【クイズ】梅雨対策してる?ハリネズミを飼うときに気をつけたいこと

「ハリネズミって、小さいし、ネズミみたいだから飼うのは簡単そう」と思ってはいませんか?実はハリネズミは、温度や湿度にとても敏感な生き物で、何も知らないで飼ってしまうと苦労するかもしれません。

この記事では、湿度が高くなる梅雨の時期にぜひ知ってほしい、ハリネズミの飼い方についてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、ハリネズミの飼い方クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 次のうち、ハリネズミに最も近い生き物はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「モグラ」です。
ハリネズミは哺乳類の真無盲腸目(しんむもうちょうもく)に分類され、分類学的にはモグラに近い生き物です。

モルモットやプレーリードッグはネズミ目、フェレットは食肉目に分類されています。
Q.2 ハリネズミの夏眠・冬眠について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「夏眠や冬眠は寝ているだけなので体に影響はない」です。
ハリネズミの夏眠や冬眠は仮死状態であり、その間は餌を食べられないため、衰弱死してしまうこともあります。また、内臓にも影響を与えるため、無事に目覚めたとしても必ず動物病院を受診しましょう。

気温が32度を上回るとと夏眠、20度を下回ると冬眠してしまうため、温度管理が大切です。また、湿度が高いと、気温が基準より多少低くても夏眠に入ってしまうので注意しましょう。
Q.3 ハリネズミを飼育する環境として「適切ではない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「室温は少し涼しいと感じる15度程度にする」です。
ハリネズミは暑さにも弱さにも弱いデリケートな生き物です。気温が20度を下回ると冬眠してしまうため、室温は26度前後が適切です。

直射日光が当たる窓際などは、温度変化が大きくなりますので、避けましょう。また、湿度が高いと皮膚病にかかりやすくなるため、湿度は40〜60%に設定しましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
ハリネズミは湿度に敏感!梅雨・夏に向けた湿度対策
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【猫クイズ】湿度にも気をつけて!梅雨に気をつけたい湿気・暑さ対策

梅雨は、人間にとってもあまり快適な時期ではありませんが、猫にとっても厳しい季節です。室内の気温や湿度などしっかり意識して設定していますか?

大切な猫がこの時期に辛い思いをしないよう、猫の梅雨対策についてクイズ形式で学んでみましょう。

それではさっそく、猫の梅雨対策クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫と暑さの関係について「誤っている」ものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「犬と比べて暑さに弱い」です。
猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、犬と比べれば暑さには少し強いです。しかし、だからといって暑い部屋に閉じ込めておくのは危険ですので絶対にやめましょう。

猫は汗腺が少ないため、人間のように身体中に汗をかくのではなく、口や鼻から水分を蒸散させることで体温を調節しています。また、暑いときは毛づくろいを行い、唾液を蒸発させて体温を下げています。
Q.2 猫と湿度の関係について「誤っている」ものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「湿度が高いとフケが出やすくなる」です。
フケが出やすくなるのは、空気が乾燥している冬場などです。

湿度が高いと唾液が蒸発しないため、体温を下げることができません。そのため熱がこもって熱中症にかかりやすくなります。また、猫の耳の中などの湿気があり熱がこもりやすい場所でカビや細菌が繁殖し、皮膚病を起こすこともあります。
Q.3 猫の暑さ対策として「誤っている」ものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「冷房はつけず、扇風機などで部屋の空気を循環させる」です。
梅雨や夏場は気温も湿度も高く、いくら暑さに強い猫だからといって扇風機だけでは危険です。気温や湿度が上がった日には、扇風機だけでなく、冷房もしくはドライ(除湿)を必ず付けてあげましょう。湿気の多い時期は、部屋の湿度を取り除いてくれるドライがオススメです。

猫は涼しいところを探すのがとても得意です。一つの部屋の中に閉じ込めてしまうのではなく、涼しくて好きな場所を見つけられるようにしてあげましょう。直射日光を防ぐための遮光カーテンや、直接触れて体温調節を助けてくれるひんやりグッズもオススメです。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫は湿気に弱い!梅雨と夏季の、湿気・暑さ対策まとめ
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

朝晩の冷えに備えて犬の寒さ対策を。室内犬のための寒さ対策6選

今年は暖冬ということもあり、徐々に暖かくなってきました。しかしながら、朝晩はまだ冷え込む日がありますので、最後まで気を緩めずに寒さ対策をしていきたいところです。 さて、本題ですが、ご存知の通り、犬は人のように衣類を自分で着たり脱いだりすることができません。ですから、飼い主さんが犬の寒さ対策をしてあげる必要があります。 寒さに強い犬もいれば、弱い犬もいます。「ひとことに寒さ対策といっても具体的になにをすれば良いか分からない」という方も多いかもしれません。そんな飼い主さんのために、犬の寒さ対策の方法をご紹介します。しっかり対策して、寒さから大切な愛犬を守りましょう!

犬は寒さに弱い?

犬が寒さに弱いというのは本当?

犬が寒いと感じる温度

犬種や個々の犬によって多少異なりますが、一般的に犬にとっての適温は24度前後であると言われています。ですから、室内の温度は20度を下回らないように気をつけましょう。 冷気は床付近に溜まりやすく、犬の生活空間は室内の温度計が示す温度よりも低い場合があることに注意してください。

寒がっている時のしぐさ

以下のようなサインが見られた場合は、室温が下がりすぎていないか確認してください。
  • 体を震わせている
  • 鼻先を隠している
  • 体を丸めて縮こまっている
  • 水を飲もうとしない
  • 下痢をしている

寒さに弱い犬の特徴

犬ぞりのイメージがあったり、シベリア等の極寒地帯で暮らす犬もいるため、犬は寒さに強いと思っている方も多いでしょう。半分は正解です。 寒冷地が原産の犬種や、厚いダブルコートに覆われている犬種は寒さに強いといえますが、そのほかの犬は寒さに弱いと思ってください。 特に寒さに弱い犬の特徴は、以下のとおりです。
  • 南国原産の犬種
  • 小型犬
  • シングルコートの犬種
  • 短毛の犬種
  • 子犬、老犬
人間も同様、犬種に関わらず急激な温度変化は体調を崩す原因になりますので、なるべく避けるようにしましょう。

室内犬の寒さ対策6選

室内犬の寒さ対策6選 では、実際にどのような寒さ対策を行えば良いのでしょうか。

1. 湯たんぽを使う

湯たんぽのメリットは、「熱い」「冷たい」と感じる時には犬が自らから離れ、適温の時にはくっついて温まることが出来るという点です。 しかし、湯たんぽに長時間触れていると、低温やけどをしてしまう危険性があります。 犬が気に入って長時間ずっとくっついているようであれば、最初から中に入れるお湯の温度を60度くらいにしておいて、低温やけどが起こるのを防ぎましょう
PLATA ペット用 犬 猫 湯たんぽ お湯を使わない レンジでチンしてぽっかぽか 簡単 加熱式 こたつ 洗濯可 保温構造 お留守番も安心 ペット用ヒーター
プラタ
ドギーマン
¥3,910 (2022/11/27 02:02:25時点 Amazon調べ-詳細)

2. ペットヒーターを使う

ペットヒーターとは、ペットが座れるサイズに作られたホットカーペットのような商品です。 ペットヒーターをコンセントに繋いで温度を設定すると、その設定温度に合わせて加温し続けてくれます。 こちらの商品は、電源コードにスチール製のラセン管が巻かれているため、噛み癖がある犬でも安心して使える設計です。

3. 犬用防寒着を着せる

犬に洋服を着せることに対して抵抗のある飼い主さんもいらっしゃるかと思いますが、犬にとって快適ではない気温、気候の場合は、洋服を着せることがペットの健康を守ることにつながります。 洋服を着ることに慣れていない犬は、寒い日にいきなり着せようと思っても、嫌がるかもしれません。普段から少しずつ慣れてもらい、必要な時にしっかり着用できるようにしておきましょう。

4. ケージの中の工夫

ケージは、なるべく窓際から離し、日当たりがよく暖かい場所に設置するようにしましょう。ただし、直射日光や直風が当たるような場所は避けてください。 また、冷たい床やプラスチックなどに、直接犬の肌が触れることがないよう、ケージの中の床には毛布などを敷いてあげると良いでしょう。

5. 犬用ベッドを置く

犬用のベッドはたくさん売られていますが、冬場はもこもこで暖かいものを選んであげると良いでしょう。 シンプルなものから可愛らしいものまでたくさんのデザインがあるので、インテリアに合わせてお好みのものを選んでみてください。

6. トイレは暖かいところに

トイレが廊下などの寒い場所に設置してある場合には、犬はその寒さを嫌がってトイレを我慢してしまうことがあります。 泌尿器系のトラブルを避けるためにも、トイレは暖かい場所に設置しましょう。

犬の寒さ対策で注意すること

室内犬の寒さ対策での注意点

乾燥に注意

暖房をつけると、部屋が乾燥しやすくなります。温度だけでなく湿度の管理もしっかりし、犬の水がなくならないように注意しましょう。 常に水を飲めるようにしておいてあげれば、犬は自分で水を飲みに行きますが、それでも犬が水をあまり飲まない場合は、水分の多い食べ物を食べさせるなどして様子を見るようにしましょう。

やけどに注意

ヒーターを使う際は犬がヒーターに近づきすぎないように柵を置くなどの対策が必要です。 また、犬用のヒーターマットや湯たんぽを使用する際には、長時間の使用をさせないなど、低温やけどをしないように気をつけましょう。 こちらも、犬が自分で離れられるようにしておくと、自分で移動して、快適に感じられるように調整してくれます。そのため、ハウスの中に入れっぱなしにして、逃げ場がなくなってしまうような置き方はしないようにしましょう。

床暖房には注意が必要

冬の床はとても冷たいですから、床暖房は効果的な寒さ対策です。しかし、床暖房はその部屋の床全体が暖かくなるため、犬が暑いと感じた時の逃げ場がなくなりがちです。 犬が暑いと感じた時に逃げ込める避難場所として、床にすのこを置いたり、ソファにすぐに上がれるような工夫を施す必要があります。

冬のお散歩の工夫

犬の冬のお散歩でも工夫しよう 寒い冬は、犬も飼い主さんも散歩に出るのが億劫になりますよね。しかし、適度な運動は筋肉を作り、代謝を上げてくれますし、ストレス発散にもなります。冬でもきちんとお散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。 冬のお散歩の仕方については以下の記事で詳しく紹介しています。
【秋・冬】寒い日のお散歩はどうする?愛犬のために気をつけたいこと。

最後に

犬の寒さ対策は工夫が大事 今回は、冬でも愛犬が快適に過ごせるよう、犬の寒さ対策をご紹介しました。室内犬は体温調節が苦手なため、寒さ対策をしてあげないと風邪を引いてしまうかもしれません。 寒い冬でも愛犬があたたかく過ごせるよう、防寒グッズを用いるなどしてしっかり対策をしてあげましょう! 今は、春先ということもあり、防寒グッズなどがセール販売されていたりもします。今年はもうあまり利用できないかもしれませんが、来年に向け、このお買い得な時期に用意しておくのも良いかもしれませんね。
改訂履歴
2020/02/26 情報を更新
2018/12/18 初版公開

猫にお風呂って必要なの?入れ方とその頻度を紹介!

猫を飼っている皆さん、飼い猫のお風呂はどのようにしていますか? 汚れた時にだけ入れる、一ヶ月に一度、または毎日入るなど、飼い主さんとその飼い猫ちゃんたちによってその方針は様々だと思います。 今記事では、猫に適したお風呂の頻度から、入浴のしかた、お風呂に入れるメリットなど、様々な猫のお風呂に関する情報を紹介します。

猫のお風呂の必要性

実はほとんどの場合は必要ない!?

猫は基本的にグルーミングを行うことによって体を清潔に保っています。そして、猫の祖先からの習性で、もともと水を嫌う傾向にあるようです。 このような習性から、水に苦手意識をもつ猫を無理に入浴させるのはとても強いストレスを与えてしまう可能性があるのです。 基本的に短毛種は年に1~2回、長毛種は年に3~4回の入浴が望ましいとされています。

お風呂の必要がある場合

長毛種の場合は飲み込んでしまう抜け毛を減らしたり、付着した汚れや油脂による毛の絡みを防ぐために、入浴が必要となる場合があります。 口元やお尻などの汚れや埃などを取るために、定期的に入浴させる飼い主さんが多いようです。

猫をお風呂に入れるメリット

抜け毛が減る

猫を定期的にお風呂に入れることで、服に付着したり部屋に落ちる抜け毛を減らすことができます。 また、猫がグルーミングを行って飲み込む毛が体内に溜まってしまう「毛球症」を防ぐこともできます。

皮膚を清潔に保てる

無毛の種類の猫や、毛がクルクル巻いている種類の猫は、皮膚から分泌される油脂や汚れがたまりやすいです。 古い皮脂が取り除かれないと皮膚病になる危険性が高まるので、このような種類の猫は小さい頃からお風呂になれさせておいた方が良いでしょう。

汚れの定着を防ぐ

お外遊びやトイレの後などは特に猫の体に多くの汚れや菌が付着しています。 お家を汚さないために、猫ちゃんを定期的にお風呂に入れるという方もいらっしゃいます。

猫のお風呂の入れ方

準備するもの

お風呂に入れる前に、以下のものを準備しておきましょう。
  • ペット用のバスまたは大きめの洗面器
  • 猫用のシャンプー、リンス
  • 猫のブラッシング用のブラシ
  • バスタオル
  • ハンドタオル
  • ドライヤー

バスタブで洗う

35度前後のお湯を、用意した容器に入れます。 ②猫用のシャンプーリンスをお湯に適量入れてよくかき混ぜます。 ③猫を首の辺りまでお湯に浸けて、しっかりと毛を濡らします。そしたら一度バスタブから引きあげ、首から尻尾にかけて順に泡立てながら洗っていきます。 ④ハンドタオルを濡らし、絞ってから頭を拭います。 ⑤シャワーの温度を35度ぐらいにし、泡を落としていきます。シャワーノズルを体につけるようにし、耳や目に入らないように注意しながら、③と同じ順番ですすいでいきます。 ⑥すすぎ終わったら、バスタオルで押し当てるようにしながら水分を取っていきます。 ⑦ある程度の水気がとれたら、ドライヤーを弱風・温風にし、猫から少し離して手ぐしをしながら十分に乾かします。 ⑧最後にブラッシングをして毛並みを整えます。

シャワーだけで洗う

35度程度のお湯で首元より下をしっかり濡らします。 ②猫用シャンプーを手で泡だて、揉みこむように猫の体を泡だてます。 ③すすぎ以降は、前述した⑤以降と同じです。

猫をお風呂好きにする方法

小さい頃から慣れさせる

小さい頃からお風呂に入る習慣をつけておけば、大きくなってから苦労することがありません。 必要以上に怖がらせないようにするために、はじめは小さな風呂桶に35度程度のお湯を少しはり、手ですくって体にかけてあげることから始めるといいでしょう。

寒い日を選んで入れる

猫はぬくぬくと暖かいところが好きな生き物です。寒い日を選んでぬるま湯を用意してあげれば、温かさに惹かれて嫌がることなく入ってくれるかもしれません。 ですが、風呂上がりは猫が冷えないようにすぐに乾かしてあげて、暖かい環境に移しましょう。乾かすときは、大変ですが、完全に乾くまで乾かします。

おもちゃやご褒美をあげる

お風呂にお気に入りのおもちゃを持って行ったり、入ったあとは大好きなおやつを与えるなどして、お風呂に対していいイメージを抱かせてあげましょう。 機嫌よくお風呂に入るようになるかもしれません。

最後に

猫はお風呂をあまり必要としませんが、やはり病気やお部屋の汚れを考えるとお風呂に入れる習慣をつけておくのも良いかもしれません。 猫のお風呂に悩んでいる人は是非参考にして見てくださいね。