【クイズ】犬の何%が患っている?歯周病とデンタルケアの重要性

人間の歯周病対策の必要性はよく知られていますが、今や犬にとっても歯周病は一般的でよく見られる疾患です。犬の歯周病はどんな疾患で、どのようなケアをすればいいのでしょうか。

本記事では、犬のデンタルケアについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬のデンタルケアクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の歯周病について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「犬は人間と比較して虫歯になりやすい」です。
犬は人間と比較して虫歯になりにくいと言われています。これは犬の唾液が弱アルカリ性であるためですが、一方でこのアルカリ性の唾液によって速いスピードで歯垢が歯石に変化してしまうという欠点もあります。

3歳以上の犬の約80%が歯周病を患っているというデータもあり、犬のデンタルケアは欠かせません。歯周病は歯垢や歯石中に存在する細菌が原因です。
Q.2 犬の歯周病の症状について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「歯周炎が進行すると歯肉炎になる」です。
犬の歯周病は、歯肉が腫れる歯肉炎と、歯を支えている歯周組織の炎症である歯周炎に分けられます。歯肉炎が進行すると歯周炎となり、歯が抜けたり顎の骨が折れたりします。

歯周病は、呼吸器や循環器などの全身の状態に影響を及ぼします。
口と鼻は解剖学的に近い位置にあるため、口腔内の炎症が鼻の中に波及することはよくあります。また、口腔内の細菌が血液を循環し、心臓や腎臓で繁殖することで心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
Q.3 犬のデンタルケアの仕方として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「子犬のときは歯磨きは不要」です。
犬の健康を維持する上でデンタルケアは欠かせません。成犬になってからも歯磨きを嫌がらないように、子犬の頃から歯磨きに慣れさせておきましょう。

最初は口の周りを触る程度にし、少しずつ時間をかけて歯ブラシに慣れさせてあげてください。どうしても歯ブラシを嫌がるようであれば、指にガーゼを巻いて歯磨きペーストをつけて拭いてあげるだけでも立派なデンタルケアになります。

歯磨きガムでは、一部分の偏った部位の歯垢しか除去できません。あくまでもメインは歯ブラシで行い、補助やストレス解消として歯磨きガムを使用することをおすすめします。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
獣医師が教える子犬のしつけ②〜デンタルケアで口から健康づくり
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫に歯磨きは必要だった!嫌がる猫の歯を綺麗にする方法。

愛猫に歯磨き、していますか。実は猫にも歯磨きは必要だったのです。 「そんなことしたら、嫌がられてしまうよ!」という方、コツを抑えれば大丈夫です。

猫は虫歯になりにくい?!

寝落ち気味にゃんこ 猫は、虫歯になりにくいと言われています。猫の歯は人間と違って、はさみのように切り裂いてごはんを食べます。人間はすり鉢状になっているので、食べかすが残りにくく、虫歯になりやすいです。 また、猫の口内はアルカリ性で、これも虫歯ができにくい理由の1つとされています。アルカリ性の環境では、虫歯菌が動けないのです。ちなみに人間はというと、弱酸性の口内です。

しかし猫の8割は◯◯に侵されている

エリザベスカラーをつけたまま眠る猫 「虫歯にならないんだったら、歯磨きしなくていいじゃん!」 そう思った方も多いのではないでしょうか。しかし、それは違います。 猫は歯周病によって悩まされているのです!!! なんと、ねこの8割は歯周病持ちとも言われています。歯周病が進行してしまうと、痛すぎてごはんが食べられない事態になってしまいます。

対策:歯磨き

仰向けの猫 歯周病の予防策は、歯磨きが最も効果的です。歯垢が溜まって放置してしまうと、「歯石」になります。こうなってしまうと病院で取り除いてもらわなければなりません。 そのままさらに放置されてしまうと、歯肉炎や歯周病へとなっていきます。 歯磨きは、できれば毎日行いましょう。難しければ、3日1日などにして、継続することが大切です。

歯磨きに慣れてもらう方法

歯磨きする子供 歯磨きが嫌いな猫ちゃんも多いのではないでしょうか。

1.口周りを触る

いきなり歯ブラシを口の中に入れてしまうと、びっくりして嫌いになってしまいます。まずは、口の周辺を触ることから始めましょう。 慣れたら、口の中を触ってみましょう。歯や歯茎に触れ、慣れてもらいます

2.歯ブラシに歯磨き粉を塗って、舐めてもらう

前足の毛づくろいペロペロ猫 猫用の歯磨き粉は、美味しい味がするようにできています。歯ブラシ・歯磨き粉と共に慣れてもらうために、ペロペロと舐めてもらいましょう。 「歯ブラシ=怖いもの」ではなく、「歯ブラシ=美味しいもの」と思ってもらうためです。

3.指or歯ブラシを口に含ませる

いきなり磨くというよりは、徐々に磨く動作に持っていきましょう。できれば、子猫のうちから歯磨きをはじめるのが一番です。成猫の場合は、徐々に焦らず慣れていってもらいましょう。

口内環境を整えて、長生きに!

上を見上げる猫 人間もそうですが、歯というものは長生きに欠かせないものです。健康な歯があってこそ、美味しくごはんが食べられます。 毎日の歯磨きを面倒と思わずに、綺麗にしてあげてくださいね!