【獣医師監修】見逃さないで!猫の多飲多尿で考えられる病気とは

猫における多飲多尿は、動物病院ではよく目にする症状です。

猫はもともと砂漠の動物ということもあり飲水量は少なく、濃い尿を排泄します。そんな動物が水をガブガブ飲んで、大量に尿を出すのはやはり異常でしょう。しかし、これらの異常は、日常的にしっかりと愛猫を観察しないと見逃してしまわれがちです。

今回は猫の多飲多尿で考えられる疾患について解説します。

多飲多尿とは

獣医師監修,猫,多飲多尿,排泄,飲水量,腎臓疾患,甲状腺,糖尿病,ストレス
読んで字のごとく、たくさん水を飲んで、たくさん尿を出す状態のことです。

多飲と多尿のどちらが先に現れているのかはわかりません。たくさん飲むのでたくさん出すのか、たくさん出すのでたくさん飲むのかはわからないということです。

猫の場合、体重1kgあたり60ml以上の水を一日に飲むと多いと判断されます。また、尿量は体重1kgあたり50ml以上で多いと判断されます。

飲水量と尿量はどのように測るか

実際、家庭で飲水量および尿量を正確に測定するのは非常に困難です。特に尿量の測定は使用しているトイレの材質に左右され、猫砂や新聞紙を使用している場合の測定は不可能でしょう。よって、自宅では飲水量を大まかに測定します。

水を飲む器にあらかじめどのくらい水を入れたのか、そして一日の終わりにどのくらい残っているかを測ることで、大体の飲水量が測定できます。多頭飼いの場合、対象となる愛猫だけ別の部屋に隔離し、飲水量が多いかどうかを確認することもできます。

多飲が認められる場合には大抵多尿も認められます。尿量についてはいつもより多くなっていないか、色が薄くなっていないかを確認しましょう。

代謝性疾患

獣医師監修,猫,多飲多尿,排泄,飲水量,腎臓疾患,甲状腺,糖尿病,ストレス
猫において多飲多尿が見られた際に、まず疑うのが腎臓の疾患です。年齢や猫種などを聴取し、検査を進めていきます。

また、腎不全の初期では多飲多尿以外の症状が見られないことも多く、やはりシニア期にさしかかる猫は定期的な健康診断によって早期発見に繋げたいところです。

腎不全

【症状】
多飲多尿、尿が薄くなる、食欲不振、体重減少など。慢性腎不全では進行するにつれ嘔吐、下痢、脱水、便秘、貧血、発作などの神経症状が現れる。急性腎不全ではショック状態となり命の危険がある。
【原因】
急性腎障害は尿路結石による閉塞や、腎毒性物質の摂取などによって引き起こされる。慢性腎不全は、糸球体腎炎や腎盂腎炎などの腎疾患、高カルシウム血症、腫瘍、腎虚血などが原因となり、慢性的に腎実質の病変が進行して発症する。
【備考】
猫と腎不全は切っても切れない関係なので、若いうちからの腎臓のケアや、病態の早期発見が重要となる。

肝不全

【症状】
元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢、黄疸、口臭、発作、ふらつきなど。
【原因】
胆管肝炎、肝リピドーシス、化膿性/非化膿性胆管炎、リンパ腫などによる肝機能障害。
【備考】
胆管肝炎、膵炎、炎症性腸疾患は猫の三臓器炎と呼ばれ、発生も多い。肝リピドーシスは肥満の猫が急に食欲不振となると起こる脂肪肝のことである。

内分泌疾患

獣医師監修,猫,多飲多尿,排泄,飲水量,腎臓疾患,甲状腺,糖尿病,ストレス
体内で活躍する様々なホルモンを生成・分泌する器官を内分泌系といいます。

猫では甲状腺機能亢進症および糖尿病が多く見られ、多飲多尿が認められた際には腎不全と同時にこれらの存在も疑います。

甲状腺機能亢進症

【症状】
体重減少、脱毛、嘔吐、下痢、多飲多尿、甲状腺の腫大(頚部圧迫による咳)、活動性の亢進など。
【原因】
ホルモン分泌能を維持した甲状腺の過形成および腺腫。一方で甲状腺癌によるものは少ないとされている。
【備考】
高齢の猫における最も一般的な内分泌疾患とされる。良性の甲状腺腫大によるものが多いため、治療による予後は良い。

糖尿病

【症状】
多飲多尿、食欲増加、体重減少や肥満(インスリン依存性かによる)。尿中にケトン体が出現し、ケトアシドーシスとなると嘔吐、下痢、神経障害、昏睡など。
【原因】
膵炎やヒトのⅡ型糖尿病に相当する、いわゆるインスリン分泌能の低下によるものが多い。他にも悪性腫瘍、感染症、ストレスなどによってインスリン抵抗性となった結果、糖尿病となるケースもある。
【備考】
飲水量の増加が認められた場合、まずは尿検査で比重やケトン体の有無を確認する。動物病院受診によるストレスで猫の血糖値は一時的に上昇しやすいため、フルクトサミンなどの血糖マーカーを測定することもある。

その他

獣医師監修,猫,多飲多尿,排泄,飲水量,腎臓疾患,甲状腺,糖尿病,ストレス
他にも多飲多尿が症状の一つとして見られるものがあります。心因性多飲は病気ではありませんが、神経質な性格の子で認められることがあります。

子宮蓄膿症

【症状】
多飲多尿、元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢、陰部からの膿の排出、発熱、腹部膨満など。
【原因】
子宮内における細菌の感染。
【備考】
猫は交尾排卵動物なので、子宮蓄膿症の発生は少ないとされている。しかし緊急疾患であるため、鑑別には入れておく。

心因性多飲

【症状】
多飲とそれに伴う多尿。
【原因】
ストレスによってコルチゾールが分泌されることによる。
【備考】
環境の変化(周辺の工事、人の出入り、フードの変更など)がないかを確認する。ストレスが関与する他の疾患として特発性膀胱炎(血尿、頻尿、排尿時疼痛)や舐性皮膚炎などが挙げられ、多飲多尿以外の症状がないかも確認する。

まとめ

獣医師監修,猫,多飲多尿,排泄,飲水量,腎臓疾患,甲状腺,糖尿病,ストレス
水を飲む行為や排泄行為は、生きていく上で必要不可欠です。毎日行うからこそ、そこに現れる異常を見逃してはなりません。

全てを細かく管理する必要はありませんが、「おや?」と思ったら一度愛猫の健康状態に目を向けてみてはいかがでしょうか。

犬の方が水を飲むのが下手?犬と猫の水の飲み方の違い

突然ですが、犬や猫はどのように水を飲んでいるか知っていますか?舌をスプーンのように水をすくって飲んでいると考えている人も多いかもしれませんが、実はそうではありませんでした。

また、一般的には、犬の方が水を飲むのが下手だと言われることが多いですが実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、犬と猫の水の飲み方の違いについてご紹介します。

犬や猫は人間のように水を飲めない

猫,犬,水,飲み方,腎臓病,飲水量
人間には厚い頬があり、液体を吸い込んだり、蓄えて飲み込むことができます。しかし、犬も猫も人間のような頬をもたないため、人間と同じ方法で水を飲むことはできません。

もちろん器用に手でコップを持って、口の中に水を流し込むこともできません。

では、犬や猫は一体どのように水を飲んでいるのでしょうか。実際には犬や猫はほぼ同じような舌の使い方をして水を口の中に運んでいます。詳しく見ていきましょう。

犬の水の飲み方

猫,犬,水,飲み方,腎臓病,飲水量
犬が水を飲む際、特に大型犬の場合は「ガポッガポッ」と少し大きな音を立てていることが多いかもしれません。豪快な飲みっぷりで、周りに水が飛び散ってしまうこともしばしばで、「犬は水を飲むのが下手」といわれるのはこれが理由です。犬を飼っている方なら身に覚えもあるでしょう。

そんな犬は、水の中に舌をしっかり入れて「J」のように丸め、舌の裏側で水をすくって勢いよく引っ込めます。その際、水面と口の間に水柱ができるため、水柱を口に含むことで水を飲み込みます。冒頭で述べたような、スプーンのように水をすくっていたわけではありませんでした。

なお、犬は1秒間に3回程度舌の出し入れをしているようです。

猫の水の飲み方

猫,犬,水,飲み方,腎臓病,飲水量
猫は水を飲むときも犬とほぼ同様な動きをして水柱を作り、素早く口を閉じることで水を飲んでいます。

ただし、犬と比べると水面付近までしか舌を入れないため、口の周りを濡らしたり、周りに水が飛び散ったりしにくいです。そのため、「巧みで優雅な飲み方」といわれることもあります。

猫は1秒間に4回程度舌を出し入れしており、一度の動作で0.14ml程度の水を飲んでいるといわれています。

犬と猫の飲水ASMR

猫,犬,水,飲み方,腎臓病,飲水量
ASMRとは、人の聴覚や視覚を刺激する、ゾクゾクしたり心地よくなる音を収録した動画のことで、耳かきの音や咀嚼音が人気を集めています。

今回ご紹介するのは、犬と猫がひたすらに水を飲んでいるだけの動画です。「それだけ?」と感じるかもしれませんが、不思議と見入ってしまうのでぜひ再生してみてください。

こうやって聴き比べてみると、犬の方が豪快に飲んでおり、猫の方がスピードが速いことにも気づきますね。普段は意識しなかった愛犬や愛猫の水を飲む様子が、余計に愛おしく感じるかもしれません。

犬と猫の飲水量の目安

猫,犬,水,飲み方,腎臓病,飲水量
犬や猫の飲水量で、体調の良し悪しがわかることもあります。いつもより多く飲んでいる、もしくは少ないというときは、何らかの体調不良を抱えている可能性があります。特に猫の場合は、高齢になると腎臓病になってしまうことが多いので、若い頃からしっかり水を飲ませることが大切です。

ここでは犬と猫の適切な飲水量について解説していきます。

犬と猫の飲水量の目安

犬も猫も1kgあたり50ml程度が目安です。

なお、普段ドライフードを食べているかウエットフードを食べているか持病の有無によっても必要な飲水量は異なります。夏や冬といった外的環境により飲水量が変化することもありますので、多少増減があっても神経質になる必要はありません。しかし、様子がおかしいと感じたら、早めにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

給水量を把握するには

犬や猫がどのくらいの水を飲んでいるか、なるべく普段からチェックしておきましょう。

水を容器に入れる前に計量カップなどで水の量を量ってから犬や猫に与えます。2、3時間後に容器に残っている水の量を量り、最初に入れた水の量から差し引くと飲水した量が算出できます。

また、目盛りがついた水飲みの容器もおすすめです。正確な値まではわかりませんが、どのくらいの量の水を飲んでいるかの目安にはなります。毎日計量カップなどで測定するのが負担な場合はこちらも検討してみてください。


まとめ

猫,犬,水,飲み方,腎臓病,飲水量
人間のように水を吸い込めない犬や猫は、舌を器用につかって水柱を作り、それを口に含むことで水を飲んでいました。どちらもほぼ同じ方法ですが、犬は周りに水を飛ばしながら豪快に、猫は素早くかつ優雅に飲む点が異なります。

犬や猫を飼っている場合は、飲水量の把握がとても重要です。特に環境の変化がないのに飲水量が減ってきたり、逆に増えてきた場合は、何かしらの異常が生じている可能性もあるため注意しましょう。

愛犬や愛猫が水を飲んでいる姿は何時間でも見られるような気がしますね。今まで意識したことがなかった方も、ぜひ一度水を飲んでいる様子を観察してみてください。

寒くなる秋冬、猫の下部尿路疾患にご注意?水飲み場対策で予防しよう

だんだんと昼と夜の寒暖差が厳しくなってきましたね。

筆者は猫を飼っているのですが、今頃の気温になってくると猫も人肌恋しくなるのか、膝の上に乗ってくれたり、夜に布団へ入ってきたりする機会が増えてきて嬉しいかぎりです。

秋冬は人間と同じく、猫ちゃんも大人しくしていることが多くなってきますよね。

秋冬こそさらに気をつけたい、秋冬の猫ちゃんの飲み水対策について、今回はご紹介したいと思います。

乾燥した空気が水分を奪う?

地面のひび割れ
アメリカのヒルズ・コルゲート社による「ヒルズ尿石分析サービス」の統計データによると、猫の下部尿路疾患は、暑い夏に比べて、寒い季節に増加する傾向があるようです。

確かな原因はまだ不明ですが、秋冬は、その寒さから活動量が低下することや、空気が乾燥しているために水分不足になりがちなことなどから、発症しやすくなるのではないかと推測されています。

下部尿路疾患とは

下部尿路疾患とは、何らかの原因で膀胱や尿道に問題が出る機能障害や病気の総称です。

以下のような症状があり、排尿時に痛みがある場合などには、トイレで鳴き声をあげることもあります。

  • 尿が出なくなる
  • 排尿時の痛み
  • 血尿
  • 膀胱炎

細菌感染による炎症や、結石や結晶による尿道閉塞などが原因になります。

特に水分摂取不足によってなりやすい病気は、尿路結石症、突発性膀胱炎と言われています。

水飲み場を複数にしてみる

並んだティーカップ
なかなか水を飲まない猫ちゃんのための対策には様々な方法があるのですが、筆者自身の経験を踏まえて今回おすすめしたいのが、「水飲み場を複数箇所設置する」という方法です。

もちろん、全ての猫ちゃんが「必ずたくさん飲むようになる」とは言い切れません。

しかし、この対策は、なかなか水を飲まない猫ちゃんに限らず、多くの飼い主さんに紹介したい理由があります。

猫の本来の習性に合っているかも

水を飲むトラ
「水飲み場は、食事皿の隣に一箇所設置しているだけ」という方も多いと思います。

このよくある置き方は、実は、本来の猫の習性を考えているとは言えない、という説もあります。

もともとの猫の習性を考えてみると、自然の環境の中では、よく訪れる水飲み場が一箇所だけしかないということはあまりありません。

また、食事場所と水飲み場が隣接しているとも限らず、人間のように食事と共に水を飲む習慣があるわけでもありません。

この説にならうとすれば、食事場所に限らず、家の中にいくつか水飲み場を設置した方が、猫ちゃんにとってはより良い環境になるということが出来るのはないでしょうか。

食事場所+他の場所がおすすめ

食器と多肉植物
そうは言っても、食事皿の隣に置くのが絶対にダメ!ということではないと思います。ここでは、一箇所しか水飲み場がないことを問題にしています。

食事場所に水飲み場を設置するのは、飼い主さん自身が、餌をやるタイミングで同時にお水も取り替えやすいため管理が行き届きやすいというメリットもあります。

食事場所に既に水飲み場がある場合は、それにプラスして、猫がリラックスできるような場所にも置いてあげるのが良いと思います。

おすすめの設置場所は以下の通りです。

  • 猫が休息する場所
  • 猫のお気に入りの場所
  • 人の行き来が少ない場所
  • トイレから離れた場所

水を清潔に保ちやすい

グラスに注がれる水
猫は清潔で新鮮なお水を好みますよね。

例えば、もし水の中にホコリが入ってしまった場合、水飲み場を一箇所だけにしていたらどうでしょうか。

猫ちゃんが「もう飲みたくないな」と見向きもしなくなり、取り替えるまで水を飲まなくなってしまうかもしれません。

複数に設置していれば、どこかのお水が清潔でなくなってしまっても、別の水飲み場で飲んでくれる可能性が上がります。

デメリットもある

花に水をやる女の子
複数箇所に設置することで、お水を取り替える飼い主さんの手間が少し増えてしまいます。

でも、それだけ自分の愛猫のためを考えて、自分と愛猫の愛情が増すことになるとも考えられます。こう考えるとすれば、デメリットとも言えないかもしれません。

その他の対策

飲水量を増やすには、水の温度を変えてみる、流れる水を与えてみる、などなど、他にもいろいろな対策があります。

以下の記事では、水を飲まない猫ちゃんのための様々な対策を紹介しています。ぜひご参照ください。

猫が水を飲まない!その理由と、試してみたい10の対策

猫は「水」以外も飲める?猫にあげても良い飲み物7選

経験を踏まえて

こちらを見るベンガル
筆者の私事になってしまうのですが、飼い始めてまだ一年も経っていない猫が、水をあまり飲んでくれなくなってしまい悩んでいました。

猫の狩猟本能のためか、お気に入りのおもちゃを集めてきては飲水用の器に入れてしまい、水が汚れて飲めなくなってしまっていたのです。

そんなときに今回参考にした論文に行き当たりました。早速、試しに水飲み場を複数にしてみたところ、今までの器にはやはりおもちゃを入れてしまうのですが、新しく設置した方は綺麗なまま。そして、ちゃんと飲んでくれていました!

水の種類や温度を変えたり、器を変えてみたり、たまにウェットフードに変えてみたりもしましたが、自分の生活リズムの中で一番負担なくすぐに効果が出たのがこの対策でした。

最後に


繰り返しになってしまうのですが、全ての猫ちゃんに当てはまる確実な対策方法というのはありません。

参照記事も含めて、ぜひ色々な対策方法を試してみてください。

これからの季節の対策として、少しでも飼い主さんの参考になれば幸いです!

参考:猫における水分摂取の重要性