【クイズ】似てるようでやっぱり似てない?チワワとパピヨンの違い

日本でもとても人気のあるチワワとパピヨン。どちらも似たような姿や大きさをしているため、あまり区別がついていない方も多いかもしれません。

今回は、チワワとパピヨンの違いをクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、チワワとパピヨンの違いクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 チワワとパピヨンの特徴として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「パピヨンの方がカラーバリエーションが豊富」です。
パピヨンの毛色の多くは、「白と黒」「白と茶」など、白をベースにした2色の組み合わせです。一方、チワワでは、白、黒、クリーム、レッド、チョコレート、フォーンの単色のほか、2色、3色など、カラーバリエーションが豊富です。

パピヨンは意外と体力があり、運動量が多い犬種です。雨が続く季節には家の中で遊ぶなどして、運動不足にならないように配慮する必要があります。

チワワもパピヨンも「超小型犬」に分類されますが、チワワの方がさらに小さめです。成犬の平均体重は、パピヨンで約3~5kgなのに対し、チワワでは約1〜3kgとされています。

Q.2 パピヨンの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「被毛はダブルコートである」です。
パピヨンはシングルコートのため、抜け毛は比較的少ないです。しかし、毛が長いため、抜ける本数が少ない割には抜け毛は多いと感じるかもしれません。

パピヨンという名は、フランス語で「蝶」という意味があります。

もともとは垂れ耳の方が多かったですが、18世紀末頃からは立ち耳のパピヨンが選択的に繁殖されてきました。垂れ耳のパピヨンは「ファーレン」と呼ばれ、別の犬種として扱っている国もあります。
Q.3 チワワの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「原産国はアメリカ」です。
チワワの原産国はメキシコだと考えられており、同国にはチワワ州という州も存在します。

パピヨンはロングコートのみですが、チワワにはロングコートと短毛のスムースコートがいます。また、チワワは暑さにも寒さにも弱い犬種です。室温管理には十分注意しましょう。

チワワは膝蓋骨脱臼などの関節の疾患にかかりやすいため、室内は滑りにくいカーペットなどを敷き、なるべく段差が少ない環境を整えてあげてください。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
意外と違いが多い!チワワとパピヨン、飼うならどっち?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【犬図鑑】パピヨンの歴史や性格、飼い方のポイントをご紹介!

上品な見た目と賢く活発な性格が魅力的なパピヨンは、かつてヨーロッパ貴族に愛されていました。そして現在は、日本国内でも全犬種の中で毎年上位の飼育頭数を誇っています。 この記事では、パピヨンの歴史や性格、飼い方のポイントなどをご紹介していきます。パピヨンを飼っている人も、これから飼ってみたいと思っている人もぜひ参考にしてください。

パピヨンの歴史

犬,犬図鑑,パピヨン,歴史,由来,フランス,性格,被毛,毛色,好発疾患 パピヨンはフランスとべルギー原産の犬種で、先祖はスパニエルの一種とされています。16世紀以降、ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットをはじめとするヨーロッパの貴族から愛されるようになり、多くの絵画にもパピヨンが描かれました。 当時は垂れ耳のタイプがほとんどでしたが、まれに立ち耳のパピヨンが生まれ、18世紀末頃からは立ち耳のパピヨンが選択的に繁殖されてきました。 その後、チワワなどとの交配によりサイズも小さくなり、現在のような姿のパピヨンが誕生したとされています。

名前の由来

パピヨン(papillon)はフランス語で「蝶」という意味があり、パピヨンの耳が蝶の羽を開いたような姿であることから名付けられました。 また、垂れ耳のパピヨンはフランス語で「蛾」という意味の「ファーレン(phalene)」と呼ばれており、日本では同じ犬種として認められていますが、別の犬種として扱っている国もあります。

パピヨンの特徴

犬,犬図鑑,パピヨン,歴史,由来,フランス,性格,被毛,毛色,好発疾患

大きさ

体高は20〜28cm、体重は3〜4.5kgで、超小型犬に分類されます。 オスとメスでサイズに違いはあまりありませんが、オスの方が少しだけ大きい傾向がみられます。

被毛

被毛はシングルコートで長めです。耳と尾にはパピヨンを象徴する長い飾り毛があり、優雅な見た目をしています。 ジャパンケネルクラブでは、白地であれば全ての色が認められるとしており、黒、茶、レモン、セーブルなどの色が組み合わさって二色の「パーティカラー」や三色の「トライカラー」になります。

パピヨンの性格

犬,犬図鑑,パピヨン,歴史,由来,フランス,性格,被毛,毛色,好発疾患 パピヨンの魅力は外見だけではありません。その愛くるしい性格も人気の理由のひとつです。

すべての人とフレンドリー

人間が大好きで甘え上手なため、小さな子どもから高齢者まで、誰とでも仲良くなれます。 初対面の人や犬にも友好的ですが、警戒心が強い一面もあるため、トラブルにならないよう注意してあげましょう。

知能は高いが従順ではない

賢いことで知られるパピヨンの知能の高さは、全犬種の中でも上位に入ります。 一方で、自己主張が強く、従順さはあまりみられないため、子犬の頃からしっかりとしつけることが大切です。

活発で運動が大好き

パピヨンは小型犬にも関わらず、運動能力に優れ、飼い主と一緒にドッグスポーツを楽しめます。

パピヨンの好発疾患

犬,犬図鑑,パピヨン,歴史,由来,フランス,性格,被毛,毛色,好発疾患 パピヨンはほかの小型犬と比べると遺伝の病気は少なく、あまり病気になりません。しかし、それでも注意したい疾患があります。

膝蓋骨脱臼(パテラ)

膝蓋骨脱臼は、膝のお皿にずれが生じて脱臼してしまう疾患で、小型犬によくみられます。先天的な場合と、足に負担がかかることが原因の後天的な場合があります。 立っている状態で膝がカタカタ震えだす、足をかばいながら痛がるなどが見られる場合は、膝蓋骨脱臼の疑いがあります。すぐに病院に連れていきましょう。

眼瞼内反症(逆さまつげ)

まぶたが内側に巻き込んでいる先天的な疾患で、眼球がまつげに刺激されて、角膜や結膜の疾患を引き起こします。 常に涙目になっており、放置すると目ヤニや涙やけなどが見られるようになります。

パピヨンの飼い方のポイント

犬,犬図鑑,パピヨン,歴史,由来,フランス,性格,被毛,毛色,好発疾患

散歩や運動

1日30分程度の散歩を2回行いましょう。パピヨンは小型犬ですが、体力があり運動好きな子も多いので、長めの散歩が必要です。 ただし、激しい運動を長時間行うと足に負担がかかるため、適度な運動量を守りましょう。

足腰への負担がかからない環境

滑りやすい床や、段差の登り降りは、犬の足に負担がかかります。 床には滑りにくいマットを敷き、犬がソファやベッドに登ることがあるのなら、専用の階段やスロープを設置してあげましょう。

お手入れ

パピヨンはシングルコートで、抜け毛は少なく、トリミングは必要ありません。しかし、長く柔らかい被毛で絡まりやすいため、ブラッシングは毎日してあげると良いです。 また、立ち耳のため、垂れ耳の犬と比べると耳の病気になりにくく、耳のお手入れも頻繁に行う必要はありません。

まとめ

犬,犬図鑑,パピヨン,歴史,由来,フランス,性格,被毛,毛色,好発疾患 昔から多くの人に愛されてきたパピヨンの魅力は、気品にあふれた見た目だけでなく、フレンドリーで賢く、活発な性格にもあります。 賢いがゆえに、一度甘やかすとわがままになってしまうこともありますが、子犬の頃から正しくしつければ、最高のパートナーになることは間違いないでしょう。 パピヨンを飼っている方も、これから飼おうと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

「たかが静電気」ではない!静電気のペットへの影響と対策

乾燥する季節になると起こりやすい、「静電気」。ビリっとした痛みも伴って、本当に嫌なものです。 ペットを撫でようと触れるたびに静電気が起きてしまい、突然の刺激に飼い主さんもペットも驚くこともしばしば。 ペットにとって、静電気は痛くてとても不快なもので、かわいそうですよね。 静電気はペットにとって悪影響を及ぼすことがあります。今回は静電気がペットに与える影響、防止策などをご紹介します。

静電気のメカニズムと痛みの原因

ペット,犬,猫,静電気,対策,乾燥,冬 まず始めに、静電気はどうして起こるのでしょうか? 私たちの身の回りのものは全て電気を帯びています。もちろん、人間やペットも例外ではありません。通常はプラスとマイナスの電気を同じ数だけ持っていますが、衣服の擦れなどによる摩擦でそのバランスが崩れしまうと、静電気が体に溜まっていきます。 体に溜まった静電気は、空気中の水分を通して少しずつ体外に放出されるのですが、乾燥する季節は空気中の湿気が少ないため、放電されずに静電気がずっと体に溜まってしまいます。 この溜まった静電気が、物体同士の接触によって一気に流れて「バチっ!」っとなるのです。 夏場は湿気が多いため、あまり静電気が起こりませんが、冬は空気が乾燥によって静電気が「溜まりやすく放出されにくい」のです。

犬や猫は静電気が溜まりやすい

ペット,犬,猫,静電気,対策,乾燥,冬 犬や猫は全身が被毛で覆われています。その毛の1本1本が帯電し、毛布などと擦れるたびに静電気が溜まってしまいます。 その上、犬・猫の皮膚は人間の皮膚のおよそ6分の1の薄さのため、水分が逃げやすいのです。 特に、乾燥肌体質、ロングコート、被毛の多い犬・猫は静電気を溜め込みやすい傾向にあります。

静電気はペットの肌の乾燥サイン

犬・猫の皮膚はとても繊細で、私たちの予想以上に乾燥の影響を受けています。 日本の冬はただでさえ乾燥しやすいですが、暖房による乾燥で、さらに皮膚の水分が奪われてしまいます。特に、床暖房の上で寝ることが多い犬や猫は、お腹の皮膚が乾燥しやすいと言われています。 ペットに触れるたびに頻繁に静電気が起きるのは、ペットの皮膚や被毛が乾燥しているサインだと考え、早めに乾燥対策を講じてあげましょう。

静電気がペットに与える影響

静電気,犬,猫,乾燥,保湿,被毛,皮膚 撫でようと触るたびに「バチっ」と静電気が起きてしまっては、飼い主さんにとっても、犬・猫にとっても、心地の良いものではありません。 ペットにとって静電気は痛みを伴うだけでなく、不安や恐怖を与えたり、皮膚のトラブルにつながったりすることもあります。 静電気を溜め込むことで起きる犬・猫への影響をみていきましょう。

触ることを怖がるようになる

撫でられる度にピリッと痛みを感じたら、飼い主さんの手が怖くなったり、撫でようとしただけで反射的に逃げてしまうようになったりします。 静電気による痛みを伴うため、飼い主さんに叩かれたと勘違いしてしまうこともあるようです。このように学習させてしまうと、手を咬まれる可能性も出てくるため、かなり危険です。 また、服を脱がせたときや、くるまっていた毛布から出たときにも、繰り返し痛みが起きてしまうと「その服や毛布は痛いものだ」と覚えてしまいます。 これにより、服や毛布が嫌いになってしまい、服を着せようとすると逃げたり怒ったりしてしまうかもしれません。

ハウスダストを引き寄せる

犬・猫の体に溜まった静電気は、空気中のハウスダストを自然と引き寄せてしまいます。 それによってアレルギー症状を引き起こしたり、ホコリやダニの接触による皮膚疾患の原因になってしまう可能性があります。

ペットの静電気対策法

静電気,犬,猫,乾燥,保湿,被毛,皮膚 このように静電気は嫌なものです。最後にそのような静電気を防止する方法をご紹介します。

身の回りの物の素材選び

カーテン、ブランケット、洋服など、ペットに使う布製品には素材によって、帯電しやすいものとそうでないものがあります。
+(プラス)の電気を帯びやすい 帯電しにくい −(マイナス)の電気を帯びやすい
ナイロン、ウール、レーヨン 絹、綿、麻 アセテート、ポリエステル、アクリル
冬はフリースなどのポリエステル素材の服を着させる機会が多くなりますが、実はこれらの化学繊維は静電気が起こりやすいのです。 逆に、綿などの天然素材は静電気が起こりにくいです。 ペット用の布製品全てを天然素材にする必要はありませんが、洋服選びに迷ったときや、乾燥しがちで肌に痒みなどが出ている犬や猫の場合は、これらを参考にして天然素材を中心に選んであげてみてください。

部屋の湿度をあげよう

静電気は湿度が20%以下、気温が20℃以下になると体に溜まりやすくなります。特に冬は湿度・気温共に下がってくるので注意が必要です。 部屋の湿度が上がれば、体内の静電気は自然と放出していきます。 加湿器をつけたり洗濯物を室内干しに変えたりして適度な湿度を保つことが、肌の乾燥対策と風邪予防だけでなく、静電気対策としても役立ちます。 ペットの近くをピンポイントで加湿したいときは、寝る場所やケージの近くに濡らしたタオルをかけておくだけでも効果があります

掃除・換気をこまめに

ハウスダストや細菌は、静電気に自然と引き寄せられて、ペットの体にくっついてしまいます。 ホコリを溜めないようにこまめな掃除、換気、空気清浄機を使うなどして部屋や空気を清潔に保ちましょう。 よく使うベットやブランケットなどもこまめに洗い、天日干しをすることも大切です。

飼い主さんの手の保湿も大事

飼い主さんがハンドクリームを塗るなど手の保湿をすることで、静電気は自然と放電されます。 飼い主さん自身の乾燥対策がペットにとっても良い影響を与えます。 また、ペットに触る前に、壁や机などの金属ではない素材のものを触ることで、穏やかに体内の静電気を逃せます**。

ペットの乾燥予防グッズ

ペット,犬,猫,静電気,対策,乾燥,冬 被毛が乾燥していると静電気が溜まりやすいため、ブラッシングの際に静電気防止効果のあるスプレーを使用することで、被毛を保湿させることができます。 保湿スプレー肉球クリームなども乾燥対策には効果的でしょう。シャンプーをした際はリンスもしっかり使うことで乾燥を防ぐことができます。 また、保湿効果があり、静電気を防ぐ洋服もあります。
iDog Botania ハイネックファータンク 保湿ツヤUP アイドッグ DM グリーン 犬 服 保湿
IDOG&ICAT
このように犬猫用の乾燥予防グッズはたくさんあるので、取り入れやすいものを試してみてください。

まとめ

ペット,犬,猫,静電気,対策,乾燥,冬 普段は静電気が起こってもあまり気にしない人が多いと思いますが、ペットにとっては皮膚トラブルや乾燥などのリスクが隠れています。 ペットのための静電気対策は、掃除をしたり部屋の湿度を上げたりと、一緒に暮らす家族にとってもメリットがあります。ペットの生活環境を改善することは、自らの生活環境を見直すきっかけにもなるのではないでしょうか? ぜひ、できる対策から始めてみてください。