いぬおでかけグッズ散歩知識飼い方

雨の日、犬の散歩で気をつけることとは?【おすすめレインコート】

BY シェリー編集部2017年7月12日更新

  • 6割の飼い主さんは、雨でも散歩に行くと言う調査結果
  • 雨の日のお散歩で気をつけること2つ
  • オススメのレインコート一覧

犬を飼っている皆さんは、雨の日のお散歩はどうしていますか?実は間違った散歩をしていると、愛犬の健康を損なわせてしまう原因になってしまうんです。また、今は優れた雨対策グッズもあります。「濡れるし嫌だなぁ」と憂鬱だった雨の日のお散歩について、今一度考えてみませんか。

実際みんなどうしてるの?

アイペット損害保険株式会社の「雨の日のお散歩に関する調査」によると、雨の日でも行くと答えた人は6割以上だそうです。ストレス解消のためや、運動のためになんらかの対策をとってお散歩に出かける人が多いことがわかります。

雨の日の散歩の有無

回答者の6割以上が「雨の日でも愛犬のお散歩に行く」と回答 | ペット保険のアイペット損保

雨の日でも絶対に散歩に行かなければならない、という決まりはありません。しかし、外でなければトイレをしない子など、連れて行かないと健康に支障をきたす場合ですと、やはり必ず連れて行ってあげた方が良いようです。

案外知らない「注意すること」

水たまりで遊ぶ子供

水たまりにご注意を

散歩に行くのであれば、ぜひ水たまりに気をつけてあげてください。水たまりの中には、たくさんの物質やウイルスが溶け込んでいる可能性があります。
意識しないと忘れてしまいがちですが、その水たまりは何が溶けてできているのかを少し想像してみてください。その怖さがわかるかと思います。動物の糞尿が溶けて、そのウイルスが潜んでいる可能性もあります。舐めようとしていたらやめさせるのはもちろん、なるべく水たまりを避けて歩きましょう。

肉球を守る

雨の日に長時間お散歩をすると、肉球がふやけて傷つきやすくなってしまいます。雨の日は特に足元も見えにくいですし、何が落ちているかもわかりません。長い時間お散歩をするのは、晴れの日にとっておきましょう。
肉球を守るために、ブーツを履かせるのも良いかもしれません。

レインコートとかって必要?

水も滴るいい女
雨の日に散歩に行く人の中には、わんちゃんにレインコートなどを着させる人も多いでしょう。散歩から帰ってきた後のお手入れもだいぶ楽になりますので、オススメです。

レインコート型

すっぽり覆うことができます。可愛いデザインのものを選ぶと、雨の日のお散歩も楽しくなれます。

ポンチョ型

脱ぎ着が楽です。普段持ち歩いておいて、急に雨が降った時にもサッとつけることができます。

リード付き傘

レインコートを嫌がるわんちゃんにオススメの雨対策です。

結論:雨の日も行く人が多い!

ピンクの長靴とピンクの傘
アンケート調査をみると、雨の日も散歩に行く人が多いようです。出かける際には、雨の日ならではの注意する点に気をつけて行きましょう。雨の日はただでさえ憂鬱になりやすいもの。可愛いレインコートなどを揃えて、いつもとはちょっと違ったお散歩を楽しむのも手です。

またお散歩行かない場合には、ストレスが溜まらないように配慮しましょう。家の中で遊ぶ時間をいつもより多くとるなどして、コミュニケーションをじっくりとる時間にしても良いですね。

雨の日も、愛犬と楽しく過ごしましょう!

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ