【クイズ】シンガプーラってどんな魅力がある猫種か知ってる?

シンガプーラという猫種。名前は聞いたことがあっても、実際にどのような見た目で、どんな猫種なのか詳しく知らない人も多いかもしれません。比較的歴史の浅い猫種であるものの、そのサイズや性格は他の猫にはない魅力があります。

今回は、シンガプーラについてクイズ形式で解説します。

クイズを解きながら、シンガプーラについて学んでいきましょう!
Q.1 シンガプーラの外見的特徴として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「耳は下向きに折れ曲がっている」です。
シンガプーラの耳は、大きく上にピンと立っています

シンガプーラは、純血種の猫の中では世界でもっとも小さいといわれており、体重は2kgほどしかありません。しかし、アメリカでブリーディングされているシンガプーラは、サイズが大きくなっている個体も年々増えているようです。

アーモンド型の目が特徴で、筋肉質でがっしりとした体つきをしています。
Q.2 シンガプーラがかかりやすい「ピルビン酸キナーゼ欠損症」の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「外科的な手術により治療する」です。
遺伝性の疾患のため、予防法や治療法はありません。しかし、遺伝子検査により発症する可能性が高いかどうかを確認することが可能です。

ピルビン酸キナーゼとは、赤血球の生存に欠かせない酵素で、これが欠乏することで赤血球が破壊されて貧血を起こしてしまう病気です。

疲れやすく運動したがらなくなる、赤茶色の尿が出る、口の粘膜や舌の色が白っぽくなるなどの症状が見られます。生後2〜3ヵ月齢以降に慢性的な貧血が現れることが多いものの、貧血を繰り返すと順応してしまい症状が現れにくくなるため、異変に気づいたらすぐに動物病院を受診することが大切です。
Q.3 シンガプーラの特徴として「適切でない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「お留守番は得意」です。
一般的に猫は一人で過ごすことが多く、犬と比較すると多少の時間であればお留守番は問題ないといわれています。しかし、シンガプーラは飼い主が大好きで、お留守番はあまり得意ではありません。長時間のお留守番が必要な環境では、シンガプーラを飼育するのは難しいかもしれません。

シンガポール生まれかつ、短毛でシングルコートの被毛をもつシンガプーラにとって、寒さは大の苦手です。冬は常に暖房をつけて室内を暖かくしてあげましょう。

活発で動き回ることも多く「小さな暴れん坊」と呼ばれることもあります。高いところが大好きで、棚やカーテンレールに登ることもよくあります。運動不足の解消のためにも、上下運動ができるキャットタワーを設置してあげましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【猫図鑑】小さくて甘えたがり!シンガプーラってどんな猫種?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【猫図鑑】しっぽのない猫であるマンクスの歴史や飼い方のポイント

マンクスという猫種をご存じですか?日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、「しっぽがない猫」と聞けば、その存在自体は聞いたことがある人も多いでしょう。 今回はマンクスの歴史や外見状の特徴、飼い方のポイントについてご紹介します。

マンクスの歴史

マンクスは、グレートブリテン島とアイルランド島の間にあるマン島原産の猫種です。 もともとマン島には猫が暮らしており、突然変異によりしっぽのない猫が誕生しました。狭い島であったため近親交配により種が固定されていき、1901年にイギリスで正式に猫種として認められました。 マン島ではマンクスのことを「スタビン」という名で呼んでいたという記録もあり、300年以上前からその存在は知られていたと考えられています。 ちなみに、マンクスという名前は「マン島」に由来しています。

しっぽに関する伝説

マンクス,猫図鑑,イギリス,マン島,しっぽ,ランピー,スタンピー,ロンギー,ダブルコートブラシイング,キャットタワー マンクスのしっぽに関する神話や伝説はたくさん残っています。それほど、マンクスのしっぽには多くの人の関心が寄せられたのでしょう。
  • ノアの方舟に猫が駆け込もうとしたところ、船員が誤ってしっぽをドアで挟んでしまいなくなってしまった
  • 海賊が猫のしっぽを帽子の飾りにしようとしているのを知った母猫が、殺されないように子猫のしっぽを噛み切った
  • 猫とうさぎの間に生まれた子どもで、頭は猫、足はうさぎと決まったが、しっぽをどうするかで揉めた結果、神様が仲裁してしっぽをなくした
  • 断尾を繰り返していたらしっぽのない猫が産まれるようになった

マンクスの特徴

身体的特徴

体長は50cm〜80cm、体重は3〜6kgほどと、一般的な猫よりは少し大きめのサイズです。体つきは丸みを帯びておりずんぐりむっくりとしています。 前足より後ろ足の方が長く、うさぎのような歩き方になるため「ラビットキャット」「バニーキャット」などと呼ばれることもあります。 マンクスの一番の特徴はしっぽがないことですが、短いしっぽが生えている子やしっぽがまったく生えていない子もおり、それぞれ細かく名前が決まっています。
  • 【ランピー】…しっぽが全くなく、しっぽの付け根部分がくぼんでいる
  • 【ランピーライザー】…尾椎が1,2個のわずかに短いしっぽがある
  • 【スタンピー】…短いしっぽがあるが、折れていたりねじれていたりする
  • 【ロンギー】…一般的な猫の半分くらいの長さのしっぽがある
なお、これらは両親の遺伝子型と関係なく発現するため、産まれるまでどのタイプのしっぽになるかはわかりません。
※日本猫も尾が短かったり曲がっていたりしますが、マンクスと日本猫は関係ありません。

被毛の特徴

マンクスの被毛はダブルコートで、短毛種が多いものの、長毛種も存在します。長毛種は「キムリック」という名前でマンクスと別の種として登録されている場合もあります。 毛色はレッド、ブルー、ブラック、ホワイト、クリームなど、さまざまな色が認められています。

性格

マンクスは大人しく穏やかな性格をしており、のんびり過ごすことが好きです。しかし賢く忠誠心が強いため、危険を察知すると攻撃的になることもあります。 また、人見知りをするため、家族以外の人にはなかなか懐きません。

無尾同士の交配は危険

マンクス,猫図鑑,イギリス,マン島,しっぽ,ランピー,スタンピー,ロンギー,ダブルコートブラシイング,キャットタワー しっぽがないランピー同士を交配すると、その子どもはマンクス症候群を発症する可能性が高くなると考えられています。マンクス症候群は遺伝性の疾患で、脊髄に異常が起こりさまざまな障害が引き起こされます。 発症すると、足を引きずるように歩く、後ろ足が麻痺する、うんちやおしっこが出なくなるなどの症状が現れます。 マンクスの無尾の遺伝子は致死遺伝子でもあり、両親がランピーの場合、死産してしまう可能性が極めて高く、無症状で生まれても数ヶ月後に症状が出てくることも少なくありません。繁殖を行う場合は、この点に留意し、配慮する必要があります。

飼い方のポイント

マンクスを飼う際は以下の点に気をつけましょう。

運動ができる環境を

もともとネズミ捕りとして農家の人々から大切にされてきたマンクスは、ある程度の運動量を確保する必要があります。マンクスはジャンプが得意なため、キャトタワーやキャットウォークを設置したり、動きのあるおもちゃで一緒に遊んであげましょう。

こまめなブラッシングを

ダブルコートの被毛をもつマンクスは、抜け毛が多く、一日1回はブラッシングをしてあげましょう。 換毛期になるとさらに毛が抜けます。マンクスは他の猫と比べると水を怖がらないため、換毛期に入ったらシャンプーをしてあげると、抜け毛がとれてお手入れが楽になります。

しっぽは触らない

マンクスにとってしっぽの部分はとても繊細です。つい触りたくなってしまう気持ちもわかりますが、触らないようにしましょう。小さいお子さんがいる家庭では特に注意しましょう。

最後に

マンクス,猫図鑑,イギリス,マン島,しっぽ,ランピー,スタンピー,ロンギー,ダブルコートブラシイング,キャットタワー しっぽがないことが最大の特徴であるマンクスですが、実は短いしっぽがある個体もおり、しっぽが完全にないランピーは全体の20%ほどしかいません。しかし、ランピー同士を交配させると、死産や先天性疾患を抱えた子どもが生まれる可能性が高いため、交配させないように注意が必要です。 日本では珍しい猫種ではありますが、他の猫にはない魅力があります。この記事を読んで興味をもったらぜひマンクスについて調べてみてください。

【猫図鑑】短足で愛らしい!マンチカンの特徴と飼い方のポイント

短い足が印象的なマンチカン。その性格から「犬のよう」だといわれることもあります。猫の人気品種ランキングでは常に上位にいるマンチカンには、一体どのような魅力があるのでしょうか。 今回はマンチカンの歴史や特徴、飼い方のポイントについて解説していきます。

マンチカンの歴史

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患 マンチカンは1944年にイギリスで初めて報告されたといわれており、遺伝子の突然変異により自然に発生した猫種です。その後、ロシアやアメリカでも短足の猫の存在が知られていましたが、1983年にアメリカで発見された短い足の猫の子どもの足も短く生まれてきました。 遺伝子検査により健康上問題ないことが判明したため、本格的にブリーディングが開始されました。初期には遺伝子的な欠陥や免疫力の弱さが懸念されましたが、足の短い猫がさまざまな場所で見つかり、近親交配のリスクが低下したことから、1995年にはアメリカの猫の血統登録団体に新しい猫種として登録されました。

名前の由来

「マンチカン」という名前は『オズの魔法使い』に登場する、小柄で短足な種族「マンチキン」に由来しています。「マンチキン」には「小柄」「子ども」といった意味があり、少し幼く見えるマンチカンにぴったりな名前と言えるでしょう。

マンチカンの特徴

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患

身体的特徴

マンチカンの体長は60cm程度、体重はオスで3.0〜4.5kg、メスで2.3kg〜3.6kg程度です。足が短いイメージが強い猫種ではあるものの、短足のマンチカンは全体の2割ほどしかおらず、普通の猫と同じくらいの長さの長足や、短足と長足の間の中足の子が多いです。

被毛

マンチカンの被毛の構造はダブルコートで、短毛種と長毛種が存在します。短毛種の抜け毛はあまり気になりませんが、長毛種は密度が高く抜け毛が多いため、毎日のブラッシングが必要です。 毛色や柄はさまざまで、クリーム色や黒、茶色などを1色、または複数の色の毛をもち、バリエーションは大変豊かです。

性格

マンチカンは、犬のような性格をしていると言われるほど甘えん坊で、飼い主のことが大好きです。おだやかで社交性も高く、初めて会う人や猫にも懐きやすいため、多頭飼育に向いている猫種でもあります。 好奇心が旺盛で活発な性格をしており、運動神経も抜群です。

マンチカン立ちとは?

マンチカンは突然立ち上がり、二足で直立不動になることがあります。これを「マンチカン立ち」といい、大変かわいらしくマンチカンファンの間でも人気のポーズです。 では、マンチカンはなぜ二足で立ち上がるのでしょうか。理由は複数考えられます。
  • びっくりした
  • 周囲を見渡している
  • 威嚇している
  • 甘えている
  • おねだりしている
警戒心の強いマンチカンは、大きな音がしたり想定外のことが起こった時に、びっくりして思わず立ち上がることがあります。また、普段とは違う気配を感じた時に、周囲を見渡すために二足立ちすることもあります。 多くの動物は、威嚇する際に自分を大きく見せようと二足立ちをしますが、マンチカンや他の猫も同様に、二足立ちをすることで自分の存在を大きく見せて威嚇することがあります。 また、甘えたりおねだりしたい時にも、飼い主の気を引くために二足立ちをすることがあります。

マンチカンのかかりやすい病気

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患 マンチカンにはかかりやすい病気がいくつかあります。遺伝的な病気の予防は難しいですが、生活環境の整備や普段のお手入れで予防できるものもあります。
  • 多発性嚢胞腎
  • 肥大型心筋症
  • 骨軟骨異形成症
  • 変形性関節症
  • 毛球症
  • 椎間板ヘルニア

詳しくは以下の記事をご参照ください。
【獣医師監修】手足が短いマンチカンの好発疾患と予防法 https://cheriee.jp/cats/26961/

マンチカンの飼い方のポイント

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患

肥満に注意

マンチカンの短い足で大きな体を支えるのは負担がかかります。肥満にならないように食事の管理をしっかり行い、運動も十分にできる環境を整えてあげましょう。 高い場所が大好きなため、キャットタワーやキャットウォークもおすすめですが、足が短い子には少し低めのタワーを用意してあげましょう。

スキンシップは毎日行う

マンチカンは飼い主に甘えるのが大好きです。どんなに忙しくても毎日スキンシップを取りましょう。撫でたり抱っこしたりするだけでも構いませんが、おもちゃを使って一緒に遊ぶことで運動にもなります

浴槽の水は必ず抜いておく

猫は暖かい浴室を好む傾向があります。しかし、浴槽にお湯を入れたままにしてしまうと、足の短いマンチカンは浴槽から出られず、溺れてしまう恐れもあるため、浴槽のお湯は必ず捨てましょう

まとめ

猫図鑑,猫種,マンチカン,歴史,由来,特徴,性格,マンチカン立ち,肥満,スキンシップ,後発疾患 マンチカンは突然変異により生まれた足の短い猫に由来します。遺伝子解析により健康上の問題がないことが判明したため、1995年に登録された比較的新しい猫種です。 短い足が印象的ですが、実際には短足の子は、マンチカンの2割程しかおらず、長足や中足が多くを占めています。被毛の長さや色・柄はさまざまなバリエーションがあります。 特に足が短い子は、肥満になると体への負担が大きいため、食事や運動管理はしっかり行いましょう。飼い主とのスキンシップも大好きなため、一緒に遊びながら運動を取り入れていくことをおすすめします。

【猫図鑑】小さくて甘えたがり!シンガプーラってどんな猫種?

シンガプーラという猫種は聞いたことがあっても、実際の大きさや色や性格などを詳しく知らない方も多いでしょう。比較的歴史の浅い猫種であるものの、そのサイズや性格は他の猫にはない魅力があります。 今回は、シンガプーラという猫種と飼い方のポイントについてご紹介します。

シンガプーラの歴史

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 シンガプーラの起源には2つの説があります。

シンガポールの土着の猫由来

1970年初頭、シャム猫好きなアメリカ人のメドゥ夫妻は、夫の赴任先であるシンガポールで、動物保護団体から小さな猫(シンガプーラ)を引き取って暮らしていました。 任期を終えて5匹の猫とともに帰国し、アメリカでブリーディングを開始したところ、小さい体と美しい毛色から人気に火がつき、ブリーディングを始めてからわずか6~7年という異例の速さで猫種として登録されました。

バーミーズとアビシニアンの交雑由来

一方で、メドゥ夫妻はバーミーズとアビシニアンを飼育していたことから、土着の純血種ではなく、これらの交雑種ではないかという議論が巻き起こりました。 しかし、メドゥ夫妻がシンガポールから猫を譲り受けて交配したことは事実であるとして、シンガプーラの登録は取り消されませんでした。

シンガプーラの特徴

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番

身体的特徴

シンガプーラは、純血種の猫の中では世界でもっとも小さいといわれており、体重は2kgほどしかありません。しかし、アメリカでブリーディングされているシンガプーラは、サイズが大きくなっている個体も年々増えているようです。 大きな耳とアーモンド型の目が特徴で、筋肉質でがっしりとした体つきをしています。

性格

シンガプーラは活発で運動が大好きです。好奇心が旺盛で動き回ることも多いため、「小さな暴れん坊」と呼ばれることもあります。構ってもらうのも大好きで、飼い主について回り、時には飼い主に飛び乗ることもあります。 おとなしい性格をしていますが、他の猫や動物に嫉妬することも少なくなく、ストレスを感じやすい猫種です。

被毛

短毛でシングルコートの被毛をもつため、抜け毛は少なく、お手入れは週に2回ほどのブラッシングで十分です。 毛色はセピア色で、1本の毛に2種類以上の帯状の模様が入るティッキングの被毛が特徴です。

シンガプーラの気をつけたい病気

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 2007年に行われた遺伝子研究により、シンガプーラは遺伝的多様性が少なく、遺伝性疾患が起こりやすいことがわかりました。 遺伝性の疾患は予防や治療ができませんが、愛猫のかかりやすい病気を把握しておき、症状が現れたらすぐに動物病院を受診することが大切です。

ピルビン酸キナーゼ欠損症

ピルビン酸キナーゼとは、赤血球の生存に欠かせない酵素で、これが欠乏することで赤血球が破壊されて貧血を起こしてしまう病気です。 疲れやすく運動したがらなくなる、赤茶色の尿が出る、口の粘膜や舌の色が白っぽくなるなどの症状が見られます。生後2〜3ヵ月齢以降に慢性的な貧血が現れることが多いものの、貧血を繰り返すと順応してしまい、症状が現れにくくなります。 遺伝性の疾患のため、予防法や治療法はありませんが、遺伝子検査により発症する可能性が高いかどうかを確認することが可能です。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、心臓の筋肉が厚くなり心臓の内部が狭くなることで、血液の循環がうまくいかなくなる病気です。 悪化すると呼吸困難や歩けなくなったりすることもあります。初期は症状がありませんが、徐々に悪化していくと、突然死してしまう危険もあります。

シンガプーラの飼い方のポイント

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 飼育環境が適切ではないと、ストレスが溜まったり、体調を崩したりしてしまう可能性もあります。 シンガプーラを飼いたいと思ったら、まずは以下の点をクリアできるかを考えてみましょう。

高いところに登りたがる

活発で遊び好きのシンガプーラは、棚やカーテンレールなどの高いところが大好きです。運動不足の解消のためにも、上下運動ができるキャットタワーを設置してあげましょう。 ただし、キャットタワーを設置したからといって他の家具に登らなくなるということはありません。登ってほしくない棚などがある場合は、対策を講じる必要があります。

お留守番は得意ではない

一般的に猫は一人で過ごすことが多く、犬と比較すると多少の時間であればお留守番は問題ないといわれています。しかし、シンガプーラは飼い主が大好きで、お留守番はあまり得意ではありません。ねこじゃらしやボールなどを使って一緒に遊んであげる時間も必要です。 長時間のお留守番が必要な環境では、シンガプーラを飼育するのは難しいかもしれません。

寒さに注意

シンガポール生まれかつ、短毛でシングルコートの被毛をもつシンガプーラにとって、寒さは大の苦手です。冬は常に暖房をつけて室内を暖かくしてあげましょう。

最後に

シンガプーラ,シンガポール,猫図鑑,歴史,特徴,性格,被毛,お手入れ,遺伝子疾患,飼い方,キャットタワー,留守番 シンガプーラは体が小さく、お手入れも比較的楽なため、マンションなどでも飼いやすい猫種かもしれません。しかし、活発で飼い主に甘えたがりな性格のため、お留守番の多い家で飼うのはあまりおすすめできません。 しかし、飼い主についてきたり一緒に遊んだりするのも大好きなため、愛猫と仲良くしたい方にとってはとても良いパートナーになれるでしょう。

【クイズ】ノルウェージャン・フォレスト・キャットって知ってる?

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、ふわふわな被毛を持ち、穏やかな性格からとても人気な猫種です。しかし、一体どのような猫なのかよく知らないという方も多いでしょう。

今回は、ノルウェージャン・フォレスト・キャットについてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、ノルウェージャン・フォレスト・キャットクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 ノルウェージャン・フォレスト・キャットの歴史の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「メインクーンなどと交配して生まれた」です。
ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、遠い昔からノルウェーを中心に「スコウガット(森林の猫)」として親しまれてきた猫で、北欧神話にも登場します。なお、メインクーンは、ノルウェージャン・フォレスト・キャットとアメリカの土着の猫との交配により誕生したという説が有力です。

昔は、農場で飼われたり、バイキングの船に一緒に乗ったりして、ネズミ駆除の役割を担い人々に重宝されてきました。
Q.2 ノルウェージャン・フォレスト・キャットの特徴として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「運動は得意ではない」です。
大きめでがっしりとした身体をしており、運動能力は高く、高いところに登るのが大好きです。そのため、頑丈なキャットタワーを用意するといいでしょう。

長くて美しいダブルコートの被毛が特徴的で、寒さには比較的強く、暑いのは苦手です。熱中症の危険もありますので、夏場の室温はきちんと管理しましょう。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは長い時間をかけて成長します。身体の基礎は1年でできあがりますが、その後筋肉がさらに発達し、完全に成長しきるのには3〜5年ほどかかると言われています。
Q.3 ノルウェージャン・フォレスト・キャットがかかりやすい毛球症の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「重症になると治療する術がない」です。
ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、被毛が長いため毛球症になりやすく、嘔吐や便秘、食欲不振などの症状が見られます。

軽症であれば薬で治療できますが、重症化すると治療する術がないということではありませんが、胃を切開するといった大掛かりで負担の大きい手術が必要になるため、毛球症にならないよう対策する必要があります。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
北欧の猫「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」の特徴と飼い方
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!