うさぎには霊感がある!?うさぎが何もないところを警戒する理由とは

うさぎを飼っているみなさんは、うさぎが突然何もないところをじっと見つめたり、警戒のサインである「足ダン(スタンピング)」を始めたりするのに驚いたことがあるかもしれません。

「もしかしてうさぎには見えてはいけないものが見えるの・・・?」と感じる飼い主さんも多いようです。
今回は、うさぎが何もないところを見つめたり、突然足ダンを始める理由を考えます。

うさぎが一点をじっと見つめる理由

うさぎ,霊感,じっと見つめる,足ダン,スタンピング

人間には何も見えない方向を、うさぎがじっと見つめていたらちょっと不気味ですよね。
うさぎはなぜ、ある一点をじっと見つめることがあるのでしょうか。

理由その① 目を開けて寝ている

野生のうさぎは常に敵に襲われてもすぐに逃げられるよう、目を開けたまま眠ることができます。「何かを見つめたまま動かない」ことがあったら、うさぎの鼻をみてみましょう。鼻が動いていなければ、眠っている可能性が高いです

目を開けたまま眠れるうさぎですが、飼い主さんのことを信頼していて、安心できる環境にいると、仰向けや足を伸ばしたうつ伏せの状態で目を閉じて眠ることもあります。

逆に、耳をペタッと倒して体を丸くした格好を続けているときは、環境に馴染めていなかったり、何かを警戒しているサインです。あまり長く警戒モードが続くようであれば、うさぎの生活スペースを見直してあげましょう。

理由その② 音を聞いている

うさぎは視力が0.05~0.1と弱く、大抵のものがぼんやりとしか見えません。
一方、うさぎには人間に聞こえない音が聞こえます。人間が聞ける標準的な周波数は40ヘルツ〜1万7,000ヘルツと言われていますが、うさぎには360ヘルツ〜4万2,000ヘルツまで聞こえます。

うさぎは音に反応すると、天敵の位置と逃走ルートがはっきりするまではじっと動かず、耳だけを動かして音を聞きます。
うさぎが一点を見つめたまま耳をピンと立てているときは、何か人間には聞こえない音が聞こえて、その方向に耳をじっと傾けているのかもしれません

うさぎが突然「足ダン」を始める理由

うさぎ,霊感,じっと見つめる,足ダン,スタンピング

「足ダン」は正式には「スタンピング」といい、もともと小さな危険や変化を察知してそれを仲間に知らせるための行動です。
そんな「足ダン」をうさぎが突然始めたら、「何か良からぬものが近づいているのかな…?」と心配になってしまうかもしれません。

ここからは、うさぎが突然「足ダン」を始める理由として考えられるものを見ていきましょう。

理由その① 普段と違う物音に警戒している

うさぎはもともと警戒心が強い動物なので、ちょっとした変化にもとても敏感です。
「工事の音が聞こえる」「遠くで雷が鳴っている」「テレビからびっくりするような音がした」など、いつもと少し違う音が聞こえると、飼い主さんにそれを伝えるために足ダンをすることがあります。

理由その② 飼い主さんへの要求

「足ダン」は、危険を察知したとき以外にも、「お腹すいた!ご飯ちょうだい!」や、「かまって!遊んで!」など、飼い主さんに何か要求を伝える時にとる行動としても知られています。

そうと分かれば欲求に応えてあげたくなる気持ちは分かりますが、足ダンをした時にあまり欲求に答え過ぎてしまうと、「足ダンをすればなんでもしてもらえる」と学習し、足ダンがエスカレートしてしまう可能性があります。一方、欲求を無視し過ぎてもうさぎにストレスが溜まり、夜中に足ダンをして飼い主を困らせてしまうことがあります。

足ダンの音は意外と大きく、マンションやアパートで暮らしている方は近所迷惑になってしまうこともあります。足ダンによるうさぎの欲求には、適度に応えてあげるのが良いでしょう。

足ダンのしすぎは病気のもと

うさぎ,霊感,じっと見つめる,足ダン,スタンピング

足ダンは音が気になるだけでなく、炎症を起こしたりケガをしてしまったりする危険があります。詳しく見ていきましょう。

飛節(ひせつ)びらん

うさぎの足の裏には肉球がありません。そのため、足ダンをし過ぎてしまうと足の裏の皮膚が炎症を起こしてただれてしまう「飛節びらん」を悪化させてしまうことがあります。「飛節びらん」は、「ソアホック」や「足底潰瘍」と呼ばれることもあり、次のような原因が考えられます。

  • 肥満のために足の裏にかかる負担が大きくなる。
  • 床材が金属などの刺激的な素材や形をしている。
  • 床の衛生状態が悪い。
  • 運動不足で、ずっとじっとしている。
  • ストレスで常に足の裏を舐めている。
  • 生まれつき皮膚が弱い・高齢で皮膚が弱くなった。

骨折

うさぎの骨は比較的薄くて軽く、骨折しやすいと言われています。
足場が悪いところで足ダンをしてしまうと、骨折などの足の怪我をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

うさぎ,霊感,じっと見つめる,足ダン,スタンピング
今回は、うさぎが何もないところをじっと見つめたり、突然足ダンを始めたりする理由として考えられるものをいくつかご紹介しました。

人間には何も見えないのにうさぎが突然何かを見つめたり、足ダンをしたりするのを見ると、「人には見えないものがうさぎには見えるの?もしかして、幽霊でもいるのかな・・・?」と不安になってしまうかもしれません。

しかし、うさぎの行動にはそれなりの理由があります。中にはうさぎのストレスの原因となり得るものもありますので、うさぎの行動の原因をしっかり探り、ストレスをできるだけ取り除いてあげることが重要です。

実は人間の顔は認識できない?猫は飼い主を「音」と「匂い」で認識する

旅行などで猫に会えずにいて、久しぶりに会ったら飼い主なのに警戒されてしまった…という経験はありませんか?

筆者自身、たった数日で忘れられてしまったのだろうか、と驚いたことがあります。少し経ったらいつも通り甘えてくれたので、忘れられたわけではなかったのだなとホッとしました。

犬と違って「猫は人よりも家につく動物だ」と言われていることもあり、驚きつつも納得してしまう一件でした。

今回は、そもそも、普段猫は飼い主をどのように認識しているのか、何を手がかりとしているのかを紹介したいと思います。

聴覚情報で判断する

耳をすます猫
猫は、聴覚が特に優れている動物です。その能力は犬や人間の3〜4倍とも言われています。

その優れた聴覚で、飼い主の声や、飼い主が出す生活音などを聞き分けて認識しています。

猫は、飼い主の声をかなりの確率で聞き分けることができます。実際に実験をしたところ、飼い主が呼びかけたときと、他の人が呼びかけたときで、有意差が出たことが証明されています。

(参考:ツレない猫、答えないけど飼い主の声聞き分ける。科学的に証明

猫は、飼い主の声の他に、飼い主が習慣的に行っている動作で出る生活音なども聞き分けているそうです。

例えば、飼い主が毎日バイクで通勤している場合、猫は飼い主のバイクの音がしたら「どこかに出かけるんだな」または「帰ってきた!」と判断することができます。

よく猫が玄関で出待ちしているという話も聞きますが、これは聴覚からの情報で飼い主が帰って来たことを認識しているからだと言えそうです。

嗅覚情報で判断する

眠る猫
猫同士でコミュニケーションをとるとき、お互いに鼻を近づけて挨拶をします。猫にとってはお互いを識別する際にも嗅覚を使っているため、匂いが重要になっています。

人間に対しても同様で、飼い主の匂いを覚えていて、嗅ぎ慣れたその匂いを嗅ぐと猫は安心します。

飼い主の脱いだままの状態で置いてあった衣服や、お気に入りのクッションなどの上で、飼い猫が丸まって寝るという話はよく聞きます。

反対に、外出して帰宅したとき、飼い猫が買い物袋や飼い主のカバンなどをしきりに嗅ぐのは、嗅ぎ慣れない匂いに警戒している場合が多いと言えそうです。

見た目では判断しづらい?

こちらを見つめる猫
人間同士では、相手が自分の知っている誰かであると認識するには見た目の情報がかなり重要になってきます。髪型や服装を変えただけでも一見誰だかわからなかった、ということもときどき起こりますよね。

それに対して、猫は、動体視力は抜群なのですが、視力は人間よりも弱く近視傾向です。そのため、よほど近くに寄らない限り顔の細かい造作などはぼんやりとしか認識していない状態です。

猫同士の顔であれば認識することができるようですが、人間に対しては飼い主であっても見た目をきちんと認識しているわけではないため、顔やその他の外見の情報が猫の認識に与える影響は少ないようです。

ネオフォビア(新奇恐怖症)の傾向による?

子猫
猫はよく、餌を食べたり食べなかったりする食べムラが激しい動物だと言われます。

新しいものに対する好奇心が旺盛で飽きやすい傾向を「ネオフィリア(新しいもの好き)」、逆に恐怖心を抱きやすい傾向を「ネオフォビア(新奇恐怖症)」と言います。これらの二つの傾向がそれぞれ出たり出なかったりすることによって起こるとも言われています。

ネオフォビアは、聞き慣れない音や嗅ぎ慣れない匂いに対しても引き起こされますが、しばらく会っていなかった飼い主に対して猫が警戒してしまうのは、このネオフォビアの傾向によるものと言えるかもしれません。

新しい匂いや音などに出会うことで、警戒心が引き起こされ、「飼い主だ!」と認識する前に恐怖を感じてしまいます。

久しぶりに会って警戒されてしまったら

隙間から覗く猫
例えば、一人暮らしを始めてしばらく経って実家に帰省したとしましょう。久しぶりに会った飼い猫の態度が冷たく、奥に入って出てこなくなってしまった…というとき、できればすぐに思い出してもらって打ち解けたいですよね。

そんなときにどんなことに気をつければいいか、対処の方法を紹介したいと思います。

自分の荷物の匂いを嗅がせる

長く家を離れていたことで、匂いが全く変わってしまっています。

そのため、まずは新しい匂いに慣れてもらうため、猫に自分の荷物を置いておき、その匂いを嗅がせてあげると良いです。

警戒スイッチがオンになっている状態で猫に近づこうとすると、余計に警戒させてしまうため、自分の匂いのついた荷物を嗅がせてあげるとスムーズです。

無理に近づかず普段通り生活する

物陰などに隠れてしまい近寄ってきそうにもない場合は、無理やり遊ぼうとしたりせずに、そっとしておく他ありません。

普段通り生活をして、その生活音を聞き慣れてもらうことを心がけてみると、猫も安心して出て来てくれるようになるかもしれません。

ご飯をあげる

これは猫に限ったことではないですが、猫はご飯をくれる人に懐きやすいです。

あまりにも警戒されっぱなしでは悲しいですよね。積極的にご飯やオヤツをあげて、慣れてもらうというのも一つの手段になりそうです。

終わりに

猫パンチしてくる猫
猫に対しては、音や匂いで特徴づけるということが有効です。もし忘れられてしまった場合は、音と臭いの2点に気をつけてみると良いでしょう。

警戒されてしまったときの対処法に関しては、しばらく会っていない飼い猫に対してだけでなく、新しく猫を飼ったという場合や、初めて会う猫への接し方としてもオススメですので、ぜひ実践してみてください。