日本で狂犬病が発生する可能性は十分にある!知られざる危機とは

「今の日本は狂犬病が発生していない国だから、飼い犬にワクチン接種させる必要はない」などという誤った情報が、ネット上などで散見されます。しかし、実は日本でも狂犬病が発生する可能性は十分にあることをご存じでしょうか。

この記事では、日本で狂犬病が発生する可能性やその恐ろしさ、予防接種しなかった場合の法的な罰則などを解説しています。この機会に狂犬病の正しい知識を再確認していただけたら幸いです。

日本のワクチンの接種率は危機的な数値

予防,感染,犬,狂犬病,狂犬病ワクチン,狂犬病予防注射,飼い主,飼い方,飼い犬

2024年2月7日、群馬県の伊勢崎市で小学生ら12人が近所で飼われていた中型犬に次々と咬まれるという事件が発生しました。非常にショッキングなニュースであり、記憶に残っている方も多いことでしょう。

さらに、この犬が自治体へ畜犬登録されていない上に、狂犬病ワクチンを接種していないことが分かり、事件の深刻さに拍車をかけました。

ただし、この飼い主だけが特殊なわけではなく、近年狂犬病ワクチンは接種率の低下や誤った情報の広まりが専門家などから問題視されています。

狂犬病ワクチンの接種率は年々低下

日本での狂犬病の感染は、人間は1956年、動物は1957年に猫の発症を最後に60年以上発生していません(海外で感染し、日本で発症した例は除く)。そのため、日本は「狂犬病清浄国」とされていますが、実は危機的な状況に置かれていることをご存じでしょうか。

狂犬病の発生やまん延を防ぐために、法律で義務づけられている予防接種。
しかし、その接種率は減少傾向にあります。

接種の間隔が半年1回から年1回に変わった1985年以降はほぼ100%で推移していましたが、1996年ごろから減り始め、2000年度には80%を下回りました。

2022年度は、全国の市区町村に登録されている犬606万7716頭に対し、予防接種を受けたのは429万9587頭で、接種率は70.9%にとどまりました。

出典:狂犬病の予防接種 なぜ7割に? SNSではワクチンめぐり誤情報の拡散も | NHK NESWEB

このようなワクチン接種率の推移は、厚生労働省が公表している統計を元にしていますが、これは自治体に「登録されている犬」が狂犬病ワクチンを接種している接種率で、先述した人を咬んだ中型犬のような「未登録の犬」や飼い主のいない野犬はカウントされていません。

そのため、未登録の犬を含めるとワクチンの接種率が50%を下回る可能性も十分に考えられます。WHOのガイドラインでは、狂犬病のまん延を防ぐためには犬全体の70%以上にワクチンを接種する必要があるとされており、狂犬病清浄国とされている日本も安全とは言えないのが現状です。

ワクチン接種率の地域格差

狂犬病ワクチンの接種率には地域差も見られます。厚生労働省が発表した都道府県別のワクチン注射率(2022年度)において、注射率が高い都道府県は以下の通りです。

順位 都道府県 注射率
1 山形県 88.4%
2 青森県 87.1%
3 新潟県 86.6%
4 岩手県 84.5%
5 宮城県 81.3%

一方で、注射率の低い県は以下の通りです。

順位 都道府県 注射率
42 大阪府 62.1%
43 愛媛県 61.8%
45 和歌山県 61.2%
46 福岡県 60.8%
47 沖縄県 52.4%

なお、全国平均は先述の通り70.9%であり、東京都は平均を下回る69.9%(30位)でした。

都道府県別の犬の登録頭数と予防注射頭数等|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/01.html

飼い主の接種意識の現状

狂犬病ワクチンを接種しない理由の一つに、飼い主の誤った認識が挙げられます。特に、国内で60年以上狂犬病の感染が確認されていないため、「日本では狂犬病の予防接種は必要ない」といった誤った認識が広がっています。

また、近年は室内で小型犬を飼う人が増加しており、地域によっては野生動物と接する機会が少ないことから、狂犬病の予防に対する意識が薄れている傾向も指摘されています。

さらに、ネット上では「狂犬病ワクチンが犬の寿命に影響する」、「狂犬病は生小豆を食べれば治る」などといった、科学的根拠がない情報が拡散されています。

狂犬病が復活した台湾

予防,感染,犬,狂犬病,狂犬病ワクチン,狂犬病予防注射,飼い主,飼い方,飼い犬

世界の狂犬病清浄国と呼ばれている国・地域には、日本、アイスランド、オーストラリア、ニュージーランドなどが含まれます。

しかし、かつてその一員であった台湾では、2013年7月に野生のイタチアナグマに、同年9月には飼い犬に狂犬病ウイルスの感染・発症が確認されました。

台湾での狂犬病の感染経路

日本で狂犬病が長年発生していない要因として、予防接種や検疫制度はもちろんのこと、日本が島国であることが大きいと考えられています。

しかし、同じく狂犬病が長年発生していない島である台湾では、狂犬病が発生してしまいました。台北在住の獣医師は次のように述べています。

島国の台湾で、イタチアナグマのような山林にすむ動物が突発的に狂犬病に感染することはあり得ない。おそらく数年前に大陸から持ち込まれたなんらかの動物が、スーパースプレッダー(一体で多数の個体に感染させる個体)となってさまざまな動物に広めた。

出典:台湾の「狂犬病ウイルス」はどこからやってきたのか? – ライブドアニュース

このように、台湾では外部から持ち込まれた動物により、野生動物の間で狂犬病が広がったとする見解が示されています。

そして、かつての台湾と同じ状況にある日本も、台湾のような経緯で狂犬病が発生する可能性は十分にあるのです。

さらに、先述したように狂犬病のまん延を防ぐためには犬全体の70%以上にワクチンを接種する必要がありますが、自治体に登録されている飼い犬ですらギリギリのラインである70%ほどの接種率です。

これらを踏まえると、日本でも狂犬病が発生し、さらにまん延してしまうという想定も、大げさとは言えないのではないでしょうか。

狂犬病を改めて考える

予防,感染,犬,狂犬病,狂犬病ワクチン,狂犬病予防注射,飼い主,飼い方,飼い犬

狂犬病は長らく日本国内での感染が発生していないため、多くの日本人にとって身近な病気ではないのかもしれません。海外に頻繁に行く人であっても、現地では狂犬病に注意していても、日本国内の発生に関してはイメージが湧かなくても不思議ではありません。

そこで、ここからは狂犬病という病気について再確認していきましょう。

狂犬病の恐ろしさ

狂犬病は人獣共通感染症であり、発症するとほぼ100%死に至る恐ろしい病気です。2018年の世界保健機関(WHO)の報告によれば、世界では毎年5万9000人が狂犬病に感染して死亡しています。一旦発症すると有効な治療法はなく、錯乱やけいれん、呼吸障害などの症状が現れ、ほぼ全ての患者が亡くなります。

※狂犬病については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

【ニュース】14年ぶりの狂犬病。ワクチン接種が愛犬と日本を守る
https://cheriee.jp/dogs/20354/

ワクチンの未接種は罰則対象

冒頭のニュースのように、狂犬病ワクチンを接種していない場合、どういった罰則があるのか見ていきましょう。

飼い犬に狂犬病の予防注射を受けさせていなかった場合は、20万円以下の罰金が科せられます(狂犬病予防法第27条第2号)。犬に狂犬病ワクチンの注射済票を着けていない場合も同様ですので、注意が必要です。

また、このニュースの飼い主は自治体に飼い犬の登録もしていませんでした。飼い主は犬を飼い始めてから30日以内に所在地の自治体に登録しなければなりません(生後91日未満の犬の場合は、生後91日を経過した日から30日以内)。

飼い犬を自治体に登録していなかった場合は、20万円以下の罰金の対象となります(狂犬病予防法第27条第1号)。また、犬に鑑札を付けていない場合も同様ですので、こちらも注意しましょう。

最後に

予防,感染,犬,狂犬病,狂犬病ワクチン,狂犬病予防注射,飼い主,飼い方,飼い犬

私たちが普段、狂犬病を恐れずに生活できる要因の一つとして、かつての日本で狂犬病を撲滅するために野犬を中心に多くの動物の命が犠牲になった過去があります。

そういった動物たちの犠牲を無駄にしないためにも、安易な考えや誤情報に惑わされることなく、飼い主としての責任を果たしていかねばなりません。

日本を狂犬病の脅威に晒されながら暮らすような国にしないためにも、飼い主が愛犬にきちんと狂犬病ワクチンを接種させることが非常に重要なのです。

準備はできてますか?春に忘れてはいけない犬の病気予防

春は何かと忙しくなる時期ですが、犬を飼っている方であればなおさらかもしれません。しかし、忙しいからと愛犬の病気予防を後回しにしてしまうのは良くありません。愛犬の健康のためにも病気予防は計画的に行いましょう。

今回は、この時期に忘れてはいけない狂犬病ワクチン、フィラリア症やノミ・ダニの予防について解説していきます。いろいろな方法を紹介していますので、ご自身や愛犬に合った方法を、ぜひ見つけて下さい。

狂犬病ワクチン接種

ダニ,ノミ,フィラリア症,予防,健康,春,犬,犬の健康,狂犬病ワクチン,飼い方
狂犬病ワクチンは飼い犬の所有者が毎年一回受けさせなければならないと、法律で定められています。多くの自治体では3月頃に狂犬病予防注射の案内ハガキが届き、集合会場の場所や日程などが記載されています。

対象は生後91日齢以上の全ての犬で、接種できる場所は次の2つがあります。

接種場所①集合会場

近隣の多くの犬が集まり、順番に接種していきます。

集合会場で接種するメリット

  • 犬の登録や住所変更などが同時にできる
  • 案内ハガキを紛失してしまった場合でも注射を受けられる

犬を飼い始めた時は自治体に犬の登録をしなければなりません。また、引っ越して住所を変更した場合も変更手続きをしなければなりませんが、こちらは忘れてしまう場合もあるでしょう。多くの自治体の接種会場で、こういった手続きを注射と同時に行えます。(犬の登録申請手数料は、注射とは別に3,000円程度かかります。)

集合会場で接種するデメリット

  • 咬傷事故などのトラブル
  • 多くの犬を見たり、鳴き声を聞いたりして、自分の犬が過度に興奮したり怯えたりすることがある

特に費用の支払いをしたり手続きをしたりしている間は、犬から注意がそれてしまいトラブルの元になる可能性があります。

他の犬と十分に間隔を空けて並ぶ、二人がかりで連れていき一人は犬のトラブルを防ぐことに専念するなど、他の犬と接触しないような対策を取りましょう。キャリーケースやドッグストリングを使った方が安全な場合もあります。

接種場所②動物病院

かかりつけの動物病院でも狂犬病ワクチンは接種可能です。

動物病院で接種するメリット

  • 混合ワクチンの接種が終わっていない子犬の場合、獣医師と相談しながら進められる
  • 持病や老齢で健康に不安がある場合、ワクチン接種が免除されることもある
  • 集合会場の場合とは違い、日時の指定がない

子犬の場合は、「狂犬病ワクチン」とは別に、様々な病気を予防する「混合ワクチン」も短い期間で数回接種しなければなりません。(成犬になってからの混合ワクチンは年に一回です。)どちらを先に接種すればよいのか、ワクチンの間隔をどのくらいあけるのかなどは、かかりつけの獣医師に相談しながら進めていきましょう。

また、重度のアレルギーを持つ犬や重い病気を患っている犬、高齢のために体力や免疫力の低下が著しい場合などは、獣医師から「狂犬病予防注射猶予証明書」を発行してもらえる場合があり、狂犬病のワクチン接種を免除されます。健康に不安がある犬の場合は、動物病院で獣医師に相談した方が良いでしょう。

「狂犬病予防注射猶予証明書」の注意点として、一度発行されれば一生免除されるものではありません。毎年獣医師が健康状態を診察した上で発行しますので、忘れずに受診しましょう。また、ワクチン接種の免除を判断できるのは獣医師に限られています。自己判断でワクチンの接種をしていないと法律に反しますので絶対にやめましょう。

動物病院で接種するデメリット

  • 狂犬病ワクチンの案内ハガキがない場合は接種できない
  • 自治体が委託していない動物病院の場合、自ら届け出をする必要がある

自治体が委託している動物病院の場合、注射後にその場で狂犬病予防注射済票の交付が受けられます。この場合は市の窓口で手続きする必要はありません。狂犬病予防注射済票の交付手数料も、動物病院での支払いが可能です。

自治体が委託していない動物病院の場合は、獣医師から「狂犬病予防注射済証」が交付されます。この証明書と、自治体から送られてきた案内ハガキに加え、必要な手数料(1件550円)をあわせて、自治体の窓口に持参し、狂犬病予防注射済票の交付を受ける必要があります

自治体によっては、ホームページに委託している動物病院が掲載されていることがありますが、記載がない所も多いため、動物病院に問い合わせした方が確実です。

フィラリア症、ノミ・ダニの予防

ダニ,ノミ,フィラリア症,予防,健康,春,犬,犬の健康,狂犬病ワクチン,飼い方
春はフィラリア症の元となるが出始める季節であり、春から秋にかけてはノミやダニの活動が活発になります。愛犬の健康のためにはこれらを予防しなければなりません。フィラリア症やノミ・ダニの予防は次のような方法があります。

錠剤を飲ませる

食物アレルギーがある犬や、皮膚がデリケートな犬でも安心して使え、比較的安価というメリットがあります。一方で、味覚が鋭く薬を吐き出してしまう犬や、薬を飲ませるのが苦手な飼い主には難易度が高いかもしれません。

チュアブル錠を食べさせる

口の中で噛んでから飲み込む錠剤で、薬剤が練り込まれていますが、おやつのように嗜好性が高い薬です。喜んで食べてくれる犬が多くいます。ただし、食物アレルギーがある犬や食餌療法を行っている場合は注意が必要です。かかりつけの獣医師に相談しましょう。

滴下薬を塗布する

首の後ろあたりに駆虫成分が入った液体を塗布して使用するタイプの薬です。薬を飲むのが苦手な犬や食物アレルギーがある場合でも安心して使用できます。

デメリットは、臭いに敏感で神経質な犬の場合、塗られた場所を布などにこすりつけて成分を取ろうとします。また、多頭飼いでペット同士が舐め合うことがある環境では、薬を舐めると危険なため滴下薬は向いていません

注射で予防する(フィラリア症のみ)

動物病院での皮下注射でもフィラリア予防ができます。効果が12ヶ月間続くものもあるので、薬の飲み忘れを防止できるのが最大のメリットです。ただし、注射する際の体重によって薬の量が決まるため、体重が大きく変化する成長期の犬に使うことはできません。

オールインワンタイプの飲み薬もある

フィラリア症とノミ・マダニの両方の予防効果を持つ薬もあります。それに加えて、体内寄生虫(回虫・小回虫・鉤虫・鞭虫など)をまとめて駆除できるオールインワンタイプの薬もあります。いろいろな予防が一度に行えて便利な半面、薬自体の値段は高くなります。

まとめ

ダニ,ノミ,フィラリア症,予防,健康,春,犬,犬の健康,狂犬病ワクチン,飼い方
春は寒暖差が大きく、飼い主の生活環境の変化も起きやすい季節のため、犬にとってはストレスが溜まりやすく、体調を崩しがちになることもあるでしょう。
また、ダブルコートの犬は大量の抜け毛に困らされたりと、犬にいろいろと手がかかる時期でもあります。

しかし、暖かくなり犬の散歩やお出かけが楽しくなる時期でもありますので、病気予防やお世話をしつつも、犬との暮らしを楽しんでいきましょう。

ペットと一緒に台湾旅行に行く前にすべきこと

最近大流行中の台湾旅行。夏休みにペットと一緒に台湾旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。

でも飼い主のみなさん、ペットの入国準備は出来ていますか?実は、ペットの入国準備ができていないと、強制送還されてしまいます。

今回は、タイムラインを添えて、ペットと一緒に台湾旅行に行く前にすべきことをご紹介します。

台湾旅行をする前に

to do list
皆さんの犬・猫は以下の条件を満たしていないと台湾に入国できません。

  • 生後90日以上
  • 妊娠周期が必ず4週間以下
  • 入国できない犬種、猫種もあるので要確認

台湾旅行30日~1年前までに

マイクロチップ

dog run
最初の旅行準備はマイクロチップです。すべてのペットはマイクロチップを装着する義務があります。

私たちのパスポートに似たもので、ペット同伴海外旅行には欠かせないステップです。

狂犬病ワクチン

shot
すべてのペットは狂犬病予防接種を受けなくてはなりません。獣医師さんには、必ず“台湾旅行に行く”と伝えましょう。

また、狂犬病ワクチンの有効期限は1年以内です。それを過ぎると認可されない恐れがあります。旅行を計画したら、出国日に合わせてワクチン摂取をしましょう。

その他の許可書を発行する際にワクチン接種の証明書(ワクチンの種類も明記)の提示が必要となるので、必ず証明書を動物病院からもらっておきましょう。

台湾旅行30日前までに

form

狂犬病検査

ペットは血液中の狂犬病抗体の検査をしてもらわないといけません。

ワクチンを摂取した後、獣医師さんから“後日来院してください”などの案内があると思うので、必ず来院して検査をしてもらいましょう。

その際に獣医師さんから、ワクチン摂取済みであること、狂犬病抗体があることが証明できるよう、健康証明書に書いてもらうようにしましょう。

輸入検疫同意書

少なくとも20日前までに輸入検疫同意書を申請しましょう。

輸入検疫同意書とは“これからペットが台湾に入国することを許可してもらための照明書”です。輸入検疫同意書の書類に記入して、到着予定の空港の動植物防疫検疫局に送ってもいいですが、今はオンラインで簡単にできます。

忘れずに輸入検疫同意書の準備をしましょう。

動物検疫証明書の申請

ペット同伴の台湾旅行する前に、日本の農林水産省動物検疫所に“動物検疫証明書”の発行の申請をしなくてはなりません。

以下の項目を記載する必要があるので、提示できる準備をしておきましょう。

  • 犬・猫の品種、性別、年齢の確認が取れる証明書
  • マイクロチップ確認番号
  • 犬・猫が狂犬病ワクチンの摂取済みで、臨床症状がないことの証明書
  • 規定にあった狂犬病ワクチンの種類と接種年月日の証明書
  • 犬・猫が180日以上または生後一貫して日本で飼育されていること
  • 台湾で発行された輸入検疫同意書番号または輸入検疫同意書のコピー

手順は多いですが、安全で快適な旅行のために準備をしておきましょう

日本語表記ではなく、中国語、英語表記を

輸入検疫同意書と動物検疫証明書は必ず、中国語または英語表記でなくてはなりません。これは、台湾の国際空港で証明書を提出して見せる必要があるからです。

台湾の空港についてから

airport
空港に到着後、以下の3点を提出して申告しましょう。

  • 輸入検疫同意書
  • 動物検疫証明書(正本)
  • 税関申告書

特に、動物検疫証明書の正本を添付していない場合、当該犬・猫は日本に返送か殺処分されてしまいます。

そのような事故が起こらないように、家を出る前に必ず、上記の3点を持ったか確認しましょう。

おおよそ一年の準備期間が必要

dog travel
ペットと台湾旅行に行くには、最大で約1年の準備期間を必要とします。たくさんの手順があり大変ですが、順々に手続きをしましょう。一つでも漏れると入国ができなくなるため、常に“台北駐日経済文化代表処”に手順を確認しながら進めるのが良いでしょう。

また、これは台湾旅行に限ったケースですので、他の国の手続きとは異なります。外務省のウェブサイトに、駐日外国公館のリストがあるので、問い合わせるのが最も確実です。

外務省 駐日外国公館リスト
外務省 駐日外国公館リスト

そして、飛行機のチケットを購入する際にも、航空会社からペットの入国に関しての案内があるので、そちらもよく確認するようにしましょう。

ペットと海外旅行するのは、とても多くの準備が必要ですので、思いつきで行わず、きちんと計画的に行いましょう。日本からペットを海外に出す際の基本的な手続きについては、動物検疫所のウェブサイトに記載されていますので、こちらも併せて確認するようにしましょう。

動物検疫所 – 日本から海外への犬、猫の持ち出しについて
動物検疫所 – 日本から海外への犬、猫の持ち出しについて

台湾旅行の場合は、こちらも併せてご確認ください。

台北駐日経済文化代表処 – 犬・猫の日本から台湾への輸入検疫規定の手続き
台北駐日経済文化代表処 – 犬・猫の日本から台湾への輸入検疫規定の手続き

質問にお答えしました!

「欧米の航空会社は客室内にペットを同伴できるそうですが、台湾へ行く航空会社はすべてだめでしょうか?」

コメントありがとうございます。

残念ながら客室に同伴は出来ないようですが、貨物としてなら一緒に旅行できるみたいです。
詳しくは下記のリンクを確認してみてください。

ANA
ペットをお連れのお客様 [国際線]
JAL
ペット・動物をお預けのお客さまへ

また、国内線でしたら同伴できるチャーター便があるようなので、ここもチェックしてみてください!
ワンワンフライト|国内旅行(ツアー)|ANA SKY WEB TOUR
JALワンワンJET 沖縄4日間- 国内ツアー・旅行ならJALパック

参考になりましたでしょうか?
これからもぜひご意見をお聞かせいただけたら幸いです!