【獣医師監修】湿疹や脱毛など、猫の皮膚異常で考えられる9つの疾患

今回のテーマは、愛猫の毛が抜ける、皮膚が赤くなるなど、猫の皮膚に関する様々なトラブルについてです。

猫の皮膚トラブルは、一時的なものなら問題ありませんが、それが何日も続き、どんどん広がっていく場合は注意が必要です。皮膚の痒みや違和感は、猫にとっても大きなストレスになります。

猫の皮膚に何が起きているのかを、獣医師と一緒に詳しく勉強していきましょう。

そもそも皮膚異常とは

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹
皮膚が赤くなっている、痒みがあるなど、皮膚全般の異常のことです。外観に異常が見られるため、一緒に生活していて見つけやすい異常でもあります。

猫で見られる皮膚異常の一例を紹介します。

  • 紅斑:赤い斑で、皮膚に盛り上がりは見られない。毛細血管の充血によって起こる。
  • 脱毛:猫は全身が毛で覆われているため、全身のどこでも起こり得る。
  • フケ:表皮のターンオーバーの短縮、あるいは角質の剥脱阻害が考えられる。
  • カサブタ:びらんや潰瘍の上に滲出物や扁平上皮が固まって形成される。

猫の皮膚異常で受診した際に聞かれること

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹

猫の皮膚疾患は、受診時の皮膚の状態だけでは情報が不十分です。
次のような点を飼い主さんが事前に把握しておくと、診断がスムーズに進みます。

  • 初発年齢:幼齢時に発生するもの、老齢で発生するものがある
  • 季節性:夏場や冬場で症状に変化はあるか
  • 初発部位:最初はどこから始まったのか
  • 痒みの程度:強い痒みがあるか、本人が気にしている様子はあるか
  • 投薬歴:過去の治療歴、投与した薬剤の反応性
  • 経過:病変の拡大、いつ頃からかなど

猫の皮膚疾患で考えられる疾患9つ

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹

皮膚疾患は命に関わることは少ないですが、痒みがあると非常にストレスです。
そのストレスによって別の病気にかかることもあるため、早めに原因を取り除き、楽にしてあげましょう。

①膿皮症(のうひしょう)

【症状】
皮膚小環:カサブタを伴うやや隆起した発赤が、細菌感染部位から円形に広がる。背中に見られることが多い。
深在性膿皮症:細菌感染が皮膚の深部に及んだ状態。赤く腫れ、痛みを伴う。

【原因】
細菌が表皮や毛包に入って感染。皮膚にはバリア機能があるが、環境の悪化や栄養不良、他の感染症やアレルギーなどによってバリアが弱まると発症する。

②ノミアレルギー性皮膚炎

【症状】
痒みを伴う皮疹。

【原因】
ノミに対するアレルギー反応。
ノミの寄生数には関係なく、一匹でもノミがいればノミアレルギー性皮膚炎を発症する可能性がある。

【備考】
ノミアレルギーによって好酸球性肉芽腫などが悪化することもある。

③食物アレルギー

【症状】
痒み、脱毛、全身性粟粒(ぞくりゅう)性皮膚炎。
特に首から上(頭部、頸部、耳介)によく見られる。

【原因】
食物抗原に対するアレルギー反応。
犬と異なり、猫では食物アレルギーがどのように起こるのか解明されていない。

④皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

【症状】
・脱毛(初期段階)。
・多量の鱗屑(りんせつ:皮が剥けてカサカサした状態)を伴う脱毛性紅斑。
・細菌の二次感染で痒みが見られることも。

【原因】
皮膚糸状菌という真菌(カビの一種)による感染症。

【備考】
皮膚糸状菌症はヒトにも感染することが知られており、猫はヒトへの重要な感染源として問題視されている。

多頭飼育の場合は感染が蔓延する恐れがあり、早期に感染猫を隔離するのが大事。
落ちた皮膚や被毛が感染源となるため、環境の浄化も重要。

⑤舐性皮膚炎(しせいひふえん)

【症状】
脱毛、違和感。

【原因】
ストレスや退屈などによって猫は自分の体を舐めるが、ザラザラの舌で舐め続けると皮膚が炎症を起こす。

【備考】
元々そこに何らかの皮膚異常があったから舐めているのか、舐めた結果皮膚異常が生じているのかの判断は困難。

⑥肥満細胞腫

【症状】
悪性腫瘍が、特に頭部や頸部に発生することが多い。
小さい上に、本人が気にすることも少ないため、発見が遅れることも多い。

【備考】
外科切除では広範囲の切除が望ましいとされているが、猫の肥満細胞腫では局所での攻撃性は低く、術後の予後は良好。
一方で、転移している場合の予後は悪いとされ、特に多発性(複数か所に病変が存在)の場合は要注意。

⑦扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

【症状】
白い猫に発生しやすい癌で、好発部位は鼻、耳介、眼瞼、口唇。
病変部は潰瘍化して出血しやすく、顔面の変形も見られることがあるため非常に痛々しく見える。

【備考】
転移速度は遅い。

⑧脂肪種

【症状】
脂肪細胞の増殖による良性腫瘍で、触るとプヨプヨしている。

【備考】
単独で悪さをすることはあまりないが、発生部位と大きさによっては歩行や飲食に支障を来たすことも。

⑨表皮嚢胞(ひょうひのうほう)

【症状】
表皮にしこりができる。
表皮の角質・脂肪が皮膚内に溜まったもので、腫瘍ではない。

【原因】
皮下に嚢胞(袋)ができ、そこに古くなった角質などが溜まることで腫瘤となる。

【備考】
腫瘍ではないので転移することはない。
しかし、大きくなりすぎると自壊の恐れもあるため、手術によって切除する必要がある。

猫の皮膚異常は早めの受診を!

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹

皮膚病変の診断や治療には時間がかかるものもあります。

細菌培養検査では2〜3日、アレルギー検査では1週間程、食物アレルギーの原因を調べるための除去食試験では数ヵ月かかることもあります。

痒みなどのストレスを早く取り除いてあげるためにも、早めに動物病院を受診しましょう。

まとめ

猫,皮膚,異常,痒み,脱毛,疾患,湿疹
猫の皮膚異常の相談は意外と多いものです。皮膚疾患は原因がなかなか特定できないことも意外と多く、獣医師の頭をしばしば悩ませます。

愛猫の皮膚トラブルを見つけた場合は、気軽にご相談ください。一緒に愛猫の悩みを解決していきましょう。

カビが原因で愛犬が病気に?梅雨時期から夏にかけては気をつけよう

梅雨から夏にかけては気温も湿度も高くなり、カビが繁殖しやすい時期です。この時期、人間もカビが原因で夏型過敏性肺炎という病気にかかったりしますが、犬の場合はどうなのでしょうか。

カビは呼吸によって体内に吸い込まれたり、直接皮膚に触れることで病気を引き起こします。カビの生えやすい条件、カビが原因の病気、防カビ方法について詳しく見ていきましょう。

カビが原因でかかる犬の病気

保護されて家で過ごす犬
人がカビ菌のせいで夏型過敏性肺炎にかかるように、犬にもカビが原因でかかってしまう病気があります。

白癬症

白癬症は真菌というカビの一種によって起こる犬の病気です。犬が白癬症にかかると毛が途中で切れて短くなったり、被毛の一部が剥げてしまったりします。

予防法は、シャンプーをこまめに行い、清潔にしてあげることです。円形脱毛が見られたり、皮膚の一部をかゆがっている様子が見られたら、かかりつけの動物病院で診てもらうようにしましょう

クリプトコッカス症

空気中に浮遊するカビ菌を吸い込むことで起こる病気です。クリプトコッカス菌は土中に多く含まれている菌なので、散歩中に吸い込んでしまい、症状が出るケースがあります。

この病気にかかると鼻水やくしゃみをするようになり、悪化すると肺炎のような症状も見られるようになるため、早いうちに治療を受けることが重要です。

マラセチア

マラセチアはもともと犬の皮膚や耳の中にいる菌ですが、免疫力の低下によって皮膚病として発症します。耳あかが増える、皮膚が炎症を起こすなどの症状が見られます。

予防方法としてはマラセチアの予防専用のシャンプーを使うのが効果的です。動物病院で処方してもらうのが良いでしょう。以下のような、マラセチアのシャンプーも販売されています。こういった商品は、処方が無くても買えてしまいますので、あくまで自己責任で使うようにしましょう。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症はカビの一種である真菌が皮膚に付着することによって起こる皮膚病です。この病気は他のペットや人にも感染するため、早期発見・早期治療が重要です。

梅雨の時期にはカビに注意


梅雨の時期から夏にかけては気温も湿度も高く、蒸し暑くなります。この時期にはカビに要注意。特に、カビが繁殖しやすい具体的な条件や、場所を見ていきましょう。

カビが生えやすい場所

カビの繁殖は風通しが悪く、湿気がたまる場所で活発になります。特に、掃除の行き届きにくい場所には気をつけましょう。室内でカビの生えやすい場所は次のようなところです。

  • 台所、トイレ、お風呂などの水回り
  • 押入れやタンスなどの収納
  • タンス、本棚、冷蔵庫などの裏側
  • マットレスや敷き布団の裏側

カビが生えやすい条件

実はカビ菌というものは常に空気中を漂っています。それらは条件がそろうと繁殖し、目に見えるぐらいにまで増えます。カビが爆発的に繁殖してしまう条件は以下の3つです。

  • 25〜28度の気温
  • 70パーセント以上の湿度
  • ホコリ、汚れ、ダニなどの栄養分

カビの予防方法


カビの繁殖を防ぐには、カビの繁殖条件である高い湿度、高い温度、豊富な栄養を取り除いてあげる必要があります。

湿度

カビの繁殖条件で最も簡単に対策が可能なのは湿度の条件です。カビの菌は湿度60パーセント以下になるとほとんど繁殖できなくなります。

人間が快適だと感じる湿度は一般的に40〜60パーセントですので、カビの繁殖条件となる湿度とは重なりません。頻繁に換気することで、室内に湿気がこもるのを防ぐことができます。外の湿度が高い場合には部屋を閉じ、除湿機やエアコンのドライ機能をオンにすると良いでしょう。

温度

カビ菌が最も繁殖しやすくなる温度は25〜28度だといわれています。とはいえ真夏に室温を25度以下に下げるというのは難しいですし、夏風邪の原因ともなってしまいますので、温度よりは湿度に注意して室内の空気を整えてあげると良いでしょう。

エアコンのドライ機能を使うことで、体感温度も下がり、湿度も下がりますので、まさに一石二鳥。個人的におすすめの設定です。

栄養

カビの繁殖に必要な栄養源は、食品の食べカスやホコリなどです。ですので、こまめに掃除を行うことが一番の対策になるでしょう。特に、湿気の源となる水回りの掃除は怠らないようにしましょう。ここを清潔に保つことが大事です。

まとめ

部屋
梅雨の時期から夏にかけては蒸し暑く、とても過ごしづらい時期です。やる気も削がれて、掃除をするような気力が起こらなくなってしまうかもしれません。

しかしながら、人間の健康もペットの健康も害する可能性があるのが湿気。少々つらい季節ですが、病気になって余計に辛い思いをするよりは、喝を入れてできるだけこまめに掃除するようにしましょう。

また、カビが繁殖するのをできるだけ防ぐために、湿度は60パーセント以下に保つように工夫すると良いでしょう。先程も申しましたが、個人的におすすめなのは、エアコンのドライ設定です。この嫌な季節、人もペットも健康を保ちながら、うまく乗り切っていきましょう。

猫から人に移る病気!人獣共通感染症とは?

多くの感染症は、猫の病気ならネコ科の生物だけに、犬の病気ならイヌ科の生物だけに感染するというように同種族の動物しか感染することはありません。

しかし、まれに同じ種類でない動物間でも感染してしまう病気があります。この記事では猫から人に感染してしまうことのある病気のうち、日常生活でもよく見られるものの症状と原因、対策についてまとめています。

猫の飼い主さんはぜひ参考にしてください!

人獣共通感染症とは


人獣共通感染症(別名:ズーノーシス)とは、人とそれ以外の脊椎動物の両方に感染、または寄生する病原体により生じる感染症のことを指します。(wikipedia:人獣共通感染症 より抜粋)

より簡単に説明すると、人にも動物にもかかってしまう病気ということです。以下の記事では主な人獣共通感染症を紹介していきます!

猫ひっかき病

症状

傷口が腫れたり、リンパの節が腫れたりしている方がいたら、それはもしかしたら猫ひっかき病かもしれません。

猫ひっかき病に感染すると、数日間から数週間感染した部位が腫れ上がったり、リンパ節などが腫れる場合があります。ひどい時には痛みや高熱、倦怠感が出ることもあるので注意してください。引っかかれた後、日にちが経ってから症状が現れることもあるので、十分気をつけてください。

原因

その名の通り、猫に引っかかれたり噛み付かれた時に傷口から病原菌が侵入し発症する病気です。猫のせいで負傷したときは、たとえ傷口が浅くてもすぐに洗い流して消毒するようにしてください。

皮膚糸状菌症

症状

皮膚糸状菌症にかかった場合、全身、または体の一部に赤い斑点が見られるようになり、斑点の部分に生えていた毛が抜けたりするようになります。この病気は猫にも人にも同様の症状が見られます。

原因

カビの一種である皮膚糸状菌が毛や皮膚に寄生することで起きる病気です。湿度・気温がともに高く、蒸し暑い時期にかかってしまうことが多い病気です。また、猫とのふれあいが多い人も気をつけたほうが良いでしょう…。

猫回虫幼虫移行症

症状

猫回虫幼虫感染症に感染すると回虫が体内を移動し、行き着く体の先々で不調を起こします。運悪く目に行き着いてしまったのであれば、失明してしまうことも考えられます。初期書状として下痢や吐き気が起こることがあります。

原因

成熟した回虫の卵を人間が口にしてしまうことで感染します。猫が輩出した回虫の卵が運悪く成熟してしまい、人の手につくなどして口元まで運ばれてしまう事態や、猫が肛門周辺を舐めた時に猫の体に付着してしまい、撫でた飼い主が回虫を受け取ってしまう事が原因として考えられます。

猫の排泄物は早いうちに始末し、猫と触れ合った後は手を洗うように心がけましょう。

パスツレラ症

症状

パスツレラ症は感染すると30分から二日以内に発症します。傷口とその周辺が赤く腫れ上がって激しく痛み、時には発熱することもあるようです。

原因

病原菌のパスツレラ菌が猫の引っかいた傷などに入るとパスツレラ症に感染します。ほとんどの猫の構内に潜む常在菌なので、飼い主と猫のキス、猫に傷口を舐めさせるなどの行為は避けたほうが望ましいでしょう。

予防するには

健康診断


猫が病原菌を持っているかどうかを飼い主みずから判断するのはとても難しいです。猫を飼うことになった場合、迎え入れる前に必ず病院に行き、健康診断を受けさせましょう。

ペットショップなどで販売されていた猫は店側の管理がしっかりしているので比較的病気に感染している子は少ないようです。しかし、ノラ猫や保健所から譲り受けた猫で、特に子猫の場合は注意が必要です。なお、保護団体さんから迎え入れる場合は、事前に対応しているケースもありますので、保護団体さんに聞いてみましょう。

掃除


これは動物を飼う場合は当然のことですが、清潔を保つことを忘れないようにしてください。猫の食器やトイレはこまめに汚れを取り除き、洗浄・消毒するようにしましょう。また、キャットタワーやボールなどの遊具もこまめに掃除するよう心がけましょう。

猫の身だしなみ


ブラッシングは、猫の皮膚病やノミの寄生などに気づくきっかけになります。定期的に行うようにしましょう。また。爪切りをすることによって、飼い主が引っ掻かれても傷が浅くて済むので、お手入れをすることも大事です。傷口から感染する病気はかなり多いので気をつけましょう。

消毒


食事を終えた後の猫用の食器はきちんと洗剤で洗うようにしましょう。このとき、洗うスポンジは猫用と人用に分けると良いです。また、定期的に台所用の塩素系漂白剤で洗うと、もっと良しでしょう!こちらも当然ではありますが、その場合はきちんと洗い流し、洗剤が残らないようにします。

最後に


飼い主と猫がキスすることで感染してしまう病気もあります。お家の猫とスキンシップをとりたいという気持ちはわかるものですが、粘膜同士の接触や傷口の接触は避けるようにしましょう。

また、家の中はできるだけ綺麗に保つよう心がけましょう。犬や猫を人間と同じスペースで飼うのですから、できるだけ清潔に保ち、お互いが心地よく過ごせる環境にしておきたいものです。