【クイズ】犬の鼻が濡れている理由を知ろう!

いつもヒンヤリしている犬の鼻。「鼻が濡れているのは健康な証拠」と言われることも多いですが、実際のところどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、犬の鼻が濡れている理由について、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬の鼻が濡れている理由クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の鼻の湿り気の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「人間の鼻水に相当する」です。
犬の鼻の奥には、外側鼻腺という分泌腺があります。ここから出た分泌物が、涙腺から出てきた水分と合わさって鼻を濡らしています。人間でいう鼻水とは異なり、どちらかというと涙と汗が混じったものです。また、自分で鼻をペロッと舐めて湿り気を保つこともあります。

鼻が濡れていることで、気化熱を利用して体の熱を放出し、体温を下げる役割があります。犬の鼻に触れるとヒンヤリと感じるのはこのためです。

いつも通りに犬の鼻が濡れていれば健康上の問題はありませんが、血が混ざっていたり、黄色や白、緑などの色が付いている場合は、感染症や炎症を起こしている場合もありますので注意が必要です。
Q.2 犬の鼻が濡れていることによるメリットとして正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「匂いを感じ取りやすくなる」です。
犬の鼻の表面には「鼻鏡(びきょう)」と呼ばれる細かい溝がたくさんあります。ここに水分があると、匂いの分子が吸着しやすくなり、嗅覚の感度が高まります

逆に、鼻が乾燥していると嗅覚が鈍くなってしまいます。視覚よりも嗅覚を頼りに生活している犬にとっては、鼻が濡れているということはとても重要なことなのです。
Q.3 犬の鼻が乾いている場合に考えられることとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「空腹」です。
犬の鼻が乾いている原因は、病気(皮膚疾患、脱水、アレルギーなど)、日焼け、老化、睡眠中などが考えられます。

老化にともない分泌物の量が減少し、鼻が乾燥しやすくなります。また、睡眠中は嗅覚を研ぎ澄ませる必要がなく、鼻もあまり舐めないため乾きやすいですが、健康上の問題はありません。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬の鼻が濡れているのは健康の証?乾いてしまう原因も解説
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

犬の鼻が濡れているのは健康の証?乾いてしまう原因も解説

「犬の鼻が濡れているのは健康な証拠」とよく言われますが、なぜ犬の鼻は濡れているか、濡れていることでどのようなメリットがあるかを知っていますか? 本当に犬の鼻が濡れていれば健康で、乾いているのは良くないことなのでしょうか。 この記事では、犬の鼻が濡れている理由と、乾いている場合の原因と対策についてご紹介します。

どうして濡れているの?

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 犬の鼻の奥には、外側鼻腺という分泌腺があります。ここから出た分泌物が、涙腺から出てきた水分と合わさり、鼻を濡らしています。 勘違いしてしまいがちですが、犬の鼻を濡らしている成分は人間でいう鼻水とは異なり、どちらかというと涙と汗が混じったものです。 また、自分で鼻をペロッと舐めて湿り気を保つこともあります。

犬の鼻が濡れることで得られる2つのメリット

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 では、犬の鼻が常に濡れているとどのようなメリットがあるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

1. 匂いを感じ取りやすくする

犬の鼻の表面には「鼻鏡(びきょう)」と呼ばれる細かい溝がたくさんあります。ここに水分があると、匂いの分子が吸着しやすくなり、嗅覚の感度が高まります。 逆に言えば、鼻が乾燥していると嗅覚が鈍くなってしまうということ。視覚よりも嗅覚を頼りに生活している犬にとっては、鼻が濡れているということはとても重要なことなのです。

2. 体温調節

犬には汗をかく汗腺がほとんどなく、体温が高いときには「ハァハァ」と呼吸するパンティングによって体温を調節しています。 それに加えて、鼻が濡れていることで、気化熱を利用して体の熱を放出し、体温を下げる役割があります。犬の鼻に触れるとヒンヤリと感じるのは、このためなのです。

濡れすぎは病気かも

すでにお伝えしている通り、犬の鼻が濡れているのは健康である証拠なので、何かの病気なのではないかと心配する必要はありません。 しかし、血が混ざっていたり、黄色や白、緑などの色が付いている場合は、感染症や炎症を起こしている場合もありますので、注意が必要です。

犬の鼻が乾く4つの原因

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 犬の鼻が乾く原因は複数あり、鼻が乾いているからといって必ずしも体調が悪いというわけではありません。まずは、愛犬の様子をよく観察し、食欲や元気がなかったり、下痢をしていたりしたら獣医師に相談しましょう。 ここでは、犬の鼻が乾く原因について解説していきます。

1. 体に異常がある

犬の鼻が乾いている場合は、体に何らかの異常が起こっている可能性があります。主に考えられるのは以下の通りです。

皮膚疾患

犬の鼻は皮膚疾患により乾くことがあります。 この場合、かゆみを伴ったり、ヒビ割れが起こったりします。

脱水

熱中症や腎不全などにより脱水が起こった場合も、鼻が乾燥することがあります。 脱水が疑われる場合はすぐに水を与え、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギー

犬がアレルギーを起こすと、分泌物が減少し、鼻が乾燥することがあります。 ハウスダストや花粉など、アレルギー反応を引き起こすものは、なるべく犬に触れさせないように気をつけましょう。

2. 日焼け

鼻が乾燥し、赤くなったり皮がむけたりしている場合は、日焼けが考えられます。 鼻がピンクなど淡い色の犬は日焼けしやすいため、夏場は特に注意しましょう。

3. 老化

歳をとると分泌物の量が減少し、鼻が乾燥しやすくなります。 老化が原因で鼻が乾燥してしまっている場合は特に問題はありません。 後述する犬用の保湿クリームを塗ってあげても良いでしょう。

4. 睡眠中

睡眠中は嗅覚を研ぎすます必要がなく、鼻を舐めることもあまりないため、乾きやすくなります。この場合も特に問題はありません。 また、犬が何かに夢中になっていると、鼻を舐めるのを忘れて乾燥してしまうこともあります。

人間用の保湿クリームはNG!

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 愛犬の鼻が乾燥によりカサカサしているから、保湿クリームを塗ってあげたいと考える人もいるでしょう。その際、犬用の保湿クリームであれば問題ありません しかし、人間用のクリームは絶対につけてはいけません。人間用のクリームには、犬にとって有害な物質が含まれていることもあります。鼻につけたクリームはすぐに舐めてしまうことが多いので注意しましょう。 愛犬の鼻の乾燥が気になるようであれば、まずは獣医さんに相談することをおすすめします。

まとめ

犬,鼻,乾燥,濡れている,理由,匂い,嗅覚,体温調節,鼻水,病気,原因,老化 犬の鼻は健康のバロメーターでもあります。愛犬の健康状態を知るためにも、普段から犬の鼻の様子を確認するようにしましょう。 犬の鼻が乾いていても健康上問題がない場合が多いです。しかし、食欲や元気がない、鼻が乾燥してカサカサになってしまっている場合は獣医師に診てもらうことをおすすめします。 愛犬とのスキンシップを行う中で、鼻の様子のチェックも取り入れてみてください。

うさぎの老化のサインとは?シニア期に飼い主さんができること

うさぎと一緒に長く暮らしていると、少しずつ体の変化が見られてきます。 一般的に、うさぎは5歳頃からシニア期に入ると言われています。 どの動物にもいえることですが、高齢になると食事、運動、排泄といった基本的な機能が衰えるため、飼い主さんはシニアうさぎの特徴を知っておくことがとても大切です。 今回はうさぎの老化のサイン、高齢うさぎのために飼い主ができることをご紹介します。うさぎを飼い始めの方も、将来のことを想像しながら読んでいただきたいと思います。

うさぎは何歳からシニア?

うさぎ,シニア,サイン,老化 野生のうさぎの平均寿命は2〜3年と言われていますが、ペットとして室内で飼われるうさぎの平均寿命は現在では10年程となっています。 活動量が減り、病気にかかりやすくなる5歳〜7歳あたりから「シニア期」として扱われることが多いようです。

うさぎの老化サイン

うさぎ,シニア,サイン,老化 5歳を過ぎた頃からは老化のサインを見逃さず、早めに対応してあげることが大切です。 以下に、老化のサインをまとめました。

見た目の変化

  • 痩せた・太った
  • 毛ヅヤがなくなりパサパサになった
  • 涙や目やにで目の周りが汚れる
  • 筋肉や脂肪の量、皮膚の張りがなくなった
  • 目が白く濁る(白内障)
  • お尻周りが汚れる
見た目の変化としては、体重が減ってくることが多いようです。これは主に食事量や運動量が減ることが原因です。逆に、動くことが減って肥満になるうさぎもいます。 また、うまくグルーミングをしたり盲腸糞を食べたりすることができなくなるため、お尻周りが汚れることがあります。

動きの変化

  • 動き回らなくなった・寝ていることが多い
  • へやんぽの時間が短くなった
  • 動きがゆったりになった
うさぎは高齢になると縄張り意識が減るため、行動範囲が狭くなることがあります。 また、視力や筋力が衰えるため段差につまずくことも増えます。

食事

  • 食事量が減った
  • 偏食になった
  • 牧草、フードの好みが変わった
それまで食べていた牧草やペレットを食べなくなる場合は、食欲不振体調不良歯が弱くなり硬いものを食べられないなどの可能性があります。 また、新しい食べ物を拒否する傾向が強くなります。

性格の変化

  • 頑固になった
  • 大人しくなった
  • 色んなことを面倒くさがる

体調の変化

  • お通じが悪くなった
  • トイレを失敗するようになる
  • 足腰が弱くなった
  • 換毛期のタイミングが変わった
  • 寒がりになった
視力や筋肉の衰え、行動範囲の変化から、色々な場所でトイレをしてしまうことがあるようです。

シニアうさぎのために飼い主ができること

うさぎ,シニア,サイン,老化 シニアになると体や行動に様々な変化が出てくるうさぎ。安心して快適な生活ができるよう、飼い主さんができることを4つご紹介します。

1.バリアフリーの部屋にする

足腰が弱ったうさぎによっては、ケージなどに段差があると怪我につながる恐れがあります。 段差をなくすためにスロープをつける高さのある柔らかいマットを敷くなどの工夫をしてあげましょう。
SANKO
¥1,500 (2022/11/30 20:22:11時点 Amazon調べ-詳細)
 

2.トイレの位置を調整する

シニアになると、視力や筋肉やの低下の影響などでトイレを失敗することが増えます。 原因はいくつか考えられますが、1つはトイレの段差を超えることが難しいのかもしれません。トイレをなくして、直接シーツにしてもらうように変えてみましょう。 また、うさぎはトイレをするために動くことが面倒になってしまうこともあります。トイレをうさぎが普段生活するスペースの近くに移動してあげるのも1つの手です。 シニアになると排泄のコントロールがうまくできなくなってしまっている可能性もあります。シニア期のトイレの失敗は叱らずに、トイレを見直すようにしてあげましょう。

3.グルーミングをサポートする

うさぎは綺麗好きなため、自分で全身を毛繕いして清潔を保っています。しかし、シニアになると思うようにグルーミングができなくなってしまいます。 お尻周りや目やにを、かたく絞ったタオルやうさぎ用の体拭きシートで優しく拭き取ってあげましょう。うさぎは体が濡れるとストレスになってしまうため、水分が残らないように気をつけましょう。 異常なほどに目やにがでる場合は、獣医師に相談することをお勧めします。
マルカン
¥315 (2022/12/01 07:16:23時点 Amazon調べ-詳細)

4.食事を変える

牧草の摂取量が減った場合には、牧草がかたくて食べづらくなってしまっているかもしれません。柔らかい牧草に変えてみましょう。 また、運動量が減ったのにも関わらずそれまでと同じフードを食べ続けると肥満になり病気のリスクが高まります。獣医師と相談しながら体重調節をし、シニア用のフードに切り替えることも検討しましょう。 食事を変える時は一気に変えるのではなく、今まで食べていたものから少しずつ切り替えるようにしましょう。
ハイペット
¥1,020 (2022/11/30 20:22:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

うさぎ,シニア,サイン,老化 老化による体の変化は仕方のないことです。自分の体の変化に適応しようと頑張るうさぎを、飼い主さんはサポートしてあげるようにしましょう。 日々の些細な変化は、ずっと一緒に過ごしてきた飼い主さんだからこそ気がつくものです。少しでも快適に過ごせるように工夫してあげることで、愛するうさぎが快適に過ごすことができるはずです。

成長とともに毛の色が変わる!猫の毛色が変化する5つの理由とは

猫は成長するにつれて、毛の色が変化するのをご存知ですか? 「うちの子は仔猫のときに比べて毛色や模様が変わった」と実感している猫飼いの方も多いと思います。 「毛の色の変化」というと「白髪」を想像するかもしれませんが、それ以外にも様々な理由があります。 今回は、猫の毛色が変化する理由をご紹介します。

猫の毛の色が変わる理由①「老化現象」

猫,毛色,変化,成長 猫は人間と同様、老化によって白髪が生えることがあります。 毛を着色しているのは、メラニン色素と呼ばれる色素細胞で、加齢と共にメラニンの機能が衰えることで白髪になることがあります。 「若白髪」というように、若いうちから白髪が生える猫も稀に存在し、白髪が増えるタイミングは猫によって様々です。 猫の白髪は、口、目、耳の周りなどに部分的に生えることが多いと言われていますが、全体的に被毛の色が薄い色に変化することもあります。

老化により毛の色が変わる際に注意したいこと

老化によって毛色が変化した際は、被毛がごわつく、フケや乾燥など皮膚・被毛トラブルなども起きやすくなっている可能性があります。 対策として、毎日ブラッシングをすることで、新しい毛への生え変わりを促進することができます。また、保湿剤被毛の健康のためのサプリメントなどもおすすめです。
オーアールピー(ORP)
¥1,651 (2022/11/30 18:52:21時点 Amazon調べ-詳細)
ハッピーペット
¥498 (2022/11/30 18:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

猫の毛の色が変わる理由②「遺伝子の組み合わせ」

猫,毛色,変化,成長 猫の毛色や模様に関する「遺伝子座」は9種類あり、遺伝子の優性・劣性の組み合わせにより決まります。そのため、受け継いだ遺伝子によって、成長に伴う色の変化が起こります。 これは、仔猫の時に抑えられてた色味や柄の遺伝子が、成猫になってから発現するということを意味しています。

猫の毛色の変化の例

よくある色の変化として、以下が挙げられます。
  • 白→クリーム、茶色
  • 黒→茶色
  • オレンジと白→オレンジ
  • 灰色→黒
猫の毛の色がこんなにも変わるのは、成長と共に変化する遺伝子の発現が関わっています。

猫の毛の色が変わる理由③「紫外線」

猫,毛色,変化,成長 日向ぼっこが大好きな猫ですが、太陽の光をたくさん浴び続けると、紫外線の影響で毛の色が薄く変化し、毛が日焼けのような状態になることがあります。黒い色の猫が赤っぽく変化することもあるそうです。 なお、白色など被毛の色素が薄い猫は、紫外線の影響で日光性皮膚炎という皮膚の炎症を起こすことがありますので注意してください。

猫の毛の色が変わる理由④「温度による変化」

猫,毛色,変化,成長 成長や加齢とは別に、温度の変化が毛の色に影響する猫種もいます。 気温が高い夏には薄く白っぽく、気温が低い冬は濃く黒っぽくなり、シャム猫などが代表として挙げられます。 また、このような猫では、体温の高い仔猫では白っぽく、体温の低い老猫では黒っぽくなるため、見た目も大きく変化することが多いです。

猫の毛の色が変わる理由⑤「栄養不足」

猫,毛色,変化,成長 被毛の健康を保つためには、たくさんの栄養素をバランスよく摂取する必要があります。 特に、オメガ3とオメガ6という必須脂肪酸が不足してしまうと、艶がなく、くすんだ被毛になってしまいます。これが色が変わったように見えてしまう原因です。 完全栄養食のキャットフードを食べていれば、栄養不足になることは考えにくいですが、栄養の吸収度や体質は猫によって様々なので、注意が必要です。

成長による猫の体のその他の変化

猫,毛色,変化,成長 毛の色の他に、成長による猫の体の変化はいくつかあります。

1.目の色の変化

仔猫は種類に関わらず皆、生まれたばかりの頃は青い目をしています。これは「キトンブルー(Kitten Blue)」と呼ばれます。 仔猫の目は、虹彩のメラニン色素が極端に少ないため青く見えます。青色には個体差があり、真っ青な色もあれば、灰色がかった青色もあります。 大体生後2〜3ヶ月を過ぎると、メラニン色素がついてきてそれぞれの色へと変化してきます。

変化後の猫の目の色

成長した後、猫の目の色は大きく以下の5つに分けることができます。
  • ブルー
  • グリーン
  • ヘーゼル(薄めのブラウン、中心からグラデーションあり)
  • アンバー(琥珀色)
  • カッパー(褐色、銅)
上記の他にも、珍しい色としてレッドやオッドアイがあります。

2.毛質の変化

年齢と共に、毛質にもパサく、ツヤがなくなる、硬くなるなどの変化が見られます。 毛質が変化する原因は老化以外にも、栄養不足グルーミング不足が挙げられます。毎日触れ合いケアをすることで、愛猫の毛質の変化を見逃さないようにしましょう。

3.鼻の色の変化

成長するに従って、鼻の色も変化することがあります。黒からピンクになったり、ピンクから茶色になったりします。 老化による色素沈着が原因で、色が変化することもあるようです。

まとめ

猫,毛色,変化,成長 猫の毛色の変化には、様々な理由があることをご紹介しました。 毛色の変化には遺伝的要素や個体差があるので、この色はこの色に変わるとはっきりしたことは言えません。その分、愛猫ごとの個性が発揮される部分でもあります。 成長とともに変化するかもしれない、愛猫の毛の色。成長と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

【獣医師監修】シニア期における犬・猫の変化と気をつけるべきこと

医術の進歩などにより人間社会が高齢化しているように、獣医療の発展によって動物の寿命も延びています。 過去には10年も生きられれば長生きであった犬が、今や15年以上も健康を保つような時代になってきました。猫に至っては20歳を超えることも珍しくありません。 寿命が延びるに当たって考えなければいけないのは、高齢化した動物に何が必要かということです。今回はシニアと呼ばれる7歳以降のペットのケアについてまとめます。

シニアにおける体の変化

犬,猫,健康,シニア,高齢,シニアケア まず重要なのは、加齢とともにペットの身体では何が起こるのかを理解することです。人間と似ている点もあるので、比較しながら確認していきましょう。

代謝の変化

加齢とともに、生活に必要なエネルギーは減少していきます。人間も30~40歳を境に太りやすくなることからもわかるでしょう。 これは筋肉量の減少や性ホルモンなどの分泌低下などが原因です。そのため、食事のカロリーを考慮しないと肥満になってしまうこともあります。

性格の変化

人間でも、歳を取ると性格が丸くなるなんていう話を聞きます。動物もやはり、ギラギラした性格が穏やかになることがあります。 ただし、大人しくなると言っても、元気や食欲がなくなるのは病気のサインかもしれません。また、猫において性格が攻撃的になった場合は、甲状腺の病気が疑われますので、一度検査をしてみた方がいいでしょう。

活動性の変化

外が大好きだった愛犬が散歩に行きたがる回数が減った、最近寝ている時間が増えたなどの行動の変化も、加齢によるものの可能性があります。これは代謝の変化にも言えますが、筋肉量の減少が関与しているかもしれません。 やはり、異常なほど元気がない場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

シニアケアに必要な6つのこと

犬,猫,健康,シニア,高齢,シニアケア では実際に日常生活において、7歳以上の高齢動物に必要なこととは何でしょうか。

1.食事管理

例えば人間は年齢を重ねると、脂っこいものが食べられなくなってきたり、食事の量が減ったりします。これは動物にも当てはまり、やはり食事量は減少する傾向にあります。そのため、少量の食事でもしっかりと栄養を摂取することが必要です。 一方で、高齢動物は、一日に必要なカロリーが減ります。その子の食事量を把握し、過不足なく栄養を摂れるように調整しましょう。 高齢動物用の総合栄養食もあるので、利用してみるのもいいかもしれません。
ロイヤルカナン
¥3,500 (2022/12/01 07:52:59時点 Amazon調べ-詳細)

2.運動量の調節

健康のためには適度な運動が欠かせません。しかし、年齢とともに自発的に運動する量は減少していきます。もちろん犬の場合、若い頃と同じ量だけ散歩に連れ出せばオーバーワークとなります。 シニア期の運動は、加齢によって落ちてくる筋肉量をできるだけ維持するという考え方が必要です。外に行きたがらない子や、室内飼いの猫には屋内でできる運動を考えてあげましょう。 また、寝たきりの子に対しては、人間の理学療法と同じようにリハビリやマッサージが必要です。 動物病院によっては理学療法に力を入れているところもあるので、スタッフに尋ねてみてもいいかもしれません。

3.環境の整備

筋肉量や視力の低下など、高齢動物には日常生活に支障が出る箇所もあります。 そんな動物が安心で安全な生活できるように、生活環境を考えてあげる必要があります。 ちょっとした段差を排除したり、トイレまでの距離を近くしてあげるなどして、できるだけ動物に負担がかからない環境を整えてあげましょう。

4.ストレスの緩和

若い頃には当たり前にできていたことが、歳を取るとできなくなるのは動物にとっても大きなストレスです。そのため、それらのストレスを取り除いてあげる工夫も必要です。 例えば、快適に生活できるように、環境を整備することも、ストレス緩和になりそうですよね。食事や散歩などの生活習慣を規則正しくすることも、ストレスの緩和に繋がります。 さらに、呼びかけや撫でるなどのスキンシップも有効です。暇な時間を極力作らず、ペットの喜ぶことをしてあげるといいでしょう。

5.定期的な健康診断

どうしても若い頃に比べて、腫瘍や代謝疾患などの病気が増えてきます。これら病気に重要なのは人間と同様、早期発見と早期治療です。 そのためには定期的な健康診断が大切です。7歳以上のシニア動物では、半年に一回のペースをおすすめしています。多いなと思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、動物は1年間で、人間に換算すると約4歳、歳を取ります。 つまり、動物は半年で約2歳も歳をとることになるのです。そう考えると、半年に一回というペースはそう多くはないような気がしませんか?内臓機能を評価する血液検査だけでも、受けておくと安心です。

6.認知機能の低下

動物でも、高齢になると認知機能が低下することがあります。 認知機能が低下すると夜鳴きや徘徊、排泄失敗、狭いところに入りたがる、壁に頭をつけたまま動かないなどの行動が見られます。 またこれら行動によって、飼い主さんが身体的にも精神的にも疲れてしまうことがあります。気になる方は無理をせず、かかりつけの動物病院に相談してみてください。

まとめ

犬,猫,健康,シニア,高齢,シニアケア 生き物が歳を取り、衰えていくのは仕方のないことです。それを理解し、年齢に応じた適切な環境を作ることが飼い主の義務です。 いつまでも全盛期でいてほしいのは山々ですが、衰えを受け入れ、最後まで愛情を注いであげましょう。

【最新研究】犬の年齢換算の新常識!あなたの愛犬は人間だと何歳?

犬の飼い主さんなら一度くらいは、「我が子の年齢、人間に換算したら何歳くらいになるんだろう」と考えたことがあるのではないでしょうか。 「犬の年齢に7をかければいいんでしょ?」「計算式は知らないけど、ネットで調べた」という方も多いと思います。しかし、この度、その計算方法を大きく変える論文が発表されました。 この記事では、今まで考えられていた計算方法と、新しく発表された計算方法についてご紹介します。

これまでの犬の年齢換算の考え方

犬 人間 年齢換算 これまで考えられてきた犬の年齢換算をする際の計算式は、大きく分けて2種類あります。それぞれ見ていきましょう。

これまでの計算方法①単純に7倍する

かつて「犬はヒトの7倍のスピードで成長する」と考えられ、「ドッグイヤー」という言葉も生まれました。計算のしやすさから大まかな年齢を知る際には有効ですが、あまりに短略的すぎて正確性には欠けます。 現在では犬の年齢換算の計算式としてはほとんど使われなくなりましたが、暗算やイメージのしやすさから、いまだにこの方法で計算しているという方もいるかもしれませんね。 また、技術革新などの変化のスピードが速いことを犬の成長スピードになぞらえて、「ドッグイヤー」ということもあります。

これまでの計算方法②1歳で一気に大人になる計算式

現在では最も一般的な考え方です。基本的に、小型犬や中型犬は成長のスピードが速くて老化は遅い、逆に大型犬は、成長のスピードは遅くて老化は速いという傾向が見られます。 犬の大きさによって計算方法が異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

小型犬・中型犬

小型犬・中型犬では、最初の1年で20歳、以降は4歳ずつ増えていきます。
小型犬・中型犬の計算式 20+(犬の年齢-1)×4

大型犬

大型犬では、最初の1年で12歳、以降は7歳ずつ増えていきます。
大型犬の計算式 12+(犬の年齢−1)×7
この計算式ですと、小型犬では5歳で36歳、大型犬では5歳で44歳という結果になり、なんとなくイメージしているものと近くなりました。計算してみると、犬の大きさに関係なく生後1,2年で一気に大人になることが分かります。 少し計算は複雑かもしれませんが、単純に7倍するよりは正確な値が出そうですね。 ちなみに、これらはあくまで目安です。犬のサイズや個体、犬種によっても大きく異なる可能性がありますので、参考程度としておくと良いでしょう。

論文の概要

犬 人間 年齢換算 論文 2020年2月に論文を発表したアメリカ・カリフォルニア大学の研究チームは、老化に伴い変化するDNAのメチル化に着目しました。
DNAのメチル化って何? DNAのメチル化とは、DNAの塩基配列のシトシンにメチル基が付加する化学反応です。生物の体を正確に形づくるために必須の仕組みであると考えられ、老化やガンに関連していることが分かっています。
ヒトも犬も加齢に伴いDNAのメチル化が進行するため、血液を分析することで生物学的年齢の推定が可能です。 今回は0〜16歳のラブラドールレトリーバー104匹と、1歳から103歳までの320名のヒトの血液サンプルを分析し、犬とヒトを比較しました。 犬 人間 年齢換算 論文 上のグラフは今回示されたおおよその年齢です。その結果を表にまとめました。
ヒト
乳幼児から思春期までの期間 2〜6ヶ月 1〜12年
思春期から成長が完了するまでの期間 6ヶ月〜2年 12〜25年
成熟期 2〜7歳 25〜50歳
シニア期 7歳以降 50歳以降
これらのグラフや表から、生まれてから数ヶ月で人間に相当する成人になり、生後1年経過した時には人間の約30歳に相当すると考えられます。 また、成長のスピードは若いほど速く、4歳を経過した頃には人間の中年に相当し、以降はなだらかに老化が進行していくことが示されました。

気になる計算式は?

犬 人間 年齢換算 さて、気になる計算式はこちらです!
16ln(犬の年齢)+31
数学に明るくない方は「???」という状態かもしれませんが、「ln」は自然対数を表しています。よく分からないという方も、分かったという方も、まずは上の式をコピーして犬の年齢を当てはめて、Googleで検索してみましょう!検索すると、電卓が起動して一瞬で計算結果が表示されます。 あなたの愛犬の年齢は人間に換算すると何歳でしたか?この計算式によると、1歳の犬は人間の年齢に換算すると31歳、5歳の犬は56.7歳という結果が出ました。 ただし、今回の調査ではラブラドールレトリーバーのみが対象とされたため、小型〜中型犬は少し計算が異なるかもしれません。今後の研究に期待しましょう。

「犬の成長と老化」から「人間の成長と老化」が見えてくる

今回ご紹介したような犬の成長と老化に関する研究は、人間の成長と老化への理解を深める役割を果たすとして注目されています。 これは、青年期・老年期の行動のほか、加齢がDNAへ与える影響などが犬と人間で似ているからです。 多くの科学者は、犬のことを、人間の加齢における「モデル」と呼んでいます。

犬も人間も同じ!?年齢と性格の関係

最近、ウィーンの研究者が犬の性格が時間と共に変化することを発見しました。 犬は年齢を重ねるごとに性格が丸く、柔らかになり、若い時ほど活動的ではなくなり、不安になることも少なくなるそうです。 中には、生まれつき成熟した性格を持つ犬もおり、その場合は、加齢による変化は少なくなるんだそうです。 人間も思い当たることが多いですよね。犬と人間は似ているということでしょうか。

犬と人間の健康長寿のために

これらの研究は、「全ての犬とその人間(飼い主)の、より長く、より健康な生活」を目標にしています。 犬と人間を比較して研究することで、犬と飼い主の双方が老化によって苦しむことが少しでもなくなれば、素晴らしいことですよね。 とはいえ、犬と人間で決定的に違うことは、犬の老化は人間よりもはるかに早いということです。 私たちより早いスピードで歳をとっていく愛犬が、より長く健康的な犬生を考えながら過ごしていきたいですね。

まとめ

犬 人間 年齢換算 今回の論文により、犬は生後数年で一気に老化が進み、その後は緩やかに老化することが示されました。今回はラブラドールレトリーバーを対象として調査されましたが、今後は小型犬や他の大型犬も研究対象になるかもしれません。 我が子の年齢を当てはめてみた方は少しショックな気持ちになったかもしれませんが、私たちが気づかないうちに愛犬の老化は確実に進んでいます。「うちの子はまだまだ若いから」と思わず、病気になってしまったり、足腰が弱ってしまう前に、早い段階からケアをしてあげるといいかもしれませんね。

老犬ホームってどんなところ?メリットとデメリットからオススメの施設までを一気にご紹介!

先日、動物愛護管理法が改正されたばかりですが、2013年の動物愛護管理法改正で、ペットの終身飼養が明文化されています。これに伴い、最近ではペット向けの介護ホームの需要が高まっています。 終身飼養とは、飼っているペットが命を終えるまで飼育を続けることを指します。ですが、ペットも歳をとると介護が必要になることもあります。ペットの体が大きいほど、介護には手間と体力が必要になります。そういった背景もあってか、飼い主が高齢になったり、病気などの諸事情によりお世話をすることが難しくなってしまった方々を中心に、ペット向け介護ホームの需要が高まっているのです。 今回の記事では、犬向けの介護ホームである「老犬ホーム」にスポットをあて、メリットとデメリット、そしてオススメの老犬ホームをご紹介します。また、犬の介護の専門家である、老犬介護士という職業については、下記の記事でご紹介しています。こちらも併せてご覧ください。
老犬介護士という仕事。これからは愛犬の老後も考える時代に

犬の老化について

老犬ホームについて見ていく前に、まずは犬の老化について学んでいきましょう。 犬は7歳で人間の44~46歳に相当すると言われています。つまり、彼らは約7歳でいわゆる「中高年層」に入るのです。それに従い、以下のような老化のサインが現れ始めると言われています。
  • ごはんをあまり食べなくなる
  • 下痢をする
  • 睡眠時間が増える
  • 白髪が増えた、目が白っぽくなった、口臭、太った、痩せたなどの体の変化
  • 無意味な夜鳴きをする
これは消化機能や体温調節機能など、体内の機能の衰えによって引き起こされるものです。また、無意味な夜鳴きは認知症の疑いがあります。 しかし、このような変化は必ずしも老化のサインとは限らず、病気の可能性もあります。「老化によるものだ」と決めつけず、体や行動に変化が現れたら、まずは獣医さんに相談しましょう。また、歳をとると、かかりやすくなる病気が増えます。そのため、シニア犬は半年に1度、健康診断を受けると良いとされています。こまめに健康診断を受けさせることで、病気の予防・進行の防止をしましょう。 健康診断については、以下の記事も併せてご覧ください。
10月13日はペットの健康診断の日!キャンペーンも?診断内容や詳しい情報をご紹介
愛犬の老化がどんどん進んでいくと寝たきりになってしまうこともあり、その介護は飼い主の体力面・精神面ともに大きな負担となるでしょう。そんな方々のためにも老犬ホームは存在しています。

老犬ホームってどんなところ?

老犬ホームとは、老化が進んだペットを自分たちだけでは手に負えなくなってしまった飼い主さんに代わって、その犬の世話・介護をする、またはそれをサポートする施設のことです。犬版の老人ホームと考えていただくと、想像しやすいかと思います。 食事や排泄の補助だけでなく、マッサージやリハビリをしてくれる施設も多数あり、専門家による介護を受けさせることができます。 老犬ホームにも、人間と同じように、デイサービスから終身まで面倒を見るプランまで様々なプランがあります。まだあまり馴染みのない老犬ホームに対し、ペットホテルはよく聞きますが、ペットホテルは一時的なお預かりが前提とされており、長期のお預けができなかったり、介護の専門家がいることは少ないといった点が老犬ホームとの違いです。

老犬ホームのメリット・デメリット

老犬ホームに犬を預け、犬の家族ではない人にお世話をお任せすることに対しては、賛否両論あると思います。 そこで、老犬ホームを利用することのメリット・デメリットを調査しました。メリット・デメリットの両面から老犬ホームについて検討し、後悔のないように老犬ホームを利用しましょう。

老犬ホームのメリット

  • 止むを得ず飼うことができなくなってしまった犬の面倒をみてもらうことができる
  • 預けた後もいつでも会いに行くことができる
  • 犬の介護の専門家による正しい介護を受けさせることができる
  • 短期のプランの場合、適切な介護方法を専門家に教えてもらうことができる
  • 短期で預けることによって、飼い主さんの気分転換ができる
  • 郊外の老犬ホームは屋外のドッグランがあるところも多く、のびのびと過ごさせることができる

老犬ホームのデメリット

  • 長年親しんだ家族や家と引き離すことになり、犬にストレスがかかる
  • 家族と過ごしていた時のように多くの時間、スタッフが相手をすることはできない
  • 介護費や治療費がかかるため、料金が高額になる
  • まだまだ新しい業界のため、施設によって対応やサービスに差がある
  • 施設によっては入所審査がある

老犬ホームのオススメ3選

ここからは、そんなオススメの老犬ホームをご紹介します。一匹一匹、その設備やその老犬ホームのスタッフに合う・合わないがあるため、実際に見学に行って、スタッフの方のお話を聞いたり、相談しながら預ける施設を決めると良いでしょう。

老犬ホーム&ペットホテル THE ケネルズ東京

大変人気の老犬ホームです。新しい施設のため、とてもきれいで設備も充実しています。 ライブカメラがついているため、いつでも愛犬の様子をウェブやスマホを使って見ることができますし、洗足駅から徒歩1分のところにあるため気軽に会いにいくことができます。「THE ケネルズ東京」は、愛犬を近くに感じることができる老犬ホームと言えるでしょう。
THE ケネルズ東京 https://the-kennels.tokyo/

老犬・老猫ホーム 東京ペットホーム

ご主人、奥様、そしてスタッフさんがとても親切で愛情深いと口コミでも評判が高い「東京ペットホーム」。 おためしステイというプランがあり、本格的に預けるか決める前にお試しで預け、施設との相性を判断することができます。そのため、ペットのストレスが少なくお預けすることができそうです。
東京ペットホーム http://www.tokyo-cathome.com/

老犬ホーム&ペットホテル 九十九里パーク

東京から車で1時間ほどの好立地にも関わらず、敷地面積はなんと2200坪もあるそうです。周りが自然に囲まれているため空気もきれいで、外で遊ぶことが大好きな犬にぴったりの施設です。
老犬ホーム&ペットホテル 九十九里パーク https://roukenhome.jp/

最後に

今は若くて元気な愛犬も、私たちが思っているよりも早く歳をとっていくものです。 自宅で愛犬を最後の時まで世話をすることが理想的かもしれませんが、飼い主の生活の状況によってはそれが難しい場合もあります。また、正しい知識がなければ、愛犬の変化にきちんと対応しきれず、かえって愛犬を苦しめてしまうこともあるかもしれません。 そんな時は、ひとりで抱え込まずに愛犬のため、自分のためにも介護の専門家がいる老犬ホームという選択肢を考えてみることも良いかもしれませんね。愛犬にとって最後の時はどこにいるのが1番良いのか、幸せなのか、飼い主として“最善の道”を考えることも大切なのではないでしょうか。

愛犬のために!散歩コースは毎日変えた方が良い理由

愛犬との生活の上で欠かせないお散歩。 最初にお散歩コースを決めて、その後・・・毎回同じコースでしょうか?それとも変えているでしょうか? 毎回同じコースの方は要注意!コースを変えようか迷っている方必見! 愛犬のために、お散歩コースは変えるべきなのです!

愛犬の散歩コースを変えるメリット3つ

①犬の認知症予防になる!

豆電球 まず、犬も認知症になる・・・ということはご存知でしょうか?犬は老化によって脳細胞が減少・死滅し、脳の機能が低下してしまいます。認知能力が衰えて、それまでできていたこともできなくなってしまう。これが、犬の認知症です。 実は、お散歩のコースを変えると、この老化を遅らせたり、認知症が予防できるのです。 その理由は、いつもと違う景色や匂い等によって、脳を活性化させることができるからです。 毎日のお散歩すること自体がすでに刺激となりますが、毎日変えることで、より一層刺激を与えることができます。

②領域意識が強くなるのを防げる!

金網 家や同じ散歩コースなどの決まりきった環境しか知らない犬は、そのエリアに対する犬の領域意識が強くなってしまいます。領域意識が強すぎると、そのエリアを支配したい気持ちが強くなり、いつもの散歩コースにいないものを外敵だと思い、吠えたりする場合があります。違うコースをお散歩すれば、防ぐことが可能です。

③ストレス軽減!

手錠 家の中にずっといて、毎日同じコースのお散歩は、犬にとっては刺激が少なくてストレスが溜まってしまいます。 お散歩に行くことによって、そういった刺激が少ないことによるストレスを軽減できます。

散歩コースを変えると言ってもどうすればいいの?

どう使うの? コースを考えるのが大変だな・・・と思っている方は、以下をコースを考える上で参考にしてみてください!
  • いつものお散歩コースを逆に回ってみる
  • いつもは通らない細い、小さな道も通ってみる
  • いつも曲がる道を曲がらない
より刺激を与えたいなら、公園などに行って、アスファルトの上ではなく、砂利の上を歩かせるのも良いですね。

1つ注意!愛犬に合わせて散歩コースの変更を。

パグ 散歩コースをすぐに変更して刺激を与えても、逆に刺激がストレスになってしまう犬もいます。 散歩コースを変えたり、新しい場所へ行ってしまうと、動かずに挙動不審になってしまうのです。 しかし、だからと言って同じコースをずっとお散歩するのは良いとは言えませんストレスを感じてしまう犬でも、少しずつコースを変えながら慣らしていきましょう。

今日から愛犬と新しい道でお散歩!

橋を渡る女性と犬 いつも同じ道は、人間でもつまらないもの。それは、わんちゃんも感じているかもしれません。 今日から違うコースで、お互い張り切ってお散歩に出かけましょう!