117views
いぬの健康
  • グッズ
  • ペットヒーター
  • 仕草
  • 室内
  • 寒さ
  • 対策
  • 散歩
  • 洋服
  • 温度
  • 湯たんぽ
  • 適温
  • 防寒
  • 防寒着

これから訪れる冬の寒さに備えよう。室内犬のための寒さ対策まとめ

YoshiT
YoshiT シェリー編集部/ライター

犬は、人のように衣類を自分で着たり脱いだりすることができません。

ですので、飼い主さんは犬の様子をよく観察して、室温を調節するなどの工夫をする必要があります。

しかし、「寒さ対策といっても具体的になにをすれば良いか分からない」という方も多いかもしれません。

今回の記事では、犬のための防寒対策についてご紹介します。

犬と低気温

雪道を走る犬

犬が寒いと感じる温度

犬種や個々の犬によって多少異なりますが、一般的に犬にとっての適温は24度前後であると言われています。ですから、室内の温度は20度を下回らないように気をつけましょう。

また、暖房をつけると空気が乾燥しやすくなります。湿度計や加湿器を取り入れて、部屋の湿度もこまめにチェックしましょう。

寒がっている時のしぐさ

以下のようなサインが見られた場合は、室温が下がりすぎていないか確認してください。また、冷気が床付近に溜まっている可能性もありますので、そちらも注意してください。

  • 体を震わせている
  • 鼻先を隠している
  • 体を丸めて縮こまっている
  • 水を飲もうとしない
  • 下痢をしている

寒さに弱い犬種

原産地や体格、被毛などの違いによって寒さに強い犬種、弱い犬種が存在します。

寒冷地が原産の犬種や、厚いダブルコートに覆われている犬種は寒さに強いといえますが、そのほかの犬は寒さに弱いと思ってください。

寒さに弱い犬の具体的な例としては

  • 南国原産の犬種
  • 小型犬
  • シングルコートの犬種
  • 短毛の犬種

などが挙げられます。

加えて、病気にかかっている場合や、幼犬老犬の場合も寒さに弱くなります。

室内犬の寒さ対策


では、実際にどのような寒さ対策を行っていけば良いのでしょうか。いくつか効果的な対策方法をご紹介いたします。

湯たんぽ

湯たんぽのメリットは、「熱い」「冷たい」と感じる時には犬が自らから離れ、適温の時にはくっついて温まることが出来るという点です。

しかし、湯たんぽに長時間触れていると、低温やけどになってしまう危険性があります。

犬が気に入って長時間ずっとくっついているようであれば、お湯の温度を調節しましょう。

最初から中に入れるお湯の温度を60度くらいにしておいて、低温やけどが起こるのを防ぎます。

ペットヒーター

ペットヒーターとは、ペットが座れるサイズに作られたホットカーペットのような商品です。

ペットヒーターをコンセントに繋いで温度を設定すると、その設定温度に合わせて加温し続けてくれます。

湯たんぽと比べてさらに便利に思える商品ですが、注意しなくてはならない点がいくつかあります。

コードは犬がかじって千切れるような細さではないか、カバーが破けそうではないか、高温になりすぎることはないかなど、安全性を考慮して選ぶようにしましょう。

犬用の防寒着

寒さに弱い犬にとっては、犬用の防寒着は重要です。冬にお散歩するにあたって必須ともいえるグッズになります。

犬に洋服を着せることに対して抵抗のある飼い主さんもいらっしゃるかと思いますが、気候が犬にとって適当でない場合は、洋服を着せることがペットの健康を守ることにつながります。

洋服を着ることに慣れていないわんちゃんですと、寒い日にいきなり着せようと思っても、びっくりして嫌がるかもしれません。

普段から少しずつ慣れてもらい、必要な時にしっかり着用できるようにしておきましょう。

トイレは暖かい部屋に

トイレが廊下などの寒い場所に設置してある場合には、犬はその寒さを嫌がってトイレを我慢してしまうことがあります。

泌尿器系のトラブルを避けるためにも、トイレは暖かい場所に設置しましょう。

ケージの中を工夫

日当たりのよい暖かい場所や、暖房の風がきちんと届くような場所にケージを設置するようにしましょう。ただし、直射日光や直風が当たるような場所は避けてください。

また、冷たい床やプラスチックなどに、直接犬の肌が触れることがないように気をつけましょう。ケージの中の床には、毛布などを敷いてあげると良いでしょう。

冬のお散歩の工夫

犬が雪の中を全力疾走
寒い冬は、犬も飼い主さんも散歩に出るのが億劫になりますよね。

しかし、適度な運動は筋肉を作り、代謝を上げてくれますし、ストレス発散にもなります。冬でもきちんとお散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。

冬のお散歩の仕方については以下のリンク先の記事で詳しく紹介しています。

【秋・冬】寒い日のお散歩はどうする?愛犬のために気をつけたいこと。

最後に

雪とピンクの車
冬は、飼い主さんにとっても、わんちゃんにとっても、厳しい季節となります。朝のお散歩も、寒さで布団から出られず、ついついサボってしまうことも…。

そんな季節だからこそ、寒さを乗り切るためにも、一度装備を見直して、しっかりと防寒対策をしてみませんか?

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。

いぬに関する記事