【クイズ】猫のクラッキングってどんな行動のこと?

猫のクラッキングとはどのような行動か知っていますか?クラッキングという言葉は聞いたことがなくても、その行動自体は見たことがあるかもしれません。

今回は、猫のクラッキングについてクイズ形式でお伝えします。クラッキングとは何なのか、愛猫はなぜクラッキングを行うのかをぜひ解き明かしてください。

それではさっそく、猫のクラッキングクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫の「クラッキング」とは、どのような行動?
正解です!
不正解です!
正解は「カカカと小刻みに小さく声を出す」です。
クラッキングは鳴き声の一種で、口を小刻みに開閉しながら「カカカ」「ケケケ」と小さく声を出します

窓から鳥など小動物が動いているのを眺めている時や、室内で虫などを見つけた時によく見られます。また、おもちゃで遊んでいる時にも見られることがあるそうです。

初めて聞くと驚くかもしれませんが、どの猫にも起こりうる正常な反応ですので安心してください。
Q.2 猫がクラッキングを行う理由として「もっとも適切ではない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「獲物に向かって挑発している」です。
猫がクラッキングをする際の気持ちとしては、以下が考えられます。
  • 獲物を見つけて本能的に興奮しているく
  • 獲物が見えているけれど捕まえることができずもどかしい
  • 獲物を見て警戒が高まったり不安になっている
猫に備わる狩猟本能から、獲物を見て興奮し声が漏れてしまったり、捕まえられないもどかしさからクラッキングをしているようです。
Q.3 猫のクラッキングの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「クラッキングをしたら毎回おやつをあげて落ち着かせる」です。
猫がクラッキングをする度に、気にかけたりおやつをあげたりしてしまうと、「クラッキングをすれば飼い主さんの気を引くことができる」と学習してしまうことがあります。基本的にクラッキングは自然な行動であり、そのまま様子を見ていれば収まりますので、過剰な反応は避けましょう

獲物を見つけた時に、「何かがいる!」と飼い主さんに伝えようとしてクラッキングをすることがあります。そのため、飼い主へのクラッキングは信頼の証といえるでしょう。ただし、飼い主に向けてクラッキングを行うことがあまりに頻繁にある場合は、不満やストレスの表れかもしれません。

一般的には野良猫や同じネコ科のライオンやトラなどはクラッキングをしません。これは、「狩りをしている時にクラッキングをしてしまうと、獲物にバレてしまうから」だと考えられています。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
窓の外に向かってカカカと鳴く!猫のクラッキングの意味とは?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

どんな気持ちで鳴いているの?鳴き声で探る猫の心理

猫の鳴き声は「ニャー」だけではありません。短い「ニャ」だったり「ニャーオニャーオ」だったり、いろいろですよね。鳴き声には、猫の甘えたい気持ちやご飯が欲しいなどいろいろな願望が込められています。 もしかしたら、体調不良を訴えている猫の鳴き声もあるかもしれません。最近は鳴き声アプリがあるものの、飼い主さんにはなかなかわからないときもありますよね。そこで、今回は鳴き声別に猫の心理を探ってみましょう。

猫の鳴き声の種類と意味

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ

長めでしつこい「ニャーニャー」

「ご飯が欲しい」「トイレを掃除して欲しい」「部屋のドアを開けて」などの要求が多いでしょう。

短めの「ニャ!」

猫にとっての軽い返事や挨拶のようなものと考えられます。ただし、しつこく撫でられて「ニャ!(もうやめて)」と警告を出しているケースもあるようです。イカ耳になっていたら撫でるのはやめましょう。

高めの声で「ニャア」

飼い主さんへの甘えでしょう。遊んでほしいときなどに発する声です。

「ウー」は警告と威嚇

唸るような「ウー」は、警告や威嚇の意味があります。「庭に野良猫が来た」「新しい猫が家に来た」など見慣れないものが近寄ったときに発する声です。 やめさせようと猫に触ると、飼い主さんでも攻撃してくるかもしれません。庭に野良猫が来ないようにする、新しい猫との対面は控えるなど対策をとってください。

獲物を狙う「クカカカ」

いわゆる獲物を見つけたときに出す声「クラッキング」です。獲物を狙っているときのほか、獲物をうまく捕まえられないときにも出します。猫が獲物に見立てたおもちゃに対して「カカカ」と鳴くときもあります。

発情中の「ニャオーンアオーン」

発情した猫は、大声で鳴いて恋の相手を求めます。これは、避妊・去勢手術をすればなくなるので、早めに手術をしましょう。スプレー行動や脱走などのトラブルも防げます。

怒っている「シャー」

「シャー!」と鳴くときは、怒っています。または何かにおびえているのかもしれません。 なだめようと触ると咬まれる可能性もあるので、怒っているまたはおびえている対象を遠ざけてあげたら、治まるまでそっとしておきましょう。動物病院での診察中に「シャー」と鳴いたときは、獣医師の指示に従います。

甘えたい気持ちの「サイレントニャー」

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ 鳴いているように口を開けるものの、声が出ていないものを「サイレントニャー」と呼ぶことがあります。 この行動が見られたら、飼い主さんやお母さん猫などに甘えているといっていいでしょう。

リラックスしている「ゴロゴロ」

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ 子猫がお母さんのおっぱいを飲んでいるときに「ゴロゴロ」と喉を鳴らします。大人の猫でも「ゴロゴロ」と鳴くのは、基本的にリラックスしているときです。 ただし、体調不良のときにもゴロゴロと鳴く猫もいるので、食欲などもチェックしてください。

猫は学びによって鳴き声を変えている?

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ 猫はいつも人の言動を観察をして、鳴き声などを変えていると考えられています。 例えば猫の「ゴロゴロ」がいつもと違って聞こえ、なんとなく気が急いてしまうときはありませんか?そして「ご飯ちょうだいと言っている、早くしないと」と、他の用事を放り出したくなります。 実はご飯をねだる猫の「ゴロゴロ」は、人の赤ちゃんの泣き声と周波数がほぼ同じだとする研究結果があります。そのため飼い主さんは気持ちが急いでしまうようです。 これは「こんな声で鳴くと、人は慌ててご飯を持ってきてくれる」と人間と暮らしているうちに猫が学んだと考えられています。

鳴き声がしつこくて困るときは

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ 何度も大声で鳴かれると困りますよね。対応策は「無視」です。鳴くのを中断するときがあるので、そのときを狙って餌をあげるなど要求を叶えてあげましょう。 猫があまりにも何度も鳴くので、毎回対応する飼い主さんもいると思います。すると猫は、「鳴き続ければ餌をもらえる」「言うことを聞いてくれる」と学んでしまうため、ますます鳴くようになってしまうのです。無視をするのは難しいかもしれませんが、なるべく構わないようにしてください。 基本的には無視が正解ですが、夜中など寝ているときに無視するのは大変ですし、近所迷惑になるのも心配です。猫が要求しなくてすむように、フードは自動給餌器にセットしておく、トイレは複数置いておくなどの対策を取っておきましょう。

シニア猫の場合

シニアの猫が夜中に鳴く場合は、昼間に寝てばかりで運動量が足りないのかもしれません。積極的に遊ばなくてもおもちゃを見せたり、声をかけたりして刺激を与え、起きている時間を増やしてみてください。 フードの要求などではなくニャーニャー鳴いて飼い主さんにいつも付きまとってくる場合、何らかのストレスがたまっている可能性もあります。行動専門の獣医師に相談するといいですね。

「人の言葉を真似している?」は音声同調の可能性も

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ 猫が人間の言葉を真似して「ごはん」などと話しているように聞こえるときがありませんか?歌真似をする猫も話題になったことがあります。 これは、飼い主さんが喜ぶ姿を見て真似をする「音声同調」であると考えられています。何度か教えると、愛猫も人間の言葉の真似をするかもしれません。興味がある方はぜひ試してみてください。

まとめ

猫,鳴き声,ニャー,サイレントニャー,ゴロゴロ 猫はいろいろな鳴き声で、要求や思いを伝えようとしています。ストレスや体調不良がないかもチェックしてあげましょう。 そして、猫は人の様子を見ながら学習しているため、新たな鳴き声を学習するかもしれません。猫の鳴き声を注意深く聞くと、より深くコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

【クイズ】この動物の鳴き声、海外ではなんて表現されてる?

日本では犬の鳴き声は「ワンワン」、猫の鳴き声は「ニャーニャー」というのが一般的です。しかし、海外では日本語とは少し異なった表現をしており、共感できるものもあれば、疑問に感じるものもあるかもしれません。

そこで今回は、海外での動物の鳴き声をクイズ形式でご紹介していきます。日本との違いや、似ている点なども考えながら解いてみてください。

それではさっそく、動物の鳴き声クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 その鳴き声を、タイ語では「フォンフォン」、英語では「バウワウ」と表現される動物は何?
正解です!
不正解です!
正解は「犬」です。
タイ語では「hoang hoang(フォン フォン)」、英語では「bow wow(バウ ワウ)」と表記し、どちらも犬の鳴き声を表しています。犬の鳴き声だとわかった上で改めてみると、どちらもなんとなくそんな気がしますよね。

ちなみに、中国では「wang wang(汪汪、ワン ワン)」といい、日本と同じような音で表します。
Q.2 その鳴き声を、ドイツ語では「クヴィーク」、英語では「スクイーク」と表現される動物は何?
正解です!
不正解です!
正解は「ネズミ」です。
文字列だけでは少し難しいかもしれませんが、どちらもネズミの鳴き声を表しています。

英語の「squeak」には「きしむ、キーキーと音を立てる」などの意味があり、声に出して発音してみると、少しネズミっぽく聞こえるかもしれません。
Q.3 その鳴き声を、英語では「トゥイー トゥイー」と表現される動物は何?
正解です!
不正解です!
正解は「鳥」です。
英語では鳥の鳴き声を表す動詞として「tweet」という言葉があり、実はこれはSNSのツイッターと同じ語源です。気楽に文章を呟く様子を鳥のささやきに喩えているということですね。そう考えると、ツイッターのつぶやきも少し可愛らしく見えてくるかもしれません。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫の鳴き声から感情を読み取ろう!猫語を推測するアプリもご紹介

多くの人を魅了する猫の鳴き声。長く飼っていると「今の鳴き声は喜んでいる」「威嚇している」など多少なりともわかってくるのではないでしょうか。 この記事では、猫の鳴き声から読み取れる感情と、鳴き声に関連するスマホアプリをご紹介します。鳴き声から猫の感情を読み取り、愛猫とコミュニケーションをとりましょう!

猫が鳴く理由

猫,鳴き声,要求,コミュニケーション,感情,アプリ,SNS 猫は猫同士や飼い主とのコミュニケーションのために鳴くことが多いです。 子猫のときは、母猫への要求を伝えるために「ミャーミャー」と甲高い声で鳴きます。生まれたばかりの頃は、空腹や排泄などはすべて母猫に面倒を見てもらっているため、子猫と母猫とのコミュニケーションはとても重要です。 また、野良猫の場合、普段はあまり鳴かず、発情期やケンカ、高いところに登って降りられなく困っているときなど、緊急性の高い場合に鳴くことが多いです。

鳴き声から読み取れる感情

猫,鳴き声,要求,コミュニケーション,感情,アプリ,SNS 猫の鳴き声はバリエーション豊かで、さまざまな感情を表しています。ぜひ、愛猫の普段の鳴き声にどんな意味があるのか考えてみてください。

「ニャーン」、「ニャオ」

何か要求があるときに、はっきりとした声で鳴きます。 「お腹が空いた」「構ってほしい」「トイレをきれいにしてほしい」など、その要求はさまざまですが、猫の様子を伺いながら何を要求しているのかを考えてあげましょう。 要求が満たされた時に鳴くこともあります。

「ニャッ」

「おはよう」や「調子はどう?」などの軽い挨拶や、飼い主に話しかけられたときにはそれに対する返事をしています。 もともと猫同士の挨拶は、鼻をくっつけたりなどのボディランゲージで行っていましたが、人と生活する中で、鳴き声で挨拶をするようになったと考えられています。

「ウニャ」

食事中にウニャウニャと鳴いているときは、ご飯が美味しいということを意味しています。 愛猫のために一生懸命選んだり、手作りしたご飯で喜んでくれたらとてもうれしいですね。

「ウー」、「シャー」

何かに警戒したり、恐怖を感じています。尻尾が膨らんだり、毛を逆立てているかもしれません。 こんなときに無理に触ろうとすると、引っかかれてケガをしてしまうこともありますので、しばらく様子を見つつ近づき過ぎないようにしましょう。

「カカカ」

これは「クラッキング」と呼ばれ、通常の猫の鳴き声とは少し違って聞こえます。 動いているものに反応しているときや、獲物に対して捕まえられずもどかしかったり、警戒や不安な気持ちから行うことが多いです。 また、飼い主さんに対して信頼を表していたり、不満やストレスを伝えたいときに行うこともあります。

鳴く動作だけ見せる

猫が口を開けて鳴いているように見えるのに、声が全く聞こえない鳴き方を「サイレントニャー」と呼ぶことがあります。 これは、人間には聞こえないような高周波で鳴いているという説と、鳴いているそぶりだけ見せて本当は鳴いていないという説があります。 簡単な挨拶や飼い主さんに甘えたいときに行います。

声の高さも猫の気持ちを感じ取る指標に

猫,鳴き声,要求,コミュニケーション,感情,アプリ,SNS 猫の気持ちは、鳴き方だけでなく、声の高さで感じとることもできます。

高い鳴き声

普段より高い声を出している場合、甘えたり、興奮したりして気持ちが高ぶっています。 子猫は高い声で鳴くことで、母猫に甘えたり、さまざまな要求を訴えているのです。

低い鳴き声

普段より鳴き声が低い場合、強い主張や威嚇をしています。また、不安な気持ちを紛らわそうとしています。 基本的にあまり良い状態ではないため、原因を探して取り除いてあげましょう。攻撃的になっている場合は、あまり関わらずそっとしておいてあげてください。

中間の鳴き声

高くも低くもなく、中間的な鳴き声をしている場合は、平常な状態です。ただの挨拶か、軽めな要求や主張をしています。

猫の鳴き声に関するアプリもある!

猫,鳴き声,要求,コミュニケーション,感情,アプリ,SNS 猫語の翻訳の精度には目をつぶらないといけないところもありますが、無料で利用できるアプリがいくつかあります。 アプリで猫の気持ちが正確に分かるわけではないものの、猫が何を考えているのかをよく考えるきっかけにもなります。 試しに、愛猫と一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。

にゃんトーク

Amazonのアレクサの開発に携わったエンジニアが作ったアプリで、猫の鳴き声をアプリに聞かせるとその時の感情を予測して文字として表示してくれます。 はじめは限られた数の感情しか翻訳できませんが、アプリに学習させることでさまざまな鳴き声の違いを認識し、徐々に精度が高まっていきます。 以前は英語版のみでしたが、日本語版が出たことでSNSを中心に多くの人が猫とのコミュニケーションを楽しんでいます。
iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/meowtalk-cat-translator/id1524038030 Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.akvelon.meowtalk&hl=ja&gl=US

人猫語翻訳機

猫のアイコンを押すと、その絵にあった猫語が再生されるアプリです。無料版では8種類の鳴き声を再生されます。 さらに、人間の言葉を猫語に変換して再生する機能もあります。今まで猫に伝えられなかった言葉を、このアプリを通じて伝えてみるのはいかがでしょうか?
iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/%E4%BA%BA%E7%8C%AB%E8%AA%9E%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E6%A9%9F/id464511058 Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=games.lenvik.tfc1

まとめ

猫,鳴き声,要求,コミュニケーション,感情,アプリ,SNS 猫は鳴き声で、甘えたり、ご飯を要求したり、威嚇したりなど、さまざまな感情を表現します。長く飼っていれば何を言っているのか、何を要求しているのかわかってくるようになるでしょう。 最近では、猫の言葉を手軽に推測して遊べるスマホアプリも登場しています。これらもうまく活用して、愛猫との暮らしを楽しんでくださいね。

骨折治療に効果も!?猫がゴロゴロと喉を鳴らす4つの理由

猫を撫でていると、「ゴロゴロ」と喉を鳴らすことがあります。嫌がったり逃げたりする素振りは見せないため、単に気持ちよくてゴロゴロしているのかなと思っている方も多いでしょう。 しかし、ゴロゴロと鳴らすのは何かを要求していたり、体調が悪かったりする場合もあるため、愛猫の様子をしっかり確認する必要があります。今回の記事では、猫が喉を鳴らす理由についてご紹介します。

どうやってゴロゴロ鳴らすの?

まずはこの動画をご覧ください。(音量が小さいためイヤホン推奨) 猫を飼っている人なら聞き馴染みのある音でしょう。しかし、実は、猫が喉をゴロゴロ鳴らすメカニズムはまだはっきりとわかっていません。かつては、ゴロゴロという音を鳴らす器官があるのではないかと考えられていましたが、そのようなものは見つかりませんでした。 現在では、以下の説が考えられています。

声帯説

人間の喉仏にあたる筋肉が収縮することにより、2枚の声帯の隙間を開閉させて、喉を通る空気を振動させることで音が発生しているという説です。 ゴロゴロ鳴っているときは、喉の筋肉が細かく伸縮を繰り返していることがわかっており、この声帯説が最有力視されています。

血流説

ゴロゴロの音と普通の鳴き声を同時に出せることから、大きな血管を流れる血流音ではないかという説もあります。

猫がゴロゴロと喉を鳴らす4つの理由

猫,ゴロゴロ,喉,鳴き声,メカニズム,理由, 猫から寄ってきたときや、撫でているときにゴロゴロ鳴ることが多く、直感的に「気持ちいいのかな」「機嫌がいいのかな」と考える人も多いでしょう。これらも間違いではありませんが、他にもいくつか理由がありました。

理由①機嫌が良い

多くの人が予想している通り、リラックスしているとき、機嫌がいいときに喉をゴロゴロ鳴らします。 猫が好きな部分を撫でてあげると、目を少し閉じて気持ちよさそうにゴロゴロと喉を鳴らします。これは、猫が飼い主を信頼している証しでもありますので、愛情を込めて接してあげてください。 このときのゴロゴロ音の大きさはやや小さく、中低音です。

理由②コミュニケーション

母猫と子猫のコミュニケーションとして鳴らすことがあります。 生まれたばかりの子猫は視覚や聴覚が発達しておらず、母猫がゴロゴロと振動することで、自分が近くにいることを子猫に伝えようとします。特にミルクを与えようとするときに鳴らす場合が多いです。 なお、生まれた直後の子猫はゴロゴロと喉を鳴らせませんが、生後一週間ほどすると鳴らせるようになり、お互いに喉を鳴らし合うことでコミュニケーションを取っているようです。

理由③要求している

お腹が空いているとき、遊んで欲しいときにゴロゴロと喉を鳴らすこともあります。 機嫌が良いときのゴロゴロとは違い、少し高音に聞こえます。

理由④不快な思いをしている

体調が悪かったり、緊張したりしているときにもゴロゴロする場合があります。 機嫌がいいときよりも低音が出るのが特徴で、動物病院で診察中によく聞くことがあります。 もしいつもより低音のゴロゴロが聞こえた場合は、緊張していたり、どこか具合が悪い可能性があるため、原因を取り除いてあげましょう。

猫自身のケガの治療や人間へのリラックス効果も

猫,ゴロゴロ,喉,鳴き声,メカニズム,理由,

骨折の治療になる

猫は他の動物と比べて、ケガをしても3倍の回復力があると言われています。 これは、ゴロゴロの振動が、骨を強くしたり、骨折を治療したりする効果があるためだとされています。 この猫のゴロゴロの振動の原理をもとに、人間の骨折に対する超音波治療がすでに行われています。 2002年、サッカーのベッカム選手が骨折し、ワールドカップへの出場が絶望視されたことがありましたが、この超音波治療により劇的に回復し、ワールドカップでは大活躍したことからも注目を集めるようになりました。

リラックス効果も

猫のゴロゴロは25ヘルツ程度の低周波といわれており、低周波は副交感神経を優位にして体をリラックさせる効果があるとされています。 さらに、低周波には「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」を分泌する働きがあることがわかっています。セロトニンは脳内の神経伝達物質で、ドーパミンやノルアドレナリンをコントロールし、自律神経やホルモンバランスを整えてくれます。 フランスでは実際に、猫のゴロゴロを用いた治療やリラクゼーションも行われています。ゴロゴロのことをフランスではロンロンということから、「ロンロンセラピー」と呼ばれています。 なお、猫のゴロゴロ音だけを集めたCDも販売されていますので、猫のゴロゴロ音に癒されたい方はぜひチェックしてみてください。
¥1,650 (2023/02/04 05:28:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

猫,ゴロゴロ,喉,鳴き声,メカニズム,理由, 猫のゴロゴロは、本来、母猫と子猫のコミュニケーションとして行われていました。機嫌が良いだけでなく、何かを要求していたり、体調が悪い場合もゴロゴロと鳴らすことがあります。いつもとちょっと様子が違うなと思ったら、愛猫が何を訴えているのか考え、要求を満たしてあげたり、不安や緊張を取り除いてあげたりしてください。 また、猫のゴロゴロは、精神的な癒し効果だけでなく、肉体的にも治療の効果があることがわかっています。普段何気なく聞いている猫のゴロゴロの意味を考えることで、より一層猫との信頼が高まるのではないでしょうか。

窓の外に向かってカカカと鳴く!猫のクラッキングの意味とは?

猫が窓の外を見ながら、小さく「カカカ」「ケケケ」と不思議な声を出しているのを聞いたことはありませんか? 普段の鳴き声とは随分様子が違うため、驚く飼い主さんも多いのではないでしょうか。 これは「クラッキング」と呼ばれている猫の鳴き声の一種で、多くの猫に見られる行動です。 猫は、どのような時になぜクラッキングをするのでしょうか? 今回は、不思議な猫クラッキングの意味についてご紹介します。

猫のクラッキングとは?

猫,クラッキング,飼い猫,野良猫,狩猟本能 猫は様々な鳴き声を使って自分の気持ちを伝えます。 クラッキングはそんな猫の鳴き声の一種で、口を小刻みに開閉しながら、「カカカ」「ケケケ」と小さく声を出します。 中には、うまく声が出せずに口とひげだけ動いていたり、歯をカチカチと鳴らすだけだったり、「ニャニャニャ」と声も一緒に出たりしてしまう猫もいるようです。 実際にどのような鳴き方なのか、動画で見てみてください。
ちなみに、日本では、英語で「カタカタ・カチカチと音を立てる」を意味する「clack(クラック)」から名前がつけられています。 英語圏の国では「おしゃべり」を意味する「chatter」から「chattering(チャタリング)」と呼ばれているようです。2つ目の動画はまさに、猫同士がおしゃべりをしているようで面白いですね。 初めて聞く方は驚かれるかもしれませんが、クラッキングは猫特有の鳴き方で、どの猫にも起こりうる正常な反応です。

猫がクラッキングをする意味

猫,クラッキング,飼い猫,野良猫,狩猟本能 猫は、何か動いているものに反応している時によくクラッキングをします。 そのため、窓から鳥など小動物が動いているのを眺めている時や、室内で虫などを見つけた時によく見られます。また、おもちゃで遊んでいる時にも見られることがあるそうです。 猫がクラッキングをする際の気持ちとしては、以下が考えられます。
  • 獲物を見つけて本能的に興奮している
  • 獲物が見えているけれど捕まえることができず、もどかしく思う気持ち
  • 獲物を見て警戒・不安な気持ち
猫に備わる狩猟本能から、獲物を見て興奮し声が漏れてしまったり、捕まえられないもどかしい気持ちからクラッキングをするのですね。

頻繁なクラッキングは要注意

クラッキングは病気などではなく、本能的な行動です。しかし、もどかしい気持ちから行っていることが多いため、あまりに頻繁に行うとその分ストレスが溜まってしまうことがあります。 おもちゃで遊ぶなど適度に構ってあげることで、ストレスを発散させてあげるよう心がけてください。

飼い主さんに向かってクラッキングをするのはなぜ?

猫,クラッキング,飼い猫,野良猫,狩猟本能 猫は獲物を見てクラッキングをすることが多いのですが、なんと、飼い主さんに向かってすることもあります。 これにはどのような意味があるのでしょうか。考えられる2つの理由をご紹介します。

1. 飼い主さんを信頼している

獲物を見つけた時や得体の知れない何かを見つけた時に、「何かがいる!」と飼い主さんに伝えようとしてクラッキングをすることがあります。 そのため、飼い主さんへのクラッキングは信頼を表していると読み取ることもできます。 何か危険なものから「飼い主さんを守りたい」という気持ちも混じっているのかも知れません。

2. 何かを要求している

猫は捕まえたいものが捕まえられないもどかしい時にクラッキングをすることが多いですが、それが発展して、欲求不満の際にもクラッキングをすることがあります。 飼い主さんに向けてクラッキングをすることが多いと感じたら、不満やストレスの表れかもしれません。 欲求不満の原因になっているものはないか、気にかけてみると良いでしょう。

クラッキングへの過剰な対応は避けましょう

猫がクラッキングをする度に、気にかけたりおやつをあげたりしてしまうと、「クラッキングをすれば飼い主さんの気を引くことができる」と学習してしまうことがあります。 基本的にクラッキングは自然な行動のため、そのまま様子を見ていれば収まります。 最初は心配してしまうかもしれませんが、過剰な反応は避けましょう。

クラッキングは飼い猫特有の行動

猫,クラッキング,飼い猫,野良猫,狩猟本能 クラッキングは、飼い猫に多く見られる行動です。 野良猫でも稀に見られることがあるそうですが、一般的には野良猫や同じネコ科のライオン、トラなどはクラッキングをしません。 理由は、「狩りをしている時にクラッキングをしてしまうと、獲物にバレてしまうから」だと考えられています。

クラッキングをしない飼い猫もいる

野良猫から飼い猫になった猫は、野生時代の習性からクラッキングをしないこともあります。 また、幼い頃からの飼い猫でも、性格によってはクラッキングをしない子もいるようです。 クラッキングの有無や頻度は、猫の個性といえるでしょう。

まとめ

猫,クラッキング,飼い猫,野良猫,狩猟本能 クラッキングは猫の狩猟本能によるもので、目の前の獲物を捕まえたいけれど捕まえることができないもどかしい気持ちが表れていることがわかりました。 猫にとっては自然な行動なので、心配する必要はありません。 ただし、それ以外のことを意味する場合もあります。 愛猫がどのような理由でクラッキングをしているのか、観察しながら考えてあげると良いでしょう。

表現豊かでかわいい!!モルモットの鳴き声とその意味

モルモットはうさぎやハムスターのように、あまり鳴かないのかなと考える人も多いかもしれません。 しかし、モルモットはとても表情豊かに鳴きます。うれしいとき、嫌なとき、何かを要求しているときなど、さまざまな鳴き声で感情を表現します。鳴き声の意味がわかれば今まで以上にモルモットと仲良くなれるかもしれません。 この記事では、モルモットの鳴き声と、その意味について解説していきます。

モルモットの鳴く頻度と声の大きさは?

モルモット,鳴き声,大きさ,頻度,要求,恐怖,威嚇,ストレス 動物園でもよく見る機会があるモルモットですが、鳴き声を聞いたことがあるという方は少ないかもしれません。 実際にはどのくらいの頻度で鳴き、どのくらいの声の大きさなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

鳴く頻度

モルモットはあまり鳴かないというイメージがあるかもしれませんが、実はとてもよく鳴きます不快なときや機嫌のいいとき、何かを要求するときに鳴くため、鳴いている理由を理解してあげることが大切です。 しかし、寝ていることも多いため、常に鳴いているというわけではありません。モルモット同士でトラブルがあったときや、飼い主の気配を感じると鳴くことが多いです。

声の大きさ

モルモットの鳴き声の大きさは鳴き声によって異なります。 マンションやアパートでは隣人に聞こえてしまうような大きな鳴き声から、耳をすまさないと聞こえない鳴き声まで、音量はさまざまです。 なお、大きな鳴き声を出していても長時間鳴き続けることはなく、要求が満たされたり、興味を失えば静かになりますので、鳴き声がうるさいと感じることは少ないでしょう。

モルモットの鳴き声の種類と意味

モルモットの鳴き声にどのような意味があるかを知ることができれば、モルモットとの生活はさらに充実したものになるでしょう。 ここでは代表的なモルモットの鳴き声について解説していきます。

「キュイーキュイー」

モルモットの鳴き声のなかでも特に印象深いのがこの鳴き声です。 少し興奮気味で、大きく高い鳴き声で何かを求めます。意外にも声が大きく、警報機に例えられることもあります。 筆者が昔飼っていたモルモットは、冷蔵庫を開けたり、ビニール袋をカサカサしたりしたときに、「おやつをくれ」と、この声をよく響かせていました。

「プイプイ」

部屋の中をお散歩しているときによく聞く鳴き声で、鼻歌を歌うように鳴きます。機嫌が良かったり甘えたいときに、動きながらプイプイと鳴くことが多いです。 少し前に大流行したアニメの『PUI PUI モルカー』でも、モルカーたちがプイプイ鳴きながら歩いている姿が印象的でした。

「キュルキュル」

抱っこしているときになでてあげると、甘えて「キュルキュル」という声を出します。飼い主さんに心を許している証拠ですので、思う存分甘やかせてあげてください。

「グルルルル〜」

撫でたときなどに気持ちいいと感じるときに、喉を鳴らすように鳴きます。 また、求愛をしているときにもこのような鳴き声を発し、オスがメスのお尻のにおいをかいで追いかけ回します。あまりしつこいとメスが嫌がるので、様子を見て引き離してあげてください。 少し低めに「グルルル」と鳴いている場合は、警戒していることもあります。 状況や周囲の様子などから、怯えていたり、ストレスを感じているようなことがあれば、すぐにその場から逃がしてあげてください。

「キュー」

何かに恐怖を抱いている場合は、高く大きい声で「キュー」と鳴きます。 動物病院で体を固定させられたり、爪切りなどの嫌なことをされそうなときによく聞く鳴き声です。 明らかに嫌がっている素ぶりをしますので、極力原因となるものを取り除いてあげましょう。ただし、動物病院や爪切りなどは避けては通れないため、少しの間、我慢してもらうこともあります。

「カチカチカチ」

こちらは鳴き声ではありませんが、歯と歯をかみあわせてカチカチ鳴らします仲間同士の喧嘩や、何かに威嚇しているときに耳にする音で、恐怖を感じていたり怒っていたりする際に発します。 初めて聞いたときは何故カチカチさせているのかわからないかもしれませんが、モルモットがストレスを感じている場合が多いので、この音を聞いた場合は速やかに原因を取り除いてあげてください。

最後に

モルモット,鳴き声,大きさ,頻度,要求,恐怖,威嚇,ストレス モルモットは意外にも感情豊かな鳴き声を発します。機嫌のいいとき、何かを要求しているとき、警戒したり恐怖を感じているときなど、なぜ鳴いているのかを理解してあげることで、モルモットとの生活はさらに素敵なものになるでしょう。 もちろん、今回ご紹介した鳴き声の意味がすべてのモルモットにも当てはまるというわけではありません。モルモットを飼っている方は、ぜひモルモットが何故鳴いているのか考えてあげましょう。 モルモットはとても臆病な性格をしていますが、飼い主にはよく懐き、愛情表現をします。ぜひ、モルモットから愛情表現を受け取り、飼い主さんもたくさんの愛情を注いであげてください。

意外と表現が豊か?フェレットの鳴き声と意味を徹底解説!

突然ですが、フェレットはどのような鳴き声で鳴くかご存じですか?犬や猫などと違い、あまり鳴いている姿を想像できない方も多いかもしれませんが、実はとてもかわいい声で鳴くのです。 また、意外にも表現が豊かで、その時に置かれた状況や自分の感情などによってさまざまな鳴き声を発します。つまり、フェレットの鳴き声を理解することができれば、フェレットが何を思っているのか、どうしてほしいかなどを理解できるようになるのです。 今回はフェレットの鳴き声やさまざまな鳴き方の理由についてご紹介します。

フェレットの鳴く頻度と声の大きさは?

フェレット,鳴き声,理由,飼い方,暮らし 鳴き声があまりイメージできないフェレットですが、実際にはどのくらいの頻度で鳴き、どのくらいの声の大きさなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

鳴く頻度

フェレットはイメージ通り、あまり鳴かない動物です。一緒に過ごしている飼い主さんですら、フェレットの鳴き声を聞く機会はあまりないということからも、その少なさがわかるでしょう。 ただし、小さい頃は母親を恋しく思うのか、頻繁に鳴く場合も多いです。もし、幼いフェレットをお迎えしたいと考えている方は、あらかじめ心の準備をしておくと良いでしょう。

鳴き声の大きさ

フェレットの鳴き声はあまり大きくありません。低い声で「クックック」などと、喉の奥を鳴らすような声で鳴くため、静かな場所でないと聞き逃してしまうこともあります。 そのため、鳴き声によるトラブルは起こりにくく、マンションやアパートなどに住んでいる人にも人気が高い動物です。

フェレットの鳴き声の意味を解説!

フェレット,鳴き声,理由,飼い方,暮らし フェレットの鳴き声は小さいながらも、的確に感情を表します。普段鳴かないフェレットだからこそ、どのようなことを訴えているのか、しっかり耳をすませて聞いてあげましょう。ここでは代表的な鳴き方とその意味を、動画とともにご紹介します。

「グゥグゥ」「ギャアギャア」

「グゥグゥ」や「ギャアギャア」といった鳴き声は「ベビ鳴き」とも呼ばれ、生後数ヶ月の間にしか聞けない特有の鳴き声です。寂しかったり甘えたりしたいときに発し、ケージから出して一緒に遊んであげると鳴き止みます。 成長すると聞けなくなってしまうので、このとても愛くるしい声を堪能しつつ、フェレットに愛情をたくさん注いであげてください。

「クックック」「コッコッコ」

遊んでいる時などに低く小さい声で「クックック」、「コッコッコ」と鳴くことがあります。これは嬉しい時、楽しい時に出す声で、フェレットが興奮している証拠です。 注意して聞かないと聞き逃してしまうくらい小さな鳴き声ですが、フェレットのご機嫌な様子を見るだけで飼い主もうれしくなってしまいますね。

「シャーシャー」「シュー」

まるで蛇のように「シャーシャー」と鳴いている時は、怒っているか威嚇していることを意味します。これらの鳴き声を発している時にフェレットに近づくと、噛まれてケガをしてしまうこともあるので注意が必要です。 また、おもちゃで遊んでいる時にもこの声で鳴くことがあります。かまってあげるべきか様子を見守るべきかを判断が難しいこともあるかもしれませんが、フェレットの様子を見ながら適切に対応してあげてください。

「キャンキャン」「キュンキュン」

いつもとは違う高い声で鳴いている時は注意が必要です。「キャンキャン」や「キュンキュン」という鳴き声は、痛がっていたり怖がっている時のサインです。すぐに様子を見てあげてください。 特に、触ったり、抱き上げたりしたときに声を上げるようなことがあれば、どこかケガをしている可能性もあります。まずは動物病院へ連れて行くことをオススメします。

鳴き声ではなく歯ぎしりのことがある

突然、普段聞き慣れないような「ギシギシ」や「ゴリゴリ」といった音が聞こえたら、それは歯ぎしりかもしれません。初めて聞いた時は歯ぎしりとは分からず「何の音?」と疑問に思ってしまう飼い主さんも多いようです。 もしフェレットが歯ぎしりをしていたら、まずは体調不良を疑いましょう。原因はさまざまですが、強い痛みがあったり、気持ち悪かったりするときによく歯ぎしりをします。 その後、一気に体調が悪化することもありますので、フェレットの歯ぎしりに気づいたら、なるべく早く動物病院を受診してください。

まとめ

フェレット,鳴き声,理由,飼い方,暮らし このように、フェレットはさまざまな鳴き声で自分の気持ちを表現します。決して大きい声ではありませんが、その鳴き声を聞き取り、理解してあげることでフェレットとの信頼関係も深まります。 また、鳴き方次第では、ケガをしていたり、体調が悪い場合もあります。いつもと様子が違ったり、なかなか鳴き止まないといったことがあれば、なるべく早めに動物病院に連れて行ってあげてください。 普段はあまり鳴かない静かな動物だからこそ、その鳴き声に注目し、フェレットへの理解がより深まるといいですね。