【犬図鑑】賢く活発でカッコイイ!6種のハーディング・ドッグを紹介

皆さんは牧場で活躍する「ハーディング・ドッグ」という犬たちについてご存じでしょうか。彼らは非常に高い知能と優れた運動能力を備えており、難しい作業をこなし、畜産業の現場で重要な役割を果たしています。

今回は、ハーディング・ドッグの仕事内容や、様々なハーディング・ドッグの中から代表的な6犬種をご紹介いたします。

「ハーディング・ドッグ」ってどんな犬?

ハーディング・ドッグとは、主に牧場で羊や牛などの家畜を特定の場所に移動させる役割を果たす犬のことを指します。彼らは飼い主の指示に従って群れを方向転換させたり、群れからはみ出た家畜を群れに戻したりと、高度な作業をこなしています。

※実際に羊を移動させる様子は、こちらの動画をご覧下さい。

牧場で活躍する犬には、「ガーディング・ドッグ」と呼ばれる犬もいます。ガーディング・ドッグはオオカミやコヨーテなどの外敵から家畜を守る役割を担っています。ハーディング・ドッグが機敏に動く小型~中型犬が多い一方で、ガーディング・ドッグは体の大きい大型犬が活躍しています。

ちなみに、牧場で働く犬には「牧羊犬」と「牧畜犬」がいます。両者は一般的に、対象とする家畜の種類によって区別されます。牧羊犬は羊を対象にするのに対し、牧畜犬は羊以外の家畜を対象に作業する犬を指します。

知能が高く運動神経抜群な「ボーダー・コリー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,ボーダー・コリー

牧羊犬と言えば、最初に思い浮かぶのはおそらくボーダー・コリーでしょう。

この犬種は非常に賢く、優れた身体能力を持つことで知られています。名前の「ボーダー」は国境を意味し、イギリスのイングランドとスコットランドの国境付近で活躍したことが由来となっています。

体高は約53cm前後で、体重は14~22kgほどのやや大きめの中型犬です。見知らぬ人や他の犬にはあまり興味を示しませんが、家族に対しては非常に愛情深く、鋭い観察眼を持っており、人間との協力作業を好む傾向があります。

短い足でも活発に動く「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギーには、「ペンブローク」と「カーディガン」という2つの種類があります。日本でよく見かけるのは、カーディガンより一回り小さい「ペンブローク」です。

イギリスのウェールズ原産とされるこの犬種は、主に牛、羊、ポニーなどを追いかけて移動させる牧畜犬として活躍していました。この際、家畜のかかとを咬んで誘導していたため、体高が高い個体では家畜に後ろ足で蹴られる可能性がありました。そのため、脚の短い個体を選んで繁殖させたことで、現在のような胴長短足の体型になったとされています。

美しくエレガントな「ラフ・コリー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,ラフ・コリー

一般的に「コリー」といえば、このラフ・コリーを指します。『名犬ラッシー』という映画やテレビ番組で人気を博したことでも知られる、イギリスのスコットランド北部原産の牧羊犬です。

ラフ・コリーと外見が似ている犬種としては、短毛の「スムース・コリー」や、より小型の「シェットランド・シープドッグ」などがいて、どちらもラフ・コリーと同じくハーディング・ドッグです。

体高は56~61cmで、体重は22~30kgの大型犬ですが、賢く穏やかな性格を持っており、しつけにはあまり苦労しないとされています。一方で、真っすぐな長毛のダブルコートを持つため抜け毛が多く、美しくエレガントな被毛を維持するには、日々のお手入れが欠かせません

がっしり骨太な体格の「オーストラリアン・キャトル・ドッグ」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,オーストラリアン・キャトル・ドッグ

オーストラリアン・キャトル・ドッグは、イギリスからオーストラリアに渡った開拓民により生み出された犬種だとされています。主に牛を追う牧畜犬で、強靭なスタミナと高い運動能力を持ち合わせています。賢く従順な性格を持ちながらも、同時に独立心が強く、頑固な一面も見受けられます。

体重は約20kg前後の中型犬で、筋肉質で骨太ながっしりとした体つきをしています。比較的丈夫な犬種とされており、かつて29歳まで生き、長寿犬としてギネス記録に認定されていたオーストラリアン・キャトル・ドッグは、約20年ものあいだ牧畜犬として働き続けました

キリッとした顔がかっこいい「オーストラリアン・ケルピー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,オーストラリアン・ケルピー

オーストラリアン・ケルピーは、日本ではあまり知られていない犬種ですが、原産国のオーストラリアでは人気の高い犬種で現役の牧羊犬や家庭犬として親しまれています。体高は46~51cm、体重は11~21kgの短毛の中型犬で、賢く陽気でエネルギーに満ちあふれています。

この犬種は、オーストラリアに入植したスコットランド人により作り出され、「ケルピー」という名前はスコットランドに伝わる伝説の水の精を意味します

筋肉質で引き締まった体つきに、しっかりと立った三角形の耳と、キリッとしたきつねのような顔立ちが特徴です。

賢く機敏なモップ犬「プーリー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,プーリー

プーリーはハンガリー原産の牧羊犬で、その独特なドレッドヘアーが目を引き、まるでモップが歩いているようなユーモラスな姿が魅力です。プーリーはハンガリー語で「リーダー」を意味し、羊の誘導のみならず、オオカミなどの外敵から家畜を守るガーディング・ドッグの役割もこなしています。

よく似た容姿を持つ犬種に「コモンドール」がいますが、こちらもハンガリー原産の牧羊犬です。このような被毛は、ハンガリーの厳しい寒さや家畜を襲う外敵から体を守る役割をしています。

プーリーはその見た目からは運動が得意そうには見えませんが、賢く活発で訓練能力も高く、ハンガリーでは警察犬としても活躍しています。

まとめ

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種

ハーディング・ドッグたちの中から、厳選して6つの犬種をご紹介しました。

彼らはその活躍の歴史から、吠え癖や咬み癖が出る可能性がありますが、一方で賢さと高い訓練能力を兼ね備えています。適切なしつけやトレーニングをして、運動欲求や作業欲求を満たしてあげれば、犬とアクティブに活動したい人にとっては最高のパートナーとなるでしょう。

今回ご紹介しきれなかった犬種もいますので、ハーディング・ドッグに興味を持たれた方は、ぜひご自身でも詳しく調べてみてください。

【画像クイズ】個性が強い!独特の外見を持つ犬たち②

世界の犬を見ていると、一風変わった個性的な犬種がいることに気付かされます。そういった犬たちは、体の一部の画像を見ただけでも犬種がわかってしまうかもしれません。

それでは、ぜひ犬種当てクイズに挑戦してみてください!
Q.1 この脚をもつ犬の種類は?
クイズ,牧羊犬,特徴,犬種,珍しい犬種,闘犬
正解です!
不正解です!
正解は「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」です。 クイズ,牧羊犬,特徴,犬種,珍しい犬種,闘犬
短い脚がユーモラスで可愛い印象のウェルシュ・コーギー・ペンブローク。イギリスのウェールズで牧羊犬として、牛、羊、ポニーなどの家畜を追う仕事をしていました。

その際、動物のかかとを噛んで誘導するという方法で行っていましたが、体高が高いと家畜に後ろ足で蹴られてしまう可能性があったため、脚の短い個体を交配させ、現在のような脚が短い犬になりました。

飼い主には愛情深く、他人にもフレンドリーな性格ですが、何かを守ろうとする保護能力が高いため、守るためなら怖いもの知らずで大胆不敵な一面もあります。
Q.2 この額をもつ犬の種類は?
クイズ,牧羊犬,特徴,犬種,珍しい犬種,闘犬
正解です!
不正解です!
正解は「シャー・ペイ」です。 クイズ,牧羊犬,特徴,犬種,珍しい犬種,闘犬
全身を覆うシワがかなり独特なシャー・ペイ。同じく中国が原産の犬のチャウ・チャウと同様に、青黒い舌を持ちます。

全身のシワや青黒い舌の原因は定かではありません。シワについては、主に猟犬や番犬として活躍していましたが、時には闘犬として用いられたため、相手の犬と戦った際に大怪我を負わないように深いシワが出来るよう繁殖されたという説があります。

性格は飼い主には愛情深い反面、他人には警戒心を持ちます。穏やかで堂々とした佇まいがあり、独立心が強く、かまわれすぎるのを嫌う傾向があります。  
Q.3 この毛をもつ犬の種類は?
クイズ,牧羊犬,特徴,犬種,珍しい犬種,闘犬
正解です!
不正解です!
正解は「プーリー」です。 クイズ,牧羊犬,特徴,犬種,珍しい犬種,闘犬
まるでモップのようなユーモラスな外見のプーリー。その様子から運動は苦手そうに見えますが、実はハンガリー原産の牧羊犬で、とても活発な犬種です。

独特のドレッドヘアの様な被毛は、冬の厳しい寒さや風、オオカミなどの害獣から身を守るために必要だったと言われています。 この毛は放っておくと絡まってフェルト状になってしまう性質があるため、数日に一度は適度な太さに裂くなど、被毛のケアに大変な労力が必要になります。

性格は牧羊犬らしく、好奇心旺盛で遊び好き、しつけもしやすい傾向があります。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【犬種クイズ】穏やかで賢い!シェットランド・シープドッグの魅力

美しい毛並みと、穏やかで賢い性格が魅力のシェットランド・シープドッグ。「シェルティ」という愛称でも知られ、日本だけでなく世界中で人気の犬種です。

今回は、シェルティについて、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、シェルティクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 シェルティの原産国はどこ?
正解です!
不正解です!
正解は「イギリス」です。
シェルティは、イギリス最北端にあるシェットランド諸島が原産の牧羊犬です。

1909年には、イギリスのケンネルクラブに「シェットランド・コリー」という名称で登録されましたが、外見がよく似たラフ・コリーなどとの混同を避けるため、 「シェットランド・シープドッグ」に変更されました。
Q.2 シェルティの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「無駄吠えはあまりしない」です。
シェルティはもともと牧羊犬だったこともあり、比較的吠えやすい犬種だといわれています。騒音トラブルに発展することも少なくないため、小さい頃からしつけをすることが大切です。

シェットランド諸島の気候条件が非常に厳しく、少ない飼料でも飼育できるようにと、徐々に小型化されていきました。そのため、体はラフ・コリーよりもふた回りほど小さいです。

走り回るのが大好きで、運動能力が高く賢いため、ドッグスポーツにも適しています。被毛はダブルコートで寒さには強い犬種ですが、換毛期には抜け毛が多いため、ブラッシングは毎日行いましょう。
Q.3 シェルティがかかりやすい「コリーアイ症候群」の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「失明することはない」です。
コリーアイ症候群は、コリー種に特徴的に見られる遺伝性の眼疾患です。多くの場合は無症状ですが、網膜剥離などが起こると失明してしまうこともあるため注意が必要です。

予防法も治療法も確立されていないため、コリーアイ症候群を発症した犬を繁殖させないことが重要です。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【犬図鑑】シェットランド・シープドッグの歴史、性格、飼い方
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【犬クイズ】牧羊犬にはどんな犬がいるか知ってる?

みなさんは「牧羊犬」と聞いてどんな犬を思い浮かべますか?

今回は牧羊犬にスポットを当て、犬種や特徴についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、牧羊犬クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 次のうち、実際に存在しない牧羊犬はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「オーストリアン・シープドッグ」です。
「シープドック」はその名の通り「牧羊犬」という意味があり、クロアチアン・シープドッグ、シェットランド・シープドッグ、ピレニアン・シープドッグなどが存在します。あまり聞き慣れない犬種も多いかもしれません。

この中で最も有名なのが「シェルティ」の愛称で知られるシェットランド・シープドッグでしょう。スコットランドにあるシェトランド諸島原産であることから名付けられ、牧羊犬として活躍していました。
Q.2 次のうち、実際に存在しない牧羊犬はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ジャーマン・コリー」です。
コリーにはボーダー・コリー、ビアデッド・コリー、ラフ・コリーなどの種類が存在し、日本で単に「コリー」と言った場合はラフ・コリーを指すことが多いです。

なお、警察犬としてもお馴染みのジャーマン・シェパードは「ドイツの牧羊犬」という意味があり、牧羊犬に分類されています。しかし、実際に牧羊犬として働いたことはないそうです。
Q.3 コリーの説明として誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ボーダー・コリーは、体に縞模様があることから名前がついた」です。
ボーダ・コリーという名は、イングランドとスコットランドの国境(ボーダー)地域原産であることに由来します。ラッシーはラフ・コリーがモデルとなっており、世界中で大ブームを巻き起こしました。

コリーは運動能力に優れており、1回1時間の散歩を朝晩に行うことが望ましいとされています。ドッグランなどに連れて行くのもいいかもしれませんね。コリー・アイ症候群は遺伝疾患であり、予防法や治療法はありません。軽度の視力障害から失明まで症状がさまざまなため、早期の発見が大切です。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!