放置されたフンのDNAで犬の飼い主を特定?イタリア他、各国の対策

街中で愛犬と散歩を楽しむ飼い主さんが増える一方で、道端に放置された犬のフンを目にしたことのある人も少なくないでしょう。

放置された犬のフンは不快なだけでなく、衛生的にも問題があります。犬を飼う以上は、他の人に迷惑をかけないようにしなければいけません。

今回は、イタリアで始まったDNAによる飼い主の特定について解説し、世界各国の取り組みについてご紹介します。

放置されたフンから飼い主を特定する

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
この度、イタリアの複数の都市で、放置された犬のフンをDNA解析し、犬の飼い主を特定するプロジェクトが開始されました。

まず、飼い主に愛犬のDNAを事前に登録することを義務付けます。そして、放置された犬のフンのDNAを解析して飼い主を特定します。

飼い主が特定できた場合、罰金として50~500ユーロ(約8000~8万円)が科されます。また、DNA登録を拒否した場合も最大1000ユーロの罰金が命じられます。DNA登録は3月下旬頃から義務化されるとのことです。

すでに導入している国もある

同様のプロジェクトは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペインなどの一部地域でもすでに行われており、一定の効果が出ることもわかっています。実際、半年前に旅行先で放置したフンのDNAが解析され、罰金の通知が来たことがニュースで取り上げられており、このことからも有効性がわかるでしょう。

もしかしたら近い将来、日本でも同様のプロジェクトが始まるかもしれません。

日本で犬のフンを放置したらどうなる?

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
普通に道を歩いているだけでも、放置されたフンを見かけることがありますが、日本ではどのような罰則があるかご存じでしょうか。

廃棄物処理法違反

犬のフンは廃棄物処理法第2条により「廃棄物」に該当します。さらに、廃棄物処理法第16条には、以下のように書かれています。

何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。

違反者には5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金が科されることがあります。

軽犯罪法違反

軽犯罪法第1条27では、罰則対象になるものを以下のように規定しています。

公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物又は廃物を棄てた者

犬のフンは、軽犯罪法が定める「その他の汚物」とみなされるため、犬のフンを放置した場合、罰則が課せられるケースがあります。

条例違反

犬のフン放置について、さまざまな自治体の条例により規制されています。しかし、その内容はまちまちで、罰金などの罰則が定められているところもあれば、指導や勧告程度の場合もあります。お住まいの地域ではどのような罰則があるかぜひ調べてみてください。

世界のフン放置の対策

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
犬のフン放置問題は、日本だけでなく世界中で悩みの種となっています。フンの放置に罰金を科している国や地域も多いですが、他にもさまざまな方法で道端や草むらに放置されたフンをなくす取り組みが行われています。

日本

日本では、京都府宇治市が始めたイエローチョーク作戦を多くの自治体で導入しています。

イエローチョーク作戦では、放置された犬のふんを黄色いチョークで丸く囲み、発見した日付と時間を書きます。こうすることで飼い主に迷惑していることを知らせ、マナー向上を目指します。

言ってしまえば相互監視のようになってしまいますが、「誰かに見られていることを知らせる」ことでフン放置を予防しています。何とも日本らしい取り組みですね。

オランダ

オランダでは、地元のトゥウェンテ大学の協力を得て、放置された犬のフンをドローンを使って上空から検知し、位置情報や画像を地上のドローンに送りフンを回収する仕組みを開発しました。このシステムでは、周辺の温度との違いによりフンを検知しているため、時間の経ったフンは見つけられません。

放置されているフンを物理的に除去するシステムのため、フンの放置の抑制にはなりませんが、放置するのが当たり前になってしまっている人たちの行動を変えるよりも、放置されたフンを効率的に回収する方が良いという考えのもとで考案されました。

実用化はまだされていませんが、今後に期待したいですね。

イギリス、ドイツ、スイスなど

日本ではあまり馴染みはありませんが、海外の公園や道端には犬のフンを捨てる専用のゴミ箱を見かけることがあります。ゴミ箱を設置することで、家に犬のフンを持ち帰る必要がなくなり、放置を減らそうという取り組みです。

アメリカ

アメリカ・ニューヨーク市でも犬のフンの放置は条例によって禁止されているものの、実際には違反者の取り締まりはほとんど行われず、実質的に野放し状態になっていました。

そこで、2022年からは市の衛生局や警察などにより取り締まりを強化しているようです。古典的な方法ではありますが、人の目があるだけで抑止力になるのでしょう。

最後に

犬,フン放置,ゴミ箱,イエローチョーク作戦,DNA,違反,罰金
犬のフン放置の問題は多くの人が不快に思っている一方で、飼い主を突き止めるのが難しく、罰金などの制度があっても野放しになっていることが多いのが現状です。

一部の非常識な飼い主のせいで、多くの飼い主が肩身の狭い思いをしていることも事実です。犬を飼う場合は、このような当たり前のこともしっかりできるか、考える必要があります。

今回イタリアで始まったDNAプロジェクトは、他の国や地域などでも一定の効果が出ていることがわかっています。しかし、罰金を払うのが嫌だから放置するのをやめるのではなく、飼い主の当然のマナーとしてフンの放置をしないようにしていきたいですね。

オオカミに近い犬種ランキングTOP14を発表!一位は身近なあの犬

大規模な遺伝子解析研究の結果、犬の祖先はオオカミであることがわかっていますが、オオカミからいつ、どのように犬になったかは、未だ解明されていません。

しかし、どういった犬種が遺伝子的にオオカミ近いかは研究により判明しています。そこで今回は、オオカミに近い遺伝子をもつ犬種をランキング形式でご紹介していきます。

犬が持つ4つの遺伝的な要素

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
2004年に科学誌『サイエンス』にて、アメリカの研究チームによる85犬種のDNA分析結果が発表されました。
全ての犬は次の4つの遺伝的特徴を持っていますが、犬種によりその比率が異なるため、様々な特徴が現れていると考えられています。

1.WOLFLIKE(ウルフライク)

古くから存在しており、オオカミに最も高い類似性を持つDNAです。

2.HERDERS(ハーダー)

群れをなす習性がある、牧羊犬タイプの犬種に多いDNAです。

3.HUNTERS(ハンター)

狩りをする特性を持つ犬種に多いDNAです。猟犬の大部分がこの特性を多く持ちます。

4.MASTIFFLIKE(マスティフライク)

筋肉質で力が強く、戦闘的な犬種が持つDNAです。軍用犬や警察犬に向いているとされます。

オオカミに近い遺伝子を持つ14の犬種

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
先述した4つの遺伝的要素のうち、ウルフライクの割合が高いほどオオカミに近い犬種だとされています。
それでは、ウルフライクの割合が高い犬をランキング形式で見ていきましょう。

オオカミに近い遺伝子を持つ犬ランキング

順位 犬種 原産国・地域
1位 柴犬 日本
2位 チャウ・チャウ 中国
3位 秋田犬 日本
4位 アラスカン・マラミュート アメリカ
5位 バセンジー 中央アフリカ
6位 シャー・ペイ 中国
7位 シベリアン・ハスキー アメリカ
8位 アフガン・ハウンド アフガニスタン
9位 サルーキ 中東
10位 チベタン・テリア チベット(中国)
11位 ラサ・アプソ チベット(中国)
12位 サモエド ロシア北部及びシベリア
13位 ペキニーズ 中国
14位 シー・ズー チベット(中国)

※シベリアン・ハスキーについては、ロシア原産とされることもありますが、今回はジャパン・ケネル・クラブ(JKC)の犬種情報に合わせてアメリカ原産としています。

このランキングの中でも、上位4犬種は特にオオカミに近い遺伝子を持つとされています。

かつてのDNA解析の研究では、上位9種だけがオオカミに近い犬種とされていました。その後、より精度の高い「ストラクチャー解析」により、10~14位の犬種もオオカミに近い犬種に加わります。

その結果、東アジア原産の犬種がよりオオカミに近い遺伝子を持つことが分かり、イヌの起源が東アジアであるという説も提唱されています。

性格的に似ている!東アジアの犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】左上:柴犬(1位)、右上:チャウ・チャウ(2位)、左下:秋田犬(3位)、右下:シャー・ペイ(6位)

1位が柴犬だった結果に驚いたかもしれませんが、柴犬や秋田犬は精悍な顔立ちですのでオオカミに近いのもうなずけます。
一方で、チャウ・チャウやシャー・ペイは独特の風貌で、オオカミに近い容姿とは言えず、意外な結果でした。

性格的には、この4犬種ともに独立心や警戒心を強く持つ傾向があるのですが、その性格こそがオオカミに近い原始的な犬の特徴を表すものなのだそうです。

また、この研究では日本犬は柴犬と秋田犬のみが対象であったため、他の日本犬も解析されればオオカミに近い遺伝子を持っている可能性があるかもしれません。

見た目は似ている!北極圏周辺の地域の犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】左上:アラスカン・マラミュート(4位)、右上:シベリアン・ハスキー(7位)、下:サモエド(12位)

アラスカン・マラミュートやシベリアン・ハスキーは、かなりオオカミに近い容姿をしているので、ランクインするのも納得できます。

性格的には、3犬種ともに穏やかで、優しく、フレンドリーな傾向があり、先ほどの東アジアの犬たちとは対照的な点です。

ちょっと意外な中東・アフリカ地域の犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】上:バセンジー(5位)、左下:アフガン・ハウンド(8位)、右下:サルーキ(9位)

「吠えない犬」として知られるバセンジー。容姿は日本犬のような原始的な犬の特徴があります。
アフガン・ハウンドとサルーキは、よく似た外見をしていますが、オオカミとは全く異なります。

どちらも「視覚ハウンド(サイトハウンド)」と呼ばれる同じグループに属しており、猟犬の中でも特に視力が優れていて、獲物を追うために素早く走れる能力を持つという特徴があります。

性格は3犬種とも落ち着きがあるタイプで、独立心に富み、頑固でマイペースな傾向があります。

ウルフライク!?東アジアの愛玩犬たち

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
【画像】左上:チベタン・テリア(10位)、右上:ラサ・アプソ(11位)、左下:ペキニーズ(13位)、右下:シー・ズー(14位)

中国、チベットの愛玩犬たちがランクインしていますが、どの犬も小型~中型犬で可愛らしさがあり、とてもオオカミに近いとは言えない外見をしています。

性格として、この4犬種に共通する特徴はあまりありませんが、強いて言うならば、ランキング上位の犬種の方が、警戒心が強く、吠える傾向があり、下にいく程それらが弱まる傾向が見られます。

まとめ

DNA,ウルフライク,オオカミ,犬,犬の起源,犬種,遺伝子
近年の研究によると、ヨーロッパ原産の犬種は全て同一の祖先を持つとされ、それらと違う系統に今回ご紹介したようなオオカミに近い遺伝子を持つ犬種がいます。

一説には、犬の祖先がオオカミから分かれた後、東アジアの系統に分かれ、次にバセンジーのようなアフリカの系統に分かれ、北極圏周辺の系統、中東の系統からヨーロッパへと分かれていき、今に至ったと言われています。

この辺りの歴史は、まだまだ定かではありませんが、今後研究が進むことで犬の起源の謎を解明して欲しいですね。