犬用の噛む木や鹿の角に要注意!自宅でできるエネルギー消費方法

愛犬のために良いと思って与えていたり、やっていたりすることでも、実は危険が潜んでいたり、愛犬にとってデメリットが多いこともあります。その一つとして噛むための木や、鹿の角でできた硬いおもちゃがあります。

多くのペット用品店でも目にするこれらのおもちゃですが、なぜ犬にとって良くないかを解説し、硬いものを噛む以外にできるエネルギーの消費方法を紹介します。

噛むためのおもちゃの役割

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

硬いおもちゃを噛む最大の目的は、元をたどればエネルギー消費です。

犬が硬いものを噛み続けるのは噛みたい欲求を満たすためであることが多いと思いますが、噛みたい欲求があるということはエネルギー消費が足りていない可能性が考えられます。

硬いおもちゃはなぜ危ない?

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

噛むための硬いおもちゃは様々な種類が販売されており、実際に購入している方も多いと思います。絶対に良くないというわけではありませんが、デメリットがあることも知った上で、何を愛犬にあげるべきかを選択できるようにしましょう。

硬いおもちゃのリスク①誤飲

硬いおもちゃの中でも、木や鹿の角などは噛み続けたり、唾液などでふやけるとおもちゃの一部が取れて誤飲することがあります。木などは先が尖っているため口の中や飲み込んでしまった場合には胃腸を傷つける可能性もあります。

また、木などは消化はされないため、飲み込んだ大きさによっては便で排出する前に詰まってしまい、命にかかわる事態になることも考えられます。

硬いおもちゃのリスク②歯が欠ける

硬いものを噛み続けると歯が欠けるリスクもあります。乳歯であれば抜け替わりますが、永久歯の場合、欠けた歯が元に戻ることはありません。歯が折れることもあれば、折れなくてもずっと噛み続けることで歯が削れてしまうこともあります。

また、歯が欠けた部分は凹凸ができ、歯垢も溜まりやすく歯周病にもなりやすいとされています。

噛む以外にもできるエネルギー消費

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

木の棒や鹿の角といった硬いおもちゃを控えて別の方法でエネルギー消費をする方法はいくつもあります。

これから紹介する方法を、愛犬の体力などに合わせていくつか組み合わせてやってみるのがおすすめです。

エネルギー消費方法①知育玩具

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

知育玩具とは、おやつやフードを知育玩具の中に入れ、それをどのようにしたら食べられるかを考えながら、嗅覚、口、前脚を使って取り出す玩具です。

犬は普段、頭や嗅覚を使う機会が少ないため、知育玩具は頭も嗅覚も刺激され、良い消費に繋がります

知育玩具は弾力のある素材でできている物が多く、噛みたい欲求み満たしながらも歯が欠けたりするリスクは低いのもメリットのひとつです。

知育玩具使用時の注意点

  • 一回の使用は10〜15分程にしましょう。長時間の使用は、知育玩具の破壊による誤飲、飽きにつながります。
  • 使用後は食器用洗剤でよく洗い清潔に保ちましょう。汚れていてニオイがついたままだと使わなくなる子もいます。
  • はじめは簡単なレベルで、おやつが出やすくなるよう調整しましょう。初めから難しくすると、おやつが食べられず知育玩具のモチベーションが下がり、興味がなくなる可能性があります。

リッチェル ビジーバディ ツイスト S
リッチェル

エネルギー消費方法②おもちゃ遊び

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

愛犬とおもちゃの引っ張りっこや、おもちゃを投げて持ってきてもらうなど、飼い主さんも一緒に遊ぶことが大切です。丈夫なロープなどのおもちゃであれば、遊びながらしっかり噛むこともできます。


PLATZ PET SUPPLISES&FUN(プラッツ) 犬用おもちゃ キャタピーベイビー クリンクラー
プラッツ (PLATZ)

エネルギー消費方法③ノーズワーク

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

ノーズワークとは、犬が優れた嗅覚を使って決められたニオイやおやつを見つける仕事や遊びです。ニオイを嗅ぎ分けターゲットとなるニオイやおやつを見つけ出すことは、体力も使い良いエネルギー消費になります。

ご自宅でもお部屋の様々な場所やお菓子の空き箱におやつを隠すことで、ノーズワークが手軽にできます。最近ではノーズワークマットというフェルト生地におやつを隠す場所がいくつもあるものも多く売られています。

ノーズワークは1回10分程度とし、2~3回やったら休憩しましょう。やりすぎると飽きにも繋がります。


エネルギー消費④刺激のあるお散歩

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費

いつもと同じ道を歩くだけでもある程度のエネルギー消費はできますが、物足りなさがあるかもしれません。広い公園があれば、ロングリードに付け替えて思い切り走ったり、おもちゃを投げて持ってこい遊びをするのもいいです

ご自宅では走れる距離も限られてしまいますが、ロングリードであれば存分に走ることもでき愛犬の普段見られない表情も見られるかもしれません。

ロングリードは周りの状況をしっかり見て、安全な場所で使いましょう。飼い主さんがロングリードの扱いに慣れていない時は、複数の飼い主さんがいる時にやった方が安心です。

まとめ

噛み,木,鹿の角,知育玩具,ノーズワーク,エネルギー消費
犬は噛むのが好きというイメージも強く、硬い木などををあげたくなる気持ちもわかりますが、愛犬の健康や安全面を考えると別の方法でエネルギー消費をする方が良いでしょう。

エネルギー消費をしてもらうのには、飼い主さんの労力も必要となりますが、消費させてあげられるのは飼い主さんだけです。ぜひ一緒に楽しみながら愛犬のエネルギー消費ができる機会を作ってあげてみてはいかがでしょうか。

犬が夢中になるおやつ「鹿の角」のメリットと5つの注意点

犬のおやつやおもちゃに「鹿の角」があるのをご存知ですか?なんでも犬が夢中でカミカミするとか。

「犬は鹿の角が好き」というのは愛犬家さん達の間では浸透しており、気になっていた方もいるかもしれません。

そんな犬たちに大人気の鹿の角ですが、与える際には歯の磨耗・破折や誤飲など、いくつかの注意点があります。
すでに愛犬に鹿の角をあげている飼い主さんも是非ご一読ください。

鹿の角に犬が夢中になる理由

犬,硬いおやつ,鹿の角,健康,歯,誤飲

1.硬くて噛みごたえがあるから

犬は噛むのが大好きです。鹿の角はその「噛む欲求」を満たしてくれるのです。

今までは家具や物を噛んでしまう問題行動が目立っていた犬が、「鹿の角をあげ始めてからは問題行動の回数が減った」という声もあるようです。ストレス解消にもなっているのかもしれません。

2.鹿の髄液が入っているから

鹿の角には、犬が野生の頃から食べていたとされる「髄液」が入っています。犬はこの髄液の匂いや味に反応していると考えられています。

髄液には、少量ですがミネラルなどの栄養分も含まれています。
髄液の匂いや味に反応するのは、犬の祖先である狼が鹿を餌としていたことも関係しているかもしれません。確かに犬は鹿肉のジャーキーなども好きですよね。

この様な理由から、犬にとって鹿の角は、「噛む欲求」「食欲」を満たしてくれるアイテムなのです。

犬に鹿の角を与えるメリット

犬,硬いおやつ,鹿の角,健康,歯,誤飲

1.長持ちするのでコスパが良い

「鹿の角」はなんといっても長持ちします。

一般的なガムやおやつはあっという間に食べたり、新しいおもちゃもすぐにボロボロにされたりしますよね。その点、「鹿の角」は他のおやつやおもちゃよりも断然減りが遅いのです

もちろん削れて少しずつ小さくはなりますが、普通のガムに比べて頻繁に買い替えをしなくて済むので、経済的にも助かりますね。

2.無臭である

犬用の噛むアイテムとして、鹿以外の動物の皮やヒヅメなども販売されていますが、獣臭が気になるという声もあります。

一方で、鹿の角は無臭なので、臭いの面でもありがたいアイテムですね

鹿の角はデンタルケアの助けになるの?

一般的には、歯磨きガムや硬いおやつは、歯石の一部を取り除いてくれる役割があると言われていますが、デンタルケアの観点から言えば、歯垢を取り除くことの方が重要です。(歯石は歯垢の塊であり、歯石には歯垢が付着しやすくなりますので、歯石を取り除くことももちろん重要です。)

この歯垢はガムや鹿の角を噛むだけでは取り除くことはできず、歯の健康が完全に保たれるわけではありません。デンタルケアを考えるのであれば、歯磨きや定期検診を行うようにしましょう。

鹿の角を与える際の注意点

犬,硬いおやつ,鹿の角,健康,歯,誤飲

ここまで見ると鹿の角は良いことばかりのように見えますが、注意点が多いアイテムでもあります。
「うちの犬にも鹿の角をあげてみようかな」と思った方や、すでに鹿の角を愛犬に与えている方は、鹿の角を与えるメリットだけでなく、注意点もしっかり抑えておきましょう。

1.硬い鹿の角は歯を傷つけることがある

鹿の角の大きな特徴は何より「硬い」ことです。この硬さが売りでもある一方、硬いおやつには注意点があります。
犬は、硬すぎるものを食べ続けたり、一定以上の力を入れてものを噛んだりすると、歯のエナメル質が傷ついたり、歯が折れてしまうことがあります

2.幼犬・老犬・小中型犬は特に注意

歯や顎の強さには個体差があるので一概には言えませんが、体重30kg前後の大型犬種は、相当な力がかからない限り歯が折れにくい傾向にあります。
逆に、小型犬・中型犬は歯の摩耗や破折の危険性が高くなるので注意が必要です。

歯が弱いと考えられる小型犬・中型犬や、幼犬または老犬に鹿の角を与えることはおすすめできません。鹿の角を与えるのはやめておきましょう。

3.犬が鹿の角を食べている時は目を離さない

鹿の角を噛ませる時間を1日5分〜20分程度に決め、犬が噛んでいる際は常に目の届くところにいてあげてください。留守の間や、忙しくて犬の様子を見られない時にはあげるのは避けましょう。

鹿の角を噛む様子を観察してみて、犬が夢中になりすぎて力の加減をせずに噛んでしまっていたり、鹿の角を与えた時に「犬が興奮しすぎているな」と感じた場合には、今後はなるべく与えるのをやめましょう。

ただし、噛んでいる途中で無理に取り上げようとすると、瞬発的に噛む力が強くなったり、誤飲の危険性があるので注意が必要です

4.小さくなったら買い換える

犬は硬い物であっても、飲み込める大きさのものは丸呑みしてしまうことがあります。鹿の角は最初は長いのですが、噛んでいる間に少しずつ短くなります。
万一、飲み込んでしまうと、喉に詰まったり、なかなか消化できずに胃腸炎を起こしてしまうことがあります。

時間が経って小さくなったら、鹿の角を買い換えましょう。

口の中にすっぽり入らない長さであっても飲み込んでしまう可能性はあるので、手に持ちながらあげるのも良いかもしれませんね。

5.体に合わない可能性もある

鹿の角が体に合わず、中にはお腹を壊してしまう子もいます。鹿の角をあげたら、便の様子を確認してみてください。

便がゆるい場合は、残念ですが今後は与えるのをやめましょう。また、歯の異常がないかのチェックと、定期検診も欠かさないようにしましょう。

鹿の角はどこから来ている?

犬,硬いおやつ,鹿の角,健康,歯,誤飲

犬に与える鹿の角は、日本の里山で害獣として駆除されてしまう鹿を再利用しています。

日本の里山で増えている鹿や猪ですが、駆除した際の廃棄を減らすための取り組みの一つでもあります。最近のジビエブームもそういった背景があります。

そうした鹿の角を洗浄・消毒した後、裁断し、研磨して犬のおやつにしています。

まとめ

犬,硬いおやつ,鹿の角,健康,歯,誤飲
愛犬が夢中で何かを噛んでいる姿を見るのは可愛いですよね。鹿の角は硬いおやつの中でも特徴的で人気もあります。

しかし、鹿の角などの硬いおやつ・おもちゃは歯の磨耗・破折や誤飲の危険性も持ち合わせています。
以上の注意点を守って、飼い主さんの正しい管理と責任のもと、愛犬に楽しい時間を過ごしてもらいましょう。