62views
プレスリリース

ルイ・ヴィトン表参道店前で、3か月袋に監禁された末殺される、ヘビのためのアクション

シェリー編集部
シェリー編集部

最近のPETAの調査の結果、ルイ・ヴィトンを傘下に持つLVMHの供給源であるインドネシアの屠殺場ではパイソンが最長3か月間も布袋に監禁され、その後ハンマーで叩かれ、カミソリの刃で切り開かれ、生きているだろう状態で皮膚を剥がされることが明らかになりました。 PETAのサポーター達は水曜日に同社表参道店の前で「ルイ・ヴィトン:動物たちの運命に共感してみよう」と書かれた横断幕の下、自らを布袋に監禁するというアクションを起こします。これはルイ・ヴィトンにエキゾチック・スキンの使用を禁止するよう要求している当団体の最新のアクションです。

PETA,ルイ・ヴィトン,パイソン

PETAシニア・ヴァイス・プレジデントのジェイソン・ベーカーは次のように述べました。
「今日の買い物客は、ルイ・ヴィトンの棚に並ぶすべてのヘビ革(皮膚)の財布やバックが、何ヶ月も監禁された後、切り裂かれてバラバラにされた繊細な動物たちの苦しみと孤独を表していると知ったら、ぞっとすることでしょう。PETAはルイ・ヴィトンに対し、動物に優しいファッションを受け入れ、動物の身体から盗まれた皮膚を販売しないよう強く求めています。」

以下のリンクでデモの様子が動画でご覧いただけます。

Instagram
TikTok

  • PETA
  • パイソン
  • ルイ・ヴィトン

プレスリリースに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。