柴犬?オオカミ?オーストラリアに生息するディンゴとは

オーストラリアに生息しているディンゴという動物を知っていますか?日本ではあまり馴染みのない動物ですが、柴犬のような見た目をしており、何も知らなければ犬と言われても疑うこともないでしょう。

今回は、ディンゴという動物の生態とディンゴが抱える問題についてご紹介していきます。

ディンゴとは

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
ディンゴはオーストラリアとその周辺に生息する野生動物です。食肉目イヌ科に分類され、柴犬によく似た外見をしています。

ディンゴは8300年ほど前にインドネシアで飼われていた犬を起源とし、4000〜8000年ほど前に人間の手によってオーストラリアに運ばれました。

原住民のアボリジニの狩猟を手伝いながら一緒に暮らしつつ、次第に野生化していき、オーストラリア内陸部に広がると、さまざまな地域で異なる外見や行動を示すようになりました。

その後、オーストラリアでの個体数が増え、他の地域では見られなくなったことから、現在はオーストラリアの固有種として考えられています。

ディンゴの特徴

オーストラリア全域に生息するディンゴは、その生息地によって毛色や体の大きさは多少異なります。しかし、一般的なディンゴの体長は100cmほど、体重は10〜15kgほどです。体の大きさの割にスマートで、筋肉質な体つきをしています。

オオカミの性質をもつため、獰猛で、基本的に人間には懐かないとされ、単独、または10頭ほどの群れで生活しています。

ディンゴはイエイヌの仲間ではない

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
これまでディンゴは「野生化した犬」だと考えられてきました。しかし、実際には、人に飼い慣らされたイエイヌが野生化によって別の種になるという複雑な過程を辿っていることが判明しました。

遺伝子解析

2014年に行われた遺伝子解析の結果では、ディンゴはイエイヌとは異なる固有種であることがわかっています。

この研究では、1頭のディンゴと、5犬種(ボクサー、ジャーマンシェパードドッグ、バセンジー、グレートデーン、ラブラドールレトリバー)、グリーンランドオオカミのゲノムを比較しました。その結果、どの種ともゲノムの構造が異なり、また、グリーンランドオオカミよりも犬のほうがより近いこともわかりました。

参考:https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abm5944

ディンゴによる被害

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
ディンゴは羊などの家畜を襲い、毎年多くの金銭的な被害を出しています。1885年には牧羊が盛んなオーストラリア南東部に全長5614kmのフェンスを設けて家畜を保護してきたものの、その影響でディンゴの捕食から逃れた野生のカンガルーや野ウサギが増え、農作物への被害も深刻になっています。

かつてオーストラリアには、ディンゴの他にフクロオオカミやタスマニアデビルといった肉食獣も生息していましたが、圧倒的な勢力を誇ったディンゴがオーストラリアにおける生態系のトップに君臨しました。その結果、食性が競合する両者はオーストラリア本土から絶滅し、タスマニアデビルは現在もタスマニア島に生息しているものの、フクロオオカミを絶滅させる一因となってしまいました。

一方で、増え過ぎたキツネやカンガルーの数を抑制し生態系の安定に不可欠であるという考え方もあり、議論が続けられています。

人を襲うこともある

ディンゴはもともと警戒心の強い動物で、人に懐くことはありません。

しかし、オーストラリア東部に位置するフレーザー島では、多くのディンゴが生息しており、長らく人と交流があるためあまり人を警戒しません。もちろん、人を警戒しないからといって凶暴な性格は変わりませんが、犬のようなかわいらしい見た目をしているため、観光客が近づいたり餌を与えたりしてしまうことがあります。

その結果、フレーザー島ではディンゴによる事件が多発しており、2001年には9歳児が襲撃されて死亡するという事件も起こっています。

SNSなどではディンゴに近づいて撮影された写真も多くアップされていますが、相手は野生のオオカミだと考え安易に近づかないことが大切です。

純血のディンゴが減少?

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
イエイヌとは遺伝子的には異なる生物であるものの、近い遺伝子をもつ両者は交配して子孫を残すことが可能です。そのため、イエイヌとの交配(ディンゴ・ハイブリッド)が進み、純血種は絶滅の危機に瀕していると考えられてきました。

しかし、2023年に発表された研究によると、ビクトリア州では87.1%、イエイヌとのハイブリッドが多いと考えられていたニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州では59%が純血種種であることがわかりました。

今まで考えられていたよりも純血種が多いという結果が出たものの、純血のディンゴを守るためにどうすれば良いか考えていく必要があります。

最後に

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
オーストラリアに生息するディンゴは、柴犬そっくりで、大変かわいらしい見た目をしています。しかし、ディンゴは獰猛で人や家畜に危害を与える恐れがあるため、安易に近づかないことが大切です。

遺伝的に近い生き物であるイエイヌとの交配が進み、純血種が減少しつつあります。種を守るために私たちに何ができるかを考えていかなければいけません。

オオカミに近い犬種ランキングTOP14を発表!一位は身近なあの犬

大規模な遺伝子解析研究の結果、犬の祖先はオオカミであることがわかっていますが、オオカミからいつ、どのように犬になったかは、未だ解明されていません。

しかし、どういった犬種が遺伝子的にオオカミ近いかは研究により判明しています。そこで今回は、オオカミに近い遺伝子をもつ犬種をランキング形式でご紹介していきます。

犬が持つ4つの遺伝的な要素

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
2004年に科学誌『サイエンス』にて、アメリカの研究チームによる85犬種のDNA分析結果が発表されました。
全ての犬は次の4つの遺伝的特徴を持っていますが、犬種によりその比率が異なるため、様々な特徴が現れていると考えられています。

1.WOLFLIKE(ウルフライク)

古くから存在しており、オオカミに最も高い類似性を持つDNAです。

2.HERDERS(ハーダー)

群れをなす習性がある、牧羊犬タイプの犬種に多いDNAです。

3.HUNTERS(ハンター)

狩りをする特性を持つ犬種に多いDNAです。猟犬の大部分がこの特性を多く持ちます。

4.MASTIFFLIKE(マスティフライク)

筋肉質で力が強く、戦闘的な犬種が持つDNAです。軍用犬や警察犬に向いているとされます。

オオカミに近い遺伝子を持つ14の犬種

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
先述した4つの遺伝的要素のうち、ウルフライクの割合が高いほどオオカミに近い犬種だとされています。
それでは、ウルフライクの割合が高い犬をランキング形式で見ていきましょう。

オオカミに近い遺伝子を持つ犬ランキング

順位 犬種 原産国・地域
1位 柴犬 日本
2位 チャウ・チャウ 中国
3位 秋田犬 日本
4位 アラスカン・マラミュート アメリカ
5位 バセンジー 中央アフリカ
6位 シャー・ペイ 中国
7位 シベリアン・ハスキー アメリカ
8位 アフガン・ハウンド アフガニスタン
9位 サルーキ 中東
10位 チベタン・テリア チベット(中国)
11位 ラサ・アプソ チベット(中国)
12位 サモエド ロシア北部及びシベリア
13位 ペキニーズ 中国
14位 シー・ズー チベット(中国)

※シベリアン・ハスキーについては、ロシア原産とされることもありますが、今回はジャパン・ケネル・クラブ(JKC)の犬種情報に合わせてアメリカ原産としています。

このランキングの中でも、上位4犬種は特にオオカミに近い遺伝子を持つとされています。

かつてのDNA解析の研究では、上位9種だけがオオカミに近い犬種とされていました。その後、より精度の高い「ストラクチャー解析」により、10~14位の犬種もオオカミに近い犬種に加わります。

その結果、東アジア原産の犬種がよりオオカミに近い遺伝子を持つことが分かり、イヌの起源が東アジアであるという説も提唱されています。

性格的に似ている!東アジアの犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】左上:柴犬(1位)、右上:チャウ・チャウ(2位)、左下:秋田犬(3位)、右下:シャー・ペイ(6位)

1位が柴犬だった結果に驚いたかもしれませんが、柴犬や秋田犬は精悍な顔立ちですのでオオカミに近いのもうなずけます。
一方で、チャウ・チャウやシャー・ペイは独特の風貌で、オオカミに近い容姿とは言えず、意外な結果でした。

性格的には、この4犬種ともに独立心や警戒心を強く持つ傾向があるのですが、その性格こそがオオカミに近い原始的な犬の特徴を表すものなのだそうです。

また、この研究では日本犬は柴犬と秋田犬のみが対象であったため、他の日本犬も解析されればオオカミに近い遺伝子を持っている可能性があるかもしれません。

見た目は似ている!北極圏周辺の地域の犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】左上:アラスカン・マラミュート(4位)、右上:シベリアン・ハスキー(7位)、下:サモエド(12位)

アラスカン・マラミュートやシベリアン・ハスキーは、かなりオオカミに近い容姿をしているので、ランクインするのも納得できます。

性格的には、3犬種ともに穏やかで、優しく、フレンドリーな傾向があり、先ほどの東アジアの犬たちとは対照的な点です。

ちょっと意外な中東・アフリカ地域の犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】上:バセンジー(5位)、左下:アフガン・ハウンド(8位)、右下:サルーキ(9位)

「吠えない犬」として知られるバセンジー。容姿は日本犬のような原始的な犬の特徴があります。
アフガン・ハウンドとサルーキは、よく似た外見をしていますが、オオカミとは全く異なります。

どちらも「視覚ハウンド(サイトハウンド)」と呼ばれる同じグループに属しており、猟犬の中でも特に視力が優れていて、獲物を追うために素早く走れる能力を持つという特徴があります。

性格は3犬種とも落ち着きがあるタイプで、独立心に富み、頑固でマイペースな傾向があります。

ウルフライク!?東アジアの愛玩犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】左上:チベタン・テリア(10位)、右上:ラサ・アプソ(11位)、左下:ペキニーズ(13位)、右下:シー・ズー(14位)

中国、チベットの愛玩犬たちがランクインしていますが、どの犬も小型~中型犬で可愛らしさがあり、とてもオオカミに近いとは言えない外見をしています。

性格として、この4犬種に共通する特徴はあまりありませんが、強いて言うならば、ランキング上位の犬種の方が、警戒心が強く、吠える傾向があり、下にいく程それらが弱まる傾向が見られます。

まとめ

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
近年の研究によると、ヨーロッパ原産の犬種は全て同一の祖先を持つとされ、それらと違う系統に今回ご紹介したようなオオカミに近い遺伝子を持つ犬種がいます。

一説には、犬の祖先がオオカミから分かれた後、東アジアの系統に分かれ、次にバセンジーのようなアフリカの系統に分かれ、北極圏周辺の系統、中東の系統からヨーロッパへと分かれていき、今に至ったと言われています。

この辺りの歴史は、まだまだ定かではありませんが、今後研究が進むことで犬の起源の謎を解明して欲しいですね。

成長とともに毛の色が変わる!猫の毛色が変化する5つの理由とは

猫は成長するにつれて、毛の色が変化するのをご存知ですか?
「うちの子は仔猫のときに比べて毛色や模様が変わった」と実感している猫飼いの方も多いと思います。

「毛の色の変化」というと「白髪」を想像するかもしれませんが、それ以外にも様々な理由があります。

今回は、猫の毛色が変化する理由をご紹介します。

猫の毛の色が変わる理由①「老化現象」

猫,毛色,変化,成長
猫は人間と同様、老化によって白髪が生えることがあります。

毛を着色しているのは、メラニン色素と呼ばれる色素細胞で、加齢と共にメラニンの機能が衰えることで白髪になることがあります。
「若白髪」というように、若いうちから白髪が生える猫も稀に存在し、白髪が増えるタイミングは猫によって様々です。

猫の白髪は、口、目、耳の周りなどに部分的に生えることが多いと言われていますが、全体的に被毛の色が薄い色に変化することもあります。

老化により毛の色が変わる際に注意したいこと

老化によって毛色が変化した際は、被毛がごわつく、フケや乾燥など皮膚・被毛トラブルなども起きやすくなっている可能性があります。

対策として、毎日ブラッシングをすることで、新しい毛への生え変わりを促進することができます。また、保湿剤被毛の健康のためのサプリメントなどもおすすめです。

オーアールピー(ORP)
¥1,760 (2024/05/21 08:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

ハッピーペット
¥513 (2024/05/21 08:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

猫の毛の色が変わる理由②「遺伝子の組み合わせ」

猫,毛色,変化,成長
猫の毛色や模様に関する「遺伝子座」は9種類あり、遺伝子の優性・劣性の組み合わせにより決まります。そのため、受け継いだ遺伝子によって、成長に伴う色の変化が起こります。

これは、仔猫の時に抑えられてた色味や柄の遺伝子が、成猫になってから発現するということを意味しています。

猫の毛色の変化の例

よくある色の変化として、以下が挙げられます。

  • 白→クリーム、茶色
  • 黒→茶色
  • オレンジと白→オレンジ
  • 灰色→黒

猫の毛の色がこんなにも変わるのは、成長と共に変化する遺伝子の発現が関わっています。

猫の毛の色が変わる理由③「紫外線」

猫,毛色,変化,成長
日向ぼっこが大好きな猫ですが、太陽の光をたくさん浴び続けると、紫外線の影響で毛の色が薄く変化し、毛が日焼けのような状態になることがあります。黒い色の猫が赤っぽく変化することもあるそうです。

なお、白色など被毛の色素が薄い猫は、紫外線の影響で日光性皮膚炎という皮膚の炎症を起こすことがありますので注意してください。

猫の毛の色が変わる理由④「温度による変化」

猫,毛色,変化,成長
成長や加齢とは別に、温度の変化が毛の色に影響する猫種もいます。

気温が高い夏には薄く白っぽく、気温が低い冬は濃く黒っぽくなり、シャム猫などが代表として挙げられます。

また、このような猫では、体温の高い仔猫では白っぽく、体温の低い老猫では黒っぽくなるため、見た目も大きく変化することが多いです。

猫の毛の色が変わる理由⑤「栄養不足」

猫,毛色,変化,成長
被毛の健康を保つためには、たくさんの栄養素をバランスよく摂取する必要があります。
特に、オメガ3とオメガ6という必須脂肪酸が不足してしまうと、艶がなく、くすんだ被毛になってしまいます。これが色が変わったように見えてしまう原因です。

完全栄養食のキャットフードを食べていれば、栄養不足になることは考えにくいですが、栄養の吸収度や体質は猫によって様々なので、注意が必要です。

成長による猫の体のその他の変化

猫,毛色,変化,成長
毛の色の他に、成長による猫の体の変化はいくつかあります。

1.目の色の変化

仔猫は種類に関わらず皆、生まれたばかりの頃は青い目をしています。これは「キトンブルー(Kitten Blue)」と呼ばれます。

仔猫の目は、虹彩のメラニン色素が極端に少ないため青く見えます。青色には個体差があり、真っ青な色もあれば、灰色がかった青色もあります。
大体生後2〜3ヶ月を過ぎると、メラニン色素がついてきてそれぞれの色へと変化してきます。

変化後の猫の目の色

成長した後、猫の目の色は大きく以下の5つに分けることができます。

  • ブルー
  • グリーン
  • ヘーゼル(薄めのブラウン、中心からグラデーションあり)
  • アンバー(琥珀色)
  • カッパー(褐色、銅)

上記の他にも、珍しい色としてレッドやオッドアイがあります。

2.毛質の変化

年齢と共に、毛質にもパサく、ツヤがなくなる、硬くなるなどの変化が見られます。

毛質が変化する原因は老化以外にも、栄養不足グルーミング不足が挙げられます。毎日触れ合いケアをすることで、愛猫の毛質の変化を見逃さないようにしましょう。

3.鼻の色の変化

成長するに従って、鼻の色も変化することがあります。黒からピンクになったり、ピンクから茶色になったりします。
老化による色素沈着が原因で、色が変化することもあるようです。

まとめ

猫,毛色,変化,成長
猫の毛色の変化には、様々な理由があることをご紹介しました。

毛色の変化には遺伝的要素や個体差があるので、この色はこの色に変わるとはっきりしたことは言えません。その分、愛猫ごとの個性が発揮される部分でもあります。

成長とともに変化するかもしれない、愛猫の毛の色。成長と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?