放置されたフンのDNAで犬の飼い主を特定?イタリア他、各国の対策

街中で愛犬と散歩を楽しむ飼い主さんが増える一方で、道端に放置された犬のフンを目にしたことのある人も少なくないでしょう。

放置された犬のフンは不快なだけでなく、衛生的にも問題があります。犬を飼う以上は、他の人に迷惑をかけないようにしなければいけません。

今回は、イタリアで始まったDNAによる飼い主の特定について解説し、世界各国の取り組みについてご紹介します。

放置されたフンから飼い主を特定する

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
この度、イタリアの複数の都市で、放置された犬のフンをDNA解析し、犬の飼い主を特定するプロジェクトが開始されました。

まず、飼い主に愛犬のDNAを事前に登録することを義務付けます。そして、放置された犬のフンのDNAを解析して飼い主を特定します。

飼い主が特定できた場合、罰金として50~500ユーロ(約8000~8万円)が科されます。また、DNA登録を拒否した場合も最大1000ユーロの罰金が命じられます。DNA登録は3月下旬頃から義務化されるとのことです。

すでに導入している国もある

同様のプロジェクトは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペインなどの一部地域でもすでに行われており、一定の効果が出ることもわかっています。実際、半年前に旅行先で放置したフンのDNAが解析され、罰金の通知が来たことがニュースで取り上げられており、このことからも有効性がわかるでしょう。

もしかしたら近い将来、日本でも同様のプロジェクトが始まるかもしれません。

日本で犬のフンを放置したらどうなる?

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
普通に道を歩いているだけでも、放置されたフンを見かけることがありますが、日本ではどのような罰則があるかご存じでしょうか。

廃棄物処理法違反

犬のフンは廃棄物処理法第2条により「廃棄物」に該当します。さらに、廃棄物処理法第16条には、以下のように書かれています。

何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。

違反者には5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金が科されることがあります。

軽犯罪法違反

軽犯罪法第1条27では、罰則対象になるものを以下のように規定しています。

公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物又は廃物を棄てた者

犬のフンは、軽犯罪法が定める「その他の汚物」とみなされるため、犬のフンを放置した場合、罰則が課せられるケースがあります。

条例違反

犬のフン放置について、さまざまな自治体の条例により規制されています。しかし、その内容はまちまちで、罰金などの罰則が定められているところもあれば、指導や勧告程度の場合もあります。お住まいの地域ではどのような罰則があるかぜひ調べてみてください。

世界のフン放置の対策

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
犬のフン放置問題は、日本だけでなく世界中で悩みの種となっています。フンの放置に罰金を科している国や地域も多いですが、他にもさまざまな方法で道端や草むらに放置されたフンをなくす取り組みが行われています。

日本

日本では、京都府宇治市が始めたイエローチョーク作戦を多くの自治体で導入しています。

イエローチョーク作戦では、放置された犬のふんを黄色いチョークで丸く囲み、発見した日付と時間を書きます。こうすることで飼い主に迷惑していることを知らせ、マナー向上を目指します。

言ってしまえば相互監視のようになってしまいますが、「誰かに見られていることを知らせる」ことでフン放置を予防しています。何とも日本らしい取り組みですね。

オランダ

オランダでは、地元のトゥウェンテ大学の協力を得て、放置された犬のフンをドローンを使って上空から検知し、位置情報や画像を地上のドローンに送りフンを回収する仕組みを開発しました。このシステムでは、周辺の温度との違いによりフンを検知しているため、時間の経ったフンは見つけられません。

放置されているフンを物理的に除去するシステムのため、フンの放置の抑制にはなりませんが、放置するのが当たり前になってしまっている人たちの行動を変えるよりも、放置されたフンを効率的に回収する方が良いという考えのもとで考案されました。

実用化はまだされていませんが、今後に期待したいですね。

イギリス、ドイツ、スイスなど

日本ではあまり馴染みはありませんが、海外の公園や道端には犬のフンを捨てる専用のゴミ箱を見かけることがあります。ゴミ箱を設置することで、家に犬のフンを持ち帰る必要がなくなり、放置を減らそうという取り組みです。

アメリカ

アメリカ・ニューヨーク市でも犬のフンの放置は条例によって禁止されているものの、実際には違反者の取り締まりはほとんど行われず、実質的に野放し状態になっていました。

そこで、2022年からは市の衛生局や警察などにより取り締まりを強化しているようです。古典的な方法ではありますが、人の目があるだけで抑止力になるのでしょう。

最後に

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
犬のフン放置の問題は多くの人が不快に思っている一方で、飼い主を突き止めるのが難しく、罰金などの制度があっても野放しになっていることが多いのが現状です。

一部の非常識な飼い主のせいで、多くの飼い主が肩身の狭い思いをしていることも事実です。犬を飼う場合は、このような当たり前のこともしっかりできるか、考える必要があります。

今回イタリアで始まったDNAプロジェクトは、他の国や地域などでも一定の効果が出ていることがわかっています。しかし、罰金を払うのが嫌だから放置するのをやめるのではなく、飼い主の当然のマナーとしてフンの放置をしないようにしていきたいですね。

犬の自転車散歩はリスクがたくさん!!道路交通法違反になることも

飼い主さんが自転車に乗った状態で愛犬を散歩させている「自転車散歩」を見かけることがあります。一見、犬はたくさん走れ、人はラクができるため良さそうにも見えますが、実際はリスクが多く、おすすめはできません。むしろやめてほしい散歩方法です。

また、この散歩方法は道路交通法にも違反しているとみなされる可能性もあります。

今回は、犬の自転車散歩の危険性について解説していきます。

自転車散歩の危険性

犬,自転車,違反,危険,道路交通法
自転車での散歩は犬にとって多くの危険があり、通常の散歩よりも事故の可能性は高くなります。また、愛犬も自転車の存在が怖かったり、自転車を気にしながら歩いたり走ることになり、散歩を純粋に楽しめないという大きなデメリットもあります。

危険性①自転車に巻き込まれる

愛犬が自転車に寄ってきたり、自転車が何かをよけた際に、愛犬が自転車の車輪に巻き込まれる可能性があります。特にスピードが出ている時に、咄嗟によけたり止まったりするときに起こりやすいでしょう。

危険性②ひかれる

愛犬が車や自転車にがひかれてしまうことも考えられます。

自転車に乗っていると、人も自転車の操作に意識を向けながらの散歩になるため、愛犬の安全管理がおろそかになります。何かの拍子に愛犬が車や自転車に近づき、ぶつかったりひかれてしまうかもしれません。

また、飼い主さんが周囲に注意を向けるあまり、愛犬をひいてしまうこともあり得るでしょう。逆に愛犬に意識が向いて通行人や他の車、自転車にぶつかる可能性もあります。

危険性③自転車の下敷きになる

愛犬が思い切り引っ張る、走っていた愛犬が急に止まる、進行方向以外に進むなど、愛犬の動きによってハンドルが取られ自転車が転倒することもあります。転倒した際に愛犬が転倒した自転車の下敷きになってしまうことも考えられます。

危険性④愛犬の変化に気付けない

自転車散歩はある程度のスピード出るため、愛犬をじっくり見る機会が減り、愛犬の異変に気付きにくくなります。具合が悪そうであったり、脚を引きずっていたりしても気付けずに、対処が遅れてしまうかもしれません。

気温が高い時期に日向を走らせすぎると、熱中症のリスクも上がり危険です。

危険性⑤脱走する

走っている時に急に愛犬が止まった場合、急には止まれない自転車に引きずられてしまいます。それに伴い肉球が傷つく、脚をひねるといったケガや、首輪が抜けて脱走するといったリスクが考えられます。

自転車散歩は違反!

犬,自転車,違反,危険,道路交通法
自転車に乗ったまま愛犬を散歩させることは各地域で定められる道路交通規則に違反しており、懲役や罰金の対象となることがあります。

東京都道路交通規則の第8条第1項第3号には、以下のように記載されており、物を持つことで片手運転になったり、犬に引っ張られて操作上の安定を失うことになるため違反になります。なお、大阪府等、別の地域の道路交通規則にも同様の記載はあります。

「傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。」

違反した場合は、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金、もしくは15万円以下の罰金に処するとされています。さらに、自転車散歩で他人に怪我をさせた場合は賠償責任に問われることもあります。

参考: 警視庁HPより

自転車のカゴに犬を乗せるのは違反?

犬,自転車,違反,危険,道路交通法
乗せ方によっては道路交通法違反になることがあります。道路交通法そのものにペットをカゴに乗せて走行してはいけないと明文化されているわけではありませんが、運転時の安全が確保されていることが重要です。

道路交通法第70条に安全運転の義務として、

「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。」

という記載があります。犬が自転車のカゴから飛び出たり、ハンドル操作が妨げられるような可能性がある乗せ方をすると違反とみなされる可能性があります。

参考: 警察庁HPより

違反にならないためには

犬が飛び出ないよう、犬用バッグなどに入れた状態で自転車カゴに乗せるのが望ましいでしょう。愛犬の大きさも考慮が必要です。愛犬が大きい場合にはバッグに入っていても突然暴れた場合にハンドルを取られかねません。愛犬が激しく動いたとしても問題ないかをしっかり見極めましょう。

最近では犬を乗せることを前提とし、犬用のカバンが付いた前カゴの大きい自転車もあるようです。愛犬のサイズも考慮しながらぜひ検討してみてください。

犬は自転車カゴ移動が快適?

自転車カゴに乗せて走行することは愛犬にとっては恐怖を伴うこともあり、望ましい移動手段かは微妙なところです。

スピードを出しすぎない、蛇行運転をしない、舗装されていない道は走らない、などの配慮が必要でしょう。何より愛犬が怖がっていないかをチェックし、愛犬にとって適切な移動手段をとることをおすすめします。

たくさん走らせたいなら

犬,自転車,違反,危険,道路交通法

愛犬をたくさん走らせることを目的に自転車を使って散歩をしている場合は、別の方法で安全に走れる環境を用意しましょう。

一番手軽にできるのはロングリードを使用した散歩です。公園など広い場所でロングリードに付け替え、思い切り走らせてあげましょう。ロングリードでおもちゃの持ってこい遊びなどをすると、さらに楽しめるかもしれません。

ただし、ロングリードの使用時は、歩行者、自転車、他の犬などへの配慮や安全管理が大切です。他人に迷惑をかけないよう、周囲の状況も確認しながら使用しましょう。

まとめ

犬,自転車,違反,危険,道路交通法

今でも見かけることのある自転車散歩は、危険が多く、絶対にやってほしくない散歩方法です。また、自転車のカゴに愛犬を乗せるのも必ずしも良いとは限りません。愛犬にとって安全で安心して移動できる手段が何かを考えてみましょう。

犬は小型犬であったとしても、健康な子は毎日の散歩が必要です。もし、犬を迎える前から散歩は自転車で行き、人側の散歩の負担を少しでも減らそうと考えている方がいらっしゃれば、そもそも犬を迎えないという選択をおすすめします。