犬も寝言を言う?注意したい病気と睡眠の質を高めるポイントとは

愛犬がぐっすりと眠る姿はとてもかわいらしいものです。ところで、寝ているはずの愛犬が寝言のような鳴き声を発したり、足をピクピクと動かしている様子を見たことはありますか?また、体が小刻みに震えるなど、いつもと違う様子に不安を覚えたことのある人もいるかもしれません。

今回は、犬が睡眠中に行う行動と睡眠の質を高めるポイント、気をつけたい病気について解説していきます。

レム睡眠とノンレム睡眠

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」があり、睡眠中に一定の周期で交互に繰り返されます。

レム睡眠とは、「Rapid Eye Movement」という言葉の略で、脳が活発に働き、記憶の整理や定着が行われています。一方で、ノンレム睡眠は、大脳が休息し、脳や肉体の疲労を回復します。

犬にもレム睡眠とノンレム睡眠があり、浅い眠りのレム睡眠の時に夢を見ていると考えられています。

犬は寝言を言う?

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
犬の飼い主の皆さんは、愛犬の寝言を聞いたことはありますか?実は犬も人間と同じように寝言をいいます。寝言以外にも、吠えたり足を動かしたりするなど、夢を見ているような動作をすることがあります。

ぜひ動画でも確認してみてください。

寝言

体を動かしながら、小さな声で寝言を言っています。夢の中で友達や飼い主とお話でもしているのでしょうか。

吠える

こちらの動画では、小さく吠えています。夢の中で何かに向かって吠えているのかもしれません。

足を動かす

足をぴくぴくと動かす様子もよく見られます。きっと走っている夢を見ているのでしょう。

さっきまで静かに寝ていた犬が急に動き出すと少しびっくりしますが、どんな夢を見ているのかなと考えると微笑ましく感じますね。

無理に起こさなくて良い

愛犬が寝ながら吠えていたり動いていたりすると心配になる飼い主さんもいるかもしれません。しかし、浅い眠りのレム睡眠のときにはよく見られる行動で、寝言や少し足が動く程度であれば無理に起こす必要はありません。

もし、あまりにも苦しそうにしていたり呼吸が乱れているようであれば、やさしく声をかけて起こしてあげましょう

※痙攣を起こしている場合は、体を揺すったりしてはいけません。落ち着くまで待ち、動物病院を受診しましょう。

犬の睡眠の質を高めるためにできること

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
人間と同じように、犬にとっても睡眠はとても大切です。睡眠の質が低いと、体に害を及ぼしてしまう可能性もあります。

愛犬の健康のために、以下の点に気をつけましょう。

適度な運動をさせる

運動や肥満防止やストレス解消にとても重要ですが、良質な睡眠をとるためにも欠かせません。愛犬の体力に合わせて適度な運動を毎日しっかり行いましょう。

しかし、夜遅くの運動や散歩は、興奮により寝つきが悪くなり睡眠の質が低下する恐れがあるため注意しましょう。

安心できる寝床を提供する

愛犬の寝床の環境も大切です。人が頻繁に通る場所やテレビの横などは落ち着いて寝られません。なるべく静かで眩しくない場所を選んであげましょう。

人がいないところに寝床を設けると、かえって不安やストレスを感じる犬もいます。愛犬の性格をよく把握し、愛犬にとって一番良い環境を整えてあげてください。

適切な温度管理を行う

犬にとって適切な室内温度は20〜25℃程度です。夏や冬は特に室温管理を徹底しましょう。子犬やシニア犬は少し高めの設定がおすすめです。

また、犬が快適な場所を自分で選べるように、部屋の中にも温度差をつけたり、他の部屋へ自由に行き来できるようにしておくと良いでしょう。

睡眠中の気になる行動

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
愛犬の睡眠中にいつもと違う動きが見られた場合、何らかの理由があるかもしれません。場合によっては病気が隠れている可能性もありますので、普段から愛犬の様子をよく観察しておきましょう。

小刻みに震えている

夢を見ていることが原因であれば問題ありませんが、寒さや痛みが原因で体を震わせることがあります。まずは室温が適切かどうかを確認しましょう。体が温まる毛布などを用意してあげても良いです。

痛みや発熱が疑われる場合は、動物病院を受診しましょう。

いびきをかいている

いびきは筋肉の緩みや病気もしくは遺伝による体の構造が原因で起こります。特に鼻の短い短頭種は、遺伝的な理由からいびきをかきやすいとされています。

もし、普段よりいびきの音が大きい、苦しそう、熟睡できてなさそう、呼吸がたまに止まっているように感じる場合は、鼻や喉に異常が生じている可能性があります。いびきは睡眠の質を低下させる原因にもなりますので、まずは獣医師に相談してみましょう。

痙攣している

てんかんのような脳神経系疾患や腎不全などが原因で、睡眠中に痙攣を起こすことがあります。

痙攣を起こしている最中は、体を揺すって無理に起こしたりはせず、おさまるまで見守るしかありません。この際、時間をはかったり、動画を撮影しておくと、診断に役立つことがあります。痙攣がおさまったら、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

最後に

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、人間と同じように犬もレム睡眠の時に夢を見て、寝言を言ったり体を動かしたりしていると考えられます。

睡眠は犬にとっても大切ですので、睡眠の質が低下しないよう、運動や生活環境は適切かどうか、改めて確認してみましょう。

もし、普段と違った行動をしていたり、苦しそうにしている場合は、その様子を動画で撮影し、動物病院を受診しましょう。

【猫クイズ】数字で見る猫の生態クイズ!きちんと答えられますか?

猫を飼育している人は、猫の生態について感覚的に理解していることも多いと思います。しかし、実際に数字で問われたら正しく答えられるでしょうか?

今回は、数字から分かる猫の生態についてクイズ形式でご紹介します。猫を飼っていない方も、猫の生態について詳しくなるチャンスです!

それではさっそく、猫の数字クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫の平均寿命にもっとも近い値はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「15年」です。
一般社団法人ペットフード協会が発表した2021年全国犬猫飼育実態調査によると、猫の平均寿命は15.66歳という結果が出ました。2010年から猫の寿命は年々伸び続けています。

なお、「家の外に出ない」猫の平均寿命は16.22歳「家の外に出る」猫の平均寿命は13.75歳と寿命に大きな差があることもわかりました。
Q.2 「子猫」の睡眠時間は1日どれくらい?
正解です!
不正解です!
正解は「18時間程度」です。
子猫の平均睡眠時間は18時間程度とされ、長いときは20時間以上寝ることもめずらしくはありません。

一方で、成猫は子猫よりも短いですが、それでも14時間前後は寝ています。あまりに寝ている時間が長いことから、「寝子(ねこ)」という言葉から「猫」と呼ばれるようになったという説もあります。

シニア猫も子猫と同じくらいの時間を睡眠に費やします。

Q.3 猫の平熱は何度?
正解です!
不正解です!
正解は「38℃」です。
猫の体温は人間よりも少し高く、38℃台が平熱です。子猫は成猫よりもさらに高く、シニア猫は成猫よりも低い傾向があります。

普段よりも猫の体温が高いと感じる場合、発熱している可能性がありますので、動物病院を受診しましょう。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫が夜中に騒いで眠れない!原因と対策を解説

夜中の猫の運動会に悩まされていませんか? 布団の上を走り抜け、餌をねだる猫。多頭飼いの猫たちは、追いかけっこやじゃれ合いで大騒ぎ。これでは、とても寝ていられません。猫は夜に活動するものだと割り切って、耐えるしかないのでしょうか? 今回の記事では、猫が夜中に騒ぐ原因と対策を解説します。

猫は夜行性ではない

猫,夜中,夜行性,活発,睡眠 猫は夜行性だと思っている方が多いですが、実はちょっと違います。 猫は夕方と明け方に活動する「薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)」の動物で、「クリパスキュラ」とも呼ばれます。

獲物の活動時間に適応した

なぜ猫は夕方と明け方に活動するのでしょう? それは、猫の獲物である小鳥やネズミ類が活発になるのが、夕方や明け方だからです。

安全な夜中に行動する野良猫たち

しかし、「夜中に騒いだり、町中でゴミをあさったりしている野良猫たちがいるけれど、夜行性じゃないの?」と思うかもしれません。 夜中は車も人もあまり通らないため、野良猫たちは危険な目にあう確率が減ります。そのため、多くの野良猫は、やむを得ず夜行性のような暮らしをしているのです。

夜中に家の猫が暴れる5つの原因

猫,夜中,夜行性,活発,睡眠 では、野良猫ではない飼い猫が、毎晩のように騒いで飼い主さんを起こしてしまうのはなぜでしょうか?ここでは5つの原因をご紹介します。

1. 昼間の刺激が少なすぎる

飼い主さんが学校や仕事に行ってしまい、おもちゃもない、刺激もないとなると、猫は昼寝をするしかありません。 たとえ飼い主さんが在宅でも、テレワークなどで忙しいことも多いでしょう。そのため、夜は体力が有り余って活発になるのです。

2. 寒さを感じている

特に、高齢の猫は筋肉量が減るため、代謝が低下して体温も低くなりがちです。腎臓疾患の猫も、低体温が見られることがあります。

3. トイレが汚い

猫はきれい好きなので、汚れたトイレで排泄したくありません。 夜中にトイレが汚れていれば、何としても飼い主さんを起こして掃除をしてもらいたいのです。特に多頭飼いの場合、トイレが汚れるのは早いため頻繁に起こされる羽目になります。

4. お腹が減ってしまう

お腹が減った猫は、フードが出てくるまで起こし続けます。猫が空腹を我慢して寝ることは、ほとんどないでしょう。

5. 飼い主さんが起こすと起きるから

夜中でも飼い主さんが起きると知ってしまった猫は、起きてほしい事態があれば何度でも起こしにきます。 つまり、猫は飼い主さんの反応を見て学習しているのです。「高い声で鳴いてみたら起きた」「棚の上から飾ってあるものを落としてみたら、飼い主さんが飛び起きた」と学習すれば、高い声で鳴き、物を落として起こすようになります。

夜中に猫に寝てもらうには?

猫,夜中,夜行性,活発,睡眠 寝不足は、飼い主さんの体調に影響します。夜中は、猫も飼い主さんもしっかり眠れるよう対策しましょう。

1. 昼間の退屈解消

仕事や家事が忙しく、昼間は猫に構っていられない飼い主さんも多いはず。 そこで、おもちゃを上手に使って猫の退屈を解消しましょう。
  • 猫の通り道やキャットタワーに、ゆらゆら揺れるおもちゃをぶら下げる
  • 転がすとおやつが出てくるおもちゃを部屋中に置く。トンネルの中に隠しておくのも◎
  • 窓辺にキャットタワーやハンモックを置いて、外の景色を眺められるようにする。
  • 定期的におもちゃを変更し、飽きさせない。
おもちゃは、誤飲の危険がない丈夫で安全なものを選びましょう。 また、窓際にキャットタワーを置いた際、近所の犬が吠える、怖いボス猫が通るなどの場合、かえってストレスになるので注意してください。

2. 猫の寝床を確認

隙間風が入りやすい窓辺は、特に冬場は寒くて猫が眠りにくいかもしれません。 寝床の位置をずらす、温かい敷物を敷く、カバーをかけるなどの対策をしてあげましょう。

3. トイレは複数設置

トイレ掃除に起こされる飼い主さんは、掃除をしなくても済むようにトイレを複数置いておきましょう。

4. フードのおねだり対策

夜もおやつやフードをおもちゃに仕込むのは大変です。タイマー付き自動給餌器を利用しましょう。 明け方まで給餌できるようにしておけば、飼い主さんは安心して眠れます。多頭飼いの場合は、猫の数だけ用意してください

5. 猫の要求に反応しない

毎回猫の要求に反応すると、猫は学習して何度も飼い主さんを起こすようになります。トイレやフード、寝床なども対策をしたら、猫がどんなに鳴いても起きないようにします。 ただし、猫が体調不良や具合の悪い場合は、対応してください。

6. 猫との触れ合いタイムを増やす

遊んでほしくて騒ぐ猫には、寝る前に意識して触れ合うようにします。 1日1回は猫と遊ぶ時間を取りましょう。ブラッシングやマッサージもおすすめです。

こんなときは動物病院へ

猫,夜中,夜行性,活発,睡眠 猫が夜中に活発だと、元気が有り余っているように思えますが、実はなんらかの病気が隠れていることもあります。 次のような場合は、早めに動物病院を受診してください。
  • やたらと活発になって、夜中でもご飯を食べたがる
  • 水をたくさん飲んで、尿の回数も多い
  • トイレの場所がわからなくて、粗相が増えた
  • 排泄のたびに鳴き叫ぶ
  • 高齢の猫で、急に夜やたらと鳴くようになった
そのほか、少しでも心配なことがあったら受診しましょう。

まとめ

猫,夜中,夜行性,活発,睡眠 夜中に騒ぐ猫を、「夜行性だから」とあきらめている飼い主さんは多いと思います。しかし猫は本来、夕方と明け方に活発になる動物です。 夜中に騒ぐ原因は、昼間の退屈や飼い主さんの反応、トイレの汚れや空腹、寝床の寒さなどが考えられます。飼い主さんが反応して起きてしまうのも実は原因のひとつです。 昼間の退屈を解消するだけでも、静かに寝てくれるかもしれません、猫の様子を見ながら対策を行ってください。ただ、夜中に騒ぐ行動の陰に病気が隠れていることもあります。いつもと違うと思ったら、動物病院を受診しましょう。

猫が寝る場所と寝相から分かる!飼い主さんへの信頼度と猫の性格

猫を飼っている皆さんは、猫の寝る場所やその姿を気にしてみたことがありますか? 実は、猫の寝る様子は、猫が飼い主さんをどの程度信頼しているのかや、猫の性格を知るヒントになります。 そこで、今回は、猫の寝る場所と寝相を、愛猫からの信頼度や性格と紐付けながら解説していきます。

猫が寝る場所から分かる!信頼度や猫の性格

猫,寝る場所,睡眠,寝相,信頼,添い寝 家で飼われている猫は野生の猫とは異なり、いつまで経っても甘えん坊なことが多いです。 これは、飼い主さんのことを自分の保護者と認識しているためです。 特に、避妊・去勢手術を行った猫は、飼い主さんに甘えたがる傾向があります。 親猫のような存在の飼い主さんと一緒に寝るために、布団に潜り込んで来ることもあります。 そして、猫が飼い主さんをどれほど信頼しているのかは、寝る場所や寝相を観察することである程度判断できるのです。

1. 顔の周りで寝る

猫が顔の周りを近づけるのは信頼の証です。猫同士でも鼻やおでこをくっつけたりすることがあります。 特に、子猫にはこの傾向がよく見られ、飼い主さんの顔に近づいたりくっついたりしてきます。 また、成猫であっても、飼い主さんを信頼している場合には枕元で寝る姿が見られます。

2. 布団の中で寝る

布団の中に潜り込んでくる猫は、顔の周りで寝るほど甘えん坊ではないですが、それでも「飼い主さんのことが好きで近くにいたい」という場合が多いです。

3. 布団の上で寝る

布団の上や股のあたりなどで寝ている猫は、クールな性格なのかもしれません。 「飼い主さんを信頼していて側で寝たいけれど、あまり触って欲しくはない」と思っている場合が多いです。

4. 足元で眠る

猫が足元で寝ている場合、やや警戒されているのかもしれません。 「布団のような暖かい場所で寝たいけれど、なにかあったらすぐに逃げられるよう準備している」とも言えます。

5. 離れた場所で寝る

お迎えしたばかりで警戒している場合、離れた場所で寝る猫が多いです。 他にも、大人びた性格で、「寝るときはひとりでゆっくり寝たい」という猫も、離れた場所で寝ます。 そのため、離れた場所で寝ているからといって必ずしも信頼関係がないわけではありません。 どこにいるかわかる距離で寝ている場合は、ある程度の信頼関係は構築できていると言えるでしょう。

猫の寝相からも信頼度が分かる?

猫,寝る場所,睡眠,寝相,信頼,添い寝 猫の寝る場所以外にも、猫の寝相からも飼い主さんへの信頼度を知ることができます。 次のような格好で寝ている場合は、飼い主さんを信頼している証拠です。

1. 仰向けで寝る

猫がお腹をさらけ出し、仰向けで寝ている場合、猫はとても安心しています。 急所であるお腹を隠さず無防備に見せているということは、危険が存在しないと考えている証拠です。 そのため、飼い主さんを信頼しており、縄張りの中が安全だと認識している状態だと言えます。

2. お尻をむける

動物にとって背後は死角であり、警戒すべき場所です。 そんな背後、お尻を飼い主さんに向けるということは、飼い主さんのことを信頼しているサインです。 自分では警戒できない背後を、信頼できる相手に守ってもらいたいという心理もあるかもしれません。

猫と一緒に寝るときの注意点は?

猫,寝る場所,睡眠,寝相,信頼,添い寝 布団に潜り込んでくる猫は非常に可愛らしいものです。 それほどまでに甘えてくれる猫とは一緒に寝たい、という飼い主さんも多いことでしょう。 では、猫と一緒に寝る際には、どんなことに気をつけなくてはいけないのでしょうか。

十分なスペースをとる

寝てる間に、猫を押しつぶしてしまう可能性があります。 また、寝返りをした際にベッドから落ちてしまい、怪我をしてしまう場合もあります。 そのため、添い寝する際にはできるだけスペースを確保しましょう。

子猫との添い寝は控える

特に子猫の場合、押しつぶされた際に逃げきれなかったり、転落すると大怪我をする危険もあります。 そのため、子猫のうちは添い寝は控えるようにしましょう。 生後5、6ヶ月を迎えた頃からであれば、十分に成長しており、押しつぶされる前に逃げ切れるので、それ以降であれば問題ないでしょう。

充電スペースを枕元から変える

就寝時、枕元などでスマホを充電する方も少なくないのではないでしょうか。 しかし、飼い主さんが寝ている間に猫がケーブルにじゃれついてしまうと、気づかないうちに感電してしまう危険性があります。 そのため、スマホは枕元以外の場所で充電するか、あらかじめ充電を済ませておきましょう。 ただし、枕元でなくとも、猫がケーブルで遊んでしまう場合は保護カバーなどをつける必要があります。

感染症に注意する

添い寝する場合、ベッドには猫の毛や皮脂、体液などが溜まり、人間が吸い込んでしまう危険性があります。 すると、ペットと人間の両方に感染する「人獣共通感染症(ズーノーシス)」に罹患してしまうかもしれません。 ペットには症状が見られていなくとも、感染している危険があります。 猫を完全屋内飼育にしたり、子どもや高齢者は猫と添い寝させないなど、工夫が必要です。

まとめ

猫,寝る場所,睡眠,寝相,信頼,添い寝 今回は、猫が寝る場所や寝相が示す意味と、猫と添い寝する際の注意点をご紹介しました。 猫がどこで寝ているか、どんな格好なのかに着目してみると、猫の性格や飼い主さんへの信頼度がわかるため、ぜひ観察してみてください。 また、猫との添い寝は幸せなものですが、注意することもいくつかあります。 ペットと飼い主さんの健康のためにも、気を付けつつ、添い寝するようにしてください。

子犬が夜鳴きする5つの理由とそれぞれの対策をご紹介!

子犬を新しく家族として迎えたとき、一番初めに直面する問題は、もしかしたら「夜鳴き」かもしれません。犬は理由があれば昼夜問わず鳴きますが、特に夜鳴きが続くと困ってしまいますよね。 しかし、子犬はクンクンと鳴くことで、あなたに何かを必死に伝えているのです。夜鳴きを止めるためにも、なぜ鳴いているのか、一緒に原因を突き止めていきましょう。 今回は、子犬が夜鳴きをする5つの理由とその対策をご紹介します。

子犬の夜鳴きの理由①不安や寂しさ

子犬,夜鳴き,不安,寂しさ,環境,ストレス,運動,クレート,ケージ,健康,学習,原因,対策,睡眠 子犬の立場から考えると、今までいた環境から急に違う環境に身を置かれたことになります。いつもと違う場所で寝ることに、子犬は寂しさや不安を感じてクンクンと鳴いているのかもしれません。 今までは母犬や兄弟姉妹たちと一緒だったのに、急にケージの中で一人ぼっちでは寂しいと感じるのは当たり前のことですよね。 そのため、決して叱らないようにし、新しい環境に慣れるまで子犬を安心させてあげる工夫をしましょう。

対策1.犬の視界に飼い主が入るようにする

飼い主さんの寝室の扉を開けておいたり、ケージの場所を飼い主さんの姿が見える位置に置いたりしましょう。 ただし、あまりに近くで寝ると逆にストレスを与えたり、成犬になってからも一人で寝ることができなくなる可能性があるため、適度な距離感を見極めることが大切です。

対策2.人間の気配を感じられるようにする

音楽やラジオを小さな音量でつけたままにしたり、微かな明かりをつけたままにしたりすると、人の気配を感じて安心するかもしれません。しかし、逆に音や光をストレスに感じる子もいるため、夜鳴きの様子を見ながら調整しましょう。

子犬の夜鳴きの理由②空腹や暑いなど、生理的な不快感の訴え

子犬,夜鳴き,不安,寂しさ,環境,ストレス,運動,クレート,ケージ,健康,学習,原因,対策,睡眠 空腹、喉の渇き、暑い、寒い、運動不足やストレスで目が冴えるなど生理的な不快感を訴えている可能性があります。

対策1.生理的な欲求を満たしてあげる

食事やおやつの量は適切か、新鮮な水がいつでも飲めるようになっているか、部屋の温度や湿度は適切かを見直してみましょう。 排泄は寝る前に済ませる、あるいはケージの中にトイレを設置するなどして、我慢をさせないようにします。この時、トイレと寝る場所があまりに近すぎると落ち着かない子もいるため、少し離れた場所に設置すると良いでしょう。

対策2.適度に疲れさせる

夜寝るまでに十分に運動をさせてあげて、適度に疲れさせることも必要です。 子犬のワクチンプログラムが終了していないならば、家の中でのおもちゃ遊びの時間を増やしましょう。飼い主さんとのコミュニケーションにもなり、ストレス解消にも繋がります。

子犬の夜鳴きの理由③落ち着いて寝られない環境的な原因がある

子犬,夜鳴き,不安,寂しさ,環境,ストレス,運動,クレート,ケージ,健康,学習,原因,対策,睡眠 音や光が気になる、慣れない匂いに戸惑う、寝床が合わないなどの環境的な原因により、子犬が落ち着いて眠れなくなっている可能性があります。

対策1.音や匂いに気をつける

静かで落ち着ける環境を整えるため、電気の点滅物音を抑え、アロマや食べ物などの強い匂いがあるものを近くに置くことは避けましょう。また、ケージに布でカバーをしてあげると、気になるものから遮断されて落ち着くことがあります。

対策2.安心できる環境を整える

犬は自身の体がぴったりと入り、四方を囲まれた場所を好んで寝ます。そのようなベッドやクレートを用意してあげると良いでしょう。前にいた環境で使っていたおもちゃなど、犬自身の匂いがついているものを一緒に置いてあげるとより安心して眠ることができます。
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥6,380 (2024/07/25 04:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

子犬の夜鳴きの理由④体調が悪い・どこかが痛む

子犬,夜鳴き,不安,寂しさ,環境,ストレス,運動,クレート,ケージ,健康,学習,原因,対策,睡眠 体調が悪く、どこかが痛むために鳴いているのかもしれません。この場合は、夜だけでなく昼間にも何かしらの症状が出ている可能性が高いです。

対策 獣医師に相談する

体を触ると痛がる様子を見せる、昼間も元気がない、あるいは外傷がみられる場合は、かかりつけの獣医師に相談しましょう。 環境の変化に慣れていない時期は免疫力が低下します。日頃から犬の様子を観察し、変化を見逃さないようにしましょう。

子犬の夜鳴きの理由⑤鳴くと構ってくれることを学習している

子犬,夜鳴き,不安,寂しさ,環境,ストレス,運動,クレート,ケージ,健康,学習,原因,対策,睡眠 以上4つの原因を取り除いても夜鳴きが治らない場合は、鳴けば飼い主が構ってくれると学習しているのかもしれません。 夜鳴きするたびに様子を見に行っていると、子犬はそれを「構ってくれている」と感じてしまいます。 これが続くと、成犬になった時に要求吠えをする可能性が高くなるため、早めに対策を取ることが必要です。

対策1.夜鳴き中はとにかく無視をする

子犬が鳴いても、近くに行ったり、話しかけたり、撫でたりしないようにしましょう。視線を向けることも、構ってくれていると思う可能性があるため控えてください。

対策2.鳴いていないときに構ってあげる

構ってあげるのは鳴いていない時にします。そうすることで「鳴くより静かにしているといいことがある」と教えることができます。 鳴いている子犬を無視するのは可哀想に感じるかもしれませんが、子犬の頃から、して良いこと・悪いことを教えることで、成犬になってからも飼い主と良い関係を築くことができます。

対策3.日頃から一人で過ごすことに慣れさせる

愛犬が一人で過ごせるように訓練しましょう。 部屋にワンちゃんを一人にして、飼い主さんは少しの間別の部屋に行きます。静かに待つことができたら、おやつをあげるなどして褒めてあげます。 鳴いてしまっても、そこで戻ってしまっては「鳴けば戻ってくれる」と学習させてしまうためNGです。鳴き止むまで待ち、諦めたところで褒めてあげましょう。

まとめ

子犬,夜鳴き,不安,寂しさ,環境,ストレス,運動,クレート,ケージ,健康,学習,原因,対策,睡眠 子犬の夜鳴きには、必ず理由があります。犬も家族も、夜にしっかり睡眠を取れるように、鳴いている理由を汲み取って対策を考えましょう。 対策には相反することもあるため、きちんと鳴く原因を特定しなければ、逆効果になってしまうこともあります。 また、夜鳴きの対策は、健康への配慮しつけにも繋がります。 子犬の時の対応がその後にも影響するため、夜鳴きに対しては適切に対処してあげてください。 そして、1秒2秒でも1人になれないような子を鳴き止むまで待つことは恐らくできないでしょう。このような子を鳴かなくすることは恐らく一般の方には難しいでしょう。 どうしても夜鳴きが直らない場合は、一人で抱え込まず、ドッグトレーナー等の専門家に相談することをお勧めします。