【獣医師監修】湿疹や脱毛など、猫の皮膚異常で考えられる9つの疾患

今回のテーマは、愛猫の毛が抜ける、皮膚が赤くなるなど、猫の皮膚に関する様々なトラブルについてです。

猫の皮膚トラブルは、一時的なものなら問題ありませんが、それが何日も続き、どんどん広がっていく場合は注意が必要です。皮膚の痒みや違和感は、猫にとっても大きなストレスになります。

猫の皮膚に何が起きているのかを、獣医師と一緒に詳しく勉強していきましょう。

そもそも皮膚異常とは

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹
皮膚が赤くなっている、痒みがあるなど、皮膚全般の異常のことです。外観に異常が見られるため、一緒に生活していて見つけやすい異常でもあります。

猫で見られる皮膚異常の一例を紹介します。

  • 紅斑:赤い斑で、皮膚に盛り上がりは見られない。毛細血管の充血によって起こる。
  • 脱毛:猫は全身が毛で覆われているため、全身のどこでも起こり得る。
  • フケ:表皮のターンオーバーの短縮、あるいは角質の剥脱阻害が考えられる。
  • カサブタ:びらんや潰瘍の上に滲出物や扁平上皮が固まって形成される。

猫の皮膚異常で受診した際に聞かれること

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹

猫の皮膚疾患は、受診時の皮膚の状態だけでは情報が不十分です。
次のような点を飼い主さんが事前に把握しておくと、診断がスムーズに進みます。

  • 初発年齢:幼齢時に発生するもの、老齢で発生するものがある
  • 季節性:夏場や冬場で症状に変化はあるか
  • 初発部位:最初はどこから始まったのか
  • 痒みの程度:強い痒みがあるか、本人が気にしている様子はあるか
  • 投薬歴:過去の治療歴、投与した薬剤の反応性
  • 経過:病変の拡大、いつ頃からかなど

猫の皮膚疾患で考えられる疾患9つ

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹

皮膚疾患は命に関わることは少ないですが、痒みがあると非常にストレスです。
そのストレスによって別の病気にかかることもあるため、早めに原因を取り除き、楽にしてあげましょう。

①膿皮症(のうひしょう)

【症状】
皮膚小環:カサブタを伴うやや隆起した発赤が、細菌感染部位から円形に広がる。背中に見られることが多い。
深在性膿皮症:細菌感染が皮膚の深部に及んだ状態。赤く腫れ、痛みを伴う。

【原因】
細菌が表皮や毛包に入って感染。皮膚にはバリア機能があるが、環境の悪化や栄養不良、他の感染症やアレルギーなどによってバリアが弱まると発症する。

②ノミアレルギー性皮膚炎

【症状】
痒みを伴う皮疹。

【原因】
ノミに対するアレルギー反応。
ノミの寄生数には関係なく、一匹でもノミがいればノミアレルギー性皮膚炎を発症する可能性がある。

【備考】
ノミアレルギーによって好酸球性肉芽腫などが悪化することもある。

③食物アレルギー

【症状】
痒み、脱毛、全身性粟粒(ぞくりゅう)性皮膚炎。
特に首から上(頭部、頸部、耳介)によく見られる。

【原因】
食物抗原に対するアレルギー反応。
犬と異なり、猫では食物アレルギーがどのように起こるのか解明されていない。

④皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

【症状】
・脱毛(初期段階)。
・多量の鱗屑(りんせつ:皮が剥けてカサカサした状態)を伴う脱毛性紅斑。
・細菌の二次感染で痒みが見られることも。

【原因】
皮膚糸状菌という真菌(カビの一種)による感染症。

【備考】
皮膚糸状菌症はヒトにも感染することが知られており、猫はヒトへの重要な感染源として問題視されている。

多頭飼育の場合は感染が蔓延する恐れがあり、早期に感染猫を隔離するのが大事。
落ちた皮膚や被毛が感染源となるため、環境の浄化も重要。

⑤舐性皮膚炎(しせいひふえん)

【症状】
脱毛、違和感。

【原因】
ストレスや退屈などによって猫は自分の体を舐めるが、ザラザラの舌で舐め続けると皮膚が炎症を起こす。

【備考】
元々そこに何らかの皮膚異常があったから舐めているのか、舐めた結果皮膚異常が生じているのかの判断は困難。

⑥肥満細胞腫

【症状】
悪性腫瘍が、特に頭部や頸部に発生することが多い。
小さい上に、本人が気にすることも少ないため、発見が遅れることも多い。

【備考】
外科切除では広範囲の切除が望ましいとされているが、猫の肥満細胞腫では局所での攻撃性は低く、術後の予後は良好。
一方で、転移している場合の予後は悪いとされ、特に多発性(複数か所に病変が存在)の場合は要注意。

⑦扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

【症状】
白い猫に発生しやすい癌で、好発部位は鼻、耳介、眼瞼、口唇。
病変部は潰瘍化して出血しやすく、顔面の変形も見られることがあるため非常に痛々しく見える。

【備考】
転移速度は遅い。

⑧脂肪種

【症状】
脂肪細胞の増殖による良性腫瘍で、触るとプヨプヨしている。

【備考】
単独で悪さをすることはあまりないが、発生部位と大きさによっては歩行や飲食に支障を来たすことも。

⑨表皮嚢胞(ひょうひのうほう)

【症状】
表皮にしこりができる。
表皮の角質・脂肪が皮膚内に溜まったもので、腫瘍ではない。

【原因】
皮下に嚢胞(袋)ができ、そこに古くなった角質などが溜まることで腫瘤となる。

【備考】
腫瘍ではないので転移することはない。
しかし、大きくなりすぎると自壊の恐れもあるため、手術によって切除する必要がある。

猫の皮膚異常は早めの受診を!

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹

皮膚病変の診断や治療には時間がかかるものもあります。

細菌培養検査では2〜3日、アレルギー検査では1週間程、食物アレルギーの原因を調べるための除去食試験では数ヵ月かかることもあります。

痒みなどのストレスを早く取り除いてあげるためにも、早めに動物病院を受診しましょう。

まとめ

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹
猫の皮膚異常の相談は意外と多いものです。皮膚疾患は原因がなかなか特定できないことも意外と多く、獣医師の頭をしばしば悩ませます。

愛猫の皮膚トラブルを見つけた場合は、気軽にご相談ください。一緒に愛猫の悩みを解決していきましょう。

犬も花粉症になるの?秋にも気をつけたい犬の花粉症と対策法5選

暑さも少しずつ和らぎ、昼間の散歩も気持ちのいい季節となってきました。ところで最近、鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりしていませんか?

花粉症といえば春先のイメージが強いですが、イネやブタクサなど、秋にもさまざまな花粉が飛んでいるのです。そしてそのつらい症状は人間だけでなく、犬にも発症している可能性があります。

今回の記事では、犬の花粉症の対策方法について紹介します。ぜひ参考にしてください!

犬も花粉症になる?

病院
花粉が飛び始めると、花粉症を持病に持つ人は、主に目や鼻の粘膜にアレルギー性鼻炎の症状が出ます。

犬も人間と同様に花粉症にかかりますが、アレルギー性鼻炎の症状を示す割合は少なく、花粉に対するアレルギー症状は主に皮膚に現れます。犬の場合は、人間のように鼻炎として症状が出るのではなく、皮膚炎として出るわけです。

こんな症状が出たら…

人の花粉症ではくしゃみ、鼻づまり、鼻水、目のかゆみなどの症状が出ます。犬の場合は、花粉アレルギーの主な症状は皮膚の炎症として出ます。

以下のような症状や行動が飼い犬に見られたら、動物病院に行って相談してみてください。

  • 皮膚に発疹や赤みが見られる
  • 体を壁に擦り付ける、かきむしる
  • 一部の毛がハゲている
  • 外耳炎が治らない
  • 脚先を頻繁になめている

皮膚炎の症状を見て、すぐに花粉症と判断してしまうのはやめましょう。他の原因物質に対してアレルギー反応を起こしている可能性があります。アレルギー反応による皮膚炎の場合は、原因を特定することが一番重要です。犬の様子をよく観察し、その上でまずは一度、獣医さんに診てもらいましょう。

花粉症にかかりやすい犬種


花粉症にかかりやすい犬種はいくつか知られており、短頭種に多い傾向があると言われます。もしこのような犬種を飼育している場合は、いつも以上にケアをし、注意してあげる必要があるかもしれませんね。

  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • ジャーマン・シェパード
  • シーズー
  • ダックスフント
  • マルチーズ
  • プードル
  • ミニチュア・ピンシャー
  • 柴犬
  • ビーグル
  • コッカー・スパニエル
  • スプリンガー・スパニエル
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • フレンチ・ブルドッグ
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
  • シェットランド・シープドッグ
  • etc
    引用:神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院

つらい症状を乗り切る対策法5選

獣医と犬

対策その1:散歩の時間に注意

花粉が飛んでいる時間帯を避けて散歩に連れて行くようにしましょう。

お昼の12時から18時頃までの時間帯は花粉の飛沫量が多くなりやすいため、なるべく避けるようにしましょう。飛沫量が少ないのは早朝なので、早朝に散歩に行く習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

花粉情報をチェックして、飛沫量の少ないタイミングを見計らって散歩に連れ出すのもいいですね。

対策その2:散歩に出かける前に

犬の被毛に付着する花粉を減らすために、お洋服を着せて外出するようにしましょう。

散歩から帰ってきたら、必ず玄関の外で脱がしてあげてください。着せたまま家に入れてしまうと花粉を持ち込むことになってしまいます。

花粉の付着を防止する素材で作られたお洋服やアレルギー対策の機能が備わったウェアも活用してみてください。炎症が起きている部分を舐めたり掻いたりするのを防いだり、花粉が付着するのを防いだりしてくれます!

また、花粉が付きにくい素材という意味では、レインウェアが意外とおすすめです。花粉が繊維にくっつかないので、服を脱がして軽く払うだけで良いのが利点です。

対策その3:植物の茂った場所は避けて

草原のマルチーズ
犬の花粉アレルギーの原因になる植物は、雑草が茂っている場所に紛れていることが多いです。そのような草むらに入っていかないように見張ってあげてください。

草むらの少ない道を散歩コースにしてあげるといいでしょう。

対策その4:帰ってきたらすぐに花粉を落とそう

帰宅したら、すぐに花粉を落としてあげるようにしましょう。家の中に花粉が舞ってしまうのを防ぐために、できれば外で落としてから室内に入れた方がいいです。

花粉を取るにはぬれたタオルやドライワイプで拭き取ってあげるほか、ブラッシングなどが好ましいです。

対策その5:室内でも対策しよう

予算の都合が合うのであれば、犬が生活するスペースに空気洗浄機を置いてあげるとよいでしょう。また、外飼いの場合は、花粉の季節だけ室内飼いにし、さらに空気清浄機で花粉対策をするのが効果的です。

また、アレルゲンを皮膚や被毛から落とすために、シャンプーはこまめに行うようにしましょう。

最後に

とびはねる犬
花粉は時期によって飛んでいる種類が異なります。春先はスギやヒノキ、秋はブタクサやヨモギ、初夏から秋にかけてはイネの花粉がよく飛んでいます。花粉は毎年のことですので、愛犬が花粉症にかかりやすそうであれば、いつ頃どんな花粉に反応しているかを確認し、その時期は特に対策をしっかり取るようにしましょう。

アレルギーは自然治癒しません。放っておけば放っておくだけ悪化してしまいます。もしかしたら、と思うような症状が見られる場合は、早いうちに動物病院に連れて行ってあげましょう。場合によっては、内服薬を処方してもらい、ご紹介したような環境面での対策と併せて実施することで、より効果を発揮します。

また、犬のために花粉対策をすることは、人間の花粉症の対策にもなります。しっかりとした対策をして快適な秋を過ごしましょう!

犬の毛が抜けて地肌が見えてしまった!?犬の脱毛3つの原因とは?

犬の抜け毛には、季節の変わり目に被毛が生え変わる生理現象である「換毛」と、ストレスや病気が原因で毛が抜け落ちてしまう「脱毛」があります。

もちろん、毛が抜けるからといって必ずしも体に異常があるわけではありませんが、何か病気が隠れている可能性もあります。今回の記事では、考えられる犬の抜け毛の主な原因を3つをご紹介します。

抜け毛を引き起こす病気

病院医者

抜け毛には、病気が隠れていることがあります。抜け毛が生じる病気には、以下に挙げるようなものが考えられます。おかしいなと思ったら、獣医師の診察を受けるようにしましょう。

膿皮症

膿皮症とは、毛包に細菌が侵入し、毛包が破壊され徐々に脱毛と痒みを発症する病気です。主にブドウ球菌が原因となります。

疥癬症

疥癬症は、疥癬に感染している他の動物から感染する病気で、この病気の原因は目に見えないくらいの小さなダニです。

ダニが犬の皮膚の中に潜って移動するときに皮膚中にフンなどをしますが、その排泄物に対して体が激しく炎症反応を起こして、その痒みに伴いフケや脱毛が生じてしまいます。

ニキビダニ症

目に見えないくらい小さなニキビダニというダニが毛包に寄生し、それに伴い細菌感染が起きてしまうと起こる脱毛症です。

しかし、このニキビダニはほとんど全ての犬が元から持っているもので、普通はごく少数しか毛包には存在しません。

真菌症

皮膚の角質や毛などに含まれるケラチンという成分を餌にする皮膚糸状菌が毛に侵入すると起こる病気で、侵入された皮膚は脆くなり、途中から切れるようになります。

人間の足によく現れる水虫を起こすものと同じ菌で、カビの皮膚病です。もし飼い主さんが水虫にかかってしまった場合は、犬にうつらないように清潔に保ってできるだけ早く治すようにしましょう。

アレルギー性皮膚炎

人間だけでなく犬もアレルギーにかかります。ノミや花粉、そして食餌に含まれる成分などに対してアレルギーになってしまうと、それらの原因物質に触れたり口に含んだりすることでアレルギーの症状を発症します。

激しい痒みを伴うため、後ろ足でところかまわず引っ掻いたり、皮膚をどこかに擦り付けたりしているうちに毛が抜けたり切れたりしてしまいます。犬や猫のアレルギーについてはこちらの記事も参考にしてください。

ペット好きのための、犬アレルギー/猫アレルギー対策とは?

内分泌疾患

毛を作る過程には各種のホルモンが関係しています。そのホルモンのバランスが崩れると毛の発育が止まり、そして新しい毛が生えるのもまちまちになってしまうので結果として脱毛症になります。

主に高齢犬によく見られる疾患で、副腎皮質機能や性ホルモンのバランスが変化することが原因とされています。痒みは少なく、左右対称に近い状態の脱毛が見られるのが特徴です。

ストレス性の脱毛症

ストレスを感じている女性

人間と同様、ストレスによっても抜け毛が生じることがあります。

原因

人間は強いストレスを感じると円形脱毛症になったりしますが、同じような症状は犬にも起こり得ます。犬のストレス性脱毛症の原因としては、環境の変化や家族構成の変化、運動不足、去勢からくるホルモンバランスの変化、愛情不足などが考えられます。

ペットホテルや友人宅にお泊まりしたとき、引っ越しをしたり餌やトイレの場所を模様替えしたときなど、人間にとっては些細な出来事や日常の変化であっても、犬は強いストレスを感じてしまう場合があることを頭に留めておいてください。

ストレスのサイン

犬が強いストレスを感じている時のサインとして、以下が挙げられます。ただし、これらのサインがあったらと言っても、必ず強いストレスを感じているとも限りません。他の症状なども含め、総合的に観察する必要があります。

  • 体の一部だけをずっと舐めている
  • 自分の尻尾をぐるぐると延々追いかけている
  • しっぽや足の間の毛が抜け落ちている
  • 適温であるにも関わらず舌を出してハアハアと呼吸している
  • 寒くもないのに体を震わせている

このような行動や症状が見られたときは、ストレスの原因を突き止め、出来るだけ早く原因を取り除くようにしましょう。

換毛期


犬は換毛期を通して外の気候に合わせて体温調節できるように被毛の暑さを調節しています。

ダブルコートとシングルコート

犬の被毛は大きく分けて2種類あり、「ダブルコート」というと上毛と下毛の2層構造になっている犬種と、「シングルコート」という上側の被毛のみの1層構造担っている犬種に分かれています。

犬の換毛期は春と秋の二回というのが一般的で、冬毛から夏毛へ、そして夏毛から冬毛へというようなサイクルで生え変わっていきます。

異常なサイン

ここで注意したいのが、換毛期に生え変わりがあるのは、ダブルコートの犬種だけだということです。

シングルコートの犬種も、人間と同様日常的に毛が生え変わるため、抜け毛はありますが、ある一定の期間にたくさん毛が抜けることは通常ありません。もし、シングルコートの犬種のワンちゃんに大量の抜け毛が見られたときは何か異常があるかもしれないので、すぐに病院に連れていきましょう。

犬の換毛期にオススメのブラシはこちらの記事をご参照ください。

決定版!愛犬の抜け毛におすすめのブラシ、教えます。

最後に

伏せをするラブラドール
愛犬の毛がごっそりと抜け落ちてしまっていたり、部分的に禿げてしまっていたりすると、どうしようもなく不安になってしまいますよね。特に、一部だけ抜け毛があったりすると、なんの病気なのか気になってしまいます。

抜け毛は、病気、ストレス、換毛の3つの原因のいずれかに当てはまる可能性が高いと言えるでしょう。日頃から犬の様子をよく観察し、病気であれば早期発見、早期治療を施したいですね。

愛猫の毛がゴッソリ抜けてしまってる!猫の脱毛の原因まとめ

猫の抜け毛には、季節の変わり目に被毛が生え変わる生理現象である「換毛」と、ストレスや病気が原因で毛が抜け落ちてしまう「脱毛」があります。健康な猫でも生理的に毛が抜けており、毛が抜けているからといって必ずしも病気が原因とは限りません。

しかし、飼い猫を撫でているときに毛が禿げている部分を見つけてしまったりするととても心配になってしまいますよね…

この記事では猫の毛が抜けてしまう主な原因をまとめています。是非参考にしてください。

病気

皮膚糸状菌症


皮膚の角質や毛などに含まれるケラチンという成分を餌にする皮膚糸状菌が毛に侵入すると起こる病気で、侵入された皮膚は脆くなり途中から切れるようになります。

人間の足によく現れる水虫を起こすものと同じ菌で、カビの皮膚病です。もし飼い主さんが水虫にかかってしまった場合は、猫にうつらないように清潔に保ってできるだけ早く治すようにしましょう。

アレルギー性皮膚炎

人間だけでなく犬もアレルギーにかかります。ノミや花粉、そして食餌に含まれる成分などに対してアレルギーになってしまうと、それらの原因物質に触れたり口に含んだりすることでアレルギーの症状を発症します。

激しい痒みを伴うため、後ろ足でところかまわず引っ掻いたり、皮膚をどこかに擦り付けたりしているうちに毛が抜けたり切れたりしてしまいます。

犬や猫のアレルギーについてはこちらの記事を参考にしてください。

ペット好きのための、犬アレルギー/猫アレルギー対策とは?

疥癬症

疥癬に感染している他の動物から感染する病気で、この病気の原因は目に見えないくらいの小さなダニです。

ダニが犬の皮膚の中に潜って移動するときに皮膚中にフンなどをしますが、その排泄物に対して体が激しく炎症反応を起こして、その痒みに伴いフケや脱毛が生じます。

日光性皮膚炎

病院
毛の白い猫によく起こると言われていますが、強い直射日光を浴びたときに日光性皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

発症すると皮膚が炎症を起こしてしまい、耳先や頭部の毛が抜け落ちたり、ひどい時には耳、鼻、口周りの皮膚がただれてしまうこともあります。

内分泌疾患

毛を作る過程には各種のホルモンが関係しています。そのホルモンのバランスが崩れると毛の発育が止まり、そして新しい毛が生えるのもまちまちになってしまうので結果として脱毛症になります。

主に高齢の猫によく見られる疾患で、副腎皮質機能や性ホルモンのバランスが変化することが原因となりやすいです。痒みは少なく、左右対称に近い状態の脱毛が見られます。

ストレス

原因

病気のサイン、信号
猫のストレス性脱毛症の原因として多いのは、家族構成の変化や環境変化によるストレスから起こるものです。
猫は何らかの理由でストレスを感じると、それが原因で過剰にグルーミングを行うことがあります。

ザラザラした舌で舐めやすい四肢や下腹部、横腹などの体毛を取り除くことをグルーミングと言いますが、これを過剰に行ってしまうと特定の場所の毛が抜け落ちてしまいます。

ペットホテルや見慣れない場所へと旅行に行ったとき、引っ越しをしたり餌やトイレの場所を模様替えしたときなど、人間にとっては些細な出来事や変化にも猫は強いストレスを感じてしまう場合があることを頭に留めておいてください。

対策

ストレスの原因を特定し、それを改善することが何よりも重要です。症状が現れる前と後とで何か変化したものや新しい出来事などを突き止め、できるだけ早く猫のストレスを取り除いてあげましょう。

予防歩法としては、何よりも猫にストレスを感じさせないことです。猫のリラックスできる環境を整え、きちんと健康管理をし、そして適度にスキンシップをとるようにしましょう。

換毛期

猫は換毛期を通して外の気候に合わせて体温調節できるように被毛の暑さを調節しています。

猫の換毛期は春の三月ごろと秋の11月ごろの二回というのが一般的で、冬毛から夏毛へ、そして夏毛から冬毛へというようなサイクルで生え変わっていきます。

猫は換毛期にもグルーミングをし、お腹の中に多くの毛が溜まると毛玉として吐き出すことがあります。
しかし、老猫になってくると毛玉を吐き出すことができなくなってしまい、毛球症になってしもうことがあります。ですので、老猫を飼っている場合は換毛期は特にしっかりとブラッシングしてあげて、飲み込む毛玉がなるべく少なくなるようにしてあげましょう。

最後に

落ち葉に埋もれる猫
飼い猫の毛がゴッソリ抜けていたり、部分的に禿げていたりするのを見つけてしまうととても不安になりますよね。

今回は猫の脱毛の原因をまとめました。飼い猫に脱毛が見られたときは是非この記事を活用してみてください!