猫の老化サインって何がある?シニア期に備えてチェックしよう

猫も年を取ると、老化により少しずつ体の生理機能が衰えてきます。愛猫がシニア期を元気に過ごし、長生きするためにも飼い主さんは早めにサインに気付くことが大切です。

今回は猫の老化サインやケアのコツを解説します。

7歳を過ぎたら注意「猫は人の5倍の早さで年を取る」

猫,シニア,老化,生活習慣,健康診断,運動
猫が7歳になったら、個体差はあるもののそろそろシニアの仲間入りです。猫の7歳は人の44歳ごろに相当します。(参考:獣医師広報版

44歳といえば、生活習慣病などが気になり始める人が増える年頃です。実際、厚生労働省は40歳から生活習慣病予防のために特定健診や特定保健指導をすすめています。(参考:厚生労働省「特定健診・特定保健指導」)

猫も7歳になるころから飼い主さんが体のケアをし、老化に合わせてサポートをする必要があります。猫は人のおよそ5倍の早さで年を取ります。人間にとってはほんの数か月が、猫にとっては年単位です。「うちの子はまだ若い」と思い込まず、よく観察して年齢に合った過ごし方をしましょう。

健康診断を若いうちから定期的に受ける


猫の健康管理に欠かせないのが、健康診断です。定期的に受けましょう。

猫が健康診断を受けるメリット

獣医師による診断を受けると、病気など体の変化にいち早く気づけます。定期的な健康診断は、病気の早期発見早期治療ができる点が大きなメリットです。早期治療は、猫の負担も少なく、治療費の負担も減らせます

7歳を過ぎたら2回以上の受診がおすすめ

若いうちは1年に一度でも、7歳を過ぎたら最低でも半年に一度程度の受診をおすすめします。

猫にとっての1年は人の数年に該当するので、なるべく短いサイクルで受診をすると安心です。もしも1年受けないでいると、5年近く健康チェックを放置したことと同じになってしまいます。かかりつけの動物病院とよく相談してください。

若いうちは健康診断を受ける習慣がなかった猫も、今から受診するようにしましょう。

シニアになったサインを見逃さない

猫,シニア,老化,生活習慣,健康診断,運動
猫の老化の始まりは、ちょっとした行動や反応に現れます。普段からよく観察し、飼い主さんが早めに見つけてあげましょう。早めに気付いてケアをすることで、猫が快適に暮らせます。

食べ方や食欲

食欲は、健康チェックのバロメーターです。まったく食べないときは、すぐに動物病院を受診してください。

途中で食べるのをやめる場合は、首などに痛みがあり、下を向いて食べるのが苦痛になっている可能性があります。高さのあるフードボウルに変えるなど配慮が必要です。

食欲はあるものの、ポロポロこぼすようになったら、歯周病などが進行しているかもしれません。一方、急に食欲が増進した場合、元気そうに見えても甲状腺機能亢進症など病気の恐れもあります。

排泄

尿量が増えていないか、こまめにチェックしましょう。猫は高齢になるに従って、慢性腎臓病のリスクが増します。同時に、水分摂取も確認しましょう。

尿量が増えて水をがぶ飲みする場合、慢性腎臓病が進行している恐れがあります。無症状でも、慢性腎臓病が進行するケースもあるので注意が必要です。

膀胱炎などのリスクも加齢とともに高くなります。何度もおしっこをしていないか、排泄のたびに痛がっていないかも確認しましょう。

運動

運動量が減っていないかチェックします。高齢になると、関節に痛みを生じる猫が増えてきます。以前は平気だったのにキャットタワーにのぼらない、おもちゃで遊ばないなど変化がでてきたら、体のどこかに痛みを感じているかもしれません。

体重の変化

週に一回は、体重測定をします。シニア期にかかりやすい病気によっては、体重が減る場合も。例えば、甲状腺機能亢進症の猫はたくさん食べているのに体重が減少気味になります。肥満も心臓病や関節炎などを悪化させる原因です。

自宅で測定する際は、飼い主さんが猫を抱いて体重計に乗った計測値から、飼い主さんの体重を引いて猫の体重を記録しておきます。

被毛や皮膚、爪

徐々に被毛のつやが減り、皮膚は弾力が失われていきます。爪はもろく、太くなっていくのが特徴です。猫自身、被毛の手入れや爪とぎをしなくなるのも老化のサインです。腫瘍もできやすくなるため、皮膚の状態は、毎日手で触れて確認します。

聴覚

呼んでも反応しない場合は、加齢により聴覚が衰えているのかもしれません。耳が遠くなった猫は、不安を覚えやすく大声で鳴くことがあります

行動や性格の変化

おだやかだったのに怒りやすくなった、やたらと甘えるようになったなどもシニアの猫によく見られます。昼間は寝てばかりで、夜になると騒ぐなど睡眠サイクルが変わっていくこともあります。

老化だと思いこまないことも大切


猫の変化に気づいたら、まずは動物病院を受診しましょう。

老化だと思っていた変化が、病気が原因の場合もあります。年を取ったからだと思いこまず、必ず受診してください。

まとめ

猫,シニア,老化,生活習慣,健康診断,運動
猫は人間の約5倍の早さで年を取るため、7歳は人の44歳くらいに相当します。7歳を過ぎたら食欲や排泄、運動量などに変化がないかをこまめに確認してください。老化だけではなく、病気が原因のケースもあるので、いつもと違うと感じたらすぐに受診しましょう。

健康状態を確認するために、最低でも半年に一度は動物病院で健康診断を受けることも大切です。大切な愛猫が元気にシニア期を過ごすためにも、飼い主さんは老化のサインを見逃さないようにしましょう。

実はダックス以外もかかる!犬の椎間板ヘルニアの原因や対策の紹介

「椎間板ヘルニアはダックスフンドがなりやすい」とよく聞きますが、実はダックスフンドなどの「短足犬種」だけが発症するものではありません。

どんな犬でも椎間板ヘルニアになる可能性があります。

この記事では、椎間板ヘルニアの主な原因と予防方法をご紹介します。

犬が若いうちから対策をしていくことが大切ですので、しっかり学んで日頃の生活に活かしましょう。

椎間板ヘルニアとは

青い服のダックス
そもそも椎間板ヘルニアとはどのような病気なのでしょうか。

背骨はいくつもの椎骨から成り、椎骨と椎骨の間には椎間板があります。

椎間板はゼリー状の軟骨組織で、クッションのような役割を果たしています。

椎間板ヘルニアとは、椎間板の一部が何らかの原因により飛び出し、脊髄を圧迫している状態のことを言います。

原因となるもの

ブルドッグと赤いクッション
椎間板ヘルニアの原因は主に3つあります。

1. 遺伝によるもの

「軟骨異栄養性犬種」と呼ばれる遺伝子を持つ犬種は、軟骨の形成不全で、骨がうまく発育しない傾向にあります。

これらの犬はクッションの役割を持つ椎間板も発育不足となるため、若くてもヘルニアになる可能性が高いです。

軟骨異栄養性犬種の代表がダックスフンドです。足が短いのはこの遺伝子を受け継いでいるからだと言われています。
その他にも、コーギー、フレンチブルドッグ、バセットハウンド、シーズーなども軟骨異栄養性犬種の遺伝子を持っています。

今、飼っている犬や、これから飼おうとしている犬について調べてみて、軟骨異栄養性犬種だと分かったなら一層の注意をしましょう。

2. 加齢によるもの

軟骨異栄養性犬種でなくても、加齢によって椎間板ヘルニアになる可能性があります。

歳をとるにつれて繊維輪が変形してしまったり、椎間板への負担が積み重なってしまうことにより、椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。

3. 生活習慣

また、さまざまな生活習慣も椎間板ヘルニアの原因になります。

例えば、食べ過ぎて肥満になると腰に負担がかかり、椎間板ヘルニアになりやすくなります。

また、滑りやすいところを歩いたり、階段を登ったりと、腰に負担のかかる動きを繰り返すことも原因のひとつとなります。

症状

診断
犬が次のような行動をとり始めたら、椎間板ヘルニアの疑いがあります。

1. ソファや階段の登り降りを嫌がる
2. 抱き上げるときに鳴いて痛がる
3. 動くことを嫌がる
4. 後ろ脚がふらつく
5. 背中を丸めてじっとする

さらに症状が悪化すると、脚が麻痺したり、排泄が困難になることもあります。

椎間板ヘルニアのサインに気が付いたら、早めに獣医師に相談しましょう。

治療の方法

サプリメント

症状が軽い場合

脚に麻痺などがなく、比較的軽度な症状の場合には、薬によって痛みや炎症をおさえながら安静にします。

しっかりと運動を制限する必要がある場合は、小さなケージに入れて数週間安静にさせる「ケージレスト」という治療を行います。

症状が重い場合

軽傷の治療方法で改善が見られない場合や、脚が麻痺するなど重い症状が見られる場合には、手術が必要となります。
手術の費用やリハビリの方法など、獣医師とよく相談しながら決めるようにしましょう。

なお、手術をしても脚に麻痺が残る可能性があります。そうした場合には、犬用の車椅子を利用して生活する場合もあります。

鍼灸治療も一つの選択肢

特に高齢犬など、手術に抵抗がある場合は、鍼灸治療も一つの選択肢です。

実は、筆者の犬も椎間板ヘルニアで下半身が完全に麻痺してしまったことがあるのですが、鍼灸治療のみで回復し、1年以上経った今でも毎日元気に走り回っています。

手術よりは回復に時間がかかりますが、麻酔をしたり、入院して手術する必要もないので、犬にとっての負担も小さく済むでしょう。

椎間板ヘルニアの予防方法

corgi
椎間板ヘルニアは日々の工夫の積み重ねで、そのリスクを軽減することができます。

  • 段差の大きいところはなるべく自分で登り降りをさせず、抱き上げて運ぶ
  • 抱き上げるときは床と平行の体勢にし、両手でしっかりホールドする。
  • フローリングなどの滑りやすい素材は避け、カーペットやマットを敷く。
  • 肉球の周りの毛を定期的にカットしてあげることで、滑りにくくする。
  • 食べ物の与えすぎや運動不足などにも注意し、肥満にならないようにする。

まとめ

ダルメシアン
椎間板ヘルニアは軟骨異栄養性犬種という犬種がかかりやすい病気ですが、それ以外の犬種でも加齢や生活習慣によってかかってしまう場合があります。

重傷化すると脚が麻痺して歩行困難や排泄障害などを引き起こしてしまう危険性があります。

軟骨異栄養性犬種は特に、そしてそれ以外の犬種も油断せず、若いうちから生活習慣に気を遣うことが大切です。

日々の工夫次第でそのリスクを減らすことができるので、愛犬がいつまでも健康でいられるように意識していきましょう。