89views
コラム

動物福祉を考えるならヴィーガン?編集部でヴィーガン食生活に挑戦

Risa
Risa シェリー編集部

シェリー編集部では以前、家畜の動物福祉や環境問題、健康維持などの理由から、世界でヴィーガン人口が増えていることをみなさんにお伝えしました。

畜産のあり方を考え直し、今まであまり知らなかったヴィーガンの生活を知ってみたいという思いから、シェリー編集部の3名で、「1週間ヴィーガンチャレンジ」をやってみることにしました。

なぜ、「ヴィーガン」?

ヴィーガン 動物福祉 環境 健康

ヴィーガン料理は、肉や魚、乳製品、卵、蜂蜜など、動物性のものを使わない料理のことを言います。

ヴィーガンチャレンジに参加した3人の編集部は、どうしてヴィーガンに興味を持ったのでしょうか。

編集部員Aの場合

もともと動物福祉に関心がありましたが、今までは主にペットの福祉が中心でした。しかし、ペットのことを考えるうちに、家畜の福祉も確かに考えなきゃいけない、と思うようになりました。あとは、歯の治療で療養中だったので、ちょうど食事があまり食べられなかったという理由もあります(笑)

編集部員Bの場合

最近少し体型が気になっていたとき、ヴィーガンはバランスよく食べれば健康に良いという話を聞いて、やってみようという気持ちになりました。また、「ヴィーガンの食べ物の調達は難しいのかな?」「逆にお肉を食べないことで体調が悪くなったりしないのかな?」という興味もありました。

編集部員Cの場合

ヴィーガンに関心を持った一番の理由は、畜産業が環境問題の大きな要因となっていると知ったことでした。食生活を変えるのには勇気がいるけど、畜産業が地球環境に対して相当な破壊力を持っていることを知って、このままではいけないような気がしました。そこでまずは1週間、自分で試してみることにしました。

ここに挙げられたように、動物福祉健康維持環境問題などへの関心の高まりから、今、特に欧米の若者を中心にヴィーガン人口が拡大しています。日本ではまだあまり浸透していないように思えますが、これからヴィーガン食を取り入れる人や、ヴィーガン料理を提供するレストランが日本でも増え、なじみのあるものになっていくでしょう。

なお、今回は食生活のみの見直しを行っていますが、本当のヴィーガンは、食生活だけではなく、洋服はもちろん、石鹸や化粧品などの生活用品の全てを植物性由来のものに変えます。

どんな料理を作ったの?

ヴィーガン料理と聞いて、みなさんはどのようなことを思い浮かべるでしょうか?「ヘルシーなものが多そう」「野菜だけを食べる」「食べられるものが少なそう」「美味しくなさそう」など、いろいろなイメージがあるでしょう。

ここでは、編集部が1週間でチャレンジしたヴィーガン料理をご紹介します。

代替肉「ソイミート」を使った料理

大豆たんぱくから作られた代替肉「ソイミート」を使えば、本物のお肉がなくてもこれまでと同じ料理が楽しめます。

初めはわずかに味にクセがあると感じましたが、よく洗って、しっかり絞って味を染み込ませるなど少し工夫してみたところ、本物のお肉とほとんど変わらないおいしさでした。何も言わなければ家族も代替肉とは気づかなかったほど、再現度が高かったです。

大豆は「畑のお肉」とも呼ばれているのをご存知の方も多いでしょう。ソイミートのグラム当たりのタンパク質量は本物のお肉より多く、代わりに脂質などが少ないため、栄養面でも優れています。

ヴィーガン ソイミート  大豆ミート 代替肉

上段:唐揚げ、回鍋肉、カレーライス
下段:餃子、麻婆茄子、筑前煮

ソイミートはさまざまなメーカーから販売されていますが、今回編集部が使ったのは、「三代目茂蔵豆腐」の大豆のお肉シリーズ。

水で戻した後、「しっかり絞って洗う」を数回繰り返せば、大豆の臭みが消えて行きます。

豆製品などを使った料理

豆類、豆腐、豆乳、車麩などを使えば、タンパク質をしっかり補うことができます。

ヴィーガン 豆腐 豆乳 豆 料理

上段:おからハンバーグ、豆の野菜煮込み、車麩の肉じゃが風
下段:厚揚げの煮物、豆腐と長芋のがんもどき、豆乳坦々うどん

フルーツを使った料理・甘いおやつ

牛乳やバター、白砂糖を使わなくても、豆乳や菜種油、ピーナッツバターやメープルシロップなどを使うことでパンケーキやクッキーなどを作れます。

栄養補給のため、ナッツ類やオートミールも混ぜ込んでみました。

ヴィーガン スイーツ おやつ

上段:ココナッツ・パンケーキ、ごまクッキー
下段:ラズベリーアイスクリーム、スムージーボウル

ヴィーガン食に挑戦してみた感想

ヴィーガン 豆腐 豆乳 豆 料理

編集部員Aの感想

しっかり食べ物を選んで食べていたので、「体に良いものを食べている」という感覚がありました。出汁など、一部の食品は植物性のものを選ぶ難しさを感じましたが、甘いものも食べられる(白砂糖はNGなので、てんさい糖を使います)し、牛乳がなくても豆乳で代替できるし、思っていたより食べられるものの制限は小さいかったです。
また、今までヴィーガンは宗教的な意味合いが強いものだと思っていたのですが、社会問題に対する意識の高さからヴィーガンになる人もたくさんいるのだろうと思うようになり、ヴィーガンに対するイメージも変わりました
これからも、毎日完璧にとはいかずとも、基本的には続けていきたいと思っています。

編集部員Bの感想

Aさん同様、始める前は「ヴィーガン=食べられるものがほとんどない」というイメージがあったのですが、実際にやってみると、ヴィーガンでも食べられるものは随分多いのだと分かりました。
また、肉を食べなかった場合に体調を壊すのではないかと少し疑いましたが、全然そんなことはなかったですし、気持ち的にも、「肉を食べたい!」という欲求も特に生まれませんでした。ただ、日本ではまだスーパーなどにヴィーガン食品が充実していないことや、慣れていないこともあって、材料の調達が少し大変でした。
これからは無理のない範囲で、週に1日はヴィーガン料理を取り入れていきたいと思っています。

編集部員Cの感想

ずっとお肉を食べて育ったので、始める前はお肉を食べられないことに抵抗がありました。しかし、「ヴィーガン料理」と言っても、豆乳やアーモンドミルク、豆腐、代替肉、豆類など、これまで使っていた動物性のものを植物性のものに置き換えるだけで作れるものも多く、食べられるメニュー自体はこれまでとあまり変わりませんでした
味もおいしかったので、お肉を食べたいという気持ちも自然と消えていきました。お腹の弱い家族は、植物ベースにしてからは胃もたれやお腹を壊すことが減り、腸内環境が改善されたと感じています
材料を置き換えるだけで、これまで通りおいしく食べて家畜動物や地球環境を守れるのなら、もっと早くから始めればよかったと思いました。

3人とも、チャレンジを始める前は、ヴィーガンは食べられるものが限られていると思っていましたが、食べ物を少し変えてみるだけで、実はヴィーガンでも食べられるものは随分と多いことが分かりました。

また、タンパク質等の栄養も、豆類や穀物類などを上手に取り入れれば、ヴィーガンでもしっかり摂取できることも分かりました。

まとめ

ヴィーガン 肉 畜産
ヴィーガン食を1週間続けた結果、ヴィーガンに対するイメージが変わり、生活に欠かせない「食」や、畜産業に関わる動物福祉や環境問題について考えるきっかけにもなりました。

みなさんの中には、「ヴィーガンに興味はあるけど、今後一切動物性のものを口にしないというのは、ちょっとハードルが高いかも…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

ヴィーガンに対して、あるいは動物福祉や健康、環境問題に少しでも関心のある方は、毎日でも、週に数日だけでも、夜ご飯だけでも、それぞれが自分のペースで、ヴィーガン料理を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連リンク

株式会社篠崎屋(三代目茂蔵豆腐)
https://shinozakiya.com/
  • ヴィーガン
  • ニュース
  • 動物福祉
  • 環境問題
  • 畜産業

コラムに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。