36views
ねこ飼い方

猫は本当に猫舌?適切な温度のご飯を与えてあげよう!

yuri
yuri シェリー編集部

出来立てで熱々な料理はとても美味しいですが、「猫舌だから熱い食べ物が苦手」という人もいるでしょう。ところで、熱い食べ物が苦手な人をなぜ「猫舌」というかご存知ですか?また、猫は本当に熱いものが苦手なのでしょうか?

今回は、「猫舌」という言葉が使われるようになった理由と、猫に与えるご飯の温度について紹介していきます。

猫は猫舌?

猫,猫舌,ウェットフード,ドライフード
実は猫に限らず、哺乳類のほとんどは、いわゆる「猫舌」であると考えられます。自然界では、特別な環境でもない限り、熱いものが存在しません。そのため、獲物である動物の体温以上のものを口にする機会がなく、熱いものへの耐性がないのです。

一方で、火を獲得した人間は、食材を焼いたり加熱することにより、熱いものでもある程度は平気で食べられるようになりました。このような哺乳類はほかにおらず、人間の方が特殊であると言えるでしょう。

「猫舌」という言葉の由来

猫,猫舌,ウェットフード,ドライフード
江戸時代、猫はペットとして、もしくはねずみを捕まえるために家の中で飼われていたため、人間のすぐそばで生活していました。

当時はキャットフードなんてものはなく、食事は猫まんまのようなものをよく与えられていました。しかし、熱々な味噌汁がかかった猫まんまはすぐには食べられません。猫の飼い主たちはそんな様子をよく見ていたことから、熱いものが苦手なことを「猫舌」と呼ぶようになりました。

猫舌という言葉は江戸時代にはすでに生まれており、飼い主と猫との密接な関係が伺えますね。

温かいご飯と冷たいご飯はどっちが良い?

猫,猫舌,ウェットフード,ドライフード
猫舌である猫に与えるご飯は、冷たい方がいいのでしょうか?実は、猫が好む温度は35℃程度といわれており、冷たすぎても食べてくれない場合があります。

常温保存であればあまり気にする必要はありませんが、冷蔵庫で保管されたウェットフードは特に冷えているため、温めた方がいい場合があります。詳しく見ていきましょう。

1. 食欲がないとき

嗅覚が発達している猫は、食べられるものかを匂いで判断しており、香りの良いものが大好きです。

冷蔵庫で冷やされたものはあまり匂いもなく、食欲がそそられませんが、温めることによって香りが立ち、食欲がないときでも比較的食いつきが良くなります

2. 老猫やお腹を下しやすい猫に与える時

家庭用の冷蔵庫は約2〜6℃に設定されており、猫にとっては冷たすぎてしまいます。あまり気にしない子もいますが、免疫力が低下していたりお腹が弱い子の場合、体を冷やしてしまい下痢の原因にもなってしまいます。

老猫やお腹が弱い子に与える際は、適度に温めてあげると安心です。

3. 冬などの寒い時期

ただでさえ寒い冬の時期。「猫はこたつで丸くなる」なんて歌われることもありますが、砂漠出身の猫は寒さにはあまり強くありません。
そのため、冬は温めたフードを与えるという飼い主が多いようです。

猫に与えるフードの温め方

猫,猫舌,ウェットフード,ドライフード
何も考えずに温めてしまうと加熱しすぎてしまい、逆に猫が食べてくれなかったり火傷してしまうかもしれません。猫が好む人肌程度に温め、温度にムラが生じないよう、よく混ぜてあげましょう。

湯煎が王道

あらかじめ人肌に温めたお湯を入れた鍋に、パウチや缶を入れて湯煎します。
人が触れないくらいの熱いお湯に入れたり、フードを入れた状態で加熱すると熱くなりすぎてしまうので、必ず温度を確認してください。

電子レンジは要注意

袋や缶からフードを出して耐熱容器に移し、数十秒間温めましょう。他の食べ物の匂いがついてしまうこともあるので、ラップをかけるのも大切です。

場合によっては温まり方にムラが生じてしまうことがあります。一方は冷たいけど一方は熱いということがないように、よくほぐし人肌に冷ましてから与えましょう

便利グッズも活用しよう!

日常的にフードを温めて与えている場合、いちいちレンジや湯煎で温めるのはなかなか厄介な作業でしょう。また、適切な温度に調整するのも一苦労です。そんなときは、温度を一定に保ってくれるフードウォーマーの活用を検討してみましょう。

ただし、湯煎やレンジと比べて温まるのに時間がかかるため、「今すぐ温かいご飯をあげたい!」というときには向きません。前の日の夜など、事前に温めておく必要があります。

ドライフードの場合は?

ドライフードは基本的に温めるということをしません。

しかし、どうしてもドライフードを美味しく食べてもらいたいという場合は、ぬるま湯でふやかしたり、温めた煮汁やミルクを少しかけてあげるだけでも香りが立ち食いつきが良くなりますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

猫,猫舌,ウェットフード,ドライフード
猫舌という言葉の通り、猫は熱いものが苦手です。そもそも自然界で暮らしていた動物にとって、獲物の体温より高い温度のものを食べる機会はなく、火を使い加熱調理をしている人間のほうが特殊であったと言えます

ご飯を温めるべきかどうかは、猫次第なところもありますが、冷蔵庫から出してすぐのものは冷たすぎて体を冷やしてしまうこともありますので、適度に温めてあげるといいでしょう。

また、猫がご飯を食べてくれなくて悩んでいる場合は、温めたり、トッピングをしてあげることで食いつきが良くなるかもしれません。ぜひ試してみてください。

関連リンク

猫は甘味を感じない?猫の食いつきをよくする裏ワザもご紹介!
https://cheriee.jp/cats/28315/
猫が水を飲まない!その理由と、試してみたい10の対策
https://cheriee.jp/cats/3922/
【獣医師監修】猫の下痢の原因は?チェックすべきポイントを徹底解説
https://cheriee.jp/cats/23831/
愛猫に合ったフードって?選び方の基本や保存方法を解説
https://cheriee.jp/cats/30398/
【5分で分かる】保護猫や野良猫がご飯を食べない時の原因と対処法
https://cheriee.jp/cats/25040/
【検証】CIAO(チャオ)ちゅ〜ると類似品の塩分濃度を比較してみた
https://cheriee.jp/cats/15943/
  • ウェットフード
  • ドライフード
  • 商品紹介
  • 猫舌

ねこに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。