【犬種クイズ】穏やかで賢い!シェットランド・シープドッグの魅力

美しい毛並みと、穏やかで賢い性格が魅力のシェットランド・シープドッグ。「シェルティ」という愛称でも知られ、日本だけでなく世界中で人気の犬種です。

今回は、シェルティについて、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、シェルティクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 シェルティの原産国はどこ?
正解です!
不正解です!
正解は「イギリス」です。
シェルティは、イギリス最北端にあるシェットランド諸島が原産の牧羊犬です。

1909年には、イギリスのケンネルクラブに「シェットランド・コリー」という名称で登録されましたが、外見がよく似たラフ・コリーなどとの混同を避けるため、 「シェットランド・シープドッグ」に変更されました。
Q.2 シェルティの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「無駄吠えはあまりしない」です。
シェルティはもともと牧羊犬だったこともあり、比較的吠えやすい犬種だといわれています。騒音トラブルに発展することも少なくないため、小さい頃からしつけをすることが大切です。

シェットランド諸島の気候条件が非常に厳しく、少ない飼料でも飼育できるようにと、徐々に小型化されていきました。そのため、体はラフ・コリーよりもふた回りほど小さいです。

走り回るのが大好きで、運動能力が高く賢いため、ドッグスポーツにも適しています。被毛はダブルコートで寒さには強い犬種ですが、換毛期には抜け毛が多いため、ブラッシングは毎日行いましょう。
Q.3 シェルティがかかりやすい「コリーアイ症候群」の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「失明することはない」です。
コリーアイ症候群は、コリー種に特徴的に見られる遺伝性の眼疾患です。多くの場合は無症状ですが、網膜剥離などが起こると失明してしまうこともあるため注意が必要です。

予防法も治療法も確立されていないため、コリーアイ症候群を発症した犬を繁殖させないことが重要です。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【犬図鑑】シェットランド・シープドッグの歴史、性格、飼い方
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【犬クイズ】牧羊犬にはどんな犬がいるか知ってる?

みなさんは「牧羊犬」と聞いてどんな犬を思い浮かべますか?

今回は牧羊犬にスポットを当て、犬種や特徴についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、牧羊犬クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 次のうち、実際に存在しない牧羊犬はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「オーストリアン・シープドッグ」です。
「シープドック」はその名の通り「牧羊犬」という意味があり、クロアチアン・シープドッグ、シェットランド・シープドッグ、ピレニアン・シープドッグなどが存在します。あまり聞き慣れない犬種も多いかもしれません。

この中で最も有名なのが「シェルティ」の愛称で知られるシェットランド・シープドッグでしょう。スコットランドにあるシェトランド諸島原産であることから名付けられ、牧羊犬として活躍していました。
Q.2 次のうち、実際に存在しない牧羊犬はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ジャーマン・コリー」です。
コリーにはボーダー・コリー、ビアデッド・コリー、ラフ・コリーなどの種類が存在し、日本で単に「コリー」と言った場合はラフ・コリーを指すことが多いです。

なお、警察犬としてもお馴染みのジャーマン・シェパードは「ドイツの牧羊犬」という意味があり、牧羊犬に分類されています。しかし、実際に牧羊犬として働いたことはないそうです。
Q.3 コリーの説明として誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ボーダー・コリーは、体に縞模様があることから名前がついた」です。
ボーダ・コリーという名は、イングランドとスコットランドの国境(ボーダー)地域原産であることに由来します。ラッシーはラフ・コリーがモデルとなっており、世界中で大ブームを巻き起こしました。

コリーは運動能力に優れており、1回1時間の散歩を朝晩に行うことが望ましいとされています。ドッグランなどに連れて行くのもいいかもしれませんね。コリー・アイ症候群は遺伝疾患であり、予防法や治療法はありません。軽度の視力障害から失明まで症状がさまざまなため、早期の発見が大切です。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!