【犬クイズ】犬の飼い主さんの義務、ちゃんと知っていますか?

「犬を飼い始めたはいいけれど、どんな手続きが必要なの?」
犬を初めて飼う初心者さんや、子供の頃に家族で飼ってたけど自分で飼うのは初めて…という方は、戸惑うことも多いかもしません。今回は、犬の飼い主さんが果たさなければいけない義務についてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、犬の義務クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の飼い主の義務について正しいものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「義務を果たさないと罰金に処せられることがある」です。
国が定めた飼い主の義務は以下の3点です。
  • 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
  • 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
  • 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
これらの義務を果たさない場合、20万円以下の罰金に処せられることがありますので、必ず実施しましょう。
Q.2 畜犬登録について誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「動物病院で登録する」です。
畜犬登録は出生届のようなものです。登録は動物病院ではなく、住民票のある市区町村の役所か保健所で登録しましょう。
対象は生後91日以降の犬で、犬を飼い始めたら30日以内(生後91日未満の子を除く)に届出をすることが義務づけられています。 登録時に鑑札が交付されますので、必ず首輪に着けましょう。また、登録後に引越しをした場合、畜犬登録の情報も忘れずに更新しましょう。
Q.3 狂犬病注射について正しいものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「発症後の治療法はないが、ワクチン接種により予防が可能」です。
狂犬病は人間を含むあらゆる哺乳類に感染し、発症した場合の致死率は100%とも言われています。日本では長らく発生していませんが、海外では未だ多くの人が狂犬病で亡くなっています。万が一国内に病原体が持ち込まれてもワクチンを接種をしていれば蔓延を防げるため、予防注射を必ず行いましょう。

なお、畜犬登録と同様にこちらも生後91日以上の犬が対象で、年に一度注射することが義務付けられています。動物病院だけでなく、市区町村の公園などでも決められた時期に集団注射ができます。注射は3000円程度の費用がかかり、一般的に集団注射の方が安く受けられます。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬を飼い始めたら「登録」「予防注射」が義務って知ってた?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

災害大国日本なら必須かも!?犬の鑑札や迷子札、ちゃんとつけてる?

犬の鑑札、ちゃんとつけていますか? 室内飼いだったり、愛犬が嫌がったりして、散歩のときしかつけていないという飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか。 しかし、「万が一のとき」が必ず散歩のときだけとは限らないですよね。 今回は鑑札の装着がなぜ大事なのか、ご紹介していきたいと思います。

法律で義務づけられている

散歩する犬 犬を飼い始めたら、飼い主としてやることはたくさんあります。 その中でも、飼い主であれば必ず果たさなければならない義務として、法律で定められていることがあります。
(1) 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること (2) 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること (3) 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
(参考:厚生労働省HP) (3)の部分が、今回の記事で紹介したい大事な箇所ですが、(1)(2)についても説明しておきたいと思います。

鑑札とは?(生涯1回)

鑑札 先ほどの項目の(1)は「畜犬登録」と呼ばれますが、これを済ませると「鑑札(かんさつ)」を交付してもらえます。鑑札には、市区町村名と交付年度、登録番号が記載されています。 鑑札のデザインは、以前まで全国で統一したものが使用されていましたが、現在は規定を超えない範囲で市区町村が独自にデザインして良いことになっています。 外形のデザインは、シンプルな円形などの他、骨や犬のイラスト風の可愛いらしいものも多く出ています。素材は、錆びにくく丈夫なステンレス、アルミニウムなどが多く用いられているようです。

注射済票とは?(毎年1回)

注射済票 (2)にあるように、飼い主は飼い犬に毎年一回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務付けられています。動物病院や集合注射で予防注射を済ませ、「注射済証明書」をもらうと、それと引き換えに「注射済票」というものが交付されます。 注射済票には、市区町村名と交付年度、注射済票番号が記載されます。 こちらも鑑札と同じく、デザインは市区町村によって様々なバリエーションがあり、素材にはステンレスやアルミニウムが多く用いられているようです。 余談ですが、小型犬の飼育が増えてきたことから、鑑札や注射済票も小型化してきている傾向があります。

なぜ装着する必要があるのか

3匹の犬を連れた人 鑑札も、注射済票も、大事な番号が書かれた犬にとっての身分証明書のようなものです。人間に置き換えると、運転免許証やパスポートのようなものです。失くしてはいけない大切なものですよね。 わざわざ愛犬に装着しなくてはいけないのには、ちゃんとした理由があるのです。

愛犬が迷子になってしまったら?

「鑑札」や「注射済票」がなければ、その犬が保健所や愛護センターなどで保護されたとしても、誰の飼い犬なのか判断できません。 これらをきちんと身につけていれば、鑑札に記載された登録番号などを元に、保護した施設から飼い主へ直接連絡をとることができるのです。 また、室内で飼っている犬でも、災害時などは何が起こるかわかりません。鑑札や迷子札など何もついてない状態で迷子になった場合、飼い主の元へ戻る可能性はぐっと下がってしまいます。 こういったことから、「いつでも犬に身につけさせること」はやはり重要になってくるのです。

装着時に犬が嫌がるときは

木を噛む犬 鑑札や注射済票は、ぶら下げることができるようになっていますが、犬によっては嫌がることがあります。 また、鑑札をむき出しでぶら下げるのは、すぐ取れてしまわないか不安だなぁという方もいらっしゃると思います。 鑑札は丈夫な素材で作られてはいますが、すり減ってきて番号が読み取れなくなってくることも考えられますよね。 そんなときは、首輪に取り付けられる鑑札ホルダーがおすすめです。 神奈川県動物保護センターHP – 手作りの鑑札・迷子札ホルダーを作ろう!で紹介されているように、100均に売っている材料を買って、自分で手作りすることもできます。

迷子札もつければもっと安心

タグ 鑑札の装着は義務ですが、迷子札は義務ではありません。しかし、迷子札もつけるなら、飼い主への連絡がよりスムーズになるかもしれません。 鑑札であれば登録番号を問い合わせて、確認してから…となりますが、迷子札に繋がりやすい連絡先を載せておけばもっと早く飼い主へ連絡が行く可能性は高くなります。電話番号であれば、保護した方が見てすぐに飼い主に連絡ができるからです。 最近では、個人情報保護のためにQRコードで読み取るシステムを利用した迷子札なども出ているようです。 迷子札にご興味のある方は、こちらの記事も合わせてぜひご参照ください。
愛犬のための、おしゃれな迷子札・鑑札カバーまとめ【決定版】

最後に

ソファに寝そべるダックスフンド よくしつけているわんちゃんでも、やはり「万が一」というのは予測できないものです。 つけておけばよかった…と後悔することのないように、これを機にいつでも鑑札を身につけさせるように心がけてみませんか? 犬の畜犬登録や、狂犬病予防接種についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご参照ください。
犬を飼い始めたら「登録」「予防注射」が義務って知ってた?

犬を飼い始めたら「登録」「予防注射」が義務って知ってた?

「犬を飼い始めたはいいけれど、どんな手続きが必要なの?」 犬を初めて飼う初心者さんや、子供の頃に家族で飼ってたけど自分で飼うのは初めて…という方は、戸惑うことも多いかもしません。 ここで、飼い始めてすぐにやらなくてはならない「畜犬登録」と「狂犬病注射」の2つを確認しておきましょう!また、おすすめスケジュールも載せておきましたのでぜひ参考にしてください!

やること①畜犬登録

登録 これは、人間の赤ちゃんでいう出生届のようなものです。犬を飼い始めたら30日以内に届出をすることが義務づけられています。以下にまとめてみましたので、参考にしてください。
  • 対象:生後91日以降の子
  • なぜ:犬の所有者を明確にし、自治体が把握するため
  • いつ:飼い始めてから30日以内 (生後91日未満の子を飼っていた場合は、生後91日を経過した日から)
  • どこ:住民票のある市町村の役所か保健所で登録(どちらで登録するかは、自治体のHPを確認すること)
引っ越した場合や、譲ったりして登録者が変わった場合は再手続きが必要です。 犬を譲り受けた場合は、登録済みなのかも必ず確認しておきましょう。

登録はいくらするの?

    登録手数料:3,000円前後
飼い始めてすぐは慣れないことが多くあまり余裕がないかもしれませんが、飼い主の義務ですので必ず手続きしてくださいね。 また、登録時に鑑札が交付されますので、必ず首輪に着けましょう。

やること②狂犬病注射

草むらにいる黒い犬 狂犬病とは、動物だけでなく人も感染してしまう恐ろしい病気です。発症した場合、致死率は100%とも言われています。現在、日本では長らく発生していませんが、海外ではいまだになくなっていません。万が一、国内に病原菌が持ち込まれても蔓延を防ぐことができるように、予防接種を必ず行いましょう。
  • 対象:91日以後の犬
  • なぜ:狂犬病の感染を防ぐため
  • いつ:生後91日以後になるべく早く
  • どこ:動物病院
  • 何を: 1、予防注射を打つ 2、注射済み証明書をもらう 3、役所か保健所に提出(自治体のHPを確認)

注射はいくらするの?

  • 狂犬病予防接種料金:2000〜3000円
  • 注射済票交付手数料:550円前後
  • 注射済票再交付(紛失したとき):400円前後
となっています。

毎年受けよう

狂犬病注射は、生後91日以後に一度受け、その後は年に一度、4月〜6月の間に注射することが義務づけられています。自治体が行っている集団注射で受けるか、動物病院に行くかのどちらかから選べます。集団注射の方が安い場合が多いですが、時間が決められていたり、待ち時間が長かったりします。

いつなにをすればいいの?

カレンダー どの時期のわんちゃんを飼うかによって、いつまでに何をするかが少し変わって来るため、2パターンの図解を用意しました。

生後91日未満の子犬を飼った場合

狂犬病注射・畜犬登録図解

生後91日が経過した犬を飼った場合

狂犬病注射・畜犬登録の図解22 畜犬登録は飼い始めてから30日までに行かなければならないため、その前までに狂犬病注射に行くことが望ましいでしょう。そうすれば、病院から交付される「注射済票」を、役所(保健所)で畜犬登録の手続きをするときに提出することができます。病院によっては、注射済票を提出してくれるところもあるようなので、こちらも事前に確認をしておくと良いでしょう。

飼い主の義務

国が定めた飼い主の義務は以下の3点となっています。
    (1) 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること (2) 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること (3) 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
(参考:厚生労働省HP) このうち、能動的にやらなければならない手続きを含む上位2つを説明いたしました。飼い主の義務を果たすことは、犬を飼う以上きちんと果たさなければなりません。 犬を飼い始めたばかりの時は、何をしたらいいかわからず右往左往してしまうこともあるでしょう。こうした手続きなどもしっかり行い、素敵なペットライフを過ごしましょう! 犬を飼い始めた際は以下の記事もあわせてご覧ください。
パートナー選びから必要な手続きまで!犬を飼う前に知っておくべきことまとめ
初めての犬の飼い方【飼い始めてから】