猫はどんな水飲み器が好き?好みを探ってお水を飲ませよう!

猫にとって水分補給は健康維持に欠かせません。飼い主さんとしては、しっかり水を飲ませたいですよね。猫がお水をあまり飲まない場合、もしかしたら水飲み器が好みではないのかもしれません。

実は猫は、食器同様「水飲み器」にもこだわりを持ちます。猫が好きな水飲み器を選べば、飲水量も増やせるかもしれません。

今回は、猫の水飲み器の選び方や置き場所などの注意点について解説します。

猫は水飲み器にもこだわる

猫,水飲み,水分補給,ヒゲ,自動給水器,水道水
食器と同じように、猫は水入れにもこだわりがあります。形状や素材などをチェックして好みを探りましょう。

深さをチェック「浅めのお皿」がおすすめ

多くの猫は浅めのお皿を好みます。猫はヒゲが敏感なので、容器に当たるのを嫌がります。その点、浅い容器ならヒゲが容器に触れにくく飲みやすいのです。

猫壱
¥3,420 (2024/03/01 06:40:49時点 Amazon調べ-詳細)

素材

陶器や磁器、ガラス、ステンレス、プラスチックなどがあります。陶器や磁器、ガラスを好む猫が多いようです。陶器や磁器、ガラス製は汚れもつきにくく倒れにくいのもメリット。キッチンのガラスボウルが好きな猫もいるようです。ただし、落とすと割れる危険性があります。

ヘルスウォーターシリーズ
¥2,075 (2024/03/01 06:40:50時点 Amazon調べ-詳細)

ステンレスは頑丈で洗いやすく、軽い点がメリット。ただ、冷たい感触などを嫌がる猫がいるかもしれません。

プラスチックは手軽で安価に手に入ります。表面に細かい傷がつきやすく、汚れが溜まりやすい点がデメリットです。

高さがあると飲みやすい場合も

ある程度高さのある水飲み器を選ぶのもおすすめです。高齢猫など、首を下げて水を飲む姿勢は負担になります。使っている水飲み器に高さがない場合は、台を置いて調節してあげましょう。

流れる水が好きな猫には自動給水器がおすすめ

水道水のような流れる水を好む猫もいます。その場合は、自動給水器タイプを置いてあげるといいでしょう。

自動給水器は、事前に容器に入れておいた水を循環させています。フィルターが付いているので、汚れも取り除けるのがメリット。水が跳ねて周囲に飛び散らないタイプがおすすめです。音が気になって飲まない場合もあるので、静音タイプを選びましょう。

自動給水器には電気が必要なので、コードを噛む癖がある猫にはコードレスを選びましょう。水が湧いてくるような自動給水器が好きな猫もいます。

ケージに入るときはケージ用が便利

留守番中など、ケージに入っている間は倒れない水飲み器があると安心です。ケージにしっかり取り付けるタイプを選びましょう。ボトルに目盛りが付いているので飲水量も確認できます。

ノズルの先をなめて飲むタイプは、猫によっては飲みにくい場合もあります。飲水量が減る恐れもあるので、お皿タイプがおすすめです。

猫の好みを探るには?

猫,水飲み,水分補給,ヒゲ,自動給水器,水道水
いろいろなタイプを紹介しましたが、猫の好みは本当にさまざまです。いくつか種類を用意して、試してみることをおすすめします。一番水を飲む容器が好みです。

筆者の猫の場合は、好きな容器は人間用のマグカップだとわかりました。何の変哲もない白い大きめのマグカップですが、大変よく飲んでくれます。

水道から水を飲むのが好きだからと、自動給水器を買ったもののあまり飲まない猫もいるようです。実は、水道から水を飲む際に飼い主さんに構ってもらうことが楽しい猫もいます。猫とのコミュニケーションのために、ときどき水道から飲ませてあげるのもいいですね。

猫の水飲み器の注意点

猫,水飲み,水分補給,ヒゲ,自動給水器,水道水
どのような水飲み器でも共通の注意点があります。「せっかく好みの水飲み器を買ったのに飲んでくれない」などがないように注意しましょう。

複数用意する

水飲み器は複数用意します。最低でも猫の数+1個はあると1つが汚れても安心です。猫の通り道やくつろぐ場所などに置いて、好きなときに好きなだけ飲めるようにします。

水飲み器は清潔に

猫はきれい好きで繊細なので、容器はこまめに洗って清潔を保ちましょう。ぬるぬるした汚れが付きやすいので注意してください。水もこまめに取り替え、新鮮な水がいつでも飲めるようにします。

食器からは離して設置

水飲み器と食器はなるべく離して設置します。猫は、獲物を食べたあとは遠く離れたところで水を飲んでいたといわれているためです。人間のように、食事と一緒に水分を採る習慣はありません。水飲み場と食事場所は別々にします。

トイレからも離して

さらに、トイレの近くにも水飲み器を置かないように注意してください。猫はニオイに敏感なので、トイレの近くにある水飲み器は好みません。

静かな場所に置く

猫が誰にも邪魔されず、静かにゆっくり水が飲める場所に置いてあげましょう。家族が集まってテレビを見るリビングなどはあまり落ち着けません。洗濯機やドライヤーの音が響く洗面所も避けるといいですね。

まとめ

猫,水飲み,水分補給,ヒゲ,自動給水器,水道水
猫が好む水飲み器を用意して、しっかりお水を飲ませてあげましょう。

まずはヒゲが付きにくい浅めの水飲み器を選びます。素材は陶器や磁器、ガラス、ステンレス、プラスチックなどさまざまですが、多くの猫が陶器や磁器、ガラス製を好むようです。首を曲げなくてすむ高さのあるタイプを選ぶと、負担が少なくなります。流れる水が好きな猫には、自動給水器がいいでしょう。

水飲み器は複数用意して、家のあちこちに設置します。ただし食器やトイレの横、騒がしい場所は避けてくださいね。好みがわからない場合は、いろいろな種類の水飲み器を用意して試してみましょう。

寒くなる秋冬、猫の下部尿路疾患にご注意?水飲み場対策で予防しよう

だんだんと昼と夜の寒暖差が厳しくなってきましたね。

筆者は猫を飼っているのですが、今頃の気温になってくると猫も人肌恋しくなるのか、膝の上に乗ってくれたり、夜に布団へ入ってきたりする機会が増えてきて嬉しいかぎりです。

秋冬は人間と同じく、猫ちゃんも大人しくしていることが多くなってきますよね。

秋冬こそさらに気をつけたい、秋冬の猫ちゃんの飲み水対策について、今回はご紹介したいと思います。

乾燥した空気が水分を奪う?

地面のひび割れ
アメリカのヒルズ・コルゲート社による「ヒルズ尿石分析サービス」の統計データによると、猫の下部尿路疾患は、暑い夏に比べて、寒い季節に増加する傾向があるようです。

確かな原因はまだ不明ですが、秋冬は、その寒さから活動量が低下することや、空気が乾燥しているために水分不足になりがちなことなどから、発症しやすくなるのではないかと推測されています。

下部尿路疾患とは

下部尿路疾患とは、何らかの原因で膀胱や尿道に問題が出る機能障害や病気の総称です。

以下のような症状があり、排尿時に痛みがある場合などには、トイレで鳴き声をあげることもあります。

  • 尿が出なくなる
  • 排尿時の痛み
  • 血尿
  • 膀胱炎

細菌感染による炎症や、結石や結晶による尿道閉塞などが原因になります。

特に水分摂取不足によってなりやすい病気は、尿路結石症、突発性膀胱炎と言われています。

水飲み場を複数にしてみる

並んだティーカップ
なかなか水を飲まない猫ちゃんのための対策には様々な方法があるのですが、筆者自身の経験を踏まえて今回おすすめしたいのが、「水飲み場を複数箇所設置する」という方法です。

もちろん、全ての猫ちゃんが「必ずたくさん飲むようになる」とは言い切れません。

しかし、この対策は、なかなか水を飲まない猫ちゃんに限らず、多くの飼い主さんに紹介したい理由があります。

猫の本来の習性に合っているかも

水を飲むトラ
「水飲み場は、食事皿の隣に一箇所設置しているだけ」という方も多いと思います。

このよくある置き方は、実は、本来の猫の習性を考えているとは言えない、という説もあります。

もともとの猫の習性を考えてみると、自然の環境の中では、よく訪れる水飲み場が一箇所だけしかないということはあまりありません。

また、食事場所と水飲み場が隣接しているとも限らず、人間のように食事と共に水を飲む習慣があるわけでもありません。

この説にならうとすれば、食事場所に限らず、家の中にいくつか水飲み場を設置した方が、猫ちゃんにとってはより良い環境になるということが出来るのはないでしょうか。

食事場所+他の場所がおすすめ

食器と多肉植物
そうは言っても、食事皿の隣に置くのが絶対にダメ!ということではないと思います。ここでは、一箇所しか水飲み場がないことを問題にしています。

食事場所に水飲み場を設置するのは、飼い主さん自身が、餌をやるタイミングで同時にお水も取り替えやすいため管理が行き届きやすいというメリットもあります。

食事場所に既に水飲み場がある場合は、それにプラスして、猫がリラックスできるような場所にも置いてあげるのが良いと思います。

おすすめの設置場所は以下の通りです。

  • 猫が休息する場所
  • 猫のお気に入りの場所
  • 人の行き来が少ない場所
  • トイレから離れた場所

水を清潔に保ちやすい

グラスに注がれる水
猫は清潔で新鮮なお水を好みますよね。

例えば、もし水の中にホコリが入ってしまった場合、水飲み場を一箇所だけにしていたらどうでしょうか。

猫ちゃんが「もう飲みたくないな」と見向きもしなくなり、取り替えるまで水を飲まなくなってしまうかもしれません。

複数に設置していれば、どこかのお水が清潔でなくなってしまっても、別の水飲み場で飲んでくれる可能性が上がります。

デメリットもある

花に水をやる女の子
複数箇所に設置することで、お水を取り替える飼い主さんの手間が少し増えてしまいます。

でも、それだけ自分の愛猫のためを考えて、自分と愛猫の愛情が増すことになるとも考えられます。こう考えるとすれば、デメリットとも言えないかもしれません。

その他の対策

飲水量を増やすには、水の温度を変えてみる、流れる水を与えてみる、などなど、他にもいろいろな対策があります。

以下の記事では、水を飲まない猫ちゃんのための様々な対策を紹介しています。ぜひご参照ください。

猫が水を飲まない!その理由と、試してみたい10の対策

【猫】水以外に猫に与えても良い飲み物って?【飲み物】

経験を踏まえて

こちらを見るベンガル
筆者の私事になってしまうのですが、飼い始めてまだ一年も経っていない猫が、水をあまり飲んでくれなくなってしまい悩んでいました。

猫の狩猟本能のためか、お気に入りのおもちゃを集めてきては飲水用の器に入れてしまい、水が汚れて飲めなくなってしまっていたのです。

そんなときに今回参考にした論文に行き当たりました。早速、試しに水飲み場を複数にしてみたところ、今までの器にはやはりおもちゃを入れてしまうのですが、新しく設置した方は綺麗なまま。そして、ちゃんと飲んでくれていました!

水の種類や温度を変えたり、器を変えてみたり、たまにウェットフードに変えてみたりもしましたが、自分の生活リズムの中で一番負担なくすぐに効果が出たのがこの対策でした。

最後に


繰り返しになってしまうのですが、全ての猫ちゃんに当てはまる確実な対策方法というのはありません。

参照記事も含めて、ぜひ色々な対策方法を試してみてください。

これからの季節の対策として、少しでも飼い主さんの参考になれば幸いです!

参考:猫における水分摂取の重要性