騒音トラブル回避術!集合住宅でペットを飼う人が対策すべきポイント

ペット可の物件に住んでいる方々は、「音の問題」は気になりますか?ペットの騒音が原因で隣人から注意されたり、迷惑をかけているのではないかと心配になる方もいるでしょう。特に集合住宅では、隣人との距離が近いため、騒音問題が深刻になる可能性があります。

この記事では、集合住宅で暮らす方々に向けて、ペットと楽しい生活を送りつつ、騒音トラブルを予防する方法をご紹介します。

飼い主が最も悩む騒音トラブル

トラブル,ペット,商品紹介,対策,足音,隣人,集合住宅,騒音,鳴き声

集合住宅でペットを飼う場合、最も飼い主が悩むのが「騒音問題」です。以下は賃貸住宅の場合のアンケートですが、約3割の人が騒音トラブルに不安を感じていることが明らかになっています。

(引用元:【賃貸でペットを飼っている人への意識調査】男女413人アンケート | 訳あり物件買取ナビ by AlbaLink

ペットの「音」で不安に感じていることは?

トラブル,ペット,商品紹介,対策,足音,隣人,集合住宅,騒音,鳴き声

集合住宅でペットを飼う人が音に関して不安を感じることや、実際に起きたトラブルの事例はさまざまですが、以下のような点が多く挙げられています。

足音・着地音

ペットの足音が階下に響くことがあります。特に猫の高い場所からの着地音や、活発な犬が遊んでいる時の足音などは、階下に案外大きく聞こえているかもしれません。

夜間の音

同じ鳴き声でも、昼間と夜間では聞く側の感じ方が違います。そのため、多くの人が寝静まり、屋外の音も少ない夜間は、特に注意が必要です。また、ペットが爪とぎをする音や回し車で遊ぶ音など、普段は聞こえないような音も、夜間は案外大きく聞こえるのだそうです。

鳴き声

ペットの鳴き声は隣人とのトラブルとして一番多く耳にします。また、自分が不在の時にペットが鳴いていないか気になるという意見もあります。

ペットの鳴き声を身近な音に例えると・・・

個体差や鳴き方による大きさの違いはありますが、猫の鳴き声は約75dBです。これは、掃除機や地下鉄の車内の音、電話のベルの音などに相当します。

犬は犬種によって大きく違いますが、約90dB~100dBと言われています。騒がしい工場の中や電車が通る時のガード下の音に相当するので、かなりの騒音だと言えます。

ちなみに、ニワトリの「コケコッコー」という鳴き声も約100dBあると言われています。

いずれにせよ、ペットの鳴き声は近隣住民にとって、相当なストレスになる可能性があります。トラブルを避けるためにも鳴き声には最大限の注意が必要だと言えるでしょう。

物件を選ぶ時の対策

トラブル,ペット,商品紹介,対策,足音,隣人,集合住宅,騒音,鳴き声

これから物件を選ぶという段階であれば、できるだけ防音性の高い物件を選びましょう。一般的には「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」の順に防音性が向上します。ペット可の物件の中には、防音性を高めている構造の部屋もありますので、気になる場合は不動産会社を通して確認してみましょう。

内見時にも防音性をチェックできる方法が2つあります。1つ目は「部屋の真ん中で手を叩く」ことです。叩いた手の音がきちんと返ってくる場合には、室内の壁できちんと遮断されていると判断できます。一方、音が返ってこない場合は音が外部へ漏れてしまっている可能性があり、防音性は低いかもしれません。

2つ目は「四方の壁を軽くコンコンと叩く」ことです。固く詰まったような音がすれば防音性が高く、高く響くような音がすれば防音性が低いと判断できます。

集合住宅に住んでいる場合の対策

トラブル,ペット,商品紹介,対策,足音,隣人,集合住宅,騒音,鳴き声

既に集合住宅に住んでいる方の場合は、それぞれの場所に合った防音対策を取りましょう。もちろん、「犬の吠え癖」などは、きちんとしたしつけも同時に行ってください。

壁の防音対策

壁の防音対策としては、市販されている「吸音材のパネル」や「遮音材のシート」などを利用する方法があります。また、本棚やタンスなどの背の高い家具を隣室に接した壁に配置することで、防音性を高めることもできます。

床の防音対策

床がフローリングの場合は、防音の点でも、ペットの足のケガを防止する点でも、「カーペット」などを敷くことをおすすめします。ジャンプや飛び降りをするペットで、特に足音が気になる場合は「防音シート」の上にカーペットを敷くという方法もあります。

窓の防音対策

窓からもペットの騒音が響く場合があります。「防音カーテン」や「遮音カーテン」はペットの音が外に漏れにくくなる上に、外からの音も室内に聞こえにくくなるため、音に敏感なペットの場合はストレス軽減の効果も期待できます。

飼い主の不在時の対策

自分が不在にしている時に、ペットが鳴いているのではないかと不安に思う方も多いようです。ペットの見守りカメラの中には、鳴き声を検知して飼い主のスマホに通知できたり、遠隔操作でおやつを与えられる機能付きのタイプもありますので、そういったグッズを有効に利用しましょう。

※ペットカメラについては、こちらの記事もご覧ください。

全自動で見守る!Furboの新しいドッグシッター機能を使ってみた
https://cheriee.jp/dogs/goods-dogs/21353/

まとめ

トラブル,ペット,商品紹介,対策,足音,隣人,集合住宅,騒音,鳴き声

近年ではペットだけでなく、子供の声もうるさいと問題になることが増えています。近隣との関わりが希薄な現代は、隣人に対する寛容さも薄れ、音に対して敏感な世の中になっていることをペットの飼い主は念頭に置いておく必要があります。

ペットと楽しく幸せに暮らしていくためにも、万全な騒音対策をとっていきましょう。

生死に関わることも?ペットが原因の3大ご近所トラブルを回避する

最近ではペット可のマンションも増え、都内の繁華街でも犬の散歩をしている人たちをよく見かけるようになってきました。

住居の密集した地域でペットを飼うにあたって、頻発しているのがご近所さんとのトラブル。鳴き声などによる騒音問題、未処理の糞尿、咬みグセが治らずご近所さんに危害を加えてしまった、なんてことも。

起こりがちなペットトラブルは、対策を行い、未然に防がなければ、とりかえしのつかないことになってしまいます。

この記事では、代表的なペットトラブルを実際にあった事件をもとに、どうすれば防ぐことができたのか考えていきたいと思います。

騒音トラブル

隣人を悩ませる騒音トラブル
ペットにまつわるご近所トラブルのなかでも、騒音問題はとても起こりやすいものです。

猫よりも犬を飼っている場合に多く、その理由は吠えてしまうから。飼い犬の吠えグセは、ご近所トラブルに直結します。

事例

2015年11月、栃木県宇都宮市内の民家で飼われていたビーグル犬が、隣のアパートに住んでいた男性によって、金属バットで滅多打ちにされるという事件が起こりました。

その後、器物損壊罪で逮捕された男は「鳴き声がうるさくて頭にきた」と話しています。

1カ月ほど前に飼い主のもとに「犬がうるさく大変迷惑しております。室内で飼う、使用されていない自動車内で飼う、保健所に預けるなど対策のほど宜しくお願いいたします。住民一同」という手紙が届いており、その後も見覚えのないエサや毒入りのシュークリームが置かれるなどの嫌がらせがあり、最後にこの事件が起こりました。

予防

何よりも重要なことは、犬が吠えないようにきちんとしつけておくことです。

また、ビーグル犬はウサギ狩りの狩猟犬で、獲物を追いたてる大きな鳴き声から「森のトランペッター」と呼ばれています。もちろん、これから迎え入れる犬がどのような特性を持っているのかを勉強することも重要です。

とは言え、初めての飼い主さんにとって、ビーグル犬のようにもともと吠える習性を持っている犬をしつけるのはとても難しいというのが実情。そのため、これから飼おうと考えている方には、プロによってしつけが済んでいる犬を購入するべきです。

「飼っている犬に吠えグセがあり、どうしても治らない」という方は、自分や飼い犬に合うプロのトレーナーを見つけて、しつけをお願いするべきです。

プロのトレーナーにお願いしても、このように犬種ごとにある特性を治すことは時間もかかります。そして、まだおかしな癖がついていない子犬の頃からしつけをしなければ、治す時間はもっとかかります。上記のような事件も起こりうることを考えれば、安い出費なのではないでしょうか。

 

糞尿トラブル

ご近所を困らせる糞尿トラブル
犬のお散歩マナーとして最低限守らなければならないのが、糞を持ち帰ることと、尿を水で流すこと(理想的には、住宅地の場合は外で排尿もさせないこと)。

とても簡単な2カ条なのに、面倒なのかそのまま放置する飼い主も多いようです。未だに住宅街にはペットの糞尿を処理するようキツく注意するポスターが散見されます。このために、監視カメラを設置しているような家もあります。

事例

2005年、韓国の地下鉄車内で犬が糞をしたにも関わらず、飼い主の女性は処理せずに立ち去りました。

一見、不快な出来事という程度で、ニュースにもならなさそうですが、同じ車両に乗っていた乗客が人気ウェブサイトに投稿したことをきっかけに、火がついたように大きな騒動となります。

一部のインターネットユーザーにより彼女の個人情報が特定されて、広くさらされしまったのです。その結果、彼女は大学退学にまで追い込まれています。

これら一連の出来事は各国のメディアによって報道され、大きな議論を呼びました。

予防

犬の散歩に行くときに、水の入ったペットボトルとビニール袋を忘れずに持参し、必ず後片付けをしましょう。

仮にキチンと後片付けをしたとしても、犬を飼っていない人にとっては不快に感じます。家の塀や玄関先、公園などでトイレをさせると、トラブルのもとになりやすいので、特に注意が必要です。

ご近所とのトラブルを少しでも避けるために、おうちでトイレができるようにトレーニングすることも考えましょう。地方や田園地帯にお住まいの方は、これは行き過ぎではないか?と思われるかもしれませんが、もはや都市部や住宅街では当たり前のこととなりつつあります。

ネットが発達した今のご時世、小さなマナー違反でも拡散されれば、一生消えない烙印が押されます。過剰な社会的制裁を避けるためにも、しっかりトレーニングして予防すべきトラブルと言えます。

咬傷トラブル

命に関わる咬傷トラブル
咬傷事故は、ペットトラブルのなかでは最も注意すべきものです。

当然のことですが、相手が小さな子どもだった場合、命に関わるケースが非常に多いため、咬みグセのある大型犬を飼っている場合はいますぐにでも対処しなければなりません。

事例

2019年8月19日、米ミシガン州デトロイトの住宅地で、外遊びをしていた女児が犬に襲われて死亡するという事件が起こりました。

女児を襲ったのは闘犬種であるピットブル三頭。複数の通行人が銃を持ち出し発砲して応戦したものの、結果的に首の咬傷が原因となって女児は亡くなってしまいました。

予防

咬みグセが治らず危険だと判断した場合、プロのトレーナーに頼ることが一番です。変に飼い主が治そうとしても、悪化する恐れもありますし、飼い主自身が大怪我をすることもあります。

また、子供だけで散歩させないこと、ドッグランで目を離さないこと、リードを頑丈なものにすることなどが予防法として挙げられます。

とはいえ、咬みグセも小さな頃から物を噛ませないように地道にトレーニングするしかありません。一度、咬む快感を覚えてしまってからでは、治すことは難しくなり、とてつもない時間がかかるようになります。

万一、飼い犬が人を咬んでしまった場合、菌やウイルスの感染を防ぐために傷口を水で洗い流してから、すぐに病院に連れていきましょう。

これは飼い主として言語道断ですが、もし咬んだ犬が狂犬病のワクチンを毎年接種していない場合、また野良犬などでそのことがわからない場合は、必ず医師にそのことを伝えてください。咬まれてから早い段階であれば、狂犬病にも対処できますが、遅れてしまっては生死に関わることになります。

まとめ

ご近所トラブルは未然に防ごう!
多頭飼育崩壊を起こしている飼い主さんや、悪質ブリーダーに限らず、善良な飼い主さんでも、ペットが原因でご近所さんとトラブルになってしまうことが多々あります。

今回は最もご近所トラブルになりやすい「騒音」「糞尿」「咬傷」の3つを取り上げましたが、いずれも愛犬が幼い頃にきちんとトレーニングをすることで予防できるトラブルでもあります。

もちろん、成犬になってからでもトレーニングすることはできますが、幼犬に比べると何倍もの時間がかかってしまうということは覚えておきましょう。犬を迎えたら、必ずトレーニングをする。犬を迎えるということは、そのくらいの覚悟が必要なことなのです。

こういったトラブルは、自分で気付くのが難しく、近所の反感を買ってしまうとなかなか穏便な方法では解決できません。騒音・糞尿・咬傷によるトラブルは、誰にでも起きうることです。ペットを飼育する以上は責任を持って未然に防ぐ努力をしましょう。