【獣医師監修】風邪だけじゃない!猫のくしゃみや鼻汁で考えられる病気

くしゃみは動物にとって生理的に正常な反応で、健康な状態でも見られます。

しかし、くしゃみに鼻汁が伴ったり、明らかに普段よりも回数が多い場合には何か異常があると考えていいでしょう。多くは鼻の異常が考えられますが、外から見えない分、何が起こっているのか不安になる方も多いのではないでしょうか。

今回は猫のくしゃみ及び鼻汁で考えられる疾患について解説します。

くしゃみと逆くしゃみ

獣医師監修,猫,くしゃみ,逆くしゃみ,鼻汁,風邪,アレルギー,ウイルス
くしゃみとよく似た言葉に「逆くしゃみ」というものがあります。これは鼻から空気を連続して吸い込む呼吸のことです。通常のくしゃみは空気を吐き出しますが、逆くしゃみはくしゃみを吸い込むように見えることから、そう呼ばれています。

くしゃみも逆くしゃみも、健康なときでも見られることがあり、通常はすぐに治まります。しかし、なかなか治まらないときや、何度も繰り返すときは要注意です。咳との鑑別が難しいこともあるため、動画を撮っておくと動物病院を受診したときに役立つことがあります。

鼻汁の性質

獣医師監修,猫,くしゃみ,逆くしゃみ,鼻汁,風邪,アレルギー,ウイルス
鼻汁の色や性状(サラサラかネバネバかなど)を確認することで、治療法などが変わることがあります。具体的には、黄色い膿のような鼻汁のときには細菌感染が疑われるので抗菌薬を使うことになります。

鼻汁は性質によって以下のように分類されます。

漿液(しょうえき)性鼻汁

一般的に透明でサラサラの鼻汁を指します。

アレルギー性鼻炎、ウイルス性鼻炎の感染初期、循環血液量の過剰のいずれかが考えられ、基本的にこれらは両側性に発生します。

また、ウイルス性鼻炎では一週間以内に細菌感染を発症することが多いため、漿液性鼻汁から粘液性あるいは膿性鼻汁へと移行します。逆に、アレルギー性鼻炎では長期間漿液性鼻汁が続くことが多く、季節や環境によって症状にムラがあることが多いと言われています。

膿性鼻汁

最も一般的な原因は細菌性鼻炎ですが、通常はウイルス性、真菌性、寄生虫性の鼻炎、外傷、異物、腫瘍、歯牙疾患などから続発します。このうち両側性なのはウイルス性及びアレルギー性鼻炎で、他は片側性がほとんどです。

しかし、中には病状の進行とともに両側性に移行することもあります。

血様鼻汁

腫瘍、真菌性鼻炎、慢性経過の細菌性鼻炎、歯牙疾患、外傷、異物、出血性疾患が考えられます。

腫瘍が原因の場合には、経過とともに鼻梁部の腫脹などの顔面変形や眼球突出、神経症状などが見られるようになります。

くしゃみや鼻汁で考えられる疾患

獣医師監修,猫,くしゃみ,逆くしゃみ,鼻汁,風邪,アレルギー,ウイルス
猫のくしゃみや鼻汁は、ただの風邪と考えてしまいがちですが、放置してはいけない疾患が隠れている可能性もあります。自己判断せず、獣医師に相談しましょう。

上部気道感染症

【症状】
くしゃみ、鼻汁、眼脂、発熱、口内炎、歯肉炎、食欲不振など。
【原因】
猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫クラミジア、マイコプラズマなどの単独あるいは混合感染。これらは感染猫の唾液、鼻汁、眼脂などの分泌物から他の猫へ伝播する。
【備考】
すでに猫免疫不全ウイルス(FIV)や猫白血病ウイルス(FeLV)に感染していると重症化しやすいと言われている。ウイルスが原因となるものでは、混合ワクチンによって感染リスクや症状の重篤化を抑えることができる。

副鼻腔炎

【症状】
くしゃみ、鼻汁(膿性)、食欲不振など。悪化すると蓄膿症となる。
【原因】
鼻炎の慢性化。鼻炎は感染(ウイルス、細菌、真菌など)、腫瘍、異物が原因となることが多い。これらから細菌の二次感染が生じ、鼻甲介粘膜の肥厚が起こり、前頭洞内や副鼻腔内が細菌の繁殖しやすい環境となる。
【備考】
鼻炎の段階での適切な治療によって副鼻腔炎への進行を止める必要がある。内科治療だけでの完治は困難と言われており、外科的に貯留した膿汁を排出する必要があるとされている。

鼻咽頭ポリープ

【症状】
咳、いびき、くしゃみ、鼻汁、努力性呼吸、嚥下困難など。
【原因】
鼻咽頭に発生するポリープ。同腹の子猫に発生することもあるため、遺伝性疾患として示唆されている。
【備考】
ポリープから二次的な細菌感染が中耳や内耳に及ぶと、縮瞳、眼瞼下垂、第三眼瞼腺脱出などを呈することもある。

鼻腔内腫瘍

【症状】
くしゃみ、鼻汁、鼻出血、顔面の変形など。
【原因】
リンパ腫、腺癌、扁平上皮癌がほとんどで、まれに線維肉腫や骨肉腫が認められる。鼻腔内腫瘍のほとんどは悪性と言われている。
【備考】
治療は放射線療法や化学療法が用いられる。通院頻度やコストなど獣医師としっかり話し合って最適な治療法を模索していく。

歯周病

【症状】
口臭、歯石、歯肉の赤みや腫れ、食欲不振、くしゃみ、鼻汁、流涎(よだれ)など。
【原因】
歯垢や歯石の中に存在する細菌によって歯肉に炎症が起こる。
【備考】
猫の口腔内はアルカリ性で、歯垢が歯石に変化するスピードが人間よりも速いと言われている。デンタルケアによる日常の予防が非常に重要。

鼻腔内異物

【症状】
急なくしゃみ、逆くしゃみ、鼻汁、鼻出血など。
【原因】
雑草、植物の種、食べ物などが鼻の中に侵入することによる。
【備考】
鼻腔内異物によるくしゃみは突然急激に起こるため、慢性的にくしゃみが続くようなら別の疾患を疑う。

まとめ

獣医師監修,猫,くしゃみ,逆くしゃみ,鼻汁,風邪,アレルギー,ウイルス
普段から生理的に起こる徴候を見て、いつもと違うと判断するのは意外に難しいものです。異常を見つける目を、しっかりと養いたいですね。

何か気になることがあれば、まずは動物病院に相談しましょう。

【獣医師監修】呼吸器疾患以外も?猫の咳で考えられる病気とは

ヒトでも咳という症状は、病気の際に見られる非常にありふれた臨床徴候です。風邪を引いた時、唾液が気管に入ってしまった時、あるいは特に何もないのに咳払いをすることもあります。

では、猫における咳にはどんな意味があるのでしょうか。言葉で身体の不調を訴えることのできない猫にとって、それは気付いて欲しい何かのサインかもしれません。

今回は猫の咳で考えられる疾患について解説します。

「咳」と「くしゃみ」と「逆くしゃみ」

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
咳は体内に侵入してきたウイルスや異物を、体外へ排除するための生体防御反応としてはたらきます。さらに、気道の炎症や過敏反応などによって引き起こされる病的な咳もあります。

また、咳とよく似た症状として、くしゃみや逆くしゃみが挙げられます。

これらの症状における原因には一部共通するものもありますが、全く異なるものもあります。症状を正しく見分けることによって、診断をスムーズに行うことができます。

動画を撮る

とは言っても「咳とくしゃみは間違わないでしょ」と思う方もいるかもしれません。これが意外とわかりにくいものもあるのです。

そんな時は、咳をしている様子を動画に撮っておくといいでしょう。受診の際にはどんな時間帯に咳をしやすいのか、室温などの環境も合わせて獣医師に伝えると診断の助けになります。

呼吸器疾患

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
では、愛猫が咳をしている場合、考えられる原因は何でしょうか。

まず考えるべきは呼吸器の異常です。呼吸器は喉頭、気管、気管支、肺を指します。これらの炎症や腫瘍によって咳が発生します。

猫における咳の原因となる呼吸器疾患をまとめました。

猫喘息

【症状】
咳、呼吸困難、運動不耐性(疲れやすい)、チアノーゼ、開口呼吸など。
【原因】
刺激物やアレルゲンの吸入。考えられている病因は芳香剤、タバコの煙、ハウスダスト、掃除用洗剤、脱臭剤、スギ花粉などと言われているが、はっきりとはわかっていない。
【備考】
トイレを紙や砂にする、エアコンの清掃をするなどは試してみてもいいかもしれない。症状は軽度から命に危険が及ぶものまで様々。

肺腫瘍

【症状】
慢性の咳、呼吸困難、無気力、体重減少、発熱など。
【原因】
原発性肺腫瘍発症の関連因子については明確なものはわかっていない。しかし、タバコの煙などが関わっていると言われている。転移性肺腫瘍では甲状腺癌、乳腺癌、骨肉腫、血管肉腫、移行上皮癌、口腔および趾間部の悪性黒色腫、扁平上皮癌などからの発生が特に多い。
【備考】
原発性であれば外科手術による治療が行われるが、転移性の場合は予後は悪い。

鼻咽頭ポリープ

【症状】
咳、いびき、くしゃみ、鼻汁、努力性呼吸、嚥下困難など。
【原因】
鼻咽頭に発生するポリープ。同腹の子猫に発生することもあるため、遺伝性疾患として示唆されている。
【備考】
ポリープから二次的な細菌感染が中耳や内耳に及ぶと、縮瞳、眼瞼下垂、第三眼瞼腺脱出などを呈することもある。

呼吸器以外の疾患

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
原因は呼吸器に存在しないが近いところに病変が存在し、結果として気道を刺激して咳が生じることも少なくありません。頚部にある甲状腺や、胸部にある心臓の疾患などがそれにあたります。

これらの場合には咳以外の症状がないかもしっかりチェックし、血液検査などで異常値がないかも確認する必要があります。

肥大型心筋症

【症状】
嘔吐、食欲不振、肺水腫や胸水貯留による咳、呼吸困難など。血栓塞栓症を随伴した場合、塞栓部位によって多彩な症状が見られる。塞栓発生部位で多いのは腹大動脈遠位端で、この場合には両後肢の麻痺が見られる。
【原因】
メインクーンとアメリカンショートヘアでは遺伝性が確認されている。
【備考】
血栓形成がQOLを低下させるので、本症が診断されたら血栓形成予防も同時に行う必要がある。

犬糸状虫症(フィラリア症)

【症状】
咳、呼吸困難、嘔吐を主症状とする。ほとんど症状を示さずに急死することもある。
【原因】
蚊によって媒介される犬糸状虫の寄生による。これは心臓の肺動脈に寄生するが、三尖弁口部に移動することによる大静脈症候群(著しい循環不全と血管内溶血)が見られることもある。
【備考】
猫では犬と比較して少数の犬糸状虫成虫寄生でも発症する。ノミ・ダニの駆虫薬の中には犬糸状虫の駆虫もできるものもあるので利用する。

甲状腺機能亢進症

【症状】
体重減少、脱毛、嘔吐、下痢、多飲多尿、甲状腺の腫大(頚部圧迫による咳)、活動性の亢進など。
【原因】
ホルモン分泌能を維持した甲状腺の過形成および腺腫。一方で猫では甲状腺癌によるものは少ないとされている。
【備考】
高齢の猫における最も一般的な内分泌疾患とされる。良性の甲状腺腫大によるものが多いため、治療による予後は良い。

病気でない咳もある

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
咳の原因は必ずしも病気だけではありません。冷たい空気も気道の刺激になり得ますし、食後に喉を整えるために咳をすることもあります。

しかし、これらの咳は一過性であることが多く、繰り返し咳をする場合や、毎回同じタイミングで咳をする場合などにはやはり一度動物病院を受診しましょう。子猫が毎回食後に咳き込むなどの場合には口蓋裂の可能性も考えられます。

まとめ

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
咳はありふれた症状ではありますが、放置して良いものではありません。呼吸器の異常以外にも、甲状腺の異常や心疾患なども考えられます。

普段から愛猫の様子をよく観察しておき、いつもと違うことや心配なことがあれば動物病院に相談しましょう。

【クイズ】犬を飼うなら知っておきたい逆くしゃみとは?

愛犬が突然、苦しそうに呼吸をしていたらびっくりするでしょう。それ、犬の逆くしゃみかもしれません。初めて見たときに焦ってしまわないように、どのような症状が見られるのかを知っておくことが大切です。

本記事では、犬の逆くしゃみについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬の逆くしゃみクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 逆くしゃみの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ゴールデンレトリバーなどの大型犬でよく起こる」です。
逆くしゃみが多い犬種としては、トイ・プードル、パピヨン、ポメラニアン、チワワなどの小型犬や、パグやフレンチ・ブルドックなどの短頭犬種がいます。しかし、その他の犬種でも発現することがあります。

通常のくしゃみは鼻から激しく空気を出すものですが、逆くしゃみはその名の通り、鼻から空気を激しく、連続的に吸い込む状態のことをいいます。その際、「フゴーフゴー」「ブーブー」といった音を鳴らします。

くしゃみを吸っているように見えることから、英語では「Reverse(逆)Snooze(くしゃみ)」といい、日本では直訳で「逆くしゃみ」と呼ばれています。
Q.2 逆くしゃみの原因と症状について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「放置すると死に至ることがある」です。
逆くしゃみ自体は深刻な病気ではなく、苦しそうには見えますが数秒から1分ほどで収まり、発作が終われば何事もなかったかのように通常通りの呼吸に戻ります。

ダニ、分泌物、花粉、煙、アレルギー、匂いなどによる刺激が起きた時や興奮した時に現れるといわれていますが、明確な原因はわかっていません

食事の後、遊んでいる最中、家の中を歩いている時など、なんでもない日常の場面で突然起こるため、急に愛犬が苦しそうにしても落ち着いて対応しましょう。
Q.3 逆くしゃみと同じような症状を呈する病気はどれ?
正解です!
不正解です
正解は「気管虚脱」です。
犬の気管は通常は筒状ですが、これが扁平状に潰れて、呼吸が困難になってしまう病気を気管虚脱といいます。その症状のひとつに「ガーガー」と鳴る咳があり、逆くしゃみと似ています。

しかし、気管虚脱を放置すると命にかかわることがあるため、「逆くしゃみとはちょっと違う」と感じたら動物病院を受診しましょう。

小型犬でよく見られ、遺伝的要因に加え、肥満、首輪による締め付け、老化が原因とされています。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬が鼻をブーブー鳴らす!「逆くしゃみ」の症状と対処法
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

犬が鼻をブーブー鳴らす!「逆くしゃみ」の症状と対処法

犬が突然頭を前後に動かしながら、勢いよく息を吸い、「フゴーフゴー」あるいは「ブーブー」と鼻を鳴らして、呼吸が苦しそうになったことはありませんか? その症状、「逆くしゃみ」かもしれません。 上手に呼吸ができているのかどうか分からず、苦しそうに見えるので、初めて見た時は「このまま倒れてしまうかも…!」と焦りますよね。 今回は、この逆くしゃみについて詳しく見ていきます。

逆くしゃみとは?

犬、逆くしゃみ、発作、病気 「逆くしゃみ」は、「発作性呼吸」とも呼ばれています。 通常のくしゃみは、1回〜数回息を吸ってから、鼻から激しく空気を出すものですが、逆くしゃみはその名の通り、鼻から空気を激しく、連続的に吸い込む状態のことをいいます。 逆くしゃみは、何か病気の症状であったり、命を脅かすようなものではないため、さほど心配する必要はありません。人間でいうところの「しゃっくり」のようなものです。 くしゃみを吸っているように見えることから付けられた英名の「Reverse(逆)Snooze(くしゃみ)」から、「逆くしゃみ」と直訳されました。 逆くしゃみが多い犬種として、トイ・プードル、パピヨン、ポメラニアン、チワワなどの小型犬や、パグやフレンチ・ブルドックなどの短頭犬種がいますが、その他の犬種でも発現することがあります。

逆くしゃみの症状と原因

犬、逆くしゃみ、発作、病気

逆くしゃみの症状

逆くしゃみは、食事の後、遊んでいる最中、家の中を歩いている時など、なんでもない日常の場面で突然起こります。 鼻から勢いよく空気を吸い込むので、鼻の音が鳴り、頭を前後にしている様子は苦しそうに見えます。初めて目の当たりにした飼い主はもちろん、見慣れた人でも驚いて心配になってしまうものです。症状は数秒から1分ほどで収まり、発作が終われば何事もなかったかのように通常通りの呼吸に戻ります。

逆くしゃみの原因

逆くしゃみの原因は明確には特定されていませんが、鼻や喉の奥への何かしらの刺激が起きたときや、興奮したときに起こると言われています。 刺激の原因には、ダニ、分泌物、花粉、煙、アレルギー、匂いなどさまざまあり、特定の原因を突き止めるのは容易ではありません。 鼻腔が狭いパグやフレンチ・ブルドックは特に刺激の影響を受けやすいですが、先ほども述べた通り、それ以外の犬種でも起こる可能性があります。

逆くしゃみの対処法

犬、逆くしゃみ、発作、病気 病気ではないとわかっていても、毎日のように逆くしゃみをする犬を見ていると、なんとかしてあげたいと思うはず。 原因の特定は難しいながらも、犬が逆くしゃみをするパターンが分かれば何らかの対策ができるかもしれません。 例えば、状況に応じて次のような方法を試してみれば、逆くしゃみの回数を減らせるかもしれません。
①特定のおもちゃや場所で運動をした後に発作が起きるなら、おもちゃや遊ぶ場所、遊び方などを変えてみる。 ②ある部屋に入るとよく発作が起きるなら、ダニや埃が影響しないように、こまめに換気や掃除をしてみる。
また、鼻に息を吹きかけると止まることが多いようです。 発作が頻繁かつ慢性的な場合は、獣医師の指導の元、アレルギーに対する抗ヒスタミン薬やダニに対する抗寄生虫薬などの治療が必要な場合もあります。逆くしゃみとわかっていても気になる場合は、獣医師に相談しましょう。

逆くしゃみに症状が近い他の病気

犬、逆くしゃみ、発作、病気 逆くしゃみであればそこまで心配する必要はありませんが、逆くしゃみと思いこんで、他の重大な病気を見逃してしまうこともあります。 自分の犬の症状が本当に逆くしゃみなのかを確かめるため、youtubeなどで「犬 逆くしゃみ」と検索して、他のワンちゃんの逆くしゃみがどのようものか実際に見てみましょう。 それでも犬種による違いなど、わかりづらい場合もあります。動画で確信できない場合には、一度犬が発作を起こしているところをビデオで撮影した上で、かかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。動画の撮影は、すぐに症状を特定できるため、大変メリットがあります。 逆くしゃみだと思っていたものが、もしかしたら次のような病気のサインである可能性もあります。
  • 気管虚脱
  • 心臓病や肺の病気による咳(喉に引っかかったものを出すようなカッカッというもの)
  • 鼻炎などによる本当のくしゃみ

気管虚脱には注意

気管虚脱は小型犬に多い病気です。犬の気管は通常は筒状ですが、これが扁平状に潰れて、呼吸が困難になってしまう病気です。 遺伝的要因に加え、肥満、首輪による締め付け、老化が原因とされています。 症状の1つである「ガーガー」という咳が逆くしゃみと似ているので、勘違いしないように注意しましょう。 以前、呼吸器系に問題があったことがある犬や、体調が悪そうな場合には、早めに獣医師さんにかかることをお勧めします。

まとめ

犬、逆くしゃみ、発作、病気 様々な原因で起こる逆くしゃみは病気ではないので、過度な心配は必要ありません。 原因となりうるものを取り除くために、風通しの良い新鮮な空気の場所でワンちゃんを過ごさせる心がけも大切ですね。 逆くしゃみかどうかを自分で判断するのは難しく、もしかしたら他の重大な病気が潜んでいる可能性もあるので、少しでも不安を感じたら早めに動物病院で診てもらいましょう。