犬が食べてはいけないNG食材リスト【魚介類・肉類・飲料編】

健康で充実した日々を過ごすために、食事は大切な要素の一つです。それは私たちと共に暮らす犬にとっても同様です。しかし、普段私たちが口にする食材の中には、犬にとって害となる物があることをご存じでしょうか。

この記事では、犬にとって有害な魚介類や肉類、飲料について解説します。犬に与えてはいけない食材を学び、大切な愛犬の健康を守ってあげましょう。

犬が食べてはいけない魚介類

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

魚介類には良質なタンパク質やDHAなどが含まれ、好んで食べる犬も多いでしょう。しかし、食材によっては犬の健康を害する恐れがあります。特に、生食に関しては十分な注意が必要です。

イカ

生のイカには「チアミナーゼ」という酵素が含まれ、ビタミンB1を破壊する可能性があります。また、寄生虫の「アニサキス」が寄生していることもあります。そのため、犬に与えてはいけません。

また、加熱したイカも消化しづらく、嘔吐や下痢の原因になるため、あまりおすすめできません。

タコ

イカと同じく生のタコも「チアミナーゼ」によるビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。

加熱したタコも消化に悪く、身の硬さから大きさによっては喉に詰まらせて窒息する恐れがあるため、注意が必要です。

エビ

生のエビも同じくビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。

加熱したエビも消化しづらいため、与えすぎないようにしましょう。また、甲殻類アレルギーを持つ犬には、絶対に与えてはいけません。

カニ

生のカニも同様にビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。また、エビと同じく甲殻類アレルギーを持つ犬には与えてはいけません。

さらに、落ちた甲羅を犬が食べてしまうケースもあります。硬い甲羅は、口や消化器官を傷つけるため、人間の食事中や調理中も注意しましょう。

貝類

生の貝類も「チアミナーゼ」を含んでいるため、大量に摂取するとビタミンB1欠乏症に陥る可能性があります。

また、春の時期である2月から5月にかけて、貝が毒素成分を体内に溜め込むため、毒性が高まります。この時期に摂取すると、皮膚炎などを引き起こす「光線過敏症」のリスクが増大します。そのため、未加熱・加熱済みに関わらず、犬には与えないようにしましょう。

ウニ

ウニもビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。また、犬の腎臓に負担がかかる「リン」を多く含んでいるため、犬に与えてはいけません。

犬が食べてはいけない肉類・卵

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

犬は人との暮らしの中で肉食から雑食へ進化しました。とはいえ、人間よりもはるかに肉食傾向が強い動物ですので、多くの犬は肉類を好んで食べます。しかし、中には注意が必要な肉類や卵もあります

生の肉

サルモネラ菌や大腸菌などの食中毒を引き起こす原因となる菌が付着しているため、新鮮かつ安全が保障されているもの以外は、加熱してから与えましょう。特にサルモネラ菌は人間にも感染する可能性があるため、注意が必要です。

生の卵白

「アビジン」という成分が含まれ、ビタミンB群の一種である「ビオチン」の吸収を妨げることによって、ビオチン欠乏症が引き起こされ、皮膚炎や脱毛などの症状が現れる可能性があります。

ただし、アビジンは熱に弱いため、加熱すれば与えても問題ありません。

鶏の骨

成分的には全く問題はありませんが、鶏の骨は折れる際に縦に割け、折れ口が鋭くなります。それを犬が食べてしまうと、内臓が傷つく可能性があり、非常に危険です。

犬が飲んではいけない飲料

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

犬の飲み物といえば、基本的に水でしょう。水以外の飲み物を常飲することはあまりないと思われますが、次のような飲み物は犬にとっては危険なので、誤って飲まないように気をつけましょう

アルコール

犬はアルコールに含まれる「エタノール」を分解する酵素を持っていません。そのため、ごく少量でもアルコールを摂取すると、急性アルコール中毒を発症し、命に関わる危険性があります。犬の体格により摂取量に差がありますが、小型犬であれば少量でも中毒になることがあります。

アルコール飲料に加え、アルコールを含むウエットティッシュや除菌スプレー、加工食品などの扱いにも注意しましょう。

※アルコールの危険性については、こちらの記事をご覧ください。

お正月に死の危険!?犬がアルコールを摂取したときの危険性
https://cheriee.jp/dogs/5300/

コーヒー・緑茶・紅茶

「カフェイン」を含む飲み物を摂ると、中毒により興奮などの神経症状が現れ、心臓に異常を引き起こす可能性があります。

犬は人間よりもカフェインに対する感受性が非常に高いため、わずかな量でも危険な状態に陥ります。最悪の場合、死に至る可能性もあるので、絶対に与えてはいけません。

また、飲み物以外にも、コーヒーや紅茶が使われているお菓子や茶葉にもカフェインが含まれているため、十分な注意が必要です。

※緑茶の危険性については、こちらの記事をご覧ください。

ペットが緑茶を飲んでしまった!その危険性とは?
https://cheriee.jp/cats/14618/

ココア

ココアの原料であるカカオに含まれる成分の「テオブロミン」が、中毒症状を引き起こす可能性があります。最悪の場合は死に至ることもありますので、犬には与えないようにしましょう。

牛乳

犬は牛乳に含まれる「乳糖(ラクトース)」を分解する酵素が少ないため、人間用の牛乳を飲むと下痢や嘔吐といった消化器官のトラブルを起こすことがあります。

与える場合は、あらかじめ乳糖が分解された犬用の牛乳を選ぶようにしましょう。

犬に与えていい食材でも注意が必要

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

ここまで、犬に与えてはいけない食べ物をご紹介しましたが、犬が食べても大丈夫な食材でも注意が必要です。

食材の大きさ

犬に食材を与える場合は、細かくカットするようにしましょう。

例えば、りんごは犬が食べても大丈夫な食材ですが、大きさによっては犬が丸呑みして喉に詰まらせ、窒息してしまう事例も多く報告されています。食いしん坊や早食いの癖がある犬の場合は、特に注意が必要です。

与える量

いくら食べても大丈夫な食材であっても、そればかり食べていては栄養バランスが崩れたり、肥満になったりする可能性があります。

栄養のバランスを考えた手作りの食事を与えるのであれば別ですが、おやつや食事のトッピングとして与える場合は全体の食事量の1割程度にとどめておくようにしましょう。

まとめ

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

今回は、犬が食べてはいけない魚介類や肉類、飲料について解説しました。

愛犬の健康を守るために、食事は重要な要素の一つです。正しい知識を身につけておきましょう。

犬が食べてはいけないNG食材リスト【野菜・果物・菓子編】

犬は今や家族の一員として深く愛されていますが、ヒトとイヌという異なる種族であるため、その食性も異なります。人間が食べても問題ない食材でも、犬にとっては危険なものが存在します。

この記事では、犬にとって有害な野菜や果物、菓子類について解説します。正しい知識を身につけ、愛犬の食の安全と健康を守るために、学んでいきましょう。

犬が食べてはいけない野菜

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,盗み食い,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

犬は基本的に肉が好きな動物であり、その食性は肉食性が強いと言えますが、野菜が好きな犬も世の中にはたくさんいます。ただし、野菜の中には犬にとって毒になる成分が含まれるものがあるため、注意が必要です。

玉ねぎ・ネギ・にら・にんにく

血液中の赤血球を破壊して、溶血性貧血を引き起こす「アリルプロピルジスルフィド」が含まれています。食べた量にもよりますが、最悪の場合は死に至ることもあります。

アボカド

果肉や皮に含まれる「ペルシン」という成分は、人間が食べても問題はありませんが、犬が食べると中毒症状を引き起こすことがあります。また、アボカドの種を丸呑みすると、のどに詰まらせて窒息する危険性もあります。

※アボカドの危険性については、こちらの記事をご覧ください。

犬にアボカドを与えてはダメ?丸呑みやアレルギーにも注意しよう!
https://cheriee.jp/dogs/37299/

ぎんなん

ぎんなんには、犬が中毒を起こす可能性のある「メチルピリドキシン」が含まれており、これが原因で痙攣や意識障害に陥る可能性があります。また、台所や食卓だけでなく、道端に落ちているぎんなんにも注意が必要です。散歩中などに拾い食いしないように気をつけましょう。

ゆり根

ネギ類のようなユリ科の植物は、犬が中毒症状を引き起こす有毒な植物ですが、その球根であるゆり根も犬が食べると危険な食材です。

ふきのとう

アクに含まれる「ペタシテニン」は、肝障害などを引き起こす可能性のある物質です。地域によっては自生している場所もありますので、拾い食いにも注意が必要です。

わさび・唐辛子・山椒

刺激が強い食材のため、嘔吐や下痢、胃のけいれんなどの症状を引き起こす可能性があります。

長いも・山芋

粘り気のあるいも類には、「シュウ酸カルシウム」が含まれています。この成分の結晶がかゆみやかぶれの原因となるため、与えないようにしましょう。

犬が食べてはいけない果物

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,盗み食い,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

猫は甘味を感じませんが、犬は感じるため、甘いものが好きな犬も多くいます。フルーツを好む犬もいますが、次のような食材が犬にとって有害ですので、与えないようにしましょう。

ぶどう・干しぶどう

中毒の原因物質は解明されていませんが、腎臓に何らかの障害をきたす可能性が知られています。腎臓に持病がある犬の場合、重篤な症状を引き起こすこともあります。

プルーン

カリウムを豊富に含むため、「高カリウム血症」につながる恐れがあります。また、プルーンの毒性は乾燥する過程でより強くなるため、特にドライフルーツは危険です。

いちじく

皮や葉、果肉に中毒性のある「ソラレン」や「フィシン」といった成分を含んでいます。これらの成分は口内の炎症や嘔吐を引き起こす可能性があります。

柑橘類の外皮

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類の外皮部分には、嘔吐や下痢の原因となる成分が含まれています。

※犬に柑橘類を食べさせる際の注意点は、こちらの記事をご覧ください。

犬はみかんを食べられる!ただし6つの注意点を絶対に守ろう
https://cheriee.jp/dogs/23578/

ドライフルーツ

糖度が高く、豊富な食物繊維により軟便や下痢の原因となる可能性があるため、食べても大丈夫なフルーツであっても、ドライフルーツになっている場合は与えない方がよいでしょう。

マカダミアナッツ

中毒の原因物質は解明されていませんが、マカダミアナッツを摂取した犬が中毒症状を起こしたという報告は多数あります。万が一のことを考え、与えない方が安心です。

菓子類

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,盗み食い,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

人間用の菓子類で犬に与えて良いものはありません。おねだりされても与えないようにしましょう。その中でも次の食材は命にかかわる危険性があるため、盗み食いなどには特に注意が必要です

チョコレート・ココア

チョコレートやココアに含まれる「テオブロミン」という成分は中毒性があります。死を招く危険があるため、絶対に与えてはいけません。

※チョコレートの危険性については、こちらの記事をご覧ください。

ペットがチョコレートを食べてしまった!致死量と対処法について
https://cheriee.jp/column/18951/

キシリトール

急激な低血糖を発症し、意識の低下やけいれん、肝障害を起こす可能性があります。最悪の場合は、死に至ることもあります。

だんご・もち

上新粉や白玉粉などの原材料に中毒性はありませんが、のどに詰まりやすいため、与えない方がよいでしょう。

盗み食いや誤食してしまったら

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,盗み食い,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

上記のような食材を犬に与えないように気を付けていても、盗み食いされたり、間違って与えてしまったりすることもあるかもしれません。そんな時は、まずかかりつけの動物病院に連絡しましょう。

その際、慌てずに「いつ」「何を」「どのくらい」食べたのか伝え、獣医師に判断を仰ぐようにしてください。

中毒症状が出てから病院へ行くというのでは、遅い場合があります。自己判断で様子見をせず、専門家に相談しましょう。

最後に

中毒,健康,注意,犬,犬の健康,盗み食い,誤食,食事,食材,飼い主,飼い方

読者の中には、「これまで愛犬に与えていた!」という食材があったという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、「これまで食べていたから大丈夫!」と食べさせ続けるのは避けましょう

その犬の体質や体格、食べた量などで症状が出ていなくても、今後中毒症状などが現れる可能性もあります。また、犬は体調が悪くても、それを隠す習性があるため、実際には具合が悪いのを飼い主が見落としているかもしれません。

基本的に飼い犬は飼い主が与えたものしか食べられません。大切な家族の一員である犬の健康は、飼い主が守る責任があることを心に留めておきましょう。

【犬クイズ】最低限知っておくべき、犬にとって危険な食べ物とは?

私たちが普段食べている食材の中には、犬にとって有害なものがたくさんあります。
少量与えただけでも死に至るケースもあるため、絶対にあげてはいけないものは最低限知っておくべきでしょう。

「知らないで、あげてしまっていた…」なんてことのないように、最低限の知識をクイズで学びましょう。

それではさっそく、危険な食べ物クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬に与えても問題のない食材はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ゴーヤ」です。
ネギ類には「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれており、摂取すると死に至る危険性があります。この成分は加熱をしても壊れないため、スープに溶け込んだ玉ねぎのエキスだけでも危険です。

ゴーヤにはビタミンやカリウムが豊富に含まれ、免疫力向上や便秘解消などに効果があります。生のままだと消化しにくいため、なるべく加熱して与えましょう。また、ゴーヤの種は消化できませんので、必ず取り除いてください。
Q.2 犬に与えても問題のない食材はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「リンゴ」です。
ブドウは摂取してから2−3時間ほどで、嘔吐や尿が出なくなったり多く出すぎたりなどの症状が現れ、その後急性腎不全になってしまうことがあるようです。レーズンは、ブドウを圧縮しているものなので、こちらも同様に危険です。
ナッツ類は脂肪分が多く消化されにくい食べ物です。その中でもマカダミアナッツは、食べてから12時間以内に中毒症状を引き起こします。

リンゴに多く含まれる「ペクチン」は、腸内環境を整え便通を良くする効果があります。シニア犬にはすりおろして与えてもいいですね。ただし、リンゴの種や芯には中毒症状を引き起こす物質が含まれていますので、必ず取り除きましょう。
Q.3 犬に与えても問題のないものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「オリーブオイル」です。
チョコレートに含まれている「テオブロミン」は、興奮剤の働きをし、嘔吐、下痢、痙攣などの症状を引き起こすことがあります。
キシリトールは、低血糖を引き起こし、肝不全などを招きます。キシリトールガム1個でも危険ですので注意しましょう。
犬はアルコールを分解できません。そのため酔いがまわると、呼吸回数の低下、呼吸困難、最後は昏睡状態へと陥ります。少量でも死に至ることがあるため、絶対に与えてはいけません。

オリーブオイルにはオレイン酸やポリフェノールが含まれており、犬の皮膚や毛の健康維持に役立ちます。
問正解/ 問中
    「食べてもいい」とご紹介した食べ物も、アレルギーの有無によっては与えてはいけない場合もあります。
    初めて与える際は少量から試すようにし、例え大丈夫だったとしても一度に過剰な量を与えないよう気をつけてください。

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
最低限知っておくべき、危険な食べ物リスト【犬猫版】
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

最低限知っておくべき、危険な食べ物リスト【犬猫版】

私たちが普段食べている食材の中には、犬・猫に有害な食材がいくつかあります。危険度には幅があるため全てを把握しておく必要はないと思いますが、危険度Aクラスのものだけでも知っておくべきでしょう。食材の中には、少量の摂取でも死に至るものもあります。「知らないであげてしまっていた…」なんてことのないように、最低限の知識は知っておきましょう。

絶対にあげてはいけない食べ物5種

絶対に食べてはいけない食材一覧

ネギ類

犬・猫が食べてはいけない玉ねぎ ネギ類とは主に、玉ねぎ、長ネギ、ニラ、にんにく、らっきょうなどを指します。これらに含まれている「アリルプロピルジスルファイド」という成分が赤血球を破壊してしまい、場合によっては死に至る危険性があります。この成分は加熱をしても壊れません。そのため、スープに溶け込んだ玉ねぎのエキスだけでも危険となります。

チョコレート

犬・猫が食べてはいけないチョコレート カカオの香り成分の1つである「デオブロミン」は、犬猫にとっては興奮剤の働きをし、中枢神経を刺激してしまいます。そこから、嘔吐、下痢、痙攣などの症状を引き起こすことがあります。カカオ含有量の高いビターチョコレートなどは特に注意が必要です。また、一見あまり入ってなさそうに見えるホワイトチョコレートでも症状が出てしまうことがあるので、絶対にあげないようにしましょう。 一般的に、犬や猫は甘いものを好みます。テーブルの上に出していたらいつのまにか食べていた、すごく欲しそうにしているからちょっとだけあげてみた、なんてことのないように気をつけましょう。

キシリトール(犬の場合)

犬・猫が食べてはいけないキシリトール キシリトールを摂取してしまうと、低血糖を引き起こし、肝不全などを招きます。キシリトールガム1個でさえ危険ですので注意しましょう。キシリトール入りの飴やガムの誤食のないように置き場所にも気をつけます。また、犬の歯磨き時に人間の歯磨き粉を使ってしわまないようにしましょう。症状としては、嘔吐や身体がうまく動かせないなどがあるようなので、異変を感じたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

ぶどう、レーズン

犬・猫が食べてはいけないぶどう 摂取してから2−3時間ほどで嘔吐、尿が出なくなるもしくは多く出る、などの症状が現れ、その後急性腎不全になってしまうことがあるようです。 まだどの成分が犬・猫にとって有害なのかはっきりわかっていませんが、おかしいなと思ったらすぐの病院に連れて行った方が良いでしょう。早期受診で、深刻な腎不全になることを防ぐこともできるようです。レーズンは、ぶどうを圧縮しているものなので、こちらも同様に危険です。

アルコール

犬・猫が飲んではいけないアルコール 犬はアルコール成分を分解することができません。そのため酔いがまわると、呼吸回数の低下、呼吸困難、最後は昏睡状態へと陥ってしまいます。少量のアルコールでも死に至るケースがありますので注意が必要です。お菓子などに含まれているアルコール分も危険ですので、間違ってあげないようにしましょう。ぺろっと舐められないように、テーブル上でおく位置にも注意が必要です。 また、おもしろ半分で「酔った姿見たさ」にお酒をあげる、なんてことは絶対にやめましょう。一生の後悔となってしまいます。

危険な食べ物は覚えておこう

犬と猫の食べてはいけない食べ物は、基本的には共通です。ですが、犬・猫特有の危険な食べ物もあります。猫の方が重篤になってしまいやすいようなので、特に猫を飼っているお家では注意しましょう。犬も猫も、身の回りにあるものなんでも口に入れてしまう子は多いでしょう。食材の保管場所や、食卓での料理の置く位置などにも配慮が必要です。 食べない方が良いものはまだまだあるのですが、「絶対に食べてはいけないもの」を知っているだけでも、だいぶ注意力に差があるはずです。きちんと把握をして、愛する我が子の健康を守りましょう。