愛犬が脱走したらどうする?!事前に対処法を知っておこう

愛犬とどんなに信頼関係を築いて生活していても、犬は動物ですので、脱走して行方不明になる可能性があります。また、飼い主がどんなに注意していても、一瞬の隙もなく接するのは難しいでしょう。

そこで、最悪の事態に備えて、犬が行方不明になった場合の対処法をご紹介します。いざという時に冷静な対応ができるように学んでおきましょう。

脱走した付近を探す

対処法,捜索,犬,脱走,行方不明,迷い犬,迷子

犬が脱走してすぐの場合は、いなくなった周辺地域を捜索します。時間が経つにつれて、犬の行動範囲が広がり、発見が困難になるため、家族や友人に協力をお願いし、可能な限り多くの人々に協力を仰ぎましょう。

探す場所

基本的には脱走した場所の近辺から探し始め、徐々に範囲を広げていくのが良いでしょう。もし犬が自宅から脱走した場合は、普段散歩で立ち寄る場所なども探してみてください。また、パニックに陥って脱走した場合は犬が隠れていることもありますので、物陰なども見落とさずにしっかり探しましょう。

持ち物

捜索する際には、以下のアイテムを持っていくことをおすすめします。

  • リード
  • 首輪
  • おやつ
  • 懐中電灯(夜間の場合)

リードと首輪はつけたまま脱走していても破損している可能性があるので、できれば新たに持っていきましょう。大人数で探す場合はロープ等で代用してください。

行政機関への連絡

対処法,捜索,犬,脱走,行方不明,迷い犬,迷子

犬が脱走し、近辺を探しても見つからない場合は、まず以下の行政機関に連絡しましょう。犬の安否を気にしつつ、各所へ連絡するのは精神的にも負担になりますが、行政機関同士での連携が不十分なケースも少なくありません。労力を惜しまず、各施設へ連絡してください。

保健所

迷子になった犬が保健所で保護されている可能性があります。近年では、多くの自治体がネット上で迷子情報を提供しています。

収容動物検索情報サイト-環境省
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/

ネット上では迷子情報を探しやすい一方で、情報が反映されるまでにはタイムラグが発生することがあります。迷子情報がネット上に載っていない場合は、電話で問い合わせてみることをおすすめします。

保健所管轄区域案内-厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/index.html

また、管轄区の境目周辺で脱走した場合や体力のある犬の場合は、別の地域で保護されている可能性も考えられます。そのため、近隣の管轄にも連絡をしたり、他の地域の情報もチェックしてみてください。

警察署

犬は法律上「モノ」として扱われます。迷子の犬を保護した人が、犬を「落とし物(拾得物)」として、交番や警察署届けているかもしれません。脱走した場所の最寄りの警察署に連絡して、保護された犬の情報を確認しましょう。

動物愛護センター

保健所で一定期間保護された犬は、各自治体の「動物愛護センター」に引き渡されることがあります。都道府県名を含めて「動物愛護センター」と検索すると、動物愛護センターの公式サイトが見つかります。自治体によっては、迷子犬情報を掲載している場合もありますので、チェックしてみましょう。

犬が見つかったら

連絡を取った各関係機関に犬が見つかったことを連絡しましょう。

ネットで情報収集

対処法,捜索,犬,脱走,行方不明,迷い犬,迷子

近年増えてきた捜索方法の一つとして、ネットを活用して迷子犬の情報提供を呼びかける方法があります。

迷子犬掲示板サイト

最近では、さまざまな迷子犬の掲示板サイトがあります。「迷子犬 掲示板」と検索すると掲示板サイトが見つかるので、迷子の状況を投稿したり、目撃情報をチェックしたりしてみましょう。

SNS

SNSで行方不明情報を載せると、善意の人たちが拡散してくれます。その際は、情報とハッシュタグが重要になりますので、以下を参考に投稿してみてください。

情報

情報【コピペ用】
・失踪日:
・失踪場所:
・犬種:
・性別:
・年齢:
・毛色:
・大きさ:
・装飾品:
・特徴:

上記をコピペし、情報を記載して投稿してください。なお、装飾品には首輪やハーネスなどの色や形状を記載します。

ハッシュタグ

ハッシュタグ【コピペ用】
#迷い犬 #迷子犬 #拡散希望 #犬 #脱走 #脱走犬 #捜索中 #探しています #行方不明 #目撃情報求む

その他、#〇〇市 (脱走した市町村)、#〇〇公園付近(脱走場所)、#〇〇犬(犬種)など情報や、「#RT希望 #RTお願いします(Twitter)」「#リポスト希望 #リポストお願いします(Instagram)」などのハッシュタグも有効です。

犬が見つかったら

掲示板では、解決済みである旨の登録しましょう。
SNSでは、犬が見つかったことの報告と協力に感謝する投稿をし、行方不明の投稿は削除しましょう。投稿が掲載されたままだと、他者が検索した際に未だ行方不明だと誤解を招く可能性があります。

チラシを配布する

対処法,捜索,犬,脱走,行方不明,迷い犬,迷子

これまでの方法で見つからない場合は、チラシを制作して配布してみましょう。チラシ制作は慣れていないと難しく感じるかもしれませんが、大阪市では無料でダウンロードできるテンプレートを提供していますので、こちらを利用すると便利です。

※こちらのサイトからダウンロードできます。

迷子動物の捜索ポスターが無料で御利用いただけます-大阪市
https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000471139.html

チラシを制作したら

チラシを制作したら、まずは動物病院に掲載をお願いしましょう。動物病院は動物に関心がある人が利用する場所であり、同時に行方不明になった犬がケガなどで動物病院に運び込まれる可能性もあるためです。ここで情報を共有することで、見つかる可能性が高まります。

その他、犬に関心がありそうな人が利用する以下の場所に掲載してもらうか、チラシ配りをしてみてください。

  • ペットショップ
  • ドッグラン
  • トリミングサロン
  • ドッグカフェ
  • 公園 など

次に、不特定多数の人が目にする場所にも掲載をお願いしましょう。大規模店より個人経営のお店の方が、了承してくれる傾向があります。

  • 商店
  • スーパーマーケット
  • 地域のコミュニティセンター
  • 町内会の掲示板 など

なお、電柱や街路樹、ガードレールなどの公共物に貼り付けることは違法ですので、絶対にやめましょう。

犬が見つかったら

掲載してもらった場所にお礼を伝え、チラシを回収しましょう。どこへお願いしたか忘れないように、チラシを掲載した場所をリストにしておくと便利です。

最後に

対処法,捜索,犬,脱走,行方不明,迷い犬,迷子

愛犬が行方不明になるなど、考えたくもない事態かもしれません。しかし、事前に対処法を頭に入れておくことで、万一の際には冷静な対応が取れるのではないでしょうか。

また、マイクロチップが埋め込まれていると、愛犬が保護された際に飼い主の元に戻ってきやすくなり、引き取りもスムーズに行えます。「備えあれば憂いなし」とも言いますので、事前にいろいろな想定をしておけると良いですね。

アメリカで話題になった感動実話!男の子と忠犬の強い絆の物語。

ドッグラバーの皆さんならご存知、忠犬ハチ公。忠犬ハチ公は、亡くなった飼い主を、渋谷駅の前で約10年間待ち続けた犬です。忠犬ハチ公の話にもある通り、犬って飼い主にすごく忠実なんですよね。

最近、アメリカでとても話題になった忠犬がいます。その忠犬は、行方不明になった2歳の男の子にずっと寄り添っていたのです。

今回は、そんなアメリカの感動的なペットニュースのご紹介です。

男の子と犬が突然行方不明に!?

mother sad
2歳の男の子「ウィリアムくん」が突然、行方不明になる事件がありました。

ウィリアムくんがいなくなったと分かったのは、ある日の早朝でした。朝、ウィリアムくんのお母さんが、ウィリアムくんを起こそうと彼の部屋に入ると、そこにはウィリアムくんの姿はありませんでした。

お母さんの頭には、さまざまな事がよぎりました。ウィリアムくんはすでに起きていて、いたずらでかくれんぼをしているだけなのか?それとも、最悪の事態、「誘拐」をされてしまったのではないか、と。

不安になるお母さん。そしてふと、朝から飼い犬の姿を見ていないことに気がつきました。

見つかった時、お母さんが見た光景とは?

boy and dog
「今朝から、うちの2歳の息子と飼い犬が行方不明なんです」と、お母さんはすぐに警察に探索願いをしました。そこで、警察や地元は大騒ぎ。すぐに捜査が行われました。

そんな時、下校中だった10歳の男の子が、近くに止まっていたトラックの中で犬の遠吠えを聞きました。恐る恐る近づいてみると、そのトラックの中にいたのは、ウィリアムくんと犬でした。

すぐさま、近くの大人に報告した10歳の男の子。それは、お母さんがウィリアムくんの行方不明を確認して6時間後の事でした。

警察とお母さんは、すぐさま現場へと向かいました。現場は自宅から400メートル離れた場所でした。そこには、ウィリアムくんと、ウィリアムくんにぴったり寄り添う飼い犬の姿がありました。

幸いにも、ウィリアムくんと犬は大きな怪我をしていなく、体調も良好でした。

どうして行方不明になったの?

mother and boy
では、なぜウィリアムくんは、早朝に行方不明になったのでしょうか?

その理由はよく分かっていません。ウィリアムくんはまだ2歳なので、まだ言葉も喋れません。早朝に目を覚まして、家を飛び出してしまったんでしょうか。

でも一つ、事実として言えることは家を出たウィリアムくんに、犬が寄り添っていたということです。いきなり家を出たウィリアムくんを心配して、ウィリアムくんと共に家を出たんでしょう。男の子と犬の強い強い絆が伺えます。

お母さんの気持ち

ツイッターにて載せられている、お母さんへのインタビューの様子です。

記者:今どんな気持ちですか?

お母さん:…Scary, but I am happy though…Oh my god… My son is home…I am sorry. I cant speak, hard to breathe.
記者:What went through your mind when you saw your son?
お母さん:Thanks god, my baby….I was happy..

というやり取りをしています。
和訳すると

記者:今どんな気持ちですか?

お母さん:…恐怖を感じています、でも幸せです。 あぁ…やっと息子がうちに帰ってきた。ごめんなさい、今うまく喋れないんです。息もできません。
記者:あなたの息子が見つかった時、どんな気持ちでしたか?
お母さん:神様に感謝しました。私の息子が帰ってきたことについて。あと、とにかく嬉しかったです。

このインタビューから分かりますが、とてつもない悲しみや恐怖の後の、お母さんの安堵が感じ取れます。

見ている私たちも、もらい泣きしてしまいそうです。

犬のその後

走ってくるジャックラッセルテリア
この事件は地元だけではなく、アメリカで大変注目を浴びました。インスタグラム、ツイッター、フェイスブックなどで、多くの方がコメントを残していたり、投稿をシェアしています。また、ニュースやニュースサイトでも取り上げられて、大きな反響を得ています。

この犬は、大変優秀な犬として全米でも、人気者になりました。

おわりに

dog smart
この記事を読むと、つくづく犬って賢いなぁって思います。

この犬は、早朝もしくは深夜にウィリアムくんが、突然家を出たことを察知して起きたということです。2歳児の家出の危険性を分かっていたんですよね。だから、ウィリアムくんの家出に寄り添っていたんです。

犬は私たちを癒してくれるだけでなく、危険から身を守ってくれる存在でもあることを再確認できますね。