79views
いぬ健康

犬の健康は腸から!腸内フローラのバランスを整える方法とは?

Risa
Risa シェリー編集部

「お腹の調子を良くするには、腸内フローラのバランスを整えることが大事だ」ということは、聞いたことがある方も多いでしょう。

では、犬の飼い主のみなさんは、愛犬の腸内フローラについて考えたことがありますか?実は、犬の健康を保つ上でも、腸内フローラのバランスを整えることは非常に重要なのです。

今回の記事では、犬の腸内フローラのバランスを整えるために飼い主さんができることや、腸の状態を知るチェックポイントなどをご紹介します。

腸内フローラとは?

犬,腸内フローラ,腸内細菌,善玉菌,食事
腸の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、種類ごとの塊が腸の壁にびっしりと張り付いています。
その様子が、品種ごとに植えられているお花畑(flora)に似ていることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

腸内フローラの正式名称は、「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と言います。

腸内細菌はバランスが大事!

ヒトの腸内には、約500~1,000種類、約1000兆個の微生物が棲んでいると言われており、犬の腸内細菌もおおよそ同じくらいだと考えられています。

腸内細菌には、良い働きをする「善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など)」、悪い働きをする「悪玉菌(ウェルシュ菌など)」と、良い働きをすることもあれば悪い働きをすることもある「日和見菌」の3つのグループに分けられます。

これらの腸内細菌のバランスが崩れると、肥満や糖尿病、大腸がん、アトピーなど、様々な病気の原因となります。

腸内環境は犬によって違う

腸内に生息している細菌の種類や数は、ヒトによって、犬によって、それぞれ異なります。
食事内容や生活習慣、年齢、ストレス、運動量などによっても変化するため、個々に合わせたバランスの取り方が必要です。

善玉菌を増やす食事とは

犬,腸内フローラ,腸内細菌,善玉菌,食事

健康な犬の腸内は善玉菌が優勢

健康な犬の腸内では、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が優勢に維持されています。

逆に、なんらかの原因で悪玉菌が優勢になると、腸内腐敗が進み、下痢、便秘、排便やオナラの異臭などの原因となります。アレルギー、皮膚疾患、糖尿病、肥満などにもつながるため、善玉菌を優勢に保つことは非常に重要です。

善玉菌を増やす食事法①

1つ目は、発酵食品やサプリメントなどから直接的に善玉菌(プロバイオティクス)を摂取する方法です。

犬の胃はヒトよりも強い酸性なので、善玉菌を生きたまま腸内に届けることは簡単ではありませんが、死んでしまった善玉菌にも腸内環境を整えたり、免疫を高めたりする効果があることがわかっています。

また、生きた善玉菌を摂取しても腸には定着しないため、定期的に摂取することが推奨されています。これでは善玉菌を摂取しても意味ないと思うかもしれませんが、生きた乳酸菌が腸を通過しながら乳酸をつくることで、腸内を酸性に傾け、善玉菌が増えやすい環境にします。

善玉菌を増やす食事法②

2つ目は、腸内に存在する善玉菌を増やす作用のある「プレバイオティクス」を摂取する方法です。
野菜、果物、豆などに多く含まれる食物繊維、オリゴ糖、ムチレージなどは、腸内に棲んでいる善玉菌のエサとなり、善玉菌の数を増やすことができます。

善玉菌が作る成分を直接摂る方法も

善玉菌を増やす方法ではありませんが、善玉菌が作り出す体に良い成分(バイオジェニックス)を摂取する方法もあります。体に良い成分は、必ずしも善玉菌に作ってもう必要はありません。

バイオジェニックスの例
・ペプチド
・β-カロチン
・DHA
・EPA

腸内フローラのバランスを整えるのは食事だけではない!

犬,腸内フローラ,腸内細菌,善玉菌,食事
腸内フローラの改善といえば、やはり食事を第一に思い浮かべますが、実は、気をつけなければならないのは食事だけではありません。

ストレスのケア

運動不足、飼い主さんとのコミュニケーション不足、不適切な室温、不潔な生活環境など、日常生活で様々なことが犬のストレスとなり得ます。そして、ストレスが強いと腸内細菌のバランスが崩れてしまいます

この機会に今一度、犬の生活環境を見直し、できる限りストレスの少ない生活を送らせてあげましょう。

加齢のケア

善玉菌の数は、加齢によっても減少します。年を取るのは自然なことですが、適度な運動を続けることや、年齢に適したドッグフードを与えることで、腸のアンチエイジングをしていきましょう。

先ほどご紹介した、プロバイオティクスやプレバイオティクス、バイオジェニックスなどが含まれたドッグフードも市販されていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

腸内フローラの状態をチェックする方法

犬,腸内フローラ,腸内細菌,善玉菌,食事
犬の腸内フローラの健康状態を確認する上でもっとも簡単な方法は、便の観察です。
理想の便には、次のような特徴があります。毎日チェックしてあげましょう。

  • バナナのような柔らかさ
  • バナナのような形状
  • 匂いはあっても臭くはない
  • 色は茶褐色

まとめ

犬,腸内フローラ,腸内細菌,善玉菌,食事
腸内フローラのバランスが乱れると、肥満や病気になりやすくなります。

毎日の排便をチェックする中で、気になることがあれば、腸内フローラのバランスが乱れている可能性が考えられます。愛犬の健康を維持するためにも、善玉菌に良い食事法や、適切なストレスケアにより腸内環境を整えてあげましょう。

対策をとっても改善しない場合は、動物病院で相談してみてください。

関連リンク

【獣医師監修】犬の下痢は病気のサイン?見分け方と疾病を徹底解説
https://cheriee.jp/dogs/22599/
犬の健康をチェックしよう!見るべきポイント9つを紹介
https://cheriee.jp/dogs/20086/
ごはん直後の犬の散歩は危険!胃捻転の症状と対策
https://cheriee.jp/dogs/24286/
【獣医師監修】犬が嘔吐した!動物病院に行く前のチェックリスト
https://cheriee.jp/dogs/22580/
【獣医師監修】犬の尿の色でわかる疾患とは?日々のチェック方法
https://cheriee.jp/dogs/22670/
マダニ感染症患者数が過去最多を記録。ペットからの感染にも注意して
https://cheriee.jp/column/19556/
  • ニュース
  • 犬の健康
  • 犬の食事
  • 犬の飼い方
  • 腸内フローラ

いぬに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。