ごはんねこ健康知識飼い方

猫に有害?!酸化したキャットフードの特徴、見分け方。

BY シェリー編集部2017年10月25日更新

  • 酸化したキャットフードは猫の健康に悪影響を及ぼしてしまう。
  • 見た目では分かりづらく、「ベタベタする」「油っぽい」ぐらい。
  • ドライフードは開封1ヶ月をめどに食べきる。

「袋のまま」だと、危険かも

豆が溢れるコーヒー
キャットフードの保存をきちんとしていないと、どんどん酸化をしてしまいます。酸化したキャットフードは美味しくないだけでなく、健康に悪影響が出てしまうかもしれません。

一体どんなキャットフードが酸化していると判断できるのか、その見分け方と酸化の及ぼす悪影響についてみていきます。

「酸化についてもう知っているよ!見分け方だけ教えて!」という人はこちらからワープできます。

酸化の何が危ないの?

どこかを見つめるベンガルキャット
酸化とは、ある物質が酸素と化合することです。つまり、開封したキャットフードは、空気に触れ続けていくので、どんどん酸化していきます。

キャットフードには脂肪分が含まれていますが、これが酸素に触れることで、変質をします。酸化した脂肪分は、なんと最終的に悪玉コレステロールとなってしまうのです。そしてこれは、動脈硬化やガンを引き起こすと言われています。

下痢や嘔吐などの症状として現れる場合もあり、猫の健康に悪影響を及ぼします。

酸化したキャットフードは、猫の健康も脅かす存在になってしまうのです。

酸化を見分ける方法【見た目】

シリアル
酸化したキャットフードを、大事な愛猫にあげたくないですよね。では、どういう状態になったら片付ければ良いのでしょうか?

実は、見た目にあまり変化が出ないのがキャットフードの酸化です。ドライフードですと、明らかなる変色や異臭という分かりやすい変化は起こりにくいです。

劇的な変化はあまりありませんが、以下のような状態になっていたら取り下げるようにしましょう。

  • 触ると、ベタベタした感じがする
  • なんか油っぽい
  • 半日以上、出しっ放しにしてた

もしこのような状態だったら、すぐに捨てるようにしましょう。

酸化を見分ける方法【時間】


キャットフードは開封して空気に触れると、そこから酸化が始まってしまいます。目安としては、以下の期間内に食べきるようにしましょう。

  • ドライフード:1ヶ月以内
  • ウェットフード:次の日まで

また、半日以上出しっ放しにしたドライフードは、捨てるようにしましょう。半日ほどで酸化してしまいますし、猫の唾液からも菌が繁殖してしまうので危険です。

買ってきて、袋のままにしてない?

斜め下を見ている猫ちゃん
一度にたくさん買ったほうが経済的なので、大袋でキャットフード買っている方も多いのではないでしょうか。買ってきた後の保存って、どうしてますか?

この時に、袋のまま雑に保存していた場合、酸化が進んでしまいます。一体どういう保存をすればいいの?という方は、こちらを参照してみてください。

袋のままはNG!キャットフードの保存方法、場所とは。
キャットフードの保存について、お悩みの方も多いのでは?実はきちんと管理をしていないと、酸化や劣化が起こってしまいます。美味しいキャットフードを愛猫にあげるために、適切な保存方法について学んでいきましょう!

酸化防止!保存容器5選

コーヒーの袋
保存方法だけでなく、キャットフードの酸化を防ぐには「保存容器」も重要になってきます。密閉容器や真空にする機能付きの容器、おしゃれなディスペンサーなどがあります。

この機会に、保存容器を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

キャットフードの保存容器、おすすめ5選!酸化を防ぐ効果的な方法。
キャットフードの保存容器が大事と言うのはご存知でしょうか。「袋のままにしてある」と言う人も多いと思いますが、それだと味も品質も劣化してしまいます。「酸化を防ぐため、おしゃれのため、便利のため…」これらを総合的にみた【おすすめ保存容器】を5つ紹介しています。

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ