足裏の脱毛には注意!うさぎのソアホックの原因と予防方法とは

うさぎに多いと言われる病気である「ソアホック」。足裏の毛が抜けることで、皮膚の炎症を起こしてしまう病気です。
英語でソア(sore)は痛い、ホック(hock)は後脚の関節を意味します。

今回は、ソアホックの症状、原因と予防策についてご紹介します。日頃のちょっとした予防策でリスクを下げることができるため、是非試してあげてください。

ソアホックとは?

うさぎ,ソアホック,足裏,脱毛

ソアホックとは、うさぎの足裏に起こる皮膚炎のことです。日本語では、飛節びらん、足底潰瘍などと呼ばれることもあります。

ソアホックの症状としては、まず何らかの原因で足の裏、特に踵の部分の被毛が薄くなります。脱毛よって皮膚が露出してしまうと、表面に傷や炎症を起こしやすくなってしまいます。
進行すると足裏が厚く固い白いタコのようになり、赤く炎症を起こしてしまいます。

ソアホックは、後ろ足に発症することが多いです。
直ちに重篤化することはありませんが、炎症による痛みで歩けなくなったり、食欲不振になったりします。悪化すると二次的な病気を引き起こすことがあります。

進行すると治りにくくなるため、早期発見と予防がが大切です。

ソアホックの原因

うさぎ,ソアホック,足裏,脱毛
うさぎのソアホックは、日常的に足への負担がかかってしまうことが主な原因となります。

  • 固い床材
  • 爪が伸びすぎている
  • 運動不足
  • 肥満による体重の負荷
  • スタンピング(足で床を蹴る)を頻繁にする
  • 加齢により、同じ姿勢で長時間足を床につけている

以上の環境や行動が見られる場合は、足に負担がかかっている可能性があります。
うさぎの足には肉球がないため、皮膚が床に直接触れてしまいます。そのため、少しの摩擦でも擦れてしまい毛が抜けやすくなるのです。

そのほかにも、ストレスや遺伝的要因によって足の裏の毛が薄いことも原因として挙げられます。また、水や尿などが足裏にこびりついて、足裏が常に湿っているなど不衛生な状況も良くありません。

日頃から足裏をチェックしよう

うさぎ,ソアホック,足裏,脱毛
抱っこをしたりブラッシングをしたりなど、普段からうさぎと触れ合っていると、足裏の脱毛に気がつきやすいでしょう。
しかし、抱っこが苦手なうさぎだと、歩けなくなるまで気がつかない場合もあります。

換毛期など毛が生え変わる時期は特にデリケートになるため、普段からうさぎの足裏を意識してみてください。

ソアホック予防のためにできること

うさぎ,ソアホック,足裏,脱毛
ソアホックを予防するために、飼い主さんができることをご紹介します。

1. 足に負担のかからない床材

ケージや散歩するお部屋の床材は、足に負担のかからないものを選びましょう。
固い床やフローリングなどの滑りやすい床は、ウサギの足には負担になります。

爪を引っ掛けにくい毛足の短い、適度に弾力がある、滑りにくく摩擦が起こりにくいマットが適しています。

2. 定期的に爪切りをする

爪が伸びすぎてしまうと、かかとに体重が乗ってしまい足に負担がかかります。
そのほかにも、カーペットに爪が引っかかりやすくなり折れる原因になってしまいます。

日頃からうさぎの爪の長さを確認し、切ってあげましょう。暴れてしまってうまく切れない場合は、動物病院等で切ってもらうことをおすすめします。

3. うさぎの足を綺麗に保つ

ケージの中でうさぎが水皿をひっくり返してしまったり、尿が散乱してしまったりすることがあるでしょう。
足裏が湿って不衛生な状態が続くと、皮膚の炎症により脱毛が起こりやすくなります。
こまめにケージの床を掃除し、ウサギの足裏を綺麗に保ちましょう。

4. 肥満予防

体重が増えると足の負担も増加します。適切な体重管理はうさぎの健康につながります。
年齢ごとに食事を見直し、おやつのあげすぎには注意しましょう。

5. うさぎにストレスを与えない

うさぎはストレスに敏感な動物です。
うさぎはストレスを感じた時、後ろ足で力強く床を蹴るスタンピングをすることがあります。
特に固い床の上で頻繁にスタンピングをすると足裏に良くないため、ストレスとなる要因をなるべく取り除いてあげましょう。

部屋の中をお散歩させて運動させる、しっかり遊んであげる、大きな音を立てないなどの対策をし、ストレスフリーな環境を作ってあげることが大切です。

まとめ

うさぎ,ソアホック,足裏,脱毛
ソアホックは、足の負担による脱毛が原因の病気です。
うさぎがかかりやすい病気の一つで、悪化すると歩けなくなることがあります。そのため、予防と早期発見が重要になります。

負担の少ない床材を選ぶ、定期的に爪を切る、足を綺麗に保つなどの日頃の予防策をしっかり行い、日頃から足の裏の状態チェックをしてあげましょう。
少しでも脱毛や赤みが見られたら、動物病院に相談することをおすすめします。

犬も花粉症になるの?秋にも気をつけたい犬の花粉症と対策法5選

暑さも少しずつ和らぎ、昼間の散歩も気持ちのいい季節となってきました。ところで最近、鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりしていませんか?

花粉症といえば春先のイメージが強いですが、イネやブタクサなど、秋にもさまざまな花粉が飛んでいるのです。そしてそのつらい症状は人間だけでなく、犬にも発症している可能性があります。

今回の記事では、犬の花粉症の対策方法について紹介します。ぜひ参考にしてください!

犬も花粉症になる?

病院
花粉が飛び始めると、花粉症を持病に持つ人は、主に目や鼻の粘膜にアレルギー性鼻炎の症状が出ます。

犬も人間と同様に花粉症にかかりますが、アレルギー性鼻炎の症状を示す割合は少なく、花粉に対するアレルギー症状は主に皮膚に現れます。犬の場合は、人間のように鼻炎として症状が出るのではなく、皮膚炎として出るわけです。

こんな症状が出たら…

人の花粉症ではくしゃみ、鼻づまり、鼻水、目のかゆみなどの症状が出ます。犬の場合は、花粉アレルギーの主な症状は皮膚の炎症として出ます。

以下のような症状や行動が飼い犬に見られたら、動物病院に行って相談してみてください。

  • 皮膚に発疹や赤みが見られる
  • 体を壁に擦り付ける、かきむしる
  • 一部の毛がハゲている
  • 外耳炎が治らない
  • 脚先を頻繁になめている

皮膚炎の症状を見て、すぐに花粉症と判断してしまうのはやめましょう。他の原因物質に対してアレルギー反応を起こしている可能性があります。アレルギー反応による皮膚炎の場合は、原因を特定することが一番重要です。犬の様子をよく観察し、その上でまずは一度、獣医さんに診てもらいましょう。

花粉症にかかりやすい犬種


花粉症にかかりやすい犬種はいくつか知られており、短頭種に多い傾向があると言われます。もしこのような犬種を飼育している場合は、いつも以上にケアをし、注意してあげる必要があるかもしれませんね。

  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • ジャーマン・シェパード
  • シーズー
  • ダックスフント
  • マルチーズ
  • プードル
  • ミニチュア・ピンシャー
  • 柴犬
  • ビーグル
  • コッカー・スパニエル
  • スプリンガー・スパニエル
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • フレンチ・ブルドッグ
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
  • シェットランド・シープドッグ
  • etc
    引用:神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院

つらい症状を乗り切る対策法5選

獣医と犬

対策その1:散歩の時間に注意

花粉が飛んでいる時間帯を避けて散歩に連れて行くようにしましょう。

お昼の12時から18時頃までの時間帯は花粉の飛沫量が多くなりやすいため、なるべく避けるようにしましょう。飛沫量が少ないのは早朝なので、早朝に散歩に行く習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

花粉情報をチェックして、飛沫量の少ないタイミングを見計らって散歩に連れ出すのもいいですね。

対策その2:散歩に出かける前に

犬の被毛に付着する花粉を減らすために、お洋服を着せて外出するようにしましょう。

散歩から帰ってきたら、必ず玄関の外で脱がしてあげてください。着せたまま家に入れてしまうと花粉を持ち込むことになってしまいます。

花粉の付着を防止する素材で作られたお洋服やアレルギー対策の機能が備わったウェアも活用してみてください。炎症が起きている部分を舐めたり掻いたりするのを防いだり、花粉が付着するのを防いだりしてくれます!

また、花粉が付きにくい素材という意味では、レインウェアが意外とおすすめです。花粉が繊維にくっつかないので、服を脱がして軽く払うだけで良いのが利点です。

対策その3:植物の茂った場所は避けて

草原のマルチーズ
犬の花粉アレルギーの原因になる植物は、雑草が茂っている場所に紛れていることが多いです。そのような草むらに入っていかないように見張ってあげてください。

草むらの少ない道を散歩コースにしてあげるといいでしょう。

対策その4:帰ってきたらすぐに花粉を落とそう

帰宅したら、すぐに花粉を落としてあげるようにしましょう。家の中に花粉が舞ってしまうのを防ぐために、できれば外で落としてから室内に入れた方がいいです。

花粉を取るにはぬれたタオルやドライワイプで拭き取ってあげるほか、ブラッシングなどが好ましいです。

対策その5:室内でも対策しよう

予算の都合が合うのであれば、犬が生活するスペースに空気洗浄機を置いてあげるとよいでしょう。また、外飼いの場合は、花粉の季節だけ室内飼いにし、さらに空気清浄機で花粉対策をするのが効果的です。

また、アレルゲンを皮膚や被毛から落とすために、シャンプーはこまめに行うようにしましょう。

最後に

とびはねる犬
花粉は時期によって飛んでいる種類が異なります。春先はスギやヒノキ、秋はブタクサやヨモギ、初夏から秋にかけてはイネの花粉がよく飛んでいます。花粉は毎年のことですので、愛犬が花粉症にかかりやすそうであれば、いつ頃どんな花粉に反応しているかを確認し、その時期は特に対策をしっかり取るようにしましょう。

アレルギーは自然治癒しません。放っておけば放っておくだけ悪化してしまいます。もしかしたら、と思うような症状が見られる場合は、早いうちに動物病院に連れて行ってあげましょう。場合によっては、内服薬を処方してもらい、ご紹介したような環境面での対策と併せて実施することで、より効果を発揮します。

また、犬のために花粉対策をすることは、人間の花粉症の対策にもなります。しっかりとした対策をして快適な秋を過ごしましょう!