【獣医師監修】消化器疾患だけじゃない!猫の下痢で考えられる病気

猫と一緒に生活をする上で、毎日顔を合わせなければならないのが排泄物です。言葉を話せない猫において便や尿は、その子の健康状態をありのままに写す貴重なデータです。

もし、いつもより愛猫の便が柔らかい、あるいはもうほとんど形を有していないとしたら、あなたはどうしますか。もちろん、それは一時的な下痢かもしれません。しかし、そこには放置してはならない病気が隠れているかもしれないと、常に考えなくてはなりません。

今回は猫の下痢で考えられる疾患について解説します。

消化器などの内臓疾患

犬,下痢,消化器疾患,IBD,糖尿病,感染症,猫エイズ
下痢という症状について、まず考えられるのは消化器など内臓の異常です。わかりやすいのは腸炎でしょうか。

では、その下痢は腸に原因があるのか、それとも他の箇所に原因があって結果的に腸に影響が出ているのかは見た目ではわかりません。そこはしっかりと検査を行う必要があります。

まずは代表的な疾患をいくつか紹介します。

炎症性腸疾患(IBD)

【症状】
3週間以上続くような慢性的な嘔吐、下痢、食欲不振、元気消失など。低タンパク血症による腹水貯留が見られることもある。
【原因】
遺伝的素因、感染症、食物などによるアレルギー、腸内細菌の乱れ、免疫異常などが複合的に関与していると考えられるが、はっきりとした原因は不明。
【備考】
他の下痢を起こす疾患を鑑別・除外しながら、確定診断は内視鏡下での組織生検が必要となる。しかしこれには全身麻酔が必須であり、猫の状態などを慎重に見極める必要がある。

リンパ腫

【症状】
猫で多いとされる消化器型リンパ腫では嘔吐、下痢、食欲不振、元気消失が見られる。他には発生部位によって症状は様々で、縦隔型では胸水貯留、鼻腔ではくしゃみ、鼻汁、鼻出血、顔面の変形、腎臓では多飲多尿や血尿、中枢神経では発作が認められる。
【原因】
直接的な原因は不明だが、猫免疫不全ウイルス(FIV)や猫白血病ウイルス(FeLV)の感染や受動喫煙、慢性炎症の関与が示されている。
【備考】
FeLV陽性猫では若齢(3歳齢前後)、FeLV陰性猫では高齢(13歳齢以上)でのリンパ腫の発生が多いとされている。

肝リピドーシス

【症状】
元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢、黄疸、脱水など。
【原因】
太った猫において、他疾患などによる食欲不振から体内で蛋白質の不足が起こり、その結果、脂質代謝異常で肝臓に脂肪が蓄積するケースが多い。他にも栄養障害、ホルモン異常、ストレスが関わっているとされている。
【備考】
適切な体重管理によって猫を肥満にさせないことが、肝リピドーシスの発生予防に繋がるかもしれない。

胆管肝炎

【症状】
嘔吐、下痢、発熱、脱水、腹痛、黄疸など。
【原因】
消化管からの細菌の逆行(化膿性胆管肝炎)、炎症性腸疾患や膵炎などの関連(非化膿性胆管肝炎)による。
【備考】
胆管肝炎は猫の慢性肝疾患では最も多く見られる。化膿性か非化膿性かで治療方針も異なるので鑑別は重要。

内分泌疾患

犬,下痢,消化器疾患,IBD,糖尿病,感染症,猫エイズ
猫では内分泌系の疾患も比較的よく見られます。内分泌系とは、ホルモンを分泌する器官のことで、全身状態の維持に大きく関与しています。

何らかの原因でこの内分泌系に異常が起こると、下痢を始めとする様々な症状が現れます。

甲状腺機能亢進症

【症状】
嘔吐、下痢、食欲増加、体重減少、攻撃性増加、多飲多尿、脱毛など。
【原因】
頚部にある甲状腺の過形成や腫瘍によって、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって引き起こされる。
【備考】
シニア期(7歳齢以上)では、半年に一度くらいは健康診断として血液検査で甲状腺ホルモンを測定することが早期発見に繋がる。

糖尿病

【症状】
多飲多尿、嘔吐、下痢、脱水、便秘、低体温、体重減少など。皮膚感染症、膀胱炎といった感染症や白内障を引き起こすこともある。
【原因】
猫は蛋白質からグルコースを産生する代謝系が活発で、容易に血糖値が上昇する。インスリン分泌も低く、肥満、ストレス、感染症などの血糖値を下げられない因子が関わると糖尿病状態になりやすい。
【備考】
雄は雌の1.5倍発症しやすい。過体重、老齢、膵炎、腫瘍、感染症も危険因子となる。

感染症

犬,下痢,消化器疾患,IBD,糖尿病,感染症,猫エイズ
屋外に出ることのある猫は、他の猫から病原体をもらうこともあります。

以下の感染症は、日本でも注意するべきものです。中にはワクチンで予防できるものもあるので、生活環境によっては接種を検討してもいいかもしれません。

猫汎白血球減少症

【症状】
軽症例では軽度発熱、食欲不振。重症例では40℃以上の高熱、食欲廃絶、嘔吐、下痢。子猫での発症が多い。
【原因】
猫パルボウイルスの感染による。
【備考】
定期的なワクチンの接種によって予防する。アメリカのガイドラインでは3年に1回が推奨されている。

猫免疫不全ウイルス感染症

【症状】
感染後の時期によって症状は異なる。急性期では発熱、貧血、下痢など。その後症状がない時期が数カ月~数年続き、徐々に口内炎、歯肉炎、上部気道炎、皮膚症状、重度削痩、腫瘍(特にリンパ腫)、日和見感染などが現れる。
【原因】
猫免疫不全ウイルス(FIV)は、感染猫からの咬傷から感染する。
【備考】
外に出る習慣のある猫は感染のリスクを伴うので、室内飼いが推奨される。また多頭飼育の場合にも新しく猫を迎える際には、ウイルスを保持していないかを検査する必要がある。

トキソプラズマ症

【症状】
一般的には下痢を認め、成猫より子猫で見られる。これは原虫が腸管で発育することによるが、腸管外発育の場合には発熱、ぶどう膜炎、痙攣、黄疸、下痢、膵炎などを起こす。
【原因】
感染猫の糞便中のトキソプラズマ原虫を経口摂取することによって感染する。
【備考】
ヒトにも感染することがあり、特に妊娠中の女性は流産や胎児の視覚障害、脳障害なども起こるため注意が必要。

まとめ

犬,下痢,消化器疾患,IBD,糖尿病,感染症,猫エイズ
一言で下痢と言っても、その原因は様々です。早い段階で原因を突き止め、適切な処置をしてあげることが愛猫にとって一番なのではないでしょうか。

そのためには糞便検査や、便を写真に撮るなども有効となることがあります。何か気になることがあれば、気軽に動物病院にご相談ください。

【クイズ】切ったり抜いたりしていいの?猫のヒゲの役割とは

皆さんは、猫のヒゲについて深く考えたことはありますか?どんな役割があるのか、ヒゲを切ってもいいのかなど、実は詳しく知らないという方も多いかもしれません。

本記事では、そんな猫のヒゲについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、猫のヒゲクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫のヒゲについて正しいものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「顔だけでなく足にも生えている」です。
猫のヒゲといえば、口の左右に生えているものを思い浮かべると思いますが、顔だけでも全部で5ヶ所に生えており、足にも生えています。個体差はありますが、全身のヒゲを合計すると50〜60本ほどあるようです。

猫のヒゲは「触毛」あるいは「洞毛」と呼ばれ、被毛とは区別されています。猫のヒゲは立派な感覚器官で、筋肉に繋がっているため自在に動かすことが可能です。
Q.2 猫のヒゲの役割として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「匂いを感知する」です。
人と比べて視覚の弱い猫は、ヒゲによって平衡感覚を保っています。ヒゲのおかげで、狭くて不安定な場所や、高いところでもバランスを保って歩くことができ、また暗い場所でも視覚に頼らずに行動できるのです。

猫は顔が通る広さであればどんな隙間も通れると言われていますが、まず顔を隙間に入れてみて、ヒゲを使って空間の広さを確認しています。

猫のヒゲから感情を読み解くこともできます。下向きのときはリラックスあるいは体調が悪い時、上向きのときはうれしいときなど、いろいろな感情を表しますので、ぜひよく観察してみてください。
Q.3 猫のヒゲについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「基本的に生え変わることはない」です。
すでにお伝えしているように、猫のヒゲにはさまざまな役割があるため、切ったり抜いたりしてはいけません。猫のヒゲは半年に一度、換毛期に合わせて自然と生え変わりますので、数本落ちているのを見つけても気にする必要はないでしょう。

しかし、大量に抜け落ちていたり切れていたりする場合は、猫にきびや猫エイズの可能性も考えられますので、すぐに動物病院を受診してください。

また、猫が強いストレスを感じると、血行が悪くなり毛やヒゲが抜け落ちることがあります。病気の可能性がない場合はストレス性の脱毛が疑われますので、原因を突き止め、環境を改善していあげましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫のひげを切るのはNG!猫のひげの6つの役割と病気のサインとは
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【クイズ】猫飼いさんは知っておきたい猫エイズってどんな病気?

猫エイズは様々な日和見感染症やリンパ腫などの腫瘍の発生に関与することから、猫の老後の生活の質に大きな影響を与えます。そのためにも、猫の飼い主さんは適切な方法で愛猫を猫エイズから守ってあげなければいけません。

本記事では、猫エイズについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、猫エイズクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫免疫不全ウイルス感染症、いわゆる猫エイズについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ヒトにも感染する人獣共通感染症である」です。
猫エイズの原因である猫免疫不全ウイルス(FIV)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に類似していますが、ヒトには感染しません。愛猫からの感染を恐れることなく、しっかりとケアしてあげましょう。

ウイルスは唾液中に存在するため、ケンカなどによる咬傷が主な感染経路です。そのため、不特定多数の猫と接触する機会がある屋外飼いの方がFIVに感染するリスクが高まります。

また、日本国内でもワクチンが販売されていますが、FIVは複数のタイプがあるため、ワクチンで100%予防できるわけではありません。事前に獣医師と話し合い、必要性を確認してから、ワクチン接種を受けるか判断しましょう。
Q.2 猫エイズについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「感染したらすぐにワクチンを接種する」です。
猫エイズに感染してからワクチンを接種しても効果はなく、直接的な治療法はありません。発症してしまった場合は、ステロイドや抗菌薬を用いた対症療法が行われます。

診断は血液検査等で行われますが、簡易キットを用いれば、少量の採血で検査が可能です。ただし、感染してから約4週間は陰性の結果が出てしまいますので、他の猫と接触があった直後に検査しても正しい診断はできません。

猫エイズは無症状でも他の猫に感染します。安易に不特定多数の猫と接触しないように注意しましょう。
Q.3 猫エイズの症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「感染したら必ず発症する」です。
猫エイズは以下の5つの病態に分けられます。
①急性期
②無症候性キャリアー期
③持続性全身性リンパ節症期
④エイズ関連症候群期
⑤エイズ期
①急性期では発熱、リンパ節腫大、白血球減少、貧血、下痢などの症状が見られます。

②無症候性キャリアー期は、数カ月から数年継続するとされており、症状が現れないまま亡くなることも少なくありません

④エイズ関連症候群期では、口内炎、歯肉炎、消化器症状、呼吸器症状、皮膚病変など、免疫異常に伴う症状が現れます。

⑤エイズ期では免疫不全による症状が進行し、種々の感染症(日和見感染)、貧血、腫瘍(特にリンパ腫)、神経症状、重度の痩せ、衰弱が見られます。エイズ関連症候群期からエイズ期までは1年以内に移行し、余命は数カ月という報告もあります。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【獣医師監修】猫エイズって知ってる?猫免疫不全ウイルス感染症を解説
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【獣医師監修】猫エイズって知ってる?猫免疫不全ウイルス感染症を解説

猫免疫不全ウイルス感染症は、室外にいる猫が多い日本において感染率が非常に高く、大きな問題となっている感染症の一つです。 本記事では、猫免疫不全ウイルスに感染するとどうなるのか、そしてなぜ大問題として取り上げられているかを詳しく解説していきます。猫を飼っている方、飼おうとしている方はぜひ最後まで読んでください。

猫免疫不全ウイルス感染症って何?

猫免疫不全ウイルス感染症とは 猫免疫不全ウイルス感染症は、レトロウイルス科レンチウイルス属の猫免疫不全ウイルス(FIV)による感染症で、これによって引き起こされる猫後天性免疫不全症候群は「猫エイズ」と呼ばれています。 感染力が強いこと、治療法が確立されていないこと、そして種々の腫瘍(特にリンパ腫)の発生に関与することから、猫の老後の生活の質に大きな影響を与えます。 また、FIVは分子生物学的な病原性がヒト免疫不全ウイルス(HIV)に類似することから、HIV感染症の動物モデルとしても注目されています。

猫免疫不全ウイルス感染症の症状

猫免疫不全ウイルス感染症は病態によって5つに分類 猫免疫不全ウイルス感染症の病態は、症状に基づいて5つの病期に分類されています。

①急性期

発熱、リンパ節腫大、白血球減少、貧血、下痢などの症状が見られますが、猫免疫不全ウイルス感染症に特異な症状は現れません。この期間は感染後、約数週間から4カ月程度持続します。

②無症候性キャリアー期

「無症候」の名の通り、症状が現れることはありません。この時期は猫の個体によって、あるいはウイルスの病原性の強さによっても異なりますが、数カ月から数年継続するとされています。

③持続性全身性リンパ節症期

全身性のリンパ節腫大以外の症状はなく、臨床的に明確ではない時期です。この時期は2カ月から4カ月、あるいはそれ未満と言われています。

④エイズ関連症候群期

口内炎、歯肉炎、消化器症状、呼吸器症状、皮膚病変など、免疫異常に伴う症状が現れます。特に、口内炎や歯肉炎を訴える頻度が高いように思われます。

⑤エイズ期

免疫不全による症状が進行する時期です。エイズ関連症候群期の症状が重篤化するとともに、種々の感染症(日和見感染)、貧血、腫瘍(特にリンパ腫)、神経症状、重度の痩せ、衰弱が見られます。エイズ関連症候群期からエイズ期までは1年以内に移行し、余命は数カ月という報告もあります。

猫免疫不全ウイルスの感染経路

猫免疫不全ウイルス感染症の感染経路 ウイルスは唾液中に存在するため、主な感染経路はケンカなどによる咬傷です。そのため、屋外生活をする雄猫に多発することが報告されています。 母猫からの垂直感染はないので、FIVキャリアーの猫との接触がなければ感染のリスクは少ないです。

猫免疫不全ウイルス感染症の予防

猫免疫不全ウイルス感染症はワクチンと隔離で予防 確実な治療法がない以上、FIVに対する予防は大きな意味を持ちます。どのようにすれば予防できるのか、確認しておきましょう。

ワクチン接種

現在、国内においてもFIVに対するワクチンが販売されています。 しかし残念ながら、ワクチン接種によって感染が100%予防できるかは疑問です。事前に獣医師と話し合い、必要性を確認してから、ワクチン接種を受けるか判断しましょう。 また、感染後のワクチン接種は無意味であるため、FIV感染の有無を検査してから、ワクチンを接種してください

他の猫との接触を避ける

咬傷による感染が主である以上、他の猫との接触が最大の感染リスクです。 完全室内飼いにして外には出さないことや、病歴不明の猫と一緒にしないことが大切です。また、多頭飼育で感染した猫がいる場合は、必ず他の猫から隔離しましょう

猫免疫不全ウイルス感染症の診断

猫免疫不全ウイルス感染症を診断するには 他の猫にFIVを感染させないためにも、早めに診断をすることが非常に重要です。

簡易キットによる診断

FIV構成蛋白に対する抗体を検出する簡易キットを用いれば、少量の採血で検査が可能です。ただしこのキットは感染約4~6週間後から感染を確認できるもので、それより前では陰性と判定されてしまうため、注意が必要です。

血液検査

特異な所見はありませんが、感染末期には赤血球や白血球の減少、高γグロブリン血症が認められます。 敗血症などのリスク判定のためにも、定期的な白血球数の推移を観察します。

猫免疫不全ウイルス感染症の治療

猫免疫不全ウイルス感染症に直接的な治療方法はない ウイルスに対する直接的な治療法はなく、対症療法や細菌による二次感染の防止に留まります。

ステロイド

口内炎や歯肉炎に対して、炎症の軽減を目的に使用しますが、この口内炎や歯肉炎は治りにくい性質であることが多く、症状の改善が見られない場合があります。その際にはヨード剤の塗布などによって、少しでも口の中の痛みが取れるように処置を行います。

抗菌薬

感染末期には、上部気道炎、膿胸、腸炎などが起こり、細菌や真菌感染の予防のためにさまざまな抗菌薬を用います。 しかし、これら感染症もまた治りにくい性質であることが多く、耐性菌の出現も頻繁に起こることから、抗菌薬は薬剤感受性試験によって慎重に選択します。

輸血

エイズ関連症候群期には、軽度から中程度の貧血が見られる場合があり、貧血が進行した時には輸血を検討します。また、血小板の減少に対して輸血を行います。

まとめ

猫免疫不全ウイルス感染症に要注意 猫免疫不全ウイルス感染症は猫同士の接触によって容易に感染し、末期には感染した猫のQOLを著しく低下させる病気です。猫自身はもちろん、家族にとっても獣医師にとっても、一つの命がなすすべなく弱っていくのを見るのは非常に苦しいものです。 一度、愛猫の生活環境についてよく考え、それでもどうしても外に出すときには、ワクチン接種を受けさせてあげましょう。