ボランティア知識

犬猫のボランティアがしたい。実はあまり知られていない「1つの方法」。

BY Chisato2017年8月25日 更新
420 views

  • 誰でも簡単に署名のキャンペーンやページ作成ができる「change.org」を使う
  • 山ほどある成功例。日本だけではない!
  • 多くの人の声を集めて、届けることができる。

ペットに関する社会問題に対して、自分も何か役に立てることはないだろうか、と思っている人も多いのではないでしょうか。ペットが悲しんでいたら悲しいし、どうにかして多くのペットを救いたいですよね。今日は、私たちでもできる活動としてネット署名ができる「change.org」を紹介したいと思います。ネット署名を通して、社会に対してインパクトを与えることができるということを感じてもらえれば幸いです。

自分の声が世界を変えるかも?

地球儀をもつ手
「自分の意見やアイディアが多くの人に伝わって、世界中に届けることはできないのか」と、1度は考えたことがあるのではないでしょうか。今日紹介する「change.org」(チェンジ・ドット・オーグ)は、誰でも簡単に署名のキャンペーンやページを作成することができ、また多くの声を集めて実際に国や団体に働きかけることができます

ネットでの声が世界を動かすことなんてできるの?

机の上のパソコン
「保育園落ちた、日本死ね」というフレーズはご存知ですか?話題になっていたので、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。これは待機児童問題に直面した方が書いた「保育園落ちた、日本死ね」という匿名ブログのことです。待機児童問題が日本中で議論されるようになるきっかけを、この一声がつくったといっても過言ではありません。少し過激な表現ではありますが、それも相まって、ネット上の声が共感を生み、日本中を巻き込むことになった代表的な例と言えます。

実際にどんな動きがあったの?

万歳をする人
change.orgで立ち上げられたキャンペーンから、実際にたくさんの成功例が出ています。そしてこれは国や団体へ訴えかけることが可能です。実際に法の改正へ動き出した成功例は数知れず。

また、このサイトはアメリカで生まれ、現在では世界中から声が挙げられ、賛同を得ています。なんと今までで22,221件の成功事例が196ヵ国で勝ち取られました(2017.8.8現在)。自分が知らないだけで、身の回りのニュースもこのchange.org発だったりすることもあります。最近では、刑法性犯罪が110年ぶりに改正されましたが、それもこのサイトで集められた声によって国が動いたことによるものです。

動物に関するキャンペーンも数多く存在

キャバリア
「animals」というタグを見てみると、様々なキャペーンがあることがわかります。例えば、現在では「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正を求める署名が行われており、目標の署名人数5万人まであともう少しです。この署名運動では、犬猫の繁殖業を免許制にするなどを含むいくつかの項目があります。こうした、「動物を救う」キャンペーンが数多くあり、家でもどこからでも、クリック1つでこの運動に参加できます。(2017.8.8)

どうやって参加?

macを使う人
参加の仕方は2種類あります。1つ目は、既にあるキャンペーンに署名をするというもの。サイトのページから簡単に署名ができるので、「どうやったらいいの?」という疑問点を持つことなくスムーズに行えると思います。 2つ目は、自分でキャンペーンを立ち上げるというものです。実際に自分が「おかしい!」と思っていることを発現することで、日本や世界が変わるかも知れません。

自分の声で世界を変えよう

world
「動物を救いたい」「ボランティアに参加して見たい」。私もそう何度も思って調べたことがありますが、よくわからないことも多く、取り組みを諦めてしまったことがあります。ボランティアだけでなく、このようにして貢献することも出来るというのは自分にとって驚きであり、また希望でもありました。自分の一声が、世界をよりよくします。小さな一声ではなく、世界を動かすかも知れない大切な一声です。よかったら、のぞいて見てくださいね。

    本日紹介した、ネット署名ができる「Change.org」はこちらから
    ☞ Change.org

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ