

ほとんどの殺虫剤・虫よけスプレーには、虫に対して強い毒性のある「ピレスロイド系」という成分が使用されています。 このピレスロイド系の成分は、シロバナムシヨケギク(防虫菊)という植物から抽出される天然のものと、人工的に作られた化合物がありますが、いずれも哺乳類や鳥類への影響はほとんどないとされています。 ピレスロイド系成分は、殺虫剤・虫よけスプレー以外にも蚊取り線香や防虫剤などに使われています。

爬虫類・両生類・昆虫類・魚類は注意

哺乳類や鳥類にはピレスロイド系への耐性があることがわかりましたが、爬虫類・両生類・昆虫類・魚類を飼っている人は注意が必要です。 ピレスロイドがこれらの動物の体に吸収されると、麻痺や痙攣を起こし、最悪の場合、死に至る可能性もあります。ピレスロイド系の害虫対策グッズは、爬虫類・両生類・昆虫類・魚類のいる部屋では使用しないのが原則です。 「ペット用防虫剤」「ペットがいても安心」と書かれている製品の「ペット」は犬と猫を指している場合が多いため、安易に使わない方が良いでしょう。

誤飲には十分注意して

いくら哺乳類・鳥類には安全と言っても、誤飲には十分気をつけなければなりません。 大量に摂取してしまうと死に至ることもあるので、殺虫剤・虫除けスプレーは必ずペットの手の届かないところに保管しましょう。 万一、誤飲してしまったら、速やかに獣医師に連絡して指示を仰ぎましょう。

殺虫剤・虫除けスプレーの正しい使い方

虫除けスプレー 殺虫剤・虫よけスプレーは、正しく使えば哺乳類・鳥類のペットに悪影響はありません。 使用に際して、次のような点に注意して使用するようにしましょう。

換気して使おう

ペットがいる部屋でもいない部屋でも、殺虫剤・虫よけスプレーは換気しながら使用するのが基本です。 換気なしで使用すれば、殺虫剤・虫よけスプレーの成分だけでなく、匂いもこもってしまいます。とくに犬などの匂いに敏感なペットを飼っている場合は、少し長めに換気してあげましょう。

使用量を守ろう

殺虫剤・虫よけスプレーを使用する前に、必ず使用量を確認しましょう。 基本的なことですが、意外と確認を怠っている方は多いのではないでしょうか?使用量を守っていれば安全なはずの殺虫剤・虫よけスプレーですが、規定を超えてしまうと健康を害する危険性が高まります。 これはペットを飼っていても飼っていなくても気をつけたい点ですね。

よく拭こう

殺虫剤・虫よけスプレーを使用したあとは、床や壁から付着した殺虫剤・虫よけスプレーをよく拭き取りましょう。 匂いに敏感な動物は、殺虫剤・虫よけスプレーが残ってると気分が悪くなるだけでなく、殺虫剤・虫よけスプレーをなめてしまうかもしれません。

なるべくペットのいない部屋で

殺虫剤・虫よけスプレーの使用する前に、寝るべく部屋からペットを別の部屋に移動させてから使いましょう。 ペットのいる部屋で殺虫剤・虫よけスプレーを使用すると、ペットが興奮して殺虫剤・虫よけスプレーを大量に浴びたり吸い込んだりしてしまうかもしれません。

犬猫用の虫除けグッズ

水浴び犬 ここまで、ペットがいるご家庭で、人間が殺虫剤や虫よけスプレーを使用する際の安全性や注意点についてお伝えしました。 では、ペットに対して虫よけスプレーを使用できるのでしょうか?ここでは、犬猫が安心して使える虫よけをご紹介します。

オーガニックスプレー

ニームやシトロネラを始めとする5種の精油から作られたこちらのスプレーは、精油の香りで虫を寄せ付けません。ケミカル・アルコールを使用していないので、舐めても安心ということです。 ただし、「香りで虫を寄せ付けない」という特性上、スプレーを嫌がるワンちゃん・猫ちゃんもいます。使い始めの頃は、くしゃみが止まらなかったり、鼻や目を地面にこすりつけたりしないかなど、よく観察してあげましょう。

首輪に取り付けるタイプの虫よけ

首輪・リード・胴輪・キャリーバッグなどに簡単に取り付けられる虫よけです。 サイズは小さいですが、効力は70日間続くそうです。さらに、夜道で光る反射ディールもついています。

安全な虫対策を

蚊取り線香 今回は、殺虫剤や虫よけスプレーのペットへの影響と正しい使い方、そして犬猫用の虫よけスプレーをご紹介しました。 とくに夏場は虫の問題に悩まされがちですから、殺虫剤や虫よけスプレーを正しく活用して快適に夏を過ごしたいですね。