【2024年最新版】猫種の人気ランキング!特徴や飼い方を解説

日本では、飼い猫の約7割が雑種猫だと言われています。雑種猫はその個性的な魅力で多くの人々を魅了しています。一方、純血種の猫は世界中に多くの種類が存在し、それぞれが独自の特徴や魅力を持っています。特定の猫種のファンも多いことでしょう。

今回は、猫種の人気ランキングトップ15と、その他の魅力的な猫たちにも焦点を当てて紹介します。

ランキング参考:アニコム「家庭どうぶつ白書」
https://www.anicom-page.com/hakusho/

第15位「ラガマフィン」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ラガマフィン
ラガマフィンは、ラグドールを元にして作り出された大型の長毛猫です。両者の外見はよく似ており、この2つの猫種を見分けられる人は少ないと言われています。性格も、ラグドール同様に穏やかでおとなしく、優しい特徴があり、「猫のテディベア」とも呼ばれます。

第14位「ペルシャ(チンチラ)」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,チンチラペルシャ
チンチラは品種ではなく、ペルシャ猫における一つのカテゴリーとされています。そのため、チンチラの特徴はペルシャとほぼ同じで、ふわふわした長い被毛、短めの足、まんまるな目、低い鼻などが魅力的な猫です。性格は落ち着いており、マイペースでゆったりとしています。

第13位「サイベリアン」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,サイベリアン
サイベリアンは、ロシアのシベリア地方に起源を持つ猫です。大型の猫で、北国の厳しい寒さから体を守るために分厚い被毛で覆われています。一般的に社交的な性格を持つ反面、見知らぬ相手には冷淡で、テリトリー意識が強い傾向もあります。

■猫種の解説

北国の美しい猫!サイベリアンを紹介!
https://cheriee.jp/cats/12037/

■健康についての解説

【獣医師監修】サイベリアンの好発疾患と健康管理の4つのポイント
https://cheriee.jp/cats/30001/

第12位「ミヌエット」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ミヌエット
ミヌエットは、アメリカで誕生した新しい猫種で、ペルシャとマンチカンをかけ合わせて生まれました。ペルシャのようなフワフワとした被毛と、マンチカンから受け継いだ短い足が特徴です。社交的で警戒心が少ない性格のため、飼い主以外の人にもすぐになつきます。

■健康についての解説

【獣医師監修】ミヌエットの好発疾患と病気予防のポイント
https://cheriee.jp/cats/29893/

第11位「ベンガル」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ベンガル
ベンガルは、スレンダーでしなやかな体形やヒョウ柄の被毛など、野性味のある外見が魅力的な猫種です。見かけに反して温厚で甘えん坊ですが、運動量が非常に多くとても活発です。

■猫種の解説

人気急上昇中!ヒョウ柄が独特なベンガルを紹介!
https://cheriee.jp/cats/12964/

■健康についての解説

【獣医師監修】ベンガルの好発疾患と飼い方のポイント
https://cheriee.jp/cats/29714/

第10位「メイン・クーン」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,メイン・クーン
メインクーンはアメリカ原産の大型の猫で、世界最大の猫としてギネスにも認定されている猫もいます。フサフサの長い毛が特徴的ですが、被毛はシングルコートです。大きな体格と穏やかで賢い性格から、「穏やかな巨人」とも称されています。

■猫種の解説

家猫の中では最大種!メインクーンの魅力や特徴についてご紹介
https://cheriee.jp/cats/15735/

■健康についての解説

【獣医師監修】メインクーンの好発疾患と4つの健康管理のポイント
https://cheriee.jp/cats/30105/

第9位「ロシアンブルー」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ロシアンブルー
ロシアンブルーは、スレンダーな体型と青みがかった銀色の毛並み、エメラルドグリーンの瞳が魅力的な猫種です。おとなしく鳴き声を上げることも非常に少ないことから、「ボイスレスキャット」とも呼ばれています。

■猫種の解説

美しい青い毛並みのスレンダーな猫!「ロシアンブルー」について紹介!!
https://cheriee.jp/cats/9789/

■健康についての解説

ロシアンブルーでも病気にかかる!リスクを減らす飼い方のポイント
https://cheriee.jp/cats/27163/

第8位「日本猫」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方
日本猫は、古くから日本で暮らしてきた猫たちの総称であり、特定の品種として存在するわけではありません。時折「和猫」と呼ばれることもあります。毛の色や柄によって、黒猫・白猫・三毛猫・サビ猫・ブチ猫・トラ猫などに分類されます。

■日本猫の解説

キジトラやハチワレって?毛柄の違いによる日本猫の6種類を紹介
https://cheriee.jp/cats/6129/

第7位「ラグドール」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ラグドール
アメリカ原産のラグドールの名前は、「ぬいぐるみ」という意味があります。大きな体格とフワフワの長い美しい毛が特徴で、その甘えん坊な性格も魅力的な猫です。

■猫種の解説

甘えん坊な猫、ぬいぐるみのような猫と言えば?人気なラグドールの特徴
https://cheriee.jp/cats/15012/

■健康についての解説

【獣医師監修】ラグドールの好発疾患と健康管理のポイント
https://cheriee.jp/cats/29834/

第6位「ブリティッシュ・ショートヘア」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ブリティッシュ・ショートヘア
ブリティッシュ・ショートヘアは、美しいグレー(ブルー)の短毛が特徴的な猫種です。温和でのんびりとした性格ですが、自立心が強いため、スキンシップをあまり好まず、抱っこや撫でられることを嫌う傾向もあります。

■健康についての解説

【獣医師監修】ブリティッシュ・ショートヘアの好発疾患と飼い方
https://cheriee.jp/cats/29793/

第5位「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ノルウェージャン・フォレスト・キャット
ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、大きくがっしりとした体格と、長く美しいダブルコートの被毛が特徴です。穏やかな性格で、知らない人や子供などにもフレンドリーな傾向があります。

■猫種の解説

北欧の猫「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」の特徴と飼い方
https://cheriee.jp/cats/11831/

■健康についての解説

【獣医師監修】ノルウェージャン・フォレスト・キャットの好発疾患
https://cheriee.jp/cats/29760/

第4位「マンチカン」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,マンチカン
マンチカンはアメリカ原産の猫で、短い足が特徴的な猫種です。走り回る姿などが可愛らしく、日本でも高い人気を誇っています。

■猫種の解説

【猫図鑑】短足で愛らしい!マンチカンの特徴と飼い方のポイント
https://cheriee.jp/cats/39021/

■健康についての解説

【獣医師監修】手足が短いマンチカンの好発疾患と予防法
https://cheriee.jp/cats/26961/

第3位「アメリカン・ショートヘア」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,アメリカン・ショートヘア
アメリカン・ショートヘアは、猫らしく可愛らしい外見や明るくフレンドリーで温和な性格が人気です。活発で運動量が多いため、しっかりとしたキャットタワーや十分に走り回れるスペースが必要です。

■猫種の解説

猫界の人気ナンバーワン!アメリカンショートヘアについて紹介!
https://cheriee.jp/cats/10766/

■健康についての解説

【獣医師監修】太り過ぎに注意!アメリカンショートヘアの好発疾患
https://cheriee.jp/cats/26201/

第2位「スコティッシュ・フォールド」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,スコティッシュ・フォールド
前方に折れ曲がった小さな耳が特徴的で、基本的におっとりとした性格を持つ猫とされていますが、特有の健康問題があり、飼う際には注意が必要な猫種です。

■猫種の解説

スコティッシュフォールドってどんな猫?特徴やかかりやすい病気とは
https://cheriee.jp/cats/9981/

■健康についての解説

【獣医師監修】スコティッシュフォールドに多い疾患とその対策
https://cheriee.jp/cats/26422/

第1位「混血猫」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方
混血猫は、「親が純血種同士の猫」と日本で大半を占める「多くの猫の血が混ざった雑種猫」の2パターンがあります。後者は飼い猫全体の7割以上を占めるとされています。

ランキング外でも素敵な猫たち

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方
ここからは、残念ながら2023年はトップ10圏外でしたが、魅力的な猫たちをご紹介します。

高貴な猫「シャム」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,シャム
タイ原産のシャム猫は、かつて由緒ある家系以外での飼育が許可されていなかった歴史を持つ猫種です。コバルトブルーで澄んだ瞳、個体によって異なる特徴的なポイントカラー、ほっそりとした体つきなど人を引き寄せる魅力に溢れています。

■猫種の解説

高貴で気難しい?シャム猫の魅力を紹介!
https://cheriee.jp/cats/11215/

野性味あふれる「アビシニアン」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,アビシニアン
しなやかで筋肉質、スマートな体型を持つアビシニアンは、野性味のある外見と美しい短毛の毛並みで人気のある猫種です。クールな外見とは対照的に、性格は甘えん坊で活発、好奇心旺盛なところも彼らの魅力の一つです。

■健康についての解説

【獣医師監修】アビシニアンの6つの好発疾患と適切な飼育環境
https://cheriee.jp/cats/27766/

小柄で甘えん坊「シンガプーラ」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,シンガプーラ
大きな耳とアーモンド型の目が特徴的なシンガプーラは、純血種の猫の中では世界でもっとも小さいといわれており、体重は2kgほどしかありません。しかし、筋肉質でがっしりとした体つきをしていて、活発で運動が大好きです。

■猫種の解説

【猫図鑑】小さくて甘えたがり!シンガプーラってどんな猫種?
https://cheriee.jp/cats/38773/

ふさふさの毛が美しい「ネベロング」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,ネベロング
ロシアンブルーの系統の血を引くネベロングは、1987年に初めて新しい猫種として認定された比較的歴史の浅い猫です。美しい光沢のある長毛がネベロングの魅力です。毛の長さ以外の特徴は、ほぼロシアンブルーと変わりません

■猫種の解説

美しい毛並みと高貴な顔立ち!ネベロングってどんな猫?
https://cheriee.jp/cats/8700/

しっぽのない猫「マンクス」

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方,マンクス
マンクスは、突然変異によりしっぽのない猫が誕生し、のちに品種となった猫です。ただし、全くしっぽのない猫は全体の20%程度で、わずかに短いしっぽがある子や、短いしっぽが折れていたりねじれていたりする子も見られます。

■猫種の解説

【猫図鑑】しっぽのない猫であるマンクスの歴史や飼い方のポイント
https://cheriee.jp/cats/39063/

まとめ

ランキング,人気,猫,猫の健康,猫種,猫種紹介,飼い方
猫種は外見や性格、歴史などが異なり、その多様性が魅力的です。また、純血種と雑種猫の両方が、愛らしい特徴と独自の個性を持っています。

これから純血種の猫を飼い始める場合は、性格や適切な飼育環境、かかりやすい病気などを学んでから、より良い環境で迎え入れることが重要です。そして、どのような猫を選んだとしても、猫の幸せを考えながら共に素晴らしい時間を過ごしてください。

【クイズ】猫がテレビを見る理由とは?人と見え方が違う?

猫がテレビを見るというのは、猫の飼い主でなくても、なんとなく聞いたことがある人も多いでしょう。では、一体猫はなぜ、テレビを見るのでしょうか。

今回は猫がテレビを見る理由と、猫がテレビを見る場合に気をつけたいことについてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、猫がテレビを見る理由クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫の視力の説明として正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「猫の動体視力は人間よりも良い」です。
猫の視力は人間の10分の1程度しかありません。そのため、猫がものを見るときは、全体的にもやがかかったように、輪郭がぼやけて見えていると考えられています。

一方で、猫の動体視力は人間の約4倍です。テレビ放送は1秒間に約30枚の画像を切り替えており、人間の目には滑らかな映像として見ることができますが、動体視力の優れている猫にとっては、まるでパラパラ漫画をゆっくりめくったように、静止画がパッパッと切り替わるようにしか見えていないと考えられています。

猫には赤が見えないといわれており、緑も見えづらいという説もあります。そのため、猫の目には人間が見るような色鮮やかな映像が映っているわけではないようです。
Q.2 猫がテレビを見る理由としてもっとも「適切ではない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「飼い主にやきもちを焼かせようとしているから」です。
猫は「動くもの」に惹かれる習性があり、すばしっこいものを正確に捉えることができます。そのため、猫がテレビを見るのはテレビの中の動くものや音に惹かれているからと考えられています。

猫にとってテレビは、静止画が次々と切り替わりカクカクとした動きをするものだととらえ、興味を持っている可能性があります。

猫によっては好きなテレビ番組があるようで、猫や他の生き物が映る番組、テニスなどのボールが素早く動くスポーツ、天気予報の天気図を指し示す棒などに反応することが多いようです。
Q.3 猫がテレビを見る場合に気をつけたいこととして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「配線は猫から見えるところに配置する」です。
テレビの配線は、猫がじゃれたりかじったりしてしまう恐れがあり危険です。配線を保護するカバーをつけたり、猫が届かない場所に固定するなどの対策を取りましょう。

何かがすばしっこく動く映像は狩猟本能をくすぐるため、猫は追いかけたりじゃれついたりなどの反応を見せることがあります。薄型テレビは不安定なため、転倒しないようにしっかり固定しましょう。また、テレビの上には物を置かない方が安心です。

猫が画面にむかってじゃれたりパンチしたりした際に、テレビの画面に傷がついてしまうこともあるため、画面の保護パネルなどを利用すると良いでしょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫がテレビに釘付けになる理由とは?猫の視界の見え方と注意点を解説
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫好き必見!猫にまつわる神社・仏閣5選【西日本編】

日本全国には、猫が親しまれ祀られている神社や仏閣が数多く存在します。これらは、猫が日本の文化と歴史において特別な存在として扱われてきたことを意味し、多くの人々にとって猫は幸運や畏怖の象徴となっています。 この記事では、猫好きであれば訪れてみたくなる、西日本の猫にまつわる神社や仏閣についてご紹介します。

①京都府「丹後 金刀比羅神社」

おでかけ,お寺,旅行,西日本,猫,神社 金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)は、峰山藩7代藩主である京極高備によって建立された神社で、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀っています。境内は約6,000坪もの広さがあり、本殿に向かうまでには約180の石段があります。そして、その中腹には非常に珍しい「狛猫」が鎮座する木島神社があります。 金刀比羅神社がある京丹後市峰山町は、丹後ちりめん発祥の地です。江戸時代頃から峰山の町には、ちりめん問屋や糸屋が軒を連ね、農家では絹を生産するための養蚕が盛んに行われていました。 養蚕の大敵は繭や蚕を食べてしまう「ねずみ」でした。ねずみを追い払う猫は、織物業で栄えた峰山地域にとって欠かせない存在として大切にされていました。そして、地元の糸商人や養蚕家たちによって、この狛猫が織物業の守護神として木島神社に奉納されました。 ちなみに、丹後の金刀比羅神社には数百匹もの亀が住む「亀の池」もあります。亀好きな方はこちらにも立ち寄られてはいかがでしょうか。
丹後 金刀比羅神社 京都府京丹後市峰山町泉1165-2(Googleマップhttps://konpirasan.com/

②山口県「雲林寺」

おでかけ,お寺,旅行,西日本,猫,神社 雲林寺(うんりんじ)は、萩藩の藩祖である毛利輝元や、その家臣の長井元房らの墓がある天樹院の末寺です。なお、天樹院は廃寺になり、現在は墓所だけが残っています。 長井元房は猫を飼っており非常に可愛がっていましたが、主君である毛利輝元が亡くなると元房も殉死してしまいました。元房の飼い猫は主人の死を悲しみ、墓のそばから離れませんでした。そして、元房の墓前で四十九日間寄り添った後、舌を噛み切って亡き主人の後を追ったという悲しい伝説が伝えられています。 現在の雲林寺は、猫のおみくじや絵馬、そして数え切れないほどの可愛らしい猫の置物などが溢れる「猫寺」として親しまれています。
雲林寺 山口県萩市大字吉部上2489(Googleマップhttps://www.facebook.com/neco.dera/

③徳島県「お松大権現」

おでかけ,お寺,旅行,西日本,猫,神社 お松大権現(おまつだいごんげん)は、通称「猫神さん」と呼ばれる神社です。ここには、福岡の有馬、佐賀の鍋島と共に日本三大怪猫伝の一つである「阿波の化け猫騒動」が伝わっています。 江戸時代の前期、庄屋の妻であったお松は、金の貸し借りの問題における奉行の非道な裁きに対し、死を覚悟して直訴しましたが、最終的に処刑されてしまいました。彼女は死の直前に飼い猫にその憎しみを伝えており、彼女の死後には村に怪猫が現れ、奉行の家などを祟り、仇討ちしたという伝説が伝わっています。 この悪人を倒したという伝説から、お松大権現は合格祈願を求める受験生にとって勝負必勝の神様として知られており、受験シーズンには多くの参詣者が訪れます。また、境内には約1万体の招き猫が奉納されており、その迫力に圧倒されることでしょう。
お松大権現 徳島県阿南市加茂町不ケ63(Googleマップhttps://nekogami.jp/index.html
※「招き猫」については、こちらの記事もご覧ください。
9月29日は「招き猫」の日!縁起物になった理由とおすすめスポット https://cheriee.jp/entertainments/37671/

④大分県「福良天満宮」

おでかけ,お寺,旅行,西日本,猫,神社 福良天満宮(ふくらてんまんぐう)は、学問厄除の神である菅原道真を祀っている神社です。こちらの境内には「赤猫社」こと「招霊赤猫社(おがたまあかねこしゃ)」が祀られています。 明治時代、臼杵では熱心に商売するあまり、地区同士の対立騒動が勃発し、この対立からケチに近い意味の「あかねこ」という言葉が生まれました。その後、この「あかねこ」という言葉に着想を得て赤い招き猫の置物を制作したところ、不思議なことにそれを持つ人々には良いことが続いたという話が広まりました。 そして、福を呼び込んでくれた「あかねこ」の魂を氏神様である福良天満宮に祀るため、1999年に赤猫社が建立されました。赤猫社の周りには「福猫たまりの井戸」があり、29体の赤猫石が祀られています。
福良天満宮 大分県臼杵市福良211(Googleマップhttp://www.fukuragu.jp/

⑤長崎県「尾曲がり猫神社」

おでかけ,お寺,旅行,西日本,猫,神社 尾曲がり猫神社(おまがりねこじんじゃ)は、長崎の「尾曲がり猫」を調査・研究している長崎ネコ学会が運営しています。長崎は猫が多く住む地域で、その中でも「かぎしっぽ」とも呼ばれる、折れたように曲がったしっぽを持つ猫が多く暮らしています。 長崎ネコ学会によると、尾曲がり猫は鎖国時代にインドネシアに生息していた尾曲がり猫の祖先が、船のねずみ捕りの役割をしながら、日本で唯一海外と貿易していた長崎にやって来て、ここから日本全国に広がったのだそうです。 尾曲がり猫神社では、可愛らしい尾曲がり猫をモチーフにしたおみくじや絵馬、猫の健康長寿お守りなどがあり、店内の巫女さんにお願いすると、尾曲がり猫のご朱印もいただけるそうです。バラエティ豊かな尾曲がり猫グッズはオンラインでも購入できます。 建物内には、本物の神社と同じように賽銭箱や吊るされた鈴が備えられ、参拝ができるようになっています。なお、お賽銭はすべて全国の猫保護団体に寄付されるそうなので、チャリティー活動の一環として訪れてみてはいかがでしょうか。
尾曲がり猫神社 長崎県長崎市銀屋町2-15 古川町共同ビル1F(Googleマップhttps://omagarinekoz.thebase.in/
※「かぎしっぽ」の猫については、こちらの記事もご覧ください。
日本猫に多い「かぎしっぽ」って?猫のしっぽの役割を解説 https://cheriee.jp/cats/28594/

まとめ

おでかけ,お寺,旅行,西日本,猫,神社 今回は、ねずみ捕りで人々を手助けした猫や飼い主に忠実だった猫、恐ろしい化け猫など、さまざまな猫にまつわる伝説が伝わる神社やお寺を紹介しました。これらの場所には猫の置物や可愛らしいグッズが販売されているところもありますので、猫好きの方にとっては楽しく参拝できるのではないでしょうか。 もし興味を持たれたら、ぜひ足を運んでみてください。

愛猫家にオススメ!猫にゆかりがある神社・仏閣5選【東日本編】

猫は人間のそばで暮らし、深く関わってきた歴史を持つため、日本全国には猫とゆかりのある神社や仏閣が数多く存在します。そして、日本の文化や信仰において縁起の良い生き物として長い間愛され、親しまれてきました。 この記事では、東日本にある猫にまつわる神社や仏閣についてご紹介します。

①宮城県「猫神社(美與利大明神)」

おでかけ,お寺,東日本,猫,神社,旅行 宮城県の牡鹿半島沖に位置する田代島は猫好きに有名な島で、住民よりも猫の方が多いほど、たくさんの猫が暮らす人気観光スポットです。この島には猫神社が建てられており、美與利大明神(みよりだいみょうじん)を祀っています。 田代島ではかつて養蚕が行われていたため、ねずみから蚕を守るために猫が飼われ、大事にされていました。また、猫の行動や様子を観察し、天候や漁の状況を予測する手がかりとしていたとも言われています。 ある日、漁師が石を取るため岩を割る作業をしていたところ、その一つが猫に当たり、その猫は亡くなってしまいました。漁師たちは亡くなった猫に可哀想なことをしたと心を痛め、亡骸を手厚く葬ったそうです。この猫が猫神社で祀られている猫神様だと言われています。
猫神社 宮城県石巻市田代浜(Googleマップhttps://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10053500/0050/3639/3639.html
※「田代島」については、こちらの記事もご覧ください
猫好きは要チェック!「猫島」と呼ばれる日本の島5選 https://cheriee.jp/entertainments/32712/

②栃木県「日光東照宮」

おでかけ,お寺,東日本,猫,神社,旅行 世界遺産でもある「日光東照宮」は、徳川家康公を祀る神社として知られています。境内には、一日中眺めていても飽きないことから「日暮らし門」と呼ばれる「陽明門」をはじめ、国宝8棟と重要文化財34棟を含む55棟の建造物が立ち並び、その壮麗で華麗な美しさは参拝者を圧倒します。 東照宮の回廊には「眠り猫」という有名な木彫像があります。さらに、猫の彫刻の裏側には竹林で遊ぶ2羽の雀の彫刻も施されています。これは、猫が眠っているため雀のような弱者も安心して暮らせる状況を象徴し、家康によって過酷な戦国時代が終わり、平和な時代が訪れたことを示すものとされています。 また、眠り猫には「実は薄目を開けている」という説も存在します。猫が寝ているように見せかけながら、いつでも飛びかかれる体勢をとり、狸寝入りをする徳川政権の威厳と恐ろしさを示すとも、外様大名へ睨みを利かせているとも解釈できます。このため、眠り猫の真の意味は謎に包まれたままとなっています。
日光東照宮 栃木県日光市山内2301(Googleマップhttps://www.toshogu.jp/

③東京都「豪徳寺」

おでかけ,お寺,東日本,猫,神社,旅行 豪徳寺(ごうとくじ)は、彦根藩主・井伊家の菩提寺であり、曹洞宗のお寺です。境内では梅、桜、牡丹、芍薬、つつじ、もみじなど多くの草木が四季折々に美しい彩りを見せ、訪れる参拝者を魅了しています。 そんな豪徳寺ですが、一説には招き猫発祥の地と言われています。境内にある「招猫殿」には、願い事がかなったお礼として、数多くの招福猫児が奉納されています。また、「三重塔」には十二支の動物といくつかの猫が飾られているので、その動物たちを見つけることでも楽しいひとときを過ごせます。
豪徳寺 東京都世田谷区豪徳寺2-24-7(Googleマップhttps://gotokuji.jp/
※「豪徳寺の招き猫」については、こちらの記事もご覧ください
9月29日は「招き猫」の日!縁起物になった理由とおすすめスポット https://cheriee.jp/entertainments/37671/

④東京都「今戸神社」

おでかけ,お寺,東日本,猫,神社,旅行 今戸神社(いまどじんじゃ)は、ご祭神の應神天皇(おうじんてんのう)、伊弉諾・伊弉冉尊(いざなぎ・いざなみのみこと)、福禄寿(ふくろくじゅ)を祀る神社です。 伊弉諾・伊弉冉尊の夫婦神を祀るこの神社は、縁結び、恋愛成就、夫婦円満などのご利益があるとされています。近年では、人気テレビドラマのロケ地としても知られ、多くの人が訪れる巡礼地となっています。 この今戸神社も招き猫発祥の地とする説があります。本殿の横には2体の招き猫が仲良く並ぶ「石なで猫」が鎮座し、なでると縁結びのご利益があるといわれており、大変な人気があります。さらに、石なで猫の写真を撮り、スマホの待ち受け画面に設定すると、願いが叶うといわれています。
今戸神社 東京都台東区今戸1-5-22(Googleマップhttps://imadojinja1063.crayonsite.net/

⑤東京都「阿豆佐味天神社」

おでかけ,お寺,東日本,猫,神社,旅行 阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)は、寛永6年(1629年)に村の鎮守の神として建立されました。この神社は、医薬、健康、知恵の神である少彦名命(すくなひこなのみこと)と、文学、芸術の神である天児屋根命(あめのこやねのみこと)の2柱を祀っています。 阿豆佐味天神社の境内には9つの社があります。そのうちの一つである蚕影神社(こかげじんじゃ)は、養蚕の守り神を祀っており、猫にゆかりがあります。この地域はかつて養蚕が盛んであり、蚕の天敵であるねずみを捕る猫が大事にされ、守り神とされています。 この神社が「猫返し神社」と呼ばれるようになったのは、ジャズピアニストの山下洋輔さんの飼い猫が行方不明になり探し回っていた時、偶然通りかかった蚕影神社で参拝したところ猫が戻ってきたという逸話があります。 近年では、猫を探している人だけでなく、猫の健康祈願に訪れる人など、猫好きが集まるスポットとして注目されています。
阿豆佐味天神社 東京都立川市砂川町4-1-1(Googleマップhttps://azusami-suitengu.net/
※「阿豆佐味天神社」については、こちらの記事もご覧ください
【行ってみた】「猫返し神社」とも呼ばれる立川の阿豆佐味天神社とは https://cheriee.jp/cats/30778/

まとめ

おでかけ,お寺,東日本,猫,神社,旅行 猫にゆかりのある神社や仏閣を知ることによって、猫は古くから人間との特別なつながりを持ち、ねずみ捕りや縁起物として愛されてきたことが感じられます。 今回は、東日本に点在する猫にゆかりがある神社や仏閣を厳選してご紹介しましたが、このほかにも猫にまつわる場所は全国に数多く存在します。これを機に、お近くの神社や仏閣を調べて訪れてみてはいかがでしょうか。

【ねこ神社・ねこ寺】会えたらラッキー!?猫が暮らすお寺5選

全国には、「ねこ神社」や「ねこ寺」と呼ばれる猫にまつわる神社仏閣が数多く存在します。その中には、お寺や神社で飼われていたり、そこに住み着いている猫がいるところもあります。境内でのんびりとくつろぐ猫たちの姿に癒やされた経験がある方もいるかもしれません。 この記事では全国のねこ神社やねこ寺の中から、猫が暮らすお寺をご紹介します。

①栃木県「小島山 長楽寺」

長楽寺(ちょうらくじ)は、那須三十三所観音霊場の第十二番礼所で、寛永7年(1630年)に創建された真言宗のお寺です。 たくさんの猫と一緒に朝食をとる住職の動画が話題になったため、猫好きであれば長楽寺をご存じの方も多いでしょう。YouTubeチャンネル「那須の長楽寺」では、住職と猫たちのほのぼのとした日常を楽しめます。 長楽寺では動画に映る猫たちと会うことも可能です。ただし、猫たちは人間が誘導しないと人前に出てこないこともあるため、猫に会いたい場合はお寺のスタッフに伝えて案内してもらうことをおすすめします。
小島山 長楽寺 栃木県那須郡那須町寺子丙1404(Googleマップhttps://nasu-chourakuji.com/

②千葉県「檀特山 小松寺」

小松寺(こまつじ)は、寺の七不思議や南総里見八犬伝の里見氏の財宝伝説が伝わる神秘的なお寺です。房総地方では、数少ない紅葉の名所としても有名で、紅葉の季節には境内のモミジ、カエデ、イチョウが彩り鮮やかに色づきます。 そんな小松寺には、副住職を務める「たま」と、寺の名前がついた「こまつ」の2匹の猫が住んでいます。住職が本堂に迷い込んだ子猫を保護したことから猫たちが寺で暮らすようになり、お昼寝したり境内を自由に歩いたりと気ままに過ごしています。
檀特山 小松寺 千葉県南房総市千倉町大貫1057(Googleマップhttps://www.komatsuji.jp/

③福井県「御誕生寺」

御誕生寺(ごたんじょうじ)は、全国から集まった曹洞宗のお坊さんが日々修行に励むお寺です。 「ねこ寺」としても知られており、30匹ほどの猫が暮らしています。招き猫のおみくじや猫の御朱印帳などの猫グッズがあり、猫にじゃれつかれている大仏像も見どころの一つです。 御誕生寺は、現在の本堂の建設中に4匹の猫を拾ったことがきっかけで、行き場のない猫たちを保護するようになりました(注:猫の受け入れはしていません)。 このお寺では猫たちの里親を募集し、譲渡会も開催されています。また、猫たちの食費や医療費のための募金も受け付けていますので、保護活動の一環として訪れてみてはいかがでしょうか。
御誕生寺 福井県越前市庄田町32-1-1(Googleマップhttps://www.facebook.com/gotanjouji/

④愛知県「龍岳院」

龍岳院(りゅうがくいん)は、400年以上の歴史を誇る曹洞宗のお寺で、書家でもある住職が願いを込めて美しい御朱印を書いてくださいます。訪れる参拝者が楽しいひとときを過ごせるよう、カラフルで美しい誕生日御朱印や名前入り御朱印、ペットの誕生日御朱印も書いて頂けます。 この龍岳院には、茶トラの「リオ」という看板猫がおり、先述した御誕生寺から引き取られたそうです。また、龍岳院では「猫募金」を受け付けており、募金に協力すると特別な御朱印が頂けるそうです。集まった寄付金は全て御誕生寺に贈られ、境内に住む猫たちの食事や医療費に充てられます。
龍岳院 愛知県新城市庭野南植田21-1(Googleマップhttps://ryugakuin.com/

⑤京都府「猫猫寺 開運ミュージアム」

猫猫寺(にゃんにゃんじ)は、猫をご本尊とした寺院型テーマパークです。猫をモチーフにしたアートや雑貨、猫のご本尊様、天井画やふすまなどの美術品を楽しめる施設です。 住職である猫たちは実際に猫猫寺に住んでいるわけではなく、お客さんが飼っている猫から人懐っこい子や飼い主との外出が好きな子が「猫住職」として選ばれています。猫住職たちはたまに出勤しますが、混雑を避けるために予告は行われていないとのことです。 また、猫猫寺には「見習い住職」の猫たちが暮らしています。ただし、ストレスにならないように猫のペースでお勤めするため、必ずしも会えるとは限らないようです。
猫猫寺 京都府京都市左京区八瀬近衛町520(Googleマップhttps://nyannyanji22.www2.jp/

猫に会いにお寺に行く時の注意点

おでかけ,お寺,ねこ寺,ねこ神社,保護猫,旅行,猫,看板猫,神社 実際に猫に会いにお寺に行く際には、以下の点に注意しましょう。
  • 猫に会えないこともあると心得る
  • 勝手に食べ物を与えない
  • 猫を追いかけ回さない
  • 無理やり抱っこしない
  • 寝ている猫を起こさない
猫好きの方ならよくご存じかと思いますが、猫たちは基本的にマイペースです。猫に出会えないとお寺にクレームをつける人もいるそうですが、本来お寺は猫との触れ合いの場ではありません。お寺の迷惑にならないよう、猫に会えない場合もあると心得て参拝してください。 また、マナーの違反はもちろんのこと、猫が嫌がるような行為も避けるよう心掛けましょう。

まとめ

おでかけ,お寺,ねこ寺,ねこ神社,保護猫,旅行,猫,看板猫,神社 今回は、猫たちが暮らすお寺をご紹介しました。運が良ければ看板猫たちに会えるかもしれませんので、運試しに訪れてみてはいかがでしょうか。 訪れる際はマナーを守り、猫やお寺の方に快く受け入れてもらえるように礼儀正しく参拝しましょう。

【獣医師監修】猫の便秘を放置するのは良くない!原因を突き止めよう

皆さんは愛猫の排便回数を気にしていますか?外に出る習慣がある子は、なかなか把握が難しいですよね。猫もヒトと同じように便秘になります。便秘の解消には、下剤の服用や直腸からの便掻き出しを行いますが、いずれも愛猫にとって負担の大きなものです。 では、便秘はどんな原因で起こるのでしょうか。便秘を「まあいいか」と放置せず、問題となっている原因を突き止めて、根本的な処置を行う必要があります。 今回は猫の便秘で考えられる疾患について解説します。

病気による便秘

猫,獣医師監修,便秘,排便,排泄,キャットフード,可溶性繊維,環境の変化 腸、肛門、骨盤など排便には様々な臓器や器官が関与しており、便秘の場合、これらのどこかに異常が起こっている可能性があります。 意外なところに原因が隠れていることもあるので、どんな病気が関連しているのかを頭に入れておきましょう。

巨大結腸症

【症状】 便秘、トイレに何度も行くなど。便秘が進行すると食欲不振、嘔吐、脱水などが現れる。 【原因】 繊維質の少ない食事の継続、結腸の神経異常、消化管内異物、腫瘍、外傷などが原因となる。また原因不明の特発性巨大結腸症の報告もある。 【備考】 一度発症すると繰り返しやすいとされており、バランスの取れた食事や十分な飲水量の確保によって発症させないことが望ましい。

栄養性二次性上皮小体亢進症

【症状】 元気消失、食欲不振、多飲多尿、嘔吐、便秘、歩様異常、痙攣など。 【原因】 カルシウム不足によって上皮小体からホルモンが分泌され、骨からカルシウムを補おうとする。 【備考】 現在はフードの質の向上によって本疾患の発生は稀となっているが、手作り食の場合には栄養バランスには十分に配慮する。

骨盤骨折

【症状】 歩様異常、起立困難、激しい痛み、排便困難、排尿困難など。 【原因】 交通事故、高い所からの落下事故などの外傷。 【備考】 猫の骨折において骨盤骨折は意外に多い。治療は外科手術となるが、術後も便秘が続く可能性もある。

肛門嚢炎

【症状】 肛門周囲の不快感(肛門付近を舐める、お尻を擦り付けるなどの行動)、肛門周囲からの出血など。 【原因】 肛門腺分泌物が正常に排泄されずに貯留し、そこに細菌感染などが加わることで起こる。 【備考】 通常、肛門腺分泌物は便の排泄時に一緒に排泄され、過度に貯留はしない。何らかの原因で肛門腺の出口が閉塞したり、先天的に出口が狭い子は分泌物が溜まりやすいので、絞り出してあげる必要がある。

腎不全

【症状】 多飲多尿(飲水量と尿量の増加)、尿色が薄い、嘔吐、食欲不振、脱水、貧血、発作など。 【原因】 腎臓の炎症、感染、免疫異常、結石などによる尿管や尿道の閉塞などが原因となる。便秘は脱水や、消化管運動の減少によって起こることがある。 【備考】 多発性嚢胞腎が遺伝的に発生しやすい猫種(ヒマラヤン、ペルシャ、スコティッシュフォールドなど)では、若齢でも腎不全に陥ることがあるので注意が必要。

消化管内異物

【症状】 嘔吐、食欲不振、元気消失など。便秘の症状は異物が腸閉塞を起こしている場合に認められる。 【原因】 おもちゃ、ビニールなどを始めとする異物の誤飲。 【備考】 異物の形状によっては腸穿孔から腹膜炎を起こすこともあり危険。家の中でなくなっているものがないかを確認することで、異物誤飲を疑うキッカケになることもある。

病気ではない便秘

猫,獣医師監修,便秘,排便,排泄,キャットフード,可溶性繊維,環境の変化 他にも、生活環境によって便秘が起こっていることもあります。猫はすごく繊細な動物です。「おや?」と思ったら一度、環境を見直してみるのもいいかもしれません。 しかし、引き際も肝心ですので、あまり長く様子を見ずに動物病院を受診するのも一つです。

食事性

繊維質が少ないフードを与え続けると便が硬くなり、排便に苦労します。これが続くと先述の巨大結腸症を発症し、慢性的な便秘になることもあります。 便を外へ送り出す力が弱くなるため、定期的に便の掻き出しを行わないといけなくなる可能性もあります。 フードを選ぶ際は繊維質、特に可溶性繊維に着目しましょう。可溶性繊維には便をフワフワにする効果があり、便秘の予防や改善に有効です。

環境の変化

引っ越しや人の出入りの激しい場所では、猫は安心して排泄できなくなることがあります。長期にわたって便を我慢し続けることは、体に良くないですよね。人の目につかない場所にトイレを設置する、猫にとって安心できる部屋や場所を作ってあげるなどの対策が必要です。 また、成長とともにトイレをいつもと違うものに変える、新しい猫を一緒に飼い始めるといったことも環境の変化に含まれます。 小さなことから大きな変化まで、しっかりと愛猫目線で考えてあげましょう。最近排便や排尿が少ないかなと思ったら、何か変化がないか考えてみるのもいいかもしれません。

まとめ

猫,獣医師監修,便秘,排便,排泄,キャットフード,可溶性繊維,環境の変化 ヒトの便秘は食生活を始めとする生活習慣の乱れや、体質のせいだと捉えられがちです。もちろん猫にも当てはまることはありますが、やはり病気が原因でないかをしっかりと確認する必要があります。 便秘は思っている以上に苦しいものです。ささいなことでも何か気になることがあれば気軽に動物病院までご相談ください。

猫の可愛がり方もさまざま!愛猫家だった4人の歴史上の人物

歴史に名を刻む偉人の中には、愛猫家としても知られる人物が数多く存在します。その中には、単に猫の魅力に心を奪われた人々や、猫とともに戦場で活躍した人物など、さまざまな顔ぶれがいます。 今回は、政治家や将軍家の人物、有名な戦国武将など、愛猫家だった歴史上の人物を4人ご紹介します。

趣味は猫と言われていた「エイブラハム・リンカーン」

偉人,愛猫家,政治家,武将,歴史上の人物,猫 エイブラハム・リンカーンは、アメリカ合衆国の第16代大統領で、2期にわたり大統領を務めた人物です。彼は「奴隷解放宣言」を表明しことで民衆から支持を受け、アメリカ南北戦争で北部を勝利に導き、アメリカを統一しました。アメリカ国内ではしばしば「歴代最も偉大な大統領の一人」と評されています。「人民の、人民による、人民のための政治」という演説でも有名です。 リンカーンは大変な猫好きで知られていました。彼には「私は犬や猫を大事にしないやつを信用しない」や「猫のためならば道も譲る」という名言があるほどです。 そんなリンカーンが大統領に選出された時、当時の国務長官から2匹の子猫を贈られました。彼は「タビー」と「ディクシー」と名付けられたその猫たちを溺愛し、仕事で疲れていても30分ずつ話しかけながら撫でていたという話が伝わっています。 リンカーンは野良猫たちにも愛情を注ぎ、時折彼らを家に連れ帰ることもありました。リンカーン夫人は「猫は夫の趣味」として受け入れていたそうです。 また、南北戦争下の1865年3月、グランド将軍のテントを訪れた際、リンカーンは母親を失った3匹の子猫を見つけると優しく抱き上げ、部下にその子猫たちの世話をするよう指示しました。 その後も、その子猫たちの様子を気にかけ、何度も部下に様子を尋ねるなど、彼の猫への愛情の深さが分かるエピソードが伝えられています。

大奥で姫猫を溺愛「篤姫(天璋院)」

偉人,愛猫家,政治家,武将,歴史上の人物,猫 篤姫は江戸幕府第13代将軍、徳川家定の正室として知られる人物です。彼女は元々大の犬好きで、将軍家に輿入れする前は「狆」という犬種の犬を飼っていましたが、夫の家定が犬嫌いだったため、大奥では「サト姫」という三毛猫を飼っていました。 将軍家の愛猫となれば、普通の猫とは暮らしぶりが違います。ここからは、篤姫のサト姫に対する溺愛ぶりを見ていきましょう。
  • 専属のお世話係が3名もついていた
  • 普段の食事は篤姫から食べ物を分けてもらっていた
  • 食器はサト姫専用のアワビの形をした瀬戸物で、黒塗りのお膳に載せて出されていた
  • 精進日には大奥の者は肉や魚を食べないが、サト姫用にドジョウやかつおぶしをわざわざ仕入れて与えていた
  • 精進日のエサ代だけで年25両(現代の価値に換算すると約250万円相当)
  • かごの中にちりめんの布団が敷かれた専用の寝床が用意されていた
  • 専用の寝床か、篤姫の着物の裾で眠っていた
  • 紅色の紅絹(もみ)で作られた平紐に、銀の鈴がついた首輪をつけており、この紐は1か月に1回交換していた
こんなに豪華な生活をしていたら、短命だったのではと想像してしまいますが、サト姫は16歳まで長生きし、死後には戒名まで付けられたと伝えられています。

代々続く茶トラ猫を生んだ「ウィンストン・チャーチル」

偉人,愛猫家,政治家,武将,歴史上の人物,猫 ウィンストン・チャーチルは第二次世界大戦期のイギリスの首相として強力な指導力を発揮し、連合国を勝利に導いた人物です。 彼は偏屈で気難しい性格で知られていましたが、意外にも猫好きで、彼の私邸でも官邸でも常に数匹の猫を飼っていました。そのため、チャーチルと猫のエピソードが数多く残されています。 チャーチルが特に溺愛していた猫は、「ジョック」という名前の茶トラ猫でした。ジョックは、チャーチルが88歳の誕生日に秘書官から贈られた猫で、彼が晩年まで住んでいたケント州の邸宅、「チャートウェル・ハウス」で共に過ごしました。チャーチルはジョックが食卓にいないとディナーをとらないという話が伝わるほど、溺愛していたようです。 そんなチャーチルの遺言には、猫に関するものも存在します。それは「チャートウェル・ハウスでは常にマーマレード・キャット(茶トラ猫)を飼うこと。そして、その猫の名前はジョックとすること。」というものです。 この遺言は守られ、現在でもチャートウェル・ハウスでは7代目のジョックが幸せに暮らしています

戦場で猫を活用した「島津義弘」

偉人,愛猫家,政治家,武将,歴史上の人物,猫 島津義弘は薩摩国(現在の鹿児島県の西部)の戦国武将です。戦国最強とも言われる島津四兄弟の次男で、島津氏の第17代当主でした。 勇猛な武将で知られ、敵からは「鬼島津」と恐れられたことでも有名です。1592年から1598年に行われた朝鮮出兵の戦いのひとつである「泗川の戦い(しせんのたたかい)」では、7千の兵で10万の敵を打ち破るという武功を挙げました。 そんな猛将は、戦場に7匹もの猫を連れて行ったと伝えられています。軍用犬のように戦場に犬を連れて行くことはありますが、猫を連れて行くとは一体どのような理由だったのでしょうか。 猫を飼っている方ならご存じかもしれませんが、猫の瞳孔は時間帯によって開き具合が変化する性質があり、戦場で時刻を把握するために、時計の代わりとして猫の目を利用したとされています。義弘は猫たちを各部隊に配置し、食事や出陣の時間を兵士たちに知らせる手段として活用したのです。 朝鮮出兵に従軍した7匹の猫の中で、「ミケ」と「ヤス」という2匹の猫が無事に帰国を果たしました。戦場で活躍したこの2匹は、鹿児島市にある島津氏の別邸跡の「仙巌園(せんがんえん)」の一角にある「猫神社(ねこがみしゃ)」に祀られています。 戦場で時間を知らせる役割を担っていた2匹にちなみ、「時の記念日」である6月10日には、愛猫家のために猫の長寿祈願と供養祭が執り行われます。

まとめ

偉人,愛猫家,政治家,武将,歴史上の人物,猫 今回ご紹介した歴史上の人物たちは、本人の性格によるところもありますが、それぞれ置かれている立場や状況により猫の可愛がり方もさまざまで、非常に興味深く感じます。 自分がこの人物の立場だったら、どのような可愛がり方をするだろうかと、過去の人物たちに思いを馳せてみるのも面白いかもしれません。

【クイズ】全問正解できるかも?動物に由来する雑学

日常的に使っている漢字や言葉には、動物に関するものもたくさんあります。しかし、案外気にしたことがなかったり、知らなかったりするものも多いのではないでしょうか。

今回は、動物に由来する雑学についてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、動物に由来する雑学クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 漢字の部首の獣偏(けものへん)は、どんな動物を表す字が変化したもの?
正解です!
不正解です!
正解は「犬」です。
漢字の獣偏は、立ち上がった犬の姿を横から見た「犬」の姿に由来しています。

狐や猿など、動物に関係する多くの漢字に使われています。
Q.2 北海道生まれの人を「道産子」と呼ぶことがありますが、この「道産子」が指す動物はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「馬」です。
北海道生まれの人を指す「道産子」とは、もともと北海道産の馬のことを指していました。

日本在来馬である道産子は、もともと東北地方から連れて来られた南部馬に由来します。体力がとてもあり、背中に人や荷物を乗せて運搬する仕事で活躍しました。体格は比較的小柄でありポニーに分類されます。
Q.3 「ちょっかいを出す」という言葉の由来となった動物はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「猫」です。
余計な手出しや干渉をすることを「ちょっかいを出す」といいますが、これは猫の仕草に由来する言葉です。

片方の前足で物をかきよせるような猫の動作はもともと「手掻き」といわれており、この「手」が「ちょ」に変わったとする説があります。

猫がちょっかいを出す姿はとても可愛らしいですよね。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!