【犬図鑑】ゴールデン・レトリーバーの歴史や特徴、飼い方のポイント

ゴールデン・レトリーバーといえば、リビングで穏やかな表情を浮かべ優雅に横たわっているような、優しいイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。世界的にも非常に人気があり、日本でも大型犬の中では一番の人気を誇る犬種です。

今回は、そんなゴールデン・レトリーバーの歴史や特徴、注意すべき病気について解説します。

ゴールデン・レトリーバーの歴史

ゴールデン・レトリーバー,しつけ,性格,歴史,注意,特徴,犬図鑑,犬種,病気,飼い方

ゴールデン・レトリーバーの詳しい歴史はほとんどわかっていません。確実なことは、この犬種がイギリスで誕生したものであるということです。一説によれば、この犬種の祖先はセターやウェービーコーテッド・レトリーバー(フラットコーテッド・レトリーバーの先祖)などとの交配によるものだったとされています。

1913年以降、この犬種はイエロー・レトリーバーまたはゴールデン・レトリーバーと呼ばれていましたが、1920年になり、正式にゴールデン・レトリーバーという名前に統一されました。

性格や外見の特徴、イギリスで生まれたことから、しばしばラブラドール・レトリーバーの長毛タイプと思われがちですが、これらの犬種のルーツはまったく異なります

ゴールデン・レトリーバーの特徴

ゴールデン・レトリーバー,しつけ,性格,歴史,注意,特徴,犬図鑑,犬種,病気,飼い方

身体的特徴

オスの体高は56~61cm、メスの体高は51~56cmが標準とされています。体重はオスが29~34kg、メスが24~29kg程度で、大型犬に分類されます。

被毛

被毛は分厚く、水をはじく撥水性のダブルコートで、1~2回の換毛期には大量の毛が抜け落ちることがあります。毛色はゴールドまたはクリームで、わずかに見られるホワイトは胸にのみ許容されます。

性格

基本的に人懐っこく、家族に対してはとても愛情深く、常に一緒にいたがる傾向があります。比較的穏やかな性格ですが、大型犬は力が強いため、はしゃいだり興奮したりするとコントロールが難しい場合もあります。

使役犬として活躍できるほど、賢く従順で洞察力があります。一方で、若齢期はイタズラ好きで物を壊してしまうこともあります。活発で遊び好きなため、普段から十分な運動や遊びが必要です。

アメリカ系とイギリス系

一般的に見られるゴールデン・レトリーバーは、アメリカ系の血統を持つ犬です。

イギリス系のゴールデン・レトリーバーはアメリカ系に比べると数が少なく、白やクリームなどの薄い毛色で、がっしりとした体型をしています。

アメリカ系には鼻が茶色に変色する子も見られますが、イギリス系は真っ黒な鼻をしていることも特徴です。

ゴールデン・レトリーバーの気をつけたい病気

ゴールデン・レトリーバー,しつけ,性格,歴史,注意,特徴,犬図鑑,犬種,病気,飼い方

股関節形成不全

股関節の発育や形成に異常が見られ、お尻を振りながら歩くモンロー・ウォークや、座る際に横座りになることがあります。
股関節に違和感を覚え、症状が重度になると痛みを伴う場合があります。

悪性腫瘍

ゴールデン・レトリーバーは、悪性だけでなく良性の腫瘍もできやすい犬種です。体表の腫瘍は普段のスキンシップの際に十分にチェックし、体内の腫瘍は血液検査や超音波検査などを受けると早期発見につながります。

胃拡張・胃捻転

胃が拡張し、ねじれ(捻転)を起こすことで、命にかかわる可能性が高い病気です。早食いや一度に大量の食事を摂ること、食後すぐの運動を避けるようにしましょう。

外耳炎

垂れ耳の犬種であるため、湿気や異物、細菌、真菌、耳ダニなどの寄生虫、アレルギーなどが原因で外耳炎が発生することがあります。日頃から耳垢の量や色、耳の臭いをチェックし、異常が見られた場合は早めにかかりつけの動物病院で受診しましょう。

アトピー性皮膚炎

ハウスダストや花粉、カビなどのアレルゲンが皮膚に接触することが原因で皮膚炎が発症します。発症には遺伝的な素因が関係しているといわれており、生後6ヶ月から3歳くらいでの発症が多いようです。

熱中症

被毛が多いことや肥満になりやすい犬種であることから、暑さに弱く、熱中症にかかりやすい傾向があります。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方のポイント

ゴールデン・レトリーバー,しつけ,性格,歴史,注意,特徴,犬図鑑,犬種,病気,飼い方

十分に運動させる

穏やかなイメージがあるゴールデン・レトリーバーですが、若くて健康であれば、とても体力があり活発な犬種です。また、好奇心旺盛で遊び好きな犬種のため、毎日の散歩に加えて、おでかけや遊びを日常に取り入れてあげましょう。

「レトリーバー」とは、獲物を回収するタイプの鳥猟犬のことを指します。そのため、ゴールデン・レトリーバーには獲物を回収して飼い主のところに持ってくる習性があります。家庭犬のゴールデン・レトリーバーも、ボールやディスクを使ったモッテコイ遊びなどで作業欲求を満たしてあげましょう

元々水辺でも活躍する狩猟犬であったため、水を嫌がらず、泳ぎも得意です。機会があれば水遊びにも挑戦してみましょう。

早食いや肥満、誤食に注意

食欲旺盛な子が多い犬種ですので、早食いや一気食いが原因で胃拡張捻転症候群になる可能性があります。早食い防止の食器などを使用するようにしましょう。

また、太りやすい犬種とされており、肥満になると関節に負担がかかるだけでなく、心臓病などの様々な病気のリスクを高めてしまうので、注意が必要です。

ストレスや好奇心から、おもちゃなどを誤って飲み込んでしまうこともあります。飲み込みやすい大きさのものは、きちんと管理しておきましょう。

こまめなブラッシングを

被毛が多く、皮膚トラブルが多い犬種です。毛質も細く絡まりやすいため、こまめにブラッシングやシャンプーをすることをおすすめします。月に1~2回シャンプーし、週に数回はブラッシングしましょう。換毛期は毎日ブラッシングが必要です。カットは足の裏の毛を刈る程度で、通常は必要ありません。

イタズラ好きで物を壊すことも

好奇心が旺盛で力が強いため、若い犬は何でもかんでも持ってきたり、物を壊してしまうこともめずらしくありません。ストレスを発散させたり、きちんとしつけをすることで、徐々におさまっていきますので、地道に行ってください。

しつけがしやすい犬種ではありますが、大型犬で力が強いため、コントロールが難しい場合はドッグトレーナーなどに相談することをおすすめします。

最後に

ゴールデン・レトリーバー,しつけ,性格,歴史,注意,特徴,犬図鑑,犬種,病気,飼い方

穏やかで優しいイメージのあるゴールデン・レトリーバーですが、意外にもヤンチャで遊び好き、イタズラ好きな一面もあります。ただし、賢く好奇心旺盛な犬種でもあるため、愛犬とのおでかけや遊びが好きな方にとっては、最高のパートナーとなるでしょう。

しっかりしつけられたゴールデン・レトリーバーは、最高の家庭犬といっても過言ではありません。適切な飼い方をしっかり学び、ゴールデン・レトリーバーの魅力を引き出してあげてください。

【画像クイズ】個性が強い!独特の外見を持つ犬たち⑤

犬に詳しい方なら、犬の特徴的な部分を見るだけで犬種を当てられるのではないでしょうか。今回は、体の一部を見て犬種を当てるクイズの第5弾です。
あまり知られていないレアな犬種も登場するので、ご期待ください。

それでは、クイズを解きながら犬の体や犬種について学んでいきましょう!
Q.1 巻いたしっぽが特徴的なこの犬の種類は?
クイズ,しっぽ,体の一部,写真,毛並み,特徴,犬,犬種,珍しい犬種,画像クイズ,耳
正解です!
不正解です!
正解は「柴犬」です。 クイズ,しっぽ,体の一部,写真,毛並み,特徴,犬,犬種,珍しい犬種,画像クイズ,耳,柴犬
柴犬のしっぽは一般的には背中に向かってくるんと巻いている巻き尾が主流ですが、その巻き方にはさまざまな種類があります

しっぽが背骨より右側に巻いているか左側に巻いているかで、「右巻」か「左巻」に分かれます。さらに、それらの巻き方が強く、しっぽの先がほぼ一周しているものを「右二重巻」「左二重巻」と呼びます。左右どちらにもよらず、真ん中で巻いているしっぽは「車巻」、同様に左右によらず、しっぽの先が体から離れているものは「半巻」と言います。

柴犬のしっぽには巻き尾だけでなく、しっぽの先端が背中につかず、丸まった形状でない「差し尾」と呼ばれるしっぽもあります。また、半巻と差し尾の中間くらいの巻き方をするしっぽを「半差尾」といいます。

しっぽの種類は細かく分ければまだまだあります。街中で見かける柴犬のしっぽを見ながら歩くと、さまざまな個性が発見できて面白いかもしれませんね。
Q.2 ローズイヤーと呼ばれるこの耳をもつ犬の種類は?
クイズ,しっぽ,体の一部,写真,毛並み,特徴,犬,犬種,珍しい犬種,画像クイズ,耳
正解です!
不正解です!
正解は「イタリアン・グレーハウンド」です。 クイズ,しっぽ,体の一部,写真,毛並み,特徴,犬,犬種,珍しい犬種,画像クイズ,耳,イタリアン・グレーハウンド,イタグレ
ローズイヤーは、途中で折れた耳が後ろにねじれて耳の中が見えるという、特徴的な形をしています。耳たぶの重なった様子がバラの花に似ていることから名づけられたとされています。

イタリアン・グレーハウンドの他にも、「ブルドッグ」や「ウィペット」などもローズイヤーの耳を持ちます。

ただし、イタリアン・グレーハウンドには立ち耳だったり、正面に向いて垂れ下がっているような耳の形をしている子もいますが、ドッグショーに出るような犬でない限り、問題はありません。
Q.3 この特徴的な毛並みをもつ犬の種類は?
クイズ,しっぽ,体の一部,写真,毛並み,特徴,犬,犬種,珍しい犬種,画像クイズ,耳
正解です!
不正解です!
正解は「ローデシアン・リッジバック」です。 クイズ,しっぽ,体の一部,写真,毛並み,特徴,犬,犬種,珍しい犬種,画像クイズ,耳,ローデシアン・リッジバック
ローデシアン・リッジバックはアフリカ南部原産の犬種で、ライオン狩りをしていた歴史を持つことから「ライオン・ドッグ」とも呼ばれています。”リッジ”(ridge)とは「盛り上がった場所」を指し、この犬種は背中の毛が逆向きに生える珍しい特徴を持っています。

犬が興奮や恐怖を感じると、首から尾までの背中の毛が逆立つことがありますが、ローデシアン・リッジバックは生まれつき背中の毛が背骨に沿って逆向きに生えています。

リッジバック・ドッグには他にも「タイ・リッジバック・ドッグ」や、ベトナム原産の「プー・クォック・リッジバック・ドッグ」(JKC未公認)が存在します。これらの犬種も背中にリッジを持つ共通の特徴がありますが、ローデシアン・リッジバックと東南アジアのリッジバック・ドッグたちはDNA解析により、直接的な血のつながりはないことが明らかにされています。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【猫図鑑】短足で愛らしい!マンチカンの特徴と飼い方のポイント

短い足が印象的なマンチカン。その性格から「犬のよう」だといわれることもあります。猫の人気品種ランキングでは常に上位にいるマンチカンには、一体どのような魅力があるのでしょうか。 今回はマンチカンの歴史や特徴、飼い方のポイントについて解説していきます。

マンチカンの歴史

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患 マンチカンは1944年にイギリスで初めて報告されたといわれており、遺伝子の突然変異により自然に発生した猫種です。その後、ロシアやアメリカでも短足の猫の存在が知られていましたが、1983年にアメリカで発見された短い足の猫の子どもの足も短く生まれてきました。 遺伝子検査により健康上問題ないことが判明したため、本格的にブリーディングが開始されました。初期には遺伝子的な欠陥や免疫力の弱さが懸念されましたが、足の短い猫がさまざまな場所で見つかり、近親交配のリスクが低下したことから、1995年にはアメリカの猫の血統登録団体に新しい猫種として登録されました。

名前の由来

「マンチカン」という名前は『オズの魔法使い』に登場する、小柄で短足な種族「マンチキン」に由来しています。「マンチキン」には「小柄」「子ども」といった意味があり、少し幼く見えるマンチカンにぴったりな名前と言えるでしょう。

マンチカンの特徴

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患

身体的特徴

マンチカンの体長は60cm程度、体重はオスで3.0〜4.5kg、メスで2.3kg〜3.6kg程度です。足が短いイメージが強い猫種ではあるものの、短足のマンチカンは全体の2割ほどしかおらず、普通の猫と同じくらいの長さの長足や、短足と長足の間の中足の子が多いです。

被毛

マンチカンの被毛の構造はダブルコートで、短毛種と長毛種が存在します。短毛種の抜け毛はあまり気になりませんが、長毛種は密度が高く抜け毛が多いため、毎日のブラッシングが必要です。 毛色や柄はさまざまで、クリーム色や黒、茶色などを1色、または複数の色の毛をもち、バリエーションは大変豊かです。

性格

マンチカンは、犬のような性格をしていると言われるほど甘えん坊で、飼い主のことが大好きです。おだやかで社交性も高く、初めて会う人や猫にも懐きやすいため、多頭飼育に向いている猫種でもあります。 好奇心が旺盛で活発な性格をしており、運動神経も抜群です。

マンチカン立ちとは?

マンチカンは突然立ち上がり、二足で直立不動になることがあります。これを「マンチカン立ち」といい、大変かわいらしくマンチカンファンの間でも人気のポーズです。 では、マンチカンはなぜ二足で立ち上がるのでしょうか。理由は複数考えられます。
  • びっくりした
  • 周囲を見渡している
  • 威嚇している
  • 甘えている
  • おねだりしている
警戒心の強いマンチカンは、大きな音がしたり想定外のことが起こった時に、びっくりして思わず立ち上がることがあります。また、普段とは違う気配を感じた時に、周囲を見渡すために二足立ちすることもあります。 多くの動物は、威嚇する際に自分を大きく見せようと二足立ちをしますが、マンチカンや他の猫も同様に、二足立ちをすることで自分の存在を大きく見せて威嚇することがあります。 また、甘えたりおねだりしたい時にも、飼い主の気を引くために二足立ちをすることがあります。

マンチカンのかかりやすい病気

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患 マンチカンにはかかりやすい病気がいくつかあります。遺伝的な病気の予防は難しいですが、生活環境の整備や普段のお手入れで予防できるものもあります。
  • 多発性嚢胞腎
  • 肥大型心筋症
  • 骨軟骨異形成症
  • 変形性関節症
  • 毛球症
  • 椎間板ヘルニア

詳しくは以下の記事をご参照ください。
【獣医師監修】手足が短いマンチカンの好発疾患と予防法 https://cheriee.jp/cats/26961/

マンチカンの飼い方のポイント

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患

肥満に注意

マンチカンの短い足で大きな体を支えるのは負担がかかります。肥満にならないように食事の管理をしっかり行い、運動も十分にできる環境を整えてあげましょう。 高い場所が大好きなため、キャットタワーやキャットウォークもおすすめですが、足が短い子には少し低めのタワーを用意してあげましょう。

スキンシップは毎日行う

マンチカンは飼い主に甘えるのが大好きです。どんなに忙しくても毎日スキンシップを取りましょう。撫でたり抱っこしたりするだけでも構いませんが、おもちゃを使って一緒に遊ぶことで運動にもなります

浴槽の水は必ず抜いておく

猫は暖かい浴室を好む傾向があります。しかし、浴槽にお湯を入れたままにしてしまうと、足の短いマンチカンは浴槽から出られず、溺れてしまう恐れもあるため、浴槽のお湯は必ず捨てましょう

まとめ

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患 マンチカンは突然変異により生まれた足の短い猫に由来します。遺伝子解析により健康上の問題がないことが判明したため、1995年に登録された比較的新しい猫種です。 短い足が印象的ですが、実際には短足の子は、マンチカンの2割程しかおらず、長足や中足が多くを占めています。被毛の長さや色・柄はさまざまなバリエーションがあります。 特に足が短い子は、肥満になると体への負担が大きいため、食事や運動管理はしっかり行いましょう。飼い主とのスキンシップも大好きなため、一緒に遊びながら運動を取り入れていくことをおすすめします。

【猫図鑑】小さくて甘えたがり!シンガプーラってどんな猫種?

シンガプーラという猫種は聞いたことがあっても、実際の大きさや色や性格などを詳しく知らない方も多いでしょう。比較的歴史の浅い猫種であるものの、そのサイズや性格は他の猫にはない魅力があります。 今回は、シンガプーラという猫種と飼い方のポイントについてご紹介します。

シンガプーラの歴史

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 シンガプーラの起源には2つの説があります。

シンガポールの土着の猫由来

1970年初頭、シャム猫好きなアメリカ人のメドゥ夫妻は、夫の赴任先であるシンガポールで、動物保護団体から小さな猫(シンガプーラ)を引き取って暮らしていました。 任期を終えて5匹の猫とともに帰国し、アメリカでブリーディングを開始したところ、小さい体と美しい毛色から人気に火がつき、ブリーディングを始めてからわずか6~7年という異例の速さで猫種として登録されました。

バーミーズとアビシニアンの交雑由来

一方で、メドゥ夫妻はバーミーズとアビシニアンを飼育していたことから、土着の純血種ではなく、これらの交雑種ではないかという議論が巻き起こりました。 しかし、メドゥ夫妻がシンガポールから猫を譲り受けて交配したことは事実であるとして、シンガプーラの登録は取り消されませんでした。

シンガプーラの特徴

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番

身体的特徴

シンガプーラは、純血種の猫の中では世界でもっとも小さいといわれており、体重は2kgほどしかありません。しかし、アメリカでブリーディングされているシンガプーラは、サイズが大きくなっている個体も年々増えているようです。 大きな耳とアーモンド型の目が特徴で、筋肉質でがっしりとした体つきをしています。

性格

シンガプーラは活発で運動が大好きです。好奇心が旺盛で動き回ることも多いため、「小さな暴れん坊」と呼ばれることもあります。構ってもらうのも大好きで、飼い主について回り、時には飼い主に飛び乗ることもあります。 おとなしい性格をしていますが、他の猫や動物に嫉妬することも少なくなく、ストレスを感じやすい猫種です。

被毛

短毛でシングルコートの被毛をもつため、抜け毛は少なく、お手入れは週に2回ほどのブラッシングで十分です。 毛色はセピア色で、1本の毛に2種類以上の帯状の模様が入るティッキングの被毛が特徴です。

シンガプーラの気をつけたい病気

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 2007年に行われた遺伝子研究により、シンガプーラは遺伝的多様性が少なく、遺伝性疾患が起こりやすいことがわかりました。 遺伝性の疾患は予防や治療ができませんが、愛猫のかかりやすい病気を把握しておき、症状が現れたらすぐに動物病院を受診することが大切です。

ピルビン酸キナーゼ欠損症

ピルビン酸キナーゼとは、赤血球の生存に欠かせない酵素で、これが欠乏することで赤血球が破壊されて貧血を起こしてしまう病気です。 疲れやすく運動したがらなくなる、赤茶色の尿が出る、口の粘膜や舌の色が白っぽくなるなどの症状が見られます。生後2〜3ヵ月齢以降に慢性的な貧血が現れることが多いものの、貧血を繰り返すと順応してしまい、症状が現れにくくなります。 遺伝性の疾患のため、予防法や治療法はありませんが、遺伝子検査により発症する可能性が高いかどうかを確認することが可能です。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、心臓の筋肉が厚くなり心臓の内部が狭くなることで、血液の循環がうまくいかなくなる病気です。 悪化すると呼吸困難や歩けなくなったりすることもあります。初期は症状がありませんが、徐々に悪化していくと、突然死してしまう危険もあります。

シンガプーラの飼い方のポイント

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 飼育環境が適切ではないと、ストレスが溜まったり、体調を崩したりしてしまう可能性もあります。 シンガプーラを飼いたいと思ったら、まずは以下の点をクリアできるかを考えてみましょう。

高いところに登りたがる

活発で遊び好きのシンガプーラは、棚やカーテンレールなどの高いところが大好きです。運動不足の解消のためにも、上下運動ができるキャットタワーを設置してあげましょう。 ただし、キャットタワーを設置したからといって他の家具に登らなくなるということはありません。登ってほしくない棚などがある場合は、対策を講じる必要があります。

お留守番は得意ではない

一般的に猫は一人で過ごすことが多く、犬と比較すると多少の時間であればお留守番は問題ないといわれています。しかし、シンガプーラは飼い主が大好きで、お留守番はあまり得意ではありません。ねこじゃらしやボールなどを使って一緒に遊んであげる時間も必要です。 長時間のお留守番が必要な環境では、シンガプーラを飼育するのは難しいかもしれません。

寒さに注意

シンガポール生まれかつ、短毛でシングルコートの被毛をもつシンガプーラにとって、寒さは大の苦手です。冬は常に暖房をつけて室内を暖かくしてあげましょう。

最後に

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 シンガプーラは体が小さく、お手入れも比較的楽なため、マンションなどでも飼いやすい猫種かもしれません。しかし、活発で飼い主に甘えたがりな性格のため、お留守番の多い家で飼うのはあまりおすすめできません。 しかし、飼い主についてきたり一緒に遊んだりするのも大好きなため、愛猫と仲良くしたい方にとってはとても良いパートナーになれるでしょう。

【犬図鑑】難聴に注意!ダルメシアンの歴史や飼い方のポイント

ダルメシアンと聞くと、多くの方はディズニーの「101わんちゃん」を想像するのではないでしょうか。スマートな体つきで、気品さも感じられる犬種です。日本では頻繁に見かけるわけではありませんが、たまに見ると「おっ!」とテンションが上がりますよね。 今回はそんなダルメシアンの歴史や特徴、注意したい病気について解説していきます。

ダルメシアンの歴史

犬図鑑,犬種,ダルメシアン,歴史,特徴,シングルコート,先天性,社会化,ハンドシグナル,トレーニング ダルメシアンの起源ははっきりとわかっていません。ヨーロッパやエジプト、インドなどにダルメシアンのような犬がいた記録が残っているため、どこで生まれ、どういう歴史をたどっていったのか、詳細は不明です。この理由として、ダルメシアンはジプシーや旅商人の犬として世界各地を回っていたためだと考えられています。 18世紀頃になると、クロアチアに位置するダルマチア地方で飼われていたことから「ダルメシアン」と呼ばれるようになったものの、それ以前からダルメシアンと思われる犬種が存在していたという記録も残り、謎の多い犬種です。 19世紀後半には、イギリスでスタンダードが定められ、貴族や裕福層の犬として可愛がられました。また、馬車の伴走犬として活躍しており、その姿に多くの人が魅了されました。

ダルメシアンの特徴

犬図鑑,犬種,ダルメシアン,歴史,特徴,シングルコート,先天性,社会化,ハンドシグナル,トレーニング

身体的特徴

オスの体高は56~61cm、体重は約27~32kg、メスの体高は54~59cm、体重は約24~29kgが標準とされています。 一般的に大型犬に分類されますが、中型犬として扱われることもあります。

被毛

被毛はシングルコートで短毛ですが、毛が抜けやすいためこまめなお手入れが大切です。 毛色は白地に黒またはレバー色のはっきりした斑点が特徴的です。生まれたばかりの子犬には斑点がなく、2週間くらい経ってから徐々に斑点模様が見えるようになっていきます。

性格

ダルメシアンはとても活発で、走ることが大好きです。しかし、運動不足になるとストレスが溜まり問題行動に発展しやすいため、普段から十分に運動させてあげる必要があります。 家族に対しては甘えん坊ですが、人見知りをする傾向が強く、他の人や犬には神経質になることがあるため、初対面の接触には注意しましょう。

ダルメシアンで気をつけたい病気

犬図鑑,犬種,ダルメシアン,歴史,特徴,シングルコート,先天性,社会化,ハンドシグナル,トレーニング ダルメシアンにはかかりやすい病気がいくつかあります。日々の生活や食事などに注意しながら、愛犬が少しでも長く健康でいられるようにしましょう。

先天性聴覚障害

内耳の聴覚器の異常により、難聴になりやすいとされています。 ダルメシアンの白い毛の部分にはメラニンという色素がありません。メラニンは被毛の色だけでなく、目の色や聴覚の維持にも関係しており、ダルメシアンの20〜30%は片耳もしくは両耳が聞こえないといわれています。特に青い目のダルメシアンは発症率が高くなると考えられています。 声をかけても反応しなかったり、物覚えが悪いなど、日常生活で気になることがあれば、早めに動物病院で検査することをオススメします。

尿結石症

尿結石症とは、尿管または尿道に結石がつまってしまう状態です。結石が詰まると尿を排出できないため、膀胱破裂や腎不全を起こして死に至る可能性もあります。 メスよりもオスの方が発症する可能性が高く、6歳以上のオスの30%以上は何らかの症状が出ているといわれています。 プリン体を多く含む食べ物をなるべく控え、水分をしっかり摂取することが大切です。

ダルメシアンの飼い方のポイント

犬図鑑,犬種,ダルメシアン,歴史,特徴,シングルコート,先天性,社会化,ハンドシグナル,トレーニング

運動量は多い

もともとダルメシアンは馬車の伴走犬として活躍していたため、並外れた体力と持久力があります。そのため、1回1時間程度の散歩を1日2回は行い、ただ歩くだけでなくジョギングなども取り入れましょう。 週末にはボール遊びやドッグランでしっかり体を動かす機会を作り、運動不足にならないように気を付けてあげましょう。

社会化期のしつけが大切

ダルメシアンは頑固で神経質なため、一度覚えたことはなかなか変えようとしません。しつけができていないと、体力がある分、手がつけられなくなった際にとても危険です。 場合によってはプロの力を借りつつ、子犬のときからしっかりとしつけをすることが大切です。

ハンドシグナルによるトレーニング

先述の通り、ダルメシアンは難聴になる可能性が高い犬種です。言葉のみの指示をしていると、聞こえなくなった時に指示がうまく伝わりません。 もしものことを考え、ハンドシグナルを用いてしつけのコマンドを出すことをオススメします。

プリン体の摂取を控える

レバーやイワシなどの一部の魚介類にはプリン体が多く含まれており、尿結石症の原因となります。まったく摂取してはいけないわけではありませんが、なるべく避けつつ、愛犬にとって安心で安全な食事を与えてあげましょう。

最後に

犬図鑑,犬種,ダルメシアン,歴史,特徴,シングルコート,先天性,社会化,ハンドシグナル,トレーニング アニメ映画で有名なダルメシアン。スマートな見た目や特徴的な斑点がとても魅力的な犬種です。 しかし、ダルメシアンは運動量が多かったり、しつけが難しかったりと、犬を飼い慣れていない人にはハードルが高い犬種かもしれません。 それでも覚悟をもって飼うことを決めたのであれば、素敵なパートナーになれるでしょう。病気などにも注意しながら、楽しいペットライフを送れますように。

【犬図鑑】賢く活発でカッコイイ!6種のハーディング・ドッグを紹介

皆さんは牧場で活躍する「ハーディング・ドッグ」という犬たちについてご存じでしょうか。彼らは非常に高い知能と優れた運動能力を備えており、難しい作業をこなし、畜産業の現場で重要な役割を果たしています。 今回は、ハーディング・ドッグの仕事内容や、様々なハーディング・ドッグの中から代表的な6犬種をご紹介いたします。

「ハーディング・ドッグ」ってどんな犬?

ハーディング・ドッグとは、主に牧場で羊や牛などの家畜を特定の場所に移動させる役割を果たす犬のことを指します。彼らは飼い主の指示に従って群れを方向転換させたり、群れからはみ出た家畜を群れに戻したりと、高度な作業をこなしています。 ※実際に羊を移動させる様子は、こちらの動画をご覧下さい。

牧場で活躍する犬には、「ガーディング・ドッグ」と呼ばれる犬もいます。ガーディング・ドッグはオオカミやコヨーテなどの外敵から家畜を守る役割を担っています。ハーディング・ドッグが機敏に動く小型~中型犬が多い一方で、ガーディング・ドッグは体の大きい大型犬が活躍しています。 ちなみに、牧場で働く犬には「牧羊犬」と「牧畜犬」がいます。両者は一般的に、対象とする家畜の種類によって区別されます。牧羊犬は羊を対象にするのに対し、牧畜犬は羊以外の家畜を対象に作業する犬を指します。

知能が高く運動神経抜群な「ボーダー・コリー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,ボーダー・コリー 牧羊犬と言えば、最初に思い浮かぶのはおそらくボーダー・コリーでしょう。 この犬種は非常に賢く、優れた身体能力を持つことで知られています。名前の「ボーダー」は国境を意味し、イギリスのイングランドとスコットランドの国境付近で活躍したことが由来となっています。 体高は約53cm前後で、体重は14~22kgほどのやや大きめの中型犬です。見知らぬ人や他の犬にはあまり興味を示しませんが、家族に対しては非常に愛情深く、鋭い観察眼を持っており、人間との協力作業を好む傾向があります。

短い足でも活発に動く「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,ウェルシュ・コーギー・ペンブローク ウェルシュ・コーギーには、「ペンブローク」と「カーディガン」という2つの種類があります。日本でよく見かけるのは、カーディガンより一回り小さい「ペンブローク」です。 イギリスのウェールズ原産とされるこの犬種は、主に牛、羊、ポニーなどを追いかけて移動させる牧畜犬として活躍していました。この際、家畜のかかとを咬んで誘導していたため、体高が高い個体では家畜に後ろ足で蹴られる可能性がありました。そのため、脚の短い個体を選んで繁殖させたことで、現在のような胴長短足の体型になったとされています。

美しくエレガントな「ラフ・コリー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,ラフ・コリー 一般的に「コリー」といえば、このラフ・コリーを指します。『名犬ラッシー』という映画やテレビ番組で人気を博したことでも知られる、イギリスのスコットランド北部原産の牧羊犬です。 ラフ・コリーと外見が似ている犬種としては、短毛の「スムース・コリー」や、より小型の「シェットランド・シープドッグ」などがいて、どちらもラフ・コリーと同じくハーディング・ドッグです。 体高は56~61cmで、体重は22~30kgの大型犬ですが、賢く穏やかな性格を持っており、しつけにはあまり苦労しないとされています。一方で、真っすぐな長毛のダブルコートを持つため抜け毛が多く、美しくエレガントな被毛を維持するには、日々のお手入れが欠かせません

がっしり骨太な体格の「オーストラリアン・キャトル・ドッグ」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,オーストラリアン・キャトル・ドッグ オーストラリアン・キャトル・ドッグは、イギリスからオーストラリアに渡った開拓民により生み出された犬種だとされています。主に牛を追う牧畜犬で、強靭なスタミナと高い運動能力を持ち合わせています。賢く従順な性格を持ちながらも、同時に独立心が強く、頑固な一面も見受けられます。 体重は約20kg前後の中型犬で、筋肉質で骨太ながっしりとした体つきをしています。比較的丈夫な犬種とされており、かつて29歳まで生き、長寿犬としてギネス記録に認定されていたオーストラリアン・キャトル・ドッグは、約20年ものあいだ牧畜犬として働き続けました

キリッとした顔がかっこいい「オーストラリアン・ケルピー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,オーストラリアン・ケルピー オーストラリアン・ケルピーは、日本ではあまり知られていない犬種ですが、原産国のオーストラリアでは人気の高い犬種で現役の牧羊犬や家庭犬として親しまれています。体高は46~51cm、体重は11~21kgの短毛の中型犬で、賢く陽気でエネルギーに満ちあふれています。 この犬種は、オーストラリアに入植したスコットランド人により作り出され、「ケルピー」という名前はスコットランドに伝わる伝説の水の精を意味します。 筋肉質で引き締まった体つきに、しっかりと立った三角形の耳と、キリッとしたきつねのような顔立ちが特徴です。

賢く機敏なモップ犬「プーリー」

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種,プーリー プーリーはハンガリー原産の牧羊犬で、その独特なドレッドヘアーが目を引き、まるでモップが歩いているようなユーモラスな姿が魅力です。プーリーはハンガリー語で「リーダー」を意味し、羊の誘導のみならず、オオカミなどの外敵から家畜を守るガーディング・ドッグの役割もこなしています。 よく似た容姿を持つ犬種に「コモンドール」がいますが、こちらもハンガリー原産の牧羊犬です。このような被毛は、ハンガリーの厳しい寒さや家畜を襲う外敵から体を守る役割をしています。 プーリーはその見た目からは運動が得意そうには見えませんが、賢く活発で訓練能力も高く、ハンガリーでは警察犬としても活躍しています。

まとめ

ハーディング,性格,牧畜犬,牧羊犬,特徴,犬,犬種 ハーディング・ドッグたちの中から、厳選して6つの犬種をご紹介しました。 彼らはその活躍の歴史から、吠え癖や咬み癖が出る可能性がありますが、一方で賢さと高い訓練能力を兼ね備えています。適切なしつけやトレーニングをして、運動欲求や作業欲求を満たしてあげれば、犬とアクティブに活動したい人にとっては最高のパートナーとなるでしょう。 今回ご紹介しきれなかった犬種もいますので、ハーディング・ドッグに興味を持たれた方は、ぜひご自身でも詳しく調べてみてください。

【犬図鑑】陽気で賢くさまざまな個性が!スパニエル5種をご紹介

皆さんは「スパニエル」という名前がつく犬たちについて、ご存じでしょうか。キャバリアやアメリカン・コッカーはよく知られた人気の犬種ですね。 しかし、スパニエル種の犬たちが、狩猟の際にどういった役割をしていたのか、なぜ「スパニエル」と呼ばれているのかなどは、あまり知られていないかもしれません。そこで、今回はスパニエル犬種についてご紹介します。

「スパニエル」ってどんな犬?

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬 スパニエルとは、フランス語で「スペインの(Epagneul)」を意味します。しかし、不思議なことにスペイン原産の犬にはスパニエルのような犬種がいません。一説には、スパニエルの祖先犬がスペイン地方からフランスに入ったため、フランス人がそう名付けたのではないかと言われています。 スパニエルは鳥猟犬の一種ですが、長い耳とウェーブした被毛、大きな目をした犬が多く、猟犬ながらとても愛らしい容姿をしています。 狩猟の際には、ハンターが獲物を撃ちやすいように、発見した鳥を驚かせて飛び立たせる役割を担っていました。ただし、スパニエルの中には、キャバリアなど、猟犬ではなく愛玩目的の犬もいます。 また、日本のお座敷犬である「狆」も、スパニエルの血統ではなく全く猟犬ではないにもかかわらず、スパニエルに似た外見から、英語では「ジャパニーズ・スパニエル(Japanese Spaniel)」と呼ばれることがあります。

優しく穏やかな「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬,キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルはイギリス原産の犬種で、「キャバリア」や「キャバ」などと呼ばれ、日本でも人気のある犬種です。 絹のように美しい毛並みを持ち、穏やかで友好的な性格の犬が多い犬種ですが、名前の「キャバリア」は中世の騎士にちなんだ意味を持ち、性格と正反対の勇ましい印象を与えます。「キング・チャールズ」はイギリス王室のチャールズ1世、2世に愛されていた犬の流れを汲むところからきています。 しつけに苦労することがほとんどないほど飼いやすい犬とされていますが、遺伝的に心臓病が多く、健康管理が非常に重要な犬種です。

瞬発力がすごい「イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル」

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬,イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、スパニエルの中でも特に古い歴史を持つ犬種で、現代でも猟犬として活躍しています。「スプリンガー」は、バネのような瞬発力を持つことから名付けられました。 19世紀後半までは、後述するイングリッシュ・コッカー・スパニエルと同じ犬種とされていましたが、サイズが大きいタイプをスプリンガー・スパニエル、小さいタイプをコッカー・スパニエルと区別し、別犬種として扱われるようになりました。 明るく活発で、賢くトレーニングしやすい犬種ですが、特に理由もなく突然手がつけられないほど怒り狂う「激怒症候群(レイジ・シンドローム)」という先天性疾患の好発犬種であるため、その点には注意が必要です。

優秀な猟犬「イングリッシュ・コッカー・スパニエル」

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬,イングリッシュ・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、先述したイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(以下、スプリンガー)から分かれた犬種で、スプリンガーより小型な体型ですが、狩猟犬の性質が強い犬種です。原産国のイギリスでは非常に人気があり、日本では「インギー」という愛称で呼ばれることがあります。 「コッカー」とはヤマシギという鳥を意味し、ヤマシギ猟に使われるスパニエルという意味でこの名が付けられました。 明るく従順な性格ですが、スプリンガーと同じく「激怒症候群(レイジ・シンドローム)」の好発犬種でもあるため、注意が必要です。

とにかく陽気な「アメリカン・コッカー・スパニエル」

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬,アメリカン・コッカー・スパニエ アメリカン・コッカー・スパニエルはディズニー映画の『わんわん物語』の主役として知られ、世界的に愛されているアメリカ原産の犬種です。 非常に人懐こく明るい性格で、アメリカン・ケネル・クラブのサイトでは、「The merry and frolicsome Cocker Spaniel」(陽気で陽気なコッカー・スパニエル)と紹介されるほど、とにかく陽気な犬として知られています。日本では「アメコカ」という愛称で呼ばれています。 先述したイングリッシュ・コッカー・スパニエルから愛玩犬向きの犬が選ばれ、アメリカン・コッカー・スパニエルの基になりました。 美しい毛並みを維持するため、こまめなブラッシングや定期的なトリミングをし、垂れた耳のケアも必要になるため、手入れには手間を要する犬種です。

意外にもスパニエル種の「パピヨン」

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬,パピヨン 意外なことに、パピヨンにもスパニエルの血が入っています。パピヨンの祖先は小型だったため、「一寸法師のスパニエル(エパニエルナン)」と呼ばれ、16世紀にはフランス国内に入り、王侯貴族たちに寵愛を受けていました。 当時は垂れ耳タイプのパピヨンが多く、現在のような耳が立ったタイプのパピヨンは、18世紀末頃から選択的なブリーディングにより増えていきました。 パピヨンとはフランス語で「蝶」を意味し、耳が蝶の羽のように見えることに由来しています。英語では「バタフライ・スパニエル(butterfly spaniel)」とも呼ばれることがあります。 垂れ耳タイプのパピヨンは、フランス語で「蛾」を意味する「ファレーヌ(phalene)」と呼ばれます。蛾と名付けられてしまいましたが、パピヨンは立ち耳タイプが主流なため、ファレーヌタイプは稀少だとも言えます。

まとめ

スパニエル,性格,特徴,犬,犬種,鳥猟犬 現役の逞しい猟犬から、それとはかけ離れた可愛らしい愛玩犬まで、様々なスパニエルたちを5種ご紹介しました。鳥猟犬の中にはレトリーバーやポインター、セターなど役割によって種類がありますが、スパニエルほど多様なタイプがある犬種はいません。 スパニエル種はまだまだたくさんの犬種が存在しますので、興味を持った方はご自身でも調べてみてくださいね。

【犬図鑑】穏やかさと賢さが魅力!6種のレトリーバーたちをご紹介

名前に「レトリーバー」とつく犬種としては、ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーが有名で、優れた家庭犬として広く愛される一方で、盲導犬やセラピー犬などの多岐にわたる分野で活躍することでも知られています。 しかしながら、レトリーバーと名がつく犬はこれら2犬種だけに限られません。今回は、6種類のレトリーバーを紹介いたします。中には日本ではあまり知られていない犬種も含まれていますので、どのような犬たちなのか見ていきましょう。

「レトリーバー」ってどんな犬?

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬 レトリーバーは、ハンターが撃ち落とした獲物を回収し、ハンターの元に持ち帰る役割を担っていた鳥猟犬です。その名前は、「回収する」という意味の「レトリーブ(retrieve)」に由来し、「レトリーバー(retriever)」は「回収者」を意味します。 獲物がしばしば沼地や水中に落ちるため、泳ぐことが得意です。また、獲物を傷つけずにハンターの元に持ち帰るために、レトリーバーは獲物を柔らかく咥える「ソフトマウス」という技術を備えています。 外見的には、垂れた耳と優しい顔つきの大型犬で、がっしりとした骨格を持つという共通点があります。性格的には、穏やかで賢く、従順で遊び好きという特徴があります。 レトリーバーは多くの愛好家に支持されており、専門の雑誌も発行されています。
¥900 (2024/03/04 15:10:43時点 Amazon調べ-詳細)
ちなみに、「レトリバー」と「レトリーバー」という表記の両方が使われることがありますが、どちらも間違いではありません。ジャパンケネルクラブ(JKC)では「レトリーバー」という表記に統一されており、先に紹介した雑誌でも「レトリーバー」という表記が使用されています。

明るく優秀な「ラブラドール・レトリーバー」

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬,ラブラドール・レトリーバー ラブラドール・レトリーバーは、世界的に非常に人気のある犬種であり、その人気は衰えることがありません。この犬種が家庭犬だけでなく盲導犬や介助犬、麻薬捜査犬など多岐にわたる分野で活躍する理由は、「高い服従性」と「自己判断能力」の両方を兼ね備えているからだと言われています。 また、ラブラドール・レトリーバーは明るく好奇心旺盛であり、食欲も旺盛なため、太りやすい傾向があります。 被毛は短毛ですが、ダブルコートのため下毛がよく抜けます。毛色はブラック、イエロー、チョコレートの3種類があり、ブラックは「黒ラブ」、チョコレートは「チョコラブ」という愛称で親しまれています。

穏やかで甘えん坊な「ゴールデン・レトリーバー」

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬,ゴールデン・レトリーバー ゴールデン・レトリーバーは見た目からも分かる通り、穏やかで人懐こい傾向があります。しかし、穏やかな一方で非常に体力があり、活発な犬種でもあります。日本だけでなく、世界的にもラブラドールと人気を二分する代表的なレトリーバーです。 興奮してはしゃいだり、甘えん坊で人に対して依存的な一面も見られるため、レトリーバー種の中では精神的にやや幼い傾向があるとされています。 被毛はダブルコートで、滑らかなウェーブがかかった上毛と、密生した下毛を持ちます。前足や胸の飾り毛は走るとしなやかに美しくなびきます。毛色はゴールドまたはクリームで、胸にわずかに白い毛が見られることもあります。

優雅な佇まいの「フラットコーテッド・レトリーバー」

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬,フラットコーテッド・レトリーバー 名前の通り、長くしなやかな直毛を持つレトリーバーで、日本ではラブラドールやゴールデンに次ぐ人気を誇り、「フラッティ」という愛称で親しまれています。非常に明るく、愛嬌があり、甘えん坊な性格が人気の理由の一つです。 他のレトリーバー種ほど胸幅や腰幅はなく、スマートな印象ですが、しっかりとした筋肉を持ち、より軽快に優雅に歩きます。 非常に滑らかで美しい被毛を持ちますが、耐水性のある密生した下毛があるため、抜け毛が多く、ブラッシングが欠かせません。毛色はブラックまたはレバーの単色のみです。

小柄なレトリーバー「ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー」

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬,ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー 「ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー」という非常に長い名前を持つ犬種ですが、「ノヴァ・スコシア」は原産地のカナダのノヴァ・スコシア半島を示し、「ダック・トーリング」はカモ猟の際に特殊な技術である「トーリング」を使ってカモをおびき寄せることから名付けられました。英語圏では一般的に「トラー」という愛称で呼ばれていますレトリーバーの中では最も小柄なサイズですが、機敏さは群を抜いています。日本国内では飼育頭数が少なく、希少な存在ですが、カナダや北欧などでは小型のレトリーバーとして人気があります。 毛色はレッドやオレンジなどで、しっぽの先や脚、胸などに白い斑が入ります。被毛はダブルコートで、滑らかでウェーブのかかった上毛と密集した下毛を持ちます。

タフさが自慢の「チェサピーク・ベイ・レトリーバー」

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬,チェサピーク・ベイ・レトリーバー 名前の通り、原産地はアメリカ東部のメリーランド州チェサピーク湾周辺ですが、原産国であるアメリカではラブラドールやゴールデンなどのイギリス原産のレトリーバーの方が人気が高く、日本でも登録頭数が少ない犬種です。愛好家からは「チェシー」という愛称で呼ばれています。 他のレトリーバー種と比べて特にタフであり、最も優れた猟犬の能力を持つと言われています。アメリカでは盲導犬としても活躍しており、日本では1992年に初めての介助犬となった犬種としても知られています。 毛色はブラウン、セッジ、デッドグラス、タンなど、様々な濃淡のブラウン系バリエーションがあります。胸や腹部には小さなホワイトの斑が入ることもあります。被毛は体の中心部を中心にウェーブしており、上毛は短くて厚く、下毛は密集しており、水をよくはじきます。

自立心が高いレア犬種「カーリーコーテッド・レトリーバー」

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬,カーリーコーテッド・レトリーバー レトリーバー種の中でも特に歴史が古いとされている犬種です。かつてカナダのニューファンドランド島に生息していた犬とイギリスの古いウォーター・ドッグとの混血の犬に、プードルを交配させたため、名前の通り強くカールした被毛を持つようになりました。この特徴的な巻き毛は狩猟時に植物から身を守り、寒い環境下で保温の役割を果たしてきました。 他のレトリーバー種と比較して、自立心が高く非常に賢い犬種と言われています。 特徴的な巻き毛はシングルコートであり、他のレトリーバー種よりも手入れは簡単ですが、換毛期には大量の毛が抜けるため、頻繁なブラッシングが必要です。毛色はブラックまたはレバーの単色です。 世界中には愛好家が存在しますが、日本では非常に希少な犬種であるため、ほとんど見かけることはありません。

まとめ

レトリーバー,レトリバー,商品紹介,性格,特徴,犬,犬種,飼い方,鳥猟犬 多くの人々に愛される犬種から、あまり知られていない犬種まで、様々なレトリーバーをご紹介しました。彼らの陽気さや活発さは、私たちを元気づける力を持っているように感じます。 大型犬であるため、飼うのはなかなか難しいかもしれませんが、ぜひお気に入りのレトリーバーを見つけてみてください。