【初心者必見】何をどれくらいやる?犬のお手入れの種類と頻度を解説

皆さんは、愛犬のお手入れ、ちゃんとできていますか?
一口に「お手入れ」と言っても、ブラッシングからシャンプー、歯磨きとやることがたくさんあります。

いったい何を、どれくらいやれば良いのでしょうか?
今回の記事では、毎日のお手入れから、月に1回のお手入れまで、犬のお手入れの基本的なことを解説します。

お手入れの頻度

犬,お手入れ,頻度,ブラッシング,歯磨き,シャンプー
まずは簡単に、それぞれのお手入れの頻度を確認しておきましょう。
ただし、犬種によって頻度が異なるものもあるので、あくまで目安として考えてください。

頻度 お手入れ内容
毎日 ブラッシング、歯磨き、肉球ケア
月に1〜2度 シャンプー、肛門腺絞り、爪切り、トリミング、足裏の毛のカット

毎日のお手入れ

犬,お手入れ,頻度,ブラッシング,歯磨き,シャンプー

1. ブラッシング

基本的に、ブラッシングは毎日してあげます。

ブラッシングには、汚れを取り除いたり毛並みを整えたりするだけでなく、血行促進やノミ・ダニの予防の効果もあります。
また、毛の生え変わりがスムーズに行われることで、皮膚病対策にもなります。
さらに、飼い主さんと愛犬がコミュニケーションをとる重要な機会でもあります。

どうしても忙しいようであれば、長毛犬種で週に3~4回短毛犬種で週に1~2回を目安にブラッシングをしてあげても良いでしょう。

2. 歯磨き

犬は口先を触られるのを嫌うため、慣れるまではなかなか歯磨きをさせてくれないかもしれません。

しかし、人間と同様、犬にとっても歯の健康はとても大切。歯磨きをしないでいると、歯周病になってしまいます。
なんと成犬の約80%は、歯周病の疑いがあると言われているほどです。

そのため、できれば子犬の頃から、徐々に歯磨きに慣れさせていくことが重要です。
犬の場合、歯石化するスピードが人間よりも早いため、毎食後に行うのが理想です。「そんなにするのは厳しい」という方でも、少なくとも週に2〜3回はしてあげたいところです。

ペットキッス (PETKISS)
¥325 (2022/05/26 00:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

3. 肉球ケア

子犬の頃はプニプニだった肉球も、お手入れをしなければだんだんと硬くなり、カサカサに乾燥してきます。
乾燥してしまうと、痛みや不快感が出たり、フローリングなどで足が滑りやすくなってしまいます

ブラッシングの際や、散歩から帰ってきた際などに、肉球クリームを塗って保湿してあげましょう。

月に1〜2度のお手入れ

犬,お手入れ,頻度,ブラッシング,歯磨き,シャンプー

1. 耳掃除

耳の中の環境が良くないと、耳ダニや細菌が繁殖してしまい、外耳炎などを引き起こしてしまいます。
特に、垂れ耳の犬の場合は、耳の中が蒸れてしまいがちです。

耳の中を毎日ケアをするのはやりすぎ。健康な状態であれば、2週間に1回程度で十分です。

耳掃除は綿棒でゴシゴシとこするのではなく、湿らせたコットンなどで表面を優しくふき取るようにします。耳の中はかなりデリケートなので、自信がなければ病院やサロンなどでやってもらうのも手です。

耳垢の量が多かったり、においがする場合は外耳炎に罹っている可能性があるので、早めに動物病院を受診しましょう。

2. シャンプー

人間は毎日シャンプーをする方も多いと思いますが、犬の場合は月に1〜2回程度が目安です。
あまり多すぎても、必要以上に皮脂を洗い流してしまうのでかえって良くありません。

シャンプーをする際のお湯は、35~37℃のぬるめの温度に設定します。
また、人間用ではなく犬専用のシャンプーを使いますが、被毛の特徴に合わせたシャンプーや、皮膚の弱い犬には低刺激のシャンプーを選んであげると良いでしょう。

3. 肛門腺絞り

肛門腺とは、肛門の左右に一つずつある分泌腺のことで、袋状の形をしています。
肛門腺の中には、においの強い分泌液が溜まっていきます。

分泌液は、排便の際に一緒に出ていくことも多いため、肛門腺絞りは全ての犬に必要というわけではありません

犬がお尻を引きずりながら歩くような行動が見られたら、分泌液がうまく排出されず溜まってしまっている可能性が高いので、肛門腺絞りをしてあげましょう。特に、小型犬や肥満犬、シニア犬などで、排出がうまくできない場合が多いようです。

目安は月に1回程度ですが、うまくできない飼い主さんも多く、においもかなりきついので、動物病院やサロンでお願いしても良いでしょう。

4. 爪切り

犬の爪は、散歩をする際に自然と研がれるので、爪切りの目安は月に1回ほどで大丈夫です。
ただし、シニア犬など、ずっと家にいる犬は爪がすり減りにくいので、月に2回ほどやってあげる必要があります。

伸びすぎてしまうと、爪が巻き込んで肉球を傷つけたり、フローリングなどで滑りやすくなります。

また、犬の爪には血管が通っていますが、爪切りを長期間しないで放置していると、爪と一緒に血管も伸びてきてしまい、理想の長さに切ろうとすると血管まで切って出血してしまうことがあるので注意が必要です。

ペティオ (Petio)
¥805 (2022/05/26 00:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

5. トリミング

犬種によっては、トリミングが必要な場合があります。
目安は月に1回程度です。

トリミングをしないと、目に毛が入ってしまったり、口元の毛に汚れがついて雑菌が繁殖してしまったりなど、色々と厄介なので注意してください。

6. 足裏の毛のカット

トリミングが必要ない犬でも、足裏の毛が伸びてくると滑りやすくなって足腰に負担がかかるので、月に1〜2回を目安にカットしてあげましょう、
足裏の毛のカットは自宅でも簡単にできますが、うまくできなければサロンにお願いしても良いでしょう。

トリミングが必要な犬種は、トリミングの際に足裏の毛もカットしてもらえます。

ペティオ (Petio)
¥715 (2022/05/25 23:22:59時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

犬,お手入れ,頻度,ブラッシング,歯磨き,シャンプー
お手入れは、やることがたくさんあって大変かもしれません。

ですが、愛犬が綺麗で、健康に長生きするためにも、適切な頻度で適切なお手入れをすることは重要です。

はじめはお手入れを嫌がるかもしれませんが、根気強く続けて、徐々に慣れさせていきましょう。

うさぎに必要なグルーミングとは?爪切りとブラッシングのやり方

うさぎと暮らしている中で、「爪が伸びているな」「毛が抜ける量が多いな」と感じたことはありませんか?

爪が伸びていたり毛が絡まったりしていると、怪我や病気につながることがあります。うさぎの健康のためにも、定期的に爪切りやブラッシングなどのグルーミングを行いましょう。

今回は、うさぎに必要なお手入れである、爪切りとブラッシングについてご紹介します。

【うさぎのグルーミング①爪切り】

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎに爪切りが必要な理由

野生のうさぎは、外を走り回っているうちに爪が少しずつすり減り、ちょうど良い長さに保たれています。しかし、屋内飼いのうさぎはなかなか自然に爪が削れないため、長く伸びてしまいます。

うさぎの爪が長いままだと、ケージや床の隙間、タオルやカーペットに爪を引っ掛けて怪我をする危険性があります。また、毛づくろいのときに皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

そのため、1〜2ヶ月を目安に切りましょう。

うさぎの爪切りのやり方

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎ用の爪切りを用意しましょう。

膝の上などに乗せ、もしうさぎが暴れて落ちても安全な高さで行いましょう。また、爪を切る前に、指の間の毛をハサミでカットするとやりやすくなります。

慣れないうちは二人で行うことをおすすめします。一人がうさぎを包み込むように抱っこし、爪を切りたい足を軽く抑えます。そしてもう一人が爪を切るとスムーズにできます。

<ポイント>
怯えてしまう場合は、爪を切っているところが見えないように顔を隠してみるのも効果的。

どのくらい切って大丈夫?

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎの爪は、途中から神経と血管が通っています。そのため、短く切りすぎないように注意が必要です。

白い爪の場合、血管が薄いピンクに透けて見えます。黒や茶色の爪の場合は、ライトを当てると見やすくなります。血管より2-3mm先を目安に切りましょう。
一気に切るのではなく、少しずつ切ると失敗しにくいです。

もし出血してしまったら

万が一、爪を深く切ってしまっても、落ち着いて対応してあげてください。
うさぎは爪から出血すると痛みや違和感によって、歩き方がおかしい、興奮しやすいなどの状態になります。飼い主さんは慌てず、まずはうさぎを落ち着かせてあげましょう。

【止血方法】
血が出ている爪を確認し、清潔なガーゼでやや強めに患部を抑えて、数分間圧迫止血をします。
血が止まり、うさぎの元気を確認できたら、ひとまず危険な状態ではありません。数日間様子を見てあげてください。

当日や数日後に以下の症状が見られる場合は、動物病院を受診してください。
放っておくと、傷口から感染症にかかる恐れがありますので、早めに対応しましょう。

  • 大量に出血している
  • 圧迫止血をしても血が止まらない
  • 再び出血する
  • 元気がない
  • 歩き方が不自然

【うさぎのグルーミング②ブラッシング】

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎにブラッシングが必要な理由

室内飼いのうさぎは、屋内でのんびりと過ごすことが多いため、毛が抜けず体の表面に溜まりやすいです。

毛が伸びすぎてしまうと、毛づくろい時に抜け毛をたくさん飲み込んでしまい、胃や腸で毛が固まってしまう「毛球症」になってしまうことがあります。毛球症になると、食欲不振、元気消失、便の量の減少がみられます。

また、毛が絡まったり新しい毛が生えなくなったりしてしまい、皮膚病の危険もあります。特に長毛種は注意が必要です。

スキンシップにもなるため、なるべく毎日ブラッシングをしてあげると良いでしょう。

うさぎの換毛期

うさぎは春と秋の年に2回、夏毛と冬毛に入れ替わるための換毛期があります。大量の毛が抜ける時期なので、特に換毛期はしっかりとブラッシングをしてあげましょう。

うさぎのブラッシングのやり方

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

ブラッシングには、うさぎ専用のブラシやコームを使いましょう。

まずは、膝の上で抱っこし、リラックスした状態にしてあげます。最初にグルーミングスプレーをもみこんであげると、静電気防止になりブラッシングがやりやすくなります。

そして、毛流れに沿ってブラッシングをします。最初は背中などのうさぎが嫌がりにくい場所から始め、徐々に足やお腹に移りましょう。

ブラシの種類

うさぎ用のブラシは主に4種類あります。それぞれの特徴をご紹介します。目的によって使い分けてみてくださいね。

  • 獣毛ブラシ→毛流れを整える
  • スリッカー→奥のふわふわした毛が取れやすい
  • ラバーブラシ→表面の抜け毛が取れやすい
  • コーム→顔まわりやお尻まわりなど、細かい部分に。毛玉ほぐしにも

ミニアニマン
¥1,088 (2022/05/26 00:54:53時点 Amazon調べ-詳細)

アドメイト (ADD. MATE)
¥705 (2022/05/26 00:54:54時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

病院やサロンでなくても、おうちでお手入れができれば、よりこまめに気遣ってあげることができます。少しずつ慣らしてあげることで、ストレスも受けにくくなるでしょう。

うさぎの健康と安全のためにも、ご紹介したやり方で定期的なグルーミングをしてあげてくださいね。

【獣医師監修】猫飼いさんが猫との生活で気を付けるべき6つのこと

皆さんは猫と一緒に生活する上で、何か気を付けていることはありますか?

食事や運動など、気にかけることはたくさんあります。
今回は猫との生活の中で気を付けてほしいことをまとめました。

「体重管理」「異物・中毒物」「運動」「排泄」「ストレス」「爪切り」の6項目に分けて詳しくご紹介していきます。

より良い猫との生活の参考にして頂ければと思います。

体重管理

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康
健康の維持のためには、体重管理が一番重要と言っても過言ではありません。
肥満は糖尿病などの様々な内臓疾患の素因となるだけでなく、関節炎の原因にもなります。

そして、一度増えてしまった体重を落とすことは非常に困難です。そのため体重を増やさないこと、適正な体重を維持することが大切です。

食事管理の重要性

体重管理における最重要ポイントは食事です。
普段から栄養バランスの良いフードを食べさせること、塩分脂肪分に配慮することが必要です。

特に塩分は、腎臓ケアの意味でも制限することが望まれます。人間の食べるもの(カツオ節やカマボコなど)は、猫にとっては塩分過多になります。

また、避妊/去勢をした子は体内のエネルギー代謝に変化が生じるため、太りやすくなります。
カロリーを抑えた食事に変更する必要がありますが、栄養不足にならないように避妊/去勢した子用のフードに変更しましょう。

肥満で関節炎になる

人間には体を動かさなくても、楽しめる娯楽があります。

しかし、猫にとって運動すること、動くことはとても大きな楽しみです。
関節が痛むことで、この楽しみを奪うことがあってはなりません。

病気予防の観点はもちろんですが、猫のQOLを保つためにも肥満は予防しましょう。

異物・中毒物に注意

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康

人間の使うもの・食べ物を飲み込まないように

猫は、基本的に好奇心旺盛です。
人間の動きをよく観察しているため、学習して人間の使う物や食べ物に興味を持ちます。

プラスチックは噛み応えが面白いですし、紐も楽しいオモチャになるでしょう。しかし、プラスチックや紐は喉や胃に刺さったり、腸に詰まったりする危険があります。

また、人間の食べ物を魅力的に感じる猫もいるかもしれません。しかし、人間の食べ物は猫の健康を損ねることがあります。

猫がこれらの異物や中毒物を誤って飲み込まないよう、飼い主側が常に気を付けてあげる必要があります。

高いところも油断禁物!

高い棚の上を置いておけば安心だと思っている方もいると思いますが、猫の運動能力を侮ってはいけません。

高いところへも余裕で登るのが猫です。

食べ物や、猫の遊びそうなものはに猫の手の届かない場所(引き出しの中など)にしまっておきましょう。

運動量の確保

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康
室内で飼育する場合は、猫に運動の機会を与えましょう。
猫用のオモチャで遊んであげるのも一つの運動です。

猫は横方向の運動だけでなく、ジャンプによる縦方向の運動を好む傾向にあります。
場合によってはキャットタワーなどを利用してみるのもいいかもしれません。

肥満の予防のためにも運動は大事

運動は筋肉量と基礎代謝を増やすため、肥満の予防にも繋がります。
いくら食事に気を使っていても、適度な運動が行えなければ健康な生活とは言えません。

室内でも体が動かせる環境を整えてあげることが非常に大切です。

排泄物から身体の異常を知る

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康
尿や便などの排泄物には、猫の健康状態を知るための情報が詰まっています。
特に猫は腎臓病のリスクが高い動物ですので、毎日の尿の観察は重要です。

出来ることなら、毎日の尿量、尿色、においの変化はチェックしておきましょう。

尿検査や便検査を利用する

排泄物に異常が見られた際に、その排泄物から原因を精査することが出来ます。

いつもと違うな、と感じた時には動物病院受診の際に排泄物を持参するとスムーズな診療ができます。
その際、排泄物は出来るだけ新しいものを用意してください。

また、猫は連れて来なくても排便の検査のみ受けることも出来ますので、お気軽に申し付けください。

ストレス発散法を確保する

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康
生きていればストレスが溜まるのは人間も猫も同じです。

猫は人間よりも体が小さい分、大きな音なども人間よりも強い刺激として受け取っているかもしれません。
そしてストレスは病気の原因となったりもします。

動き回れる環境を用意する

猫がうまくストレスを発散できるような環境づくりを心がけましょう。

一例を挙げると、体を動かせるような家具キャットタワーの設置留守中にも一人で遊べるオモチャの工夫などです。
その子の好みもあるので、色々と試してみましょう。

隠れる場所を用意する

可愛い我が子は、常に目の届くところに置いておきたいものです。
しかし、猫側からしたら、常に人の目に晒されているのはストレスかもしれません。

嫌なことがあった時や怖いことが起きている時に、身を隠せる場所を用意してあげると優しいかもしれません。
一人になれるリラックス空間を作ってあげましょう。

爪切りなどの日常的な処置

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康
爪が伸びていると、布や家具に引っかかって危険です。

また、人や同居動物にケガを負わせる危険性もあります。定期的に爪は切るようにしましょう。

しかし、家での爪切りは嫌がる子もいます。
その場合は猫との関係を悪化させないためにも、無理をせずに動物病院で切るようにしてください。

まとめ

猫,飼い主,生活,体重管理,食事,異物,中毒物,運動,肥満,排泄物,尿,ストレス,爪切り,危険,病気,健康
いかがでしたでしょうか。

これを読んで、少しでも猫との生活が快適になればと思います。
初めて猫を飼う方は、まずはこれらの事柄を気にしてみてください。

他にも、その子に合わせた生活スタイルを提案できると思いますので、動物病院まで気軽にご相談ください。

【猫クイズ】飼い主に感染する危険も!猫の爪切りの重要性

猫の爪が伸びているまま放置してしまうと、自分に引っかき傷がついてしまったり、床が傷ついてしまったりします。人間の爪は自分でカットすればそれで済むのですが、猫はそういうわけにはいきません。
この記事では、爪切りの重要性をクイズ形式でご紹介いたします。

それではさっそく、猫の爪切りクイズにチャレンジしてみましょう!!
Q.1 バルトネラ菌が原因で起こる、猫の爪によってできた傷から感染する病気は何でしょう?
正解です!
不正解です!
正解は「猫ひっかき病」です。
猫の爪が伸びたまま放置をしていると、知らぬ間に引っかき傷が出来てしまっていることはありませんか?猫の爪には常在菌が潜んでおり、傷口に入ってしまうと「猫ひっかき病」という疾患にかかってしまいます。
「猫ひっかき病」が発症すると、患部が腫れる他にもリンパ節が腫れたり、関節が痛くなる、全身に倦怠感を感じるといった症状が出ます。
Q.2 猫の爪について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「親指の爪は伸びないのでお手入れは不要」です。
猫の親指の爪は少し離れているため見落としがちですが、他の爪と同様に伸びてきますので、切り忘れないようにしましょう。

猫の爪は実は何層もの構造になっており、内側には神経と血管が通っている部分があります。何層も重なっている爪の外側の古い層は不必要となり、剥がす必要があります。これが、猫が爪とぎをする理由です。また、猫が爪をガジガジ噛んでしまって炎症を起こすことがあります。尖った爪を見つけたら放っておかず、すぐに切ってあげるようにしましょう。
Q.3 猫の爪切りについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「外側から1センチほど切る」です。
猫の爪は、外側の尖った部分を2ミリほど切ると良いでしょう。切りすぎると出血してしまうこともあるので要注意です。

また、人の爪と猫の爪は構造から根本的に異なるので、人間の爪切りで代用してはいけません。ニッパー型やギロチン型のタイプがあるので、猫に合わせて選んであげてください。 多くの猫は爪切りを嫌がり、暴れて逃げ出そうとします。そうならないように子猫のうちから慣れさせて、ストレスなく爪を切れるようにしてあげましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫の爪、どうやってお手入れするの?最適な爪切りの方法をレクチャー!
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

おうちで簡単犬のお手入れ!爪・足裏の毛・目の上の毛のカット方法

犬の飼い主のみなさんは普段、犬のお手入れをおうちで行っていますか? 定期的にカットが必要な犬種の場合、トリミングサロンでやってもらっている方も多くいらっしゃると思います。でも、トリミングサロンになかなか行けないときは、おうちで最低限のお手入れはしてあげたいもの。お手入れをしないと、見栄えだけでなく犬の病気やケガに発展する恐れもあります。 今回は、犬のお手入れの中でも比較的行いやすい爪切り、足裏の毛のカット、目の上の毛のカットに必要な道具やポイントをご紹介します。

爪切りの道具・ポイント

犬の爪切りの道具とポイント

爪切りが必要な理由

犬の爪が伸びたまま放置しておくと、爪が巻いてきてしまい、爪が折れたり歩きづらくなったりしてしまいます。最悪の場合、その爪が肉球にささってしまうということもあります。そうなる前にこまめに爪切りを行いましょう。 よく散歩をする犬は、地面との摩擦で爪が自然と削れやすいのですが、それでも月に1回程度は爪のお手入れが必要でしょう。特に、「狼爪」という親指にあたる部分の爪は地面に接しないので、お手入れをしないとすぐに伸びてきてしまいます。

用意するもの

  • 爪切り(ギロチンタイプがおすすめ)
  • 止血剤や清潔なコットン
爪をカッター部分の丸い穴に入れて、両方から一気に切れるギロチンタイプは、爪を狙ったところでしっかり固定して切ることができるのでおすすめです。 万が一、深爪をしてしまった時に備え、止血剤や清潔なコットンを用意しておくとよいでしょう。止血剤はペットショップやトリミングショップで売っている場合が多いです。
ペット 爪切り ネコ つめ切り Caseeto 猫 爪切り ペット ヤスリ 切れ味抜群 深爪防止 小〜中型犬ニッパー 足 安全 ネイルトリマー 小型動物用 犬 はさみ (ピンク)
Caseeto

爪切りのポイント

  • 爪を切るとき、足を持ち上げすぎたり、横に引っ張ったりすると犬が足を痛めてしまうので、自然な方向に軽く持ち上げるようにする。
  • 被毛が爪にかかっているときは、被毛をカットするか、被毛を掻き分け、切ろうとしている爪がしっかり見える状態にする。
  • 犬の爪には血管が通っており、爪を切りすぎてしまうと、血管まで切ってしまうことがあるので注意が必要。爪が白い犬は、血管がうっすら見えますが、爪が黒い犬は血管が見えないので、血管を切らないように少しずつ切っていく
なお、犬の爪の血管は、爪切りを放置することで爪と一緒に自然に伸びてきます。血管が伸びてきてしまうと、爪を短く切れなくなってしまいます。その点からも、定期的な爪切りというのは大事なのです。

足裏の毛のカットの道具・ポイント

犬の足裏の毛をカットしよう

足裏の毛のカットが必要な理由

足裏の毛が伸びていると、歩いたときに滑りやすくなってしまいます。足が滑ると犬の腰に負担がかかりヘルニアの原因になってしまいます。コルクボードや滑りにくいようにカーペットを敷くなどして対策されているのがベストですが、そうではないフローリングのおうちの場合は、頻繁なカットが必要です。 また、足裏は犬が発汗する唯一の部位なので、夏場は欠かさずにカットしましょう。

用意するもの

  • 犬用のバリカン、もしくは先が丸くなっているハサミ
  • コーム
バリカンがよいかハサミがよいかは好みによりますが、初心者であればバリカンの方が比較的簡単だと言われています。ただし、使い方を間違えると肉球をケガさせてしまうこともあるので十分に注意しましょう。
ペット バリカン 2種の刃 犬 猫 バリカン 低騒音 低振動 高精度 切れ味抜-群 充電式コードレス 毛剃り トリマー シェーバー 自宅用 プロ用 初心者でも使える 業務用 刈り高さ 調整可能 顔・耳・足裏・お尻 ペット美容 全身適用 大小動物適用 日本語説明書付き (替刃付き)
YOCHANDA
ハサミでカットするのであれば、家庭用のハサミではなく、先が丸くなっているペット用のものを使いましょう。

足裏の毛のカットのポイント

  • カットを始める前に、コームで毛並みを整え、ゴミなどは取り除いてから行う。
  • 爪切り同様、足を持ち上げすぎたり横に引っ張ったりすると犬が足を痛めてしまうので、自然な方向に、軽く持ち上げる程度にする。
  • バリカンは肉球に沿わせるようにして、決して肉球に歯を強く押し当てないようにする。
  • 指(肉球)の間の毛もカットしてあげる。
ご存知の方も多いと思いますが、犬の肉球はとてもデリケートで敏感な部分です。怪我をさせてしまわないように、注意して行いましょう。 また、下記の記事で紹介しているように、ワセリンなどで保湿してあげる等、足裏の毛を切るのと同時に、メンテナンスしてあげるとより良いでしょう。
犬の肉球ケアには「ワセリン」が隠れた名品だってホント?

目の上の毛のカットの道具・ポイント

目の上の毛をカットして目の病気を予防しよう

目の周りの毛のカットが必要な理由

目の周りの毛が伸びすぎていると、毛が目の中に入って目の病気の原因になります。 特に目の周りの毛が伸びやすい犬種は、目の中に毛がかかっていないかを定期的にチェックしてあげましょう。

用意するもの

  • コーム
  • 犬用カットハサミ
  • 清潔なコットン
用意するものは、足裏の毛をカットするときと同じもので良いでしょう。 また、コームがあると、目の周りや口の周りについた食べかすをふやかすことで取り除けるので、毎日清潔を保てるので大変便利です。
ONS
¥1,390 (2022/05/25 17:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

目の上の毛のカットのポイント

  • 濡らしたコットンで優しく目の周りを拭き取って、被毛の汚れを取り除いたり、固まった被毛をほぐしたりする。
  • 被毛が綺麗になったら、コームで毛並みを整え、目の上の毛を手前に掻き出し、目にかかるようにする
  • 犬の顎の下に片手を添え、顔が動かないようにする
こちらの動画では、トリマーさんがカットの仕方を順序よく丁寧に教えてくれています。実際に始める前に動画を見ておくと、イメージしやすいのでおすすめです。

無理は禁物!犬が落ち着いた状態でお手入れしよう

犬のお手入れをやる際は落ち着いて 犬が嫌がっているのに、無理やりお手入れをすると、暴れてケガをしてしまったり、お手入れが嫌いになってしまう恐れがあります。 そんなときは無理をせず、少しずつお手入れに慣れさせたり、おやつを使うなどして、お手入れによいイメージを持ってもらう工夫をしましょう。

まずはお手入れ器具に慣れさせよう

いきなり爪切りやバリカン、ハサミを使うと、犬が怖がって暴れてしまい、ケガをしかねません。特に音が出るようなものは注意が必要です。爪切りなどを犬の爪や足裏にあてたりして、まずはお手入れ器具への警戒心をなくしてからカットを始めましょう。 また、犬は音に敏感な生き物です。まずは犬から離れたところでバリカンの電源を入れましょう。そしてだんだんと近づけ、カットはせずに最初は音に慣らしていくことから始めます。

おやつを上手に使って

犬がお手入れ中に落ち着かないときは、上手におやつを使って注目を引き、犬を落ち着かせましょう。 初めのうちは爪切りなどのお手入れ器具を見せると同時におやつをあげて、お手入れ器具自体にいいイメージを持ってもらうとよいでしょう。 お手入れができるようになったら、お手入れをしながらだったり、お手入れ後にすぐにおやつをあげることで、犬の頭の中では自然と「お手入れ=おやつがもらえる」と結びつくようになり、お手入れを嫌わないでくれるはずです。

まとめ

犬の爪切りや足裏の毛のカット、目の上の毛のカットをしてみよう 今回は、自宅で犬の爪切り、足裏の毛のカット、目の上の毛のカットを行うために必要な道具とポイントをご紹介しました。 お手入れ初心者は、まずはお手入れ器具に慣れさせるところから始め、少しずつお手入れに慣らしていきましょう。おうちで慣らしておくことで、トリミングサロンや動物病院でも安心してお手入れをしてもらえるようになるので、一石二鳥です。 おうちでこまめにお手入れをして、犬の健康を守ってあげましょう!

猫の爪、どうやってお手入れするの?最適な爪切りの方法をレクチャー!

猫の爪が伸びているまま放置してしまうと、自分に引っかき傷がついてしまったり、床が傷ついてしまったりします。 人間の爪は自分でカットすればそれで済むのですが、猫の爪の手入れは一体どうやればすれば良いのでしょうか。 この記事では、爪切りの重要性から猫の爪切りの仕方まで、まとめてご紹介いたします。

爪切りの必要性

猫ひっかき病にかかってしまう

こちらを見てる猫 猫のお世話をしている時や、一緒に遊んでいる時に、猫の爪によって傷ができてしまったことはありませんか? 猫の爪が伸びたまま放置をしていると、知らぬ間に引っかき傷が出来てしまったりします。 そのまま何事もなく治ってしまえば良いのですが、猫の爪に潜む菌が傷口に入ってしまうと「猫ひっかき病」という疾患にかかってしまいます。 「猫ひっかき病」が発症すると、患部が腫れる他にもリンパ節が腫れたり、関節が痛くなる、全身に倦怠感を感じるといった症状が出ます。

気になる家具のキズ

猫の爪を切る習慣がなかったり爪とぎボードのしつけを行なっていなかったりすると、猫はそこらへんにあるもので爪の手入れを始めてしまいます。 ソファーやカーペット、床や木製の家具が爪とぎの標的になりやすく、いったん使われたならすぐにボロボロになってしまいます。 爪とぎのしつけについては、こちらでも扱っておりますので、参考にしてみてください。
子猫の時に爪とぎのしつけをしよう!その理由と方法。

怪我予防として

ネズミと猫 猫の爪の手入れを怠っていると、他の猫や犬と喧嘩になった時に相手を傷つけてしまいかねません。 猫の爪はとても鋭く、当たりどころが悪いと相手を失明させてしまったり、治らない傷をつけてしまうかもしれません。 また、猫や犬の傷は被毛に隠れてしまうことが多く、パッと見てもわかりにくく、とても見えにくいです。 傷口から細菌がはいってしまって病気に感染するなどのことも考えられますので、他の猫と戯れあったあとは猫を撫でるついでに傷がないかどうか確認すると良いでしょう。

猫の爪の構造

寝てる猫 猫の爪は実は何層もの構造になっており、内側には神経と血管の通った「クイック」と呼ばれる部分があります。 何層も重なっている爪の外側の古い層は不必要となり、剥がす必要があります。これが、猫が爪とぎをする理由です。 飼い主が猫の爪切りをする際に切っていいのは、外側の古くなった部分のみです。 内側のクイックまで切ってしまうと鋭い痛みが生じますし、出血した場合はなかなか血が止まらなくなります。

自宅で爪を切る

準備するもの

猫の爪切りを行う際は必ず市販のギロチン型、もしくはニッパー型の猫専用爪切りを購入しましょう。 人の爪と猫の爪は構造から根本的に異なるので、絶対に人の爪切りで代用してはいけません。 ニッパー型の特徴は子猫から成猫まで幅広く使えること。ギロチン型の特徴は老猫などの硬い爪や巻き爪も楽にカットできることです。おうちのネコちゃんに合わせて選んであげてください。 また、切った後は爪やすりで切断した部分を滑らかにして、もし血が出てしまった場合には市販の止血剤を使うと良いでしょう。

手順は?

猫の爪を切る手順は以下のチャートを参考にしてください。
  • 安定した場所に猫を寝かせ、前足を掴む
  • 指の先端を上下から押して爪を出す
  • クイックより外側の尖った部分を2ミリほど切る
  • 親指もきちんと切ったか確認する
  • 後ろ逢の爪も同様にカットする
飼い主が定期的に爪をカットしてあげないと、爪をガジガジ噛んでしまって炎症を起こしてしまうことがあります。 尖った爪を見つけたら放って置かず、すぐに切ってあげるようにしましょう。

暴れる時は

猫鳴 多くのネコは爪切りを嫌がり、暴れて逃げ出そうとします。そんな時には猫を洗濯ネットに入れて爪をカットしたり、協力者に押さえてもらう必要が出てきます 猫の場合も、犬と同様に月齢2〜3ヶ月の間の社会化期が重要になってきます。子猫の時から手を触ったり、爪を切った後にはご褒美のおやつをあげるなどして慣れさせておくのがベストと言えます。 どうしても難しい場合は、無理にしてしまうと怪我をさせてしまいますので、後述する動物病院でお願いするようにしましょう。

動物病院で切る

最初は動物病院で

持ち上げられた猫 飼い主が爪切りに慣れていなうちは、動物病院で切ってもらうのが良いです。 定期的な爪切りと一緒に、体重測定を行ってもらうのも良いでしょう。

料金は?

動物病院で猫の爪を切ってもらう際にかかる費用は、動物病院にもよりますが、およそ500円程度と言われています。高くても1000円ぐらいです。 また、健康診断やワクチン注射のついでにサービスとして切ってくれるところもあります。

爪とぎボードを使う

爪とぎボードの選び方

万歳をする猫 市販されている爪とぎボードには様々な種類があり、おうちの猫ちゃんの好みや習性に合ったものを選んであげる必要があります。 前足を伸ばして爪を研ぐ猫ちゃんには、立てかけるタイプのものや壁掛けタイプのものがおすすめです。また、低い位置や床で爪を研ぐ猫ちゃんには、床に寝かせておくものを選んであげましょう。 また、素材を選ぶときは日常的に猫ちゃんが爪とぎをするものと近い素材のものを選んで、いつも爪とぎをしている場所に置いてあげると良いでしょう。

爪とぎのしつけ

赤いソファと猫 猫ちゃんがきちんと爪とぎボードで爪を研ぐようにするためには、マタタビなどの匂いを活用するのがオススメです! また、爪とぎをしてほしくない場所には、ビニール素材やアルミ箔などの爪を研ぎにくい素材で覆ってしまうのが効果的です。

最後に

猫を飼うときに心配なことの1つは、家の壁や家具が爪とぎによってボロボロになってしまうことではないでしょうか。 飼い主さんも猫ちゃんも快適に暮らせるように、猫ちゃんに合った爪のお手入れを実践してみてくださいね。 なお、猫の爪とぎについては、こちらでもご紹介しています。こういったグッズを活用するのも良いですよ。
猫の爪とぎって結局どれを買えばいいの?!おすすめの爪とぎとは。