【猫クイズ】水飲み場も重要!秋・冬に気をつけたい猫の下部尿路疾患

猫の水飲み場はなんとなく餌の横に置けば良いと思っていませんか?それ、もしかしたら猫が水を飲まない原因かもしれません。

秋冬こそ特に気をつけたい、猫の下部尿路疾患や飲み水対策について、クイズ形式でご紹介したいと思います。

それではさっそく、秋冬の猫の下部尿路疾患クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 下部尿路疾患の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「冬より夏に増加する傾向がある」です。
猫の下部尿路疾患は、暑い夏に比べて、寒い季節に増加する傾向があるようです。確かな原因はまだ不明ですが、秋冬の寒い時期は、活動量が低下することや、空気が乾燥しているために水分不足になりがちなことなどから、発症しやすくなるのではないかと推測されています。
Q.2 下部尿路疾患の症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「血便が出る」です。
下部尿路疾患は尿道や膀胱に関する疾患の総称であるため、血便は関係ありません。

尿が出なくなることもあれば、排尿の回数が増えることもあり、その時によって症状はさまざまです。ほかにも排尿時に痛みから鳴き声をあげることもありますので、もし普段と違う様子を頻繁に見かけるようであれば、獣医さんに相談しましょう。
Q.3 猫の飲み水について誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「常に家族の視界に入る場所に設置すると良い」です。
猫の水飲み場の設置場所として以下がオススメです。
  • 猫が休息する場所
  • 猫のお気に入りの場所
  • 人の行き来が少ない場所
  • トイレから離れた場所
水飲み場は食事皿の隣にのみ設置しているという方も多いと思いますが、自然の環境の中では、よく訪れる水飲み場が一箇所だけしかないということはあまりなく、また、食事場所と水飲み場が隣接しているとも限りません。食事場所に既に水飲み場がある場合は、それに加えて猫がリラックスできるような場所にも置いてあげましょう。

さらに、猫は清潔で新鮮な水を好むため、水が汚れてしまうと取り替えるまで飲まなくなってしまう可能性があります。飼い主さんの手間は少し増えてしまいますが、愛猫のためにも水飲み場は複数箇所に設置してあげてください。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
寒くなる秋冬、猫の下部尿路疾患にご注意?水飲み場対策で予防しよう
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【クイズ】秋・冬の犬のお散歩で気をつけたいポイントとは?

寒い日が続き、冬も目前になりました。夏の暑い日のお散歩は肉球のやけどに気をつけていた飼い主さんも多かったと思いますが、秋と冬の寒い日には、一体どんなことに気をつけるべきなのでしょうか?

今回は、「秋・冬の寒い日のお散歩で気をつけるべきこと」をクイズ形式で学びましょう。

それではさっそく、犬の秋冬の散歩クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の散歩について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「どの犬も1時間程度の散歩が必要」です。
小型犬の場合は1日30分前後、大型犬の場合は1時間前後を目安に1日2回に分けて散歩することが理想です。散歩の時間は、犬種や年齢によって異なるため、愛犬の様子を見ながら時間や運動量を調整しましょう。

犬にとって、散歩は飼い主とのコミュニケーションや縄張りの確認のためにとても重要です。なるべく毎日行った方が良いですが、雨が降っていたり、体調が悪い時などは家の中で一緒に遊んであげてください。
Q.2 次のうち、最も寒さに強い犬種はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「サモエド」です。
サモエドは真っ白でもふもふした被毛が特徴的で、「シベリアン・スピッツ」という別名を持つロシア原産の犬です。厳しい寒さから身を守るダブルコートの被毛をしており、比較的寒さには強い犬種です。

プードル、パピヨン、ヨークシャー・テリアはシングルコートで、いずれも寒さには弱い犬種です。しっかり寒さ対策をしてあげましょう。
Q.3 秋・冬の犬のお散歩対策として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「最初に激しい運動をして体を温める」です。
人間もそうですが、突然激しい運動をすると体に負担がかかりすぎてしまいます。最初はゆっくりと歩きながら、徐々に運動量を増やすようにしましょう。

夏の時期は早朝や夜間のお散歩がオススメですが、寒い秋・冬の時期は太陽の出ている暖かい時間帯がいいでしょう。また、部屋と外の寒暖差が大きいとよくありません。玄関から少し外気を入れ、気温差を小さくすることで徐々に寒さに慣らしてあげましょう。

犬に服や靴を着せることには賛否両論がありますが、シングルコートなどの寒さに弱い犬種は防寒対策をしてあげたほうがいいでしょう。もちろん、犬が嫌がる場合は無理に着せないようにしてくださいね。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【秋・冬】寒い日のお散歩はどうする?愛犬のために気をつけたいこと。
散歩は「ただの運動」ではない!犬にとっての散歩とは。
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【クイズ】秋も要注意!犬にも欠かせない花粉症の対策法

花粉症といえば春先のイメージが強いですが、秋にもさまざまな花粉が飛んでいます。そしてそのつらい症状は人間だけでなく、犬にも発症している可能性があります。

今回の記事では、犬の花粉症の症状や対策方法についてクイズ形式で紹介します。ぜひ参考にしてください!

それではさっそく、犬の秋花粉クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の花粉アレルギーを疑われる症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「口内炎ができる」です。
人の花粉症では、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、目のかゆみなどの症状が出ます。犬の場合は、花粉アレルギーの主な症状は皮膚の炎症として出ます。以下のような症状や行動が飼い犬に見られたら、動物病院で相談してみてください。
  • 皮膚に発疹や赤みが見られる
  • 体を壁に擦り付ける、かきむしる
  • 一部の毛がハゲている
  • 耳から異臭がする
  • 脚先を頻繁になめている
なお、これらの症状は花粉以外のアレルギーでも起こります。アレルギー物質を除去することが最も効果的ですので、まずは原因の特定に努めましょう。
Q.2 花粉症について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「冬と夏には花粉は飛んでいない」です。
花粉は春と秋によく飛散し、秋にはブタクサやヨモギの花粉がピークに達しますが、他の時期でも様々な花粉が飛んでいます。

花粉症にかかりやすい犬種はいくつか知られており、短頭種に多い傾向があるといわれます。もしこのような犬種を飼育している場合は、いつも以上にケアをし、注意してあげる必要があるかもしれませんね。
Q.3 犬の花粉対策として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「散歩は昼間に行くと良い」です。
お昼の12時から18時頃までの時間帯は花粉の飛沫量が多くなりやすいため、なるべく避けるようにしましょう。飛沫量が少ない早朝に散歩に行く習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

犬の花粉アレルギーの原因になる植物は、雑草が茂っている場所に紛れていることが多いため、草むらには入らないよう注意しましょう。また、花粉が付着した状態で室内に入ると家の中で花粉が舞ってしまいます。ぬれたタオルやドライワイプで拭き取ってあげ、ブラッシングもしっかりしてあげましょう。空気清浄機も効果的です。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬も花粉症になるの?秋にも気をつけたい犬の花粉症と対策法5選
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【猫クイズ】室内飼いでも秋は要注意!猫の体調管理は飼い主の役目

少しずつ秋も深まり、肌寒く感じる日も増えてきました。過ごしやすい気候にはなりましたが、季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあり、猫にとっても少し注意が必要です。

今回は、猫飼いさんがこの時期に気をつけたいことをクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、猫クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫風邪について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ワクチンを摂取していれば確実に予防できる」です。
猫は、季節の変わり目特有の気温差から、猫風邪を引いてしまうことがあります。猫風邪は定期的にワクチンを摂取していればかかりにくいとされていますが、100%感染を防げるわけではありません。しかし、ワクチンを接種することで、発症を防いだり、重篤化を防ぐことができます。

猫風邪でよく見られる初期症状は、くしゃみ、発熱、鼻水、鼻づまり、咳、よだれ、結膜炎、目やになどです。これらの症状の他、食事量や運動量などが普段より落ちていたら、猫風邪の疑いがあります。
Q.2 秋に起きやすい「毛球症」の説明として正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「飲み込んだ毛がお腹の中で詰まる」です。
夏毛から冬毛に生え変わる秋は換毛期にあたり、通常よりも念入りにブラッシングが必要な時期の一つです。

猫は自分で毛繕いをしますが、抜け毛の多い時期は毛繕いした毛を飲み込んでしまう量も多くなり、お腹に溜まりやすくなります。溜まった毛を上手く吐き出せないまま詰まってしまうと「毛球症」になり、腸閉塞などを引き起こすことがあります。

長毛種の猫を飼っている方は既に習慣かもしれませんが、換毛期期は念入りにブラッシングすることを心がけてください。
Q.3 猫と食欲に関することで「誤っている」ものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「夏と比較して秋は食欲が減退する傾向がある」です。
人間同様、夏場は食欲が落ちやすいですが、秋になり過ごしやすくなるにつれ、食欲も回復してきます。喜ばしいことですが、食べ過ぎによる肥満には気をつけましょう。

また、急激に食事量が増えてしまうことで胃腸に負担がかかり、消化不良を起こしてしまうこともあります。餌をあげる際に食いつきが良くても、一日の摂取量を超えてあげすぎないことや、便の状態などから消化不良を起こしていないかなどを、注意して見てあげましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
季節の変わり目は要注意!秋の季節、猫飼いさんが気をつけたいこと
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【犬クイズ】秋は体調を崩しやすい?飼い主が注意すべきこと

秋は夏から冬への季節の変わり目でもあるため、猛暑からの疲れや朝昼晩の気温差など様々な理由によって犬が体調不良を起こしやすい季節です。

秋をより一層楽しむため、そしてその先の冬を元気に乗り越えるためにも、秋に体調を崩す理由とその対策をクイズ形式で学び、愛犬の体調不良を未然に防ぎましょう。

それではさっそく、犬クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 秋の初めに犬の飼い主が気をつけたいこととして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「冬に向けて、少し肥満と思うくらいに体重を増加させておく」です。
夏バテの影響がない場合は食べる量が増えます。これは冬の寒さに備える意味もあるのですが、もちろん食べすぎて肥満になってはいけません。

一方で夏バテをそのまま引きずってしまう子は食欲不振に陥りがちです。そんなときは高たんぱくなフードに変えたり、ササミなどのお肉をトッピングするのがオススメです。また、夏場に外出が減り運動不足に陥りがちですが、涼しくなって急に無理な運動をすると関節を痛めてしまう危険性があります。

秋が深まってくると朝晩は冷え込み、一日の寒暖差が大きくなるので、老犬は特に注意しましょう。
Q.2 犬の換毛期とブラッシングについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「シングルコートの犬にも換毛期はある」です。
シングルコートの犬には換毛期はなく、一年中少しずつ生え変わっています。換毛期がないからといってブラッシングが必要ないわけではありませんので注意してください。

換毛期は秋と春の年2回あり、抜け毛やフケが多く出ます。毎日こまめにブラッシングをして、抜け毛を取り除き、清潔に保ちましょう。また、ブラッシングは体の血行を良くして新陳代謝を良くしたり、愛犬との絆を深めたりする効果も期待できます。
Q.3 秋によく見る植物のうち、犬が口にしても問題ないのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「サツマイモ」です。
サツマイモには食物繊維が多く含まれており、腸内環境を整える効果があります。甘みが強く犬も好んで食べますが、カロリーが高いため、与えすぎには注意しましょう。また、生のままでは消化によくありませんので、柔らかくなるまで加熱してからあげてくださいね。

犬がギンナンを摂取すると中毒症状に陥り、大量に食べてしまうと呼吸困難を引き起こします。また、ヒガンバナやシクラメンも秋によく見る草花ですが、犬が食べてしまうと大変危険です。お散歩中などに、犬が誤って食べてしまわないようによく注意しましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
秋に犬が体調を崩しやすいのはなぜ?家や外出先で注意するべきこと
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

読書の秋!飼い主にオススメの犬や猫を題材にした癒し系&お役立ち本5選

夏の暑さもだんだんやわらいで、秋が近づいてきましたね。食欲の秋、運動の秋もいいですが、まったりと本を読み、読書の秋を満喫するのはいかがでしょう? この秋おすすめの、犬・猫の飼い主さんにぴったりの本5選をご紹介します。

犬を題材にした本

犬 読書

「おじいわんソーヤ」

10歳のときに、保護犬として東雲一家に迎えられた老犬・ソーヤ(当時16歳)の日常が、写真やイラスト、東雲さんが綴る素敵な言葉で描かれています。「おじいちゃん犬だから、おじいわん」という紹介の通り、老犬ならではの優しさ、愛らしさが伝わってくる一冊です。 ソーヤは特別な芸を持っているわけでもなければ、特段珍しい姿をしているわけでもありません。どこにでもいる、ごく普通の白い老犬なのですが、そんなソーヤの何でもない普通の日々が、小さな幸せの大切さを教えてくれます。自然な状態で撮られたからこそ見せてくれる愛らしく優しい眼差しに、ページをめくるたびに引き込まれてしまいます。

「いとしのムーコ」

自然豊かな山奥で小さなガラス工房を営む「小松さん」と、その飼い犬「ムーコ」の日常を描いた全14巻の漫画で、テレビアニメ化されたほどの人気作品です。 ムーコは柴犬のような見た目をしたメス犬で、チャームポイントはツヤツヤのお鼻。一人遊びが得意で、タオルを引っ張ったりボールを投げて自分でキャッチしたり、しっぽを追いかけまわしたりします。飼い主の小松さんが大好きなムーコは、小松さんが犬ではないと知ってショックを受けて以来、毎日「早く小松さんが犬になれますように」と願っています。 ときどきドジをしてしまうムーコですが、嬉しいときも悲しいときも、暑い日も寒い日も、とにかく小松さんが大好きで小松さんのために一生懸命な姿は憎めず、とにかく癒される作品です。 作者のみずしな孝之さんが描くユーモアいっぱいのイラストに、何度もクスッと笑ってしまうこと間違いなしです。

猫を題材にした本

猫 読書

「猫語の教科書」

「猫語の教科書」というタイトルから、猫の言葉を人間が理解するための本かな?と思うかもしれませんが、実際には「猫が猫のために書いた、人間を上手にしつけて快適な生活を手に入れる方法」が書かれています。 猫語で書かれた猫のための本を、著者のポール・ギャリコが人間の言葉に翻訳した、というユニークな設定になっており、目次を見ても「人間の家をのっとる方法」や「人間ってどういう生き物?」から、「おいしいものを食べるには?」、「じゃまする楽しみ」など、人間との生活を猫目線で表現されていることがわかります。 猫の飼い主さんならきっと思い当たるであろう猫の行動がたくさん描かれていて、その計画性の秀逸さに思わず「やられた…!」と唸ってしまうことでしょう。

「野良猫の拾い方」

野良猫を拾った・拾おうとしているなら、まず最初に読んでほしい一冊です。 猫の里親募集などを行っているNPO法人東京キャットガーディアン監修で、猫を拾った後に何をすればいいのか、初心者向けに画像やイラストを用いてとても詳しく説明されています。野良猫を「拾う」際の捕獲の仕方はもちろん、えさのやり方や不妊・去勢手術に関することまで、幅広く猫を飼うにあたって必要な知識が網羅してあると言えるでしょう。 野良猫の飼い主さんだけでなく、猫を初めて飼うというすべての方におすすめの一冊です。

「どんな災害でもネコといっしょ」

災害が起きたとき、猫を連れてどのように避難するか、避難した後はどうするか、考えたことはありますか? こちらの本では、災害が起こったときに必要になるものや、防災時のシミュレーションが詳しく紹介されています。災害に見舞われると、人も動物もパニックになって、周りのことが見えなくなってしまうでしょう。実際に熊本地震に被災し、ペットといっしょに避難された方が大変だったことや困ったことなども掲載されており、ためになるアドバイスが多く詰まっています。この一冊があれば「もしも」のとき、心のよりどころになるのは間違いありません。 猫を守れるのは飼い主であるあなただけです。いつか来るであろう災害に備えるために、一度は読んでおきたい本です。

最後に

読書 普段あまり本を読まないという方でも、実際に飼っている犬や猫の本を選んでみると、思った以上に感情移入できたり、飼い犬や飼い猫に関する新しい発見があるので、読みやすいと思います。そして、一冊本を読み切ると達成感がありますよ。 暑くもなく、涼しすぎず、読書をするにはもってこいの季節です。ぜひ充実した読書の秋を過ごしてくださいね!

季節の変わり目は要注意!秋の季節、猫飼いさんが気をつけたいこと

今年の夏は記録的な猛暑が続きましたが、だんだんと暑さも和らいできて、秋の涼しさが感じられる日も増えてきました。 過ごしやすい気候にはなりましたが、季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。9月からの秋の季節は、人間だけでなく、猫にとっても少し注意が必要です。 今回は、猫飼いさんがこの時期に気をつけたいことをご紹介いたします。

猫風邪に注意

錠剤の薬 高気温に高湿度、日本の夏の気候は、もともと猫にとってあまり良い環境ではありません。夏に溜まった疲労を持ち越してしまい、この時期特有の夏と秋の気温差から、猫風邪を引いてしまうことがあります。 定期的にワクチンを摂取している猫はかかりにくいとも言われていますが、症状を軽減することができても、100%予防できるわけではありません。

症状は?

猫風邪でよく見られる初期症状は、くしゃみ、発熱、鼻水、鼻づまり、咳、よだれ、結膜炎、目やになどです。 これらの症状の他、食事量や運動量などが普段より落ちていないか少し注意して見てあげると良いかもしれません。

念入りなブラッシング

ヘアブラシイメージ 猫の被毛は一年を通して二度ほど抜け毛が多くなる時期がありますが、夏毛から冬毛に切り替わる秋は、通常よりも念入りにブラッシングが必要な時期の一つです。

毛球症に注意

猫は自分で毛繕いをしますが、抜け毛の多い時期は毛繕いした毛をそのまま飲み込む量が多くなり、お腹に溜まりやすくなります。 溜まった毛を上手く吐き出せないまま詰まってしまい、腸閉塞などを引き起こす「毛球症」になることもあります。 長毛種の猫を飼っている方は既に習慣かもしれませんが、この時期は念入りにブラッシングすることを心がけてください。

肥満に注意

机上の食事風景 「食欲の秋」は、人間と猫にとって共通のテーマかもしれません。 夏場は食欲が落ちやすいですが、だんだんと過ごしやすくなるにつれ、食欲も回復してきます。喜ばしいことですが、人間と同じく食べ過ぎによる肥満には気をつけましょう。

消化不良にも気をつけて

また、急激に食事量が上がってしまうことで胃腸に負担がかかり、消化不良を起こしてしまうこともあります。 餌をあげる際に食いつきが良くても、1日の摂取量を超えてあげすぎないことや、便の状態などから消化不良を起こしていないかなどを、注意して見てあげましょう。

避妊・去勢手術

男女の間でたたずむ猫 秋は春に次いで猫が発情しやすい季節です。猫の発情はだいたい生後9ヵ月後から始まり、早い猫では7〜8ヵ月目から始まることもあります。 まだ手術を済ませていない猫で、発情が始まりそうな年齢まで達している場合は、少し注意が必要かもしれません。 もし手術をさせる場合には、飼い猫の体調などの様子をよく見ながら準備を進めていくと良いでしょう。

体調を整え、冬に備えよう

秋の野原でかがむ女性 あくまで筆者の体感ですが、近頃、季節の中でも春や秋など過ごしやすい時期が年々短くなってきている気がします。 暑い夏が去ったと思えば、あっという間に冬?と体が勘違いしてしまいそうな季節の移り変わりの早さに、知らず知らずのうちに負担を感じている動物たちもいるのではないでしょうか。 これから秋が深まり冬に近づくにつれて、猫の苦手な寒い季節がやってきます。 冬を健康に乗り切るためにも、この秋に愛猫の体調をしっかり整えてあげられるといいですね。

秋に犬が体調を崩しやすいのはなぜ?家や外出先で注意するべきこと

秋は外でも過ごしやすい行楽シーズンです。愛犬と一緒にドライブや旅行など、お出かけする計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、秋は夏から冬への季節の変わり目でもあるので、猛暑からの疲れや朝昼晩の気温差など様々な理由によって犬が体調不良を起こしやすい季節です。 秋の行楽シーズンを楽しむため、そしてその先の冬を元気に乗り越えるためにも、秋に体調を崩す理由とその対策を学び、愛犬の体調不良を未然に防ぎましょう。

秋の過ごし方の注意点

ここでは、なぜ犬が秋に体調を崩しやすいのかについて説明し、それらに対する対処法をご紹介します。

食欲不振

秋のはじめは、夏バテをそのまま引きずってしまい食欲不振に陥りがちです。 また、夏に冷たい食べ物を多く与えられていると内蔵に疲れが残っており、消化不良を起こすこともあります。 夏場に落ちてしまった体重は冬までに戻したいので、食欲不振が続くようであれば、いつものフードを高たんぱくなフードに変えてみたり、ササミやお肉等、おいしいものを少しトッピングしてみるのも効果的です。 せっかくなので、おやつを使って、「おすわり」や「ふせ」等の基本的なトレーニングするのも良いかもしれませんね。

食べ過ぎ

夏バテの影響がない場合は、人間でも「食欲の秋」というように、犬も食べる量が増えます。これは冬の寒さに備える意味もあるのですが、もちろん食べすぎはよくありません。特にポメラニアンやダックスフンドなど、足や腰の弱い犬は肥満に気を付けるべきでしょう。 量を調節するのはもちろん、低脂肪・高たんぱくなフードを取り入れてみるのもよいでしょう。

運動不足

夏場は外出が減り、室内でも運動量が減るため運動不足に陥ってしまいがちです。気温が下がってきて動きやすい季節になってきたら、運動量を増やして運動不足を解消することが大切です。 しかし、突然の無理な運動は関節を痛めてしまったりする危険もありますので、最初は軽い散歩程度から始めましょう。徐々に運動量を増やしていけば筋肉量も増え体力もつくと同時に、基礎代謝も増大するので肥満予防にもつながります。

気温の変化

秋が深まってくると、朝晩はかなり冷え込み、一日の中の寒暖差がかなり大きくなってきます。 秋は毎日気温が変わる季節なのでハウスに毛布を置いてあげるなど、前もって準備しておいてあげるといいでしょう。特に老犬は気温差に弱いので注意が必要です。

毛の生え変わり

秋は毛の生え変わりの時期なので、抜け毛やフケが多く出てしまいます。毎日こまめにブラッシングをして、抜け毛を取り除き、清潔に保ちましょう。 また、ブラッシングは体の血行を良くして新陳代謝を良くする効果も期待できます。

秋の外出における注意点

ここまでは、主に家での普段の過ごし方に絞って注意点を紹介してきましたが、「秋のお出かけ先」でも気を付けるべきことがいくつかありますのでご紹介します。

有害な秋の草花

気温が下がると、愛犬と紅葉を見に行ったり、外出の機会が増えてくると思います。秋特有のいろいろな植物がみられますが、実はその中には犬にとって有害な植物もあります。 特にイチョウの実である銀杏には注意しましょう。犬が銀杏を食べてしまうと中毒症状に陥り、大量に食べてしまうと呼吸困難に陥ります。外出先で銀杏が大量に落ちている場合は犬が食べてしまわないようによく注意しましょう。 そのほかにもイチジクの葉や枝、キク、カーネーションは触れるだけで皮膚炎になる可能性もあり、食べると重大な健康被害を及ぼす恐れもあります。 ほかにも、シュウメイギク、ハイビスカス、ヒガンバナ、シクラメン、ナンテン、ベゴニア、アヤメなど、秋によく見る草花ですが、犬が食べてしまうと大変危険です。 これらの草花には十分注意し、もし触ってしまったり食べてしまって体調を崩してしまったときは、早急に動物病院を受診しましょう。

発情期

秋に発情期を迎える犬は多く、普段と違う行動をしたり、ほかの犬に対して敏感になることがあります。 繁殖を計画していてもしていなくても、発情期に対する観察は必要です。普段の散歩や、ドッグランに連れて行って、ほかの犬に会わせるときはいつもより注意を払うようにしましょう。 無計画な繁殖は、望まれない命を生むことになるため、オススメできません。下記の記事等も参考に、まだの方は不妊・去勢手術等も検討しましょう。
本当に去勢や不妊手術する必要あるの?メリデメと時期や費用は?

まとめ

今回は犬の秋の過ごし方の注意点について紹介してみましたが、いかがでしたか? 人間も季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね? 今回ご紹介したように、犬も秋は夏バテで弱った体や気温の変化によって体調を崩しやすい季節です。そして、秋を越えた先には厳しい冬が待っているので、本格的に寒くなる前に体調を整えることが重要です。 犬の場合も、人間と同様、人間が季節の変わり目に注意しているポイントを押さえてあげれば、大きな問題もなく、平穏な日々を過ごすことができるでしょう。 せっかくの過ごしやすい秋ですから、体調を整え、愛犬とのお出かけを楽しんでくださいね。